最近のトヨタはハイブリッド車のプリウスが人気も話題も独り占めの感がありますが・・
確かトヨタは他にもエステイマ、クラウン、ハリアー、レクサスにもハイブリッド仕様が現行プリウス誕生前から有ったにも関わらず
それ程話題にはなっていないように思います。

現行プリウスとその他ハイブリッド車はやはり違うカテゴリーなのでしょうか?
現行プリウスのほうがよりエコや省エネの能力が優れて居るのでしょうか?
アドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

現行プリウスはTHSII(トヨタハイブリッドシステム第2世代)というハイブリッドシステムを使っています。


これはエンジン・走行用モーター・発電用モーターという3つの動力を適宜エネルギー配分する遊星歯車を使った動力分割機構です。
いわゆるクラッチがありません。この機構がクラッチ代わりになります。
この仕組みを用いた車種が、プリウス、現行エスティマハイブリッド、SAI、HS250h、ほかレクサスのハイブリッドです。

過去にはTHS-CというCVTを使ったハイブリッドもありましたが、初代エスティマハイブリッドとアルファードハイブリッドで無くなっています。

話題性はともかくトヨタの現在走っているハイブリッドは全てTHSIIです。多くの台数が販売されている為コストも下がり、結果三代目プリウスの価格が安くなってます。

プリウスが特別なのは名前の通り「プリウス=先を行く」クルマのためです。新しいハイブリッド技術はプリウスから始まります。
燃費にこだわっているのもそのため。
他のハイブリッドは燃費以外のメリットを考えたスポーツモデルもあったりしますが、プリウスにブレはありません。
エコや省エネにこだわるクルマがプリウスです。
    • good
    • 1

トヨタの場合


プリウスを除けば
ハイブリッド車は過給器の代わりにモーターを取り付けたモノです。

上級グレードにより大きなエンジンを載せ、
さらにモーターでトルクとパワーを追加する手法です。
LS、アスリート、ハリアーなど全てこれの尤もたるモノです。

※トヨタは過給器つきは早くに放棄してしまったので
技術的に排ガスをクリアする能力がありません。

ですからトヨタのハイブリッドエコカーは
プリウス、HS、SAIのみとなります。
    • good
    • 0

やはり、量産のハイブリッドでは世界初であること、


ハイブリッド専用車として設計されていること、
なにより『プリウス』の名が示すとおり、
ハイブリッドカーで最も先進的な車というブランドイメージを
トヨタが意図的に宣伝していることが大きいと思います。

それ以外のハイブリッドは、後付け感があるかと思います。
例えば旧エスティマハイブリッドが顕著ですが、
主動力とはほぼ独立して機能します。
パワーラインにおいて、動力の合成や分割を行うのではなく、
メインパワーで前輪を、電力で後輪を駆動させます。
(現モデルは、動力分割・合成を行っています)

一方クラウンで採用されたマイルドハイブリッドも
ドライブシャフトから後で働くため、後付け感が強く
それ以後のFRハイブリッドセダンも同様のイメージで見られているからでしょう。

やはり、エンジン・モータ・動力分割合成機構(結果として減速機を兼ねる)が
1体になって働き、合成された動力が、減速機の出力軸から出るものと、
E-FOURのように、エンジンとモーターが独立して働くものの違いがから、
ハイブリッドの代名詞として『プリウス』となっているのでしょう。

かつて、シビックハイブリッドの引き合いにおいて、
お客に『シビックプリウス』と言われたことに、いたく傷ついた…、
なんて話がまことしやかに流れるのは、トヨタとしては「してやったり」でしょうね。
    • good
    • 1

ハイブリットシステムの活用方法の違いです。



プリウスのハイブリットは省燃費に最適化しています。というよりクルマ全体の
パッケージを省燃費に最適化しているといったほうがいいでしょうか。
ほかの車は既存の車種にハイブリットを追加しただけですから、
プリウスほどパッケージを省燃費に最適化できません。
ただし、ハイブリットシステムは省燃費以外にも色々と可能性を模索できそうだったので、
プリウス以外のトヨタのハイブリット車はそれらを検証するために利用した感じではないでしょうか。

まあ今はエコカーブームですから、エコカーの旗手たるプリウスに耳目が集まるのは当然といえば当然です。
    • good
    • 3

簡単に言うとインサイトは基本的にエンジン走行で、モーターが補助的な役割を果たす仕様。

プリウスはその逆で、モーター駆動をエンジンが補助する感じ。

インサイトのほうがエンジンが動いている割合が高いのでどうしても燃費では不利になるのでしょう。でもコスト的には安くあがるのだそうです。

大き目の車の場合、せっかくハイブリッド車にしても、リッターあたりの燃費が普通の軽自動車より悪いんじゃあまり意味がないということではないのかな?
それでもやっぱりハイブリッドという人はハイブリッドにしているでしょう。
    • good
    • 2

プリウスなんてすでに3代目だったと思います。


その前までは、こんなに騒がれていませんでしたね。

ちょうど、ホンダのインサイトの発売と、エコカー減税、さらに不景気という4つの要素が加わった為に、表に出るようになったということでしょう。
おかげでトヨタでは、プリウスより上のランクの車を買うのが普通だった人まで、流行でプリウスを選択してしまった為、営業利益にも大きな打撃を受ける事になってしまったと言う事態になっていますね。

ディーラーは、プリウスに注文が集中してしまったため、売り上げを大きく落としてしまっています。
納車されるまで、ディーラーは売り上げや利益になりませんので、これだけ車種が集中してしまってほかの車が売れない状態なので、売り上げが大きく減ってしまっている所が多くなってしまっています。


レクサスのLShに採用もされていますが、あれはエコではなくパワーを出すためのハイブリッドですね。
エスティマハイブリッドは、車内で電気コタツを使える(AC100V1500Wのインバーター搭載だったと思います。)くらいしか印象にないのですが(^^;

まぁ、流行物という感じでしょう。
    • good
    • 0

プリウスの方が断然燃費がいいから話題になってます。


他のハイブリッドは、プリウスよりは劣る存在ですね。
今のプリウスの形状は、空気抵抗もちゃんと計算されて作られていますから
今の所、最強の低燃費車ではないでしょうか。
これから小型車のハイブリッドも出てくると思うので
プリウスをしのぐ低燃費車は続々登場するでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタのプリウスとその他ハイブリッド車の違いは?

最近のトヨタはハイブリッド車のプリウスが人気も話題も独り占めの感がありますが・・
確かトヨタは他にもエステイマ、クラウン、ハリアー、レクサスにもハイブリッド仕様が現行プリウス誕生前から有ったにも関わらず
それ程話題にはなっていないように思います。

現行プリウスとその他ハイブリッド車はやはり違うカテゴリーなのでしょうか?
現行プリウスのほうがよりエコや省エネの能力が優れて居るのでしょうか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

現行プリウスはTHSII(トヨタハイブリッドシステム第2世代)というハイブリッドシステムを使っています。
これはエンジン・走行用モーター・発電用モーターという3つの動力を適宜エネルギー配分する遊星歯車を使った動力分割機構です。
いわゆるクラッチがありません。この機構がクラッチ代わりになります。
この仕組みを用いた車種が、プリウス、現行エスティマハイブリッド、SAI、HS250h、ほかレクサスのハイブリッドです。

過去にはTHS-CというCVTを使ったハイブリッドもありましたが、初代エスティマハイブリッドとアルファードハイブリッドで無くなっています。

話題性はともかくトヨタの現在走っているハイブリッドは全てTHSIIです。多くの台数が販売されている為コストも下がり、結果三代目プリウスの価格が安くなってます。

プリウスが特別なのは名前の通り「プリウス=先を行く」クルマのためです。新しいハイブリッド技術はプリウスから始まります。
燃費にこだわっているのもそのため。
他のハイブリッドは燃費以外のメリットを考えたスポーツモデルもあったりしますが、プリウスにブレはありません。
エコや省エネにこだわるクルマがプリウスです。

現行プリウスはTHSII(トヨタハイブリッドシステム第2世代)というハイブリッドシステムを使っています。
これはエンジン・走行用モーター・発電用モーターという3つの動力を適宜エネルギー配分する遊星歯車を使った動力分割機構です。
いわゆるクラッチがありません。この機構がクラッチ代わりになります。
この仕組みを用いた車種が、プリウス、現行エスティマハイブリッド、SAI、HS250h、ほかレクサスのハイブリッドです。

過去にはTHS-CというCVTを使ったハイブリッドもありました...続きを読む

Q現行ハリアーとレクサスRXについて

自分は現在、車を買い替えようと思っているのですが、第一候補をハリアーと考えています。
しかし、来年?のレクサス移行に関して、今が買いなのかどうか…
そこで質問なのですが、
・レクサスブランドになる以上やはり100万以上の値上げは確実ですか?
・新型が出たあとも2年間は現行ハリアーの新車をディーラーで買えるとあるサイトで見たのですが本当ですか?
・もしそれが本当なら現行ハリアーの新車の値段は変化するのでしょうか?
・単刀直入ですが、レクサス移行の話でハリアーの買い時がわからなくなってしまったのですが、
もうハリアーに特別仕様やマイナーチェンジの話もなさそうなので、今が買いなのでしょうか?
・みなさんは新型のデザインは格好いいと思いますか?(まだ確定ではないですが^^;)

答えられるだけでいいですので、みなさんのご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

>レクサスブランドになる以上やはり100万以上の値上げは確実ですか?
装備の変更がない限り30万。この30万は3年間の6ヶ月点検、12ヶ月点検や車検の費用です。実際にソアラがSCになったときに30万くらいしかあがってませんし。ISも同クラスのマークXと比べると、装備のさを引けば30万円くらい高くなります。

>新型が出たあとも2年間は現行ハリアーの新車をディーラーで買えるとあるサイトで見たのですが本当ですか?
RX=ハリアーですし、いまはトヨタでも穴埋めのヴァンガードがいますし。多分ないです。

>もしそれが本当なら現行ハリアーの新車の値段は変化するのでしょうか?
そんなわけないでしょう。装備も変わらないまま不当に価格を上げても売れなくなるだけでしょう。

>単刀直入ですが、レクサス移行の話でハリアーの買い時がわからなくなってしまったのですが、

>もうハリアーに特別仕様やマイナーチェンジの話もなさそうなので、今が買いなのでしょうか?
もうちょっとだけ…私の読みでは(外れやすいですが)9月期決算で最後の在庫を売り切るものと思われます。ですから、7~8月あたりは…

>みなさんは新型のデザインは格好いいと思いますか?
最近トヨタのフルモデルチェンジは外見で手抜きが多いです。そう思います。ノアといい、ヴォクシーといい、クラウンといい。あれだけ形状を維持しているということは、現行と一緒でかっこよくなるんじゃないかな?

>レクサスブランドになる以上やはり100万以上の値上げは確実ですか?
装備の変更がない限り30万。この30万は3年間の6ヶ月点検、12ヶ月点検や車検の費用です。実際にソアラがSCになったときに30万くらいしかあがってませんし。ISも同クラスのマークXと比べると、装備のさを引けば30万円くらい高くなります。

>新型が出たあとも2年間は現行ハリアーの新車をディーラーで買えるとあるサイトで見たのですが本当ですか?
RX=ハリアーですし、いまはトヨタでも穴埋めのヴァンガードがいますし。多分ないです。

...続きを読む

Qトヨタのハイブリッドシステムについて… 右を見ても左を見てもプリウスだらけですが、プリウスとカローラ

トヨタのハイブリッドシステムについて…
右を見ても左を見てもプリウスだらけですが、プリウスとカローラフィールダーハイブリッドのシステムは同じでしょうか??
プリウスにはどうしても食指が動きません。
詳しい方お願い致します。

Aベストアンサー

フィールダーHV(2,195,345円~)は1.5Lエンジン(1NZ-FXE型)でシステム最高出力73[kW](100[PS])で、カタログ燃費は33.5[km/L]です。
※1NZ-FXE型はアクアと同じく2代目プリウスに搭載されていたエンジンと同じ型式ですが、モーターは2代目プリウスや3代目プリウスとは異なりアクアと同じ1LM型で、ハイブリッドシステムは3代目プリウスに準じた「リダクション機能付THS-Ⅱ」になっています。

プリウス(2,479,091円~※「E」は2,429,018円~)は先代型から1.8Lエンジン(2ZR-FXE型)になっていて現行型のシステム最高出力は90[kW](122[PS])で、カタログ燃費は34.0[km/L](4WD車)~37.2[km/L](2WD車)、燃費スペシャル(営業車?)とも言える「E」(←2WDのみ)は40.8[km/L]です。
※システム最高出力は先代型プリウスの方が100[kW](130[PS])と高出力でしたが、運転していて感じる出足(出だし)の力強さなどは現行モデルの方が勝っているそうです。

フィールダーHVや先代型までのプリウスでは2WDモデルしかありませんが、現行型プリウスでは4WD(リヤはモーターのみで駆動される「E-Four」)が選択できるようになりました。

リヤサスペンションが、フィールダーHVや先代型までのプリウスはトーションビーム式ですが、現行型プリウスはダブルウィッシュボーン式の独立懸架となりました。
※プリウスは現行型になって安定性や乗り心地が大幅に良くなったそうです。

毎年納める自動車税は1.5LエンジンのフィールダーHVは登録翌年度が9,000円で2年目以降は34,500円/1年となりますが、1.8Lエンジンのプリウスは登録翌年度が10,000円で2年目以降は39,500円/1年になります。

車検の時に納める自動車重量税は、どちらも1トン~1.5トン以下のクラスになりますので同じ税額になります。

ボディサイズはフィールダーHVは5ナンバー登録ですがプリウスは全幅の関係で3ナンバー登録になります。また、全長がフィールダーHVは4400mm~4410mmですが、現行型プリウスは4540mmになりますので、フェリー運賃のように長さで料金が変わるときに0.5m単位で区分されているとプリウスの方がひとクラス高い料金になる場合があるかもしれません。
※フェリー運賃は1m単位での区分になっていることが多いと思いますので、その場合はどちらも同じ運賃区分(4m~5mクラス)になります。

ホイールにつきまして、フィールダーHVはベースの非ハイブリッド車と同じく「PCD100・4H(4穴)」ですが、プリウスの場合は2代目以降「PCD100・5H(5穴)」という国産車ではちょっと特殊なサイズが装着されています。
※「PCD100・4H」は国産車のコンパクトカークラスで多く使われているサイズなので、オフセットとハブ径に気を付ければ流用が効きやすいと思います。(ホンダ車の純正ホイールはホイールナットの当たり面形状が異なるため流用できませんのでご注意ください)
※「PCD100・5H」はカムリ、ビスタ、セリカ、カルディナ、ウィッシュ、オーパ、ヴォルツなどの1.8L~2.0LクラスのFF車(&FFベースの4WD車)によく使われていました。他には、86&BRZを含むスバル車の多くにも「PCD100・5H」が使われていますが、インセット(オフセット)がトヨタ車とは少し違いますのでギリギリのサイズ(トレッド幅の広いタイヤの装着やホイールのツライチ化)を求められる場合の流用時にはご注意ください。

フィールダーHV(2,195,345円~)は1.5Lエンジン(1NZ-FXE型)でシステム最高出力73[kW](100[PS])で、カタログ燃費は33.5[km/L]です。
※1NZ-FXE型はアクアと同じく2代目プリウスに搭載されていたエンジンと同じ型式ですが、モーターは2代目プリウスや3代目プリウスとは異なりアクアと同じ1LM型で、ハイブリッドシステムは3代目プリウスに準じた「リダクション機能付THS-Ⅱ」になっています。

プリウス(2,479,091円~※「E」は2,429,018円~)は先代型から1.8Lエンジン(2ZR-FXE型)になっていて現行型のシステム...続きを読む

Qプリウス(トヨタのハイブリッドカー)の左ハンドル車がほしいのですが・・・

私と妻共に運転するのですが左ハンドルに慣れています。今、10年目のアウディに乗っていますが、そろそろ、いろいろな不具合がでてきています。基本的には壊れるまで乗るつもりです。しかし、もしもの時、次の選定も考えておかなければなりません。昨今のガソリンの高騰やエコロジー、環境にやさしいという観点からハイブリッドカーにしようと思うのですが、我が家は、山の上にあり、道中道幅が狭く、おまけに側溝があり、対向車とすれ違うときぎりぎりまで寄せられますが、これが右ハンドル車だと非常にこわいのです。プリウス(トヨタのハイブリッドカー)の左ハンドル車を購入する方法を知っている方教えてください。

Aベストアンサー

アメリカから逆輸入するのが早いです。
http://www.toyota.com/prius/

手続きに関しては下記をどうぞ。
http://www1.ocn.ne.jp/~azuworld/sub2.htm

車両代が約240万円
輸入その他にかかる諸費用で100万円程度
かかります。

あと、輸入車で特殊なので、トヨタのディーラーで車検等整備してくれるか不明です。
(同じ車でも国産とは部品等が異なる場合があるので断られる場合があります)

Q【トヨタの広告代理店が暴走】トヨタ自動車の広告代理店はどこですか?4代目プリウスのキャッチコピー

【トヨタの広告代理店が暴走】トヨタ自動車の広告代理店はどこですか?

4代目プリウスのキャッチコピーが「エロい」ですが、このエロいというキャッチコピーが出来た裏には4代目プリウスに搭載されたトヨタニューグローバルアーキテクチャの新構造の採用にあると言われています。

4代目プリウスのTNGAはToyota New Global Architectureの略は後付けで、若者の話題になるために男性向けアダルトグッズのテンガ(TENGA)に被せたティンガと命名したともっぱらの噂です。

要するにToyota New Global Architectureの略は後付けで、TNGA(ティンガ)とTENGA(テンガ)の響きが似ており、ドンキホーテでも巨大な登りが上がっており若者に知名度が高いオナホールのテンガに掛けて、4代目プリウス=ティンガ=テンガ?!=エロいという連想に至ったわけで、若者のSNSにヒットするように仕掛けたトヨタの広告代理店はクソだなと思いました。

トヨタの社長もこのエロいのキャッチコピーの源流がオナホールのTENGAとTNGAと似た響きによるマーケティングって知ったらブチ切れるのではないでしょうか。

【トヨタの広告代理店が暴走】トヨタ自動車の広告代理店はどこですか?

4代目プリウスのキャッチコピーが「エロい」ですが、このエロいというキャッチコピーが出来た裏には4代目プリウスに搭載されたトヨタニューグローバルアーキテクチャの新構造の採用にあると言われています。

4代目プリウスのTNGAはToyota New Global Architectureの略は後付けで、若者の話題になるために男性向けアダルトグッズのテンガ(TENGA)に被せたティンガと命名したともっぱらの噂です。

要するにToyota New Global Architect...続きを読む

Aベストアンサー

>TNGA(ティンガ)とTENGA(テンガ)の響きが似ており&略は後付け
そういうことはないでしょう。
誰がこじつけて噂したか分かりませんが、いやらしい発想の持ち主だと思います。
何かとそういう風に結び付けたがるという・・・
“TENGA読み”して騒いでいる人の方が、レベルの低さをうかがわせます。
そもそもTENGAなんて知っている人は相当少数だろうし(私も知りませんでした)、そういう人はプリウスなど買えないでしょう。
Toyota New Global Architectureは、トヨタのモノづくり設計思想・革命を表した言葉であって、マーケティングでも若者戦略でもなんでもないです。

Qトヨタのハイブリッドカー、プリウスについて

トヨタのハイブリッドカー、プリウスについて教えてください。

●燃費が35Kmとカタログにありますが、実際、市内走行では、どのくらいなのでしょうか?
また、高速道路では、どのくらいでしょうか?

●乗っていて、普通の車との違いはなんですか?(燃費以外)
良い点、悪い点など。

●バッテリーで走るので、バッテリーのメンテナンスや交換の費用が普通車と比べて著しく高くなることはありますか?

Aベストアンサー

 職場に2人、プリウスに乗っている人がいます。

 燃費は、1人は片道60kmの高速通勤で17km/L程度、もう1人は片道30kmの市街地通勤で22km/L程度だそうです。ただし、高速通勤の人はホイールをインチアップしてサスをローダウン、またマフラーも交換しているので、ノーマルよりはかなり燃費が悪いはずです。ガンガン踏む人だし。
 もう1人はノーマルで乗っていて、しかも大人しい走りをする人なので、春秋の気候が良い時期には25-27km/Lあたりまで伸びるそうです。

 なお、燃費は冬場はがた落ちになるそうです。ヒーターの熱源を取るためにエンジンがかかっている頻度が高くなるからだそうで、だいたい夏場から4割くらい悪化するそうです。

 乗った感じは普通車と変わりません。横に乗っても変わらないし、運転しても違和感はありません。
 唯一、エンジンがかかっていない状態で発進するので、「無音で走り出す」ことくらいでしょうか。走り始めてからもしょっちゅうエンジンがかかったり切れたりしていますが、これはモニターを見ていないと判らないくらい違和感がないです。
 また、プリウスはブレーキング時に回生で発電しているので、初代プリウスはブレーキが相当違和感がありましたが、今のプリウスはこれもほとんど感じません。

 バッテリーですが、2人ともトヨタのサービスからは「普通は車が廃車になるまでバッテリーを替える必要はありません」と説明を受けています。替えたら10万円ではきかないそうですが。
 ただし。
 高速通勤者のプリウスは、その通勤距離のおかげもあって購入後1年半しか経っていないのに(昨年4月納車)、走行距離が既に7万kmを超えています。
 彼の車がこの先どうなるか、興味を持って見守っています。

 職場に2人、プリウスに乗っている人がいます。

 燃費は、1人は片道60kmの高速通勤で17km/L程度、もう1人は片道30kmの市街地通勤で22km/L程度だそうです。ただし、高速通勤の人はホイールをインチアップしてサスをローダウン、またマフラーも交換しているので、ノーマルよりはかなり燃費が悪いはずです。ガンガン踏む人だし。
 もう1人はノーマルで乗っていて、しかも大人しい走りをする人なので、春秋の気候が良い時期には25-27km/Lあたりまで伸びるそうです。

 なお、燃費は冬場はがた落ちになる...続きを読む

Qトヨタ プリウス 

私は今、28歳なんですがトヨタのプリウスの購入を考えています。年齢的、将来的にプリウスってどうなんでしょう?
メンテナンスが高くつくとか、いろいろ聞くんですが。。。

Aベストアンサー

メーカーは戦略的にプリウスを
『普通の車』として売ろうとしています。
ですから、メンテナンスなどが極端に高くつくことはありません。

ただし、7~10万キロ毎に電池を交換した方が
燃費の悪化を防げるそうです。
現状は、工賃込みで12.8万円。
これを高いとするか安いとするかですが。

ちなみに私は今のあなたよりも若い年齢で
『京都会議に合わせてデビューした』初代プリウスを
衝動買いしてしまいました。

NEWTONでの紹介を見た瞬間に発注し、
ディーラー自身も実物を見たのは
私の納車分が初めてだったとか。

ただ、自動車としての使いやすさは、
現行プリウスよりも、初代の方が良かったです。

Qハリアーにするべきか、レクサスまで待つか・・

どうぞよろしくお願いいたします。

車を買い替えようと思っています。
ハリアーにしようと思っていたのですが、
近々ハリアーはレクサスに変わるとの事で、
「ハリアー」の名前自体が無くなると聞きました。

そこで、今のうちに「ハリアー」を購入して、
ハリアーの名前の車を乗るのがいいのか、
新しくなった「レクサス」の名前の車に乗るのがいいのか、
悩んでいます。

また、値段的にはやはり「レクサス」になった方が高くなるのでしょうか?

皆様の意見を聞いてみたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

新しいハリアーは、600万とか、700万とか言っていますね。
本当かどうか知りませんが、だいたいそんなものではないでしょうか。

とりあえずハリアーのディーラーの営業マンとつなぎをとっておいて、レクサスと迷っていること、ハリアーを買う可能性があること、を伝え、併せて在庫車の状況を聞いておいたらどうでしょうか。
新しいハリアーが出た後なら、運が良ければ、ハリアーの在庫車を安く買えるかもしれません。
もちろん、レクサスを買ってもいい訳ですし。

Qトヨタのプリウスを発電機代わりに使えますか?

近くに電源のない屋外で数台のパソコンとプリンタを動かしたいのです
が、トヨタのプリウスから100Vの電気を引いて、それらの電源とするこ
とは可能でしょうか?
必要ならプリウスのエンジンをかけても構いません。

Aベストアンサー

こんにちは。

新型の(現行)プリウスでしょうか?

それでしたら大丈夫ですよ。

私は今回震災にあってしまったのですが、電源が確保できなくて困っていたとき、近くの家にプリウスがあって、そこから灯光器で地域の避難所の光を確保したという友人を知っています。下の方でエスティマのことが書き込みしてありましたが、プリウスも同様に1500wまで取れるそうです。ホットプレートで焼肉が食べれますね。かなり大容量のようです。

Q2009年発売予定レクサスのハイブリッド専用車について

失礼します。
2009年発売予定と噂されているレクサスのハイブリッド専用車はいつ発売になるのでしょうか?
それと、外装や内装や価格などはどういったものになるでしょうか?
ご存知の方、教えてください。
写真があったらもっと嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カー雑誌ではいろいろ噂されてますね。
予定では来年1月のデトロイトモーターショウで発表になるようです。
私個人の予想では外装はISに似ているがボディサイズがISより大きくなり、内装では触覚センサー(BMWのi-driveに似てる)の搭載が目玉でしょう。価格帯は400万~500万と思っています。カー雑誌では時々特集記事が組まれますから本屋さんでご覧になってみては。


人気Q&Aランキング