位置情報で子どもの居場所をお知らせ

旅行慣れされている方、新幹線や特急に乗り慣れている方からすればくだらない質問かもしれませんが聞いて下さい。
来週、旅行ではないのですが仕事で一人新幹線だか特急だかに乗って遠出することになってしまったのですが、都合で旅行会社が世話してくれていわゆる”切符”を用意してくれました(行き帰り共)。
でも切符らしいものが一枚ずつしか無いんです。それは特急券と書いてあるので切符とわかったのですが、途中の駅から目的地の駅までしか記載がないんです。その他には旅行会社の名前が印刷されて「船車券(鉄道)乗車券」て書いてあるA4の紙があるのですが、もしかしてこの紙きれが途中の駅までの切符なんでしょうか?この紙には出発する駅名から(特急券に印字されている)途中の駅名まで書いてあります。
ちっともわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

従来、旅行会社が発行していた船車券というのは、大きさは横長で劇場入場券くらいのサイズか、定期券より一回り大きいくらいのサイズで、そののまま使えるか、乗車前に窓口で乗車券に交換するタイプだと思います。

ここに従来の船車券の例があります。
http://ameblo.jp/suganuma-tenko/theme-1000242380 …

と思ったら、最近は、A4で汎用のPCプリンターで印字発行され会社があるんですね。少なくとも、近ツリはA4に移行しているようです。今後は、汎用プリンタが使えることからすると、こういうケースが増えそうです。
http://mr32.seesaa.net/article/105863472.html

というわけで、A4でも問題は無いようですね。船車券に記載の区間と特急券(乗車券)記載の区間が連続していて旅行区間に相当すれば大丈夫でしょう。

この回答への補足

有難うございます!
まさにこれです!近ツリA4でした。
船車券・特急料金と記載があるA4がそれぞれ1枚ずつ、それと途中の駅から目的地までの特急券(いわゆる切符と認識できる大きさ・紙のもの。指定席なのでその席番の記載もあります)の計3枚がありました。
すいません、ついでにもう一つご質問です。
指定席と聞いてはいるのですが、A4の紙の方には指定席の席番の記載がありません(指定席の記載はあります)。出発駅から目的地までの記載もありますが、席番の記載はA4紙にはありません。途中の駅からの特急券に席番の記載(スタンプ)があります。乗り替えの案内は特になく1本で目的地まで行けるようなんですが、これって出発駅から記載されている指定席に座っていても良いんですよね。それとも特急券に記載されている途中の駅からしか指定席にされていないんでしょうか?それまでは自由席に座れってことなんでしょうか?わかりますか?

補足日時:2009/11/13 18:04
    • good
    • 0

まぎれもなく、全てが切符です。



船車券とは、主に私鉄の切符です。
JRは専用端末でオンラインで専用の用紙に印字された切符が発行できます。
しかし私鉄の端末はなかなか導入できないため、共通の用紙を使っています。サイズは様々。

今回はA~B~Cという行程で
A~Bを私鉄で船車券、B~Cを特急で特急券(プラス乗車券)を使うということでしょう。

わからないなら有人改札窓口で全て差し出せば大丈夫です。
    • good
    • 0

A4サイズの切符というものは、見たことがありません。


乗車切符というものは定期券サイズから小さなものまで
ありますし車掌さんが電車の車内で発行する
レシートタイプのものもありますが
はっきりとしたことを教えてくれませんでしょうか?
    • good
    • 0

その、「特急券」には、「乗車券」とも書いてありませんか?


「特急券」は特急に乗るための切符で、ようは追加料金分です。
「特急券」に「乗車券」とも書いてあれば、一枚の切符で特急料金が含まれた乗車券となっているはずです。

また、「船車券(鉄道)乗車券」というのが、あなたが出発する駅から、特急に乗るまでの鉄道に乗るための切符だと思います。

ただ、ご質問の内容だけではいまいちはっきりとわかりませんね・・・
ご心配でしたら、購入した旅行会社さんに問い合わせるか、乗車前に駅員さんに聞くのがよいと思いますが・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q箱根に旅行の為、東武トラベルでロマンスカーの乗車券、特急券を購入しまし

箱根に旅行の為、東武トラベルでロマンスカーの乗車券、特急券を購入しました。
時間がなかったので慌てて受け取ってしまい説明を受けなかったのですが、中にA4サイズの船車券が入ってました。
これって何ですか?乗車券って名刺ぐらいの大きさですよね?
これでロマンスカーに載れるのでしょうか?それとも後日に代理店に受け取りに行ったり、新宿から乗車するのですが乗車当日どこかで引き換えたりするのでしょうか?
電話すれば早いのですが、こんなことも知らないのかよって思われるのも…。
お手数かけますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の回答にもあるように、信じられないでしょうが、それが(A4の紙)が「切符」です。
切符ですので、そのまま係員のいる改札を通って問題ありません。

このような旅行会社で発券した私鉄・バス・船の切符を「船車券」といいます。
船車券が切符そのものですから、大きさがどうあるにせよ、そのまま乗車できるのが原則です。
但し、交通機関側の事情で、乗車前に所定の券に交換したり、乗車手続き(及び券の交換)が必要だったりすることもあります。前者に多いのはフリー切符等でそのままだと有効範囲等がわかりにくいあるいは自動改札が通れない(中には交換しても自動改札が通れないケースもあります)など利用者の便宜を図るためでもあります。後者に多いのは長距離フェリーなどで、もともと乗船手続きが必要なのでその際に切符も船会社の様式に交換しておこうと言うスタイルです。(飛行機の手続きに似ていますね)
いずれにせよ、交換・手続きが必要な場合は券面にその旨明記されます。
例 乗車前に駅窓口で所定の券と交換して下さい。
例 出発○分前までに所定の窓口で乗船手続きをして下さい。
例 本券は引換券です。利用前に必ず所定の扱い場所で○○切符に引き換えてください。引換え前に使用することはできません。
例 利用前に所定窓口で追加の説明書類(クーポン券、専用マップ等)をお受け取ください。

ですので、上のような注意書きがなければ、そのまま使用できます。

なお、蛇足ですがなぜA4の切符が存在するかお教えしましょう。
本来、交通会社が旅行会社に切符発売を委託する場合、その旅行会社に切符そのものか切符の用紙を提供しなければなりません。しかし、現実にそんなことは無理ですし、旅行会社も何百社の切符を管理するわけには行きません。そこで、旅行会社が券の様式を制定して、各交通会社にその様式の使用を認めてもらうようにしました。これが船車券です。(認めない場合、契約そのものをしない=その旅行会社で切符が買えない とするか、上述のように窓口で所定の券と引換えすることになります。)
船車券は長い間、国鉄の周遊券などと併用されることが多かったのでそれに合わせた大きさの手書きあるいは必要事項が全て印刷された切符を使用していました。
しかし、コンピュータの進歩で、旅行会社も端末で発券することの方が多くなりました。その場合、ソフト等は独自のソフトあるいは、どこかの交通会社、旅行会社のソフトの権利を譲ってもらって開発することが多かった為、券の大きさは手書きの大きさを中心とした独自サイズとすることが多かったようです。注意事項を記載することが多いかどうかで券の大きさに大小の差が生じたとも言われています。
ところで、更なるコンピュータの進歩、ネットの進歩は船車券の姿をさらに変えました。
つまり、ソフトは汎用ソフトの流用等で安価に開発できるようになりました。しかし、その場合、プリンター等も汎用ソフト、汎用プリンターを使わざるを得ないので、使用する用紙すなわち船車券もA4になってしまったと言うわけです。
なぜ、そこまでコストダウンにこだわるかと言うと、旅行会社での船車券の売上が非常に減ってきたからです。高速バス真っ盛りですが、多くの人はネットまたは電話で予約し、これを旅行会社で買う人はいません。鉄道の有料特急等も各社のネットや約サービス等で、多数利用者ほど旅行会社で券を買うことが少なくなりました。売上が減ると、交通会社から得られる手数料収入も減ります。そこで、端末などの機器にかけるお金を下げていかないと利益が得られなくなると言うわけです。
同様の事情から、私鉄・バス・船の発券時に手数料を取ることも多くなりました。手数料はもともと旅行会社に認められているもので、どんなチケット発券でも請求してもよかったのですが、数百円のチケットに数百円の手数料を取るわけに行かないというわけで、多くの会社はよほど手配に手間がかかるケースを除き、手数料を取ることがなかったのです。しかし、今はそんなことも言ってられませんので、非常に扱いの多い一部例外(関西の会社における近鉄・南海等、関東の会社における東武・小田急等)を除き、手数料を請求す売る例が増えてきています。

他の回答にもあるように、信じられないでしょうが、それが(A4の紙)が「切符」です。
切符ですので、そのまま係員のいる改札を通って問題ありません。

このような旅行会社で発券した私鉄・バス・船の切符を「船車券」といいます。
船車券が切符そのものですから、大きさがどうあるにせよ、そのまま乗車できるのが原則です。
但し、交通機関側の事情で、乗車前に所定の券に交換したり、乗車手続き(及び券の交換)が必要だったりすることもあります。前者に多いのはフリー切符等でそのままだと有効範囲等がわかりに...続きを読む


人気Q&Aランキング