色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

固まりにくいパソコンの特徴や。そういったパソコンのスペックの特徴を教えてください。

gooドクター

A 回答 (10件)

オフィスアプリ、ゲーム、ネット、メール等通常の使用では、


Windows(9x系も含め)以上の安定性をもっているOSは
あまりないのではないでしょうか。
一応書いておきますがLinuxはサーバー位ならいいですが
上に書いたことのどれをとってもWindowsには勝てません。コアダンプして死亡します。
自分は3.1、95、98、98SE、NT4.0、2000、XPと使ってきましたが
よくいわれるような原因不明で落ちるということはなかったです。
メーカー製PCを使ってろくにメンテもしないでWindowsのせいにするのは素人の考えです。

ところでご自分でPCを作るのでしょうか?回答ですが、
CPUの速さはXPを使うなら500MHzもあればネット程度なら十分です。
メモリーは128MBでもとりあえず大丈夫です。ブランド物の必要は全くありません。ノーブラ上等です。
ハードディスクは速いほうがいいですが基本的に関係ありません。
自分の経験からいうと、実は電源装置がかなり重要ですね。
メーカー製だとMe世代でも150Wというゴミのような電源がのっていて話になりません。
実際150Wも使うPCは少ないですが容量が大きな電源を使うと余裕が違います。250Wは欲しいですね。
あと心配ならケースファンのついてるケースがいいですね。
ハード的にいえばこれくらいでしょう。
あとは、Windowsのどのバージョンにも関していえるのですが、
システムにかかわるアプリはなるべくいれないこと。
タスク常駐、IE連携などのソフトの数に比例して不安定になります。
例:Winamp,QuickTime,RealPlayer
ハードディスクはかならず二つ以上のパーティションにわけ
CドライブにはWindowsのシステム関係のみをいれ、
一時ファイル、スワップファイルは必ず別ドライブを指定してください。
インターネットのキャッシュファイルも同様にしてください。
Cドライブの容量はOSの分+αで十分です。
パーティションが後にくればくるほどディスクの内周を使うので遅くなります。
結局ソフトウェアが一番関係するということですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的でわかりいやすい説明ありがとうございます。

お礼日時:2003/06/26 18:31

os


 win98SE 固まりにくい
 WIN2000 ほとんど固まらない ただしエラーが出ると
再起動 データが 飛ぶことたびたび アプリケーションによっては 処理を拒否されたりする とにかく融通が利かない石頭

 WINME リソース馬鹿食いフリーズたびたび使えない

 WINXP まだ使った事がない

というわけで WIN2000 と WIN98 が良い

CPU インテル が良い
   AMD 二機 熱で壊れた

あとは 設定と管理
  ハードディスクは三つぐらいにドライブを分ける
 C 8ギガ 4ギガでも良い ここには ウィンドーしか入れない
 D 8ギガ アプリケーション
 E データ

とにかく C ドライブには何も入れない 起動も早いしほとんど固まらない 万一ウィンドウが起動しなくなってもデータは別ドライブなのでリカバリーをかけても無事

メモリーは 
 WIN98 WINME は128 まで これ以上入れると 反対に遅くなる

 WIN2000は512ぐらいがいいらしい 自分は192だけど起動が遅い メモリー不足で止まったことは無い

とにかく Cドライブ を軽くすること
    • good
    • 0

今買うと殆んどWinXPでしょうからやはり安定性のある有名どころのメモリやマザーボードが搭載されている事だと思います.CPUは特に

関係ないと思いますがとにかくOSしかインストールされていないショップブランドPCやBTOパソコンを買って自分の必要なソフトだけインストールする事.また定期的にレジストリクリーナーなどでメンテナンスすることが必須です.
    • good
    • 0

OSが要求する以上の能力をもったパソコンってことになりますね。


それを踏まえると、「ない」ようです。最近はLinuxもグラフィカルになってハードウェアへの要求は大きくなったようですし、Windowsなんかはその際たるもので、キー入力やマウスクリックがOSの処理速度を超えるととたんに不安定になります。

エクスプローラからAccessの特定のファイルを開き、今まで開いていたエクスプローラを閉じる、なんてのはちょっと慣れれは1秒未満でマウスクリックを終了しますが、調子に乗ってるとエクスプローラが落ちます・・・。
何とかして欲しい。
    • good
    • 0

 固まりにくいパソコンの特徴であって、固まらないパソコンの特徴ではないですよね。



 そうすると、もうこの一言に尽きます。

 「ソフトの数が少ないパソコン!」

 たとえば、インターネットができる以外は、すべてプログラムを削除していると、固まりたくても固まらないでしょうね。いろいろ欲張っているから、固まるんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすい説明ありがとうございます

お礼日時:2003/06/26 18:29

最新最速のCPUですね、メモリはマザボが許容するだけ


HDDは、OSのインストールしてあるドライブをできうる限り空ける、当然使わないソフトは、入れない

それを出来るなら、OSは何でもいいですね、まずフリーズしません
    • good
    • 0

固まりづらさについては、OSの種類が最優先です。

Windowsでは、NTあるいは2000が圧倒的に固まりません。また、特定のアプリケーションが固まっても、これが他に影響を及ぼさず、固まったアプリケーションのみを終了させれば済むようになっています。

XPも安定していますが、まだやや2000に分があるようです。そこで、OSは2000Proffesionalをお勧めします。(笑

スペックについては、最優先で考えるべきなのはメモリの容量です。たくさんアプリケーションを開くことが多いなら、最小で125MBは必要です。メモリは価格の点からみるとPCの使いやすさの効果が出やすいので、現在の使用中のPCのマザーボードの可能な限り、増設すると良いです。
    • good
    • 0

起動するアプリケーションを少なくする


一度に複数のアプリケーションを使わない
同時期に開発された技術を取り入れたパーツをそろえたPC

固まりにくくするためには、ハードウェアがソフトウェアの要求する環境を用意できることにほかなりません。パソコンのスペックだけでは、一概に解決するものではないと思うのです。

いわゆるオールマイティのPCは費用の面を考えると現実的ではないと考えられます。ソフトウェアもハードウェアも日進月歩で変化してきますから...参考まで
    • good
    • 0

ゆったり使うこと、メモリーも十分に、できれば最新のOSを、95で良く固まる奴を2000に変えたら、変えるのに苦労しましたが、全く固まらなくなりました。

    • good
    • 0

WINDOWS以外のOSを使う。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング