グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

長いこと求職活動しておりましたが、この3月にようやく条件にぴったりの職場に採用されて、これから腰をすえて働く気でいたところ、今日いきなり9月いっぱいでそこの支店が撤退になり10人いるパートは全員解雇されることになりました。上司の話ではとりあえずは9月末まで勤められるようなのですが、また求職の身分になるのかと思うとショックです。そこで質問なのですが、雇用保険に3月から加入していますが、加入期間が半年しかなくても会社都合の場合はもらえるという話を聞いたのですが、本当でしょうか?
ぜんぜん詳しくないので、ぜひ教えてください。

A 回答 (3件)

パートということなので、雇用保険について「一般被保険者」で加入しているか、「短時間労働被保険者」で加入しているかによって失業手当の受給要件が変わってきます。



どちらで加入しているのかは直接会社に問い合わせてみるのが確実です。

<一般被保険者の受給要件>
離職の日以前1年間に、賃金支払の基礎となった日数が14日以上ある月が通算して6ヶ月以上あり、かつ、雇用保険に加入していた期間が満6ヵ月以上あること。

<短時間労働被保険者の受給要件>
離職の日以前1年間に短時間労働被保険者であった期間と1年間を合算した期 間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある月が通算して12ヵ月以上あり、かつ、雇用保険に加入していた期間が満12ヵ月以上あること。

離職理由により受給要件が緩和されることはありません。

ただし、解雇・倒産といった特別の理由などがある場合は給付日数が優遇される措置が取られています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速にお返事ありがとうございました。
受給資格があるようなので、また落ち着いて探してみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/05/08 20:17

雇用保険に半年以上加入していればもらえます。


会社都合の方が自己都合よりも、退職してから給付までの待機期間がかなり短いですよ。

この回答への補足

どうもありがとうございました。待機期間ってちなみにどれくらいなのでしょうか?

補足日時:2003/05/08 20:22
    • good
    • 3

・離職し、労働の意思及び能力があるにもかかわらず職業に就くことができない状態にあること。


・離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6か月以上あること。

この2つが条件です。なお、「被保険者期間」とは、離職の日から遡って被保険者であった期間を1か月ごとに区切っていき、その1か月の間に賃金支払基礎日数が14日以上ある場合に、その1か月を被保険者期間1か月として計算されます。3月から給料をもらっていたなら、被保険者期間が7ヶ月になるので受給対象になります。

この回答への補足

勉強になりました。どうもありがとうございました。

補足日時:2003/05/10 00:12
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパート解雇されます 雇用保険について教えて下さい

パート解雇されます 雇用保険について教えて下さい

はじめまして こんばんは。

雇用保険(失業保険)について質問させて頂きます。
今月いっぱいで、パートを会社都合で解雇になる、46歳主婦です。
 ● 雇用保険被保険資格所得年月日 平成18年7月1日
 ● 月給は 年間所得130万未満で勤務していました。 月平均10万ちょっと
以上の状況で、失業保険とはどのくらいの金額受給できますでしょうか?
家計を助ける為のパートでしたが、すぐに仕事がみつからない場合
とても不安なので、質問させて頂きました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。
雇用保険業務を担当している者です。

雇用保険給付は下記の考え方で支払いされます。
*日額×所定給付日数


まず、日額については、
離職前11日以上出勤のあった月6ヶ月間の賃金平均をもとに計算されます。
計算方法は週の所定労働時間や出勤日数などによって変わりますので、あくまで概算ですが、、

ご質問者さまの場合、月平均10万円ということでしたので、
日額は【2500円~3000円】くらいになるかと思われます。


次に所定給付日数について、
これは離職理由、年齢、雇用保険加入年数から判断されます。

加入年数について、
ご質問者さまは今お勤めの会社さま以前の雇用保険加入歴はありませんか?
・離職から就職までの期間が1年未満
・離職した時点で失業給付を受けていない
この2点をクリアしていれば雇用保険加入期間は通算されていきます。

とりあえず、前歴はないものと仮定してお答えしますと、
ご質問者さまの場合、

離職理由⇒解雇
年齢⇒45~50歳未満
加入年数⇒5年未満

この条件ですと所定給付日数は【180日】となります。


つまり、支払いされる総額は、
*2500円×180日=45万円

ただし、給付は分割して支払われるような形になります。
1回に支払いされるのは最大でも28日分ですので、
*2500円×28日=7万円
となります。

あくまで概算ですが。


なお補足として、
年130万円未満で働いてらっしゃるということでしたが、ご主人の扶養に入ってらっしゃるのでしょうか?
その場合、失業給付を受けると扶養からはずれなければならない可能性もありますので、
会社さまに事前に確認されることをオススメします。


ご参考になれば幸いです。

はじめまして。
雇用保険業務を担当している者です。

雇用保険給付は下記の考え方で支払いされます。
*日額×所定給付日数


まず、日額については、
離職前11日以上出勤のあった月6ヶ月間の賃金平均をもとに計算されます。
計算方法は週の所定労働時間や出勤日数などによって変わりますので、あくまで概算ですが、、

ご質問者さまの場合、月平均10万円ということでしたので、
日額は【2500円~3000円】くらいになるかと思われます。


次に所定給付日数について、
これは離職理由、年齢、雇用...続きを読む

Qパート退職… 「会社都合」?「自己都合」?

パートタイマーとして某上場企業に6年ほど勤務しています。
事業拡大に伴い社内業務の一部を業者へ委託することになり、私の働くチームが今年8月か9月に解散するそうです。
2月末に上司からこの話があり、現在、以下の条件での配置転換か若しくは退職かの選択を迫られています。

〈現状 → 配置転換後〉
1. 時給:1,050円 → 850円
2. 勤務時間:9:00~15:00 → 9:00~16:30(休憩除き1.25時間延長)
3. 職種:専門職(デザイン業務) → 事務職

このように私にとってのメリットが何もないので退職したいのですが、その場合の離職理由は「会社都合」ではなく
「自己都合」になると人事担当者から言われました。
「会社としては、雇用継続のために配置転換という必要な措置は講じたから」だそうです。

入社時の雇用契約とは大幅に条件が違うにも関わらず、本当に「自己都合」にされてしまうのでしょうか?
どうも腑に落ちないので、人事労務等にお詳しい方、わかりやすく説明をしていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>入社時の雇用契約とは大幅に条件が違うにも関わらず、本当に「自己都合」にされてしまうのでしょうか?

まず下記をご覧下さい。
解雇等でなくても会社都合、あるいは自己都合でも三ヶ月間の給付制限期間の免除が認められる(特定受給資格者)正当な理由です。

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_range.html

「特定受給資格者」の中に(4) 賃金が、 当該労働者に支払われていた賃金に比べて85%未満に低下した (又は低下することとなった) ため離職した者 (当該労働者が低下の事実について予見し得なかった場合に限る。)」というのがあります、つまりそういう理由がありそれを安定所が認めれば、3ヶ月間の給付制限期間の免除が認められるということです。

次に下記をご覧下さい。
離職理由の判断手続きの流れです。

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html#h3

会社都合か自己都合かは会社が決めるものではなく、あくまでも判断するのは安定所です。
また自己都合でも安定所の判断によっては、三ヶ月間の給付制限期間が免除される場合もあります。
つまり安定所は会社の退職理由をそのまま鵜呑みにするわけではありません、退職者が異議を申し立てれば退職者の言い分と、会社に事情聴取したものを総合的に検討して判断を下します。
ですから離職票をもらったら安定所に行って事情を話して、退職理由に異議を申し立てれば、安定所は上記のように処理をして、常識を持った判断をするはずだということです。
つまり最終的にはあくまでも安定所の判断であるということです。

>入社時の雇用契約とは大幅に条件が違うにも関わらず、本当に「自己都合」にされてしまうのでしょうか?

まず下記をご覧下さい。
解雇等でなくても会社都合、あるいは自己都合でも三ヶ月間の給付制限期間の免除が認められる(特定受給資格者)正当な理由です。

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_range.html

「特定受給資格者」の中に(4) 賃金が、 当該労働者に支払われていた賃金に比べて85%未満に低下した (又は低下することとなった) ため離職した者 (当該労働者が低下の事実について予...続きを読む

Q解雇通告されました

解雇通告されました
スーパーのテナントでパート勤務をしています。8/23に突然9/20で辞めてもらうことになったと会長から言われました。理由は新しいテナントが入店するが今でも赤字でお金がないのに4人も人は要らない、金は払えない。今居るテナントは ちょっ複な状態の所なのでいつ解雇を言われも仕方ない状態でしたが
キチンと面接したのとは違い、レジ〆業務の最中に言われ、当初は8/31と言ったのです。労基法もろくに知らない為、驚いた私に誰かに確認して9/20と言い直したのです。
1)この場合会社都合の解雇で間違いないですか?
2)解雇通告(予告)の書面申請したいのですが
解雇予告手当を支払いたくないために
通告日又は解雇日を改ざんするのでは?
3)解雇予告手当を貰えますか
私は通告通りにしたいと思っています。新しいスタッフにもそのように会長が言ったようで、15日〆の為次回シフトは20日迄の勤務になっています。
アドバイス宜しくお願いします。 分からない所がありましたら補足説明しますので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.4です。数え直してみたら28日前の予告ですので、解雇予告手当は2日分でした。

お詫びいたしますとともに、訂正させていただきます。

なお、補足ですが有期雇用契約の場合は契約期間中の解雇は原則禁止で通常より解雇理由の正当性が強く求められるのですが、まだ判例がありません。(文章を見る限りでは明らかに不当解雇ですが、争うとなるとそう単純ではないです)

もし、不当解雇で勝てれば契約期間満了までの通常の賃金は請求できるはずです。

Qパート、自己都合退職や雇用保険などについて

パートで働いています。この秋で丸5年です。
深夜勤務のため、からだがきつくなってきたので、転職を考えています。

・こういう場合の退職を自己都合というのでしょうか?
・もしも雇用保険をもらうとすると、自己都合退職というのは不都合があるのでしょうか?

・もしそうなら、健康を理由に退職しようかと考えてもいますが、そういう場合は病院へかかって診断書などが必要となりますか?

・パートでもうすぐ勤続5年となりますが、パートには退職金がないのと、ボーナスはこの6月にもらったばかりなので、8月前に辞めたいと思っていますが、辞職の意思表示はどのくらいの期間余裕を持って行えばよろしいでしょうか?


雇用保険に関連した退職などについて教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。まず、辞職の意思表示については、雇用主が解雇する場合には30日前に通知することもしくは30日分の賃金を保障することが義務付けられていますが、労働者が申し出る場合には何日前という義務付けはありません。乱暴に言うと「今日でやめます」でも法律上は問題ないということです。が、#1さんのおっしゃるように30日前に通知というのは事業主にとっては親切だと思います。
 自己都合による退職だと、雇用保険を受給する際3ヶ月の給付制限がかかります。給付制限というのは職安に出向いて求職の手続きをした後通常8日間の待機期間のあと3ヶ月経過後にしか給付が開始されないということです。
 給付制限がない離職は、雇用主が「解雇」をした場合、配偶者の転勤等で本人の意思に関わらず継続就労が不能になった場合等に限られます。健康上の理由による離職は「自己都合」とみなされることがほとんどなので、診断書をとってまで「健康上の理由で」離職されることは無意味だと思います。
 なお、パートをなさっているということですので、雇用主が良心的(親切)だと離職理由を「雇用期間満了」としてくれる場合があります。これだと本人の意思に関わらない離職扱いとなりますので、8日間の待機期間満了後、すぐに雇用保険を受給できます。
 「来月末でやめたいと思うのですが」とおっしゃるときに、「雇用期間満了扱いにしてもらえませんか?」と交渉してみられると便宜を図ってもらえるかもしれません。(では)^2。

 こんにちは。まず、辞職の意思表示については、雇用主が解雇する場合には30日前に通知することもしくは30日分の賃金を保障することが義務付けられていますが、労働者が申し出る場合には何日前という義務付けはありません。乱暴に言うと「今日でやめます」でも法律上は問題ないということです。が、#1さんのおっしゃるように30日前に通知というのは事業主にとっては親切だと思います。
 自己都合による退職だと、雇用保険を受給する際3ヶ月の給付制限がかかります。給付制限というのは職安に出向いて求職の手...続きを読む

Q離職票は、いつ頃、渡されるものなのでしょうか

離職票は、いつ頃、渡されるものなのでしょうか
今月末で会社都合で解雇されるのですが、失業保険を申請するときに必要な離職票は、通常、いつ頃、渡されるのでしょうか。
早く申請しないと受給期間に影響してしまうようなのですが・・・。
会社の上司に聞いたのですが、本社の総務でないとわからない・・・と、はっきりしません。
どれくらい待たされたら「早く!」と催促してよろしいものなのでしょうか。
解雇で退職日がわかっているのだから、退職日に離職票を渡してくれたら、一番助かるとは思うのですが・・・。
宜しくお願いいたします。

ジャンルがわからないので、一応、雇用保険繋がりで、質問させていただきました。

Aベストアンサー

離職票は、会社が作成し、会社がハローワークへ提出することで、ハローワークが会社に対して交付することで、あなたに渡せる状態となります。
会社だけでの都合で作成できません。

未来日での手続きは出来ませんし、給与の額を記載するためには退職後でなければ退職日までの計算は出来ません。月給制で固定だとしても推測・予定ですからね。

あなたの手続き日が遅れると、受給期間には影響しませんが、受給が出来るようになる日が遅れることになるでしょうね。

会社の法律上の期限は、退職後10日以内となっています。しかし、10日で処理できる企業ばかりではないと思います。
私の前職は、税理士兼社会保険労務士事務所で、この手の手続きのプロです。私が退職したときの離職票は1ヶ月以上あとに渡されたと思いますね。良い悪いはべつとして、早く発行してくれる会社はあまり聞きませんね。

私の経営する会社では、私が手続きを行うため退職日から数日の間に手続きを行い、本人の希望に応じて郵送・手渡しを行いますね。

Q妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました

妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました。
妻が今年から仕事を2カ所で始め、4月から7月の4ヶ月間月108,000円を超えたので、共済組合から、扶養家族の認定を取り消すといわれました。年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。こういう件に詳しい方のご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的な解釈です。
ただし繰り返しますが究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
そして健保組合だけでなく、共済組合にも扶養の規定が同じようなところがあるということです。

>年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。

前述のように一般的に多くの健保組合や共済組合では年間と言うサイクルでは考えていません。
ですから年間トータルと言うことではありません。

>また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。

そうですあくまでもその月の月額が約108330円を超えていればその時点で扶養を外れることになり、それ以降は当然扶養ではないのでその間の医療費で共済組合が負担した7割分(自己負担が3割だから)は共済組合は請求することになるのはやむを得ません。

>あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。

その共済組合はそのような規定なので、致し方ありません。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養について...続きを読む

Q契約満了で退社する場合。失業保険はすぐ出ますか?

6か月更新のフルタイムパートをしています。

その更新を満了にて退社した場合、失業保険はすぐに出るでしょうか?

一応、このサイトで調べてはみたのですが
http://www.koyouhoken.info/QA/QA1.html
最近、法律の改正があったなどの噂を聞きましたが、よくわかりません。


・会社は更新してもいいけど、こちらが拒否して満了退社した場合

今がまさにこの状態なのですが、失業保険はすぐに出るでしょうか?


最近の法律など詳しい方、できれば参考URLやサイトも教えてくれると
非常に助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です
 ・一般受給資格者:給付制限なし|契約満了時に契約期間3年未満で、契約更新の希望を出さずに更新をせず、契約期間満了による退職
  に該当します、給付制限の3ヶ月は付きません
 ・下記は離職票ですが
https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/info_1_e7_01.pdf
  離職理由は2-(3)-(2) の所、離職区分は2Dに○が付きます・・ご確認を
 ・ハローワークに電話等でお聞きになれば詳しく教えてくれます・・その方が安心できます

・給付日数は90日、実際に失業給付が受け取れるのは(口座に振込まれるのは)手続き後1ヶ月+α後になります(α=4日~5日位)
 手続き(この日から7日間は待期期間:この期間は給付無し)、待期期間終了の翌日から給付期間になり、認定日に前日までの分を認定、認定後数日後に口座に振込み・・初回は21日分(認定日により14日の場合もあり:この場合は手続き後3週間+α後)

Qパートタイマーの失業給付の計算法

パートタイマーで24年勤務。

退職した場合、失業給付の金額は、過去3カ月の給料の平均額の
70%と聞いたのですがあっていますか?

過去6カ月というのも書いてありますが正社員とパートはちがうのでしょうか?
それともこちらのかん違い?

Aベストアンサー

失業給付の金額は、1日に受給できる金額は基本手当日額と言います。
金額について言うと、基本手当日額(1日あたりの金額)の正確な計算式は下記の通り。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/kihonteate.pdf

良くわからなくて頭が痛くなるようでしたら、下記が簡易の早見表です。

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/koyou/kihon_teate_hayamihyou/kihonteate_hayamihyou_h23.html

対象になるのは基本給や残業代も含めた定期的な賃金の全額です。
また早見表にあるように「賃金日額=離職前6か月の賃金合計÷180」 です。
その基本手当日額(1日あたりの金額)が最大で所定給付日数分支給されるということです。

なお50%~80%というのは前述の式で計算すると結果としてそのぐらいの割合になるということで、そういう掛け率を掛けて算出するということではありません。
また退職理由には関係なく年齢によって代わってきます、退職理由によって変わるのは所定給付日数です。

>退職した場合、失業給付の金額は、過去3カ月の給料の平均額の
70%と聞いたのですがあっていますか?

そうではありません離職前6か月の賃金合計が基になります、また前述の式により計算されるので70%とは限りません。

>過去6カ月というのも書いてありますが正社員とパートはちがうのでしょうか?

いいえ、正社員でもパートでも同じ6ヶ月です。

>それともこちらのかん違い?

そうですかなり勘違いしています。

失業給付の金額は、1日に受給できる金額は基本手当日額と言います。
金額について言うと、基本手当日額(1日あたりの金額)の正確な計算式は下記の通り。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/kihonteate.pdf

良くわからなくて頭が痛くなるようでしたら、下記が簡易の早見表です。

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/koyou/kihon_teate_hayamihyou/kihonteate_hayamihyou_h23.html

対象になるのは基本給や残業代も含めた定期的な賃金の全額です。
また早見表にあるように「賃金日額=離職前...続きを読む

Q緊急です。会社都合での解雇、または自己都合での解雇の違いを教えてください。失業保険に詳しい方!

昨日会社から解雇を言い渡されました。その会社はハローワークで失業の認定を受け、給付制限期間にハローワークの求人で見つけた会社で再就職手当ての申請をしたところでした。もちろん会社を辞めることになるので手当ては受けられないと思います。

その会社は9月1日付けの入社、現在試用期間中でした。私自身が仕事でなにかミスをしたわけではなく(もちろん遅刻や欠勤もありません)、全くの会社の都合での解雇になります。監査役が申し訳ないと頭を下げていました。

この度教えていただきたいことは会社都合での解雇、または自己都合での解雇の違いです。会社側は解雇であれば、失業保険をすぐ受けられるがもし次に入る会社で前職を解雇された経歴がばれてしまったらまずいかもしれない。なので会社都合での解雇、または自己都合での解雇、どちらでも私の希望のほうで届けると言っています。

また退職の日時を9月末日か、10月かどちらでも私の希望を聞くと言っています。また突然の解雇の場合(9月末日での解雇)は法律で一ヶ月分の給与を支払う義務があるので9月末日での解雇を希望する場合は、もう一ヶ月分の給与を支払うと言われました。そのような法律があるのでしょうか?書類上は9月で退職で10月分の給与をもらうというのはなにかおかしい感じがするのですが。

会社都合での解雇、または自己都合での解雇の件をハローワークに問い合わせてみると、その会社に在籍したのは1ヶ月なので失業保険6ヶ月に満たないため、例え解雇であっても、すぐに失業保険を受けられるのではなく、前回の失業保険を適用、よって現在まだ給付制限中につき、その制限期間が終われば失業保険を受けられるとのことでした。

また次に入社する会社に解雇の理由を知られることはあるのか尋ねたところ、個人情報なので知られることはないとのことでした。これは本当でしょうか?またもし解雇の理由が絶対に漏れないならば、退職の理由は私の場合、どちらが有利になるのでしょうか?正直支払いなどがいろいろあり、お金に困っています。月曜日にまた会社とその話をしなければなりません。複雑な状況で大変わかりずらい文になってしまい、申し訳ありません。どうぞみなさまの知恵を貸して頂きたくお願い致します。

昨日会社から解雇を言い渡されました。その会社はハローワークで失業の認定を受け、給付制限期間にハローワークの求人で見つけた会社で再就職手当ての申請をしたところでした。もちろん会社を辞めることになるので手当ては受けられないと思います。

その会社は9月1日付けの入社、現在試用期間中でした。私自身が仕事でなにかミスをしたわけではなく(もちろん遅刻や欠勤もありません)、全くの会社の都合での解雇になります。監査役が申し訳ないと頭を下げていました。

この度教えていただきたいことは会社都...続きを読む

Aベストアンサー

会社都合の解雇ですね。
業務上の不正による懲戒解雇、とか、能力・適性の問題での解雇ではなく、会社の経営上(つまり、あなたに原因のない)の理由による、会社都合の解雇です。
そのように会社の一方的な理由により解雇することになりますから、ペナルティとして一か月分の給与を支払うのです。Ano.1様の回答のとおりです。
ですから、10月分の給与をいただいて、即時退社。すぐに求職活動再開、ということでよろしいと思います。

面接時に解雇理由について答えるためと、面接者が会社に確認連絡をした場合に備えて、解雇理由について会社と言葉を合わせられるようにしておいたほうがよいですね。言い方が異なっても、内容的に合致していればよいでしょう。

失業給付については、今の会社での加入期間が6ヶ月に満たないので、その期間での失業給付の申請はできません。
前職の退職時から1年間が、それまでの加入期間による失業給付の受給可能な期間です。前職での退職理由による給付制限期間があければ、給付がうけられます。今回の加入期間は、次回失業給付を受けなければならなくなった場合に加入実績として通算されます。

あえて『自己都合』の退職にするならば、
(1)10月分の給与は受け取れない。
(2)面接では、短期間に自己都合(自分のわがまま)で退職した、と言わなくてはならず、
(3)今回の失業給付の受給には影響なし。
『会社都合』なら(退職勧奨ということになるのかな?)
(1)10月分(1ヶ月分)の給与が貰える
(2)面接では、会社都合(自分に非はない)といえる
(3)今回の失業給付の受給には影響なし。

ですから、会社側は十分に誠意を尽くしてくれていると思いますし、会社側からすると何故あなたが躊躇しているのか理解に苦しむでしょうね。『解雇』されるということで戸惑っていらっしゃるのだと推察しますが、他にどうしようもない、最悪の状況というわけでもない、ということを理解してください。

会社都合の解雇ですね。
業務上の不正による懲戒解雇、とか、能力・適性の問題での解雇ではなく、会社の経営上(つまり、あなたに原因のない)の理由による、会社都合の解雇です。
そのように会社の一方的な理由により解雇することになりますから、ペナルティとして一か月分の給与を支払うのです。Ano.1様の回答のとおりです。
ですから、10月分の給与をいただいて、即時退社。すぐに求職活動再開、ということでよろしいと思います。

面接時に解雇理由について答えるためと、面接者が会社に確認連絡をした場...続きを読む

Q会社都合でパート先を退職、現在失業保険受給中の50歳女性です。

会社都合でパート先を退職、現在失業保険受給中の50歳女性です。
新卒でも仕事にあぶれる人がいる今のご時勢、年齢も年齢なので、職探しは長期戦を覚悟して、スキルアップのために職業訓練も受ける予定でいます。
これまではパート勤務だったので在職中から社会保険は第三号。当然、失業保険基本手当日額は2,600円台なので、このままおとなしく職探しと勉強だけしていれば何ら問題が無いのは判っているのですが、経済的な事情もあり、可能であれば社会保険の被扶養者の範囲内で単発のバイトもしたいと考えています。

在職中は時給月給で一ヶ月の収入が108,000円を超えたら被扶養者を抜けなければいけないという理解でしたが、失業保険は日額。しかも28日毎の計算で振り込まれるため、月によっては同月内に二度の振込みがある月も出てくるとのことで、バイトを探す際に月にいくらまでなら被扶養者の範囲内に収めることが出来るのかサッパリ判りません。
失業保険がいただけるだけでもありがたいことですし、本来であれば職探しに集中すべきなのは十分理解はしているのですが、年齢の所為かエントリーの段階で撥ねられ履歴書を送るところまでもなかなか辿り着けない現状、実際問題として家計の補助のためにもう少し収入が欲しいという状況です。

もちろん働いた日は失業認定の際にきちんと申告します。
夫の健康保険は「協会けんぽ」です。

社会保険の扶養内での単発バイトは月にいくらまでなら可能なのか、どのように計算するものなのか、バイトの給与の支払日(当月払いor翌月払いなど)との関係は?考えるほどわけがわからなくなってしまいました。

どうか宜しくお願いします。

会社都合でパート先を退職、現在失業保険受給中の50歳女性です。
新卒でも仕事にあぶれる人がいる今のご時勢、年齢も年齢なので、職探しは長期戦を覚悟して、スキルアップのために職業訓練も受ける予定でいます。
これまではパート勤務だったので在職中から社会保険は第三号。当然、失業保険基本手当日額は2,600円台なので、このままおとなしく職探しと勉強だけしていれば何ら問題が無いのは判っているのですが、経済的な事情もあり、可能であれば社会保険の被扶養者の範囲内で単発のバイトもしたいと考えています...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。

>失業保険が実際に受給できるのは180日ですが、もし一年間その金額が受給出来るとしたらと仮定して計算するということですね。
そのとおりです。
あくまでも、月収が108333円以下ということです。
実際には、その額より多少多い月があっても連続しなければ問題ありません。
ただ、その結果年収が130万円を超えるとだめです。

>ところで、バイトの分はやはり月毎に「支払日基準」で考えるべきなんでしょうか?
そのとおりです。

>失業保険は今月手続きして、来月に入ってから初回の入金があるのですが、初回の入金は14日分なので一番金銭的に苦しいのが来月なんですが、来月もアルバイト可能な金額の上限は3万円なのでしょうか。それとも来月に関しては7万円程度まで大丈夫なんでしょうか?
受給の開始日が来月ということですね。
給付金は通常の給料(○月分)とは違いますので、日額に受給日数をかけた額がその月分の給付金となりますので、その額を108333円から引いた額がバイト可能額ですね。
ただ、就労したことによる給付金の減額についてはわかりませんので、そちらがどうかですよね。
それも、確認しておいたほうがよさそうですね。

No.3です。

>失業保険が実際に受給できるのは180日ですが、もし一年間その金額が受給出来るとしたらと仮定して計算するということですね。
そのとおりです。
あくまでも、月収が108333円以下ということです。
実際には、その額より多少多い月があっても連続しなければ問題ありません。
ただ、その結果年収が130万円を超えるとだめです。

>ところで、バイトの分はやはり月毎に「支払日基準」で考えるべきなんでしょうか?
そのとおりです。

>失業保険は今月手続きして、来月に入ってから初回の入金...続きを読む


人気Q&Aランキング