最新閲覧日:

それぞれ、赤青黄、赤緑青、ですよね。素朴な疑問ですが、これはなぜこのようになっているのでしょうか。

A 回答 (4件)

補足すると、人間の視覚で、色を感知する細胞が「赤」「青」「緑」をそれぞれ別に感知して、そのデータを総合して一つの色と認識しています。


したがって、3原色あれば「ほとんど」の色を作り出せますが、「ほとんど」以外の色は、存在しても人間の目には3原色で作った色と区別できません。
犬は青を感知することができない(持っていない)とか、夜行性の動物は色自体を区別できない、とかいわれていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/03/28 13:10

以下のページで疑問が解決すると思います。



色の三原色http://www.fsinet.or.jp/~maoi/sangensyoku.html

光の三原色
http://www.nowdo.com/production/j_cb_tech.htm

色の三原色と光の三原色
http://www.maruni.co.jp/printing/color/color/htm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/03/28 13:13

三原色とは一言でいえば、色をつくるときの元になる三つの色のことです。

光固有の色には光のスペクトルにみられるように、少なくとも紫、青、緑、黄、橙、赤の6色がありますが、人工的に色をつくるには3色あればあらゆる(ほとんどの)色をつくりだせるというのが三原色です。

三原色は2種類あります。“光の三原色”の青紫(略号B)と緑(G)と赤(R)の3種の組み合わせと“色の三原色”のイエロー(Y)とマゼンダ(M)とシアン(C)の3つの組み合わせです。

なぜ二通りの三原色があるかというと、色を混ぜ合わせる方法が二通りあるからです。つまり「加色法」と「減色法」であり、「加色法」で色をつくるときは“光の三原色”のBGRの色光が、「減色法」で色をつくるときは“色の三原色”のYMCの色材が用いられます。つまり、三原色といっても前者は光であり、後者は色材なのです。したがって、“光の三原色”は青紫色光(B光)、緑色光(G光)、赤色光(R光)と呼ぶのが正しいといえます。

というようなことが検索するといろいろ出てきます(例:参考URL)。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/rwicp/data302.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。きわめて明快にわかりました。

お礼日時:2001/03/28 13:12

こんにちは.


面白い質問だったので早速調べてみました.
面白いHPを発見したので参考にしてください.

参考URL:http://www12.cds.ne.jp/~east/kemi/color/color.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。非常に参考になりました。

お礼日時:2001/03/28 13:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報