大学で著作権と原盤権について勉強しています。
CDの音源はレコード会社が原盤権を所有しJASRACが著作権を所有していますが、アーティストがミュージックステーションで披露した音声の原盤権もレコード会社が所有しているのでしょうか?(この場合は原盤権というかわかりません。)
著作権はいずれもJASRACが所有していますが。
ご教授頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

念のための確認ですが、著作権は(大抵の場合)JASRACを通して著作者へ、原盤権(というか著作隣接権)は(これまた、大抵の場合)レコード会社を通してアーティストへという流れになっています。

著作者には詞・曲を含めた楽曲の権利を持ち、アーティストは演奏した音に対して権利を持っているわけですね。
そこで問題になってくるのがレコード会社の権利です。彼らはアーティストの原盤を制作して、それをCDとして製造・販売することで利益を上げています。原盤制作でも、製造・販売(この中には宣伝に掛かる費用もあります)でもリスクをもってやっていますよね。そこでそのリスクに報いようというのが、レコード会社の持つ著作隣接権です。アーティストにはもちろん著作隣接権がありますが、レコード会社にも彼ら独自の著作隣接権があります。
このことを踏まえると、確かに一見テレビ局で演奏した原盤にはレコード会社の権利はなさそうです。けれどもこうして収録した音を原盤としてCDにされたら、レコード会社はたまりませんよね。そこで通常こうした演奏についてもレコード会社が権利を持つと契約書に明記します。これは、そうした演奏を利用してレコード会社はCDを作る、という意味ではなく、(言ってみれば)海賊盤ができることを防止しているわけです。
音楽番組を収録したDVDを放送局が発売しないのには、こういったところ理由があるのですね。ただこれは大手のレコード会社、あるいはそれに準じた会社のことで、インディーズ等の場合はそこまで厳密にお考えでないところもあるようです。
ご質問からずいぶん時間がたってしまっていますが、ご参考になりましたでしょうか。
    • good
    • 0

まず、JASRACが著作権を所有しているというのは正確ではありません。


楽曲の著作権は作詞者、作曲者が所有しています。また歌手には著作隣接権があります。
従って、原則として楽曲を利用する場合は作詞者などの著作者に許諾を得る必要がありますが、いちいち著作者を探して許諾を得るなどということをやってられないので著作者とJASRACが契約を結んでJASRACが一括して許諾と使用料の徴収を行なっているだけです。

原盤権というのは、著作権法では「レコード製作者の権利」と呼ばれています。
これは、楽曲そのものに対する権利ではなく、レコード(CD)に録音された音源のみに対する権利ですので、TV番組等で披露した音声とは異なるということになります。
従って、TV番組で披露した楽曲にレコード製作会社の権利は及びません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
TV番組で披露した音声に関する権利ですが、
著作権はJASRACが所有し著作隣接権は歌手と放送事業者が所有しているということでよろしいでしょうか?
(JASRACが著作権を所有している楽曲の場合)

お礼日時:2010/03/16 02:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人で原盤権を持つとプロモーションには不利か?

CDを出す場合、原盤権を個人で持ってしまうとプロモーションなどしにくくなってしまうのでしょうか?
プロモーションには音楽配信などを考えているのですが、配信会社などは対個人だと交渉してくれることが少ないと聞きました。
言葉足らずとは思いますが、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

なるほど。では確認ですが、すでにリリースされるCDの原盤はできているということですね。そしてそれはまだ世に出ていない。
メジャーがそのCD原盤ズバリをマザーにしてプレスして発売するということですね。
原盤がすでにできている以上、原盤権は質問者さんたちが持っている。
それで、メジャーは、「量産するのだから、原盤権の半分をこちらによこせ。」ということでしょうか。
まず、再三話題にしているように、メジャーに半分渡すのであれば、関係権利者全員の同意書が必要です。でないと例え10%にせよ50%にせよ他人のものは譲渡のしようがありません。
>プロモーションするにあたって原盤権を個人で持っていてもプロモーションの幅が大幅に狭まるだけだと聞いたからです。(大手の配信会社等は個人相手には仕事を請けないと聞きました)
考えられることは、レコード会社は、普通は音楽事務所と仕事をします。それは交渉窓口が、その事務所の担当者というようにハッキリしていて、あとで権利関係でモメる心配はありません。ところが、個人相手に話を進めると、「いや、実はその権利はA君が持っているので、確認を取らなければ返事できません。」、「A君は、その条件ではイヤだと言っています。」果ては、「すみませんA君がヘソを曲げましたので、この話はなかったことにして下さい。」というストーリーがあり得ます。仮にその結果レコード会社が損害をこうむったとしても、個人相手に賠償を求めても、「そんなおカネはありません。」というような話になりがちです。
そこのところさえ、ハッキリしてれば、個人で持っていても問題は無いと思います。
そのためには誰がどんな権利を持っているか、その各々が質問者さんに権利をゆだねているという証明が必要です。メジャーとシェアするということが決まっているのであれば、証明書を作成しないと、まさにメジャーの心配するとおりのこととなり、リリースさえ危ぶまれます。この作業をとにかく急ぐ必要があります。
その上で交渉して、先方担当者の言い分として、「会社の規則で個人とは交渉できないのです。」というようないきさつになれば、その時点で友人関係の会社に譲渡するか、すべてメジャーに譲渡するか、自分で事務所を起こすかの選択をすればよいと思います。
原盤権(実演者としての隣接権も含んでいるのかも知れませんが)を、個人で持った場合のメリットは、委任状や覚書の書類を作る手間はいずれの場合も避けられないとして、それ以上の煩わしさは生じない。先方がそれでも良いと言うのであれば個人で持つデメリットは特に無い。
会社に譲渡した場合のメリットは、権利関係をめぐるその後の一切の煩わしさから開放される。デメリットは、自分の不本意なことが起こる可能性がある。
原盤権をシェアした場合、解釈が2通りあって、ひとつはそのCDを何かに使うときに、甲のみの判断で甲の自由に使える。一方、乙も乙の使いたいように使える。という場合と、甲が使いたいときには乙の同意を得なければならない。また、乙が使いたいときには甲の許可を得なければならない。という二通りです。これも交渉時に決めておかなければなりません。何かに使うとは、例えばCMに使う。ネット上のサイトでダウンロードできるようにアップする。レンタルの許可をする。などです。両者の同意を得なければならないと決めた場合は、プロモーションの仕掛けが消極的になる場合があります。いちいち乙の許可を得ながらでは話がスムーズに進まない場合が想定されます。
メジャーからリリースするのであれば、多分、著作権そのものはJASRACなりに信託されると思いますが、原盤権は基本的にレコード会社にあります。今回の場合はレコード会社と質問者さんにあるということですね。その原盤権を使ってビジネスをしたいのであれば、個人の手許に置いて、甲も乙も各々自由に使えると契約するのが一番有利です。著作権はJASRACに管理を信託していても、権利そのものは創作者のものですから、原盤権をこちらで自由に使えるようにしておけば、絶対有利となります。おたがいを縛る契約にすると、せっかくの著作権があってもCDそのものは質問者さんの自由に使えなくなり、著作権の保有価値は半減します。逆にレコード会社は、著作権者の自由をも縛れる分有利になります。そう考えていくと、原盤権の所在によってプロモーションの仕掛け側のリスクが変わりますから、力の入れ方も変わることはある程度想像できます。レコード会社側から見た場合、レコード会社に全権を委譲してくれるのでなければ、質問者さん個人が保有するか、友人関係の会社が保有するかはあまり意味合いが変わらないと思いますので、個人で持っておきたいといえば主張が通るような気がします。

なるほど。では確認ですが、すでにリリースされるCDの原盤はできているということですね。そしてそれはまだ世に出ていない。
メジャーがそのCD原盤ズバリをマザーにしてプレスして発売するということですね。
原盤がすでにできている以上、原盤権は質問者さんたちが持っている。
それで、メジャーは、「量産するのだから、原盤権の半分をこちらによこせ。」ということでしょうか。
まず、再三話題にしているように、メジャーに半分渡すのであれば、関係権利者全員の同意書が必要です。でないと例え10%にせよ5...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報