【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

請求書には消費税を書く欄がありますが、工賃に消費税が発生するかしないか教えていただけないでしょうか。内職を始めたばかりで何も分かりません。よいアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問の主旨から判断して、あなたが法人(会社組織)ではなく、個人事業者として回答します。



個人事業者の場合はその年の前々年の課税売上高が3千万円以下である場合、その年の納税義務が免除されます。

また、新たに事業を始めた場合は、その時点で2年前の売上げはゼロですから、あなたは原則として、消費税の免税事業者になります。

というわけで、消費税の欄は空欄にしてください。消費税の請求はできません。もしあなたが内職で年間3千万円以上稼ぐようになったら、その2年後から消費税の納税義務が発生して、消費税を請求することができます。

詳しくはお近くの税務署にご相談されてはいかがですか?意外と親切ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

適切なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/05/13 02:33

年間3000万円以下なのであれば、消費税を受け取る必要はありません。


一般的には、加算しないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/13 02:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「質問:内職の工賃請求書の消費税について」への回等

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=545622

の回等って間違っていませんか。

消費税の免税事業者であっても、消費税は請求して、益税としてもらっておけばいいはずです。

Aベストアンサー

 おっしゃるとおりです。
消費税法第4条に「国内において事業者が行つた資産の譲渡等には、この法律により、消費税を課する。」とあり、免税事業者が行う取引を消費税課税の義務について、これを免除するという規定はどこにもありません。当該免税事業者は申告と納税が免除されているだけです。税務会計上税抜会計処理をしていれば益税分は雑収入となります。

Q工賃に対する消費税の請求について

個人でパソコンなどの修理を行っています。まだ副業レベルなので売り上げ的には年に100万程度なので免税事業者になり消費税の納付を行ったことはないのですが、この場合でも工賃に対して消費税分を請求するようなエクセルの請求書を使っているのですが問題はないでしょうか。

Aベストアンサー

パソコンの修理が「事業」として行われる場合、そのサービスに対して、国は消費税を課税します。つまりパソコンの修理は課税取引です。パソコンの修理を行う者が免税事業者か課税事業者かには関係なく、課税取引なのです。

課税取引なのですから、あなたは、客から工賃を受け取る際に消費税を加算して構いません。消費税分を請求するようなエクセルの請求書を使っても問題ありません。

もし、客が「消費税は必要なの?」と尋ねたら、「パソコンの修理は消費税法上の課税取引なので」と答えましょう。

Q内職代の源泉徴収について

法人で経理を担当しています。

内職代についての質問です。
弊社では外注加工費となり、雇用関係はありません。

1.源泉徴収をしなければならない?

2.源泉徴収をする場合、税率は何%?
  金額によって税率が変わる?

3.内職者へ源泉徴収票または支払調書の交付は必要?
  
4.交付する場合、源泉徴収票?支払調書?
  支払調書の場合、『報酬・料金等』でよい?

5.内職者からの請求書は必要?

6.その他、注意すべき事がありますか?

相手が個人の場合の処理の仕方がわかりません。
宜しくご指導ください。

Aベストアンサー

>個人でも消費税をのせるのですか…

消費税に個人と法人の区別はありません。
その取引内容が課税要件を満たしていれば、相手が個人であっても消費税を付けて払わなければなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6105.htm

>それに消費税250円を足して5250円の支払いになるという…

それでもいいですけど、
「1個に付き消費税込みで 100円」
と考えてもいいですね。

要は、最初に金額を決めるとき、消費税含んだ値段か、別枠で払うのかをはっきりしておけばよいことです。
どっちにしても、支払うほうとしては「課税仕入」になります。

雇用契約を結んで「給与」として支払う場合は、「不課税仕入」です。

Q内職収入と請求書について教えてください。

内職収入と請求書について教えてください。

友人から内職を頼まれました。

全部仕上げて8万円程の内職です。

自分は別の仕事をしている為時間がないので、内職を運んだりの手数料として5千円位頂く予定にし、内職自体は別の友人3人にお願いしました。

内職を出してくれた友人から、
「内職終ったら請求書を出してね」と言われたのですが、私がまとめて自分の名前で8万の請求書を出してしまうと、私の収入に収入になってしまうのでしょうか?

その場合、私がもらったお金は5千円位だとしても、本来確定申告しなければいけなくなってしまうのですか?

教えてください。

Aベストアンサー

はい、8万円があなたの収入になります。そのうち別の友人に渡したお金が必要経費として差し引かれ、残額の5千円くらいが所得として課税対象になります。なお、友人に渡したお金については請求書や領収書など、その内職のために支払ったことを明らかにする証拠を残す必要があります。

確定申告については、もしあなたにそれ以外の所得がないなら、基礎控除38万円を控除して課税所得は0になりますから確定申告の必要はありません。
また、もしあなたがサラリーマン(給与所得者)で年末調整を受け、他に確定申告をする必要のない人なら、給与所得以外の所得が20万円未満なら申告の必要はありませんので、やはり確定申告の必要はありません。

Q内職さんへの支払い証明について

私は個人事業主ですが、以前に短期のパートさんを雇っていたこともありましたが、給与の支払い額を証明するものを発行したことがありません。(合計額がかなり低かったためか要求されたこともありませんでした。)

今回、今年一年内職として仕事をしてくれた人(主婦)から、ご主人の年末調整のために証明書を発行して欲しいと言われました。
合計額は37万円程度です。
この金額は申告する必要がないと思われますが、やはり何かを発行して差し上げるべきなのでしょうか?
その際、何という証明書を発行すべきなのでしょうか?
それらは文房具店で購入できるものなのか、もしくはどこかのサイトにテンプレートがあるのかどうかも教えてください。

私個人は毎年確定申告をしていてそれは慣れていますが、内職さんへのそういった義務については何もわからず大変恥ずかしいです。
どなたかよろしくお願いします。(急ぎです!)

Aベストアンサー

>今回のことでいうと、彼女は私からの仕事以外はいっさい受けていません…
>ご主人はサラリーマンです…

どちらも、支払側が考慮すべきことではまったくありません。

>こちらから「そんな義務はありません」と言うものなのか…

それで良いです。

というか、義務の言葉より、
「そんな制度は法律上ありません」
のほうが的を射ています。

あなたは、ふだん行く八百屋から年末になって、
「1年間の支払証明を書いてくれ」
と言われたことがあるのですか。
同じことですよ。

まあ、制度になくてもあなたが書いてあげようと思うなら書けば良いですが、先方の確定申告あるいは夫の年末調整に必要な書類では決してありませんし、そんな書類があったところで税務署はまったく意に介しません。

先方が申告するにあたりよりどころとするものは、あくまでも先方自身が作成した請求書や領収証の控えです。

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む

Q保険の免責分の消費税は不課税?

保険の免責分の消費税について教えてください。

損害保険に入っています。
事故があった場合、免責分5万円のみを当社が負担して、後の全額は保険会社が相手に払ってくれています。

この場合、当社の負担する免責分の消費税は不課税で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

修理代を支払ったのは相手先であり、これは課税取引です。
geronimo99さんの会社が負担する弁償金の一部(免責分)は不課税です。
相手先が受け取る弁償金は不課税です。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q神社への奉納金の勘定科目は?

町内会にある稲荷神社で初午祭がありました。
ウチの会社でも例年どおり奉納金として2万円を包み、商売繁盛を祈願しました。

この2万円、以前は接待交際費として処理していましたが、
寺社仏閣への奉納金などは寄付金に当たるのではないか? という者がいます。
また、寄付金や接待費でもないので、雑費だという者もいます。

ちょっと混乱してしまったので、詳しい方に判りやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

なお、この神社は普段は宮司さん神主さんなどは居らず、町内会で維持管理をしております。
初午などの行事の際には神職の方に来ていただき、式を執り行ってもらっています。

Aベストアンサー

通常の町内会費の範囲内であれば雑費でもかまいませんが、夏祭り費用などは寄付金として取り扱うことになっていますのでこの場合は寄付金として処理することになります。

詳しくは、参考URLのタックスアンサーをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5262.htm

Q内職って個人事業になるんですか?

教えて下さい!

1.「内職」で月2~5万程売上がある仕事を請け負うおばちゃんは、それも個人事業として(屋号とか会社の名前を考えて社印も作って)仕事をしている事実を報告しないと違法になるのでしょうか?
2.違法の場合どういう法のバツがありますか?
3.収入を得た時、確定申告?をしないとという話を聞いた事があるのですが、「確定申告」とは手にした収入の何%かの税金を国に納める…という考え方であってますか?

3.お小遣いかせぎで適当な会社っぽい名前や名刺作って届けとか関係なく仕事してる人ってたくさんいそうなんですけど、どういう時に痛い目にあってますか?例えば…法人相手の収入だったら査察はいったとき危険とか、法人相手じゃなかったらやっちゃいけないけどたぶん大丈夫とか。税金面で損してるとか。

Aベストアンサー

ど素人のわかる範囲ですが。

1、それは「開業届け」を税務署に出すということでしょうが、別にしなくてもかまいません。

3、確定申告とは、1年の収入と経費をはじき出して、しかるべき税金を算出し、もし多く払いすぎていたら返してもらい、たりなかったら追納することですが、ご質問の場合は多く払いすぎていることがかーなーり、多いパターンですから、確定申告しないと損!になります。

返してもらう手続き(還付申告)は過去5年までさかのぼってできますから、税務署がすいてきたら行くといいのではないでしょうか。

多くて月5万ということは、1年60万というわけで、基礎控除の38万と「家内労働者等の特例」65万の控除で消されて「所得は0」になると思います。

報酬が入ったときに源泉徴収されてますよね?10%。
あれが丸ごと返って来ると考えていいと思います。

>適当な会社っぽい名前や名刺作って届けとか関係なく仕事してる人ってたくさんいそうなんですけど
そういう場合は上記「おばちゃんの内職」とは(かせぐ額が)違ってきますから、ちゃんと開業届けだして収入と経費を考えて青色申告するのが一番妥当だしお得ということになるでしょうね。

ど素人のわかる範囲ですが。

1、それは「開業届け」を税務署に出すということでしょうが、別にしなくてもかまいません。

3、確定申告とは、1年の収入と経費をはじき出して、しかるべき税金を算出し、もし多く払いすぎていたら返してもらい、たりなかったら追納することですが、ご質問の場合は多く払いすぎていることがかーなーり、多いパターンですから、確定申告しないと損!になります。

返してもらう手続き(還付申告)は過去5年までさかのぼってできますから、税務署がすいてきたら行くといいの...続きを読む


人気Q&Aランキング