今なら家電が全品9%OFF!

cent os シェルで日本語入力できません。

cent osの日本語入力に関しての質問です。
シェルで日本語を入力したいのですが入力できません。
半角/全角キーを押しても何も変わりません…。
一通り調べてみましたがどれも解決しませんでした。

どなたかご教示お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

コンソールから日本語入力したことはありませんが…



インストール時に日本語環境を選択していれば、anthyがインストールされているかと。
# scim-anthyも入っているかも知れませんが…こちらはGUI用のフロントエンド?
http://ja.wikipedia.org/wiki/Anthy

anthy-elパッケージをインストールすれば…Emacsでの日本語入力は可能になるかと。
# 試したコトはない。
が…シェルのコマンドプロンプトで入力できるのかは…不明ですね。
# シェルで入力できないとファイル操作ができませんかね…。
他にコンソールで日本語表示するためにbogl-btermかjfbterm辺りも必要でしょう。

GUI起動して、そっちの端末エミュレータ(GNOME 端末など)からscim-anthyで入力…かと。

私の場合、SSHでWindowsマシンから接続して操作するので、Linuxマシン本体で(しかもコンソールで)日本語入力をする必要性がありませんので…
# それでも必要になればGUI起動してそっちで処理しますし。

CentOS5.4では…kinput2もcannaもwnnも無い…みたいですし。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
ためしにanthy-elをインストールしてみましたが
日本語入力することができませんでした。

もう少し交錯してみてだめでしたら
再度osのインストールから行いたいと思います。

補足日時:2010/05/07 09:25
    • good
    • 0

他のアプリケーションからの日本語入力はできませんか。


例えば、Gnomeエディター、FireFox等で、半角/全角キーを押して、
Anthyの日本語入力ガイダンスは表示されませんか。
表示されなければ、CentOSを再インストールした方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
tera termをしようしサーバにリモートでログインしたら
日本語入力できるようになりました。
サーバ側は相変わらず文字化け&日本語入力できませんが
今はこれで対処できるので解決しました。

お礼日時:2010/05/12 10:50

全角/半角にキーバインドされてないとか。


他のもので一般的なのはShift+Spaceですが、こちらはどうでしょう?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
シフト+スペースも試してみましたが
スペースが打ち込まれるだけで入力しても英数のままでした…。
インストールからしなおすべきですかね。

補足日時:2010/05/07 14:17
    • good
    • 0

(1)linuxのインストール時に言語設定はしましたか?


(2)インストール時にキーボードは、日本語JIS106とか指定していますか?

(3)日本語入力FEPプロセッサに該当するデーモンは起動されていますか?
 CANNAとか、起動していますか?
 http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0457.h …

それくらいしか思い当たりませんが。。

この回答への補足

>(1)linuxのインストール時に言語設定はしましたか?
>(2)インストール時にキーボードは、日本語JIS106とか指定していますか?
>
>(3)日本語入力FEPプロセッサに該当するデーモンは起動されていますか?
> CANNAとか、起動していますか?
ご回答ありがとうございます。
(1),(2)ともに設定しました。
(3)ですがcannaはインストールされていません。
ちなみにcentos 5.4を使用しています。

補足日時:2010/05/06 17:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCentOS7をインストールしたのですが[全角/半角]のキーを叩いても日本語↔英数に切り替わりません

どうしたら[全角/半角]のキーを叩いて日本語↔英数の変換ができるようになるでしょうか?

Aベストアンサー

インストール時に日本語環境を指定して、デフォルトでインストールした場合…として……。
Windowsキー+Spaceキーで「ja」から「あ」に表示が切り替わると思います。
その状態であれば、[全角/半角]キーで直接入力と日本語入力の切り替えが可能になるかと。
iBusとかその辺りも調べる必要はあるかと思いますが。

私自身は…GNOMEとか使っていてもLinuxで日本語入力することほとんどありませんしねぇ。
SSHなりで接続してクライアント側から入力するので。

Q viエディタを日本語化したい

 こんばんは。
今viエディタを使っているのですがそのviエディタを日本語入力可能にしたいのです。
どうすればいいでしょうか?
OSはVine Linux 6.0です。
ちなみにCTRL+スペースや半角全角キーを押しても変化はありませんでした。
どうかご教授おねがいします。

Aベストアンサー

> そのviエディタを日本語入力可能にしたいのです。
> どうすればいいでしょうか?
日本語入力できる環境設定をしてください。

> OSはVine Linux 6.0です。
当方のは最新の6.1ですが、たぶん同じだと思います。

やり方をざっと記載しておきます。
1.システム→設定→ユーザー向け→漢字変換システムの選択
トップのibusを選択し、ok
2.システム→設定→ユーザー向け→ibusの設定
インプットメソッド→インプットメソッドの選択→日本語→Mozc

ここで、たぶん大丈夫だと思いますが、もし何かできない場合は、補足してください。
viエディタを使い下記の3行を追加しておくと確実かもしれません。
/home/ユーザー名/.bashrc
/root/.bashrc

この2モジュールの最後に下記の3行を追加する。
export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_TM_MODULE=ibus

こうしておいて、日本語入力切替は、「半角/全角」キーで行なうことになります。

何か分からない場合は補足願います。

> そのviエディタを日本語入力可能にしたいのです。
> どうすればいいでしょうか?
日本語入力できる環境設定をしてください。

> OSはVine Linux 6.0です。
当方のは最新の6.1ですが、たぶん同じだと思います。

やり方をざっと記載しておきます。
1.システム→設定→ユーザー向け→漢字変換システムの選択
トップのibusを選択し、ok
2.システム→設定→ユーザー向け→ibusの設定
インプットメソッド→インプットメソッドの選択→日本語→Mozc

ここで、たぶん大丈夫だと思いますが、もし何かできない場合は、補足して...続きを読む

Q【CentOS】コンソールでの日本語表示について

ヤフー知恵袋でも同じ質問をさせていただきましたが
解決に至らなかったのでこちらでも同じ質問させていただきます。

CentOS5.4のコンソールで日本語を表示したいと考えています。
具体的にはlynxなどのテキストベースブラウザで日本語のhtml形式マニュアルを読みたいのです。また、日本語テキストファイルの表示や、日本語ファイル名をlsコマンドで表示できれば便利かな、とおもっています。
しかしいずれも文字化けを起こしてうまくいきません。
調べた結果、/etc/sysconfig/i18n
というファイルをに以下のように書き換えればいいとのことでした
LANG="ja_JP.eucJP"
SUPPORTED="ja_JP.eucJP:ja_JP:ja"
このあと
export LANG=ja_JP.eucJP
export JLESSCHARSET=japanese
とすると、環境変数が書き換わって居るのを確認しました。
しかしここで、
ls -l
を実行すると、英語環境で"total"と表示されていた所と月が表示されるところが、(それぞれ日本語環境で"合計"、"月"という漢字が表示されるはずなのに)文字化けします。そして日本語のファイル名の部分も文字化けしたままでした。

またlynxでも日本語が表示できませんでした(激しく文字化け)。
この状態はいったいどうやったら打開できるのでしょうか?
調べてみるとKonなどのいわゆる日本語コンソールエミュレータなるものがあるようですが
こういったものを導入しなければ一切の日本語表示はできないのでしょうか?
ちなみに私の環境は最小限のインストールしかしてないので足りないパッケージを
追加する必要も出てくるでしょうか。
よろしくお願いします。

ヤフー知恵袋でも同じ質問をさせていただきましたが
解決に至らなかったのでこちらでも同じ質問させていただきます。

CentOS5.4のコンソールで日本語を表示したいと考えています。
具体的にはlynxなどのテキストベースブラウザで日本語のhtml形式マニュアルを読みたいのです。また、日本語テキストファイルの表示や、日本語ファイル名をlsコマンドで表示できれば便利かな、とおもっています。
しかしいずれも文字化けを起こしてうまくいきません。
調べた結果、/etc/sysconfig/i18n
というファイルをに以...続きを読む

Aベストアンサー

標準環境で表示できない根本的な理由を
若い人は理解していない可能性があるねぇ。
(パソコンユーザーとして若いの意)

CentOSでの設定方法等は把握していないので、それはパスしますけど
打開しないといけないものの正体を説明しておきます。(オフトピ)


RedHat系Linuxでいうrunlevel 3の画面というものは、IBM PC/AT互換機においては…
IBM PC/ATの規格に沿った表示機能そのものなんです。

つまり、文字だけを表示するための機能で、ASCIIのROMフォントを使い
IBMのCGA,EGA,VGAや、VESAのSuperVGAに基づいた画面モードを使います。

このハードウェアに、日本語表示のための機能など一切ありません。


古くは、IBM PC-DOS4.0/Vなどが実現した"ソフトウェアによる文字表示機能"により
SuperVGAの広い画面に漢字が表示され、これがPC-9801滅亡の第一歩、歴史に名高いDOS/Vショックでした(笑)

が、あくまでも第一歩。
IBM PC/ATなどのDOSer向けパソコンにはテキストモードとグラフィックモード(ビットマップモード)があります。
そして、テキストモードに比べて、グラフィックモードでの文字表示は
単純にASCII文字を表示するだけでも、8倍ものデータ量を扱います。

で、当時のTsengLabsやS3の大活躍も虚しく…
ハードウェアで日本語表示をこなすPC-9801に比べると
DOS/Vは文字表示が遅く、IBM PC/AT互換機が日本で成功するには
Windows3.1の登場を待つしかなかったのでした。

すいませんDOS/V,DOS/V言っても、若い人がこんな言葉知っているわけがないですね。
#なぜか今でもよく使われる→DOS/V

まぁ、余談が長くなりましたが…
PC-DOSにDOS/Vとしての機能を追加したときのように
テキストモードを使うコンソールではなく
フレームバッファコンソールを使わなくてはならないのです。
(この場合フレームバッファとはVGAのグラフィックモードと同等)

これは、3,4年前までは普通に標準採用されているディストリビューションがありましたが
X Window System利用が一般化し、IBM PC/ATのテキストモードで
わざわざ日本語を表示する需要は、ほぼ無くなりました。
(サーバー管理は英語だけで事足りるし、そうでなければWebminもある)
ゆえに、標準的に、それを採用しないディストリビューションばかりになったのです。

ですから、古いRedHatやVineなどでの手順は、現在では参考になりません。

フレームバッファーコンソールのインストールと起動のほか
ディストリビューションによっては、kernel rebuildが必要になるかもしれません。
まぁ、"CentOS フレームバッファーコンソール"で検索するとこから始まります。

標準環境で表示できない根本的な理由を
若い人は理解していない可能性があるねぇ。
(パソコンユーザーとして若いの意)

CentOSでの設定方法等は把握していないので、それはパスしますけど
打開しないといけないものの正体を説明しておきます。(オフトピ)


RedHat系Linuxでいうrunlevel 3の画面というものは、IBM PC/AT互換機においては…
IBM PC/ATの規格に沿った表示機能そのものなんです。

つまり、文字だけを表示するための機能で、ASCIIのROMフォントを使い
IBMのCGA,EGA,VGAや、VESAのSuperVGA...続きを読む

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qapt-get install ****** でinstallしたものをuninstallするには?

御世話になります。
vncserverだけをinstallするつもりが
誤って
apt-get install vncとうってしまいました。
これをuninstallしたいのですが
どのようにすればよろしいでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

# apt-get remove パッケージ名
では、設定ファイルは削除されずに残ります。

完全に削除するときは、
# apt-get --purge remove パッケージ名
です。

Qsedの置換文字に変数を使用したいのですが・・・

あるファイルの特定の文字を変換し、上書きをする処理を行いたいのですが、sedの置換文字に変数が渡せなくて困っています。

例:
X="a"
Y="b"
echo test.txt | sed 's/${X}/${Y/g}' >test.txt

sedでは置換文字に${X}といった変数を使用することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

' ・・・' で囲まれた中の$はそのままドルマークです。変数展開をするなら、'・・・'で囲んではいけません。

何も囲まないか、"・・・"で囲むかです。

Q【MTA】postfixとsendmail【違い】

はじめまして。シアトルでシスアド見習いをしている者です。

今日みなさんにお聞きしたいのは、postfixとsendmailMTAの違いについてです。

いろいろな記事で比較されておりましたが、Google先生に聞いたところ
・sendmailは設定が複雑だけど未知のプロトコルにも対応している
・postfixは設定は簡単、MailDir構造を使用していて、SMTPプロトコルに特化
のような内容が沢山出てきました。

また、itmedia様の過去ログにて
・sendmailは送受信共にsendmailにて可能
・postfixは受信は受けるが、送信は外部MDA(?)
のような違いがあるとも書いてありました。

しかしながら、動作的にこれら二つのMTAが具体的にどう変わるのかについての説明がなされている記事が見当たらず、ここで質問させていただいた次第でございます。

内容としましては現在、システムが使用するMTAとして、現在postfixとsendmailがサーバーに入っております。
システムが使うMTAの設定は

/etc/alternatives/mta -> /etc/alternatives/sendmail.sendmail

となっています。
またMTAの候補は以下の二つです。

/etc/alternatives/sendmail.sendmail
/etc/alternatives/sendmail.postfix

そこで質問なのですがこのmtaのリンクをsendmail.sendmail -> sendmail.postfixに変更した場合、何か具体的に動作の違いは出てくるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

はじめまして。シアトルでシスアド見習いをしている者です。

今日みなさんにお聞きしたいのは、postfixとsendmailMTAの違いについてです。

いろいろな記事で比較されておりましたが、Google先生に聞いたところ
・sendmailは設定が複雑だけど未知のプロトコルにも対応している
・postfixは設定は簡単、MailDir構造を使用していて、SMTPプロトコルに特化
のような内容が沢山出てきました。

また、itmedia様の過去ログにて
・sendmailは送受信共にsendmailにて可能
・postfixは受信は受けるが、送信は外部MDA(?...続きを読む

Aベストアンサー

どちらもデフォルトの状態であればローカル配送のみでしょうから、SMTPとしての表面的な動作にそれほど違いはありません。

altanativesして不都合が生じるとしたら、コマンドベースのsendmailのリンクが張り替えられてオプションに違いがでてくるので、それを呼び出してるプログラム(CGIなど)がネイティブsendmail固有のオプションを付加している場合はエラーになるってくらいですかね。


まあそれはあくまでも表面的な動作としてであってです。内部的にはたくさん違いがありますよ。
SMTPサーバとして稼働済みのSendmailをPostfixに置き換えようとしているのだとしたら、話はもっとややこしくなると思います。

Qstartxうまいくいかない。

 こんばんは。
仮想環境でCentOSを使っている者です。
startxを打ってもGUIに行かず困っています。
打つと、下記エラーが出力されます。

xauth: creating new authority file /root/.serverauth.4052

Fatal server error:
Server is already active for display 0
If this server is no longer running, remove /tmp/.X0-lock
and start again.

仮想環境では
CentOS 5.0です。

ホストOSの環境です。
Windows XP SP3
Pentium4 2.66G
RAM 2G

どのようにすれば解決するでしょうか?

Aベストアンサー

> どのようにすれば解決するでしょうか?

解決の前に確認が必要です。

そのエラーは「すでにXサーバーが起動している」ということです。
つまり、すでにGUI環境なのにstartxを実行しているのでGUIに行けない状態です。

次のどちらか(または、どちらも)試してみるとどうなりますか。
1. init 3 と入力してモード変更して startx を試す。
2. テキストモードで起動して startx を試す。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Qアクセスのデータ型。数値型についてお聞きしたいのですが・・・

アクセスのデータ型。「数値型」ですが、「フィールドサイズ」に

(1)バイト型(0~255の範囲。小数点以下の数値は扱えない)
(2)整数型(-32,768~32,767の範囲。小数点以下は扱えない)
(3)長整数型(-2,147,483,648~2,147,483,647の範囲。小数点以下は扱えない)
(4)単精度浮動小数点型(-3.402823×10^38~3.402823×10^38の範囲。
            小数点以下の数値が扱える)
(5)倍精度浮動小数点型(-1.79769313486231×10^308~-1.79769313486231×
           10^308の範囲。少数点以下の数値が扱える)
(6)十進型(-10^28-1~10^28-1の範囲。小数点以下の数値が扱える)

と6種類決められますが、それぞれの「選び方の違い」と「その理由」を
教えてください。

たとえば、(1)~(3)くらいなら分かります。
扱える数値の桁数が違うということですよね?で、(1)~(3)を選ぶ時と(4)~(6)を
選ぶときで大きな違いというと、「小数点以下の数値が扱えるかどうか」
ですよね?そういう認識であっているか・・・ということと、上記の(1)~(6)を
「選び分ける必要がある場合」というのを教えてください。

なぜ、このような6種類に分かれているのか、人に説明しないとなりません。

よろしくお願い致します。m(_ _)m

アクセスのデータ型。「数値型」ですが、「フィールドサイズ」に

(1)バイト型(0~255の範囲。小数点以下の数値は扱えない)
(2)整数型(-32,768~32,767の範囲。小数点以下は扱えない)
(3)長整数型(-2,147,483,648~2,147,483,647の範囲。小数点以下は扱えない)
(4)単精度浮動小数点型(-3.402823×10^38~3.402823×10^38の範囲。
            小数点以下の数値が扱える)
(5)倍精度浮動小数点型(-1.79769313486231×10^308~-1.79769313486231×
           10^308の範囲。少...続きを読む

Aベストアンサー

整数型と浮動小数点型の大きな違いは、少数点以下の数字を扱えるかどうかで合っていると思います。
補足すると、浮動小数点型の方が整数型より大きい数字が扱えます。
長整数型なら21億くらいまでしか扱えませんが、浮動小数点型なら、兆、京・・・と非常に大きい数字が扱えるようになります。
有効数字として、どのくらいのケタを保持できるかが、精度になります。
倍精度は単精度の倍の精度です(当たり前ですが)

コンピュータが2進数で数字を表現していることはご存知のことだと思いますが、2進数で少数を表す場合、必ずしも10進数の少数と一対一に対応するわけではありません。2進数を10進数に直すのはnビットめの数字(0,1)*2のn乗の和ですが、少数の場合は-n乗になります。つまり1/2+1/4+1/8っていうような感じになります。0.75だったら、1/2+1/4で表現できますが、0.3とかになると1/4+1/32+・・・という感じできっちり表現しきれないので、0.299・・・という近似値になります。

それで問題があるようでしたら、十進型を使えば?ってことだと思います。

整数型と浮動小数点型の大きな違いは、少数点以下の数字を扱えるかどうかで合っていると思います。
補足すると、浮動小数点型の方が整数型より大きい数字が扱えます。
長整数型なら21億くらいまでしか扱えませんが、浮動小数点型なら、兆、京・・・と非常に大きい数字が扱えるようになります。
有効数字として、どのくらいのケタを保持できるかが、精度になります。
倍精度は単精度の倍の精度です(当たり前ですが)

コンピュータが2進数で数字を表現していることはご存知のことだと思いますが、2進数...続きを読む


人気Q&Aランキング