数年、数学から離れていてもう一度やり直そうとしているのですが
分らない事が多いので困っています。

問題:放物線 y=x2ーax-7 が直線x=-3 に関して対象であるように、定数aの値をもとめよ。(x2はx2じょうのつもりです)

という問題なのですが、

1)x=-3が、直線と書いてある意味が分らない。

2)解答はー・ーa/2×2=ー3でa=ー12となっていたのですが、
  なぜー・b/2aの公式を使うのか分りません。

どうか、分かりやすく教えてください!

また、この問題は基礎でしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

2次元の空間の位置は、座標と言う形で表せます。


例えば、(X,Y)=(3、4)というようにです。
紙に水平な直線と垂直な直線をひいて見てください。
水平な方をX軸といい、右にいくほど大きく(+)になります。
垂直な方をY軸といい、上にいくほど大きく(+)になります。
ちなみに軸同士が交わっている点を原点(X,Y)=(0,0)といいます。
例えの(3,4)というのは、原点から見て、右方向に3つ、上に4つの位置にある点を言います。

さて、ここから本題です。
この座標の読み方を知ってもらった上で、説明します。
直線というのは、無数の点(座標)の集まりなんです。
Y=Xという式で表す式は、(X、Y)=(0、0)、(X、Y)=(1、1)、
(X、Y)=(2、2)・・・のように無数の座標のつながりなわけです。
では、X=-3というのは、どういうことなのか?
それは、常にXの座標が-3の点の集まりなんです。
(X,Y)=(-3、0)、(X,Y)=(-3、1)、(X,Y)=(-3、2)・・・のように。
これは、Y軸(X=0)に平行で、X方向に-3の位置にある線のことです。

次に、放物線ですが、グラフ上では、アルファベットのUのような形をしています。
問題のy=x2-ax-7の場合。
X=-3で対象というのは、U型が、X==-3で、左右対称になることを
示しています。
これは、頂点(U型の1番底の部分)のXの座標が、-3だと言う事です。
また、質問の公式は、2次式の一般的なもので
y=(ax2)+(bx)+cというものを変形するところから来ています。
この式を変形するとy=a(x2+(b/a)x)+C
          =a(x+(b/2a))2+C-(b/2a)2
となります。
放物線の頂点というのは、このように変形した式から読み取れるのです。
この場合、X=-(b/2a)、Y=C-(b/2a)2です。
これの理由は、説明すると長いので、また質問してください。
とりあえず、これが、そのまま公式になっているようです。
問題では、頂点が-3だということが読み取れますので、
公式に当てはめると・・・
X=-(b/2a)より、-3=-((-a)/2)で、a=-6!?
-12じゃなくて、-6じゃないですか?

だって、頂点は1つでしょ?
となると、-12だと
y=x2+12x-7のとき、X=-3だとY=38
これを元に、38=x2+12x-7を変形すると・・・
x2+12x-45=0になって、
これは、(X+15)(X-3)=0になって、
Xの値が2つ出てきてしまうのですが・・・?
おれ、間違ってるのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
とっても分かりやすい説明で、この問題を突破する事が出来ました。
また、これをクリアできたおかげでなんとか他の問題も解いていく事ができています。
a=-6のことなんですが、すみません・・・放物線の式を間違えて書いていた様です。本当はy=2x^2-ax-7でした;お手数をおかけしました。
これからも質問する事があると思いますがよろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/05 16:36

下に回答がありますが…



1)x=-3
yの値に関係なく、xは常に-3という値である ということから、x軸で-3を横切り(これをx切片といいますが)、y軸に平行な直線ということになります。

2)一般的に y-b=(x-a)^2  (1) というグラフは、
  y=x^2 (2)というグラフをx軸方向に+a、y軸方向に+b平行移動したグラフになります。

 実際

  x=   -2a    -a     0     a     2a
(1)=   9a^2   4a^2    a^2     0     a^2
(2)=   4a^2    a^2     0     a^2   4a^2

 と、変化します。

 直線x=-3に対称になる放物線は、

    y-b=(x+3)^2

という方程式になります。
 これを展開して  y=x^2+6x+9-b

 これが、y=x^2-ax-7 と 恒等式(要するに同じということ)になるので、 -a=+6  したがって、a=-6 となるはずです。

  書いた2)の解が-12となっているのはよくわかりません。
 ご確認いただけましたら幸いに思います。

 なお、^2は二乗を意味しています。念のため
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅まして申し訳ありません。
回答有り難うございました。a=-6のことなんですが、すみません・・・放物線の式を間違えて書いていた様です。本当はy=2x^2-ax-7でした;
お手数をおかけしました。

お礼日時:2001/04/05 16:30

数学屋さんではないのですが、一応理系ということで。

わかりにくい部分があったらすみません。

>1)x=-3が、直線と書いてある意味が分らない。

たとえばy=xを「直線y=x」と呼ぶことはよろしいでしょうか。x-y座標平面上に原点を通る直線が描かれますよね。
ここで、x=-3を考えます。これは、実は「x=-3、yは任意の実数」ということです。これを満たす(x,y)の組を座標平面に書くと、x軸とx=-3で直交する直線が書かれます。そのため、「直線x=-3」と呼ぶわけです。

>2)解答はー・ーa/2×2=ー3でa=ー12となっていたのですが、
  なぜー・b/2aの公式を使うのか分りません。

確かにこれだけでは飛躍しすぎですね。丁寧に考えていきましょう。
始めに、座標平面上での放物線の形を考えてみます。
問のy=x^2-ax-7 ,,,(1)
の場合、y=(xの二次関数)ですからちょうど釣り鐘を逆さにしたような形が予想できます。さらに、この図形は吊りがねのちょうど中央部に、x軸に垂直な「軸」を考えるとこの軸に関して対称です。
このことから、この問はこの対称「軸」がx=-3に一致するように定数aを定めればいいことになります。
x=-3を軸とする放物線の式を書く(x^2成分は1とする)と、
y=(x-3)^2 + c cは定数 ...(2)
となります。なお、これはx=0(y軸)を対称軸とする放物線y=x^2をx方向に-3、y方向にc移動したものと考えます。x=0をx方向に-3移動すればx=-3になることは大丈夫ですね?(cは問には関係しないので無視。)

ここまでくればできたも同然です。式(1)と(2)は同じ式(恒等式)です。よって(2)を展開し、xの一次の係数を比較すると、
a = -6 ...あれ?a=-12じゃないですよ。
質問の文章から推定しますと、放物線の式がy=2 x^2- ax -7 (x^2の係数が1でなく2!)だったのではないでしょうか?この場合、同様に考えて、
y=2(x-3)^2+c のx一次の係数を比較するとa=-12となります。

-b/2aの公式とは、2次方程式の解の公式のことでしょうか?解の公式の導出過程を考えると、実は類似の計算をしていることが分かります。

>また、この問題は基礎でしょうか??
放物線の性質に関する学習上重要なポイントを押さえた問題と言えます。かといって難易度が低いという訳ではありません。

数学をやりなおしているとのこと、がんばってくださいね。

この回答への補足

a=-6のことなんですが、すみません・・・放物線の式を間違えて書いていた様です。本当はy=2x^2-ax-7でした;なので、初めに書いた放物線の式でいくとa=-6になりますね。お手数をおかけしましたm(__)m
(下記にも同様の事を書いてますが、また間違って書いた部分があります。すんません。)

補足日時:2001/04/05 16:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
詳しい説明有り難うございました。やっと分りました。
a=-6のことなんですが、すみません・・・放物線の式を間違えて書いていた様です。本当はy=2x^2-ax-7でした;なので、初めに書いた放物線の式でいくとa=-12になりますね。お手数をおかけしましたm(__)m
応援メッセージ、本当にうれしかったです!!これからも質問をするとおもいますが、どうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/05 16:17

1)直線x=-3とはグラフ上でxの値が-3であり


yの値は任意(いくつでもいい)の点を線で結んだものです。

2)解の公式でしたっけ、それの前部分ですね。
解の公式は-b±ルート(4ac)/2aですよね。
ここで解の公式の答えは-b/2aという点から
左右に等距離の点にあることがわかりますか?
たとえば 3±2であれば、3を中心に2はなれた点が解となりますよね。
もうわかりましたか?3を中心に、つまり
解の公式の部分がその二次関数の中心となるわけなんです。
グラフをかいてみればわかると思うので書いてみてはいかがでしょうか
わかっていただければ光栄です。

基礎がわかっていれば解ける問題といったところではないでしょうか。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい、申し訳ありません。
早速、グラフを書きました。やはり分らない時はグラフを書いてみないといけませんね。ありがとうございました!!

お礼日時:2001/04/05 16:07

>1)x=-3が、直線と書いてある意味が分らない


について・・・だけ。

グラフを書いて見れば一目瞭然です!

xというのは横線ですから、そのxのメモリのマイナス方向に3進めばyの線に並行する直線になります。

わからなかったらごめんなさい・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。
早速の回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/05 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学I 二次関数です。次の2次関数のグラフは、関数y=2x^2のグラフをどのように平行移動したも

数学I 二次関数です。

次の2次関数のグラフは、関数y=2x^2のグラフをどのように平行移動したものか。

⑴ y=2(x-2)^2
⑵ y=2(x+5)^2
⑶ y=2(x+1)^2-2

答え ⑴x軸方向に 2
⑵x軸方向に -5
⑶x軸方向に-1、y軸方向に-2

よろしくお願いします…(._.)

Aベストアンサー

(1)~(3)のグラフと、y=2x^2のグラフを実施に書いてみれば分かります。
論より証拠、百聞は一見に如かず、です。

これが「事実」「現実」であって、理由もへったくれもありません。各々がどういう関係にあるか、
 x = -10 ~ 10
ぐらいで何点か計算して、グラフ用紙にプロットして、それを曲線でつないでみてください。
添付は、エクセルで計算して作図したものです。

Q図のように、直線y=1/2x+a(a>0)が直線y=2xと交わる点をA

図のように、直線y=1/2x+a(a>0)が直線y=2xと交わる点をA、x軸、y軸と交わる点をそれぞれB、Cとするとき、点Aのy座標が12のとき、線分BOの長さを求めなさい。ただし、座標の1メモリを1cmとする。

という問題です。教えてください。

Aベストアンサー

まず、点Aの座標を考えます
点A(Ax,12)と置きます
次に点Aはy=2x上の点なのでここにy=12を代入すると
12=2x
x=6
よって、点Aは(6,12)となります
次に、y=(1/2)x+aの切片aを求めます
点A(6,12)を通るので、これを式y=(1/2)x+aに代入すると
12=3+a
a=9
よって切片9となります
後はBの座標を出すのみで、B(Bx,0)とおくとy=(1/2)x+9に代入して
0=(1/2)x+9
(1/2)x=-9
x=-18
よってB(-18,0)
あとは簡単な話で、原点からの距離なので答えは18cm

Q二次関数のグラフの問題です

2次関数の問題で
y=ax2+bx+cのグラフ(上に凸の形でxがマイナスのところとプラスのところで2ヶ所交わっている)のときに、a,b,cの符号を調べよ。
というもので、上に凸ということより、a<0 は分かるんですが、
b,cの符号を求め方がよく分かりません。
グラフの図が与えられているので、それを見て答えればいいだけなんでしょうか?
式から求めることはできないのでしょうか??

表記の仕方など伝わりにくいかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>上に凸の形でxがマイナスのところとプラスのところで2ヶ所交わっている

この情報でaとcの正負が決定できます。bの正負を決めるには
頂点がxの正の領域か負の領域にあるかを読み取ってください。
(軸が正負のどちらにあるかということ)

>上に凸ということより、a<0 は分かる

合ってます。交点の座標を(α,0),(β,0)とすると (α>0,β<0)
y=a(x-α)(x-β)=ax^2-a(α+β)x+aαβ

aαβは正(負×負×正)ですからcは正です。

bの正負は#1さんの回答を参考に考えてください。

>グラフの図が与えられているので、それを見て答えればいいだけなんでしょうか?

まさしくグラフと式の係数を理解するための問題だと思います。
グラフと関数の関係をよく理解しておくと今後の理解が楽になりますよ。

Q放物線y=x^2+2ax+aがx軸と異なる2点で交わるように、aの値が変化するとき、この放物線の頂点Pの軌跡を求めよ

クリックありがとうございます(∩´∀`)∩

★放物線y=x^2+2ax+aがx軸と異なる2点で交わるように、aの値が変化するとき、この放物線の頂点Pの軌跡を求めよ
(指針)P(x,y)とすると、x,yはaで表わされる。aを消去して、x,yの関係式を導く。

指針・解答を見て解きましたが、途中から分からなくなってしまいました…
分かりやすく説明して頂けると嬉しいです^^
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
与えられた2次関数の式から頂点の座標を求めるところまではいいと思います。
「x軸と異なる2点で交わるように、aの値が変化する」という条件を考えましょう。
これはaがとりうる値の範囲を与えることになります。

通常ならば「判別式」といきたいところですが、
グラフを考えると下に凸になるので頂点がx軸よりも下にあればよいことに気づきます。
この判別式と頂点のy座標の関係は同じことをしめしています。
すなわち「同値」ということです。

頂点のx座標とy座標をそれぞれX,Yとでもおいて、aで表します。
比較的簡単な変形でaを消去できます。
最後に、aの値には範囲がついているので、それをXの値の範囲になるよう置き換えます。

Q二次関数グラフの平行移動

数学から遠ざかり早10年ですが
参考書片手に勉強している者です。
試験の問題だったため答えは分かりませんが
手法のほど導いてくれませんか?
---------------------------------------------
2次関数 y=2(x-1)(x+p) (ただしp>0) について

このグラフが y=2x~2のグラフをy軸方向については
-8だけ平行移動したものであるとき、
pの値を求め、またx軸方向についてはどれだけ
平行移動したものかを答えなさい。
---------------------------------------------
今私が分かるのは下の3つの公式です。
y=ax~2+bx+c  …通る3点が分かる場合
y=a(x-α)(x-β) …x軸との交点が(α,0)(β,0)
y=a(x-p)~2+q …頂点が(p,q)、軸がx=p

答えについては
グラフの形と頂点(x,-8)という想像ができます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

平行移動を考えるときある一点に注目し、それがどのように動いたか考えます。大抵の場合頂点で考えると分かりやすいので、y=a(x-p)~2+q で考えていきます。
まず与式を上式のように変形します。
y=2(x-1)(x+p)
=2{x^2-(1-p)x-p}
=2{x^2-(1-p)x}-2p
=2{x-(1-p)/2}^2-(p^2+2p+1)/2
これはy=x^2のグラフを平行移動したものであり、問題文からy軸の正の向きに-8の平行移動であるから
-8=-(p^2+2p+1)/2
16=p^2+2p+1
0=p^2+2p-15
0=(p-3)(p+5)
p=3,-5
ただし条件p>0よりp=3
これを変形した式に代入し
(1-p)/2
=(1-3)/2
=-1
よりx軸の正の向きに-1平行移動したことがわかります。

このように平行移動の問題を考える時には一般系の式(y=ax^2+bx+c)ではなく平方完成した式(y=a(x-p)^2+q)を考えると上手く行くことが多いと思います。

Q放物線y=x^2と直線y=x+aとで・・・

放物線y=x^2と直線y=x+aとで囲まれた部分の面積をS(a)とする。
S(a)=9/2ならば、a=□である。

□の部分をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

放物線y=x^2と直線y=x+aとの交点をα、β(α>β)とするとき、面積S(a)は αとβで表されることは、教科書に載ってるはず。それを復習する事。
但し、その過程で αーβの値が必要になるはず。
y=x^2と直線y=x+aとを連立すると、x^2-x-a=0だから 先ず判別式>0
解と係数から、α+β=1、αβ=-a を使って (α-β)^2=(α+β)^2-4αβ の値を求める事になるだろう。
続きは自分でやって。

Q二次関数のグラフ・・・

二次関数y=ⅹ^2-10ⅹ+21のグラフは、二次関数y=ⅹ^2のグラフを、ⅹ軸方向に「」、y方向に「」だけ平行移動したものである。


問題の意味がわかりません・・
答えはどうやって導くのでしょうか?

おねがいします。

Aベストアンサー

y=x^2-10x+21 のグラフは
y=(x-5)^2-4 と変形し
 頂点(5,-4) とわかります

y=x^2 のグラフは
 頂点(0,0) です

Qaを実数としてa<=x<=a+2で定義される関数f(x)=x^2-2x

aを実数としてa<=x<=a+2で定義される関数f(x)=x^2-2x+3がある。この関数の最大値・最小値をそれぞれM(a),m(a)とするとき、関数b=M(a),b=m(a)のグラフをab平面に(別々に)書け。

解答
y=f(x)のグラフは下に凸であるから、a<=x<=a+2におけるf(x)の最大値は区間の端点で取る。よって。
M(a)=max{f(a),f(a+2)}である。次に、最小値を求める。
頂点のx座標が区間a<=x<=a+2内にあるとき
すなわち-1<=a<=1のとき、m(a)=f(1)=2
それ以外のとき、m(a)=min{f(a),f(a+2)}
・・・・・・・以下省略

教えてほしいところ
M(a)=max{f(a),f(a+2)}だけだと説明が不十分な気がします。どんな時、f(a)でどんな時f(a+2)なのか記述しないといけないとおもうんですが・・
つまり最大値の場合は軸が区間の中央より左、中央、中央より右になるようなaの範囲に場合分けして、
書かないといけないのでは???

Aベストアンサー

解説が言ってることは間違っていないと思います。

この解答の解き方は「予選決勝法」と呼ばれるものです。
(「S台予備校」や「大学への数学」的に言うと 笑)


1.まず、極値の候補となるaの式を求めます。ここでは端点
f(a) = a^2 - 2a + 3
f(a+2) = a^2 + 2a + 3
f(1) = 2 (-1 <= a <= 1)
ぐらいですかね。

2.求まった式を図示します。
y = a^2 - 2a + 3
y = a^2 + 2a + 3
y = 2 (-1 <= a <= 1)
を横軸aにして、グラフにしてください。

3.この時点で、グラフが一番上をいっているのがM(a)、一番下をいっているのがm(a)になります。
つまりmaxのほうが、
a < 0 のとき  M(a) = a^2 - 2a + 3
a >= 0 のとき M(a) = a^2 + 2a + 3
またminのほうが、
a < -1 のとき m(a) = a^2 + 2a + 3
-1 <= a <= 1 のとき m(a) = 2
a >= 1 のとき m(a) = a^2 - 2a + 3
となります。

いかがでしょうか? (簡単でしょう)

まあそれにしても、ちょっとその元の
「最大値はM(a)=max{f(a),f(a+2)}である」
だけの説明だけでは足りないかなと思いますが(これはテストで減点されると思います)

解説が言ってることは間違っていないと思います。

この解答の解き方は「予選決勝法」と呼ばれるものです。
(「S台予備校」や「大学への数学」的に言うと 笑)


1.まず、極値の候補となるaの式を求めます。ここでは端点
f(a) = a^2 - 2a + 3
f(a+2) = a^2 + 2a + 3
f(1) = 2 (-1 <= a <= 1)
ぐらいですかね。

2.求まった式を図示します。
y = a^2 - 2a + 3
y = a^2 + 2a + 3
y = 2 (-1 <= a <= 1)
を横軸aにして、グラフにしてください。

3.この時点で、グラフが一番上...続きを読む

Q二次関数のグラフ

二次関数のグラフが上手に書けません。どうしてもガタガタになります。
何かコツのようなものはありますか?

Aベストアンサー

放物線をグラフ用紙にかき込む場合と推測しますが、
例えばy=x^2なら整数だけだと点の数が少ないし
間隔もあいています。
そこで、座標が小数である(0.5、0.25)(1.5、2.25)
(2.5、6.25)もとって結んでみてはどうでしょうか?
そして、曲線を引くときはためらわず、力を抜いて一気に
かくといいです。(全体として大きなUの文字を書く
ような感じで)

Q数学III「2つの放物線y=x^2とx=2y^2ーyによって囲まれる部分の面積Sを求めよ」

数学III「2つの放物線y=x^2とx=2y^2ーyによって囲まれる部分の面積Sを求めよ」という積分の問題の解き方がわかりません。教えてください。略解は1/2でした。

Aベストアンサー

囲まれる部分のグラフを描いて見ましたか?

そうすれば、積分をy軸方向に行えば一回の積分でSが求まります。
S=∫[0,1] (√y-(2(y^2)-y))dy
=1/2
途中の積分は簡単ですからやってみて下さい。

なお、x軸方向に積分を行おうとすると面積を3つに分けて3回積分して加えて引くといった事をしないといけません。
或いはy=xの直線で面積領域を2つに分割してx方向とy方向の積分の和としてSを求める方法もあります。
最初の積分なら一回の積分だけでSが求まります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報