【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

今日見たテレビで死についてやっていました。
見てるときはなにも考えなかったのに、寝ようとしたら心臓がどきどきして恐くて寝られません。
寝たらそのまま目が覚めない気がします。
いつか本当に死んでしまうのが恐いです。
死にたくないです。
どうして生まれてきたんだろ。いつか死ぬのに。
死にたくないです。死にたくないです。死ぬって恐いです。
恐くてどうしたらいいのかわかりません。
誰か恐くなくなる方法を教えてください。
どうしたら寝られますか?教えてください!お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

再びお邪魔します。



あなたが全くの健康な人だと想定して先の文章を書
いてしまっていました。思い込みをしてて失礼な事
を書いてしまって、すみません。

僕も苦しみながら死ぬのはあまり好きじゃないです。
ガンへも移行するし、そのまま病状が悪化しても死
んでしまう病気・・・ウィルス性のものです・・・
僕の両方の祖母も祖父も親戚もみんなガンで逝って
しまいました。親父はまだ生きてはいるけどやっぱ
りガンです。僕よりも30以上も歳を重ねているの
に、親父は「死ぬのが怖い」と言います。なんだか
変ですよね、普通は親父のほうがどっしりと構えて
いるはずなのに。

あなたはとても優しい人なんでしょうね。人の痛み
を自分の痛みのように考えることが出来るし、お母
さんのその後のことまで心配しているし。
僕は、両親を許すことも心配することもできない。
親父がまだ健康だった頃、僕だけが病人で感染症だ
から両親は僕を閉じ込めていたんです。恥ずかしい
からというだけでね。でもいざ親父が倒れたとなる
と、急にセカセカと連絡をよこすようになり、帰っ
て来いという。

僕も結婚も子供も諦めていました。妻になる人に感
染させるかもしれないからね。
それに、この世界との別れが余計に辛くなるなぁな
んて思っているし。
体が痛くて死んで逝くのと、心が痛くて死んで逝く
のって、どっちが苦しんだろう?と考えたりします。
死ぬ瞬間がどんなものかは誰にも分からないけど、
肉体の痛みは医学上の死によって解放される訳だか
ら、心が痛いまま死に逝く方が苦しいんじゃないか
なと今のところは思います。

眠ったまま死ねるのなら苦しくなくて楽なんじゃな
いかと思います。残される人たちはどんな形であれ
死んだという事実に動揺するのだから、どういう死
に方でも周りの反応は同じなんだろうなと思います。

外へ出ると、「普通」な人たちがあふれていて、生
が眩しすぎるんですよね。生への憧れが強くなって、
死ぬのが怖くなる。生だけが当たり前になっていて、
死は殆ど表に出てこない。永遠の命が約束されてい
るかのような錯覚さえ覚えます。

あんまりアドバイスにも補足にも何にもなっていな
いですが。
暇な時に読んで頂ければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回も回答ありがとうございます
恐い恐いばかり考える気持ちが少しおさまりました
私が落ち着いたから母も笑顔になりました

寝たまま死んでしまうのは私はいやです
まだ生きていたいから
だから眠ってる間に死にたくないです

父みたいになった時は寝たまま死ぬと楽だって思います

今日は外出しました
外出する前に質問したかったことを今日質問してみようって思います

ありがとうございました

お礼日時:2003/05/19 22:18

こんにちは。

深刻なお悩みを抱えておられたのですね。
お父様とおじい様を癌で亡くされ、またご自分も同じ病魔の影におびえつつ生きる、
恐怖を感じるなといってもそれはできないのが当たり前でしょう。

人はいつか死ぬものだとか、ありがちな気休めでは不安に夜も眠れぬ思いの
あなたをとうてい癒しきれるものではありません。
(すみません、これは syuu_ak さんへ向けたものではありません)

ですが、ここで出会ったのも何かの縁、私たちと mugigohan さんが
この場で言葉を交わし合った事実は、たとえあなたや私たちが
いつかいなくなったとしても永遠に残ると思うのです。
私自身も、ここで質問に答えることが自分の存在証明になっていると思っています。

mugigohan さん、そんな余裕はないと一蹴されることは百も承知ですが、
もしできれば、私たちと一緒に他の人の質問に答えてみませんか?
特に専門知識がいる分野ばかりというわけでもありませんし、
あなたはこの「メンタルヘルス」カテゴリで回答する資格十分だと思うのです。
あなたのお言葉に接した人たちの心にあなたのことは生き続けると信じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の存在証明

存在が証明されないと生きていてはいけないのでしょうか?
永遠なんか望んでません
ただ父のように苦しみながら死ぬのが恐いだけです
まだ生きていたいのに寝てる間に死んでしまいたくないだけです
悪あがきみたいに思われるかもしれないですね

私に回答する資格が十分あるってどういう意味ですか?
死にたくないってあがいてる人間の言葉になんか重みがあるみたいに幻想を持ってるんですか?

そういう一見良心的に見える勝手な思い込みを押し付けられるのはとても苦痛です

2回も回答ありがとうございました

お礼日時:2003/05/19 22:27

#12です。


スミマセン、これじゃあ何処にあるか分かりませんね
言霊~と書いてあるところの
流星群というところです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/05/14 22:44

こんにちわ


私もいつもそんな事考えています
死にたくない
死にたくない
でも、生きたいのか?
と聞かれれば、何かが違う気がする

只死にたいしての漠然とした恐怖があって
眠ると殺される夢ばっか見てました

というか本当は生きたいのか死にたいのか・・・
死を恐れるあまり死にたくなる

そんな私ですが、ある一つの詩を見てから
少し和らいだ気がします
ので、良かったら見てください

参考URL:http://moon.vis.ne.jp/moon/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。これを読みながらデパスを飲んでお酒を飲んで寝ようと思います。

お礼日時:2003/05/14 22:43

はじめまして。



どうすれば怖くなくなるか?
言葉で表現すると簡単になってしまいますが、
「生きることに固執しないこと」
です。生と死は表裏一体ですよね?つまり、生を
望むとき、死が怖くなる。反対に死を望むときは、
生が邪魔で仕方ない。(自殺志願者は、生きる事
そのものが恐怖ですよね。)

死ぬことは生を受けた物体の宿命です。
そして、生を受けない物体もいつかは必ず終わり
が来ます。本当に、「命のろうそく」が存在する
のかもしれませんね。
僕も若い頃は怖かった。あなたの年齢は聞きませ
んが、お若いのでしょうね。
それと、身近な方の死に直面したことはあります
か?
自分が死ぬかもしれないと医師から宣告された時、
なぜか恐怖がなくなりました。
死というものがとても身近になりました。コンビ
ニぐらい身近にね。
僕以外の人間の方が明らかに動揺していました。
宣告の日から、僕の中では生と死の概念がまるっ
きり変わりました。
足掻いても、何もしなくても、いつかは死ぬ。
だからって悲観することもしなくていい。そんな
エネルギーがあるなら、自分が死んだ後、周囲が
困らないように準備をしなくてはならない。
やり残しのないように、けれど無理をしないよう
に、生きていこうと思いました。
それが、「生に対して固執しない」という意味で
す。死は誰にでも等しく降る出来事です。それが、
人からみて短く見えたり長く見えたりするだけ。

最後に、怖くなって眠れないときは、眠らずに起
きているのも悪くないです。本を読んだり、歌や
深夜ラジオを聴くのもいい。眠くなったら寝る。
食べたい時に食べて、泣きたいときに泣いて、笑
いたいときに笑って、ムカついたときは怒って…
したいときにするということがいちばん安心でき
て、生きていることを実感できる。
薬や何かで自分をコントロールするなんて、生に
歯向かっているような気がしませんか?
(本論とは遠くなってしまいましたね。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が卵巣ガンを宣告された時は母が動揺しました。
私はなにも感じなかったです。父も祖父も肝臓ガンで死にました。だから遺伝だと思いました。
でも髪が少し生えてきて外にでようと思えるようになって、急に死が怖くなりました。
太腿の骨にガンが転移して苦しんで痛い痛いと言って死んでいった父の最後を、生々しく思い出します。
私もあんな風に苦しんで死ぬかもしれないと思います。恐いです。寝てる間に死んだら、母が発狂するかも。恐ろしいです。

薬を飲んでます。
玄米麦ご飯がいいと聞いてずっと玄米麦ご飯食べてます。
卵巣と子宮を取ってます。まだ20代です。結婚できないと思います。それでいいです。ただ死ぬのが恐いです。苦しんで死にたくないです。

お礼日時:2003/05/14 22:36

葉っぱのフレディ、という絵本を読んでみるといいかと思います。

多くの人が救われたということです。

~あまやん~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。明日母に買って来てもらいます。

お礼日時:2003/05/14 22:30

mugigohan さん、まだ起きておられますか?お休みになったのならそれでよいのですが。


ご自分の健康について何か不安材料はおありでしょうか?
あるならそれを打ち消す必要があるかもしれません。

私は今流行の(?)パニック障害というものを抱えています。
今はほとんど治っていますが、発症当時は頭が揺れ、胸が締め付けられ、
わけもなく不安にさいなまれて息もできなくなるほど苦しんだものでした。
寝たらそのまま二度と目覚めないのではないか、という不安は
私にとってたとえ話ではなく、切実な危機感をもって迫ってきたのです。
とはいえ、このまま目が覚めなかったら永遠の安らぎが得られるんだろうなあ、
などと罰当たりなことも考えたりしました。

でも、病と折り合いをつけた今、こうしてまあまあ元気に生きています。
こういう者もいるんだ、ということもお見知りおきくだされば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もパニック障害になったかもしれないですか?
昨日はデパスという薬を飲んで、お酒を飲んで朦朧として寝ました。
健康に不安あります。ガンがどこかに転移してるかもと考えて恐いです。
父のように骨に転移したら苦しんで死ぬと思います。父のことを思いだすと恐いです。苦しんで死ぬのは恐いです。寝てる間に死んだらもっと恐いです。
まだ結婚してません。20代です。でも多分結婚しません。卵巣と子宮をガンで摘出してるからです。
私が寝てる間に死んだら、母が発狂するかも知れないです。考えたら恐ろしくてたまらないです。

苦しんで死にたくないです。

お礼日時:2003/05/14 22:28

そんな風に考えること、考える時期は割と誰でもあると思います。


私も以前その様な恐怖心がありました。
ですが、ある時からそれは恐怖では無くなりました。
ある時とはごく近い友人が交通事故で突然亡くなってからです。
ただ無性に怖いと感じていただけの死は何だか分からない、自分ではいくら考えても答えが出せないものへの恐怖心だったように思えます。
親しい人間が死んで、死をより身近に感じるようになりました。
必ずしも死は年老いてから来たり、体を患ってから来るものでは無い。
それは何の前触れもなく急にやってくるものかもしれません。
かといってそれに抵抗できるものでもありません。

私も死にたい訳ではありません。
でもそれが怖いのかというと少しニュアンスが違います。
今現在の私には昨年子供も産まれ、愛すべき、守るべき人が増えました。
もしも私に突然死がやってきたら、これら愛すべき人と別れることが辛い。そこだけが悔しいと思うだけです。
怖がっていても何も産みません。何も残せません。
今生きている自分に何が大切か、もう一度見つめ直し、いつ訪れるか分からない死が訪れても、後悔しないだけの生き方をする。
それが生きている間にするべき事ではないでしょうか。
あとは他の方も言われているように、死んだ後どうなるかは誰も分かりません。
楽観的な言い方かもしれませんが、めんどうなことは死んだ後にでも考えりゃいい!そのぐらいの気持ちで良いと思います。
実際何時間、何日、何年かけて考えても仕方のないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

父や祖父の死を見ました。
死は私の身近にあります。
死ぬことが恐いです。
恐くて恐くてたまりません。
苦しんで死にたくないです。

何時間考えても仕方ないかもしれないです。
でも父のように苦しんで死にたくないです。
恐いです。

お礼日時:2003/05/14 22:22

きっとお若い方なんですね。

この先生きていくうえで死ぬよりも辛い事を体験する時が必ず来ると思います。その時には怖くなくなっているでしょうけど・・・。

 私も昔はとても死ぬのが怖い時期がありました。死んだらどうなるんだろう、死ぬってどんな感じ?、眠っている時は意識が無いんだからそれがずっと続く感じなのかなと。でも人生経験を積む度に、段々と怖くなくなってきた、いえ、死ぬ事自体を考えている暇もなくなってきたように思います。

 私が考えずに済むようになった理由は子供を持った事が一番の理由です。何故かって、子供の命が私の命より大事なものだからです。私は自分の子供を守るためなら自分の命など惜しくありません。ご質問者も本当に守りたい人が出来たら、自然と「死」に対する恐怖もなくなると思います。

 死を怖がらなくなるためには死よりも辛い事、例えば愛する人を失うとか、死んだ方がましなほどの痛みとかが予想されたり、それを体験したりということが一番いいと思うのです。が、今すぐ体験しろと言っても無理な話ですから、とりあえず想像してみてください。

 ご質問者はきっと死ぬのが怖いとおっしゃるぐらいですから死ぬより辛いと思える事がなかった、逆に幸せな方だと思います。辛い事を想像してみて、逆に今生きている事の幸せを噛みしめてみて下さいね。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供、産めません。去年卵巣ガンで両方摘出されました。子宮もないです。
子供がいないとこの恐ろしさから逃げられないですか?
父も祖父も肝臓ガンで死にました。父のガンは太腿の骨に転移して、父は最後まで痛い痛いと苦しんで死にました。
私も苦しんで死ぬかもしれないと思うと、恐くてたまらなくなります。
やっと髪が少し生えてきたら、急にお葬式を特集しているテレビを見て死ぬことが恐くなりました。恐くてたまらないです。

私は幸せな人間なんでしょうか?
今生きてることはしあわせだと思います。噛み締めたいです。でも恐くて恐くて泣き叫びたいです。

お礼日時:2003/05/14 22:18

私もそういうことを考えて、一人怯えて、悩んでいた時期がありました。


自分のいない世界、自分が生まれる前の世界、自分が死んだ後の世界、そういうことを考えているとどうしようもなく気持ちが落ち込んでいってしまいますね。
さて貴殿の年齢が気になるところですが、そのむかし中島らもが明るい悩み相談室でこれと似たような相談を受け、こんな回答を寄せていたのが印象に残っています。
曰く「私も若い頃はそういうことを考えて怖くなっていたが、年を経るにつれだんだん怖くなくなっていった。たいていの人は皆そういうふうになる」と(大意)。
これを読んだときは私もまだ若かったので「うーんそーかなー、そーいうものなのかなー」と思っていましたが、それから身内や友人の不幸も体験し、年を重ね、色々なことを体験してくると、不思議なことに確かにあまり怖くなくなってきてしまいました。
人間ってそういうふうに出来ているのかもしれません。
でも死ぬと言うことがまったく怖くなくなったかと言うとそんなことはないです。やっぱり怖い。
ではどういうことかと言うと、そういうことで悩む時間より、もっと他のことに時間を費やすようになっていったからだと思います。
ですから貴殿にも、いずれ怖くなくなる時が来ると思います。どうか安心をしてください。
しかしそんな悠長なことは言っていられない、今どうにかしたいんだとおっしゃるのなら...
そういうことを考えなくて済むように、他のことに没頭されてはいかがでしょう。
寝る前であれば好きな音楽を聴く、好きなゲームをする(ADVとかRPGとか)、好きな本(活字、マンガ問わず)を読む。勉強だっていいですね。思いっきり難しいのに挑戦してみるとか。
即効性があると言うところでは運動も良いでしょう。100mダッシュ×10本とか、重りを背負って神社の石段を往復30回とか。とにかく体を疲れさせるのです。
お酒が飲めるなら、寝酒にキツイのを一杯引っ掛けるという手もありますが、これはアル中になる恐れもあるのであまりお勧めできません...
とにかくそういうことを考えそうになったら、なにか他のことに没入されることです(でもその事で他人に迷惑をかけないように注意してくださいね)。
以上、他人事ではないと思い、つい長々書いてしまいましたが、参考にしていただけたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は20代です。
そのうち恐くなくなるでしょうか。本当に恐くなくなるでしょうか。
デパスという薬をもらっているので、それを飲んでお酒を飲んで、朦朧として昨日は寝ました。
私は卵巣ガンの手術を去年受けました。父も祖父も肝臓ガンで死にました。父のガンは太腿の骨に転移しました。モルヒネが効かなくて最後まで痛い痛いと苦しんで死にました。最近髪が少し生えて来たので気持ちに余裕ができました。そうしたら死ぬ事が恐くてたまらなくなりました。急に恐ろしくて恐ろしくてたまらなくなりました。

他人に迷惑をかけないように気をつけたいと思います。

お礼日時:2003/05/14 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこわい・・・これは病気なのでしょうか?寝るのが怖いです。

教えてください。

おととしの夏に軽いうつ病になりました(医者には抑うつ症と言われました)
薬と通院で治療していました。
その診断をもらう前に初めての怖い現象があり、そのあと2ヶ月くらいして、友達が泊まりにきているときにまたその現象。
それから冬になるころ一応のうつ病治癒となり
年が明けて1月、友達とグアム旅行に行っている間にその現象(友達と同じ部屋で寝ていた)
そして昨日、約1年ぶりにまたその現象。昨日は彼氏と寝ていました。

その現象は、突然息苦しくなり、ものすごい恐怖感、閉塞感がおそってくるのです。頭をしめつけられるような、恐怖感。怖くて、苦しくて、出口がないような気がして、そのまま頭がおかしくなって死にそうです。本当です。
大声を出したい、泣き叫びたいのに、声が出ず、とにかくすごい恐怖です。
心臓がドキドキして、寝るにも起きてるにも、身を置く場所がなく、気を紛らわすために部屋を歩き回ったり、カーテンを開けてみたり、水をのんでみたり。
でも、そのものすごい恐怖は消えません。

でも、時間がたてばなくなる・・・と信じ、ベッドの中で震えながら、呼吸をはやくしながら気を落ち着けます。

うつ病にともなっての、パニック障害のようなものだろうか?と思ったりしましたが、パニック障害はいつ、どんなところでなるかわからない病気のようですし、実際そういう友達もいますが、みんな昼間、仕事をしている最中に倒れたり、けいれんしたりということです。

いったい、私のこの死にそうな恐怖はどういう現象ですか?
うつ病も治り、1年この現象がなかったので、もう、ないと思ってたのに、昨日またなり、怖くてしかたありません。
もう、味わいたくありません。
その恐怖感は絶対おさまるとわかっていても、怖くて死にそうです。
これは病気ですか?教えてください。

教えてください。

おととしの夏に軽いうつ病になりました(医者には抑うつ症と言われました)
薬と通院で治療していました。
その診断をもらう前に初めての怖い現象があり、そのあと2ヶ月くらいして、友達が泊まりにきているときにまたその現象。
それから冬になるころ一応のうつ病治癒となり
年が明けて1月、友達とグアム旅行に行っている間にその現象(友達と同じ部屋で寝ていた)
そして昨日、約1年ぶりにまたその現象。昨日は彼氏と寝ていました。

その現象は、突然息苦しくなり、ものすごい恐...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。つらいですよね。よくわかります。私もまったく同じ経験をしておりましたので、書き込みさせていただきました。私もよく気をまぎらわすため、部屋の中(&外)を夜な夜な徘徊しておりました(笑)

既にみなさんがおっしゃっているように「パニック発作・パニック障害」だと思います。睡眠時のパニック発作はめずらしいみたいで、参考になるものがネットや本などでもほとんど見あたりませんでした。私も病院に行くまで半信半疑でした。医者に睡眠時のパニック発作はパニック障害として症状が重いかもしれませんと言われました。眠るのに恐怖感があると当然不眠症気味になりますので体力が持ちません。早急に専門医(精神科・心療内科等)に診ていただくことをおすすめします。

薬事法?などで詳しくは言ってはいけないみたいですが、お薬で治ると思います。私は結果として比較的軽度だったのかもしれませんが、睡眠時のパニック障害は投薬してからは起こっておりません。

まずは病院に行って安心して眠れるようにしましょう。

Q寝ることが怖いときがあるのですが

数年前から、寝ることが怖いことがあります。簡単に言うと、眠くなり、ウトウトして睡眠に入るわけですが、そのウトウトするとき、意識がなくなることに恐怖!?を感じる時があり、眠気はあるものの眠ることができないのです。普段は睡魔が勝って眠れることが多いのですが、一週間に一日くらい、過剰に意識してしまい、やや軽いパニックになり、徹夜してしまいます。
よく不眠症の方の質問をみるのですが、こんな理由で寝られない人って私くらいですかね、こういう場合は病院に行くか、カウンセリングを受けたほうがいいのでしょうか!?変わった質問だと思いますが、いい解決策などアドバイスをどうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も時々あります。なにかフぁ~とした感じでこのままではあの世にひきずり込まれてしまいそうで寝たらまずいと無理やり目覚めようとします。
こんな感じでしょうか。
私は眠気と夢がごっちゃになった時になるのではないかと思っています。ですから何も不安を感じておりません。たぶんあなただけでなく気がつく人とそうでないひとがいると思います一時的な事ですので安心して下さい。
こうなった時は,恐ろしい夢を見たのと同じですから一旦起きて落ち着いてから寝るといいですよ。

Q死ぬのが怖くてたまらなくなる時があります、、、。

26才主婦です。1才8カ月の息子がいます。
いたって普通の主婦です。小さい頃にもあったんですが
死ぬ事を考えるととてつもなく怖くなって動機がして涙があふれてきて体が震えていてもたってもいられなくなってこのままおかしくなるんじゃないかと思うほどです。普段はなんともないんですがたまにフッとその思いがよぎるんです。
学生や働いていて毎日忙しくしている頃にはありませんでした、結婚して子供ができて家にいるようになってからぼちぼちそういう事があるようになりなんども主人に話を聞いてもらったりしていました。出産後は病院にも半年ほど通いましたが薬を飲んでもあまりよくなっているような気がしなくて、そう先生に言って薬を変えてもらっても同じような感じでした、そのうち子供が動き回るようになり現在は子供が相手になってくれる事もありそんなになくなりましたが今でもたまになります。
身じかな人が最近の数年で何人か亡くなったということもあるとは思います。
だんだんそんな自分に嫌気がさしてきてしまいました。
テレビや本もそういった事からは遠ざけるようにしています。そんな事考える暇がないようになにかやる事を見つけようとは思っています、こんなふうな気持ちになったときどんなふうにぬけだしたらいいのか誰か教えて下さい、、、やっぱり病院に通った方がいいんでしょうか。

26才主婦です。1才8カ月の息子がいます。
いたって普通の主婦です。小さい頃にもあったんですが
死ぬ事を考えるととてつもなく怖くなって動機がして涙があふれてきて体が震えていてもたってもいられなくなってこのままおかしくなるんじゃないかと思うほどです。普段はなんともないんですがたまにフッとその思いがよぎるんです。
学生や働いていて毎日忙しくしている頃にはありませんでした、結婚して子供ができて家にいるようになってからぼちぼちそういう事があるようになりなんども主人に話を聞いてもら...続きを読む

Aベストアンサー

 わたしも、失いたくないものがたくさんあって、それを失うことを想像して
ふと、涙をこぼしてしまうことがよくあります。一人の夜とか、二人の夜とか、
寂しいときとか、、、。好きな人たちが死んでしまうことや、自分が死んで
みんなが悲しむ姿を想像したりして泣くことも、今の年になっても結構あります。

 その時、身近な人に「大丈夫だよ」って言ってもらえると、根拠はなくても
安心します。「絶対大丈夫なんてこの世にはない」って、理屈のわたしは
考えているのですけど、心は安心するのです。

 あまり悲しみに襲われる頻度が高く、毎日過ごすのが辛いようでしたら、
やはり皆様の言われるとおり心療内科が助けになってくれると思います。
 また、書物や音楽も心のなぐさめになってくれると思います。

 それから、考え事は明るいうちに、または誰かが周りにいてくれる環境でする方が、気持ちが暗くなりにくいです。
 わたしの母親が「夜に書いた手紙は朝読み直せ」とよく言っていました。
「夜は心に『魔』がさすから」だそうです。もちろん、比喩ですが、
人間の心に朝夜のサイクルも少なからず影響があるようですから、
環境面もちょっと工夫されてみてはいかがでしょうか。
 あまりご自分を追い込まないで下さい。同じことを考える人は
たくさんいると思いますよ。

 わたしも、失いたくないものがたくさんあって、それを失うことを想像して
ふと、涙をこぼしてしまうことがよくあります。一人の夜とか、二人の夜とか、
寂しいときとか、、、。好きな人たちが死んでしまうことや、自分が死んで
みんなが悲しむ姿を想像したりして泣くことも、今の年になっても結構あります。

 その時、身近な人に「大丈夫だよ」って言ってもらえると、根拠はなくても
安心します。「絶対大丈夫なんてこの世にはない」って、理屈のわたしは
考えているのですけど、心は安心するのです。
...続きを読む

Qタナトフォビア(死恐怖症)の症状を抑えたいです。

現在23歳、大学3年で就活が間近に迫っている男です。

昨年(2010年)の年末から、死んだら自分はどうなってしまうのだろうという思いがほぼ四六時中、頭から離れなくて心身共に疲れています。

小学校に入学するかしないかの頃から、ふとした瞬間に、死んだら自分はどうなってしまうのだろうと考えて得体も知れない怖さを感じることが度々ありましたが、寝るなどしてしばらくしたら治まっていました。

しかし、今回はすぐに治まらず、死んだら自分の意識は無くなってしまうのだろうか、「無」は何なのだろうか、何の為に生きているのだろうかとか、宇宙について考えてしまったりして、ここ数日は朝になるまで寝られず、起きている間も考えてしまいます。恐怖や絶望を感じてしまい、食事も無理をして行っている感じがします。情けないですが、自分の部屋で声を殺して泣いてしまうこともありました。

また、母親(60代前半)もいつか死んでしまって、火葬が行われるであろうことも考えてしまい、家で母親の顔を見ただけでも、涙が出そうになってしまいます。ニュースなどで人が死んだことを聞いても、その人について考えてしまいます。

先日、ネットで調べて「タナトフォビア」という言葉があることを知り、自分もそれを発症していると思い、ここのような相談サイトを見て回ったのですが、理論的な理解はできても、感情をなかなか抑えられません。少し落ち着いているときと考え込んでしまうときが交互に来ている状況です。

10代の時に強迫観念症(これが正式名かどうかはわかりません)を複数発症したこともありました。(元々、そのような病気になりやすいのだと思います。)そのときは病院には行かず、程度の差はあれ、自分で症状を改善しました。

心が休まりません。どうすれば、タナトフォビアの症状を抑えられるのでしょうか。

強迫観念症の件で家族には迷惑をかけてきており、また、今回は対象が「死」ということもあり、家族には話していません。なので、ここで質問させていただいた次第です。

長文かつ乱文で申し訳ございませんがよろしくお願いします。

現在23歳、大学3年で就活が間近に迫っている男です。

昨年(2010年)の年末から、死んだら自分はどうなってしまうのだろうという思いがほぼ四六時中、頭から離れなくて心身共に疲れています。

小学校に入学するかしないかの頃から、ふとした瞬間に、死んだら自分はどうなってしまうのだろうと考えて得体も知れない怖さを感じることが度々ありましたが、寝るなどしてしばらくしたら治まっていました。

しかし、今回はすぐに治まらず、死んだら自分の意識は無くなってしまうのだろうか、「無」は何なのだろうか、...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は。

症状を抑えるのも大事かと思いますが、うまく付き合う、それもひとつの解決策かと思いお返事します。

強迫性障害を持っています。死が対象だったことがあります。
死に捉われ、苦労はしましたが、お陰で意識がとても変わりました。
その経験をお伝えします。

なぜ死に捉われるのかから探りました。
実は身近に死が沢山溢れていることに対し感覚がそれを捕らえていることに気付きました。
だから意識が「死」から離れない。死を感じる結果、それを強く意識してしまう。
だから病気だ、というよりも単純に感性が鋭い事が原因なんだろうと思いました。
感性が豊かな人なら大なり小なりタナトフォビックであろうとも今は思っています。
死、はいかなる人であれ未知です。
DNAからは死を避ける行動を取るように恐怖という感情を引き起こすよう書き込まれています。
それなので死=恐怖は自然な感情です。ところが死が溢れているがゆえにいつまでも繰り返し
恐怖を引き起こす、どこかで麻痺するのが通常なんでしょうけれど、麻痺しないことが苦痛となる。
麻痺しないことは間違ってはいないと思うので病気だとは考えません。
ただ麻痺しないから困っている現状がある、それをまず客観的に捉えられるようにしました。

そこで繰り返し引き起こされる恐怖への対処法を考え、実行しました。

何をしたかというと、死、の反対を探したんです。
誕生ですね。意識して、意識を向けた結果、溢れる死と同じように
生命の誕生を至る所に感じられるようになりました。
毎日、毎秒、ありとあらゆる生命が生まれている一方で、死んでいく。
繰り返し、繰り返し、です。その感覚を得てはじめて万物流転をきちんと理解できた気がします。
自分の身に起こる死もまた、肉体が解体され、流転する。自然の流れなんだろうと。
そこに魂を信じる気持ちがあれば、輪廻転生も有り得る事とも思いました。

その一方で、死からも学びを得ました。何よりも如何に命が儚いか、です。
だからやはり誠に、生きて存在しているということ事態が奇跡なのだと知りました。
一期一会という言葉の持つ真の意味に触れることが出来たのも、死を思ったが故に。
今は昔、全ての時計に書いてあった言葉だそうです。メメントモリ(死を想え)と。
その昔は今で言うタナトフォビアが当たり前だったのかも知れませんね。
ちなみに朝生まれ、夜死す、それが繰り返されて日々となる、という考えもありますね。
なによりも人は思ったよりも簡単に死んでしまうものなので
限られた日々を一所懸命生きなさい、という智慧なのでしょう。

いつか必ず死にます。死後の世界の話で困るのは、結局死んでみないことには判らないですし、
折角まだ生きているのに、知りたいから今死のう、というのも違います。
なので死後の悩みは死後のお楽しみとしてひとまず置いておきませんか?
死後も意識が継続していましたら、その時にあらためて考える、としておいて
意識が無かった時は諦めよう、としてみましょう。
問題の死への概念ですが、死の意識を振り払うことは大変です。
だったら死に対してポジティブな意識を持つように意識を変えてみませんか?

私の辿った道のりです。
身近に溢れる命が死んでゆく、その切なく脆い命が故に、命に対しての愛おしさに繋がった。
儚さゆえの愛おしさだとしても、溢れる息吹に感じ入り、懸命に生きる大切さが
死を感じるが故に繰り返し伝わってくる。
その時にはじめて死の概念がそのまま命への慈しみへと変わりました。

残された日々を大切な人たちといとおしみ、生きる。それはかけがえのない日々となるでしょう。
命を見送り、自分の最後の時には、素晴らしい人生を過ごせれた、と悔いなく死ねるでしょう。
思い残すことが無いから安心して自らの命を自然へ帰す。
そんな心を最後の時に持てるよう日々、命を燃やして生きていきたい。
それこそが、死を想うが故に苦しみを生むことに対しての最大の対処法として
僕が今、まさしく実践中の毎日です。

繰り返しますが、命は儚いものです。お母様を想う気持ちは慈しみでしょう。
慈しむ思いがあるのですから、まずはお母様への慈しみの行動を取ってみましょう。
具体的に、日々の感謝の気持ちを手紙としてお渡しするのも良いでしょう。
あなたの笑い顔を見せることも、もちろんとても喜んでくださるでしょう。
何も出来そうになければ、ただ、傍に居る、たったそれだけでもとても大きな喜びでしょう。
愛情こそ、死への恐怖から解き放つ何よりのものではないでしょうか。

私事ばかりで恐縮ではありますが、何か拾えるものがありましたら何よりの喜びです。
長々とお付き合い、ありがとうございました。

今晩は。

症状を抑えるのも大事かと思いますが、うまく付き合う、それもひとつの解決策かと思いお返事します。

強迫性障害を持っています。死が対象だったことがあります。
死に捉われ、苦労はしましたが、お陰で意識がとても変わりました。
その経験をお伝えします。

なぜ死に捉われるのかから探りました。
実は身近に死が沢山溢れていることに対し感覚がそれを捕らえていることに気付きました。
だから意識が「死」から離れない。死を感じる結果、それを強く意識してしまう。
だから病気だ、というよりも単純...続きを読む

Q死ぬかもしれないという恐怖焦燥感を感じて・・・

下痢、心臓、呼吸など肉体的な症状が伴わないパニック障害ってあるのでしょうか?
最近いらない物を整理していまして、どうせ人間だれしも死ぬんだし、
死んだら棺おけ一つ分しか持っていけない・・そんなことを考えていました。
すると、死の恐怖感が襲ってきました。病気や事故に遭遇している状況でもなし、恐怖を体感する理由などないのに。
私はパニック障害の経験があり服薬中です。その時は心臓がどうにかなってしまった!!!という原因(実は医学的には心臓は問題なし)があったので、パキシルという薬をもらうなどで安心して生活していました。時々発作(息苦しく、ドキドキして低血糖みたいな症状)がでますが、ソラナックスを飲めばいい・・・と意外と気楽に受け入れています。最悪でも、心臓が変です、ってことで救急車を呼んじゃえ!って思ってました。
しかし今回は、肉体的な症状がなく、ただただ、死ぬことへの恐怖感が襲ってきて、どうしていいか判りませんでした。
家族にもっと優しくして欲しかったな、そのためには私がもっと優しくしてあげればよかった。。。手を握り締められながら死にたい。そう思って涙が浮かんできました。まるで自殺前みたい・・・いっそ、屋上に駆け上がって飛び降りれば早めに決着がついて楽だという気がしましたでも、パニック障害的な発作だ、と自分に言い聞かせ、ソラナックスを結局いつもの倍量飲みました。ほどなく、だるさ、虚脱感、眠気が出てきて、恐怖感は消えました。
パニック障害の経験がなかったら、これは事故にあうって予知に違いないなんて思っていたか、本当に発作的に自害したかも。
いまも、あの恐怖感はなんだったんだろう、またあんな恐怖が襲ってくるのだろうか、そう思うと憂鬱です。肉体症状がないパニック障害ってあるのですか?
経験ある方、知識のある方、お話聞かせてください。

下痢、心臓、呼吸など肉体的な症状が伴わないパニック障害ってあるのでしょうか?
最近いらない物を整理していまして、どうせ人間だれしも死ぬんだし、
死んだら棺おけ一つ分しか持っていけない・・そんなことを考えていました。
すると、死の恐怖感が襲ってきました。病気や事故に遭遇している状況でもなし、恐怖を体感する理由などないのに。
私はパニック障害の経験があり服薬中です。その時は心臓がどうにかなってしまった!!!という原因(実は医学的には心臓は問題なし)があったので、パキシルという...続きを読む

Aベストアンサー

パニック障害という言葉が一人歩きしていますが、
以前はみんな不安神経症という言葉でひとまとめでした。
だから、死の恐怖も、心臓ドキドキも、根は同じです。
>肉体症状がないパニック障害ってあるのですか?
ありますよ。ただ、根は同じなのでどれも大事には至らないです。

森田療法の本なんかよむと、その辺が詳しく書いてあります。
発狂恐怖とか、あなたのおっしゃる心臓神経症とか、
怖くって意味もなく動けなくなっちゃったりとか、
電車に乗れなくなっちゃったりとか、
飛行機に乗れなくなっちゃったりとか。

「死の恐怖」といわれていますが、
これは森田療法の根源にあるものです。症状が出る人はみな根源に
「死の恐怖」を他の人より強くもっており、よりよく生きたいと
いう気持ちが過剰に強すぎて症状がおきるとか、そういう内容だったと
思います。本がそばにないので確認できないので多少間違っていたら
すみません。
一度、森田療法関連の本を読まれることをおすすめします。

Q死への恐怖…体験談、克服談を教えて下さい

 中学生の頃にも一度陥って、その時は一週間程で自然に
忘れていったのですが、三十代に突入して突然、死への恐怖に
再び憑り付かれ、なかなか脱却する事が出来ません。何度か
心療内科にも通った程です。(不安障害と診断されました)

 死が怖いのです。家族や友人の死も勿論怖いのですが、
一番怖いのは自分自身の死です。視覚・触覚・聴覚と
いった全ての感覚が消え去り、自分が完全な無になって
しまう。それなのに世界は変わらず続いていく…そう考えると
心臓が激しく鼓動し、胃がせり上がり、夜も眠れません。
 母に話してみましたが、「あなたはまだ若いし不治の病に
なったという訳でもないのに不思議で仕方ない。お母さんは
死は全然怖くない。いつ死んでもいいと思ってる。」との
事です。母の感覚の方が普通だとは分かっています。
この世で唯一絶対の真実と言っても過言ではない「どんな人
もいずれ必ず死ぬ」事に恐れおののく自分が、貴重な時間を
無駄にしている大馬鹿者に思えてひどく落ち込みます。
 死について考えないように、考えないように、と考えれば
考える程思考がそちらに行ってしまいます。心療内科の
先生は、「気持ちの悪循環」だと仰いました。そして
「哲学者や宗教家が必ず行き着く究極の問いだ。一度
とことん考え抜いてみるのもいいかも。」とも。

 皆さんは同じような考えに囚われて、苦しい日々を送った
事がありますか?また、それを克服した出来事や方法が
ありましたか?そういった体験談を教えて下さると
嬉しいです。

 中学生の頃にも一度陥って、その時は一週間程で自然に
忘れていったのですが、三十代に突入して突然、死への恐怖に
再び憑り付かれ、なかなか脱却する事が出来ません。何度か
心療内科にも通った程です。(不安障害と診断されました)

 死が怖いのです。家族や友人の死も勿論怖いのですが、
一番怖いのは自分自身の死です。視覚・触覚・聴覚と
いった全ての感覚が消え去り、自分が完全な無になって
しまう。それなのに世界は変わらず続いていく…そう考えると
心臓が激しく鼓動し、胃がせり上がり、夜...続きを読む

Aベストアンサー

死があたりまえだと思ってるのは他人の死の経験があるからです。
実際にどんな人も経験しますが、そのどんな人も語ることの出来ない領域です。
「死んだことありますか?」
と誰かに聞けば、頭がおかしいのではと思われるでしょう。

したがってhato-yomeさんが死んだ、と思うのはhato-yomeさんじゃない。hato-yomeさんは思えないのですから、hato-yomeさんは死んだりしないんですよ。死なないんだから怖がる必要は無いんです。

いつ眠るんだろう、その瞬間を見逃さないように小さい頃、時には今でもチャレンジしてますがいつも失敗しています。起きたときに、寝てしまったと思いますが、実際眠りも不思議な世界です。今も、実は夢の世界では?そうじゃないとどうして証明をするかなんて考えたりしますが、答えは出てません。
寝たことさえ認識できないのですから、死んだことも認識できないと思い込んでますが。ちなみにマトリックスの影響ではありません。

自分は、死ぬんだろうけど死なないよ、と考えてます。千の風の影響もないです。

いやー眠りって不思議ですよ。家では自分だけお休みなさいではなく出発しますと言ってます。どっかにいって戻ってきて起きる、という感覚なんで。死は戻ってこないということなんですかね。
絶対にどっかに出発してるんですが、どこかわからないんですよ。日々のことなのに。

とにかくhato-yomeさんは死にませんよ。

死があたりまえだと思ってるのは他人の死の経験があるからです。
実際にどんな人も経験しますが、そのどんな人も語ることの出来ない領域です。
「死んだことありますか?」
と誰かに聞けば、頭がおかしいのではと思われるでしょう。

したがってhato-yomeさんが死んだ、と思うのはhato-yomeさんじゃない。hato-yomeさんは思えないのですから、hato-yomeさんは死んだりしないんですよ。死なないんだから怖がる必要は無いんです。

いつ眠るんだろう、その瞬間を見逃さないように小さい頃、時には今でもチ...続きを読む

Q離人感がある方、どう対処してますか?また原因や、きっかけはわかりますか??

最近1ヶ月に2日くらい、離人感がひどいです。「離人」という言葉は色々調べて、最近知りました。ぴったり、症状が当たっているように思います。

元々自律神経失調症、(眩暈やふらつき、不眠など)や、不安神経症(でしたっけ?不安神経症かもね、と先生に言われました)で、クリニックに通院しているような身です。
行くのも気が向いたらですし、薬も頓服程度ですが。。
まだこのことは先生には言っていません。
なぜなら、不意打ちで、離人感が強烈な日が突然やってくることと
なんとか一日、ないしは二日のりきれば元に戻る場合が多いからです。
ただなっている間は。。苦痛ですね。


元々、小さい頃からごくたまに、ありました。
一人でいる時とか
私は今なんでここにいるんだろう、みたいな
ちょっと幽体離脱っぽい不思議な感覚で
頭の中は「宇宙の誕生」みたいなテーマの雰囲気でいっぱいでした(笑)
でも、小さいながらも、きっとまだ自分が子供なのと、色々なことに対して、知識も浅いしいろんなことがわかってないからこんなふうに思うんだろうなーと思ってました。


最近頻繁なの(月2,3日程度ですが)は、ここ2年くらいですね。

普段と景色が全く違って見える、
普段接している人が全員その日は違う態度に見え、別の人間みたい。
自分がそこに存在してる実感が無く、何をしても、脳、心、体、言動がバラバラな感じ。
人と会話しても「あれ、これ違う、自分じゃない」みたいな。違和感。漠然と、現在の状況が映画やドラマのような感じ。違うーのに---!!!・・・って。
何とも説明しがたいのですがそんな感じです。
勿論誰に言っても理解不能らしく、
彼氏に言っても全く理解不可能みたいです。



そう感じる違和感な日は、何の前触れも無く突然やってきて、違和感は一日中続きます。
仕事がはじまり暫くして、「あ、今日は離人系な一日だ」と気づき、寝るまで続きます。仕事中の記憶が曖昧になります(仕事してる自分も違和感)し、世界が違って見え、緊張、不安感でいっぱい、精神的に不安定な一日となります。苦痛な感じです。

こういう感じになってしまう方は、何がきっかけでこうなりますか?
離人症と病院で診断された方は、原因や、きっかけ、はっきりわかりましたか?

色々よんでいると生理前になったりもするようですが
自分の場合とくにそういう法則性はみあたりません。
別にその日、嫌な仕事がたまっているわけでもないし、彼氏と喧嘩した翌日になるわけでもなく。。。
なるきっかけや理由が全くつかめません。

あとは、やはり、月2日程度いえどもかなり苦痛でその日は一日仕事もままならず、人との会話も、なんか暴走系というか
頭の中でテープが早回しになっているような感じに襲われ
一日とにかく苦痛なので
緩和する方法があればアドバイスいただきたいな、と思います。
宜しくお願い致します。

最近1ヶ月に2日くらい、離人感がひどいです。「離人」という言葉は色々調べて、最近知りました。ぴったり、症状が当たっているように思います。

元々自律神経失調症、(眩暈やふらつき、不眠など)や、不安神経症(でしたっけ?不安神経症かもね、と先生に言われました)で、クリニックに通院しているような身です。
行くのも気が向いたらですし、薬も頓服程度ですが。。
まだこのことは先生には言っていません。
なぜなら、不意打ちで、離人感が強烈な日が突然やってくることと
なんとか一日、ないしは二日...続きを読む

Aベストアンサー

中学生の頃から現在まで離人感が続いています。
私も中学生とか高校生の頃は、症状が出ても
特に深くは考えませんでした。
でも、大人になって離人症だと知って憂鬱になりました。
あの「例えようのない感覚」はなったことがない人には
絶対にわからないと思います。
昔から母には言っていましたが、やっぱり伝わらないですねぇ。
去年、思い切って友達に話してみたのですが
サッパリ何いってんだかわからないって感じでした。
可能なら質問者さんと悩みを打ち明けあいたい位です^^;

幽体離脱っぽい感覚・・確かにそうかも。
私の場合はボーッとした感覚、自分がベールのようなものに
囲まれている感覚、ものすごく冷静に客観的に外の世界を見ているとか
そんな感じでしょうか。自分以外の人、時間が止まっているような
時もあります。

離人症の場合は自分が今「変な感覚になっている」というのを
自覚しているのが特徴らしいですね。
でも、あの感覚は本当に辛いし、苦痛ですよね。
誰にも伝わらないし、こんなことを一生一人で抱えていくなんて・・と
ものすごく悲観的になったこともあります。
「わー!!」って叫びたくなったり、頭を振ってみたりしちゃうことも
あります。
でも、何かの本で「日常生活ができるのであれば、気にしすぎない」
ことが大事だと知って、それについて悩むのはやめました。

私は投薬治療などはしていません。それは最後の手段にしようと・・・。不眠で心療内科にかかっていて、その時に聞いてみたら
お医者さんには「てんかん」でも離人症状がでる場合があると言われて検査(脳波の)しましたが、違っていました。
その場合はデパケンというお薬がバッチリ効くこともあると言っていましたよ。

>こういう感じになってしまう方は、何がきっかけでこうなりますか?
離人症と病院で診断された方は、原因や、きっかけ、はっきりわかりましたか?

私は子供の頃から悩みやすいタチで、不眠症でもありました。
不安神経症だったかはわかりませんが、とにかく色んなことが気になったり心配したり、考えたり・・といったことをしていました。
中学生の頃は女子同士って色々ありますよね^^;
きっとそんなことや元々の性格がストレスとなり、
離人という症状に表れたのかなーって自己分析しています。
クセになっているのか、今も度々起こりますよ。
(元々、月に数回とか、数ヶ月に1度と、特に決まりはなかったので)
昨年ちょっと環境の変化などで、3ヶ月間毎日離人感がありました。
こんな継続したのは初めてだったので、もう抜け出せないんじゃないかって不安でしたが、おかげさまで抜け出せました。
そう考えると私の場合はストレスが過度になった場合、
自己防衛?で症状がでるのかなーとも思ったり。。。
最近はほとんどないですけどね^^

お仕事の時などは特に苦痛だと思いますが、
自分がわからなくなったり、ボーっとして事故にあったりしなのであれば、まずは「気軽に考えてみる」しかないのかな~って思います。
元々「人の意識」自体が不思議なものなんだしね。
緩和方法は私の場合はとにかく早く寝ることでしょうか。
起きているとどうしても「離人」を意識してしまうので
とっとと寝て「無意識の世界」に行きます。
「離人症なんだ」って意識する回数をなるべく減らすのって
いいと思いますよ。

お互いに少しでも「離人感」が出る回数が減るといいですね。

中学生の頃から現在まで離人感が続いています。
私も中学生とか高校生の頃は、症状が出ても
特に深くは考えませんでした。
でも、大人になって離人症だと知って憂鬱になりました。
あの「例えようのない感覚」はなったことがない人には
絶対にわからないと思います。
昔から母には言っていましたが、やっぱり伝わらないですねぇ。
去年、思い切って友達に話してみたのですが
サッパリ何いってんだかわからないって感じでした。
可能なら質問者さんと悩みを打ち明けあいたい位です^^;

幽体離脱っぽ...続きを読む

Q【脳・頭・意識】一瞬落ちる。一瞬グラっとする。

一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。

初めてなったのが3年前くらいです。ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。その時、会話は継続してできていました。友達の声も聞こえています。なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。
時間は0.3秒くらいです。
頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。
エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。
周囲は暗くなっていません、見えています。
お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。
金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。
身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。体勢はしっかりとしています。
3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。
現在まで、20回程度です。

おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。
自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0.3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。
いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。
また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。
とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。(気づかれません)


【症状説明】
*エレベーターを一階分落ちるような感覚
*会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。
*頭がグラッと落ちる感覚。
*周囲の音が一瞬絞られるような感覚。
*症状が一瞬(0.3秒くらい)
*意識はある。
*症状の最中も会話はできている
*音も聞こえる
*吐き気・頭痛はまったく無し。
*倒れない。
*3ヶ月に一度くらい(20回程度)
*脈は正常
*どうき・息切れの経験無し。(どうき・息切れの症状がイマイチわからない)

【プロフィール】
*男
*30代後半
*身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。
*意識を失う経験は無し。
*人生いままでずっと血圧正常。
*大きな病気無し。
*服用している薬無し。
*酒やらない
*タバコ1日、1箱未満。
*過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている)


ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。
過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。
もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。
もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。

宜しくお願いいたします。

一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。

初めてなったのが3年前くらいです。ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。その時、会話は継続してできていました。友達の声も聞こえています。なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。
時間は0.3秒くらいです。
頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。
エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。
周囲は暗くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。
人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。
心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。
心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓(血液凝固)を生じます。血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症(脳卒中の一症状)を起こします。
極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。加齢と共に血管老化により危険度は増します。血栓が大きくなると,極めて危険です。血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。
大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤(いわゆる『血液サラサラ薬』)の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。
血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。
循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。

一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。
人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。
心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。
心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓(血液...続きを読む

Q死んでしまう事を考えると怖くなる子供に対して…

小学4年生になったばかりの息子の事で相談です。

少し前(1か月位)前から、寝る前になると
自分が死んでしまう事を考えると怖くなると言うようになりました。

息子には特に、持病があるわけでもなく、
死んでしまうような体験をしたわけでもなく、
昼間は友達と遊びに出かけ、話もよくしてくれるので
いじめられて、死を考えたとかでもないようです。

いろいろ話を聞いてみると
いつかは自分は死んでしまう(おじいちゃんになってから)から
その時に、みんなとお別れになってしまう事を考えると怖いし、
苦しいのでは?痛いのでは?と思っている感じです。

3歳半の頃に、私の祖父が亡くなり、葬儀に参加したのですが
その時には特に何も言わなかったのですが、
4・5歳の頃に思い出したように、死んじゃうのが怖いといった事があります。
その時は、大丈夫だからと話していると、自然に気にしなくなったのですが、
また、それが思い出されたかのような感じなのかも知れません。

大きくなった分、具体的にいろいろ想像している分、
怖さが取り除けないのかな?と思っているのですが、
そんな息子にどうやって話をしてあげたら好いのか困っています。

寝る前になると、いろいろ考えてしまうようですが、
だからと言って、寝付けない訳ではないようです。
下の子がまだ寝付くまで私にいてほしいというので、
兄弟同じ部屋で寝ているため、4年の息子も一緒です。
ひとしきり、話を聞いてあげて、大丈夫だから今日は寝なさい
と言うと、とりあえず寝られるようです。
でも、次の日も「でも~」と同じことの繰り返しをしています。

本当にどうやったら安心してくれるのでしょうか?
心療内科とかに連れて行った方が良いのだろうかとも考えてしまいます。

小学4年生になったばかりの息子の事で相談です。

少し前(1か月位)前から、寝る前になると
自分が死んでしまう事を考えると怖くなると言うようになりました。

息子には特に、持病があるわけでもなく、
死んでしまうような体験をしたわけでもなく、
昼間は友達と遊びに出かけ、話もよくしてくれるので
いじめられて、死を考えたとかでもないようです。

いろいろ話を聞いてみると
いつかは自分は死んでしまう(おじいちゃんになってから)から
その時に、みんなとお別れになってしまう事を考える...続きを読む

Aベストアンサー

No.8です。

>私自身がどう死を理解しているか言葉に表せない

そうです。大人だからわかっているということではありません。
成長の過程と書きましたが、死というテーマは、子供の成長というより人間の成長のための議題だと思います。
だから子供の頃に悩む人もいれば、大人になってからこの問題にぶつかる人もいます。

死については誰も明確な答えを持っていないし、大人が子供を導くようなものでもありません。
お子さんの考えていることは、もしかしたら質問者さまよりも難しいことかもしれませんよ。

だから要は、大人として知ったかぶりの回答をしないことです。
お子さんに聞かれたら例えば
「お母さんも死ぬのは怖いわよ」
などと本音で話し合うのはいいかもしれません。

学校教育でも家庭教育でも同じですが、本音で接した時に信頼が生まれ、安心感を持つのです。

Qなぜ「どうせ死ぬのに」、頑張って生きるのですか?

20代半ば、会社員です。


最近、あらゆることに対してやる気や情熱が持てなくなってしまいました。
理由は、質問のタイトルにも書いた通り「どうせ死ぬから」というもの。


例えば・・・

自分が勉強して知識を付けても、その内のほとんどは自己満足。

仕事でその知識を使い社会に貢献できたとしても、社会全体から見たらほんの極わずか。

自分が痩せて「嬉しい!やった!」と思っても、ほとんどの他人にとってはどーでもいいこと。ましてや社会にとっては何の意味もありません。

僕本人にしか分からないレベルで小さな変化や成長を自分の中に感じても、他人にとってはどーでもいいこと。

何かの技術に習熟して、他の人ができないことができるようになったとしても、やっぱり社会全体から見たら取るに足らないこと。

僕が何かの資格を取ったりしても、やっぱりそれは地球全体で考えたら本当に些細なこと。


そしてそもそもの話。

どんな風に生きたとて、結局のところ人は死にます。
当たり前の話ですが。

じゃあなんでどうせ死ぬのに頑張って生きるのでしょうか。

しかも、上述したように、何か頑張って成し遂げたとしても、ほとんどが自己満足。
自己満足を超えて社会に幾ばくか貢献できたとしても、その影響は本当に小さい。。。


もしあなたがベートーベンやゴッホなどの世界クラスの才能をお持ちであるならば、その影響は大きいでしょう。
ですが、そんな人は本当に極一握り。

僕を含む、彼ら以外のその他大勢の"凡人"は、結局頑張ってもその努力の跡や功績は後世には伝わらないんです。

じゃあ、頑張っても無駄じゃないですか?


一生懸命、大変な思いをしながら生きるのって、必要なくないですか?


ただでさえ、あなたは日本や世界という基準で見たら、小さい存在で、正直いてもいなくてもいいんですよ。
あなたは後世に残る程の偉人にはならないだろうし、多くの人間に必要とされる人間にもならないでしょう。


その上、悪口を言われたり嫉妬されたり、潰されたり、精神的に辛い思いをさせられたり・・・と、色々な目に遭いながらも一生懸命生きたとして、残念ながら結局は死にます。


じゃあもう、どうせ死ぬなら生きなくてよくないですか?



・・・・っていうようなことを、ここ3ヶ月ぐらい前からずっと考えています。



自分は今20代半ばで、これまで色々とその場その場で頑張って来たつもりです。


高校受験の為に勉強して、部活では一生懸命走って、大学受験をして、そして就職活動をして・・・と、なんやかんや頑張って生きて来ました。


でもここまで生きて来て急に気付いたんですよね。


「俺、どうせ死ぬんじゃん」
「このまま生きてても、どうせ俺は後世に何年も残る偉大なものを作り上げることなどできない。つまり長い歴史で見ると俺の人生なんて何でもないんだ」


ってことを。


これまで本を読んだりして知識を付け、本人しか分からないレベルで成長したこと。
趣味を一生懸命やって、そのスキルを磨いて自己満足を得たこと。
ダイエットして痩せたこと。
何かに感動したこと。
新しい経験をし、新しいことを知って喜びを感じたこと。


これら全て、結局僕以外の人間にとってはどうでもいいことなんだなと。
そして、当たり前ですが、結局死んで無になるんだから全ては無意味なんだなと。


こんなことを最近強く思ってしまうようになったんです。


別に仕事で辛いことがある訳でも、プライベートで絶望的何かがあったとかでもありません。
恋愛で躓いているとか、他人が羨ましくて仕方ないとかでもありません。
特にサボリたいとか、その様な怠慢状態になっている訳でもありません。


単に、

「凡人が生き続けても何も残らないし、自分が何に感動し何に喜びを感じても他の人にはどうでもいいこと。 しかもいつか死ぬ。じゃあ生きてても意味なくね?」

という気持ちが急に湧いて来て、消えないだけです。


巷には

「人間関係を円滑にする方法!」
「コミュニケーションをスムーズにする為の〇〇ステップ!」
「資格試験取得への第一歩!」
「10年先を見据えた生き方をしよう!」


みたいな趣旨を唱う自己啓発本みたいなのが山のようにありますが、こんなのも正直無意味です。

結局あなたに、そして僕待っているのは「死」なんです。



・・・みたいな、「そもそも論」的な部分でしか物事を考えられなくなってしまっただけです。



こんな状態なため、ここ3ヶ月は本を読んで知識を付けようと思っても、

「どうせ俺がこうやって知識を付けて賢くなっても、結局は自己満足だ。 しかも俺より賢い人はゴマンといる。 じゃあやっても意味ないよな・・・」

って考えてしまったり、趣味に没頭しようと思っても、

「どうせ俺がこうやって趣味を楽しんでも、俺よりこの趣味に習熟している人なんて山程いる。。。 じゃあ意味ないんじゃないか・・・」

こんなことを思ってしまい、もう全てに対してやる気が失せ、情熱を燃やすことができないんですよ。



この気持ちが一向に消える気配がないので、思い切って仕事も辞めようかとも思い始めてます。
仕事を辞めて、一切の友人関係を絶ち、部屋に引きこもって餓死するまでずっと横になって生ける屍になろうかと。

冗談ではなく、本気で。


かなり前置きが長くなって申し訳ありませんが、以上を踏まえて質問です。


なぜあなたは「どうせ死ぬのに」生きるんですか?
あなたが幸せになろうが喜びを感じようが他の人にとってはどうでもいいのに、なぜそれらを追い求めて一生懸命生きるのですか?
それと(これはできればで結構です)、どうすれば僕はまた生きることを肯定的に捉えられるようになると思いますか?


これらのあなた自身の明確な意見をお聞きしたいと思います。

(回答する際はお手数ですが、年齢の方も最初に明記して下さい。 その方が回答者様の人生経験などを推測しやすいので)

20代半ば、会社員です。


最近、あらゆることに対してやる気や情熱が持てなくなってしまいました。
理由は、質問のタイトルにも書いた通り「どうせ死ぬから」というもの。


例えば・・・

自分が勉強して知識を付けても、その内のほとんどは自己満足。

仕事でその知識を使い社会に貢献できたとしても、社会全体から見たらほんの極わずか。

自分が痩せて「嬉しい!やった!」と思っても、ほとんどの他人にとってはどーでもいいこと。ましてや社会にとっては何の意味もありません。

僕本人にしか分からないレ...続きを読む

Aベストアンサー

19歳女性です。

生きる意味なんていうのは、私も分かりません。
でも、「なぜどうせ死ぬのに頑張って生きるのか」の答えは何となく分かる気がします。
あくまでも私の考えです。

私は、「どうせ死ぬから」こそ、頑張って生きているのではないか、と思うのです。
もし、いつか死ぬと分かっていなかったら、ここまで生きてこられなかったかもしれない。
「死」という人生のゴールがあるからこそ、そのゴールまでの道のりを全うしたい、と思えます。
さらにいえば、生きる意味が分からないのも当然のことだと思います。
「生きる意味を探す」「生きる意味をつくる」というのも、立派な「生きる原動力」です。

抽象的になってしまい、分かりにくくなってしまいました。
もう少し分かりやすく言うと、私は、いのちの期限が決まっているからこそ、可能な限り、自分に与えられた人生を全うしたいと思うのです。
「生きる意味」というのは、誰かに提示されるものではなく、自分で見つける、さらにいえば、自分でつくるものだと思うからです。
だから、簡単に見つかるものではないのは当然です。
一生をかけて、向き合っていかなければいけない問いなのです。

勉学に励むことも、恋することも、友達と過ごすことも、家族をつくることも、仕事をすることも、全て、無駄なことではないと私は思います。
それらは全て、自分の生きる意味を形成するための重要な材料になるからです。

19歳女性です。

生きる意味なんていうのは、私も分かりません。
でも、「なぜどうせ死ぬのに頑張って生きるのか」の答えは何となく分かる気がします。
あくまでも私の考えです。

私は、「どうせ死ぬから」こそ、頑張って生きているのではないか、と思うのです。
もし、いつか死ぬと分かっていなかったら、ここまで生きてこられなかったかもしれない。
「死」という人生のゴールがあるからこそ、そのゴールまでの道のりを全うしたい、と思えます。
さらにいえば、生きる意味が分からないのも当然のこと...続きを読む


人気Q&Aランキング