『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

総合(異種)格闘技の試合において、合気道の選手(または合気術を主体にした選手)をほとんど見かけないのは何故でしょうか?やはり合気道は実践には不向きなのでしょうか?また、合気道の達人には小柄な方が多いように思いますが、たとえプロレスラーのような巨漢選手(ビッグバンベイダーやスコットノートンなど)が相手でも、合気技だけで本当に戦えるのでしょうか?理論・実践どちらの側面からでも結構ですので、ご意見頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

科学が進歩しているのと同じように


格闘技会も進歩しているのです。
第一回アルティメット大会でグレイシーが怪我もせずなんなく優勝
しました。
それから現代に至までの間、それぞれが総合の試合で勝てるように柔術のエッセンスやレスリングのエッセンス等を取り入れて
試行錯誤で進歩させてきました。
その結果もう既にグレイシーが一歩秀でた優勝はできなくなってきました。
これが何を意味しているかはわかると思います。

その中に古流の合気道が入って戦えば瞬殺されて当たり前です。
合気道は総合ルールで戦うことを想定されていないので
戦えば負けるのは当たり前です。

ちなみにあなたが思う合気道とはたぶん相手の腕を取って関節技を決めながらブンブン人を回し跳飛ばす物だと思います。

youtubeで総合対合気道の達人?の戦いがあるのは有名です。
「合気道 柳龍拳」と打てば見られると思います。
これは柳氏が弱いと言う単純なことではありません。
進化した総合ルールで戦うには合気道があまりに旧態依然としたことしかやってなかったから勝てないということです。
柳氏はたぶん全く総合の研究をしないで、
相手の腕さえ掴めば勝てるとでも思って試合に臨んだと思います。

もし柳氏が総合のルールを良く学んであの舞台に立ったら、
どういう戦いになるか。
たぶん合気道的な戦いにはならないでしょう。
テレビでよく見る総合格闘家のような戦いになるだけです。
つまりルールによってルールなりの優位な戦い方があるということです。
野球選手とバスケット選手が野球のルールで戦えば野球の選手が勝つのが当たり前なのと同じです。ルールによって戦い方が変わってくるのです。

かと言って合気道が全く役に立たない武道ではありません。
それぞれの持ち味があるので興味があるなら練習されると
良いと思います。
    • good
    • 0

そもそも実践(実戦?)て何でしょう。


総合格闘技に限にませんが、リングに囲まれて1対1でゴンクと同時に始まって、レフェリーがいて、急所攻撃は禁止で・・・。これって実践なんでしょうか。私は実戦というより、やはりスポーツだと思います。
スポーツにはルールがあります。ルールがあるスポーツは、そのルールで勝てるように練習した人が強いのです。
例えば顔面への攻撃が禁止されているルールでは、わざと顔面を相手に近づけて相手のファールを誘ったりすると聞きます。柔道でも技をかけるふりをして倒れこみ、時間を稼いだりします。でもこれって実戦では致命的な行為ですよね。
答えになっていないかもしれませんが、ほかの方の回答のとおり、合気道が総合格闘技で使えないのはあきらかですよね。でもそれは合気道が実戦に使えるかどうか、という議論とは別のものだと思います。
    • good
    • 1

【回答番号:No.3の補足】



「殺陣」という言葉に、違和感や信じられないと思う人もいるかもしれないが、合気道とは攻撃する側とヤラレ役側の「気を合わせ」る事が非常に大切なのである。

そのためには、攻撃する側だけでなく、ヤラレ役側専用の練習も行うのである。
だから演武がキレイに見えるのである。

また、女性の様な力のない者でも出来たり、力が必要ないと言われるのは、ヤラレ役の人が勝手に倒れてくれるからである。

    • good
    • 0

合気道しか知らない者が、総合(異種)格闘技の試合をすれば、間違いなく瞬殺される。


合気道しか知らない者は実践において、素人と殆ど同じ。(素人にも肉体的・精神的に恵まれた色々なレベルがいるが)
昔ならいざしらず、現在の合気道の達人とは、人に見せるための武道的動きの「殺陣」が上手い人の事を言う。

世の中には勘違いしている人が多いが、護身術や武的強さを求めて合気道をやると、色んな意味でとんでもない目に遭うだろう。

合気道とは、宇宙の中心と一致する事で、宇宙そのものと直結する事等が、合気道を行う目的であり、合気道自体が「武的強さを全く求めるモノではない」のである。

高い月謝を払い合気道を何年・何十年とやって、戦うための強さや大切なモノを守るための強さが身に付かなくても、一切合気道に文句は言えない。
初めから、それらを求めてないのだから・・・。

合気道は、「宇宙と直結しようよ体操」くらいに思っていた方が良い。



【注意】
ここでいう合気道とは、取と受を決め終始型稽古のみのを行っている、いわゆる一般的な合気道の事である。
合気道にも色々と流派があるので、試合形式を取り入れ、より実践性の高いと思われる訓練(主体である合気道の技以外の格闘訓練)をしている合気道については除外する。
    • good
    • 0

散々、上がっている質問ですね…



総合格闘技は総合格闘技というジャンルの格闘技であって異種格闘技ではありません。

総合格闘技において立ち関節技は反則です。

よって合気道の技術だけで勝つのは不可能です。
    • good
    • 0

合気道は基本目的が護身であり、試合そのものが存在しません。


もちろん、他流試合もしない。

倒す事を主体としてるわけでなく、力ない者でも
自分の身を護れる手段を身に付ける技ですのでから
こういった基本理念を無視してる方でしたら試合みたいな所でも
合気道を使うとは思いますが

ちなみに合気道と同じような闘い方は、他の格闘技でもありますよ。
相手の呼吸や筋肉の動きなどの読みは、ボクシングのカウンターパンチャーにも
共通する部分があります、日本の選手だと長谷川穂積さんとかそんな感じですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合気道で一番強くなれる道場(流派)は?

こんにちは。
よろしくお願いします。

合気道を本格的にやりたいのですが、いろいろな流派あって悩んでいます。
近所に合気道場はあるのですが、どうもスポーツ感覚的な所っぽいので・・・。
型ばかりでなく、実践に役立ちそうな道場のアドバイスをお願いします。
できれば埼玉周辺希望です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

合気道は、他の空手とか拳法のように多くの流派は
存在しません。
合気術とか、合気柔術とかは、合気道のルーツとは言え
似て異なるものかと思います。

合気道には2大流派があります。合気会と養神館です。
合気会が一番メジャーな流派であり、シェアは5割を
越えると思います。
実戦的という面では、養神館でありましょう。

しかし、これは個々の道場及び指導者によって、かなり
異なります。
合気会系の道場でも、養神館を越える実戦的な稽古を
している道場もあります。

従って、様々な道場の見学をされる事をお薦めします。
また、お願いすれば、体験入門も可能かと思います。
それで、判断されたら如何でしょうか・・・。

では。

Q実戦的な合気道をしている道場を教えてください

最初にお断りしておきますが、合気道を誹謗中傷する意図ではないことだけはご留意ください。

合気道を創始・興隆された先人の方々は尊敬しています。

また実戦格闘力だけが格闘技の本義ではなく、健康維持、文化継承、人との交流など武道には多くの意義があって、それぞれの方がそれぞれの目的で稽古にはげむべきと考えております。

武道は健康維持だろうが、リハビリだろうが、いや極端に言えば道場でのナンパが目的であろうが、それは人それぞれだと思っています。

さて私も合気道というのは、自分が格闘技をやっていた時期に公的体育館などの道場で、合気道をされている皆さんの稽古を垣間見たり、また映像などでしか見たくらいしか知りません。

ただ私のつたない経験からは、いまだ実戦で活用出来るように感じられる稽古を見たことが無いし、また合気道をしている方で「なるほど。強い」と感じる方と手合わせをしたという経験がありません。

もっと本音を言えば、YOU TUBEで見られる合気道の映像など失笑を禁じえないこともしばしばです。

私が知ってる合気道経験者で強い人は、全員が柔道をかなり経験した方とか、打撃の人が総合格闘技的なスタイルの中に過去に学んだ合気道のエッセンスを応用されている方しか見たことがないのです。

ただこれを言ってしまうと、それではサッカーをやっていた人が空手を始めて、空手の中でそのキック力が生かされるというのと大差無くなってしまいます。

そこで教えていただきたいのですが、合気道のみの訓練によって高い実戦的格闘能力を会得できるという道場・会派をお教えくださいませんでしょうか。

例えば合気道を数年やってるだけで、100キロクラスのラグビー選手や、ベンチプレスを150キロ挙げるビルダーを手玉にとれるような合合気道選手はどこで見ることが出来ますか?
いや、師範クラスの方なら極真の全日本レベルでも転がせるなんて方が居る道場でもかまいません。
(ただしスパーリング形式に限ります。「では右手をつかんでごらん」なんてのは意味無いですから)

出来れば東京、千葉周辺で道場見学、さらには体験入門をさせてくれるところならベストです。

最初にお断りしておきますが、合気道を誹謗中傷する意図ではないことだけはご留意ください。

合気道を創始・興隆された先人の方々は尊敬しています。

また実戦格闘力だけが格闘技の本義ではなく、健康維持、文化継承、人との交流など武道には多くの意義があって、それぞれの方がそれぞれの目的で稽古にはげむべきと考えております。

武道は健康維持だろうが、リハビリだろうが、いや極端に言えば道場でのナンパが目的であろうが、それは人それぞれだと思っています。

さて私も合気道というのは、自分...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の通り、今の合気道にはいろんな問題があると思います。
読んでいて冷や汗ものでした^^

単刀直入に言うと、ボクシング、キック、フルコンなどの打撃系や
柔道、現代柔術を学んだ人でなければ
高度に進んでいる他武道、格闘技に対処できないかもしれないですし
精神的にも本当に強くなれないかもしれないです。
純粋に合気道だけでは苦しいかなと。

怒られるかもしれないけど、同門の俺ですら、合気道だけやった人は
心技ともに鍛錬が足りないなと思う時があります。

だから結論を言うと若い自分には総合などを充分にやって、年取ったら
合気道のような型稽古に移行するほうがいいのかもしれませんね。

質問が、合気道の道場でということでしたので覇天会を紹介しました。
この団体のいいところは、実際に乱取りをやっているところです。
手、腕の取り合い、そして書かれたとおりフルコン空手の組手もやっています。
(ホームページにも他の動画があるのでよかったら見てみてください)

動画を見ると、腕の取り合い、関節の掛け合いがうまく決まらないな
と思うかもしれないです。ですが、俺は逆にこれがイイと思ってます。
経験者同士が本当に抵抗して技を掛け合ってるのがわかるからです。

柔道でも抵抗し合うので技がなかなか決まらないですが
やっていたのでしたらわかると思いますが、しかしそうした中での
技の攻防、筋力の抵抗が、総合的な戦闘能力、そして精神、闘争心を鍛えるのに
非常によいと思ってます。

ここで思い出してほしいのは合気道創始者が柔道、相撲を修行していた
ということです。筋力での抵抗、攻防を若い時に経験しています。
ですから一度は絶対にこうした力のやり取りをやるべきだと思います。

そして、フルコンタクト空手の組手ですが、これも評価しています。
というのは他団体が打撃に対して目をつむってるのに対し
覇天会では正面から向き合ってると思うからです。
もちろんフルコンタクト空手のレベルから比べたらまだ低いでしょう。
フルコン空手を別に修行したほうがいいかもしれません。

ただ打撃への対処法、総合的な体の使い方や
そして攻撃法として打撃、当身も合気道に取り入れ学ぶという意識が
生まれると思うのです。

この団体は発足して間もなく課題もあるかもしれないですが、
将来的に伸びると思います。また、「なんでもいいから攻撃してきて」
と言って攻撃してもらって、それを合気道技で捌く練習もしやすい環境に
あると思います。他団体では正直そういった練習がしにくいです。
(持ち上げますけど、俺は覇天会の人間じゃありません)

そして、次の段階として気の研究会をすすめました。
ここは逆に筋力を捨てて、脱力を追求し、しかも型稽古のみです。

もし限定的にですが、大男、ビルダーと力勝負?した時に
筋力を超えた力で対処できる団体はここだと思います。
高段者は確実に筋力を超えた力を持っています。
いわゆる合気道の神秘的な力です。
自分で言うのもなんですけど俺も力はあるほうだと思いますが、
思いっきり押さえつけて抵抗しても、きれいに投げられたことがあります。

でも勿論、これは限定的に強いということかもしれません。
大男、ビルダー、打撃系が何でもありで攻撃したら
きれいに合気道で抵抗できないかもしれないです。
だから、それは他に練習しなくてはいけません。

前に、各団体にいいものが分散していると言ったのは
こういう意味です。

質問者様が打撃系、柔道をやっていたのでしたら
合気道を実践的なものに育てることはできると思いますよ。
厳しく見つつ、でも内心魅かれている?のは
ひょっとしたらそういう運命にある方なのかもしれませんね。

かく言う俺も、打撃の人に自由に攻撃してもらって合気道で捌く練習を、
個人的に毎回冷や冷やしながらやってます^^

創始者は塩田先生に、自由に拳で突いて来い、剣、鉄扇で打って来い
と言って攻撃させ捌く練習をしていました。
夜の山の中で、真剣でやり取りをしたこともあったそうです。
やっぱり、こういった逸話から多くを学ぶべきだと思います。

ご指摘の通り、今の合気道にはいろんな問題があると思います。
読んでいて冷や汗ものでした^^

単刀直入に言うと、ボクシング、キック、フルコンなどの打撃系や
柔道、現代柔術を学んだ人でなければ
高度に進んでいる他武道、格闘技に対処できないかもしれないですし
精神的にも本当に強くなれないかもしれないです。
純粋に合気道だけでは苦しいかなと。

怒られるかもしれないけど、同門の俺ですら、合気道だけやった人は
心技ともに鍛錬が足りないなと思う時があります。

だから結論を言うと若...続きを読む


人気Q&Aランキング