人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 このたびは宜しくお願いいたします。
質問なのですが今まで元請業者様(建築業者)から設備業者さんを
経由して仕事を受注していたのですがこのたび売り掛けの支払いが
ないため、元請業者様へ相談したところ直接の取引を
してもいいとのことでした。
そのため今までで取引しておりました設備業者さんへは今後
取引できない旨を伝え現在の売り掛け代金を早くしはっらて
頂くようにお願いしましたが、その後弊社と元請業者様が直接
取引していることを設備業者さんが知りクレームとなっております。
現在設備業者さまと弊社は取引状態はないのですが法律てきに
なにかふれるようなことはあるのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

A 回答 (3件)

質問者さんと設備業者さんとの契約のなかに、質問者さんが元請業者(建築業者)との直接取引を禁止する条項がなければ、法律的に何の問題もありません。



また
>売り掛け代金を早くしはっらて頂くようにお願い
とあります。設備業者がお金を払ってくれないなら、信義則上の問題もないでしょう。

(「ごちゃごちゃ文句言う前に、まず払うもんをはらってくれよ」というスタンスでよいかと思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
特に取引するさいの契約事項はとくにありませんし
現在は取引がなくなっております。

お礼日時:2010/01/24 12:13

何ら問題なし、というのも法律的に問題ありとするにも違うと思います。



長年の取引状況や商慣習等により信義則上の問題ともなり得ますし。

これだけの情報で、ここで確認するのは怖い内容かなぁ、と個人的には思いますよ。
守秘義務もあるでしょうし、ここで確認するよりはまずは相手の出方を静観されたらいかがでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/24 12:10

★なんら問題無しですけど。

単なる商取引で設備業者にしたら面白くは無いでしょうけど、全く問題ありません。威圧的に言ってきたら脅迫罪になりますので警察に届けるのも良しだし、★答えは簡単・・・設備業者とその取引について書面で規約のような契約書がありますか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。
ご質問の件ですが
書面での契約はなく今までの慣習で取引しておりました。
しかしその後弊社側の納入価のところに不満を感じ別の業者にも
発注を行われておりました。
その後今回売掛代金の支払いが行われなかったため先方に今後売掛
の取引はできないが元請け業者と直接取引をさせてもらえれば
その物件で、いままでと同等の利益分はバックマージンとして
還元させていただくお話をしたのですが、それはできないということで
取引は停止となっております。(TELにて確認)

補足日時:2010/01/24 12:07
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下請け業者が直接顧客と取引していた。

現在、社員2人、パート3人の零細製造業を営んでいます。
自社で製品の設計と1次工程を施し、あとは下請け業者に2次工程を依頼しています。自社で2次工程はできません。

顧客は親族で売り上げの9割以上です。実質的に自社工場です。
下請け業者は、A社が納期がルーズなことの欠点はありますが、全体的には安く技術と、量産体制もあり7割くらいを出しています。

A社の社長は自社よりも営業力があり、閑散期、知らない間に簡単なものを安くで
顧客と直接取引をしていたのを発見しました。(A社、顧客に対して契約書などはなく、顧客も下請けも大雑把な体質です。)

A社に問いただすと ちょっとだけと言われましたが、強気に出られません。
A社がその気になれば、簡単な大ロットだけを安くで請け負い、うちの仕事をもっていかれること、
また顧客自体がそれを望んでいるかもしれないことが理由です。
(ただもしそうなったとしても、納期管理などで顧客も苦労すると思います)

私は、担当者ではなく親族である顧客の社長にだけ問いただすと、
「感知していなかった、よくないことだ」と言いながら、後日もう一度聞くと
担当者にもまだ確認していないようでうやむやになっています。

私の会社が自社工場としてどこも受けてくれない合わない仕事も受けてることや、
A社が納期無視でかかえこむだけかかえこもうとするなどをなんとか調整していることなどの
の意味もなく、一事が万事、廃業を考えました。
(私の近親も顧客の会社にお金を貸していることもあり、
自分では顧客の雇用社員以上に顧客の利益を考えて仕事をしてきました)

顧客の社長はではなく会社を実質回している人間に言い出しましたが、引き止められています。

私の出した結論はやめて縁をきるか、顧客の会社に私を社員にしてもらい
A社のライバルになるような会社を探す、もしくは作ることを考えています。
業者が大口一本、あとは小口というのは健全ではないと思いました。
(契約書でA社を多少縛ることも考えています)

まず、廃業を考えたこの件ですが、それに値する大事だと自分は思ったのですが、
親族で信頼関係もあると思っていた顧客の社長がうやむやにしていることがわかりません。
たいしたことではないのでしょうか?

自分には相談できる人間も皆無で、なにかささいなことでもアドバイスをいただけたら助かります。

現在、社員2人、パート3人の零細製造業を営んでいます。
自社で製品の設計と1次工程を施し、あとは下請け業者に2次工程を依頼しています。自社で2次工程はできません。

顧客は親族で売り上げの9割以上です。実質的に自社工場です。
下請け業者は、A社が納期がルーズなことの欠点はありますが、全体的には安く技術と、量産体制もあり7割くらいを出しています。

A社の社長は自社よりも営業力があり、閑散期、知らない間に簡単なものを安くで
顧客と直接取引をしていたのを発見しました。(A社、顧客に対して契...続きを読む

Aベストアンサー

>たいしたことではないのでしょうか?

たいしたことではありません。

要は質問者さんの会社を通すメリットがあれば
そんな事態は起きませんし、
実質的にそのことが原因で
廃業に追い込まれるような
事態になったのであればともかく、
今のところはごく少量の取引
ということですから、大勢に影響はないはずです。

仮にも零細企業とはいえ経営者なんですから、
親族以外の顧客を開拓するとか、
新たな業者を探してくるとか、
新たに製品開発するとか、
なんらかの経営努力をして、従業員を養って
行く義務があると思いますが。

ちょっと商道徳に反する行為をされたからといって、
廃業を考えるのは、単に今まで親族だからと
甘えてきた証拠だと思います。

Q商社に説得し直接取引きするには?

初めまして、僕は中国北京から来た留学生です、よろしく。
早速質問ですが、日本のある商社が僕の知人の工場の製品を輸

入している。ただ、直接ではなく、中国にある仲介を通じてで

す。ですので、知人の企業は手数料がとられている。
1、日本の商社を説得し知人の企業と直接取引きするようして

もらうことがありえるんですか?
2、もし可能であれば具体的どうすればいいのですか?

ぼくはまだ学生ですので、会社に関してまったくの素人です、

どぞ、ご意見を聞かせてください。

明日また来ます。

Aベストアンサー

またまた私です。
アドレスをお教えできれば話は早いのですが、残念ながらこのサイトでは御法度なのでね。
有料になりますが
「帝国データバンク」http://www.nifty.com/QKGT/?top4や
「東商信用録」http://www.tsr-net.co.jp/publication/japan/1173197_970.htmlなどの調査機関のデータがオンラインで閲覧可能です(最低料金ではその会社が既に登録されていることが必要で、更にごく表面的な経営状況等に過ぎませんが)。
また、会員(多くの場合は企業)は上記2社発行の年鑑を所有していますので、それを持っている知り合い(日本の企業でアルバイトとか、していませんか? または大学に留学していらっしゃるなら経済関連学部の教授とか、大学図書館とか)を捜してみるというのも手です。
あと、信頼の置けない風評に過ぎませんが、「2ちゃんねる」(ご存知?日本の巨大ネット掲示板です)にスレが立っている可能性もあります。

Q業者飛ばしってよくない?

会社で定期的に購入している商品Aがあります。消耗品です。

業者Xから購入しているのですが、業者Xは業者Yに発注し、それを仕入れてうちの会社に納めてもらっています。

当然、中間業者をはさむので、高くなるのですが、直に業者Yと取引したいと思います。

ちなみに業者Yは卸業者ではありません。

業者Yはうちと直に取引できるので、嬉しいと思いますが、業者Xは面白く無いです。

そこで、業者Yと直接取引すると訴えられたり、何らかの不利なことが起こる可能性はあるでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に言えば、

業者Yは中買いの業者Xを飛ばすことになるので、
そういう行為を嫌います。
いわゆる商道徳にもとるというやつです。

業者Xは業者Yとの取引を減らしたり、
失くしたりというケースもあるので、
業者Yはそのあたりを知った上で、
直接取引をすることをしない場合もあります。

法的には何の問題もありません。

また、そういうようなことも往々にしてある場合、
取引の長く大きい業者Xへの卸値より、
直接小売りする金額を高くして、
結果的に業者Xから買うより高くなる。ような
料金設定にするケースもあります。

Q元請け会社を騙し、元請け会社の顧客を奪う下請け会社の経営者の将来とは?

知人の経営者からの下請け会社との契約について相談されました。
知人の会社は下請け会社との契約でお互いの顧客への介入、営業はしないとの取り決めをしていましたが下請け会社の経営者から「御社顧客の会長から今後は下請け会社からの物品を購入するとのことなので直接の取引口座を開設する。」との連絡が入ったとの事でした。
知人は下請け会社の経営者は元請け会社の顧客先の会長や実務担当者との面識も無いのでおかしいと思い、下請け会社の資材担当者に確認したところ、「下請け会社の経営者がある資材メーカーから売上がまったく無いとのクレームがあり、大丈夫と回答し、元請け会社の顧客先の会社名を資材メーカーに出し、資材納入を確約した。」との説明でした。
つまり、下請け会社の経営者が元請け会社の経営者に嘘をつき、元請け会社の顧客を横取りすることになるし、資材メーカーに対し、帳尻合わせとして元請け会社の顧客に勝手に白羽の矢を立てた事になります。
知人は自社の顧客に対し、コストメリット、品質、顧客先社員の使用感等の確認をして採用された経緯があり、かなり憤慨している状況です。
また、知人は下請け会社が「かつて取扱った事がない資材もあり、資材知識も乏しいし、コスト高くなり、クレーム対応等、顧客先の採用は難しい。」との事でした。
何故、下請け会社の経営者は元請け会社の経営者に嘘をつき、契約違反までして、資材知識もない資材を納品したいのか?、下請け会社の社員が自社の経営者が嘘をついているこを簡単に暴露してしまうのか?何故、下請け会社の経営者は関係の無い元請け会社の顧客を巻き込むのか?
下請け会社の経営者の資質、この会社の将来についてご意見をお願いいたします。

知人の経営者からの下請け会社との契約について相談されました。
知人の会社は下請け会社との契約でお互いの顧客への介入、営業はしないとの取り決めをしていましたが下請け会社の経営者から「御社顧客の会長から今後は下請け会社からの物品を購入するとのことなので直接の取引口座を開設する。」との連絡が入ったとの事でした。
知人は下請け会社の経営者は元請け会社の顧客先の会長や実務担当者との面識も無いのでおかしいと思い、下請け会社の資材担当者に確認したところ、「下請け会社の経営者がある資材メ...続きを読む

Aベストアンサー

下請けはもちろんのこと、元請側も顧客も問題がありますね。

私も会社の経営者ですが、嘘を見抜けずに元請の下請と直接取引をしようとする顧客とは取引が無くなってよかったと考えますね。
その下請けは、色々なところで不義理を行っていくことでしょう。不義理でも何でも営業で獲得したほうが正義や成功というのであれば、私はそのような性向はほしくないと思います。ですので、そのような下請との取引をやめる決断をしますね。

ただ、筋を通すためにも、顧客に下請けがどのように営業したのかわからないが、私の会社に不義理をして営業した下請けとの取引開始であることを理解してくださいと伝えますね。下請けが元請となっても、当然そのような不義理ですので、うちはフォローしないことを伝えますし、今後同条件での取引を希望されても、お約束できないことを伝えますね。
まともな会社であれば、謝罪をするでしょうし、すでに取引を始めたのであれば、その下請けの能力がどうかを気になることでしょう。ただ、私であれば、下請がどのような営業をしたかわからないが、自分は同業者の悪口言えません、と伝えますね。しかし、自分の会社の方が得意な分野である自信はあるとだけは伝えますね。

顧客に筋を通したうえで、下請けには、法律に反していなくとも、取り決めに反した行為をされたことは、わが社では信頼を損ねる行為と判断した。今後の発注はしないと通達しますね。

ここまですれば、同業他社へ、○○社は取り決めに反して顧客を奪う営業をしていて損害を得たと事実のみを言いますね。そうすれば尾ひれがついて、場合によっては下請けがつぶれるか、謝罪してくることでしょう。そこまででなくとも、弱体化するかもしれませんね。
顧客が頭を下げてくれば、同条件で受け入れつつ、依頼数を増やしてもらえるようにしてもらいますね。

私は小さい会社ですが、地域密着で、安価なサービスを提供しています。そこへ、別な取引で当社の顧客へ営業する際に、一時的な好条件のみを大げさに伝え、当社が受けていた業務の一部を奪いましたね。その結果、当社はその顧客に対し、今後はその会社にお世話になってくださいと伝えて拒否しましたね。
奪った営業は、大手メーカーの販社営業でした。当然大手では受けられない細やかなサービスを提供していましたので、その顧客は新しい取引先にも断られ、困り果てていましたね。

下請けはもちろんのこと、元請側も顧客も問題がありますね。

私も会社の経営者ですが、嘘を見抜けずに元請の下請と直接取引をしようとする顧客とは取引が無くなってよかったと考えますね。
その下請けは、色々なところで不義理を行っていくことでしょう。不義理でも何でも営業で獲得したほうが正義や成功というのであれば、私はそのような性向はほしくないと思います。ですので、そのような下請との取引をやめる決断をしますね。

ただ、筋を通すためにも、顧客に下請けがどのように営業したのかわからないが、私...続きを読む

Q商流においての契約違反について

私の会社(A社とする)はグループ会社(B社)に出資(30%以上の株式取得)し、ある契約を結んでいました。
それは海外メーカー(C社)の商品を独占的に国内で販売する契約で、A社はB社と、B社はC社と契約を交わしていました。
しかし、B社が国内の販社(D社)に直接C社を紹介し、本来C社→B社→A社→D社となるところを、C社→D社という流れで商売が始まってしまいました。
明らかに契約違反で、B社はC社を訴えるべきですが、B社の代表者はそれをしようとしません。相手が海外だからとか、お金がないとか、のらりくらりと動こうとしません。
そこで、B社の30%以上の株式を持つA社(私)が変わりにC社を訴えることはできないのかお聞きしたのですが、どうでしょうか。
また、証拠はないのですが、B社の代表者はC社からマージンをもらっていると踏んでいます。(しかも個人口座か親族口座に)
それは商法上、何か違法ではないのでしょうか?
以上のこと、詳しい方教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

A社とB社の間に、C社の商品に関して排他的条項が合意されていない限りA社は訴訟根拠がありませんね。
そこは確認してください。

B社がD社にC社を紹介したことについても、A社はB社を訴えることはできますが、C社を訴える根拠がありません。
直接の契約がありませんから仕方のないことです。
しかしグループ会社を訴えるようなお粗末なことはやりませんよねえ。
A社とB社のTOPで話し合って解決する問題で、現場の介入余地はありません。

Qお客様でも許せない。

不動産仲介業者です。
いわゆる「中抜き」をやられました。
(※中抜きとは、仲介業者が紹介した物件にも関わらず、仲介業者を取引から排除し、仲介手数料惜しさに、売主と直接契約を結ぶ事)
私も温和な人間なので、いつもなら中抜きされても「やられた-」と思う程度でしたし、実際にお客様に中抜きしたことを問い詰めたりした事はありません。今回はお客様と言えど許せないのです。理由は省略しますが、簡単に言うと、仲介業者そのものを否定されたような事を言われたからです。
内容はさておき、仲介業者なら誰でも憤慨するような内容でした。そこで、法的措置を考えていますが、法的に仲介手数料をこの客に請求する事はできるのでしょうか?
状況はこうです。
1・半年前に物件探しの依頼を口頭で受け、結構真剣に探しました。
2・条件がぴったりの物件が見つかり、物件案内も行いました
3・かなり気に入ったらしく、返事は2,3日中にしますとわかれましたが、連絡は一切無し。
4・私から確認の連絡を入れると、上記のような内容のことを言われ、中抜きされたことを知りました。(中抜きしたことに対して、注意はしましたが、怒ったりはしていません。)
5・売主は、中抜きしたことを知りませんでした。事情を説明すると、私に以後の対応は任せますとの事。
以上です。

不動産仲介業者です。
いわゆる「中抜き」をやられました。
(※中抜きとは、仲介業者が紹介した物件にも関わらず、仲介業者を取引から排除し、仲介手数料惜しさに、売主と直接契約を結ぶ事)
私も温和な人間なので、いつもなら中抜きされても「やられた-」と思う程度でしたし、実際にお客様に中抜きしたことを問い詰めたりした事はありません。今回はお客様と言えど許せないのです。理由は省略しますが、簡単に言うと、仲介業者そのものを否定されたような事を言われたからです。
内容はさておき、仲介業者な...続きを読む

Aベストアンサー

私も元不動産業者です。
同様に同じ思いをしたことがあります。

大概は自分の力不足と思い、諦めます。
宅建の講習で今回のケースで裁判になり業者の主張が認められたケースがあります。
相手は某有名な方の奥様でした(笑)
詳細は忘れましたが、その時は買い付けを入れ、売主を確認し(業者から聞いた)、買い付けをキャンセルし、売主へ直に契約の流れだったようです。
つまりは、相手が確信犯でないと裁判で勝つことは難しいようです。(残念です)

ご存知?のように売主もモラルが低い者が多く、中抜きを知っていて、客と共謀する会社もあります。
私の時は何回か取引のある売主デしたので売主からの手数料はもらいました。

一応、下記にてお相手?も出ております。
懲らしめたいですよね。でも、嫌なことは忘れましょう。
こんな人から買ってもらってもいい事起こりません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2243408

Q辞めた会社から「取引先とは直接仕事しないでくれ」と言われているのですが・・・。

フリーランスのデザイナーです。最近結婚を機に勤めていた会社を退職しました。辞める際に「うちの取引先とは直接仕事をせず、必ずうちを通すように・・・。」とのお達しがありました。と言うのも、現在その会社の顧客はほとんど私が開拓したクライアントだからだと思います。取引先にも私と直接仕事をしないよう釘を刺していているようです。それでも中には数社、退社後も私との仕事を望んで下さっていて、実際すでに数件のプロジェクトが舞い込んでいます。クライアントの方々も元の会社にピンハネされるのを避けたいのでしょう、直接依頼されています。基本的に円満退社だったこともありますし、元会社の行動に理解は出来ますが、人道的では無い気がして・・・。どう判断したら良いでしょうか?

Aベストアンサー

仕事ですから元の会社への遠慮は無用でしょう

貴方に仕事を持って行かれるのが嫌なら好条件の待遇で囲い込めば良かっただけです

一般的に良く聞く話ですし遠慮無用の話しでしょう

自分が努力しないで市場を占有しようと言う考え方が間違っています

元の会社の「気持ちは判るがご免なさい」で良いと思いますよ

>必ずうちを通すように・・・。」

通して貴方のメリットが有れば通せば良いでしょう
当たり前の話しです

Q取引先に切られる時の捨てゼリフ

食品を販売していますが、お客様から呼び出しがあり上司と行きました。話を聞いてみると当社からの納品価格より安い所があるとの事で、値下げ検討依頼でした。
うちの会社は週一度は営業に顔をだし、提案やわがままに対して目一杯努力をしてきましたが、安く出してきた先はネット販売のみで営業もしてこない先です。緊急な対応も無理な先です。
正直、これ以上値下げ出来るほど利益も取っておらず、自分の勉強になると思い付き合いとして今までの値下げ要求にも応えてきました。
今後は価格でしか見ないといわれました。
今回先方の値下げ要求に乗るつもりはなく、そのまま安い所に切り替えてもネット販売だけでは限界があることは目に見えており、今までの経験上、またこちらに依頼が来ることは分かっていますが、一度こちらから取引を止める(引く)予定です。
悔しいので嫌味の一つでもいいたいと思います。こうなった以上は優越感に浸りたく、私自身感情的になってしまうので、こういうご経験あるかた、どんな話をしたかを教えて下さい。

Aベストアンサー

営業職で有る以上 感情的な気持ちは 出してはなりません
捨て台詞など 絶対に言わない事

時代の背景から 1銭でも安く仕入れ 他店より安く販売しないと生き残れない時代 経営努力の足りないお店は 値引きだけの勝負しかありません こういったお店は 価格競争に追従できなくなれば 消えます。
業務経験させてもらったと思う事で 納めておきましょう
また 取り引きを申し出てきたら 少しは強気で出れます。

業界って狭いものです どんな繋がりか?ですが
過去に 吐いた暴言・失態等で 重要契約を棒に振るようなことにならないよう 如何に 頭に来る相手でも 仕返し的な対応発言は避けましょう
他業種へ転職しても 何処かで 関係者と遭遇してしまうものです。
世の中ってそんなものです。
紳士的に対応しておけば いつか何処かで 頼ってきますよ!

Q社用車で事故。修理代は自腹じゃなきゃダメですか?

教えてください。

会社の車で、駐車場を出るときに、隣のポールにあたってしまい、ドアがかなりヘコんで、傷をつけてしまいました。
事故報告書を始末書を書いて提出すると、上司から、
「今回修理に出すので、その金額かまたは一部を負担してもらう。保険を使えば5万ぐらいですむが、今回は使わないかもしれない」
と言われました。
しかも、それまで何回かみんなぶつけていて、傷がついているが、今まで会社にお金がなく治してこず、今回かなり大きく私が傷をつけてしまったので、まとめて治すということでした。
今までにも何回か誰かしら事故を起こしていましたが、誰もお金を請求されていませんでした。
ただ、私はこれで会社の車を傷つけたのは3回目なので、しょうがないのかな・・・とも思います。
が、先月正社員からパートになり、時給800円で働いているので、
5万以上の請求が来ると、一カ月の給料がほぼなくなります。
子供も預けて働いているので、かなり金銭的に厳しいです。

私が悪いとは思うのですが、やはり払わなければいけないのでしょうか?
うちの会社は狭いところにあるため、頻繁に事故をしており、他の人は請求されていないのに、私だけ?という思いが抑えれません・・・・。

皆様のご意見おねがいします。

教えてください。

会社の車で、駐車場を出るときに、隣のポールにあたってしまい、ドアがかなりヘコんで、傷をつけてしまいました。
事故報告書を始末書を書いて提出すると、上司から、
「今回修理に出すので、その金額かまたは一部を負担してもらう。保険を使えば5万ぐらいですむが、今回は使わないかもしれない」
と言われました。
しかも、それまで何回かみんなぶつけていて、傷がついているが、今まで会社にお金がなく治してこず、今回かなり大きく私が傷をつけてしまったので、まとめて治すということでし...続きを読む

Aベストアンサー

それは業務中の事故ですね。
そして、その業務は上司の命令によるものですね。
だとしたらあなたは一銭も払う必要はありません。
会社はその時の為に保険をかけています。
これは車以外の会社の設備でも同じことです。
会社はこうした余計な出費を防ぎたければ、本来は運転者の技能認定を行なう、技能訓練を行なう、事故を起こしやすい箇所の改善を行なうなどの義務があります。

正論ではこうなるのですが、あなたのお勤め先は中小企業であなたはパートですよね。
だったら辞めてくれ、ということになりかねませんから、やんわりと上記のようなことを言って、同時に少しだけ罰金を払うということで収めてもらったらどうでしょうか?

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング