ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ランドクルーザー100の室内ヒューズボックスはどこにありますか?

A 回答 (1件)

取扱説明書を見ましょう。



運転席前の下です。コレでわかりましたか?
    • good
    • 9

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスモールライトとスピードメーターなどが点灯しなくなりました

昨日の夜、車を発進させたところ車のスモールライトと、
スピードメーターやガソリンメーターなどが明るく表示されない
ことに気づきました。

ハザードやブレーキ、通常のライトは点灯するのですが、
スモールライトとスピードメーター等は全く付かない状況です。

これはヒューズ切れか何かなのでしょうか?
オートバックスなどの量販店でも修理は可能でしょうか?
修理する際のお値段なども教えていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おそらくヒューズだと思いますネ今はテールも付いていないと思いますが、車にも寄りますが・・・

車内のヒューズを調べて飛んでいれば同じAの物と交換してすぐに飛ぶようであれば、どこか配線トラブルを起こしていると考えても良いでしょう。

変えても大丈夫なときはしばらく様子を見て下さい、そのままで大丈夫の時が多いです、ただし10Aのヒューズが飛んだのに2~30A等の容量の大きい物は入れない方が良いです(深刻なトラブルに成る可能性が有ります)

もし配線トラブルなら、車の電装を専門にしているところかディーラーや整備工場です(スタンドや用品店ではいじって見るだけと考えて下さい、無駄に時間をつぶすだけ)

なお、配線トラブルの場合は専門家でもトラブル箇所を見つけるのに難儀します(時間が掛かります)見つかればあっという間なのですが・・・
後メーター本体のトラブルなども考えれます(見ないで話を進めるのは)この辺りはプロに・・・

ほとんどの場合嫌になるくらい時間も掛かるし手間も掛かります(私は一番嫌でした)
ヒューズならせいぜい100¥とかでしょうが(予備もヒューズボックスに付いています、使ったら補充)その他配線などだと、工賃が結構掛かります。
従って解りません・・・

おそらくヒューズだと思いますネ今はテールも付いていないと思いますが、車にも寄りますが・・・

車内のヒューズを調べて飛んでいれば同じAの物と交換してすぐに飛ぶようであれば、どこか配線トラブルを起こしていると考えても良いでしょう。

変えても大丈夫なときはしばらく様子を見て下さい、そのままで大丈夫の時が多いです、ただし10Aのヒューズが飛んだのに2~30A等の容量の大きい物は入れない方が良いです(深刻なトラブルに成る可能性が有ります)

もし配線トラブルなら、車の電装を専門...続きを読む

Qランドクルーザーのエンジンが・・・

私は平成11年12月にランドクルーザー100のディーゼル車を新規購入して5年が経ち、10万キロに到達したところです。
3ヶ月ほど前から、走行中にエンジンストップが発生するようになり、1ヶ月前には頻繁に発生したため、ディーラーに修理を出したのですが、本当の原因は分からないようでした。修理報告として詳細は言わなかったのですが「燃料系を制御しているコンピュータのような部品を交換したので、ほぼ大丈夫だと思います」との回答を得て戻ってきたため、安心していたのですが、先日5~60キロの一定走行中にいきなりエンジンがストップしてしまい、その後は時間間隔でいうと10~20分毎に信号などによる停車寸前にエンジンがストップしてしまうようになり、昨日ディーラーに「今度は徹底的にお願いします」と修理依頼をしました。
 エンジンストップはハンドリングも重くなり操舵がし辛いし、後続車の追突を招く恐れもあるので、重大な故障だと思うので、あまりこのような状況が続くと、世界のランドクルーザーへの信頼がなくなりそうです。トヨタにはしっかりした対応をしていただきたいと思っています。
 ランドクルーザーに乗られている方または詳しい方(もちろん専門家大歓迎です)でこのような故障(エンジンストップ)をご存知の方がいれば、アドバイスや対処方法について教えてください。よろしくお願いいたします。
 

私は平成11年12月にランドクルーザー100のディーゼル車を新規購入して5年が経ち、10万キロに到達したところです。
3ヶ月ほど前から、走行中にエンジンストップが発生するようになり、1ヶ月前には頻繁に発生したため、ディーラーに修理を出したのですが、本当の原因は分からないようでした。修理報告として詳細は言わなかったのですが「燃料系を制御しているコンピュータのような部品を交換したので、ほぼ大丈夫だと思います」との回答を得て戻ってきたため、安心していたのですが、先日5~60キロの一定走行...続きを読む

Aベストアンサー

こんちは。

ガソリン車であれば、とりあえずはO2センサーやプラグ、エアフロの確認ですかね。
ディーゼルエンジンに上記が当てはまるか分かりませんが・・・。
車の故障は実物を見ないと分からない事だらけなので、ディーラーで見てもらうのが再度見てもらうのが一番ですね。

Qオルタネーターかな?教えてください。

平成3のランクル80ディゼルターボに乗っているのですが、今帰り道にパネルの表示がついてしまって、セルを回す前のランプが全部点いてしまったのですが、エンジンはかかっています。発電は計っていないので、まだ分かりませんが、発電量は弱い感じでした。ライトの明かりがふらつく感じしていましたので、どうなんでしょう?オルタネーターでしょうか?又オルタネーターのブラシ交換とかすると直る可能性は、あるものなのでしょうか?ひとつ友達にもらった平成2年のオルタネーターがあったのですが、ブラシ部のアマチュア部のスリップリング〔ほう金真鋳〕部が減っていて使い物にならなくなっていたのですが、今の車も3年ですので、同じ可能性があるのか?どれくらい持つものなのでしょう?15万キロ走っています。又対処としては、ビルド品の方がいいのか悩んでいます。助言お願いします。

Aベストアンサー

ほぼ間違いなくオルタネーターのトラブルですね。オルタネーターのL端子電圧が規定値(バッテリー電圧と同等)に達しないと、エンジン始動前の状態と同じランプチェックのためのウォーニングランプ点灯状態になります。

オルタネーター内部のどの部分にトラブルが起こったのかは分解してみなくては判りません。ブラシの磨耗でもレギュレーターの不良でもレクティファイアーやローター・ステーターなどのコイルの不良でも同様の症状が出ます。

以前に起こった故障でスリップリング(オルタネーターの場合アーマチュアではなくローターと呼びます)が異常に磨耗していたとのことですが、ブラシの磨耗が進みその部分でスパークが多量に発生するようになると異常な磨耗が起こりますので、早めの点検を心がけるようにしましょう。確か、その年式ですとブラシの点検はオルタネーター後部のアルミ製のカバーを取り外すだけで、オンザカーの状態でできる(少々やりにくいが)でしょう。その状態でならブラシもブラシホルダーごと+のビス2本で取り外せます。また、このタイプのオルタネーターはスリップリングがステンレス製(この辺の記憶が定かではない)であったと思いますので磨耗についてはかなり強いはずです。

バッテリーの-端子をはずしB端子(出力端子)及び樹脂製のコネクターをはずします。その後カバー後部のナットを取り外せば、カバーが取り外せますので、興味がおありなら試してみては如何でしょう?

ただし距離がかなりいっているのでできれば、部分的な消耗部品の交換ではなくオーバーホールすることをお勧めしますベアリングやバキュームポンプのオイルシールなどほかにもそろそろ交換時期にきている部品も多いかと思われます。

ほぼ間違いなくオルタネーターのトラブルですね。オルタネーターのL端子電圧が規定値(バッテリー電圧と同等)に達しないと、エンジン始動前の状態と同じランプチェックのためのウォーニングランプ点灯状態になります。

オルタネーター内部のどの部分にトラブルが起こったのかは分解してみなくては判りません。ブラシの磨耗でもレギュレーターの不良でもレクティファイアーやローター・ステーターなどのコイルの不良でも同様の症状が出ます。

以前に起こった故障でスリップリング(オルタネーターの場合ア...続きを読む

Q四輪駆動車のハブロックについて

こんにちは、よろしくお願いします。
仕事で、何台かの四輪駆動車に乗ることがあります。
そのうちの、トヨタのランドクルーザーには、2H-N-4Lのトランスファーの他に、
4Hのボタンとハブロックのボタンがあります。
この、ハブロックのボタンというのは、
どういったもので、どのようにして使うのでしょうか。
他の四駆車(ダイハツラガー)には、
同様のトランスファーと4Hのボタンはありますが、
ハブロックのボタンはありません、ある車とない車では、
どのような違いがあるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>トヨタのランドクルーザーには、2H-N-4Lのトランスファーの他に、
4Hのボタンとハブロックのボタンがあります。
この、ハブロックのボタンというのは、
どういったもので、どのようにして使うのでしょうか
◎2WD/4WD切替時に使用するものです。
ランクルといっても60/70/80/90/100等が不明ですので、以下、一般論です。

◎ハブロックとは?
ドライブシャフト(車軸)とホイールを繋ぐ(断接する)ものです。

4WDシステムは各種ありますので、最も単純明快なもので考えると
【4WDの元祖的存在ともいうべき「昔のジープ」の場合】
この車のハブロックは、シンプルなマニュアル(手動)式

通常は後輪駆動、4WD必要時の切替方法は
一旦停車
⇒トランスファー・レバーを操作して4WDに切替
⇒降車して前輪左右のハブロックレバーをロック側へ切替えてロックする
この一連の作業を行って初めて4WDになります。

すなわち、
エンジン動力⇒前輪用プロペラシャフト⇒前輪デフ⇒前輪ドライブシャフト⇒前輪ホイール(タイヤ)回転
となり4WDになりますね。

反対に4WD⇒2WDにする場合
仮にこの状態からトランスファー切替えて、通常の2WD走行に戻すと、
エンジン動力⇒前輪用プロペラシャフト間が切り離されるだけです。
そうすると、2WD走行時に、必要のない部分まで回転させることになりムダ。
すなわち、燃費向上、騒音減少、機械の保護のためにもヨロシクナイのです。

そこで、ドライブシャフト⇒ホイール間を切り離そうとするのが、ハブロック(機構)です。

【ハブロックには、マニュアル(手動)とオート(自動)があります(大きく分けて)】
*マニュアル式は次の2種類、
1)完全マニュアル式
ホイール中央のハブ部分に、ロック/アンロック切替レバーがあり、
2WD/4WD切替時に、いちいち一旦停止して車外に出て、前輪の所へしゃがみ込み、(手を汚して)左右とも切替えます。
(上記、元祖「昔のジープ」等)
2)マニュアル式であるがリモコン操作式
上記1)の作業を、車内に居ながらにしてボタンなどで行うもの。
すなわち、今回のご質問のケースですね。

*オート式は次の2種類
3)完全オート式
文字通り自動でハブロック/アンロックを機械的に行ってしまいます。
(一つ前の型~現行パジェロ等)
4)セミオート式
2WD⇒4WD切替時はオートでハブロックされますが、
4WD⇒2WD切替時は、一旦停止して1~3mバックしなければハブロック解除できません(パイロットランプ有)。
(初期型パジェロ、ダイハツ・ラガー等)

>ある車とない車では、どのような違いがあるの
◎上記説明どおりですが、
*ハブロック・ボタン有る場合
ボタン操作でハブロックしなければ、いくら4Hボタン操作しても4WDになっていません。
もしくは、4Hボタンで4WDにすれば、自動的にハブロックされ、次に2WDに戻す時に、ハブロックボタン操作でハブロック解除する必要があるかの、いずれかです。
*ハブロック・ボタンがない切替式4WDの場合
完全なオート式以外、
4WD⇒2WD切替時に一旦停止・バック操作をしないと、ハブロック解除されません。

◎それぞれの特長
1)完全マニュアル式
何といっても信頼感一番、シンプル・イズ・ベストですが、面倒。
2)マニュアル式であるがリモコン操作式
車内操作の便利さ、しかし機械は壊れる場合があることと、イージー故に操作忘れが起きがち。
3)完全オート式
何といってもフールプルーフで便利
しかし、機械的故障の可能性が有る。
4)セミオート式
完全マニュアル式より便利であるが、解除時に結構不便。
また、確実性から見れば、
前進後進繰返すような走行時に、ハブロック解除されてしまう恐れがある。

※マニュアル式の利点は、
極寒時の2WD走行中、ハブロックが凍り付いてしまい、イザ4WDにしようとした時、ロック出来なくなってしまうことがあり、
それを予測できる場合、あらかじめハブロックしておくことが可能であるなどです…。

#2さんの書かれたことはハブロックとは別な話しで関係ありません。

◎センターデフロックとは?
フルタイム4WDの場合の前後輪間の回転差を吸収する目的の、前後輪間にあるデフをロックするもの(デフがないのと同じにする)=昔ジープと同じ直結4WDになる。
>確かにセンターデフロックよりも、スタックした時の脱出能力は高いです
◎センターデフ付きフルタイム4WDは、1輪でも空転する状態になると動かなくなってしまう可能性が高く、2WDとほぼ同じですから、デフロック=直結が有利です。

>ただ、前輪もロックした場合ハンドルは、ものすごく重くなり俊敏な切り返しが出来無いため操作しにくくなります。
◎これは、フロント・デフロックのことです。
フロントの左右輪を直結状態にしてしまいますから、当然曲がれません。
※前後輪のデフロックはあくまで緊急脱出用です。
センター+前後輪の全てのデフをロックすれば、
例え3輪とも浮いてしまっても、1輪だけでも接地していれば動けるからです。

いずれにしても、
この手(クロカン系)の4WD車に乗る場合は特に、取説は良く読んで理解してから乗るべきでしょう。
万が一の時に、不適切な使用法の場合は、致命的な危険に陥る可能性が高いです。

>トヨタのランドクルーザーには、2H-N-4Lのトランスファーの他に、
4Hのボタンとハブロックのボタンがあります。
この、ハブロックのボタンというのは、
どういったもので、どのようにして使うのでしょうか
◎2WD/4WD切替時に使用するものです。
ランクルといっても60/70/80/90/100等が不明ですので、以下、一般論です。

◎ハブロックとは?
ドライブシャフト(車軸)とホイールを繋ぐ(断接する)ものです。

4WDシステムは各種ありますので、最も単純明快なもので考えると
【4WDの元祖的存在ともいうべ...続きを読む

Q車の修理について オートアンテナが伸びない縮まない

12年乗っているカルディナがあちこち問題が出てきました。

オートアンテナが20センチくらいの長さで止まってウィーン・・・ゴゴゴと音をしたまま動かなくなりました。
症状からすると(モーター音はずっとしているので)アンテナロッドの中に入っているプラスティックの棒?を交換すれば良さそうです。

無理やり押してこんで仕舞いこんだのですが・・・ネットでいろいろ調べて見たところ、ディーラー修理だとアンテナ丸ごと交換で数万円だとか。

シフトレバーもロック解除ボタンをはずさないと動かなかったり、一箇所だけ窓の閉まりが悪かったり、いずれ修理に出す予定なので出費を抑えたい心理でディーラーじゃなく町工場で必要な部分だけの修理をしてもらいたい・・・と考えたのですが
町の自動車工場などで丸ごと交換を避けて修理はしてもらえるでしょうか。

Aベストアンサー

何年か前は、アンテナとプラスチックだけで部品でてました。
今はないのかな?
部品があったらの話で。
交換は、状況しだいでかわります。
まずは、アンテナの根元のナット(わかるかな?)を外してからアンテナを伸ばすようにラジオの電源をいれます。一緒に手でアンテナをはずします。ここで外したアンテナと、新品のアンテナのプラスッチク部分の長さを比較してみてください。
同じであれば、反対の順序で組みつけてください。
外したのが短いようだと、中に残ってると思われるのでモーター一体で外してからばらしてください。折れて残った部品を取り除いてから、くみつけてください。もちろん部品は新品で。

Qランクル100、背面タイヤ無し仕様に変更したいのですが。

現在、ランクル100の背面タイヤありのタイプに乗っているのですが、背面無し仕様に変更したいな~と考えています。
どなたか変更した方がいれば、費用がどのくらいかかるのか?構造変更等必要なのか教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

タイヤラックですが、外したときの全長の変化が±3センチ以内でしたらそのままオッケイです。
(依命通達『自動車部品を装着した場合の構造検査時等における取り扱いに付いて』自技第234号 自整第262号 平成7年11月16日)

ただコレは使用過程車に対してなので登録内容を変更したりするときは構造変更するか元に戻すかする必要があります。

Qランクル80、乗り換えるか迷います。

ランクル80を車検修理込みディーラーで30万掛かるので手放すか迷っています。ローンが3年110万残っており、車検は4月まで、H6のディーゼルですが買い取り業者の電話査定では35~70万の幅でしょうと言われました。ただディーラーのセールスの方は「ウチに下取りに出して頂いて残債ゼロになれば新車買わない?」と持ち掛けられています。80は4台目で良さも不便さも判っていたのですがスペアパーツも欠品しだし(今回の修理部品が欠品して製作するらしい)部品代も20年前の車なので割高みたいです。

豪雪地帯在住で大型及び中型犬の2匹、嫁さん、子供無しですが釣り等で車中泊もする為80位の大きさが無いと辛く、3年後乗り換えるならランクル100ディーゼルにしようと考えていた矢先の出来事。

新車を相当安く買うか(ノア等のミニバンですがスタックしそうでどうなのでしょうか)、この先部品が欠品していき幾ら修理代が掛かるか判らない愛車に30万掛けるか、いっその事100に乗り換えるか。(3年後にローンで買おうと思っていたのでどうせいなら今から買ってしまうか)・・・相当迷っていますので皆様のご意見やアドバイス、お願い致します。

ランクル80を車検修理込みディーラーで30万掛かるので手放すか迷っています。ローンが3年110万残っており、車検は4月まで、H6のディーゼルですが買い取り業者の電話査定では35~70万の幅でしょうと言われました。ただディーラーのセールスの方は「ウチに下取りに出して頂いて残債ゼロになれば新車買わない?」と持ち掛けられています。80は4台目で良さも不便さも判っていたのですがスペアパーツも欠品しだし(今回の修理部品が欠品して製作するらしい)部品代も20年前の車なので割高みたいです。
...続きを読む

Aベストアンサー

ノアでランクルと同じ使い方は無茶ですよ。
同じ4駆に括られてますが、まったく別の車ですから。
せいぜいが、道に雪が積もって2駆が発進できないときでも発進できる程度です。

残債が0になるなら100に乗り換えた方がいいと思いますが。
今後も修理は必要だろうし、三年後に、今の査定が出るとは思えないですから。

Qランクル80の燃費

92年式のLX-LTD(ディーゼルターボ)を買おうとしています。
環境に悪く、ディーゼル規制により東京などに既に立ち入ることはできませんが、、、それはまあ地方で使うので良しとして、、
初めてのディーゼル、燃費は一体どのくらいでしょうか??悪いことは覚悟しています、リアルな数字を教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

現在平成7年型VX-LTD 4.2ディーゼルに乗っています
走行距離は104000キロぐらいです。
燃費は町乗りで6~7で高速だと9~10ぐらいは行きます。
フルタイム4WDで3tを超える車重としては良いほう
だと思います。 満タンで98リットル入りますから
高速だと800キロは無給油で走れちゃいます。
故障は今まで一度もなく、シャーシがあるせいか
未だに車体のキシミ音ひとつありません。

Qフォグランプが点かない・・・

これまで問題なくフォグを使っていましたが2日前くらいにフォグランプを点けようとしたら点灯せずヒューズが飛んでいました。15Aヒューズなのですがその時は無かったので買いに行くまではとりあえず20Aを付けておきました。変えたその日は何事も無く点灯していましたが、昨日再びフォグが点かなくなりました。20Aヒューズは飛んでいませんでした。フォグのスイッチを入れてもメーター類は減光せずスモールも点灯しません。
何が原因でしょうか?バルブや電源はまだチェックしていませんがそれ以外に考えられることはありますか?よろしくお願いします!

Aベストアンサー

大きなヒューズをいれた事によりバルブが切れることはありません。

ヒューズはそれ以降の回路にショートなど大電流が流れるようなトラブルが起きた時、回路全体を保護するために電流を遮断する物です。

フォグランプはスモールと連動しています。
フォグの方に大きなヒューズを入れたため、スモールの方のヒューズが切れたのではないでしょうか。

スモールのヒューズを調べて下さい。
フォグのヒューズははずしておきましょう。
そして整備工場で大電流の原因を調べてもらいましょう。

Q車のヒューズが飛んだだけで、とんでもない修理代がかかってしまい困っています

車の修理についての質問です。
先日、車(日産キューブ)のバッテリーを自分で交換しようと、ホムセンターでバッテリーを買ってつけようとしたのですが、買った時に+と-の位置(RとL)を間違って買ってしまい、気づかずに付けようとしたところ、火花がバッチット光りヒューズが飛んでしまいました。ディラーに連絡すると、持ち帰って詳しく調べて見ないとだめということで、レッカー車で持っていってしまいました。数日後、ディーラーから連絡があったのですが、ヒューズ自体は数百円ですむが、エンジンを制御するコンピューター部分が壊れたので、10万位はするとのことです。(大変ショックです)。そもそも、そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがあると素人は思うのですが、たったコンマ何秒かのショートで10万も修理にかかってしまうのは、なにか納得できません。車に詳しい方、本当にそうなのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 電気電子工学が専門の車好きです。すでに回答があるように「そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがある」と思うのは、ど素人の浅はかな考えです。

 ヒューズはその配線系統に異常があった場合に、その影響が他の系統に及ばないように切り離すのが第一の目的です。(第二の目的は、過剰電流による発熱焼損などの二次災害を防止することです。)
 電子回路では、電源の極性を間違って接続すると、コンピュータを含む電子部品が瞬時にお釈迦になります。それによってその電源系統に異常電流が流れ、ヒューズが飛びます。

 あなたの考えているヒューズの飛ぶ順序は、逆です。先にヒューズが飛んでコンピュータを壊さないようにするのではなく、コンピュータが壊れて異常電流が流れ、ヒューズが飛ぶのです。ヒューズが飛ぶのは、コンピュータが壊れた結果として起こる現象です。
 いかなる場合でも(百万分の1秒という瞬時でも)半導体でできた電子部品には逆に電圧をかけてはいけません。瞬時にお釈迦になります。

 修理代に10万円とは、そんなに安いのですか。私は工賃や技術料も含めると数十万円くらいはすると思っていたのですが。

 電気電子工学が専門の車好きです。すでに回答があるように「そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがある」と思うのは、ど素人の浅はかな考えです。

 ヒューズはその配線系統に異常があった場合に、その影響が他の系統に及ばないように切り離すのが第一の目的です。(第二の目的は、過剰電流による発熱焼損などの二次災害を防止することです。)
 電子回路では、電源の極性を間違って接続すると、コンピュータを含む電子部品が瞬時にお釈迦になります。それによってその電源系統に異常電流が流れ、...続きを読む


人気Q&Aランキング