出産前後の痔にはご注意!

マクロレンズもプロテクトフィルターをつけたほうが良いのでしょうか?この度オリンパスの3535マクロを入手しましたが、フィルターは購入しませんでした。やはりレンズに傷をつけないためフィルターはいるのでしょうか?また、マクロレンズとPLフィルターの組み合わせってあるのでしょうか?
よろしくお教えくださいますようお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

マクロレンズってレンズ先端から奥まったところにレンズがありますよね?



そうすると他のレンズと比べてレンズに何かが当たるというのはあまりないはずです。
プロテクトフィルターを付けるとフィルターに何かが当たりやすくなるはず。花の接写なんかだと花粉がつきやすくなると思いませんか?

フィルターに何かが付着するとそれが原因で何らかの悪影響が出る可能性が高くなります。
ヘタに拭き取るとソフトフィルターみたいな感じになるかもしれません。

ということで、私はマクロレンズにプロテクトフィルターの必要性を感じません。
元々プロテクトフィルターは防塵防滴が必要な状況でしか使用しませんから。
それに、モノによっては元々保護目的のガラスが組み込まれている場合もあるし、傷がつきにくいようなコーティングが施されているモノもあったはずです。

レンズに傷がつくという不安があるならレンズキャップを使用すればいいだけ。その為の保護キャップです。撮影中に傷がつくのでは?というのであれば使い方がまずいと思います。

マクロレンズにPLフィルターという組み合わせはアリでしょう。
マクロレンズは接写だけではなく普通に風景なども撮影できます。とすると、PLフィルターが必要な状況ならマクロレンズに装着してもおかしくありません。

PLフィルターはその効果が思惑通りになるのなら取り付けるレンズは選びません。取り付けられないレンズというのもありますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分りやすいご説明ありがとうございました。なんだかなくてもよさそうに思えてきました。

お礼日時:2010/04/29 10:23

プロテクトフィルターは、撮影時以外は、なるべく付けるようにしています。


撮影の時には、できるだけ外します。
組み合わせとは、意味が分かりませんが、PLフィルターは、必要なときのみ付けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、PLは、近接撮影では使わないのでは?と思っただけです。

お礼日時:2010/04/29 23:39

息子達が小さい頃はしっとりした指の危険にさらされていました。



フード、保護フィルターを付けレンズキャップは面倒になり付けていません。
傷も心配ですが、使っていいればホコリやガスで汚れます。
雨や霧の日の撮影もあるでしょう。
保護フィルターは消耗品と割り切りメガネ拭きで気軽に掃除しています。

>マクロレンズとPLフィルターの組み合わせってあるのでしょうか?
風景を撮ることもあるでしょう。
水中の小動物、ガラス越しの撮影・・・・
必要ならば利用されれば良いと思います。

ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macroで撮影した作品がありました。
楽しそうですね。
http://photohito.com/lens/brands/olympus/model/% …

お節介ついでに
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tec/camera2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ガラス越しはPLも出番がありそうですね。勉強になりました。

お礼日時:2010/04/29 23:41

保護フィルターは「個人の考え方・好み」ですね。



細心の注意を払って設計された光学系に”余計な”ガラスを加えることに批判的な考え方も正論と思われますし、不慮の事故防止のために保護層を加える考えも間違っているとは思えません。

ワタシは、スカイライト~プロテクターと変遷して、今は「保護フィルター無し」ですが、「付けていてトラブルが回避できた」とか「フィルターが無くて問題があった」など、保護フィルターに関係するトラブルはありませんでした(30年近い1眼レフ歴があります)。

>マクロレンズとPLフィルターの組み合わせってあるのでしょうか?
フィルターの使い方に”一般論”はあっても、敢えて”効果を狙って”常識外の使い方をする人もいます。表現方法に”禁じ手”はありません。
「あり・なし」は、あなた自身の撮影意図で決めるべきであって、他人がとやかく言う物ではないでしょうね。
因みに、PLは、劣化の早い”消耗品”ですので、ご注意を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、PLが消耗品とは知りませんでした。
やはりフィルタはなくても何とかなるのですね。

お礼日時:2010/04/29 10:26

私は付けません。


というのは、マクロは「接近して撮る」もので、そうなると絞り込んだときに、フィルターに何らかの付着物があった場合、それがボケて写るかもしれないと思うから。
それとなんらかの状態で、フィルターの表面が光って(平らですから)乱反射を招かないとも限らない。
通常の撮影では無視出来るものが多いですが、マクロだとはそうはいかないと思いますので付けません。
あと超広角も同じ理由で付けません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういう考え方もありますね。悩んでしまいます。
貴重な情報ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/29 08:54

プロテクトフィルタ、付ける付けないは、使う人の選択だと思います。

付けていればレンズに傷がつきにくいですし、レンズを拭く回数も減ります。ですが、ガラスが1枚増えるので影響はあるでしょうね。

マクロ/マイクロレンズの場合、被写体とレンズが非常に近いことがあります。うっかりして、あるいは風で揺れてレンズに接触、ということは普通のレンズより多いです。3535マクロ、もっとも寄った時は多分先端から5cm程度でしょう。保護フィルタがあっても良いかな、と思います。

PLレンズ、被写体あるいは写したい写真によっては効果がなく、暗くなるだけなので、必要な時のみ使うのがよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

近寄って被写体にぶつけてしまうかもしれないのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/29 08:53

必ずいるというものではありません。

プロでも付ける派と付けない派がいます

付けない方は、できるだけ色をそのまま再現したい、レンズは消耗品と考えられている方などです
付ける片は、やはりレンズ保護が目的です。汚れたりしたら、フィルター交換で済むわけですから

個人的には、フィルター付ける派ですね、私は。


あと、PLフィルターはありますよ。物に対する光の反射をコントロールする場合に利用されます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。マクロは近接撮影することが多いのでどうかなとおもっていました。

お礼日時:2010/04/29 08:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレンズフィルターとレンズフードの併用について

閲覧いただきありがとうございます。

最近カメラを始め、現在はSONYのSEL55210というレンズを使用しています。
このレンズにレンズフィルター(ケンコー 49S サーキュラーPL)を使用したいと思っているのですが、レンズ付属のフード(ALC-SH115)と併用することはできますでしょうか。

PLフィルターを使うならば、フードは不必要であるという意見もネットで見かけましたが、ALC-SH115のデザインが好き(SONYのロゴが入っている)ことと、レンズとレンズ本体の保護目的でフードも付けたいと思った次第です。

もしフィルターとフードが干渉したりして併用できない、もしくはその可能性がある場合、何か上手く回避する方法やアイテムがあればご教授願います(アダプターや変換リングの類等)。

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

PLフィルターとレンズフードを併用することは可能です。
ただ、PLフィルターの偏光効果を調整するリングが回しづらくなります。
これはレンズフードの形や大きさでも異なるので、やってみて考えるしかないのですが、通常望遠レンズのフードは深いので、PLフィルターの操作には支障が出ることが多いです。
そのため、そういった形状のフードとPLフィルターをどうしても併用したい場合は、#1さんが書かれているように、レンズフードに加工を加える・汎用品で使えそうなものを探す、といった手段を採ることになります。

レンズフードは常時装着でも問題ありませんが、PLフィルターは露出倍数がかかる(シャッタースピードが遅くなる)こともあって、狙いもなく付けっ放しにしておくわけにはいきません。
そもそもPLフィルターは逆光では効果が無いので、PLフィルターの効果が期待できる状況では、レンズフードで遮断すべき余計な光の心配も相対的に少なくなると言えます。
ですから「PLフィルターを使うときだけレンズフードを外す」という考え方が成立します。
実際、これでほとんど問題になることはないはずです。

私の場合、PLフィルターを使うときはカメラが三脚に載っていることのほうが多いんです。
ですから手が空いていますので、ヤバイかなと感じたときは“ハレ切り”で対応したりします。
もっとも先に述べましたように、PLフィルターの効果が期待できる状況では、仮にフレア・ゴーストの類が出ても目くじらを立てるほどの悲惨な写真にはならないです。

アクセサリーの中でもレンズフードやフィルターは、要・不要論、利用方法、応用等、その人によって考え方が案外別れやすいアイテムです。
結局は実際に使用していく中で自分に合った使い方を見つけるのが何より、ということになるのでしょう。
楽しむつもりで、色々試されてみて下さい。

PLフィルターとレンズフードを併用することは可能です。
ただ、PLフィルターの偏光効果を調整するリングが回しづらくなります。
これはレンズフードの形や大きさでも異なるので、やってみて考えるしかないのですが、通常望遠レンズのフードは深いので、PLフィルターの操作には支障が出ることが多いです。
そのため、そういった形状のフードとPLフィルターをどうしても併用したい場合は、#1さんが書かれているように、レンズフードに加工を加える・汎用品で使えそうなものを探す、といった手段を採ることになりま...続きを読む

Q一眼レフの視度調整レンズについて

視度調整レンズはプラス、マイナス、それと度数がありますが、通常近視で視力0.4~0.5の人はどのくらいのものを使うのがよいのでしょうか?
また、メーカー・機種によって違ったりしますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

tomoptomopさんは、メガネをかけてますか?

メガネをかけたまま、ファインダーをのぞくのなら、視度補正レンズは必要ありません。

裸眼でのぞく場合は・・・

一眼レフのファインダーの視度(ディオプトリー)は、普通、-1に設定されているで、視度補正レンズを選ぶときは、その分を差し引く必要があります。

視力が-0.4~-0.5なら、視度補正レンズの視度は、-0.3~-0.4になります。(ただし、キャノンの場合は、視力と同じ数値にします。)

ファインダーに視度調整機構が付いていても、-0,3~-0,4程の大きな補正は出来ないのが普通なので、やはり、視度補正レンズは必要です。

Q一脚ってぶれないんですか?

デジタル一眼レフを買いました。K100Dなので手振れ補正が本体についているものの、やはり夜景などをとる場合はさすがに役に立たないと思います。

そこで三脚や、一脚を使いたいと考えています。三脚は持ち運びが不便そうだし、街中で広げるのはちょっと恥ずかしいので、あまり買う気がおきません。

そこで一脚を考えているのですが、一脚ってぶれないんですか?確かに、上下方向には固定されますが、前後左右には動いちゃうんじゃないですか?

夜景とる場合はやはり一脚じゃ不十分でしょうか?それとも何か使い方があるのですか?

Aベストアンサー

一脚は有効ですが、1秒や2秒かけての夜景撮影では確実にブレます。
1/(焦点距離÷5)秒くらいでも、成功率は低いです。
ISO感度や手ぶれ補正を活かしても半々の成功率に持っていくのは結構難しいと思います。

静止したものをじっくり狙う時は、直立で使うよりも、左斜め前などに一脚を出して撮る方が上下左右方向のブレは少ないと感じます。
何かと役に立つので、買って色々と試してみると面白いですよ。
一脚だけでなく、壁や手すりなども併用すると成功するかもしれません。

Qクローズアップレンズはどれがいい?!

皆さんこんにちは。
私は予てよりマクロ撮影をしたいと思っており、風景写真も良く撮ることから、取敢えず手軽に使えるクローズアップレンズを購入したいと考えております。
ですがケンコーのHPを覗いたりして比較してみたものの、倍率が大きければ大きいほど良い、と考えてMC No10を買おうかと一旦は決めたものの、ACの方がより良い、ともありますし、いったいどれを買ったら良いのか皆目判らない状態です。
そこで接写の撮影技術についての記述も探したのですが、接写の方法が幾つか紹介されているだけで、クローズアップレンズを使う場合どのように選んだら良いのか書いてあるものは見つかりません。
是非ともご助言をお願いします。
因みに今私が使っている機材は「CANON EOS KissデジタルN ダブルズームキット」です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

倍率が大きすぎるととても扱いにくいので、初めての場合はやや控えめのものをお薦めしたいです。
クローズアップレンズを使用するとフォーカス範囲が限られてしまいますので、最終的に複数枚入手することになると思います。
まずはやや控えめのものを入手される方が良いでしょう。

またACについて触れられていますが、これはアクロマートといって色収差を抑えたものを指します。
単純に言っちゃえば、こちらの方が高画質ですヨということです。

画質から言えば、クローズアップレンズよりエクステンションチューブの方が良いように感じます。
ちょいと絞れば結構シャープな像を結びます。

さてクローズアップレンズの選び方ですが、明確な被写体があるのであれば別ですが「取り敢えず手軽に使える」
ということからマスターレンズの持つ最短撮影距離との繋がりから考えた方が良いかもしれません。

ダブルズームキットをお持ちだそうですが、どちらにクローズアップレンズを装着するご予定なのでしょうか。
仮に標準のEF-s18-55mmF3.5-5.6IIレンズに装着される場合、このレンズの最短撮影距離は28cmですので、
MC No.3(またはAC No.3)を選ばれると、33cm以下の距離からピントを合わせることが可能になりますので
比較的繋がりは良さそうに思いますがいかがでしょう!?

倍率が大きすぎるととても扱いにくいので、初めての場合はやや控えめのものをお薦めしたいです。
クローズアップレンズを使用するとフォーカス範囲が限られてしまいますので、最終的に複数枚入手することになると思います。
まずはやや控えめのものを入手される方が良いでしょう。

またACについて触れられていますが、これはアクロマートといって色収差を抑えたものを指します。
単純に言っちゃえば、こちらの方が高画質ですヨということです。

画質から言えば、クローズアップレンズよりエクステンシ...続きを読む

Qフォーカシングスクリーンとは?

まだ写真は初心者の部類です。MFで写真と撮る場合「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントの山がつかみやすいとか聞きますが?そもそもこの「フォーカシングスクリーン」とはどう言う物ですか?最初からは付いてないのですか?
デジカメで写真を撮ってますが、ほとんどはAFですが、たまにMFで撮りますがピントが合いません(視力が悪いので視度調整はしてあります。)「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントが合いやすくなるのですか?

Aベストアンサー

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様のフォーカシングスクリーンが付いており、用途に応じて交換できるカメラもあります。
AF機では(特にエントリーモデル)、MF時のピントの合せ易さより明るさを優先させる必要上、集光率の高いフォーカシングスクリーンが用いられます。
AF機でも、中級機以上ではフォーカシングスクリーンを交換できるカメラもあり、ピントの山が掴み易いものに交換できますが、ファインダーが暗くなるので、F2.8クラスより明るいレンズが必要です。

要するにフォーカシングスクリーンが交換できるタイプのカメラか否か、お使いのレンズの明るさ等も勘案する必要があると言う事です。

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様の...続きを読む

Qマニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?

マニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?
カメラはペンタックスのKXです。レンズはSMCM50mmF1.4を主に使っています。
絞りを開けて撮っているせいか、なかなかピントが合いません。

メガネを使っているのですが、コンタクトにするとちょとましかな?という感じ。
ファインダーに視力補正レンズを付けたら、やり易くなるのでしょうか。
あと数センチ前にピントが来ていたら萌え死にできるのに、って猫写真が沢山できてしまいました。
MFだとある程度は仕方ないんでしょうか。
上手いやり方があったら教えてください。

Aベストアンサー

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~5.6程度でちゃんとピントあった写真が必ず撮れるようになってから」の話です。

ピント合わせは「行って帰る」が基本です。ピントの「山」は裾野から徐々に行ったんじゃ分かりません。峠を越えて反対側まで降りてしまえば、どの辺が頂上だったかすぐに分かります。ですので、無限遠方向からリングを回して、ピントが合ってまた合わなくなるまでの「ピントリングの回転角」を覚え、その中間(正確に言うと中間よりやや無限遠より)まで戻すようにすればピント合わせが速く・正確になります。

更に猫や赤ちゃんなど、「気配を感じで動いてしまう被写体」の場合は、ピント合わせで追いかけている間にドンドン移動してしまいます。ですので先に「同距離の別の場所」でピントを合わせて置いて、構図を合わせたら即座にシャッターを切る、という方法で撮影して下さい(この方法だとF4位に絞っていないと上手く行かない事が多いというコトもあります)。それでも相手が動いているなら、ピントが動かさず、自分自身が動いて被写体との距離を一定に保って下さい。

自分自身が動いて被写体との距離を一定に保てる技術が身につけば、その「動いている間」に更にピントをきっちり合わせる余裕が出来ます。そうして初めて「絞り開放で猫が撮れる」んですよ。

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~...続きを読む

Qマクロレンズで手持ち撮影

D600にタムロン90mmマクロを使って花を撮影したいと思っているんですが
手持ちでのマクロ撮影はブレブレ過ぎて無理なんでしょうか?
やはり三脚は必須ですか?
出来れは三脚を使わずに撮りたいと思っております。

タムロンの新しい90mmマクロは手振れ補正が付いているのは知っていますが
値段が倍するのでお安く済ませたいなぁと思っています。

普段はD600にAi Nikkor 50mmf1.4sとタムロン28‐75mmf2.8を使用しております。

手持ち撮影は厳し過ぎるでしょうか?

Aベストアンサー

私は普通に手持ち撮影してますよ。
90mmではなく100mmと105mmで最短撮影距離での撮影もよく行います。
条件的には90mmより厳しいはず。もちろん手ぶれ補正はなし。


撮影意図(被写界深度等)などにもよりますが、手ブレが発生しないシャッター速度を選択すれば手ブレは防げます。
近接撮影では一般的な手ブレ防止の法則は当てはまらないはずなので色々と試してください。

光学ファインダーの一眼レフなら、慣れてくればファインダー像を見ていればブレそうなときはわかるようになります。



つまり、失敗から学びましょう!ということです。

Qエクステンションチューブ?

某ショップにてエクステンションチューブなる
ものを見つけました。
店の方に「これは何ですか?」と
聞こうと思いましたが、休日で混雑していたので
聞かずに帰宅しました。

接写用中間リングとのことなので
レンズがマクロ的(?)になるのかなと
勝手に思っていますが・・・。

どういう使い方をするのでしょうか?
EF28-80mmF3.5-5.6 USM
とEOS-Kiss3の間に接続した場合
AFは可能なのでしょうか?
接続した場合は暗くなると考えていいのでしょうか?

素人なのでメーカーのホームページ見ても
分かりません。

どなたか分かりやすく教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 エクステンションチューブを付けると、オートフォーカスも自動絞りも自動露出も効かなくなる場合が多いです。
 ピントの合う範囲が狭いので、絞る必要があります。それで、自ずとシャッター速度が遅くなります。当然、三脚が必須になります。


》ズーム的にはどうなるんでしょうか?

 そもそもレンズの性能は、通常の繰り出しの範囲で発揮されるように設計されています。エクステンションチューブは、それを無視して無理やりレンズを繰り出すわけですから、まともな性能は出ません。すなわち、像が流れたり、ぼやけたり、カラーバランスが崩れたりします。また、ファインダーの像は、繰り出し量の2乗に反比例して暗くなります。

 特にズームレンズは、開放値が暗いし、各種収差も多いです。それにエクステンションチューブを付けると、極端に暗くなり、ファインダーを覗いても像が見えなくてピントが分からない、などということになります。また、およそ引き伸ばしに耐える写真はできません。
 ですから、もし取り付けるなら、ズームではない単体の標準レンズクラス(50mm程度)がいいでしょう。これなら、基本性能が優れているし、開放値も明るいです。

 そもそも接写用には、繰り出し量の多いマクロレンズや、ベローズ(蛇腹)に取り付けるのを前提としたマクロレンズが発売されています。画質や使い勝手を重視するなら、これらを使うのが本来です。

 エクステンションチューブを付けると、オートフォーカスも自動絞りも自動露出も効かなくなる場合が多いです。
 ピントの合う範囲が狭いので、絞る必要があります。それで、自ずとシャッター速度が遅くなります。当然、三脚が必須になります。


》ズーム的にはどうなるんでしょうか?

 そもそもレンズの性能は、通常の繰り出しの範囲で発揮されるように設計されています。エクステンションチューブは、それを無視して無理やりレンズを繰り出すわけですから、まともな性能は出ません。すなわち、像が流...続きを読む

Qカメラの保管方法(ドライボックスは不要?必要?)

何の知識もなくデジタル一眼レフを購入して半年の超素人です
すっかり梅雨に入ってしまって今頃遅いんですが
今慌ててドライボックスの購入を検討しています

が、いろんな人にきいたところ、そのうち何人かの人から
「カメラなんて、日常的に使っていれば、部屋の中の風通しのよい所に普通にポンとおいておくのが一番いい(ぶらさげるのがベスト)、日常的に使っているのなら防湿庫などに収納する必要はまったくない」といわれました。

マメに湿度のチェックや乾燥剤の入れ替えをできない人が下手にドライボックスなんかにカメラを収納してしまったらそれが原因で逆にカビを生えさせてしまうともいわれました。

私はマメな性格ではないので
正直マメに湿度をチェックして
乾燥剤の状態をチェックして
新しいものと入れ替えて。。をする自信がありません

部屋の風通しのよいところに置いていて
そして時々使っていればそれでカビが生えないんだったら
それはできそうなので
ドライボックスは購入せずに
明日からでもそのようにしようと思うんですが
梅雨時期でもドライボックスや乾燥剤なしでそのようにしていて
レンズにカビは生えないですか?大丈夫でしょうか?

今まではただのプラスチックの引き出しにポンと入れていて
2週間に1回位持ち出して使っている感じでしたが
日常的に使った方がいいのなら
リビングの棚にでも出しっぱなしにしておいて
2日に1回はカメラを起動させるつもりです

※家は築1年半のマンション6階で
風通しもよく特に湿気を強く感じることもありません
が、実際には個々の部屋の窓をあけることはあっても
家の中に風を通すことはほとんどありません
今は梅雨なのでそれなりに湿気は普段よりは感じています

ほんとになんにも知識がないので
どんな小さなことでも教えていただけると助かります

ドライボックスは必要でしょうか?不要でしょうか?
アドバイスよろしくお願いします

何の知識もなくデジタル一眼レフを購入して半年の超素人です
すっかり梅雨に入ってしまって今頃遅いんですが
今慌ててドライボックスの購入を検討しています

が、いろんな人にきいたところ、そのうち何人かの人から
「カメラなんて、日常的に使っていれば、部屋の中の風通しのよい所に普通にポンとおいておくのが一番いい(ぶらさげるのがベスト)、日常的に使っているのなら防湿庫などに収納する必要はまったくない」といわれました。

マメに湿度のチェックや乾燥剤の入れ替えをできない人が下手にドライボック...続きを読む

Aベストアンサー

「10 年もすれば IC 回路の修理ができなくなって新品に買い換えるしかないデジタル・カメラ・ボディなんてその辺に置いておけば良い」とは思いますが(笑)、マニュアル操作ができるレンズは「一生ものなので」使わない時は外してドライボックスに入れています。・・・実際のところ、絞りリングのないデジタル専用レンズはカメラに装着したままソフト・ケースに入れて吊したままにすることもあります(笑)。

シリコン (鉱物) グリスが高価で植物系のグリスが使われていた大昔のレンズはグリス自体がカビの餌になる可能性があったでしょうが、現在のレンズは指紋や大気中の埃ぐらいしかカビの餌になるようなものがないでしょうから高湿下でもカビが生えるまでには何年或いは何十年もかかるだろうとは思うものの、普段はあまり使わない交換レンズを保管する湿度計付きのドライボックスはレンズ・プロテクタ程度の値段ですので是非持っておいて損はないと思います。(下記参照 URL)

乾燥剤は色付きシリカゲル (乾燥時は青、湿気ると赤くなる) が安くて便利です。・・・赤くなった色付きシリカゲルは電子レンジで数十秒ほど温めると青く戻りますので何度でも再使用できます。 (シリカゲルの量や電子レンジのパワーにもよりますが、要は熱くなって水分が蒸発すればよいのですから、その時間を覚えておくと良いでしょう)

シリカゲルをいれたビニル袋が熱で溶けるのが怖いという向きには Totech MD-1 なんて製品もあります。
(Google 検索すると楽器店がヒットしますが、カメラ店でも販売されています)

まあ、保管よりも「蒸し暑い雨の日に持ち出してレンズを濡らしてしまった」時の方が神経を磨り減らしますが(笑)・・・。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/HappyPrince/20091007

「10 年もすれば IC 回路の修理ができなくなって新品に買い換えるしかないデジタル・カメラ・ボディなんてその辺に置いておけば良い」とは思いますが(笑)、マニュアル操作ができるレンズは「一生ものなので」使わない時は外してドライボックスに入れています。・・・実際のところ、絞りリングのないデジタル専用レンズはカメラに装着したままソフト・ケースに入れて吊したままにすることもあります(笑)。

シリコン (鉱物) グリスが高価で植物系のグリスが使われていた大昔のレンズはグリス自体がカビの餌になる可...続きを読む

Q半押しAEロックの良い点は?

AEロックについて質問です。
カメラの機種はNikon D90です。
この機種に半押しAEロックというものがあるのですが、半押しAEロックは普通のAEロックと比べて何が良い点なのか、いまいちわかりませんでした。
教えてください。

Aベストアンサー

ちょっと、質問の意図を取り違えたました。
要するに単独AEロック機能についての質問ですね。

これは、簡単に言えば、ピントと露出を別々に決めたり、同じ露光量で何枚も写したい場合に有効です。例えば、逆光では、どこに基準露光を以って行くかで、全く意図の違う写真になります。
また、激しく照度が変わる場合とか、強い光線が画角内に入って、露出計がそちらの影響を受ける場合です。


人気Q&Aランキング