痔になりやすい生活習慣とは?

伊丹空港の存続派、あるいは伊丹空港の問題に詳しい方に質問です。

調べてみると、数十年前から伊丹空港の周辺都市から騒音や安全面から 「伊丹空港撤去」 を目指す運動が大々的に広がり、その結果、国は伊丹空港を撤去にする代わりに今の関西空港を建設する事になったようですね。

ところが関西空港が完成するや、逆に地元自治体は手の平を返したように 「伊丹空港の存続を!」 という運動を始めたようです。 それで関西空港の苦悩が始まったと聞きます。 まさに地域エゴの典型だと思われます。

では、伊丹空港存続の運動を推進している方、あるいはこの問題に詳しい方にお聞きします。

【提案】

関西空港を廃港にして、伊丹空港を24時間運用できる大国際空港にして更に拡充させる。 当然、今のような門限は廃止。 滑走路も1~2本増設。 乗入れする航空機の大きさ制限も撤廃。 今でも騒音対策として膨大な税金が投入されているが、これも廃止。 当然、ターミナルビルも国際空港として相応しいように増改築。

その代わり、地元自治体には空港関連の新たな雇用先が確保できる。 また強く要望していた 「利用者の利便性」 の問題もこれで全て解決。

もし国交省がこのような提案をしたら、地元自治体、特に伊丹空港の存続運動の強硬派である兵庫県などは、どのような反応を示すでしょうか? これで望みどおりになるはずですが ・・・

大変興味があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

質問者様は真に地元の心配をされておられると実感しました。



伊丹を閉じて関空へ行こう…という案の最初は、経済発展により増え続ける航空便の処理の為でした。バブル以前ですから日本経済も上向きで、それ行けどんどんという時代でした。伊丹の拡張が当時はこれ以上は無理と推察され、関空への移転案となりました。
今、伊丹を残したいと考える方々は利便性を感じる利用者(私の嫁とかも)と、伊丹によって利益を享受している方々かと思います。リニアではなくても、高速鉄道とか高速フェリーとかで移動は何とかなるかと思います。

神戸空港は本当に市民をダマしたというところでしょうか。小生、神戸港振興協会のアドバイザーも務めたりしておりますが、神戸港も貨物が減少して大変です。

大阪も南港、泉北港などの貨物量の沈下によって質問者様がおっしゃる財政再建団体の一歩手前なのです。今世界最大級のコンテナ船は、20ftコンテナ換算で10,000本を搭載できます。欧州を出発してアジアへの貨物を積んできますが、Singaporeより東へは来ません。理由は日本からの貨物が無いからです。
これを専門用語で日本を抜港(ばっこう)と言います。2012年にはパナマ運河の現在34mの幅が45mだかに拡張され、前述のような大型コンテナ船が欧州からパナマ経由でもアジアへ来られるようになります。
最初の国が日本ですが、抜港だとしたら、あまりに悲しいですよね。

私は今、国家戦略会議の下にある日・中・韓、物流戦略会議のワーキンググループで仕事をしていますが、日本国の政策では、韓国や中国と太刀打ちできません。
韓国は日本のような戦後の農地改革をしておらず、今だに大地主がおり、大地主の了解で港も空港も作れます。中国も土地は全て国家のものであり、個人も企業も国から最低50年、最長75年の契約で土地を借ります。ですから、どちらの国も国家プロジェクトで空港や港を造ろうとした時、反対する人(反対できる人)がいないのです。三峡ダムというのが発案された時、私は重慶(四川省)で仕事をしていましたが、 揚子江の中流域600Kmを最大幅1Kmに渡って水没させます。100万人の住民が移転せざるを得ないのです。
私は地元の中国政府役人に、『移転に反対する人はいないのか?』と質問したら、『先祖の墓があるというなら、墓も移転します。ですから、反対する者がいたとしたら反逆罪となり、最高刑は死刑です』と言ってました。当時成田空港反対派が未だ赤旗を振って騒いでいる時でしたが、『成田の反対をしている日本人は民主主義ではなく、単なるエゴです。中国なら死刑です』と言われました。
こういう国とアジアの覇権を争うのですから、井の中で日本人同士が自分の利益のことだけを考えるのでは勝てないのです。

沖縄の普天間の問題も全く同様です。北方四島は二島は返却してくれますが、四島の返却はあり得ません。政府は解っていても国民感情からそれを言えません。返してくれない理由は、残りの二島も日本へ返還しちゃうと、ロシアはアジアへの玄関を失ってしまうからです。

日本のお役人の中には非常に優秀な方も多くおられます。私は参加していませんが、高齢化対策会議(?)
の資料を見せて頂きましたが、2030年の日本は、アリス・イン・ワンダーランドの世界です(笑)。この意味は未体験の世界へ突入するということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
先生のおかげで、空港も含めた日本の物流政策の現状を勉強させられました。
私は関西在住なのですが、大震災をキッカケにハブ港が神戸から韓国釜山に一時的に移され、そのまま定着してしまったと聞いています。
というか、日本の港における岸壁使用料等が外国に比べて高額のため、日本から他に拠点を移さざるを得ないと理解しています。

これは、ちょうど空港の着陸料やターミナルビル内のカウンター設置料がとても高く、キャリヤーとすれば航空機を飛ばすたびに赤字が増え、ついに路線廃止にせざるを得なくなった、今の日本航空と地方空港の関係によく似ているように感じています。

日本人はいつからこんな無責任で無計画な国民になり下がったのか、本当に不思議です。
本来は真面目で勤勉、そして派手な事が苦手で実直な国民性だったはずです。

先生が関与されている港湾については恥ずかしながら門外漢なのですが、空港についてはテレビなどでもよく解説されているので、素人ではあっても、ある程度は自分なりの考えを持つようになりました。

たまたま以前から橋下大阪府知事のプランに興味があり、その中で「伊丹閉鎖、梅田から関空までリニアモーターカーを走らせて数分で結ぶ ・・・」という壮大な計画に感動を覚えたのがキッカケで伊丹の問題に着目したしだいです。

関空の人気が悪いのは立地条件と各種使用料が極めて高いのが理由だと思います。
後者については、空港会社自体が値下げに向けて懸命の努力をしているように聞いています。
しかし前者については、空港島を都心に近いところまで移動させる事も物理的に不可能であり、ここはやはりリニアモーターなどで、都心との間の「時間的な距離」を思い切って縮めるしか解決策は無いと思います。

そしてその資金を伊丹閉鎖後の敷地の売却益で賄い、公的資金の投入を極力避ける、また伊丹閉鎖に伴って地域住民の騒音被害を解決し、また毎年地元に投入されている巨額の空港対策費もセーブ出来る ・・・ 正に良い事だらけではないでしょうか。

中国や韓国の実情をご説明頂きましたが、かの国と比較して日本の公共インフラ整備に要する時間は極めて長いと私も常々感じています。
私が住む町に国道がありますが、渋滞緩和のためにバイパスが30年ほど前に計画されましたが、未だに貫通していません。噂ではあと10~20年はかかるのではないかとも。
土地の買収や住民への理解に予想を越える困難が生じていると聞きますが、中国なら考えられないようなチンタラぶりだと思います。
人によっては「たとえ時間がかかろうが仕方ない、これが民主主義だ、中国のような国になって構わないのか」と主張される向きもありますが、それでも日本には「土地収用法」という公共の利益を重視する法律もあるわけで、「行過ぎた民主主義は公共の害」にしかならないのでは ・・・ こう感じています。

でも港湾も空港も政府のやる事が信用できないので、国民側も「やる事なす事、あのザマだ、我々は国民として一体どこまで協力して良いのやら ・・」、こんな感情のあるのではないでしょうか。

私見、大変失礼致しました。

先生の今後の御活躍をお祈り致します。有難うございました。

お礼日時:2010/04/30 15:58

兵庫県を変節漢として非難する向きもあるが、変わったのは県ではなくて、時代なのです。


70年代・・反公害運動真っ盛り。空港は全国的に批判の対象
80年代・・バブルまっさかり。海外旅行需要は急伸。エアバスも導入され飛行機自体の騒音が軽減された。空港は全国的に建設ラッシュが始まる。
90年代・・バブル崩壊。需要は頭打ちとなったが、夢見る21世紀オタクは行政側を中心に存在。建設ラッシュは収まらず。関空オープン。神戸空港も建設始まる
00年代・・ITが進み、会議や出張が社内メール済まされるようになると、移動の需要自体が激減。行政側もそれに気がついたか、播磨、琵琶湖といった無駄な空港は建設中止。神戸空港は開港したが、あのざま。
40年代(予測)リニアモーターカーが開通し、伊丹空港の需要はなくなる。廃港。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
なるほど、おっしゃるように時代の変遷も大きな要素になっていますね。
こうやって見ると、問題は90年代という事になりそうです。
あの当時で既に需要は頭打ちになっているのに、過剰な「予想される空港利用者数」をもとに、エイヤッ! とばかり目を瞑って建設強行。

その後、案の定と言うべきか、予想どおりと言うべきか、搭乗率の低下に悩む日本航空が撤退。
空港に離着陸する航空機は一日でたった1~2便、それもいつ廃止されるか時間の問題 ・・・

でもリニアモーターの普及で、地方空港は放っておいても廃止の動きが加速されそうですね。
でも、その頃には地方空港建設を強引に促進した代議士も公務員も引退してしまって、誰も責任を取らされる事も無いのでしょうね。
これが悔しいです。

お礼日時:2010/04/30 11:02

伊丹市の「大阪国際空港と共生する都市宣言」を読めばわかりますが、主旨は、「大阪空港の騒音公害でさんざん迷惑を被ったが、国もだいぶ努力してきたから、まあ置かせてやっても良いよ。

市街地空港の規範となるように、これからも環境の確保に注意しなさい。」と言う内容です。その意味では、増改築どころか騒音対策費の軽減もとんでもないということなのでしょう。

「大阪国際空港と共生する都市宣言」http://www.city.itami.lg.jp/library/home/SOGOSEI …

ところで、伊丹市民の中には、実際には空港廃止派の人も結構多いと思います。伊丹市議会も一枚岩ではなく、共産党は、騒音公害の問題は無くなっていないとして、「大阪国際空港と共生する都市宣言」に反対しています。(私は共産党とは思想的に反対の立場ですが、こういう一本筋を通すところでは、共産党を尊敬しています。)

神戸空港は、伊丹空港よりももっとたちが悪く、ご存知とは思いますが、そもそも海上空港の構想が出てきたときは神戸沖が第一候補だったのを、神戸市がものすごい反対運動を起こして、泉州沖に押し付けたと言うのが真相です(大阪府と泉州側も反対運動をしたが、最後は政府の要請を飲んで、泣く泣く空港の建設を引き受けた)。ところが1980年代に入って空港の重要性が認識されてくると、神戸市は掌を返して、泉州沖から神戸沖に計画を修正させようと国に迫ります。この身勝手な態度にさすがに腹を立てた審議会は、この要請を拒絶しましたが、神戸市は運動を続け、何とか運輸省の協力を取り付けて機会を探っているうちに、阪神大震災が襲って、復興計画の目玉として一気に進められることとなりました。当時の市長は「市民に財政負担は一切かけない」事を約束し、「防災の拠点」と言う位置づけで、神戸市民の大した同意も取らないままで空港建設を強行したわけです。こんな経緯を見ていると、神戸空港は普天間米軍基地の移設先として使うのがもっとも世のため人のためだと私は思いますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
ご紹介の伊丹市の宣言書を拝見しました。
内容は一方的かつ独善的で、正に地域エゴの極みだという印象を受けました。
このような自治体が日本にあるとは、日本人の一人として驚くと共に実に恥ずかしいと思います。

まず、この宣言書の中には関西空港の事は一言も触れられていません。
なぜ新空港を建設するに至ったか、その全責任を負うべき伊丹市のこの宣言には何も総括されていません。

納得できないのは、関西空港の苦悩が現実かつ現在も未来も続くものであるのに、「ではどうやって関西空港を一本立ちさせるか?」 という、国民の税金をアテにしない具体的提案が無い事です。
このような無責任で恥ずべき都市宣言など、今まで見た事がありません。憤慨に耐えない思いがしています。

神戸空港もそうなのですが、無駄な地方空港の問題はこれからクローズアップされると思います。
私が聞いた範囲ですが、神戸空港建設する際に神戸市が基にした「想定される空港利用者数」ですが、これは神戸市近辺から、例えば東京に行く人の全てが新幹線ではなく神戸空港を利用する事を前提にしているとか。
当時、その話を聞いた時、市や議会のメンバーの無責任さに唖然とすると共に、ごく近い将来、実態がばれて大きな問題になるだろうなあと考えていました。

昨年から日本航空の経営悪化が表面して、赤字路線廃止の流れが加速しているようですが、お叱りを受けるかも知れませんが、これは日本の空港行政の無責任さにスポットライトを当てる絶好の機会だと考え、同社にはもっと苦労してほしいと願っています。

そして、いかに今までの行政が無茶をしたかを総括し、後世の日本人への教訓(二度とこのような事はしないと)としてほしいと願っています。

お礼日時:2010/04/30 10:52

関空を廃止して伊丹を拡張するという案かと思いますが、伊丹の拡張は物理的に無理かと思います。


しかし、伊丹の地元が立ち退き者も含めて、全員が賛成なら実現するかと思います。逆に、関空の利便性をもっと高めれば、伊丹廃止も利用者からは受け入れられると思います。
小生、国土交通省と経済産業省の諮問機関で、物流政策大綱の立案ワーキングチームに所属していましたが、最悪なのは関空を一緒に利用すると約束して計画を断念した神戸が、知事が変わったら計画も復活して作ってしまったことです。神戸市民も『えっ!』とか言ってました。

写真は最近国の調査で出かけた深センの空港です。
「伊丹空港の存続派、あるいは伊丹空港の問題」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。専門家の方からご返事を頂き、感謝するとともに恐縮しています。

まず、もし地元住民が賛成すれば、関空廃止のうえ伊丹空港の拡張は実現可能なわけですね。
ただ、拡張となれば騒音の影響を受ける範囲が拡がりますし、全ての自治体が拡張賛成するというのも実際にはあり得ないかなと感じています。

ところで先生に質問があります。可能な範囲でお答え頂ければ幸いです。社会勉強になります。

1.まず、伊丹空港存続の先頭を切っている兵庫県や地元自治体についてですが、過去において自分たちが空港撤去運動を大きく起こしたから関西空港が建設されるようになった、つまり、今頃になって伊丹存続を主張するのは矛盾どころか、「地域エゴの極み」という認識を彼らが持っているのかどうか?

また、地元の経済的発展に何としてでも伊丹の存続を望むのであれば、「過去の空港撤去運動は誤りであった」し、また「関西空港会社に対して申し訳ない」という立場をとっているのかどうか? そのような報道を目にした事がありません。

3.特に兵庫県の井戸知事は「空港利用者の利便性のために伊丹存続を!」と強く主張し、橋下大阪府知事と意見が対立していると聞きます。
一方、橋下知事は最近、「伊丹空港を閉鎖のうえ土地を売却し、その資金で例えば梅田~関空にリニアモーターカーを敷設し、同区間を数分で結ぶようにしたい」という壮大なプランを発表しました。
聞いた瞬間、へーっ! 凄いなあ! と感じました。
関西空港の人気が悪いのは都心から遠すぎるからです。大阪南部と言っても和歌山県をの境に位置していますからね。
このプランであれば、リニア建設に新たに巨額の税金を用意する必要も無く、また梅田から数分で関空に行けるとなれば、まさに利便性の極地だと思うのですが、井戸知事は真っ向から反対しているようです。

なぜでしょうか? 真に利用者の利便性を考えての意見対立なら、このプランで意見が一致するのにと感じて仕方ありません。

ご教授願えれば幸いです。

なお私は関西在住なのですが、神戸空港の件では建設反対の市民運動が大きく展開され、住民投票の結果 「反対」 が大きく勝利したのにも関わらず、神戸市側は 「住民投票の結果には法的拘束力は無い!」 として建設を強行した経緯をよく覚えています。

「空港島の建設費はその土地を売却して充当するので市税を投入する事は絶対に無い、空港は市民にとって良い事だらけだ!」 と主張していましたが、現実には島の9割以上は値段を下げても買手が誰も表れず、当分は神戸市が借金の保証を続けると報道されていました。
いずれにしても、最終的には建設反対派の主張どおり、大きな借財が残るだけとなり、第二の夕張になりそうだなあと感じています。

お礼日時:2010/04/28 15:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一体、伊丹市民は空港をどうしたいの?

報道によりますと、関西・伊丹空港の問題で昨日、関西三空港懇談会が開かれました。  全体としては、伊丹の発着数を減らし、関西空港へのシフトを促進する方向で合意したようです。  当然であり、むしろ遅すぎた合意のように感じました。

その中で、伊丹空港周辺自治体が 「利用者の利便性を無視した関空救済策」 と批判しているとの報道に接して、一体この人たちは何なの? と、頭が混乱してきました。

たしか私の記憶では、関西空港を建設するに至った経緯は、伊丹空港の騒音に端を発した、大公害訴訟が原因だったと思います。

また、伊丹空港周辺へ騒音対策費として、国から毎年巨額の税金が投入されていて、もはや伊丹以外の新空港建設しか残る方法は無いとの国の判断だったと思います。

当時は、関西新空港の建設が国の政策として決定されて、これで伊丹市民は、この上ない大喜び、万々歳に違いない、と感じたものです。

一体、空港周辺都市、特に伊丹市民は、空港を廃止したいのか、このまま存続させたいのか、どちらなのでしょうか?  市民の生の声が聞きたいのですが、一切、報道に取り上げられません。

また、当時、騒音公害訴訟を起こした原告団の団長や、その他のメンバーは、今の動きをどう感じているのでしょうか?

自分が裁判まで起こして主張してきたものには、自分で責任をとれる住民や自治体のはずだ、と思うのですが、報道の表面だけでは、何と恥知らずなヤツラだ、という印象しか受けません。

そんなはずは無いと思いますので、ご存知の方、宜しくお願いします。

報道によりますと、関西・伊丹空港の問題で昨日、関西三空港懇談会が開かれました。  全体としては、伊丹の発着数を減らし、関西空港へのシフトを促進する方向で合意したようです。  当然であり、むしろ遅すぎた合意のように感じました。

その中で、伊丹空港周辺自治体が 「利用者の利便性を無視した関空救済策」 と批判しているとの報道に接して、一体この人たちは何なの? と、頭が混乱してきました。

たしか私の記憶では、関西空港を建設するに至った経緯は、伊丹空港の騒音に端を発した、大公害...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
言いにくい回答を要求なさいますね(笑)。
当初の付近住民の騒音・環境問題に照らした反対運動は純粋なものであったと思います。
しかし、とても等価交換とは言えない立ち退き料を初めとし、
騒音で夏場窓を開けられないことに対する補償として
全室二重サッシ、クーラーの取り付け、果ては電気代などの要求を突きつけ、
それを全て得た住民が居るのも確か(知り合いです。自慢気に話してました)です。
尚かつ夜間の離発着は禁止など、付近住民(の全てとは言いませんが)が
勝ち得るべき物は全て勝ち得ていたのは確かなのです。
ですから今去られてしまっては人が動かなくなり、お金が落ちなくなるだけでなく、
巨大な廃墟が残れば治安だって悪くなります。
彼らが心配しているのはそう言うことなのです。

Q橋本知事が伊丹廃港にこだわる理由

「伊丹、将来は廃止」橋下知事が国交省戦略会議で
「大阪府の橋下徹知事は14日、国土交通省が開いた成長戦略会議での意見聴取で、前原誠司国交相が示した大阪(伊丹)空港を機能縮小して活用すべきだとの考えに対し、賛成の意思を示したものの、「将来的には廃止を考えたい」と伊丹廃港にこだわる姿勢を見せた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091214-00000560-san-bus_all

伊丹空港は現在も大変役に立っていますし、
空港は複数あったほうが便利と思います。
知事はどうして廃港にこだわるのでしょうか?
土地の再開発をもくろんでいるのでしょうか。

Aベストアンサー

まず大阪の財政がひっ迫していることをご理解下さい。
橋下さんは財政立て直しに必死なのです。

そりゃ空港は2つよりも3つの方が便利ですよ。
だけどお金がない。無いどころか今にも倒産しかかっているのに、関空は大規模な赤字をかかえているわけです。
職員の給料を減らしたところで焼け石に水。それくらい関空の赤字の規模があまりに大きすぎる。

そもそも関空は伊丹空港廃止を前提として作られたものです。
伊丹の廃止という前提がなければ、関空も神戸も作ることはなかったです。
例え作ったとしても関空ほど大規模にする必要もありません。

お客が全部関空に来ることを前提に作っているのに伊丹が存続していては、新空港が無駄にデカいだけ。
関空は海を埋め立てて造っているのですから、お金がものすごくかかっています。
伊丹を廃止すれば必ず関空の利用者は増えます。
だから橋下知事は必死なんです!

しかし伊丹を便利だと思っている人はとても多く、黒字であることから縮小案は一番妥当だと思います。
ですが、どう考えても将来的にはやっぱりは廃止をしなくてはなりません。でないと大阪がつぶれます。

そういう私は実家が伊丹空港に近く、帰省はいつも飛行機利用。
伊丹がなくなったらものすごく困るうちの1人ですが(笑)

まず大阪の財政がひっ迫していることをご理解下さい。
橋下さんは財政立て直しに必死なのです。

そりゃ空港は2つよりも3つの方が便利ですよ。
だけどお金がない。無いどころか今にも倒産しかかっているのに、関空は大規模な赤字をかかえているわけです。
職員の給料を減らしたところで焼け石に水。それくらい関空の赤字の規模があまりに大きすぎる。

そもそも関空は伊丹空港廃止を前提として作られたものです。
伊丹の廃止という前提がなければ、関空も神戸も作ることはなかったです。
例え作ったと...続きを読む

Q大阪から東京までなぜ飛行機で来るの

大阪から羽田空港まで飛行機で来る人はなぜ新幹線に乗って来ないのでしょうか。
なぜ大阪から東京まで飛行機で来るのでしょうか。

Aベストアンサー

飛行機の方がメリットがあると考えるからでしょうね。
おそらく、東京-大阪しか移動することがない人は、飛行機のメリットが少ないので、あまり飛行機を使わないでしょう。
しかし、東京-大阪以外にもよく乗り物を使う場合、あるいは目的地か出発地が空港至近の地なら、飛行機の方がメリットがあれば飛行機を使うこともあるでしょうね。

飛行機の方が便利
・目的地か出発地が空港至近なので、飛行機の方が便利(そういう場所は新幹線が不便なことが多い)
・飛行機は特に会員にならなくても電話・ネット・携帯で予約が可能(新幹線は一部を除き会員にならないと無理、逆に言うと会員になることが前提なら、この点に関してはあまり差が出ない)
・空港までの移動を除いて、乗ってしまえば空港間は乗り降りがなく快適に感じる。(新幹線の途中停車駅の乗り降りをわずらわしく感じる人は意外と多い。)

飛行機の方がメリットがある
・特割などの制度を利用すれば、新幹線の正規料金より安い場合がある
・出発地から目的地までの総所要時間は飛行機の方が短いケースも多い
・厳密にはメリットがなくても上記「便利」の理由がメリットに感じる場合がある

飛行機の方が魅力がある
・単純に飛行機移動が好き
・マイレージシステムに魅力を感じる(JRでは全面的にこれに似た制度はない。限定的なポイント制度がないとは言わないけど)

飛行機の方がメリットがあると考えるからでしょうね。
おそらく、東京-大阪しか移動することがない人は、飛行機のメリットが少ないので、あまり飛行機を使わないでしょう。
しかし、東京-大阪以外にもよく乗り物を使う場合、あるいは目的地か出発地が空港至近の地なら、飛行機の方がメリットがあれば飛行機を使うこともあるでしょうね。

飛行機の方が便利
・目的地か出発地が空港至近なので、飛行機の方が便利(そういう場所は新幹線が不便なことが多い)
・飛行機は特に会員にならなくても電話・ネット・携帯で...続きを読む

Q伊丹空港問題について

 伊丹空港は街のど真ん中に存在するため、危険で、騒音も激しいので、関西空港の開港と同時に廃止すべきであるという声が地元でも結構あったと聞いていますが(真偽は定かではありません。)、先日、新聞を見ておりますと、伊丹空港は廃止するどころか年々利用者を増やしているとのこと。
 他方、関西空港は伊丹空港の盛況とは対照的に利用者が伸び悩んでいるそうです。
 今や伊丹空港縮小や廃止を訴える大きな声を少なくとも私はニュース等でも、聞いたことがありません。
 私は、関西在住ではなく、また空港周辺に住んだこともないため、伊丹空港の危険性や騒音問題といったものを身近に感じたことはありません。
 伊丹空港の地元の人は、危険・騒音空港といわれている伊丹空港の昨今の盛況ぶりをどう受け止めているのでしょうか。
 やはり、危険でも、うるさくても空港はあったほうがよいと考えている人の方が多いのでしょうか。

Aベストアンサー

関西空港は、大阪の都心や神戸、京都から遠く、利便性で伊丹空港にはかなわないです。国内線は伊丹が今でもメイン空港です。
伊丹空港の周辺の住宅については、防音設備に補助が出されたこともあって、昔からある住宅については、ほとんど対策済みとなっています。また、新規に作られる住宅についても、空港があることが分かっているので、きちんと対策をしなければ売れませんので、対応済みです。また、飛行機も昔に比べれば発生する騒音が減っています。従って、騒音については、無くなったわけではないものの、許容範囲内と考える人が多いと思います。
飛行機が住宅地に墜落するといった危険性については無くなったわけではないですが、めったに起こることではないですから、普段は気にとめていないのではないでしょうか。
空港周辺には、空港があることでビジネスがあるという会社が、航空内の店舗や、倉庫・運送業、バス・タクシー、機内食製造等、様々に発達しており、空港が無くなってしまうと職場も無くなるという状況があるという側面もあります。


人気Q&Aランキング