【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

sin,cosというのは、そもそもの意味はあくまでも
「直角三角形の斜辺に対する正弦、余弦の割合」
ですよね?
(単位円がどうたらという話にしても同様)

では、なぜ(紐だの水面だのの)波形とこれが一致するのでしょうか。
双方に関係は全然ないような気がするのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

波とは空間のある場所で起こった振動が他の場所に伝わる現象のことです。


振動は一定の時間間隔で同じ状態が繰り返す現象です。

振動にはいろんな種類があります。
その中で基本になるのが単振動と呼ばれているものです。
ばねの振動は単振動です。
釣り合いの位置からのずれが生じると元の位置に戻るような方向に力が働きます。この力がずれの大きさに比例している場合に起こる振動が単振動です。
単振動はsin,cosで表されます。
単振動が空間を伝わる波もsin、cosであらわされます。

単位円の上を一定の速さで運動している点の位置の変化がsin,cosであらわすことができるということが振動の表現になっています。
これが横に伝われば波の形ができます。

振幅のあまり大きくない水面の波がsin,cosになっているのは水面の波も単振動だからです。ずれに比例した復元力が働いています。

#1
単振動は等加速度運動ではありません。
加速度が一定であるということは働いている力が一定であるというきおとです。
釣り合いの位置からのずれに比例した復元力が働いているのですから
加速度の大きさは絶えず変化しています。

水の場合にずれに比例した復元力が働いているというのはU字管の中に入れた水の場合で考えると分かりやすいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
直感的には、ばねの振動と同じように考えておけばいいのですね。

お礼日時:2010/04/02 21:51

#4です。



等速円運動をしている質点の位置の変化をある方向(x方向)から見ると(x方向に射影すると)sin,またはcosであらわすことができるというのは認めていただけるようですね。
これは幾何的なイメージです。

この質点の運動を運動方程式で考えてみます。
質点には中心向けに一定の大きさの力(向心力)が働いています。
この力のx方向の成分を取るとずれに比例した中心向きの力が働いていることがわかります。

ばねの振動でも変位に比例した復元力が働いています。同じ性質の力が働いているということは同じ性質の運動がおこっているということです。等速円運動をある方向に射影した時に見える運動とばねの運動とは同じ性質の運動(sin,cosで表される運動)であるということです。

多くの振動で変位が小さければ変位に比例した大きさの復元力が働くという性質が見られます。(変位がどの程度小さければいいのかというのは物質によって異なります。)

振動、波の一般的な表現としてsin,cosが使われるのはこのような性質があるからです。







ばねの振動
    • good
    • 0

 他の方の解答にも一部重複しますが、


  (1)振動系を構成する各点が受ける外力は加速度に比例する。
  (2)大きさが変位に比例し、変位とは逆方向の復元力が働く。
      ※これが(1)の外力になる。
このような場合、
  m*d^2X/dt^2 + kX = 0
という方程式が成立し、バネの先に重りを吊るした系では、上記方程式は、
 変位:X、時間:t、錘の質量:m、ばね定数:k となります。 そして、このような方程式の解は、正弦波(sin, cos)あるいはその重ね合わせになります。
 もっと複雑な本来非線形の振動系つまり、復元力が変位に比例しない場合などでも、変位Xを十分小さくすると、十分小さい誤差で近似できることが多いので、上記方程式とその解としてのSin、Cosは、多くの振動を説明する場合に重宝され、しばしばお目にかかることになります。この振動を表す方程式は、電気回路の振動などにも適用され、力学以外の用途も広いです。ここまでは、すでに、勉強されたことでしょうけど、私なりにまとめてみました。
 もともと、SinやCosは、幾何学的な概念から始まっていますが、上記の振動を表す最も単純で応用範囲の広い運動方程式の解にもなっています。これはすごいことだと思うのですが、両者を結びつける必然性は私にはわかりません。どなたかが、面白い説明をしてくれるかもしれません。一見、無関係な概念を結びつけることは、数学や科学の醍醐味であって、そのカギとなる重要な関数や定理は、キラキラ輝いていて出番も多い、ということだと思うのですが、これでは答になっていませんね。ご参考まで、ということで、あしからず。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、回答ありがとうございました。

そうです、その必然性のなさが引っかかるんです。
要は、二階微分すると(係数付きで)元に戻る不思議な関数というのが重要なんでしょうけどね。

お礼日時:2010/04/04 20:18

(紐だの水面だのの)波形は sin,cos ではないのですが。



それはさておき、
条件付ではありますが「任意の波形はsin,cosの和で表す事ができる」という「フーリエの定理」が有ります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7% …

何故そうなるのかは「フーリエ積分」「フーリエ級数」を勉強してください。
教科書より上手く説明する自信は有りませんので。
    • good
    • 0

一定の時間で同じ現象が繰り返されるものはsin,cosのように一定の周期で同じ値をとる周期関数によって近似できます



よって波も一定の周期でおなじ現象が現れるものであればsinやcosで近似できる

方形波(一定時間ごとに0,1を繰り返すような波)も一見sin,cosで表せないように見えるが周期関数を複数組み合わせることで近似することができる
    • good
    • 0

直角三角形の斜辺を半径とする円aを描くと、Sin/Cosは



「円a上を一定速度で回転している物体を横から見た時の
 動きを、時間を横軸にして表したもの」

と、等価になります。これは言い換えると、

「一定の加速度を受けて固定的な軌道を動いている物体の
 動き」

になります。惑星の動きを例に取るまでもなく、円周上を
同じ速度で動く=接線方向に一定速度で動きつつ、中心に
向けて一定の加速度で落ちている、という動きですから。

波形は「一定の位置で繰り返される等加速度運動」ですから、
単純化するとSinカーブになるんです。逆に言えば「一定の
位置で等加速度運動」をする物質は、どこかでSin/Cos的
動きをする、ということにもなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

惑星運動の解析は一応やったことがあります。
あの手のものの軌道の射影が正弦関数的となるのはわかるのですが、
紐や水面はどうしてああいうふうになるのかがわかりません・・・。

お礼日時:2010/04/02 15:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波形はなぜ「サインコサイン」なのか

よ~く質問を読んでください。
なぜ「波形」はサインコサインカーブを描くのでしょうか?なぜ他の関数ではないのでしょうか?何回微分しても位相が90度ずれていくだけというところに鍵があるきがします。重力と流体の織り成す宿命なのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば,動径方向に広がる波みたいな波動方程式を解くと確かベッセル関数になったような気がします.
#2さんが指摘しているように,現実の波はそんなにきれいな正弦波をしていません.私は仕事がら電子回路を見ますが,よほど上手に設計しないと,きれいな発振波形(正弦波)は得られません.見た目にきれいな波形程度なら比較的簡単ですが...
簡単な波紋も,減衰正弦波になったような気がします.
振動や波動の理想的な条件を方程式に表すと,位置に比例して逆方向に力が掛かる,つまり位置の2回微分が位置に比例する,という方程式になります.これがサインカーブになっているのです.
また,一般的な波動方程式からは,サインカーブを直接導くことは出来ません.(サインカーブは波動方程式は満たします.しかし他の関数でも,波動方程式を満たすものがあります.)木の葉動方程式から得られるものは波動の時間変位も位置の変位も同じように位相変化で捉えられる,ということになります.
なので,波の形は必ずしもサインコサインにはならない場合もあります.
ただし,#1さんが指摘されているように,ほとんどの関数はフーリエ展開できますので,その意味では,すべての波形は三角関数で作れるとは言えます.(同じような意味でワイヤシュトラトスの定理があり,すべての波形は多項式で作れるとも言えます.)

例えば,動径方向に広がる波みたいな波動方程式を解くと確かベッセル関数になったような気がします.
#2さんが指摘しているように,現実の波はそんなにきれいな正弦波をしていません.私は仕事がら電子回路を見ますが,よほど上手に設計しないと,きれいな発振波形(正弦波)は得られません.見た目にきれいな波形程度なら比較的簡単ですが...
簡単な波紋も,減衰正弦波になったような気がします.
振動や波動の理想的な条件を方程式に表すと,位置に比例して逆方向に力が掛かる,つまり位置の2回微分が位置に比例する,とい...続きを読む

Q電卓の使い方 乗数はどうしたらよい?

長い数字を何乗もするとき、簡単にできる電卓のボタンはあるのでしょうか?電卓にもよるとおもいますが、一般的にどうしたらいいの?

Aベストアンサー

例えば15の2乗は、
15××=

15の3乗は、
15××==

となります。=を繰り返し(連続して)押すことがポイントです。

電卓のメーカーによっては、
2乗は、
15×=

3乗は、
15×==

と、×を二つ連続して押す必要はありません。

お持ちの電卓で試してください。

Q水素結合とはどういうものですか?

現在、化学を勉強している者です。水素結合についての説明が理解できません。わかりやすく教えていただけないでしょうか?また、水素結合に特徴があったらそれもよろしくお願いします。

Aベストアンサー

要は、「電気陰性度の大きい原子に結合した水素と、電気陰性度の大きい原子の間の静電的な引力」です。
電気陰性度の大きい原子というのは、事実上、F,O,Nと考えて良いでしょう。
電気陰性度の大きい原子と結合した水素上には正電荷(δ+)が生じます。また、電気陰性度の大きい原子上には負電荷(δー)が存在します。

水素が他の原子と違うのは、その価電子が1個しかないことです。つまり、他のイオンとは異なり、H+というのは原子核(通常は陽子)のみになります。他のイオンの場合には、内側にも電子格殻が存在しますので、原子格がむき出しになることはありません。
ご存じと思いますが、原子核というのは原子のサイズに比べてはるかに小さいために、H+というのは他のイオンとは比べ物にならないほど小さいといえます。もちろん、正電荷を持つ水素というのは水素イオンとは異なりますので、原子殻がむき出しになっているわけではありませんが、電子が電気陰性度の大きい原子に引き寄せられているために、むき出しに近い状態になり、非常に小さい空間に正電荷が密集することになります。
そこに、他の電気陰性度の大きい原子のδーが接近すれば、静電的な引力が生じるということです。
そのときの、水素は通常の水素原子に比べても小さいために、水素結合の結合角は180度に近くなります。つまり、2個の球(電気陰性度の大きい原子)が非常に小さな球(水素原子)を介してつながれば、直線状にならざるを得ないということです。

要は、「電気陰性度の大きい原子に結合した水素と、電気陰性度の大きい原子の間の静電的な引力」です。
電気陰性度の大きい原子というのは、事実上、F,O,Nと考えて良いでしょう。
電気陰性度の大きい原子と結合した水素上には正電荷(δ+)が生じます。また、電気陰性度の大きい原子上には負電荷(δー)が存在します。

水素が他の原子と違うのは、その価電子が1個しかないことです。つまり、他のイオンとは異なり、H+というのは原子核(通常は陽子)のみになります。他のイオンの場合には、内側にも電子格殻...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q微分のdx/dtというような表記の仕方がいまいち良くわかりません

記号の意味そのものは良くわかるのですが…
そのdx/dtに掛けたり割ったりする感覚が良くわかりません。
dy/dt×dt/dx=dy/dxのような?感じです
また、高次導関数をd^ny/dx^nと表記する仕組みも良くわかりません。
なぜ分数で言う分子の位置ではdに指数がついているのに分母の位置にではxに指数が付いているのか…まったくの謎です。
数学が苦手なので基礎的な部分から教えてください

Aベストアンサー

こんばんは。

dy/dx は、ある瞬間(xの微小変化)における、
xの変化量に対するyの変化量の割合です。

たとえば、y = x^2 という関数のグラフを例に取りますと、


xがaからa+2に変化するときの、xの変化に対するyの変化の割合
 = (y(a+2)-y(a))/(a+2 - a)
 = ((a+2)^2 - a^2)/(a+2 - a)
 = (4a + 4)/2
 = 2a + 2


xの変化の幅を1つ減らせば、

xがaからa+1に変化するときの、xの変化に対するyの変化の割合
 = (y(a+1)-y(a))/(a+1 - a)
 = ((a+1)^2 - a^2)/(a+1 - a)
 = 2a + 1


では、xの変化をさらに1つ減らした場合を考えます。
それは、xをaからaに変化させるということです。
aがいかなる値であっても、y=x^2のグラフには、たしかに傾きがありますが、
傾きというのは、変化の割合と同じです。
ですから、答えがあるはずです。
そこで、上記と同じく、x=a における変化の割合を求めるとすると、どうなるかと言えば、
(y(a)-y(a))/(a-a) = 0/0 (=不定)
という、わけのわからない結果となってしまいます。
しかし、グラフの傾きも、変化の割合も存在するはずです。

そこで、非常に小さい変化量を、dをつけた記号で表すことを考えます。

xの変化は、 a → a+dx
yの変化は、 y(a) → y(a+dx)

xの変化量は、dx ( = a+dx - a)
yの変化量は、dy = y(a+dx) - y(a)
です。


x=aにおける、xの変化に対するyの変化の割合
 =(y(a+dx)-y(a))/(a+dx - a)
 = ((a+dx)^2 - a^2)/(a+dx - a)
 = (2adx + (dx)^2 )/dx
とすることができます。

分子に(dx)^2 がありますが、
dx自体が非常に小さい量ですので、(dx)^2 は、全く無視してよい量となります。
よって、
x=aにおける、xの変化に対するyの変化の割合
 = (2adx + (dx)^2 )/dx
 = 2adx/dx
 = 2a
となります。

これで、x=a のときの dy/dx は、 2a と表せることがわかりました。

ということは、いかなるxの値についても、
dy/dx = 2x
であるということです。

以上のことで、
・x^2 を微分したら 2x になること
・dy/dx は、xの変化に対するyの変化の割合
の意味がおわかりになったと思います。


そして、
たとえば、y、t、x の3変数があって、
ある地点において、
tの変化量のxの変化量に対する割合が4で、
yの変化量のtの変化量に対する割合が3だとしましょう。
すると、xが1変化するのに対してyは12変化します。
dt/dx = 4
dy/dt = 3
dy/dx = 12 = 3 × 4 = dy/dt・dt/dx


なお、
高次導関数の表記については、単なる約束事だと思っておけばよいです。
素直に書けば、
1回微分は、dy/dx
2回微分は、d(dy/dx)/dx
3回微分は、d(d(dy/dx)/dx)/dx
ということになりますが、これでは見にくいので。


以上、ご参考になりましたら幸いです。

こんばんは。

dy/dx は、ある瞬間(xの微小変化)における、
xの変化量に対するyの変化量の割合です。

たとえば、y = x^2 という関数のグラフを例に取りますと、


xがaからa+2に変化するときの、xの変化に対するyの変化の割合
 = (y(a+2)-y(a))/(a+2 - a)
 = ((a+2)^2 - a^2)/(a+2 - a)
 = (4a + 4)/2
 = 2a + 2


xの変化の幅を1つ減らせば、

xがaからa+1に変化するときの、xの変...続きを読む

Qインダクタンスの正体は何でしょうか?

初歩的な質問ですみませんが、
コイル(トランス)のインダクタンス[H]は何を表わしているのでしょうか?

少し調べたのですが、
誘導起電力の大きさと書いてあったりするのですが、
インダクタンスが大きければ、小さい電流で大きな電力を取れるということでしょうか?
インダクタンスは何を表わす量なのかを教えてください。

何もわからなくて申し訳ありません。

Aベストアンサー

一般論をさらりと書くと;

コイルに電流I[A]を流すと,磁束Φ[Wb]ができます。磁束が電流に比例するとして,
Φ=LIと書きます。この比例係数Lをインダクタンスと呼び,ヘンリー[H]という単位で表します。

電磁結合した二つのコイルでは
自己インダクタンス(自分の電流から自分に作る磁束の係数)と
相互インダクタンス(相手のコイルに作る磁束の係数)
があります。

変圧器の等価回路では,
励磁インダクタンス(励磁電流により主磁束ができる係数;大きい方がよい)と
漏れインダクタンス(負荷電流により漏れ磁束ができる係数;小さい方がよい)
があります。


人気Q&Aランキング