父がお墓を立て、同時に仏壇を購入することになりました。
『建碑式』と『入仏式』を同時にすることになりました。
上記は同日、建碑式は寺で、入仏式は自宅で行われます。

『建碑式』については
父に祝い金を出せば良いのでしょうか?同時に相場は?
上記金封には『御仏前』とか『祝建墓』と書けば宜しいでしょうか?
お寺さんへのお布施を出せば良いでしょうか?同時に相場は?

『入仏式』については
父にはどういう名目で(弔事?)いくらぐらい出せばいいのでしょうか?
上記金封には何とかくことが適切でしょうか?
お寺さんへのお布施を出せば良いでしょうか?同時に相場は?

ありがちな質問ですいません。
ただ、過去の質問を拝見したのですが、理解仕切れませんでした。

どうぞご指導下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

坊さん@浄土真宗です。


宗派の問題ではなく、その家の習慣と地域性の問題が多分にあります。
『建碑法要』も『入仏法要』も慶讃法要です。どちらも弔事ではなく慶事です。
一般的には、法要への参詣者として紅白の水引(熨斗なし)の「御仏前」(法要別に包む場合、右上に小さめの字で「建碑慶讃法要」「入仏慶讃法要」と記せば良い)を包みます。
同日ですし、お祝いとしての御仏前をまとめて包んでも良いとは思います。
祝い金の金額は、費用負担の意味合いを持つのか持たないのかで数倍も異なりますので、お兄さんと相談されれば良いですし、その家の事情で異なります。また、仏事ですので仏事の一部としてお斎(法要後の食事)があればその費用も考えて包みます。

お寺さんへの御布施は施主のお父さんはもちろんですが、参加者さんも施主とは別に御布施を包む習慣(添え布施・追い布施)のある地域では、参加した親族全員が寺院宛の御布施を包みます。金封は無地または紅白の水引で表書きは「御布施」または「添え布施」でよく、施主と異なり二千円~五千円程度が多いでしょう。
回答内容は、「建碑法要」も「入仏法要」も同じ内容ですとなります。同日なので一緒に包みのでも別々に包むのでも良いとおもいますが、他のご兄弟とは合わせて置いたほうが良いでしょう。
    • good
    • 5

>父に祝い金を出せば良いのでしょうか…



あなたはそのお墓に入る身ですか、それとも別のお墓ですか。
父のお墓に入るなら建立費用の実費を負担することはあっても、祝儀を出すものではありません。
また、独身ならどちらにせよ必要ありません。

結婚して分家した身、あるいは嫁いだ身なら、近い親戚として祝儀は必要です。

>同時に相場は…

跡取りではないとして、親戚間での冠婚葬祭で、迷ったら 1万円と決めておくことです。
呼ばれた結婚式と、近い親戚の香典を除いて、あとは何があっても 1万円を包んでおくのです。
今回のような家やお墓の新築を初め、呼ばれていない結婚式、少々遠い香典、法事、病気や災害の見舞い、出産や入学などなど、とにかく 1万円を基準にして、あとは適宜増減を考えるのです。

>上記金封には『御仏前』とか『祝建墓』と書けば宜しいでしょうか…

『御仏前』は白黒や黄白の金封紙で、全く用途が違います。
「祝建墓」として赤白の金封紙です。

>お寺さんへのお布施を出せば良いでしょうか…

これもあなたが跡取りなのか、分家あるいは嫁いだ身なのかどうか。
分家あるいは嫁いだ身ならお布施は関係ありません。

>同時に相場は…

跡取りだとしても、お布施に相場はありません。
あなた方父子の経済力と、日頃のお寺とのおつきあい具合によります。

>『入仏式』については父にはどういう名目で(弔事?)いくらぐらい…

「祝開眼」などで、弔事ではなく慶事です。
したがって赤白の金封紙です。

もし、同時に先祖の○回忌などを行うなら、白黒または黄白の「御仏前」を別に用意します。
男性なら、小休止の間にネクタイを白から黒に取り替えます。
    • good
    • 4

貴方ね、親子の関係で他人行儀のような事をするのは止めませんか。


祝い金を出すとか御寺に御布施を出すとか、そんなの子供の貴方がする
事ではありませんよ。そんな事は全て御父さんが行われますよ。
祝い金を出すよりも、それぞれの式で何らかの手伝いをされた方が喜ば
れますよ。

数十年前に父が御墓を建てましたが、その時に僕は働いていましたが、
何も出していませんし、もちろん御寺には父が御布施を出しました。
今回の事は子供が手を出す事ではありません。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長男の眠るお墓に次男は一緒に入れるのかどうか

両親は健在です。
私は長女で嫁いでいます。
弟が二人いましたが、上の弟(長男)が病気で6年前亡くなりました。
長男は両親が建てたお墓に眠っており、母を中心にお墓のお世話をしています。

ある方から長男の眠るお墓には次男は入れないということをお聞きしました。そのことで、すごく父は悩んでいます。
両親は、いずれ自分たちの建てたお墓に入り、名義を弟(次男)に変更して管理して欲しいと考えています。
(長男には嫁と息子が一人います。)

そこで、質問なのですが
長男の眠るお墓には、両親は入れても次男は入ることができないのでしょうか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

お墓や仏壇などの先祖祭祀に必要な法具は、そのお家の祭祀を継承する方が、一括して継承します。祭祀継承者は社会通念や地域の慣習にしたがって決定されることになりますが、一般には長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→その他の親類、といった順になると思います。
しかし、この順番は絶対というものではなく、お家の事情によって、どの方が祭祀継承をされても問題はありません。
また、長男が入っているから絶対に次男は入れないということもありません。基本的には、そのお墓をお守りしている祭祀継承者の方が認めるのであれば、どなたのご遺骨でも納骨することができます。
最近は、後継者の問題や経済的な問題で、兄弟姉妹でそれぞれの別々に一家のお墓を構えることが難しくなってきているお家が少なくありません。私の寺でも長男家と次男家が共同で一つのお墓を持つ「合家墓」を建立されているところが複数あります。
etsuko-kさんのご質問の場合はまた少し事情が違うようですが、考え方は同じで「これこれの理由で、誰々は入れない」ということは絶対の基準としては無い、ということです。
御親戚どうしでよく相談されて、みんなで仲良く御先祖様にお参りできる方法を選択されてかまいません。

蛇足ながら、公営・私営の霊園では使用規定で納骨できる続柄の範囲、御遺骨の数を限定している場合もあるので、そのようなケースでは霊園管理者に確認される必要があります。

曹洞宗の僧侶です。

お墓や仏壇などの先祖祭祀に必要な法具は、そのお家の祭祀を継承する方が、一括して継承します。祭祀継承者は社会通念や地域の慣習にしたがって決定されることになりますが、一般には長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→その他の親類、といった順になると思います。
しかし、この順番は絶対というものではなく、お家の事情によって、どの方が祭祀継承をされても問題はありません。
また、長男が入っているから絶対に次男は入れないということもありません。基本的には、そのお墓をお...続きを読む

Qお寺の敷地内に有る先祖代々の墓をお寺の都合でお寺が作った新しい場所に移動してくれと、言われ新しい場所

お寺の敷地内に有る先祖代々の墓をお寺の都合でお寺が作った新しい場所に移動してくれと、言われ新しい場所の代金も請求されたが支払わないといけないのか?

Aベストアンサー

現在のお墓の場所は、その場所をお寺さんに永久に借りるという契約です。

この場所をお寺さんの都合で別の場所に、というのであれば、お寺さんによる契約の一方的な解除です。

当初の契約で支払った永代使用料を返金してもらって、新たな場所の契約をする、というのが筋だと思いますが。

現在のお墓の永代使用料は返金しない、新しい場所の永代使用料は請求する、では永代使用料の二重取りでしょう。

Q次男が継いだ墓を長男に返すべきか

いろいろと、専門家やお坊さんに聞くと・・・
お墓は長男が継ぐべき。
因縁があって、その家の長男として生まれてきているので、お墓は長男が継ぐもの。とのことです。
(長男が死んだり、籍を抜いて他人の家に出て行った場合は次男が継ぐことになる。)
長男がその家の当主になるので、長男が遠くに行ってしまったら、長男の住んでいる所に本家の墓を建てることが筋だそうです。

ここで質問なのですが、現在私の家では、祖父が次男だったのですが、長男が遠くに行ってしまったため、次男筋が墓を継いでいます。
これを長男筋に返したいと考えています。

2代も経った今更、長男筋に返す必要はないでしょうか?
こういった経験をされた方はいますか?

Aベストアンサー

宗教法人の人です。専門家ということになるでしょうか。

霊的な問題というのは、その家筋によって答えは変化することがあるのですが、
一般論と言うことでお話ししますと、この場合はお墓を長男筋に返すべきです。
どなたかがおっしゃっておられるように、

>因縁があって、その家の長男として生まれてきているので、お墓は長男が継ぐもの。
>(長男が死んだり、籍を抜いて他人の家に出て行った場合は次男が継ぐことになる。)

ということですね。お墓は長男筋にお返しして、あなたはお祖父様を初代とする分家墓を
建てられると良いでしょう。ただ、もし長男筋がお墓の跡継ぎを拒むようであれば、
あなたの家が本家筋として墓を守っていくしかありません。押しつけるわけにも行きませんしね。

Q御布施について(複数法要:三回忌 建碑 納骨の場合)教えてください

お寺さん(浄土真宗大谷派)にて三回忌法要を営んでいただき、その後新しい墓へご住職に同行頂いて納骨をお願いしています。
このような場合に

(1)御布施をお渡しするタイミング
 三回忌 建碑 納骨 各々の御布施を合わせて一つの御布施(袋)で
 お渡ししようと思うのですが、この場合いつお渡しするのがよいでしょうか?
 お寺にての法要のあと、お渡ししてしまってもよいものでしょうか?
 移動していただきたのち現地でお渡しするより予めお渡ししておく方がよいかと思ったのですが失礼でしょうか?

(2)この場合 一般的にはどのくらいの金額を包まれる方が多いのでしょうか?
 本来は「精一杯の気持ち」であり、地域や立場によっても違うのは理解はしていますが、難しいです。
  
(3)御布施とは別に 御車代 御膳料を 用意しているのですが
 これは(1)と一緒にお寺さんでお渡ししても差し支えないでしょうか。

追記:
もともとはこの御寺さんの檀家ではなく(他の檀家でもありません)、葬儀でお世話になったご住職のお世話になっています。
また、墓地は公営墓地(お寺から近く)です。
四十九日や一周忌もご住職にお世話になりこのときは移動もなかったので一度にお渡しして悩まなかったのですが・・・。

お寺さん(浄土真宗大谷派)にて三回忌法要を営んでいただき、その後新しい墓へご住職に同行頂いて納骨をお願いしています。
このような場合に

(1)御布施をお渡しするタイミング
 三回忌 建碑 納骨 各々の御布施を合わせて一つの御布施(袋)で
 お渡ししようと思うのですが、この場合いつお渡しするのがよいでしょうか?
 お寺にての法要のあと、お渡ししてしまってもよいものでしょうか?
 移動していただきたのち現地でお渡しするより予めお渡ししておく方がよいかと思ったのですが失礼でしょう...続きを読む

Aベストアンサー

私も都内浄土真宗大谷派の檀家です。
しばらくそういった行事から遠のいてますが、
2年ぐらい前に、姉の墓所のことで相違談に行ったときに、
最近の同宗派は割合オープンになっていて、
定価ではありませんが「基準料金」を設定しているそうです。

私がお世話になっている寺の場合、聞けば金額を教えてくれます。
もともと同派は庶民的な宗派ですから、割りあい安価な設定のはずです。
また、言われた金額に満たなくても「布施」ですから、問題はありません。
自分で出来る可能な範囲でよろしいと思います。
(先人に過分または、無理をしての布施は無用と教えられました)

お渡しするのは事前が良いと思います(あれこれ気遣いが不要になります)

お車代は最低一万円、遠距離なら二万円程度ではないでしょうか?
わたしの場合だったらお食事の代わりにお土産を渡します(羊羹とか)

但し、東京の話です。地方に行くと、袋いっぱいにお土産をもって帰る
なんていうところもあるそうです。

可能であれば、檀家総代にでも聞くのが最も良いでしょう。

Q教えてください。 お墓の問題です。 私の父親は次男です。 父親の長男が墓守になるのが定石ですが、離婚

教えてください。
お墓の問題です。
私の父親は次男です。
父親の長男が墓守になるのが定石ですが、離婚しておりその子息は別の墓にはいるとのことで、当家に墓守をお願いしたいと要望されました。
もちろん、本人も入れてくれとのことです。
頼まれたのは、父の息子、長男の私です。
私の父親はすでに他界しており、現在その墓に入っています。
そこで質問ですが、私にはまだ健在の母がいます。
その母が他界した場合、墓はどこに入ることになるのでしょうか?
籍は、当家のままです。
わかりづらい文章ですが、ご教授よろしくお願い致します

Aベストアンサー

祖父の代から受け継いだ墓がある
祖父には息子が二人(あなたの伯父と貴方の父親)
伯父は存命
貴方の父は死亡しており その墓に入っている
伯父には息子(あなたのイトコ)がいるが 伯父は離婚しており、伯父の息子(あなたのイトコ)は母方(伯父の元妻・イトコにとって母親)についたため伯父には跡取りがいない

伯父は死後はその墓(祖父の代から受け継いだ墓で、貴方の父が入っている墓)に入りたい 
そして墓守をあなたに頼みたいと伯父が依頼してきた

あなたは自分の母親がその墓に入っていいのか?を聞きたい

そういうことでしょうか??

貴方のお母様が貴方のお父様と離婚していないなら同じ墓に入ればいいと思う。

現在のおじさんの立場は独身ですよね。

独身の伯父 が甥(あなた)に後は頼む と依頼してきた
と思えばそれでいいと思う。

Q仏式の地鎮祭の包みは「お布施」と書いて包みは黒でよいのでしょうか?

古い家の解体が終わり、地鎮祭を来週行いますが、我が家は、昔から、お世話になっているお寺さんに御願いしました。
 お布施を差し上げることとなりますが、「お布施」と書けばよいとは思いますが、どのように包むのか迷っています。黒で包んでよいのでしょうか、それても、おめでたいことであるので赤でしょうか?!
 また、お寺さんは禅宗(曹洞宗)で儀式は質素な方ですが、御住職さまに御願いした時、用意するものがありますかとお尋ねすると、
「一式持っていくので、何もいりません。」とのことです。
とは言え、お酒とか準備しておくものでしょうか?!(○○ハウスは、神式に準じてテントと机は準備するそうです。)

Aベストアンサー

 神式と仏式では地鎮祭の主旨(意味)が違います(同じ仏式でも宗派によって違うかも)ので、色もそうでしょうが、金額とかもあります。金額は、お坊さんが当日何を持ってきて下さるのかによっても違うでしょ?

 分からないなら檀家総代さんあたりにお尋ねになるのがよろしいかと思いますよ。

 ちなみに、私も仏式で地鎮祭をやったことがありますが、仏式地鎮祭の意味は、「工事によって失われる命に対する供養と謝罪」だそうです。

 テーブルとお酒は用意しましたね。米みたいなのも用意したような、ま、今回はお坊さんが持ってこられるということなのでいいのかな。

 さて、問題のお布施ですが、うちの場合、上記の「意味」を聞いてしまったので、紅白というわけにもいかず、かといって、白黒というのもどうかと思ったので、ただの普通紙につつんで出しました。べつに何も言われませんでしたね (^o^; 。

Qお墓は長男が、位牌は次男が管理している状況について

私の父は長男ですが転勤が多かったため、父の実家は叔父が継いでいます。父の両親はすでに他界しており、父の両親の位牌は叔父の家の仏壇にあります。
しかし父の母の生前の希望で両親のお墓は父が建て管理しており、いずれは父もその墓に入ることに成ると思います。お寺での法要なども父がしてきました。

お墓は父が、位牌は叔父が管理しているこの状況が不自然な感じがしています。父も高齢になり、その事を気にしているようです。父が両親の位牌を叔父から譲り受ける方がいいのでしょうか?それとも、他の方法がいいのでしょうか?

何かご意見をいただけたらと思い、質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 位牌は1つでなければならないということはありません。いくつあっても良いのです。
 例えば,曹洞宗であれば,道元禅師と蛍山禅師の位牌はどの末寺にもありますし,檀家の仏壇には,位牌ではありませんが,絵像が祀られています。
 供養する気持ちがあるのであれば,兄弟それぞれが親の位牌を作って仏壇に安置して,差し支えありません。
 うちの場合,祖父母の位牌や先祖代々の位牌は,本家を継いだ次男(長男が夭逝したため,次男が本家を継いでいます)の家にも,三男の家にも,四男(私の父)の家(つまり我が家)にも祀られています。
 
 叔父様から位牌を譲り受けるのではなく,御父様が新たに位牌を作られて,仏壇の御本尊様の傍に安置さるのが宜しいかと存じます。

Qお寺から追悼法要の案内・・お布施は?

宗派は浄土真宗本願寺派ですが、春に亡くなった母の納骨がされているお寺から、報恩講の案内とともに、門徒物故者の「追悼法要」として母の法要が行われる旨の案内状が、葬儀の施主であった私宛に参りました。
ありがたい話なのですが、全く予定になかったことなので、全国各地に散在する遺族の多くは、参加予定の都合がつきません。
そこで、長男の私一人が追悼法要に参加しますが、施主が主催する法要ではなく、菩提寺が主催する追悼法要の場合、お寺への「お布施」を如何ほど納めるとよいのでしょうか。
おとき(食事)のあとに追悼法要があり、お供物の持ち帰りもあるようですが、遺族主催の法要ではないので、見当がつきません。
私としては、一万から三万程度でよいのではないかと感じています。
なお、居住地は北海道です。

Aベストアンサー

本願寺派僧侶です。北海道ということで地域性もあると思いますが、その寺院では、報恩講さんと同時に物故者追悼法要を一処に行っているのですね。
報恩講は、門徒が全員参加の前提の年間の最大の法要です。
菩提寺が主催する法要になっていますか?門信徒会で主催ではないのでしょうか?まあ、いいです。
通常、一家族で1から2名の出席が多いでしょう。
御布施は会費的に受付で寺役員さんが集めていると思います。維持費の負担割りの意味合いもあり寺ごとに金額の差があるのですが、一万から三万程度というのは十分であると思います。当寺院では関東の都市部ですが、報恩講では、5千円の方が一番多く、ついで1万円、3千円という方もたまにいます、門徒物故者法要もあるしお斉もあるのでしょうから、まあ、1万円は持っていって、様子を見てください。
合掌

Q長男に子供がいないとお墓は誰が継ぐのでしょうか?

お墓についてお尋ねします。
お墓は長男が継ぐのが普通だと思いますが、長男が結婚していても子供がいない場合もそうなのでしょうか?
もし、長男が継いでもその後をみる子供がいなければ、絶家になってしまいます。
それを防ぐために、子供のいる次男が継いでもいいのでしょうか?その場合、長男はそのお墓には入れないのでしょうか?
皆様のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はありません。

なお、通常、お墓は所有権ではなく永代使用の権利を購入していると思います。ということは、お墓は墓地代や墓石代を払った人のものというより、その後の管理料支払い等の墓地継続使用の条件を満たす人のものと言えます。そして、どの霊園でも墓地使用者の名義を書換えする権利を認めていますが、今回のことではあまり関係はないでしょうが墓地使用者の名義書換のとき、使用者の姓の変更を認める霊園と、それを認めない霊園がありますのでご注意ください。前者は民営霊園に多く、後者は公営霊園に多いようです。

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はあり...続きを読む

Qお寺へお墓参りに行った時のお布施の金額について教えてください。

お寺へお墓参りに行った時のお布施の金額について教えてください。
地域的には、大阪堺市で真言宗です。
お彼岸・盆・正月前・月命日とで年 8回は必ずお墓参りにいきます。
実家の方は 市営のお墓だったのでお布施を渡す感覚がなく、いくらほど包むべきなのか分からなく困っています。月参りで家に来ていただく時は毎月3000円つつんでいます。
このまま月命日でお墓参りする回数がふえれば増えるほど家計に圧迫してくる感もあるので決めておきたいので どうか回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

皆さんもおっしゃているように、お墓参りにお布施は不要かと思います。

お坊さんの「仕事」としては何もないですから。

渡せば受け取るのは至極当然のことです。

田舎で一人暮らしの老齢の母親は、お寺さんが近くだというのもあるかと思いますが、悪天候以外は毎日お墓参りしているようです。

お彼岸・盆・正月前・月命日がお布施をしなければいけない感覚の元になっているんじゃないですか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報