先日、90cm水槽でトリコディナ症が発生し、
カクレクマノミ×1
サザナミヤッコ×1
ニシキヤッコ×1
コバルトスズメダイ×2
を☆にしてしまい、
カクレクマノミ×1
ハゼ×1
コバルトスズメダイ×1
を隔離しています。(今は回復して元気にしています。)
現在水槽内から魚を全て引き上げ、
ヤドカリと貝、エビがいる状態です。
トリコディナ症は白点病と同じ様に、寄生する生体が居なくなれば
水槽内から消滅するのでしょうか。
この水槽を出来るだけ簡単に魚が飼えるように回復させるには
どうすれば良いのでしょうか。
ご教授頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

トリコ発症の原因に心当たりはありますか?カクレ購入?他の魚は本当にトリコで死んだのでしょうか?ろ過方法は?いくつかよく確認された方がいいと思います。

で本題ですが、一番安全な飼育の改善は水量の半分の水換えと毎週の淡水浴で2~3週間は経過観察、荒療治ですが手っ取り早い改善は水槽の生き物を出して温度を合わせて水を入れて2~3分の水槽丸ごと淡水浴、魚の淡水浴は半海水、淡水、半海水、海水の順ですがトリコは海水に戻したときに発症しますので気をつけて見て下さい。「トリコディナ症は白点病と同じ様に、寄生する生体が居なくなれば水槽内から消滅する」は私の認識は消滅しません、発症しないだけで水槽には残っていますし魚が持っています、水質の悪化や体力の低下で私は発症すると思います。定期的な水替えで水質の維持をしながら魚の生きようとする気持ちと順応しようとする気持ちで体力の維持を心がけて飼育されたらどうでしょう。海水の魚の病気は飼育していたら必ず発症します、発症したときにどう対処するかで上手に付き合っていく事が大切です。注意はエビはアンモニア、亜硝酸にとても弱いですので水槽を淡水浴したあとの投入後1週間はアンモニア、亜硝酸が多少上がる可能性がありますので特に気をつけてください。参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q?30cm水槽でゼブラフィッシュ×5、?30cm水槽でシュリンプ×5を

?30cm水槽でゼブラフィッシュ×5、?30cm水槽でシュリンプ×5を飼育しています。
??を60cm水槽にひとまとめにして、シュリンプを少し増やそうと思っています。
現在は結構適当な感じで飼っているので、水草などもすぐに枯らしてしまっていたのですが、環境を整えてたらビギナー向けの水草なども育てたいと思っています。
そこで質問なんですが、揃えようと思っている器具を書き出しますので、「それは必要ない」とか「その組み合わせは駄目」などのご意見をお聞かせ下さい。(適当にやっていただけに初心者に近いです)
・水槽:ニッソー ニュースティングレー NS―106
・上部フィルター:スライドフィルター600
・照明:カラーライト 600(20w×2灯)
・ヒーター:オートヒーター 180W)
・底床:プラチナソイル
・底面フィルター:バイオフィルター60
・PHテスト試薬

Aベストアンサー

No.1です。
追伸:
> 予算が...。
予算を優先されるのならば、最優先がライト。
ライトをCL603に変更し、水草が、元気にグングン成育する環境を構築します。
水草の成長による成体(自然)濾過も期待出来るので、底面フィルターは無くても問題無く行けると思います。
立ち上げ初期は、pH試薬よりも「テトラテスト 6in1」の方が便利かと。
http://item.rakuten.co.jp/chanet/51576/

・水槽:ニッソー ニュースティングレー NS―106
・上部フィルター:スライドフィルター600
・照明:カラーライト 600(20w×2灯)→【3灯式クリアライト CL603に変更】
・ヒーター:オートヒーター 180W)
・底床:プラチナソイル
・底面フィルター:バイオフィルター60→【不要】
・PHテスト試薬→【テトラテスト 6in1】

Q海水魚水槽を立ち上げて1日ヶ月経ちました。60cm水槽で当初よりスカン

海水魚水槽を立ち上げて1日ヶ月経ちました。60cm水槽で当初よりスカンクシュリンプ・ヤドカリ2匹を飼っていて、一昨日デバスズメ2匹を投入したのですが昨夜、白点病を発病しました。とりあえず魚たちには何が出来るのか、水槽はどうしたらいいのか、またヤドカリの動きも優れないのですが関係あるのか(スカンクは元気です)など、超初心者なのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

白点病は魚が弱ると発生します。
水槽環境が安定していれば、買って2~3日で発生したとしても魚の体力回復とともに消えます。
今の時期は特に水温の変化が起きやすく、魚の体力をかなり奪います。
水温変化を最小限に留めるようにしてください。
水槽用クーラーは設置していますか?
していないのでしたら、部屋のエアコンを24時間同じ設定温度でつけっぱなしにした方がいいです。

せっかく立ち上げかけた水槽ですから、魚が助かるかどうかはわかりませんが、
薬品などを入れずに水質、濾過機能安定化を目指してそのまま回し続けるのが一番いいと思います。

Q至急★1匹だけ白点病発見!水槽丸ごと治療するには?

お世話になります。
60cm水槽でグッピーやモーリーやプラティやレインボーフィッシュや
オトシンやコリドラスやミナミヌマエビを飼っています。

黒モーリーが1匹いるのですが
それに白点病を発見しました。

ネットで調べたら白店病の菌が水槽中にいるかもとのことで
水槽丸ごと治療したほうが良いとあったのですが

(1)60cm水槽に入れる粗塩の量を教えてください。
(2)メチレンブルーなどの薬剤も必須でしょうか?
(3)温度は一日に一度ずつ上げて30度まで上がったら
 何日30度をキープすれば良いのでしょうか?

以上3点を教えてください。
稚魚もいる状態なので慎重です。

水草は最悪は諦めますので
水槽丸ごとの治療法を詳しく教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

黒モーリーを別の水槽に移し28~30度の水温でメチレンブルーでいいと思います。

元の60cm水槽はとりあえず水温を28度ぐらいまで上げて、少量をこまめに水換えしながら、しばらく様子を見るべきだと思います。もし、水槽を立ち上げて間もないなら、エアレーションをしてあげた方がいいです。

特に2)なんかしてしまったらろ過バクテリアもいなくなっちゃって水質が急激に変わってしまうリスクがあり、水質変化により健康な魚もダメージを受けちゃいますよ。

人間の生活環境もそうですが、無菌状態のところなんて普段の生活環境にはないんですから、魚の免疫力が低下しないようにろ過のきいた良い環境を作ってあげることに注力したほうが私はいいと思います。

Q無魚水槽への新規魚導入、その手順について

45cm水槽に、今一匹のメダカがいます。

その個体が亡くなった後に、カージナルテトラを10匹~20匹ほど導入したいと考えています。

そこで質問です。

(1)水合わせ後、一気に10~20匹を導入して、既存のバクテリアで対応できるでしょうか。それとも複数回に分けて導入すべき?

(2)トリートメント後に販売をしている店舗で購入する予定ですが、自宅で薬浴はさせなくても、別水槽にて検疫期間(観察期間)を設けるべきでしょうか?

(3)そもそも45cm水槽に、カージナルテトラ20匹は多過ぎますか?妥当な数は?


※ちなみに本水槽は、立ち上げてから1年以上経過しており、病気は発生していません。
水質はカージナルテトラが棲息できる状態であると確認済みです。


以上です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

>(1)水合わせ後、一気に10~20匹を導入して、既存のバクテリアで対応できるでしょうか。それとも複数回に分けて導入すべき?

一般的な飼育数で、濾過能力があれば1度で良いと思います。

>(2)トリートメント後に販売をしている店舗で購入する予定ですが、自宅で薬浴はさせなくても、別水槽にて検疫期間(観察期間)を設けるべきでしょうか?

トリートメント後に販売されているなら、大丈夫かなと思います。あまり薬づけになるのも良くないです。薬には副作用がありますので、当然副作用で亡くなることもあります。

>(3)そもそも45cm水槽に、カージナルテトラ20匹は多過ぎますか?妥当な数は?

3cmの魚で2Lの水量、5cmの魚で3Lの水量で見る感じです。

45cm規格水槽(横45cm×奥行24cm×高さ30cm)で 水量32.4Lです。

カージナルテトラは4cmくらいになります。4cmですので、2Lの中間くらいです。

妥当な数は、12~13匹くらいかなと思います。

20匹は少し多いかもです。

Q大きな水槽から小さな水槽への移動は魚にストレスになってしまいますか?

大きな水槽から小さな水槽への移動は魚にストレスになってしまいますか?
今まで60センチ水槽でアベニーパファーを1匹だけ飼っていましたが、家の老朽化に伴い、今置いてる部屋に60センチ水槽を置けなくなってしまいました。
そこで以下の環境でアベニーを飼育したいと思っています。
水槽は、幅36センチ・奥行き22センチ・高さ26センチの18リットル水槽です。
フィルターはテトラ社のAT-30を改造して使用したいと思います。
どうでしょうか?
やはりストレスになってしまいますかね…?

Aベストアンサー

アベニーパファーは一応、縄張りを主張する魚です。
アベニーパファーの縄張りは15cm~25cm程度です。
アベニーを複数飼育すると良く分かるのですが、アベニー同士がケンカで、相手を追い払う場合。
自分の居た場所から15cm~25cm以上、ケンカ相手を追い払えば、ケンカは終了します。
その距離以上、いつまでも深追いすることは滅多にありません。

縄張り習性から、36×22×26cm(18L)水槽ならば、アベニーにストレスを掛ける可能性は低いと思います。
もしも、これから水槽を購入されるのならば、縄張り範囲の25cmよりも広い30×30×30cm水槽をお勧めします。
幅、高、奥がアベニーの縄張りよりも確実に広い水槽ならば、ストレスで体調を落とす可能性は皆無だと云えます。
なお、30×30×30cm水槽の場合、濾過器はOT-45かAT-50になります。
私はOTシリーズの方が使いやすいと思います。

引っ越しの際、現在の60cmの設備で使える物は極力、利活用します。
・飼育水は全量。
・底砂も全量。
・濾過材なども使えるのならば、出来るだけ、新水槽で使用します。

アベニーパファーは一応、縄張りを主張する魚です。
アベニーパファーの縄張りは15cm~25cm程度です。
アベニーを複数飼育すると良く分かるのですが、アベニー同士がケンカで、相手を追い払う場合。
自分の居た場所から15cm~25cm以上、ケンカ相手を追い払えば、ケンカは終了します。
その距離以上、いつまでも深追いすることは滅多にありません。

縄張り習性から、36×22×26cm(18L)水槽ならば、アベニーにストレスを掛ける可能性は低いと思います。
もしも、これから水槽を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報