ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

日本は、ボールペンの色は、黒ですよね。
ヨーロッパなどで、黒色のボールペンを見たことがありません。
何故、外国はブルー色のボールペンなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

青色のボールペンを使うのは、契約書を書くときにカーボン紙を使って複写しそのカーボン紙が黒色なので、正式書類をボールペンの青色、写しをカーボンの黒色としたのが始まりのようです。



中国、台湾、香港などの中華圏の一部でもボールペンは青色が好まれますが、これはヨーロッパの慣習が広まったのではなく中華圏独自の文化の影響です、決して外国の慣習に染まったわけではありません。なぜなら縁起をかつぐ中国人社会では白地に黒はお葬式を連想させるからです。

たとえば日本ではお礼や謝礼をする時に白い封筒に「謝礼」とか「薄謝」とか黒く書いて使いますが、台湾などでは白い封筒に黒い文字だとお葬式の香典を連想させるのです。ですので日本では普通に使われる黒いボールペンは台湾などではあまり人気がなく、青のボールペンをよく使います。
    • good
    • 3

中国、台湾、香港などの中華圏の一部でもボールペンは青色主流ですね。


ですから、万年筆が転じて青色ボールペンがヨーロッパで生まれたのはそうだとしても、
その後世界的に青色ボールペンが広まっていった背景は、
その国独自の文化の影響というより、
ヨーロッパの慣習がただ世界に広まっていった側面の方が大きいような気がします。
ヨーロッパメーカーが生産コストの安い途上国で大量の青色ボールペンを製造するうちに、
その国でも青色ボールペンが広まっていったのでしょう。

日本とかアメリカとか、生産技術があって文化の発信国である国は
独自の技術と文化(黒色ボールペン)を主張できますが、
かつての中国のように、ただ外国の文化を取り込まなければならない立場の国は
簡単に外国の慣習に染まってしまう、と言った感じで。
いわゆる“グローバリゼーション”がもたらした影響というやつじゃないですかね。
    • good
    • 0

アメリカでは黒がメインです。


但し、書類にサインするときに(コピーできないように)黒以外のペンを使うようになっていることがしばしばあります。歴史的なことはわかりませんが、現在黒がメインで無い理由のひとつにオリジナルであることを示す意図もあるかもしれません。日本の印鑑が朱色であるように。
    • good
    • 1

 その違いは、欧米が万年筆によるインク文化、アジアが


書による墨文化だったことに起因します。

 昔のインクは酸化鉄が主成分です。乾くとともに黒色が
強まりますが、書いた直後は半透明で見えづらいことから、
わざと青い染料を混ぜていました。だから西洋のインクは
ブルーブラックが主流です。

 そのためか、ハンコ(スタンプ)も青が多いです。たとえば
受領印として押される「 PAID 」というハンコも、青のことが
多いですね。これが欧米の筆記文化というわけです。

 いっぽうで墨は煤を材料としているため、最初から黒です。
だからアジアでは、筆記文化は黒が基本なのです。ちなみに
墨には朱墨もあります。硫化水銀を利用したものですが、こ
ちらも昔からポピュラーなので、日本では赤ボールペンも
どこでも入手できますよね。

 また、日本ではサインペンやマジックペンも黒が標準ですが、
欧米ではやはり青や紫です。サインペンの代表的ブランドの
シャーピー( Sharpie )は、芸能人がサインをするときに使う
定番のブランドで、これも青紫が標準となっています。
http://www.sharpie.com/jaJP/Home/default.html
    • good
    • 1

>海外のボールペンの色





勝手な推測(根拠はありませんが推理ゲームのような気持ち)で参加させて頂きます。

◇筆記具のルーツ
日本(中国)    → 墨・炭で文字を書き、写経をし、絵(水墨画)を描いて来た歴史由来
欧州及びその植民地 → 植物や岩石の絵の具で水彩画や油絵、インク・ペン(万年筆)から発達して来た歴史由来

◇余り関係がないかも知れないが、瞳の色や色彩識別の特性(肌色が日本ではベージュ、欧米では白と同じ理由で)
日本        → 黒
欧米        → ブルー



推理小説的な発想ですので、信用なさりませんように・・・
でも、なんとなく当たっていたら良いとも思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役所に出す書類は黒のボールペンでなければならない?

例えば、一度書いた物を赤字で変更して提出しても受理されるのでしょうか?
そもそも、試験問題のように「黒または青のインキで書け」というような注意書きは無いように思うのですが、何か根本的な規定や法律があるのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に自動車の名義変更や税務署の確定申告などを行った際には、書き直す場合は「二本線を引いて訂正印を押す」ことを条件に受理されました。

記入は黒色または青色のボールペンと指示されますから、赤色訂正記入は訂正印の朱肉の色と同化する理由で受理されないと思いますが、ボールペン使用の理由はカーボン紙の写しが鮮明になるように筆圧を強くする必要があるからです。

Q書類で使うペンの色について。

なぜ黒はよくて青ではだめなのか。
単純な疑問です。赤やピンク、緑などだめなのはなんとなく分かるのですが、それと同じ理由って言われても、それをちゃんとした理由、
として述べる場合、なぜ青がだめか、を知りたいです。
最近は青か黒、という指定も
何らかの申込書や申請書で多くみられますが。
理由はなんでなんでしょうか?

Aベストアンサー

日本人は墨汁文化?があるので、「黒でなくっちゃだめ」
という思い込みがあるのでしょう。

欧米だと黒よりもブルーブラックのほうが主流らしいです。
理由は、コピーしたときに区別が付きやすいから、ということで。
「サインを黒でするなんて、日本人くらいのものだ」と言う人もいます。

で、ブルーブラックが主流の欧米では、
比較的明るいめの青も、普通に通用するようです。
何かの景品でビジネス用のボールペンで明るいめの青は、よくあります。
が、日本で「黒でなきゃダメ、ブルーブラックなんかダメ」と
思い込んでいる人が相手だと、明るいめの青なんて、もはや…。

もっとも、「黒に限る」と明確に制限されているところに
ブルーブラックで書くのは喧嘩を売るような話なので、
それは止めて、悲しいですが長いものには巻かれたほうが安全です。

Q公文書や私文書を書く時、正式なインクの色は黒ですか?青ですか?

公文書や私文書を書く時、正式なインクの色は黒ですか?青ですか?

日本ではほどんどが黒色だそうですが、世界では青色とよく聞きます。ブルーブラック色と言っていますが、正式な色はどちらでしょうか?お分かりの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

ブルーブラックはそのままで一つのインクの色となります。
これはブルーとブラックのインクを混ぜたものではなく化学反応を起こすインクです。
万年筆やガラスペンなどの使用が少なくなった現在においては中々耳慣れないインクの色だと思います。

公文書の場合を考えると保存が利くインクですので、顔料系ないし染料系でも古典インクが好まれると思います。
そしてその古典インクの代表格がブルーブラックインクとなります。
モンブランやパイロット、ペリカンのボトルに入ったブルーブラックは古典インクです。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qホテルの部屋で「ダブル」と「セミダブル」の違いって何ですか?

 この前に「ツイン」と「ダブル」の件で質問した者です。
すばやいご回答にとても感謝しています。「セミダブル」については
とくに返答がなかったので、あらためて質問することにしました。
 ちなみに、一つのホテルで、「ダブル」と「セミダブル」を見たわけ
ではありません。あるホテルの空き部屋が、「セミダブル」となっていました。
この際なので、すっきりさせてしまいたいと思いまして、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答しようと思ったら、締め切られていたので、、、ちょっとビックリしました。
ご質問のセミダブルとは、要するにベッドのサイズのことです。
以下に並べてみましたので、参考にしてください。

◆部屋のタイプ
「シングル」・・・一人用ベッドの部屋
 主にビジネスホテルに多いタイプで、部屋も一番狭い。

「ツイン」・・・一人用ベッドが独立して2つある部屋
 最もポピュラーなタイプ。シングルに比べて部屋がベッド1つ分広いので、一人の利用でもわざわざツインを利用する人もいる。

「ダブル」・・・ダブルサイズ以上(不通はクイーン以上)のベッドが一つある部屋
 ツインよりは数が少ない。一つのベッドに2人で寝る

「トリプル」・・・ベッドが3つ、或いはツインに簡易ベッドが一つある部屋
 あまり一般的ではないので、簡易ベッドはソファーベッドの場合が多い。或いは、シングル1+ダブル1の場合もある

「フォース」・・・4人用。滅多にないタイプ。多くの場合、クイーンベッドが2つある感じ。アメリカなど家族旅行の盛んなところで見られる。

「セミスイート」・・・スイートに準じる部屋 ジュニアスイートともいう。

「スイート」・・・ベッドルームとリビングルームが分かれている部屋
 一般的には最上級の部屋。中には数十万~百万前後の部屋もある。中堅クラスのホテルなら数万円で利用できるので、特別な記念日などに利用する人も多い。

□番外編
「ステューディオ」・・・ソファーまたはカウチベッドがついている部屋。シングルまたはダブルベッドと組み合わさっているのが一般的。

「キチネット」・・・簡易キッチン(コンロとシンク、若干の料理器具など)がついている部屋。ホテルの部屋で自由に調理することができるタイプ。都会のシティホテルには少なく、リゾートのコテージや郊外のモーテルなどでよく見られる。


◆ベッドのサイズ
シングル 幅100~120cm 長さ195~205cm
・・・やっぱり一人用。
セミダブル幅120~130cm 長さ 同上
・・・これも一人用。2人ではちょっと狭いかも。その分お互いが密着できるかな?
ダブル  幅140~150cm 長さ 同上
・・・ようやく2人で寝れるサイズです。
クイーン 幅160~170cm 長さ 同上
・・・ダブルルームのベッドはふつうこのサイズです。
キング  幅180~200cm 長さ 同上
・・・真横になって寝ても大丈夫。ベッドの上でプロレスも出来ます。

ついでに・・・
◆日本と外国のホテル料金のシステムの違い
日本では、部屋のタイプに関わらず、一人~~円で料金が設定されています。
ツイン1万円を2人で利用なら、1万×2=2万円が料金です。
海外では、利用する人数に関わらず、一部屋~ドルなどで設定されています。
ツイン100ドルなら、何人で利用しても100ドルです。(もちろん人数の制限はありますが)
日本でも外資系のホテルではこのシステムを導入しているところがあります。

参考URLもどうぞ。

回答しようと思ったら、締め切られていたので、、、ちょっとビックリしました。
ご質問のセミダブルとは、要するにベッドのサイズのことです。
以下に並べてみましたので、参考にしてください。

◆部屋のタイプ
「シングル」・・・一人用ベッドの部屋
 主にビジネスホテルに多いタイプで、部屋も一番狭い。

「ツイン」・・・一人用ベッドが独立して2つある部屋
 最もポピュラーなタイプ。シングルに比べて部屋がベッド1つ分広いので、一人の利用でもわざわざツインを利用する人もいる。

「ダブル...続きを読む

Qエクセルで重複しているデータの抽出のしかたを教えてください。

エクセルで重複しているデータを抽出したいのですが・・。なにぶん初心者なもので簡単な方法があればよいのですが・・。
A列に日付 B列に企業名このデータが300件ほどあります。

 Å列      B列
1月 1日    AAAA社
1月 4日   BBBB社
1月 8日   CCCC社
2月 1日   BBBB社
2月20日    DDDD社
3月 2日   AAAA社

と、あるとしてB列の企業名が重複しているものを抽出したいのですが・・・。この場合 AAAA社とBBBB社ですが。
これを簡単に抽出する方法はないでしょうか?
教えてください お願いいたします。

Aベストアンサー

企業名がセルB2からセルB300まで入力されていると仮定します。
セルC2に IF(COUNTIF($B$2:B2,B2)>1,"*","") を入力し、セルC300までコピーして下さい。すると重複したデータの二番目以降に "*" のマークが付きます。
(注) 数式を下のセルまでコピーするため、COUNTIF($B$2 は絶対参照にして下さい。

Qアメリカの学生が主に使用する筆記具について

わたし的な分析では^^;
日本だと・・・・
小学校=おもに鉛筆、高学年からシャーペン?
中学、高校=ほとんどシャーペン
大学=シャーペン、ボールペン半分ずつ位?
~といった感じじゃないかと思います。
アメリカではシャーペンはほとんど使用しないらしいですが
主に学校の授業で使用するメインとなる筆記具について
おしえてください。

Aベストアンサー

小・中学校だと鉛筆。高校くらいからボールペンですかね。シャーペンはこのごろ出回っては来ていますが、鉛筆、ボールペン使用者数と比べればまだまだマイノリティーだと思います。私はシャーペン派なのですが、先日職場でシャーペンの芯のストックはないかと備品係の方に聞いたら、芯は高いので鉛筆にせよと言う命が上部から出ているので芯は買えないといわれてしまいました。おかげで自宅から持参しました。確かに消える消しゴムを探すのも大変で、私は日本製の決まったものしか使いません。これも職場に持参してます。そうそう、鉛筆も結構か弱いのです。私は握力はすごく弱いほう(学校の握力テストで最下位をとりました)なのですが、何本も鉛筆折っています。

このごろはホワイトアウト(日本で言うリキッドペーパー)が結構出回ってますので、ペンで間違えたときは結構使われてます。テープ式のものが出てきてからはそちらを好む人が多いですね。公式書類なんだから止めてよと思うようなところでも、ホワイトアウトや線を引いてなおしたりする人も結構います。子供の頃アメリカ人のペンパルがボールペンで書いた手紙でページの半分くらいをぐしゃぐしゃと線と言うか輪の綴りというかで消してたのをよこしたことがありました。そのときは人に出す手紙にこんなことするなんてこの子頭がおかしいのではないかとその時点で文通を一方的に止めてしまいましたが、今から見ればそれは彼にしてみれば普通のことで悪かったなぁと思っています。

小・中学校だと鉛筆。高校くらいからボールペンですかね。シャーペンはこのごろ出回っては来ていますが、鉛筆、ボールペン使用者数と比べればまだまだマイノリティーだと思います。私はシャーペン派なのですが、先日職場でシャーペンの芯のストックはないかと備品係の方に聞いたら、芯は高いので鉛筆にせよと言う命が上部から出ているので芯は買えないといわれてしまいました。おかげで自宅から持参しました。確かに消える消しゴムを探すのも大変で、私は日本製の決まったものしか使いません。これも職場に持参し...続きを読む

Q「ご依頼する」の使い方 日本語の使い方について

部外用の文書での敬語、丁寧語の使い方で質問です。
相手方からの依頼は、「ご依頼の件」や「ご依頼いただきますよう・・」などと表現するのはわかりますが、こちらからのお願いについて、「ご依頼いたします」という言い方は正しいのでしょうか?。「ご依頼する」という表現がなんとなく引っかかるのですが。上司がこの表現を使って対外文書を出そうとしているのですが、間違っていたら恥ずかしいので調べております。
どなたかお詳しい方ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%BE%9D%E9%A0%BC&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=01409001211000
「する」をつけて漢語のサ変動詞「依頼する」です。

これに「ご」をつける場合、
・相手が「依頼」する時は
「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。
・自分が「依頼」する時は
「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。
「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。

理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。
参考------------------------------------------
・「日本語なんでも相談室」:Q&A
http://nihongo.ashir.net/qandaDisp.php?id=152
[「質問」「依頼」は、その行為自体は相手に向かっていますが、話し手の一方的な行為であったり、相手にとって恩恵をもたらしたりしていませんから、謙譲語は使えません。]

・メールマガジン【 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 】:「ご依頼」その2< 敬語の使い方(2)
http://blog.livedoor.jp/kamigaki2005/archives/51463425.html
[ですが、自分からの依頼や質問などは、
 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、
 謙譲の「ご(お)」は不要です。]

・教えてgoo:「[ご]の使い方について」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3394656.html
回答No.3
[ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。]
----------------------------------------------

上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。
(余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。
ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、
謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。重要なのは「立てている」事です。
つまり「”向かう相手”がある言葉」が[謙譲語 I ]なのでなく、「”向かう相手”を立てている言葉」が[謙譲語 I ]です。誤解のないよう^^。
例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。
「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も
「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。)
(別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。)


これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は
専ら「ご依頼申し上げる」と使います。「ご依頼する」は使いません。
(難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。)

参考------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『依頼という言葉にごをつけると丁寧語になるのか?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415757794
ベストアンサーの中の
[(注)「ご依頼」は、名詞や、謙譲語 I の一般形「ご~する」の形では用いられず、専ら謙譲語Iの
ほかの一般形「ご~申し上げる」の形で用いられます。]

Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317159548
 補足2の中の
[「お/ご~申し上げる」は、同じ謙譲語Iである「お/ご~する」とほぼ同じ意味・用法を持ちます。その両方が使える場合(「ご連絡申し上げる」と「ご連絡する」など)が多く、その場合は「お/ご~申し上げる」の方が敬度が高いといえます。
ただし、その一方しか使われない語もあります。例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」
とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。]
----------------------------------------------

上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。
自分側からの「ご依頼」については既出の「敬語の指針」の中の
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf
27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お(ご)……申し上げる」
の形しか使わないと理解しています。

(ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。
Yahoo辞書「申し上げる」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%94%B3%E3%81%97%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=20252818189000
「日本語オンライン」BBS
http://nihongo-online.jp/bbs/discuss.cgi?id=01&mode=part&page=0&num=582&sort=1&back=tree
              )



ではなぜ「依頼」は「ご依頼申し上げる」だけは使うのかと考えた時に、その理由としてNo.4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。
なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。
つまり”特別”に「ご依頼申し上げる」はOKという事です。



次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、
これは「敬語の指針」
20ページ------------------------------------------
[【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】
謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で,
両方の性質を併せ持つ敬語として「お(ご)……いたす」がある。
「駅で先生をお待ちいたします。」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。」と同じ
内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。これは,「お待
ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I)
と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる]
28ページ------------------------------------------
[【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の
[上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お(ご)……いたす」がある。]]
--------------------------------------------------
にある「お(ご)~いたす」の形です。
ここにあるように「お(ご)~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。まず謙譲語 I の「お(ご)~する」が成立しないと成り立ちません。



ここが「依頼」の悩ましい所だと思います^^。
さぁどう解釈するかです。

私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。なので「ご依頼いたす」は無いです。
ただし下記のような方もいます。
--------------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『「ご」の使い方 3例』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110822451
[とにかく、理屈から言えば、「依頼」はI~IIIのすべての謙譲語になれるはずですから。
~~
理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない]
Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217107332
[ただし、サ変動詞「依頼」するの場合、「ご依頼する」という形ではなく、「ご依頼申し上げる」という形のほうが落ち着きがよいのでよく用いられます。]
--------------------------------------------------

この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。
本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。


正直日本語の謙譲語は難しく、『自分がする「依頼」』の「ご」については特に難しい部類であり、私も「ご依頼いたす」が絶対に不可とは言い切れません^^。
ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。

ただ一般的には自分が依頼する場合は、
題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では
「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」
「〇〇していただけないでしょうか」
「〇〇していただいてよろしいでしょうか」
などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html


人気Q&Aランキング