数年、数学から離れていてもう一度やり直そうとしているのですが
分らない事が多いので困っています。

問題:放物線 y=x2ーax-7 が直線x=-3 に関して対象であるように、定数aの値をもとめよ。(x2はx2じょうのつもりです)

という問題なのですが、

1)x=-3が、直線と書いてある意味が分らない。

2)解答はー・ーa/2×2=ー3でa=ー12となっていたのですが、
  なぜー・b/2aの公式を使うのか分りません。

どうか、分かりやすく教えてください!

また、この問題は基礎でしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

2次元の空間の位置は、座標と言う形で表せます。


例えば、(X,Y)=(3、4)というようにです。
紙に水平な直線と垂直な直線をひいて見てください。
水平な方をX軸といい、右にいくほど大きく(+)になります。
垂直な方をY軸といい、上にいくほど大きく(+)になります。
ちなみに軸同士が交わっている点を原点(X,Y)=(0,0)といいます。
例えの(3,4)というのは、原点から見て、右方向に3つ、上に4つの位置にある点を言います。

さて、ここから本題です。
この座標の読み方を知ってもらった上で、説明します。
直線というのは、無数の点(座標)の集まりなんです。
Y=Xという式で表す式は、(X、Y)=(0、0)、(X、Y)=(1、1)、
(X、Y)=(2、2)・・・のように無数の座標のつながりなわけです。
では、X=-3というのは、どういうことなのか?
それは、常にXの座標が-3の点の集まりなんです。
(X,Y)=(-3、0)、(X,Y)=(-3、1)、(X,Y)=(-3、2)・・・のように。
これは、Y軸(X=0)に平行で、X方向に-3の位置にある線のことです。

次に、放物線ですが、グラフ上では、アルファベットのUのような形をしています。
問題のy=x2-ax-7の場合。
X=-3で対象というのは、U型が、X==-3で、左右対称になることを
示しています。
これは、頂点(U型の1番底の部分)のXの座標が、-3だと言う事です。
また、質問の公式は、2次式の一般的なもので
y=(ax2)+(bx)+cというものを変形するところから来ています。
この式を変形するとy=a(x2+(b/a)x)+C
          =a(x+(b/2a))2+C-(b/2a)2
となります。
放物線の頂点というのは、このように変形した式から読み取れるのです。
この場合、X=-(b/2a)、Y=C-(b/2a)2です。
これの理由は、説明すると長いので、また質問してください。
とりあえず、これが、そのまま公式になっているようです。
問題では、頂点が-3だということが読み取れますので、
公式に当てはめると・・・
X=-(b/2a)より、-3=-((-a)/2)で、a=-6!?
-12じゃなくて、-6じゃないですか?

だって、頂点は1つでしょ?
となると、-12だと
y=x2+12x-7のとき、X=-3だとY=38
これを元に、38=x2+12x-7を変形すると・・・
x2+12x-45=0になって、
これは、(X+15)(X-3)=0になって、
Xの値が2つ出てきてしまうのですが・・・?
おれ、間違ってるのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
とっても分かりやすい説明で、この問題を突破する事が出来ました。
また、これをクリアできたおかげでなんとか他の問題も解いていく事ができています。
a=-6のことなんですが、すみません・・・放物線の式を間違えて書いていた様です。本当はy=2x^2-ax-7でした;お手数をおかけしました。
これからも質問する事があると思いますがよろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/05 16:36

下に回答がありますが…



1)x=-3
yの値に関係なく、xは常に-3という値である ということから、x軸で-3を横切り(これをx切片といいますが)、y軸に平行な直線ということになります。

2)一般的に y-b=(x-a)^2  (1) というグラフは、
  y=x^2 (2)というグラフをx軸方向に+a、y軸方向に+b平行移動したグラフになります。

 実際

  x=   -2a    -a     0     a     2a
(1)=   9a^2   4a^2    a^2     0     a^2
(2)=   4a^2    a^2     0     a^2   4a^2

 と、変化します。

 直線x=-3に対称になる放物線は、

    y-b=(x+3)^2

という方程式になります。
 これを展開して  y=x^2+6x+9-b

 これが、y=x^2-ax-7 と 恒等式(要するに同じということ)になるので、 -a=+6  したがって、a=-6 となるはずです。

  書いた2)の解が-12となっているのはよくわかりません。
 ご確認いただけましたら幸いに思います。

 なお、^2は二乗を意味しています。念のため
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅まして申し訳ありません。
回答有り難うございました。a=-6のことなんですが、すみません・・・放物線の式を間違えて書いていた様です。本当はy=2x^2-ax-7でした;
お手数をおかけしました。

お礼日時:2001/04/05 16:30

数学屋さんではないのですが、一応理系ということで。

わかりにくい部分があったらすみません。

>1)x=-3が、直線と書いてある意味が分らない。

たとえばy=xを「直線y=x」と呼ぶことはよろしいでしょうか。x-y座標平面上に原点を通る直線が描かれますよね。
ここで、x=-3を考えます。これは、実は「x=-3、yは任意の実数」ということです。これを満たす(x,y)の組を座標平面に書くと、x軸とx=-3で直交する直線が書かれます。そのため、「直線x=-3」と呼ぶわけです。

>2)解答はー・ーa/2×2=ー3でa=ー12となっていたのですが、
  なぜー・b/2aの公式を使うのか分りません。

確かにこれだけでは飛躍しすぎですね。丁寧に考えていきましょう。
始めに、座標平面上での放物線の形を考えてみます。
問のy=x^2-ax-7 ,,,(1)
の場合、y=(xの二次関数)ですからちょうど釣り鐘を逆さにしたような形が予想できます。さらに、この図形は吊りがねのちょうど中央部に、x軸に垂直な「軸」を考えるとこの軸に関して対称です。
このことから、この問はこの対称「軸」がx=-3に一致するように定数aを定めればいいことになります。
x=-3を軸とする放物線の式を書く(x^2成分は1とする)と、
y=(x-3)^2 + c cは定数 ...(2)
となります。なお、これはx=0(y軸)を対称軸とする放物線y=x^2をx方向に-3、y方向にc移動したものと考えます。x=0をx方向に-3移動すればx=-3になることは大丈夫ですね?(cは問には関係しないので無視。)

ここまでくればできたも同然です。式(1)と(2)は同じ式(恒等式)です。よって(2)を展開し、xの一次の係数を比較すると、
a = -6 ...あれ?a=-12じゃないですよ。
質問の文章から推定しますと、放物線の式がy=2 x^2- ax -7 (x^2の係数が1でなく2!)だったのではないでしょうか?この場合、同様に考えて、
y=2(x-3)^2+c のx一次の係数を比較するとa=-12となります。

-b/2aの公式とは、2次方程式の解の公式のことでしょうか?解の公式の導出過程を考えると、実は類似の計算をしていることが分かります。

>また、この問題は基礎でしょうか??
放物線の性質に関する学習上重要なポイントを押さえた問題と言えます。かといって難易度が低いという訳ではありません。

数学をやりなおしているとのこと、がんばってくださいね。

この回答への補足

a=-6のことなんですが、すみません・・・放物線の式を間違えて書いていた様です。本当はy=2x^2-ax-7でした;なので、初めに書いた放物線の式でいくとa=-6になりますね。お手数をおかけしましたm(__)m
(下記にも同様の事を書いてますが、また間違って書いた部分があります。すんません。)

補足日時:2001/04/05 16:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
詳しい説明有り難うございました。やっと分りました。
a=-6のことなんですが、すみません・・・放物線の式を間違えて書いていた様です。本当はy=2x^2-ax-7でした;なので、初めに書いた放物線の式でいくとa=-12になりますね。お手数をおかけしましたm(__)m
応援メッセージ、本当にうれしかったです!!これからも質問をするとおもいますが、どうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/05 16:17

1)直線x=-3とはグラフ上でxの値が-3であり


yの値は任意(いくつでもいい)の点を線で結んだものです。

2)解の公式でしたっけ、それの前部分ですね。
解の公式は-b±ルート(4ac)/2aですよね。
ここで解の公式の答えは-b/2aという点から
左右に等距離の点にあることがわかりますか?
たとえば 3±2であれば、3を中心に2はなれた点が解となりますよね。
もうわかりましたか?3を中心に、つまり
解の公式の部分がその二次関数の中心となるわけなんです。
グラフをかいてみればわかると思うので書いてみてはいかがでしょうか
わかっていただければ光栄です。

基礎がわかっていれば解ける問題といったところではないでしょうか。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい、申し訳ありません。
早速、グラフを書きました。やはり分らない時はグラフを書いてみないといけませんね。ありがとうございました!!

お礼日時:2001/04/05 16:07

>1)x=-3が、直線と書いてある意味が分らない


について・・・だけ。

グラフを書いて見れば一目瞭然です!

xというのは横線ですから、そのxのメモリのマイナス方向に3進めばyの線に並行する直線になります。

わからなかったらごめんなさい・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。
早速の回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/05 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学I 二次関数です。次の2次関数のグラフは、関数y=2x^2のグラフをどのように平行移動したも

数学I 二次関数です。

次の2次関数のグラフは、関数y=2x^2のグラフをどのように平行移動したものか。

⑴ y=2(x-2)^2
⑵ y=2(x+5)^2
⑶ y=2(x+1)^2-2

答え ⑴x軸方向に 2
⑵x軸方向に -5
⑶x軸方向に-1、y軸方向に-2

よろしくお願いします…(._.)

Aベストアンサー

(1)~(3)のグラフと、y=2x^2のグラフを実施に書いてみれば分かります。
論より証拠、百聞は一見に如かず、です。

これが「事実」「現実」であって、理由もへったくれもありません。各々がどういう関係にあるか、
 x = -10 ~ 10
ぐらいで何点か計算して、グラフ用紙にプロットして、それを曲線でつないでみてください。
添付は、エクセルで計算して作図したものです。

Q数学の質問です。 f(1-x)=f(x)のとき、y=f(x)のグラフがx=1/2に関して対称らしいの

数学の質問です。

f(1-x)=f(x)のとき、y=f(x)のグラフがx=1/2に関して対称らしいのですが、どうしてこのように言えるのか教えてください。

Aベストアンサー

x=aに対して対象というのは、f(a+b)=f(a-b)ということです。(a=対称軸のx座標、b=任意の実数)

この場合f(1-x)=f(x)なので、x=1/2+b(bは任意の実数)の時、
f(1-x)=f(1-(1/2+b))=f(1/2-b)
f(x)=f(1/2+b)
よってf(1/2-b)=f(1/2+b)
となり、1/2を軸にしてf(1/2-b)とf(1/2+b)が等しくなっている。
よってf(1-x)=f(x)の時、任意のxにおけるf(1-x)とf(x)はx=1/2を軸として対象である。

Q直交する2直線

方程式2x^2-3xy+λy^2+5y+μ=0がxy平面上の直交する2直線を表すようにλ,μを定め、この2直線の方程式を求めよという問題なんですが、解き方、考え方が分かりません。
答は λ=μ=-2
  2x+y=2、2y-x=1 です。

直交する2直線が上方程式で表せれるということもよく分からないので、その辺りもよろしかったら教えてください。

Aベストアンサー

直線の式は ax+by+c=0 という風に表す、というのはOKですね。
与えられた式が(ax+by+c)(px+qy+r)=0 とできたとすると
ax+by+c=0 または px+qy+r=0 となり、2つの直線を表すことになります。
ここまでは、may-may-jpさんの回答の通りですが、ただ因数分解できるだけではλとμは特定できません。そこで必要になるのが「直交」の条件です。

直交する条件は2つの直線の傾きの積が-1になることです。
ax+by+c=0 を変形して y=(a/b)x+(c/b) ただし b≠0
同様に px+qy+c=0 を変形して y=(p/q)x+(r/q) ただし q≠0
とすると 傾きはそれぞれ a/b,p/qですか積が-1 すなわち
(a/b)・(p/q)=ap/bq = -1 ∴ ap = -bq が直交条件です。

なお、b=0(q=0)のときは直線はy軸に平行になります。このとき直交する直線はx軸と平行になり、xの係数が0 つまりp=0(a=0) になります。このときもap = -bq (=0)で成り立ちます。

さて(ax+by+c)(px+qy+r)=0 の左辺を展開すると
apx^2+bqy^2+(aq+bp)xy+(ar+cp)x+(br+cq)y+cr=0
となります。(途中の計算はご自分で確かめてください。)
ここで直交条件をみると x^2 とy^2の係数に注目すればよいことが分かります。
与式に戻って、2x^2-3xy+λy^2+5y+μ=0のx^2 とy^2の係数をみれば 2=-λ すなわちλ=-2が求められます。
これを代入して
2x^2-3xy+2y^2+5y+μ=0
これが(ax+by+c)(px+qy+r)=0 の形に因数分解できれば良いわけです。
x^2,y^2,xyの係数に注目すると
(2x+y+c)(x-2y+r)=0 --(*)という形になることは容易に分かります。
あとはx,yの係数から
2r+c=0
r-2c=5
の2式が出ますので、連立方程式を解いて
r=1, c=-2 よってμ=cr=-2
となります。
このrとcを(*)に代入すれば
(2x+y-2)(x-2y+1)=0 となり、直線の式は 2x+y-2=0,x-2y+1=0
と求まります。
答えの2x+y=2、2y-x=1 は上記の式の定数項を移行した形ですね。

直線の式は ax+by+c=0 という風に表す、というのはOKですね。
与えられた式が(ax+by+c)(px+qy+r)=0 とできたとすると
ax+by+c=0 または px+qy+r=0 となり、2つの直線を表すことになります。
ここまでは、may-may-jpさんの回答の通りですが、ただ因数分解できるだけではλとμは特定できません。そこで必要になるのが「直交」の条件です。

直交する条件は2つの直線の傾きの積が-1になることです。
ax+by+c=0 を変形して y=(a/b)x+(c/b) ただし b≠0
同様に px+qy+c=0 を変形して y=(p/q)x+(r/q) ただし...続きを読む

Q高校数学です。平行移動、対称移動の条件から係数決定

高校数学です。
解ける方がいらっしゃったらご解答お願いしますm(__)m


2次関数y=ax^2+bx+c のグラフをCとする。
グラフCをx軸に関して対称移動したグラフは点(-2, 1 )を通る。
また、グラフCをy軸に関して対称移動し、さらにx軸方向に-1, y軸方向に 3 だけ平行移動すると、
y=ax^2+1 のグラフになるとする。

このときa, b, c の値をそれぞれ求めよ。 

Aベストアンサー

グラフCをx軸に関して対称移動したグラフはy=-ax^2-bx-c
点(-2, 1 )を通るので、1=-4a+2b-c・・・(ア)
グラフCをy軸に関して対称移動したグラフはy=ax^2-bx+c
これをx軸方向に-1, y軸方向に 3 だけ平行移動したグラフは
y-3=a(x+1)^2-b(x+1)+c、整理してy=ax^2+(2a-b)x+a-b+c+3
これがy=ax^2+1ということは
2a-b=0・・・(イ)
a-b+c+3=1からa-b+c=-2・・・(ウ)
(ア)(イ)(ウ)を連立で解いて、a=1,b=2,c=-1・・・答え

Q原点で交わる2直線A、Bがあり、直線AはXZ平面上にあってX軸と15度

原点で交わる2直線A、Bがあり、直線AはXZ平面上にあってX軸と15度をなしており、直線BはXZ平面をZ軸を軸に(反時計方向に)60度回転させた平面上にあってXY平面と20度をなしているとき、2直線によって定義される平面に、Z軸上の任意の点から引かれた垂線とZ軸のなす角度を求めたいのですが・・・。なお。実際には文章中の15度と20度の2つの数値は無理数に置き換えるので、d1、d2という2つの変数を用いた式の形になっていれば充分です。なにやら法線ベクトルという考え方をするらしいのですが、垂線がXY平面に投影された角度については必要ありません。Z軸と垂線とによって定義される平面におけるZ軸と垂線のなす角度がわからないのですが・・・。

Aベストアンサー

 直線BをZ軸を中心に反時計回りに回転させる角度をφ(=60°)とします。
 また、式の記述を簡略化させるため、直線AがX軸となす角をα(=d1=15°),直線BがXY平面となす角をβ(=d2=20°)とします。

 2直線A、Bの単位方向ベクトルは、次のようになります。

  直線Aの単位方向ベクトル: (cosα,0,sinα)
  直線Bの単位方向ベクトル: (cosβcosφ,cosβsinφ,sinβ)

 ここから2直線A,Bに垂直なベクトルを求めますと、次のようになります。

  2直線A,Bを含む平面の法線ベクトルn: n=(-tanα,tanα/tanφ-tanβ/sinφ,1)  ・・・(1)

 ここで、法線ベクトルnとz軸とがなす角θは、内積の関係から次のように導かれます。

  (0,0,1)・n=|n|cosθ
 ∴cosθ=1/|n|

 ここに式(1)を代入すれば、θは次のように求められます。

  θ=arccos√[1/(cosα)^2+{(tanαcosβcosφ-sinβ)/(cosβsinφ)}^2]

Q高校数学をもう一度。よい参考書を教えてください

高校時代の数学をもう一度勉強したいと思います。
理由は、高校時代に苦手だった数学だが、ホントに自分は苦手だったのか?マジメにやれば出来たのではないか?という淡い期待の再確認(笑)
30代半ばになり、アタマを使わない毎日では、ボケそう。
以上のような理由です。

勉強したいといっても、趣味の範囲でできればいいくらいです。
その際に使用するオススメの参考書などをお教えください。
尚、学生時代の教科書は既に廃棄済みです。


大人になってから勉強のありがたみを思い知りました。
好きだった教科(歴史・英語)などは既にやっていますが、苦手だった数学だけはまだ手付かずです。
同じように大人になってから再度勉強してみた方や、学生時代に数学が得意だった方など、よろしければお教えくださいませ。

Aベストアンサー

本当に趣味の範囲で数学をやりたいのならチャート式の参考書がいいと思います(少し分厚めですが・・・)。この参考書は難易度別に赤(難)、青(やや難)、黄色(標準)、白(易しめ)があります。オススメする理由は解説が丁寧だからです。初めは、白か黄色がよいと思います。もし物足りなくなったら青や赤に挑戦するといいかも。

参考URL:http://www.chart.co.jp

Q直線でない漸近線というものもあるのですか?

大小の円などが接している場合では一点を共有しているとしても二つの曲線がかぎりなく接近するような場合は存在しないのかなと思いました。

Aベストアンサー

参考URLの漸近線の定義によれば漸近線は直線でも曲線でも存在しますね。

f(x)=2*cosh(x)=(e^x)+e^(-x)
のx→∞時の漸近線g(x)=e^x

極座標での
r=f(θ)=1+(1/θ)
θ→∞時の漸近線r=g(θ)=1 (円)

f(x)=(x^2)+2/x
x→∞時の漸近線g(x)=x^2

などはいかがですか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%B8%E8%BF%91%E7%B7%9A

Q数学1の関数の質問です!y=x^2のグラフをy軸方向に1だけ平行移動した場合なぜy=x^2+1に

数学1の関数の質問です!

y=x^2のグラフをy軸方向に1だけ平行移動した場合なぜy=x^2+1になるのか?
y=x^2のグラフをx軸方向に2だけ平行移動した場所なぜy=(x-2)^2になるのか?

それら2つの疑問に関して解説して頂けませんでしょうか?

特にy=x^2のグラフをx軸方向に2だけ平行移動した場合なぜy=(x+2)^2にならずy=(x-2)^2になるのかチンプンカンプンです。

それでは宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

式で書いても難しそうだから、絵で説明する。
y=x^2のグラフの意味は、x=1の時はy=1、x=2の時はy=2^2=4
3の時は3^3=9・・・となるから、そういう(x,y)の点を書いて滑らかに繋いだもの、と言う意味。

(1)y=x^2のグラフをy軸方向に1だけ平行移動した場合
下の図の上半分。
右が、左のグラフをy軸方向に1だけすらした(平行移動した)図
右の赤線は青線に2足した長さ。
青線は左の図からx^2だから、足すとx^2+2。


(2)y=x^2のグラフをx軸方向に2だけ平行移動
下の図の下半分
グラフをx方向に2ずらすと、右側になる。
でも良~く見ると、左側の座標の方を左へ2個動かしても同じになる。
だから、左の座標xをいつも2個左へ動かせば右になる。
左はx^2なんだから、xからいつも2を引いて、(x-2)^2。

Qポケモン・ダイヤモンドが売ってない!!

友人がパールを買ったため、自分はダイヤモンドを買おうとしていたのですが、ダイヤモンドの方だけどこに行っても売切れです。
(パールはどこの店も置いてある)
パールとダイヤモンドでは多少でてくるポケモンが違うとは聞いていますが、
ダイヤモンドの方でそんなに人気のポケモンがいるのでしょうか???

Aベストアンサー

#2です。

あともう一つ思い当たるのが
広告等で「ダイヤモンド・パール」と
必ずダイヤモンドのほうが先に読まれるのも
影響しているのではないかと思います。
歴代のポケモンシリーズでもそうですが
先に読まれる方がメインっぽくて
後に読まれる方がサブっぽく感じてしまいます。
やっぱりメインっぽく感じる方が欲しいと
思う人の方が多いのではないでしょうか?

もっともワタシは1、2作目で
色の好みで緑と銀を選んだ関係で
好んでサブっぽく見えるほうから買っていますが…。

Q2次関数のグラフと2次方程式の解の個数 2次不等式

「2次関数のグラフと2次方程式の解の個数 2次不等式」の基本的なやり方を、簡単にわかりやすく教えてくれませんか?

さっぱりわからなくて…

教科書は、第一学習社の「新数学I」を使っていて、ページでは、P62~P67の3.4.5です。

Aベストアンサー

試験前ということなんで自分なりのやり方を説明してみる。

方程式の解の個数、不等式いずれの場合もまずはグラフを書いてください。
→グラフが欠けないのでしたらさすがにこのサイトで解決するのは無理かと思います。

2次方程式の解の個数について、
グラフがx軸と交差している点のx座標が方程式の解になりますのでその数を数えます。
グラフがx軸と
2ヵ所で交差する場合→解2個
1ヶ所で接する場合→解1個(重解)
交差しない場合→解なし
です。

二次不等式はちょっと説明しづらいですが、
例えばy>(または<)ax^2+bx+cという不等式が与えられたときにこれを
(1)y=0とy=ax^2+bx+cという二つの関数に分けて考える
(2)y=ax^2+bx+cのグラフを書く
(3)グラフとy=0(つまりx軸)の上下関係を調べる。グラフがx軸より上(または下)にあるxの範囲が答えになります。

うん、わかりづらい!
やっぱり他のサイトか他の質問を参照した方がいいかもしれない。
『二次不等式』とか、『二次不等式 解き方』とかでググると結構な数ヒットしますので、たぶん直感的な解放が紹介されてると思いますよ。
参考リンク載せときます。

もう時間少ないですが、勉強がんばってくださいね!!

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/study/s_2hutousiki.htm

試験前ということなんで自分なりのやり方を説明してみる。

方程式の解の個数、不等式いずれの場合もまずはグラフを書いてください。
→グラフが欠けないのでしたらさすがにこのサイトで解決するのは無理かと思います。

2次方程式の解の個数について、
グラフがx軸と交差している点のx座標が方程式の解になりますのでその数を数えます。
グラフがx軸と
2ヵ所で交差する場合→解2個
1ヶ所で接する場合→解1個(重解)
交差しない場合→解なし
です。

二次不等式はちょっと説明しづらいですが、
例えばy...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報