これからの季節に親子でハイキング! >>

朝通勤電車の中で、ローカル線によくあるボックス席(?)のような2人がけの椅子が向かい合っている席に座って寝ていたとき、隣のボックス席に座っていた女子大生ぐらいの若い女性3人の内一人が私に携帯カメラを向けて写真を撮ろうとしていました。

なぜ、気がついたか?なぜ私を撮ろうとしていたと思うのか?というと、

1.ふと目が覚めた瞬間、女性は笑いをこらえながら彼女の携帯カメラが私の方を向いていた。
(カメラを持った腕を私の顔に近づけるように伸ばして完全に私にレンズが向けていました)
2.その瞬間、彼女は「すいません」といってカメラを他の方向へ向けて対向電車の車内を撮るような動作をした。

これらの点から私の寝顔を撮影しようとしていたと思われますが、これって盗撮等何かしらの罪にならないのでしょうか?

はっきりいって、ものすごく気分が悪くなりましたし、一言何か言おうと思いましたが、私の降車駅についてしまったので何も言えずじまいというのも余計に腹がたってきました。

ほぼ、撮影しようとした女性と一緒にいた別の女性は、ほぼ毎日みる顔なので、もし何かしらの条例違反等に問えるなら来週の月曜日にでもその旨伝えたいのですが、現行犯でないとだめでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

下半身や下着姿を性的興味の対象として密かに撮影すれば、軽犯罪法、あるいは各自治体の迷惑防止条例に抵触する可能性もありますが、睡眠中の顔や姿態を撮影する程度では例え無断であっても、違法にはなりません。

悪戯の域を出ていません。

とても不愉快だったでしょうが、人権を制限する刑罰法や条例は厳格に運用されるべきです。しかし無断撮影はマナー、エチケット違反ですよね。今度出くわしたら、ガンを飛ばして下さい。2度とやらないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

本質問を投稿させていただいた時は「絶対何か言わないと気が済まない」という気持ちでしたが、皆様のご回答を読んでいる内に少し落ち着いてきました。
次同じような事をしたとき、冷静にあなたのしていることは他人を不愉快にさせる事なんだと言うようにします。

お礼日時:2010/04/10 09:50

別に何もできないし。


あなたに対してめんどくさい人だなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>あなたに対してめんどくさい人だなと思います。
なるほど。
確かにそうかもしれませんね。

お礼日時:2010/04/10 10:15

カメラのレンズって外側だけでなく内側(自分側)にも付いていますよ



自分撮りしようとして
質問者さんににらまれたので
盗撮と勘違いされたらいやなので違う方向に向けなおしたのでは?

笑顔なのはせっかく自分撮りするのに
ムスっとした顔じゃあ自分撮りする意味ないですよね
(自分撮りって誰かに見せるものなので・・)

なので自意識過剰の可能性も捨て切れません

もしも毎日、電車に乗っていて質問者さんをよく見ている、目が合うなら
何か質問者さんが気になる人なのかもしれません

気になる場合も好きとか好みのタイプの場合もありますし
いつも電車で見かける変な人なのかもしれません・・が可能性はいくつかありますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>自分撮りしようとして
これはたぶん無いと思います。
外側のカメラのレンズのそばにあるライトが点いておりましたので。
内側のカメラを使用するときも外側のカメラのライトが点いてしまう仕様の機種ならわかりませんが・・・

>気になる場合も好きとか好みのタイプの場合もありますし
>いつも電車で見かける変な人なのかもしれません・・が可能性はいくつかありますね
仰る通りです。
確たる証拠がないから決め付けはよくないですね。

お礼日時:2010/04/10 10:12

撮影した理由は、口が開いてたとか寝顔が面白かった、外の風景を撮ってた、あなた(男ですよね?)に気があった(毎日見る女性かな?)くらいでしょうか。

何れにせよ確信がないのですから、何も言わない方が賢明だと思います。勘違いだと分かれば恥をかくことになりますし。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%96%E5%83%8F% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>寝顔が面白かった
たぶんこれだと思います。
眠ると目が半開きになる体質なもので・・・

お礼日時:2010/04/10 10:05

単に顔写真を撮ることは犯罪にはなりえない。



あなたがもし男なら、その、ほぼ毎日見るという女性に
「この間オレの写真を撮ったバカ女の住所と名前と連絡先を教えてくれる?」
と言う。
あくまで優しくね。
本当に住所・名前・連絡先を聞き出すことが目的じゃないし、教えてくれるわけはないと思う。
それに、教えてもらったところで法的に何かできるわけじゃない。
だけど、それだけで相手はヤバいなと思うはずだし、たぶんそのオンナにも伝えるだろう。
2度とやらなくなるし、その女性もあなたと同じ電車にも乗りづらくなるよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>「この間オレの写真を撮ったバカ女の住所と名前と連絡先を教えてくれる?」
>と言う。
>あくまで優しくね。
「あくまで優しく」が大切ですね。

この方法なら相手に自分のしたことの重大さをわからせる事ができそうですね。
他の回答者様からのアドバイスもありましたが、一度ガンをつけておく事ぐらいのお灸をすえるのも一つの手だと思いました。

お礼日時:2010/04/10 10:01

まあ、あまり深く考えずに暫く様子をみてはどうですか。


実際には、条例違反になると言うことは無いと思いますが、肖像権と言うものがあります。
撮られた写真を、勝手に公の場に公表された場合、不幸にも被写体になった方が偶然それを見付けた。
この場合は、訴訟を起こすことも可能です。

今回のことは、若い女子大生風だと言うことなので、悪気があってのことでは無かったのかなと思います。
今度同じことがあったら、その時は肖像権の話しを出して、訴訟を起こしますよと言ってみて下さい。
多分、慌ててその行為を止め謝ると思います、多少なりとも常識を知っている人だったらですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

>撮られた写真を、勝手に公の場に公表された場合、不幸にも被写体になった方が偶然それを見付けた。
>この場合は、訴訟を起こすことも可能です。
肖像権について勉強になりました。

>まあ、あまり深く考えずに暫く様子をみてはどうですか。
仰る通りだと思います。
考えすぎないようにします。

お礼日時:2010/04/10 09:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電車内での写真撮影は罪になるのでしょうか?

先日、電車内でスマホで写真を撮ったところ女性がうつりました。もちろん下着は写ってません。これはマナーが悪かったと思っていますが、罪になるのでしょうか?

Aベストアンサー

該当するとすれば肖像権の侵害でしょう。
ただし、日本には刑事罰を定める法律がありません。しかし、今までの判例があり法律同様の効果を持っています。
日本での、いわゆる「肖像権は」昭和33年の最高裁判決が始まりです。「何人も承諾無しで、その容貌・姿態を撮影されない自由がある」というのが骨格です。その後、高裁判決などで、「その写真の公表されない権利も含む」と明示されました。

要するに、(1)無許可の撮影、(2)撮影結果の無許可での公表、が侵害となりました。撮影拒絶権と利用拒絶権の二つですね。歴史的には警察がデモ隊を撮影したことがきっかけです。

無許可撮影が侵害にならない例外として、本人の同意があること、公共の利害に関する場合、公益、公表目的が妥当なこと、などがあります。報道が一つの例です(一般人の行為ではありません)。

誤解があるようですが、一般の目に触れている状態と、撮影して記録することとはまったく別です。

「隠し撮り」やその公表は明らかに侵害です。

電車のような、拘束された空間では、本人の非同意(拒絶)が可能とは言えないので、少なくとも同意とはなりません。たとえば、顔を隠すとか避けるという非同意の意思表示が困難ですし、隠し撮りと同様の撮影と見なされるでしょう。
刑法に定めているということではないので、その場で逮捕ということにはならないのですが、告訴は可能なので、痴漢同様に駅員に通知されれば、少なくとも迷惑行為と見なされるでしょう。電車内乗客の全員が見逃せば、その場では何も起きないでしょうが、公表(アップロード)等すると告訴対象です。

繰り返しですが、何かに利用しなくとも無許可撮影、まして狭い空間内での撮影は、権利侵害ですし、無許可での公表も同じです。警察や、報道でも厳密な規制がされています。

該当するとすれば肖像権の侵害でしょう。
ただし、日本には刑事罰を定める法律がありません。しかし、今までの判例があり法律同様の効果を持っています。
日本での、いわゆる「肖像権は」昭和33年の最高裁判決が始まりです。「何人も承諾無しで、その容貌・姿態を撮影されない自由がある」というのが骨格です。その後、高裁判決などで、「その写真の公表されない権利も含む」と明示されました。

要するに、(1)無許可の撮影、(2)撮影結果の無許可での公表、が侵害となりました。撮影拒絶権と利用拒絶権の二つです...続きを読む

Q電車内で盗撮された場合 電車内で性的な写真ではなく、顔などを明らかに盗撮された場合はどう対処するの

電車内で盗撮された場合

電車内で性的な写真ではなく、顔などを明らかに盗撮された場合はどう対処するのが一番いいですか?
相手は変質者で直接関わるのは怖い、相手は途中で降りるが、こちらはまだ降りないという状況です。

Aベストアンサー

知らぬ顔に限ります

Q電車の中で写真を撮られたとき

馬鹿な高校生が試合帰りか何かでテンション高く喋りながら乗客を携帯のカメラでとりまくってギャーギャー騒いでました。

こういう時ってどう対処すればいいのでしょう。
以前サスケ氏が暴力振るったときに問題があったのですが、この場面をみたときこういう奴らには別に悪い対処ではないと思いました。
(まぁ、悪いというのは分かるのですが・・・)

電車の中で人の写真を勝手に撮ったりしている相手に対する正攻法の対応方法って言うのはどういうのがあるのでしょう。
言って分かるならはじめからやらない程度の遊びなので、言葉の注意は意味がないと思っているのですが。

Aベストアンサー

> 言って分かるならはじめからやらない~
その考えは甘いです。
こういう人たちはそういう事も言われないと分からない、気にもしないのです。

無用のトラブルや煙たがられる、おせっかいだと思われるを過度に避けようと見て見ぬふりする人が多くなったから余計にね。


> 言葉の注意は意味がないと
まずはやんわりと言葉で注意するべきでしょう。
それでも止めないとか逆切れしてきたらそれなりの対処を。

Q街中で知らないおじさんに写真を撮られてしまった

駅に向かって歩いている途中、その通路の斜め前方10mくらいに立っていた見知らぬおじさんが、携帯をこちらに構えるような仕草をしました。

しかし、気のせいかもしれないので、そのまま前に進んで歩いたところ、そのおじさんの前を通過するくらいのタイミングで「カシャッ」と音がしました。やはり携帯がこちらに向いている感じだったので、撮られたのは間違いないと思います。

どうにも気味が悪いです。
具体的な被害に遭ったわけではないので警察には届けていませんが、基本的にこういうおじさんはなぜ通りすがりの人を撮ったりするのでしょう?相手は不愉快になるだけです。また、私は以前、電車の中で別のおじさんにやはり携帯カメラで撮られてしまったことがあるのですが、撮られやすい人の特徴というのは何かあるでしょうか。対策のしようがあるのなら、したいです。

Aベストアンサー

つまり「撮られた気がした」だけであって「撮られたと言う確証」は無いわけですよね?。
ではなぜ、あなたは確かめなかったのでしょう?。
確かめたほうがスッキリしますし、肖像権を主張するにせよ、具体的な状況がわかっていたほうが、後々裁判などに移行したとしても、勝てる可能性は上がるはずですが。

確かに黙って携帯でパシャ!はあまり良い行為とはいえません。
しかし、街中と言うのは「公共の場所」であり、自分が身を晒して歩くと言うのは「自分の意思」なのです。
自分の意思…そして自分と言う人間の権利を「主張しながら」みんな公共の場に出ているわけですね?。

これは逆に言うならば「私はこういった人間ですよ」ということを、自分の責任の上で表現しているわけです。
それも他人の集団の中で、です。
それゆえに、あまりにも反社会性を持った人は、法の基準の下で拘束もされます。
破廉恥な行為をすれば、それもまた罪です。
極端な話ですが「法のラインに準拠している」からこそ、街中を平然と歩けるわけですね。

「撮影行為」というものは、もちろんそれを外部に向け表現していくことも含まれます。
しかし…単なる「撮影だけ」であるならば、それは「日常のコピー」に過ぎません。
それも「公共の場」のコピーであるならば、ただ撮影をしただけでは、それを罪とはいえないはずですし、実際に法律違反だ、と解釈されることも無いはずです。

問題なのは「撮影したものを、外部に流出されることや、その方法」です。
インターネットというものが広く普及したおかげで、誰でも簡単に画像をアップロードし、適当なコメントまでつけて、事実を曲げて発表することも出来てしまいます。
これは確かに「犯罪」です。
誰かにどう使われるのかわからない、という恐怖感はわかりますが、単に携帯のカメラなどではなく、例えば超望遠レンズで遠くから撮った画像などは、その使い道を問うことは出来ないでしょう。
つまり「自分が写っている画像を、ネットなどのメディアに載せるかどうか」は、撮影者の「自覚いかん」にかかっているのです。
ですから、もし自分が写っているかもしれない、と思うならば、撮影者に確かめるべきです。
事前に防ぎたいと願うならば、それしか方法は無く、メディアに発表された後でしか、法律上の責を問うことも出来ないのです。

大事なのは「権利」というものが「どうやって発生しているか」ということ。
それをちゃんと、詳しく論議しないままで来ているので、現在の乱れた状態があるのです。
「街中の人間を黙って撮るのは法律違反である」というのは、早合点です。
実際には「こういった場所で、こういったシュチュエーションで撮影されたので、精神的に深く傷ついた」ということで、法の場に提出し、初めてそれが稟議されるわけです。
そして、おそらく質問のパターンでは「法は犯してはいない」ということになってしまうでしょう。

…正直、私も「携帯に高性能カメラなんて不要だ!」と思ってます。
法律で規制したって良い、とすら思います。
カメラはカメラで独立してれば十分ですし、なにも物事の前後を考えずにレンズを向けるのは、それだけでも恥ずべき行為だと思います。

ただ、それと「法律違反」は違うのです。
それだけは理解してください。
そして「人権と言うものは、自らで守るもの、行使するものだ」ということも。
ただ既存の法律にぶら下がってしまうのは、とても危険なことなんだ、と理解していただければと思います。

つまり「撮られた気がした」だけであって「撮られたと言う確証」は無いわけですよね?。
ではなぜ、あなたは確かめなかったのでしょう?。
確かめたほうがスッキリしますし、肖像権を主張するにせよ、具体的な状況がわかっていたほうが、後々裁判などに移行したとしても、勝てる可能性は上がるはずですが。

確かに黙って携帯でパシャ!はあまり良い行為とはいえません。
しかし、街中と言うのは「公共の場所」であり、自分が身を晒して歩くと言うのは「自分の意思」なのです。
自分の意思…そして自分と言う人間の...続きを読む


人気Q&Aランキング