昨年、鉢植えの紫陽花を購入しました。今、新しい芽がたくさん出始めました。あまりにも多すぎるので、減らさなければと思っています。
 そこで、いつごろ、どんな芽を取って、いくつぐらい残したらよいのかを教えてください。昨年、花数は、4つでした。
 その他、注意する点がありましたら、あわせてお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

アジサイの古い枝を剪定するのは、皆さんがおっしゃるように、開花直後に行います。


しかし、剪定時期ではないからといって、鉢植えで、出てきた芽を伸びるだけ伸びさせると大変なことになりますよ。
生育の遅れた枝や、込みすぎた枝は、本年伸びた部分の元から摘除してください。そうしないと、植え替える鉢の大きさにもよりますが、風でひっくりかえったり、養水分の競合が起こったりします。要は鉢とのバランスを保つことです。摘芯(伸びている芽の先端を摘むこと)は、花が咲かなくなるだけなので、してはいけません。
また、もう根が伸びてきている時期ですので、鉢替えをするときは、根鉢をくずさずに、そのまま、大きな鉢に入れ替えて、周りに土を入れた方が良いと思います。

なお、蛇足ですが、花屋さんとしては、出来るだけ小さな鉢に大きな植物体が植わっていた方が、見栄えが良く、流通コストも嵩まないので得になります。そこで、一般に、花屋さんに並んでいる鉢植えは、その時点で鉢が小さすぎる位になっています。そのため、鉢植えを購入したら直ぐに鉢替えすることを奨める専門家もいます。

参考URL:http://www.yonemura.co.jp/main/engei/hyappan/han …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに去年、よく風で倒れていました。もう少し様子を見て、生育の遅い枝は、思い切ってカットしようと思います。ちょっと、かわいそうですが・・・。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/28 21:51

紫陽花は芽が出る前に剪定をします。

ですから、今年は諦めて鉢を大きくして、しのいであげたらいかがでしょう?
紫陽花を地植えにするなと言われるほど大きく幅も取るようになります。花が終わり秋頃になったら強めに剪定をします。ただ、剪定をしたあとの初夏には花がつきません。その次の年まで待ちます。どうしても剪定をしたければ、開花した枝を順次切花にしてみては?
どうか、大切に育ててくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 大き目の鉢に植え替えてあげようと思います。
 梅雨の頃に咲く紫陽花が大好きです。大切にします。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/27 23:24

我が家も地植えなので参考になるかどうか.


鉢の大きさがわからないのですが,花数が4つということは
5号くらいでしょうか.
まだそれほど大きく育ってはいないと思うので葉も花も多いほうがいいのでは?

あじさいは花後すぐ剪定します.
それ以降はもう花芽がつくので切らないほうがいいです.
参考までにアジサイの育て方のサイトを載せておきます.

参考URL:http://www.xyj.co.jp/club/ajisai/saibai/saibai/s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 鉢の裏を見ると、5号でした。あまり葉や枝が茂り過ぎていると、大きな花が咲かないかな・・・。なんて心配していたのですが、大丈夫なんですね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/27 23:19

うちの紫陽花は鉢植えではないので参考にはならないかもしれませんが・・・。


紫陽花は、あまり枝を切りすぎたり芽をとりすぎたりすると花がつきません。葉っぱがしげるくらいにならないと花が咲かないからです。なので、うちでは新芽はとりません・・・・。でも、多分鉢植えだとまた違うのでしょうね(汗)参考にならなくてすみません(--、)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 このまま放っておいても心配なさそうですね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/27 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉢植えの紫陽花を育てています。 最近、元気がないです。 画像のような紫陽花です。 紫陽花は初めてで

鉢植えの紫陽花を育てています。
最近、元気がないです。
画像のような紫陽花です。
紫陽花は初めてで どうしたらいいか分かりません。

鉢ではなく 地植えした方がいいですか?
もし 地植えするなら 今の時期にしても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

アジサイは病害虫が少ない植物です。
何年目でしょうか?
二年以上栽培されていたら根詰まりの可能性があります。

Q昨年短く剪定した紫陽花、今年はどうすれば?

昨年根元から15cmくらいの高さにバッサリと切ってしまいました。
花芽も何も葉っぱ1枚も残さず、みなばっさりと・・。

そして・・
今茎は大きく伸び、青々した葉がいっぱいです。
当たり前ですが花は咲きません。

さて・・
この状態で、来年からまた花を咲かせることはできますか?

それには、いつごろ
どういう風に剪定すればよいのでしょうか?

どうぞ教えてください

Aベストアンサー

>剪定というのは、別に花芽をつけるためのものではなく
ボリュームを抑えたり、形を整えたりするためということでしょうか?。

花が咲いた枝はいずれ花茎を切りますから、剪定も兼ねて切り落とします。
低い所が混み合ったりすれば、貧弱な枝は枝元から切り落とし「枝抜き」します。また高いところでもあらぬ方向へ伸びた枝も「枝抜き」します。
また素直に伸びてくれない、クネクネ枝なども同様です。

アジサイの花を鑑賞する高さは、庭の広さにもよりますが、一般的な広さの庭では大体目線の高さぐらいまででしょうかね?。
花の高さが頭の高さ以上あると、鑑賞しづらい感じがしないでもありません。(○○庭園ならば別でしょうが・・。絵画と同じく鑑賞する距離の問題でもあります。)
ですから今現在の枝の高さが気になったのです。60cm~1mぐらいの高さならば剪定せず、来年花が付いて咲いたとしても十分普通に鑑賞できる高さに収まると思った次第です。

しかしやはり年々高くはなっては来ます。高くなりすぎたものは、一度バッサリやらねばなりませんね。しかし全部バッサリやると来年花がまったく見られないという事になります。
ですから低い枝も何本かは残しておいた方が良いのではないかと思う次第です。高い枝から低い枝へ主役がバトンタッチという具合ですね。

拙宅も地植えのガクアジサイの枝の何本かが高くなりすぎたので、花が終われば木質部までバッサリやろうと思っています。

>剪定というのは、別に花芽をつけるためのものではなく
ボリュームを抑えたり、形を整えたりするためということでしょうか?。

花が咲いた枝はいずれ花茎を切りますから、剪定も兼ねて切り落とします。
低い所が混み合ったりすれば、貧弱な枝は枝元から切り落とし「枝抜き」します。また高いところでもあらぬ方向へ伸びた枝も「枝抜き」します。
また素直に伸びてくれない、クネクネ枝なども同様です。

アジサイの花を鑑賞する高さは、庭の広さにもよりますが、一般的な広さの庭では大体目線の高さぐら...続きを読む

Q昨年夏にいただいた葡萄(デラウエア)の鉢植えに、葉とつるがまた元気に生

昨年夏にいただいた葡萄(デラウエア)の鉢植えに、葉とつるがまた元気に生えてきました。
丸いワイヤーにぐるぐる巻きついている状態です。
しかも葉の陰に、ミニミニサイズの葡萄(緑色)が沢山なっていました。
日当たりの良い所に水やりを欠かさなかっただけなのに、枯れていなかったのですね。

出来ることなら、夏に1房でもそこそこのサイズに実ってくれたら、と欲が出てきました。
4月に一度だけ、ついでの折に園芸用の肥料(コウモリの乾燥ふん?)を気持ち撒いただけです。

これからの季節、気を配ることがありましたら、何でも結構ですので、
ご教示いただけたらとても嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

行燈仕立てで栽培されているようですが、結実したようですから2年を過ぎて
いるように思えます。鉢植えは地植えと違って限られた土で生育しますから、
2~3年毎に植替えが必要になります。時期としては落葉した11~1月まで
の間に行います。今のままで栽培を続けると、数年後には結実は望めなくなり
ます。鉢植えの場合は、一鉢で5房になるように摘房作業が必要です。

鉢植えの時の施肥は、4月に固形発酵油粕を鉢の淵に2~3個置き肥します。
コウモリの糞?ではなく粒状油粕ではありませんか。

これからの作業ですが、ジベレリ処理や摘房や夏の整枝等の作業があります。
書いて理解が出来るほど簡単ではありませんから、出来れば果樹の本を購入し
て良く読まれて作業をされた方がいいと思います。

Qクリスマスローズのことで教えて下さい。 昨年の12月に初めて買った鉢植えなのですが、1月の半ば頃、外

クリスマスローズのことで教えて下さい。
昨年の12月に初めて買った鉢植えなのですが、1月の半ば頃、外に出したまま出かけていた日のことで、帰宅する前の数時間で、気温が氷点下になった夜に、帰ってみると、花がグッタリとお辞儀をし、茎がヘニャッと折れて二度と戻らなくなりました。
葉は枯れてはいませんが、しおれる前の斑点模様がついて、現在もクタッとなっています。

花は、このまま終わりなのかもしれませんが、次のシーズン、また新しく花は付くのでしょうか?それとも、もうダメなのでしょうか?
また、花の中央に袋のように膨らんで付いてる物はタネでしょうか?

クリスマスローズの栽培、育成に携わっている方々、もしくは、それに詳しい方々、教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

勘違いしてたようですみませんでした^^;

クリスマスローズは普段室内栽培されてたんでしょうか。
それで日光に当てる為に外に出していたとか?

クリスマスローズは基本、寒さにとても強いです。むしろこの季節は外の寒さに当てた方が良いです。
室内で栽培されてたのを急に外に出した為、寒暖差にやられて霜焼けを起こした可能性があります。
シナっとしてるようでしたら、花はもう無理かも知れません。

クリスマスローズの花は春以降にかけて、花色が変化していきます。
大体緑色になると思いますが。

種もその時まで待ちます。
膨らみが割れて中から胡麻粒より小さい黒い種が見えます。そこまで待って種を取ると良いでしょう。

クリスマスローズは宿根草なので、毎年花を付けてくれます。

半日陰の寒い所でも咲くので、ベランダに出しっぱなしても大丈夫です。お水だけは表面の土が乾いたらタップリあげて下さい。

種が取れなくても、葉が元気で株がしっかりしているようなので
春以降ひと回り大きな鉢に植え替えてあげてください。

来シーズンもきっとお花を沢山付けて楽しませてくれると思いますよ。

勘違いしてたようですみませんでした^^;

クリスマスローズは普段室内栽培されてたんでしょうか。
それで日光に当てる為に外に出していたとか?

クリスマスローズは基本、寒さにとても強いです。むしろこの季節は外の寒さに当てた方が良いです。
室内で栽培されてたのを急に外に出した為、寒暖差にやられて霜焼けを起こした可能性があります。
シナっとしてるようでしたら、花はもう無理かも知れません。

クリスマスローズの花は春以降にかけて、花色が変化していきます。
大体緑色になると思いますが。

種もそ...続きを読む

Q茄子 → 1番花の下のわき芽を2本残し、その下のわき芽は全て摘み取りま

茄子 → 1番花の下のわき芽を2本残し、その下のわき芽は全て摘み取りました。

その後、成長してきましたが、新しい脇芽?や葉?が出てきております。それは今後、摘み
取ったりしないで良いのでしょうか?

検索をいろいろしましたのですが、最初のわき芽を摘み取ることは掲載されていても、その
後がわかりません。アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

>茄子 → 1番花の下のわき芽を2本残し、その下のわき芽は全て摘み取りました。
その後、成長してきましたが、新しい脇芽?や葉?が出てきております。それは今後、摘み
取ったりしないで良いのでしょうか?


             ↓
3本仕立てで育てておられるのですね・・・
現場・現物・現状を見ないと難しいですが、苗の樹高・樹勢・葉の艶や茂り方・病害虫被害から、苗の健康診断をしながら育てるのですが・・・

私なら
暫くは苗の成長を見守りましょう(ナスは植栽された場所の土壌・日照に馴染むのに時間がかかる)
水遣り、施肥をしながら、苗が丈夫に育ってきたら、観察してみましょう。
茎の先のほうだけに開花する場合は肥料不足、開花した先にも4~5枚の葉があり花も1~2個咲いていれば順調に丈夫に育っている目安です。

その後、摘葉(黄色くなった葉や混み合って日陰になる密生部を取り除く),摘枝(垂れ下がり気味の枝:水平より下向きの枝は成育しませんので剪定する)、摘果(1番果や多く実った実の中から成長の悪い実を取り除く)。

要は、苗・枝の成長に任せます。
そして、丈夫に成長したら、健康診断→葉の付き方、葉の色や艶、枝の垂れ下がり、花や実の付き方・・・施肥、水遣り、害虫の捕殺に合わせ、摘葉・摘枝・摘果を必要に応じ愛情込めて行う。


co2_2 様に於かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、大切な茄子の栽培に成功され、安全安心で美味しい茄子が豊作でありますよう、心より祈念申し上げます。

>茄子 → 1番花の下のわき芽を2本残し、その下のわき芽は全て摘み取りました。
その後、成長してきましたが、新しい脇芽?や葉?が出てきております。それは今後、摘み
取ったりしないで良いのでしょうか?


             ↓
3本仕立てで育てておられるのですね・・・
現場・現物・現状を見ないと難しいですが、苗の樹高・樹勢・葉の艶や茂り方・病害虫被害から、苗の健康診断をしながら育てるのですが・・・

私なら
暫くは苗の成長を見守りましょう(ナスは植栽された場所の土壌・日照に馴染む...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報