今日、バイク屋にスクーターを1万円で売りました。その店は、外税式なので1万と500円もらえると思っていたら、1万円しかもらえませんでした。(外税式の店では、消費税分ももらえると雑誌か何かで読んだと記憶しています)店主によると、「お客様は個人なので消費税を申告しないのだから、消費税分を払うということはない。」というようなことをいわれました。
 たかが消費税、されど消費税。どなたか、消費税について、正しい知識を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

内税だとか外税だとか、課税事業者だとか非課税事業者だとか、何となくややこしいのですが、この場合は、バイク屋さんから見ると、1万円の中に消費税が含まれているものとして経理処理します。

わたしは、外税とうたっている以上、一万五百円を渡すのが、商売上の仁義だろうと思われますが、税法上、1万円だけでもOKです。寿司屋さんが、出前用のバイクを売り渡したら、1万5百円払っているのでしょうか。でも、その寿司屋さんの非課税事業者なら、消費税の申告をしなくていいので、そのような言い分は不公平になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。「1万円の中に消費税が含まれているものとして経理処理します」ということは、消費税分ももらったってことになる。しかも、これって内税式ってやつじゃないの。う~む、納得いかん。「税法上、1万円だけでもOK」とされている以上仕方のないことなのでしょうか。

お礼日時:2001/03/24 18:21

>課税売上高


課税される売上高=100円です。
    • good
    • 0

消費税は消費者が負担するもので消費者が消費税を貰うことは出来ない仕組みです。


要するに、merrychanさんがバイク屋さんから消費税を貰うにには
merrychanさんはバイクを売る目的でバイクを購入(仕入)しているのであれば
消費税を上乗せして売ってかまいません。その代わりに購入時に払った消費税を
差し引いて税務署に納める必要があります。
では、今回のケースに当てはめると
 merrychanさんが10万円+消費税5千円で買ったとして
 今回1万円で売った訳でですね。で、500百円の消費税を貰ったとして
 税務署に5000-500=4500が請求出来ることになってしまう。
 これでは税金では無くて立替金になってしまうでしょ!

では、1万円で買ったバイクやさんが、税込みで5.25万円で他の人に売ったとします。
話を単純にする為に、売るに当たって、部品の交換などしないで、整備だけしたとすると
このバイクやさんは2,500円の消費税を税務署に払う事になります。
ここで、あなた消費税を払った事にして、2500-(10000*5/105※)=2024を申告すれば
476円の脱税になります。
※内税の価格から消費税を計算する式は、税込み金額×105分の5で計算します。
    • good
    • 0

merrychan様が事業主で、事業としてスクーターを


バイク屋さんに売却したのでなければ
皆様の仰る通り消費税は支払われません。
個人での売却では消費税の課税対象にはならないのです。
ですから>フリーマーケット等の個人売買に消費税の
やりとりはない・・・はずです。

>3千万以下(未満だったかも)の小売店だか、個人事業者だかは・・・
ですが、3千万円以下の売上です。(届出→承認、許可制)

>ホンダ社が消費税をお国に納めるということでしょうか。
ホンダ社と小売店が納めます。

:ものすごく単純な例:
A社が100円でがB社に商品を売る→5円の消費税
B社がその商品を300円で消費者に売る→15円の消費税
B社は先にA社に支払った5円を差し引き、
残りの10円をお国に納めます。
仕入れにかかった分だけでなく、経費(電気代等)
にも消費税を支払っていますので、
ひっくるめて納税金額を計算しますから
こう簡単にはいかないのですが・・・。
    • good
    • 0

しっ失礼いたしましたchihiさん。


chihiさんの最初の回答を読んでいなかったので、反論のつもりではありませんでした(言い訳)。単に私の勘違いでした。

では、話の続きをどうぞ。
    • good
    • 0

<勿論そのバイク屋もmerrychanさんに支払った代金については、消費税を支払ったと言う処理もしません。

(まともな業者でしたら)>と書かれておられますが、そのようなことは消費税法上認められません。たとえば、廃品回収業を営んでおられる方は、ほとんどが消費者です。これに課税がないとしたら、矛盾が生じることから明らかです。仕入れたものは、消費者から仕入れても、課税業者から仕入れたのと同じ処理が可能です。下記のURLが参考になります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/6455.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。なんだか話がややこしくなってきました。お馬鹿な頭が破裂しそうです。ところで、参考URLを見ますと、「課税売上高」という単語が出てくるのですが意味がよくわかりません。例えば、私たち消費者が定価100円のものを買うと105円払います。このときの100円のことを言うのか、105円のことを言うのか、それともまた別の金額のことを言うのかと、混乱しております。どうか、教えてください。

お礼日時:2001/03/24 22:09

先の方々の仰る通り(またバイク屋の言うとおり)で、個人に対する支払には消費税は払いません。


又、勿論そのバイク屋もmerrychanさんに支払った代金については、消費税を支払ったと言う処理もしません。(まともな業者でしたら)
下記のURLに丁度この場合の事も記載されています(この場合は車ですが)。
ご参考下さい。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/6105.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。参考URLを見ると、私は課税対象ではないようです。私とホンダ社が同じ扱いを受けては困ってしまいます。

お礼日時:2001/03/24 20:38

「消費税法のすべて」大蔵省主税局税制第2課編と言う本の序段にこんな下りがあります。



消費税は、事業主に負担を求めるのではなく、税金分は事業者の販売する物品やサービ
スの価格に上乗せされ、次々と転嫁され、消費者に負担を求める税である。

また、消費税法第4条には、「国内において事業者が行った資産の譲渡等には、この法律
により、消費税を課す。」となっています。

法律の専門家ではないので、自信はありませんが、個人が物品を売却しても、消費税を貰うことは出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。「消費税は、事業主に負担を求めるのではなく、税金分は事業者の販売する物品やサービスの価格に上乗せされ、次々と転嫁され、消費者に負担を求める税である。」ということは、私のバイクの例では、ホンダ社がつくったバイクの価格に消費税が上乗せされ、                         
         ホンダ社→小売店→消費者

という流れで物品は流通し、結局のところ、ホンダ社が消費税をお国に納めるということでしょうか。もしそうなら、

     ホンダ社→小売店→消費者→バイク屋→消費者
              (私)

という流れになっても消費税を納めるのはホンダ社なのだからバイク屋は私に消費税を払うべきだと考えたくなるのですが、いかがなものでしょうか。
「個人が物品を売却しても、消費税を貰うことは出来ません。」とありますが、私の現段階での考えでは、フリーマーケットなどの個人売買では、内税式として処理しているだけで、実は消費税のやり取りを気付かないうちにしているのではないのかと考えております。個人、業者にかかわらず消費税は物に対してかけられるのですから。
 あれれ、いつのまにか自分が回答者になってるみたい。でも、この考えがあってるかどうかはわかりません。どなたか教えてください。

お礼日時:2001/03/24 19:56

各企業にとっての、いったん受け取った消費税は、単なる“預かり金”なのです。


納税者(=消費者)から預かって、それを結局は納税する訳ですね。
ホントは…もっと…仮払いとか借受けとかいろいろあるのですが、ここでは省略します。

で、あなたは、仮に消費税を受け取っても、納税しない訳ですから、
それをあなたが受け取ると、「税」の主旨からして、おかしいことになりますね。

消費税というのは、消費者が払って、国が受け取る税なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。そういえば、3千万以下(未満だったかも)の小売店だか、個人事業者だかは消費税の申告、いや納税の必要はないだとかあるだとかとも、バイクやさんは、話していました。いったい何が3千万なのか、所得なのか、売り上げなのか、利益なのか、もしかして金額じゃなくて建物の大きさなのか。うーむ、よくわからん。ちゃんと聞いとけばよかった。このへんのことについても、教えてくださるとありがたいのですが・・・。
 

お礼日時:2001/03/24 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税8%?

 消費税が8%に上げられるそうです。私は毎年1%ずつ上げる方式にするのかなと思っておりましたら、何を狂ったのか8%に決まりそうです。
 公務員の収入は8%ほど下げられたのに消費税8%って庶民感覚でOKですか?
 皆様のご意見はいかがですか?

Aベストアンサー

No.8さんの
>公務員の給与の引き下げは期間限定です。来年4月から、つまり消費税率が引き上げられる
>月と同じ月から、元の給与水準に戻りますよ。だから、消費税8%は庶民感覚でOKです。

これって、消費税を上げる為に、国民を騙したってことになるんじゃないの?
官僚が自分の組織保身の為にやっている様に見える。
日本人として恥ずかしい。

Q750円+消費税=790円

一昨日、ある喫茶店で、750円のランチを注文しました。会計で、「790円です。」と言われ、「えっ、787円じゃ?」と尋ねると、「当店では、消費税は切り上げさせていただいてますので。」という答え。たかが3円、されど3円。消費税を切り上げるのは、何かの法に触れないのですか?

Aベストアンサー

消費税法他では1円を切り上げるという行為はそもそも想定しなくて、一円未満について切り上げを認めているだけですから、その商品は750円のランチではなく、752円のランチとなります。
で、上記自体は752円のランチだと店が主張すればよいのですが、

1)メニューの価格の虚偽の表示となりますから、法的には差額2円を徴収することはできません。
つまり、2円は返還請求できます。(750×1.05=787.5円ですから切り上げれば788円になります。支払った790円との差額は2円です。)

2)もしお店が販売価格を750円という形で税務処理していたとすると、2円の収入は申告していないことになり、これは脱税となります。

以上です。

Q消費税8%で、ついに日本の自動車産業は終わりを告げ

消費税8%で、ついに日本の自動車産業は終わりを告げますが、自動車産業の次に来る産業って何ですか?

何が悲しくて糞高い維持費が掛かる車を8%も消費税を払ってまで買う必要があるのでしょう?

Aベストアンサー

消費税が導入される迄は、自動車には「物品税が課税されてた」ことを知らないのですか?

消費税導入前迄の物品税率
普通乗用車 税率23%
小型乗用車 税率18.5%
軽乗用車  税率15.5%


この、自動車に課税されてた物品税の税率に比べたら消費税が5%から8%とか10%に上がっても以前よりは負担が軽いと思いますけどね?

Q退職願 相談にも乗ってもらえない 受け取ってもらえない 

長くなりますが、よろしくお願いいたします。
退職したいと、2ヶ月前に相談し・・・
社長へもう少し頑張ってみてどうしても駄目であればもう一度相談に来なさいと言われ・・・
長時間勤務・人間関係の疲れ為の体調不良に絶えられず、
3ヶ月が過ぎた頃、相談に行ったのですが、
「相談があるのですが・・・」といった瞬間
話も聞いてもらえず、叱咤激励をうけました。
内容証明で退職願を出して見ては?
と言う回答を別の質問でみましたが、
社長も何かあるとすぐに退職した社員へ内容証明を送ったりするので、
怖くて、それこそ何も出来ず困っております。
何か良い方法はありませんでしょうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

退職を認めるも認めないも何も、原則として退職の意志表示をしてから2週間経過すれば、やめることは可能です。就業規則や労働契約等に別の定めがある場合は、伸びる可能性もありますが、それにしても、社会通念上許容される範囲は限界があり、職業選択の自由などとの観点からみても必要以上に長期間に設定することは許されません。
とはいえ、説得を試みられ、応じてしまうと、退職の意思表示とはみなされません。

この場合は、貴方が強い意志で退職の意思表示(できれば相手が怒らず、自分が納得できる範囲で期日を設定するといいでしょう)をしないことには先には進みません。内容証明もいいですが、反発を受ける可能性もあるので、やはり対面して意思表示をするのがベターであることは間違いありません。

公的機関に相談するのはそれからです。労働基準監督署に関してはこの件では「退職の意志表示をした結果、これまで働いた分の賃金を減額、あるいは支払わなかった」といった労働基準法違反の要件でしか動いてくれませんので相談までならいいですが、それ以上を期待することはできません。組合にしても同様で、あくまで貴方の意志表示がない限りは方法などを助けてくれることはできても、直接の行動は厳しいと思います。

厳しい言い方で申し訳ないですが、あくまで自分の強い意志表示です。

退職を認めるも認めないも何も、原則として退職の意志表示をしてから2週間経過すれば、やめることは可能です。就業規則や労働契約等に別の定めがある場合は、伸びる可能性もありますが、それにしても、社会通念上許容される範囲は限界があり、職業選択の自由などとの観点からみても必要以上に長期間に設定することは許されません。
とはいえ、説得を試みられ、応じてしまうと、退職の意思表示とはみなされません。

この場合は、貴方が強い意志で退職の意思表示(できれば相手が怒らず、自分が納得できる範囲...続きを読む

Q【消費税増税の話】「8%の消費税増税は財務省に丸め込まれた民進党の性だ。民進党が財務省の言いように丸

【消費税増税の話】「8%の消費税増税は財務省に丸め込まれた民進党の性だ。民進党が財務省の言いように丸め込まれて8%に増税させた悪人で自民党は8%で止めた英雄だ」って本当ですか?


私が知ってるのは消費税8%に増税したのは確か自民党だった気がするんですが。

何でも民進党の性にすれば良いって思ってませんか?

Aベストアンサー

消費税増税解散したのが民主党時代の話で、施工時期が退陣後なので自民党政権時代に移動しました。

民主党とは今の民進党の前の党です。

Q年間売上3000万円以下の店の消費税

先日、ふとしたことから「年間売上3000万円以下の店は消費税を納める義務がない」ということを知りました。
もし、年間売上3000万円以下だった場合、客が払った消費税はどうなるのでしょうか。やっぱりその店の儲けになってしまうのですか?客が「消費税」として払ったお金を懐に入れるのはなんか詐欺のような気がするのですが・・・。
また、明らかに年間3000万円もの売上がない店では、客は消費税を拒むことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

たしかに理不尽な制度ですが
仮受けした消費税すべてが利益?になるわけではなくて
お店が仕入れの際に支払った仮払い消費税との差額だけですから、そんなに高額にはならないはず。
もちろん良心的なお店は消費税を徴収していないところもありますよね。
ただし、消費者側から支払いを拒否することは原則的にはできないはず。
つまり税納付は義務ですよね。

Q消費税は8%でおさまらないのですか?

消費税は8%でおさまらないのですか?
もう消費税10%は決定しているのですか?

Aベストアンサー

多くの人が間違っていますが、10%は決定ではありません。付帯条項というのがあるのです。8%のときも昨年10月に安倍さんが、それまで保留していた判断を解除し、初めて決定したのです。
ーーー
第十八条 消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。
ーーー

よって、経済状況を好転させることがなさそうなら、もちろん消費税10%はやるべきではありません。
個人的には8%で経済状況が悪くなったら、5%に戻して欲しいと思います。

Q消費税の1円未満の扱いについて

消費税の納付ではなく、物品等への賦課の場合でお尋ねします。
消費税の算定について、1円未満の端数については、切捨て、四捨五入どちらでもいいのでしょうか??
記憶に1円未満の端数については、切捨てるとあった気がしますが、私の誤りだったのでしょうか??
3%のときからどちらでも良かったのでしょうか???

Aベストアンサー

まず、ものをいくらで売るのか、というのと
消費税をいくら納めるのかというのが一緒に
なっているのではと思います。

たとえば、157円(税抜)対して消費税額5%は
7.85円になり、これに対して端数処理を考える
訳ですが、これは消費税額を決めているのではなく、
消費税を上乗せした売上代金の価格を決めている
ということになります。

なので、この時点で消費税法や税法が端数処理に
ついて出る幕では無いわけです。あくまでも値段を
決めているだけなので、

次に、157,157円(税抜)でこの5%が
7,857.85円となったときに四捨五入で
切り上げると、税込額が165,015円にな
ります。

繰り返しますが、これは消費税の端数計算を
行ったのではなく、値段を決めただけです。

その証拠に消費税額はその税込の額から計算していく
ことが原則だからです。
つまり、消費税法では、原則は税込金額に対して
100/105を乗じてその千円未満を切り捨てます。
これにより、157,000円になり、これに対して
5%(正確には4%とそれに対する25%(=1%)
なので合計5%となる)の税率を乗じて7,850円
が消費税額になります。

言ってみれば、最初に端数処理した事と、消費税額
を計算することが別々だと分かると思います。

つまり、消費税法は税込金額から消費税額を計算する
ので、ひとまずお店とお客さんとで税込金額を決めて
くださいよ、と。その際外税の場合も両者で決めて
ください。そして税込金額が決まったら、そこから
消費税を計算しますよ、となっています。

ただし、この計算方法は原則なのですが、例外が
あります。消費税額を計算する際に先ほど四捨五入
7,858円というのがあると思いますが、
値段の決定は決定として、ただ消費税を計算する
さいには、この7,858円をベースに消費税を
計算することを認めますよという規定があります。

これにしても、消費税法が値段を決めているのでは
なく、端数処理をして代金決済後に、それを受けて
消費税をどのように計算するかという問題なのです。

また、消費税の負担者は当然消費者です。

ただ問題は消費税法に欠陥があると言うことです。
消費税法が単なる清算で預かったものを支払って
いればいいのですが、「益税」という問題が指摘
されているように、事業者が一旦預かるものの、
じゃあ、いくら預かったのかというとそれはそれで
また事業者が別に計算を行うわけです。

極端な話、免税事業者であれば預かった金額を
計算せずに懐に入れることができます。

なので、この辺の側面を見ると事業者が支払って
いるようにも見えなくもなく。。。

ただ、そういうことを抜きにして、理想的な消費税
が意図するところは消費者が負担するということ
だと思います。

もし、回答の趣旨がずれていたら済みません。。。

まず、ものをいくらで売るのか、というのと
消費税をいくら納めるのかというのが一緒に
なっているのではと思います。

たとえば、157円(税抜)対して消費税額5%は
7.85円になり、これに対して端数処理を考える
訳ですが、これは消費税額を決めているのではなく、
消費税を上乗せした売上代金の価格を決めている
ということになります。

なので、この時点で消費税法や税法が端数処理に
ついて出る幕では無いわけです。あくまでも値段を
決めているだけなので、

次に、157,157円...続きを読む

Q消費税8%で日本の税収は減りますが! 財政再建は?

消費税8%で日本の税収は減りますが! 財政再建はどうなるのですか?

消費導入したら、税収減ったよね~~!

上げる程税収が減る、消費税!

Aベストアンサー

実に面白いグラフですね。まあ税収全体の減少傾向は日本経済の縮小傾向が主な原因であって、消費税のせいではないと思いますが、実に見事にリンクしている。それでも消費税収入だけが何とか上向き傾向なのは、それだけ内需が増えているのでしょうが、それでも税収全体はどんどん減っている。つまり景気が悪くなって、消費税以外の法人税や事業税や所得税が減っているのです。つまり税収増には消費税はまったく役に立っていないと言うことです。いくら取っても減っていく。財務省の役人は昔から頭が悪く、木(消費税)を見て山(日本経済全体)を見ていないのです。金が足りなくなったら税金取ればいいと思っている。こういう税金バカに任せておくから、借金だけがどんどん積み上がるのです。財政再建なんてはなから考えていません。税金取って使うことだけが生き甲斐の動物なのです。あいつらは。

Q「200円割引券」の割引は、消費税5%を付ける前?後?

ものすごく細かい、そして、せこい話です。
しかし、ちょっと気になっています。

「200円割引券」というのをもらいました。
使用可能な店名と有効期限のほかには何も説明が書かれていません。

さて、この「200円割引」とは、まず200円引いてから残りの値段に消費税加算なのでしょうか?
それとも、消費税加算後の値段から200円引きなのでしょうか?
それによって、10円の差が出てきます。

例えば、次回、1200円の買い物をしたとき、この割引券をつかうとしましょう。
・(1200-200)×1.05 ならば1050円
・1200×1.05-200 ならば1060円


そこで私の質問は、
法律ないしは行政の指針から言って、どちらが正しいのでしょうか。
もしかしたら、最近義務付けられ始めた「総額表示」とも関連してきますか。

念のためにあらためて申し上げますが、割引券には、上記のいずれであるかの説明が全く書かれていないケースです。
(もしかしたら、そういう説明を書いていないこと自体が、本来は好ましくないことだったりしますか。)

ものすごく細かい、そして、せこい話です。
しかし、ちょっと気になっています。

「200円割引券」というのをもらいました。
使用可能な店名と有効期限のほかには何も説明が書かれていません。

さて、この「200円割引」とは、まず200円引いてから残りの値段に消費税加算なのでしょうか?
それとも、消費税加算後の値段から200円引きなのでしょうか?
それによって、10円の差が出てきます。

例えば、次回、1200円の買い物をしたとき、この割引券をつかうとしましょう。
・(120...続きを読む

Aベストアンサー

>経験は、(1)、(2)とも、お客さんの立場でなく、お店の方の立場からのご経験ですよね?
はいその通り商売する側の立場です。

とある会社でお客様相談室の責任者をしていました。
ある時は消費者センターと、又ある時は弁護士とやりあった経緯があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報