『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

小学5年生の子供がおります。
リリーフで投げることがあるのですが、指導者より下半身の強化を薦められました。

何をすべきかをネットでいろいろと検索してみたところ、
小学生には過激な筋トレはやめたほうが良いと、よく指導があります。

上半身のインナーマッスルはゴムチューブを使用して既に行なっておりますが、
下半身の強化はどの程度まで行なってもよいものでしょうか?

かの“平成の三四郎”と呼ばれた古賀稔彦氏の公式サイトを拝見したところ、
小学生のころ、毎日、神社の150段の階段トレーニングを、
年齢にあわせ5~7往復やっていたそうです。

幅広いご意見・ご指導をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。



成長時期にある小学生に過度な筋トレは禁物です。
これから中学野球~高校野球へと進んでいくうちに必要な筋力は鍛えられますので、今(少年野球で)結果を求めては良くないかと思います。

その指導者の方は何故、下半身の強化など薦めたのでしょうか?疑問です。

それでも、彗星のように現れる、いわゆる「怪物」と呼ばれるような人たちは特別で、普通の人なら体がパンクしてしまうようなハードなトレーニングにも耐えぬき、問題なく成長して行きます。(だから怪物と呼ばれる?)

タオルを握ってのシャドーピッチングなどで、正しい投球フォームを身に付ける練習の方が大事かと思います。

全て私見です、根拠はありません。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
指導者も、ランニング程度のトレーニングを要求しているのかと思います。

お礼日時:2003/07/02 10:42

こんばんは。

下半身を鍛えるのはまだはやいです、成長期に筋力レーニングなどをすると背が止まってしまいますよ僕の近くの強豪中学校の部員はみんな今は中学までの選手だと思われるくらい小粒です、昔は科学的実証とかなかったので水はノンだらだめとかいってたんですからね。背が伸びて、体格がよくなったら、筋トレをはじめても間に合いす。小学校のうちにやってしまうと中学校でつぶれてしまいますよ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
怖い話ですね。その中学校の部員さん、本当にかわいそうになりました。
やはり成長期にはランニング程度に留めたほうがよいのですね。

お礼日時:2003/07/02 23:03

フランスの国立のスポーツスクールでは、成長期の子供に筋肉トレーニングを行わないのが常識です。


成長が止まってしまったり、体が痛くなったりするせいでしょう。

適度なランニングなどにしておいた方が子供のために良いでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり筋トレはもっての他ですよね。ランニング程度にしたいと思います。

お礼日時:2003/07/02 10:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Qピッチャーをやらせる基準 少年野球で

愚問ですが、教えてください。
コーチや監督から見て、ピッチャーをやらせようと思う基準にはどういうものがありますか?
左利き、でかい、精神面で強い、くらいしか、判りません。
中には、細い、背の低いピッチャーもいます。
何か素人にはわからない、目の付け所があるのですか?

Aベストアンサー

まず、早い球が投げられるかどうか、ですね。
コントロールは後でどうにでも出来ます。
左右投げも関係ありません。
精神面なんかは試合に出し続ければ簡単に鍛えられます。
要は本人にチームのエースなんだと自覚させれば良いだけです。

プロのスカウトが言ってました。
「高校時代140kmを一回でも投げたことがあれば間違いなくスカウトは見にくる」んだそうです。

少年野球ではコントロールを重視する傾向にあります。

理由は簡単。
コントロールが無いと四死球で塁を埋められ一本のヒット、あるいは四死球の連続で点を入れられる恐れがあるからです。

早い球を投げられるかどうかはある意味天性のものもあります。

背が低くても、ケツ回りがでかい選手は下半身が安定してるのでしっかりした球が投げられるかも知れません。

背が高くて腕が長ければ振り下ろした勢いで早い球が投げられるかも知れません。

まずはこの選手、とこだわらずに、チーム内の全選手をじっくり観察する事から始めるのがセオリーかと思います。

Q 小6の息子の野球肘についてです。1カ月前に整形外科で右肘の剥離骨折と

 小6の息子の野球肘についてです。1カ月前に整形外科で右肘の剥離骨折と診断され、今シーズンは野球禁止と言われました。
 スポーツ外来のある病院へ移り、肘の専門の先生に再度診察してもらったところMRI検査をすることになりました。診断は「剥がれた骨はもう付かない。炎症がおさまらないので痛みが残っている」と言われました。このままあと2週間投球禁止と言われましたが、「バッティングは練習はダメだけど、試合に代打くらいなら良い」とのこと。手術の話は出ておりません。
 
 今日は公式戦があり、代打で2打数2安打でした。試合が終わったあと、肘が痛むというので、すぐに氷を用意して氷嚢で冷やしました。夜は近くの温泉で温めました。その後、湿布をしています。
 整骨院にも通って1カ月になります。週6日間通って電気と針(1度だけ)治療をしています。
整骨院の院長は「バッティングも肘に負担がかかるからダメ」と言います。

 指導者にはこの今の状態をすべて話していますが、チーム事情からか(人数が少ない)試合には出されます。
平日は走りこみと左だけでの素振りをしています。投球は1カ月しておりません。

 10日後に再度、レントゲンを撮る予定です。
今後、完治するものでしょうか?本人は中学でも野球をすると言っております。
ケガの前の打撃は4番で、ポジションはファースト、キャッチャーが主でした。

 関係がないかもしれませんが、とても体の硬い子です。ストレッチもするように言っていますが、
なかなか家ではやりません。必要性も話してはいるのですが・・・。

 このまま、医師の言うようにバッティングをさせても良いものでしょうか?
親としてはとても不安で迷います。
明日も試合です。多分、代打で出ることになりそうです。
 気休めかもしれませんが、カルシウムやプロテインを飲ませています。
1日も早く治してあげたい思いでいっぱいです。
親として何をどうすれば良いのでしょうか?

 小6の息子の野球肘についてです。1カ月前に整形外科で右肘の剥離骨折と診断され、今シーズンは野球禁止と言われました。
 スポーツ外来のある病院へ移り、肘の専門の先生に再度診察してもらったところMRI検査をすることになりました。診断は「剥がれた骨はもう付かない。炎症がおさまらないので痛みが残っている」と言われました。このままあと2週間投球禁止と言われましたが、「バッティングは練習はダメだけど、試合に代打くらいなら良い」とのこと。手術の話は出ておりません。
 
 今日は公式戦があり...続きを読む

Aベストアンサー

看護大学の教員をしています。

医師の指示に従うことが大切だと思いますが、一般論として、野球肘は、基本的に反復的な投球動作の影響によるものですから、数回の打撃による影響は少ないと思いますが、練習もしない状態では、打てなくなると思いますし、本人の意思にもよりますが、そこまで無理をさせることはないと思います。

骨がはがれてしまった状態になると、保存的な治療にせよ、手術をするにせよ、とても時間がかかると思います。野球(投球)ができない期間は半年とか1年とかという単位になる可能性はあると思います。
野球肘は投球フォームや練習量の影響がとても大きいとされていますが、理解の低い指導者も少なからずいるので、そのあたりは親の責任で見極めることではないかと思います。

また小学生にカルシウムやプロテインを過剰に与えることは適切ではありません。過剰な分はある程度は尿から排泄、肝臓で代謝されますが、内蔵に余計な負担を与えることになります。

運動能力の高いお子さんのようですから、中学から陸上やサッカーなど別の種目で頑張ってもらうのもよいかもしれません。どうしても野球をというのなら利き手を変えるというのも、子供が見ていたアニメでみましたが、現実的には難しい話ですよね。

私なら、親として、適切な医療を受けさせること、してはいけないことを子供に分かりやすく教えてあげること、どんな状態でも変わらず愛していることを伝えること、そんなことをしてあげたいです。

看護大学の教員をしています。

医師の指示に従うことが大切だと思いますが、一般論として、野球肘は、基本的に反復的な投球動作の影響によるものですから、数回の打撃による影響は少ないと思いますが、練習もしない状態では、打てなくなると思いますし、本人の意思にもよりますが、そこまで無理をさせることはないと思います。

骨がはがれてしまった状態になると、保存的な治療にせよ、手術をするにせよ、とても時間がかかると思います。野球(投球)ができない期間は半年とか1年とかという単位になる可能性はあ...続きを読む

Q効率よく子供に野球を教える方法(親子ともに初心者)

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に私がこのままではいけないと思っている状態です。
我が家には父親がいません。
私は野球の簡単なルールは知っていますが、フォームがどうとか、専門的な事は全く分かりません。
が、子供が少しでも自信を持ってくれるよう、朝練(フルタイムで働きいているため、朝しか時間がとれません)をしようと決めました。
時間は30分から1時間弱しかとれません。
この度素人の私が、子供にキャッチボール、バッティングを効率よく教えるための手順、方法などありますでしょうか?
私は決して運動が得意とは言えませんが、子供と一緒に上達出来たらなぁと思っています。
無理難題申しますが、アドバイス、ご意見よろしくお願いいたします。

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に...続きを読む

Aベストアンサー

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで、
ルールなどはチームにいればこれから自然に覚えていくと思いますので、
今の段階ではあまり考えなくてもいいと思います。

練習方法としては、まだフォームやスタイルはあまり難しく考えず、
本人がやりたいスタイルでやらせてあげた方がいいと思います。

キャッチボールについては、まだボールに慣れていないのであれば、
無理に軟球とグローブを使用せず、柔らかいゴムボールで
キャッチボールをされた方がいいです。

小学校2年生くらいですと、まだボールに恐怖感をもつ子どもも多く、
ボールから体を避けてキャッチする子も多いです。
まずは柔らかいボールでボールへの恐怖感をなくすことにより、
キャッチングの基本である正面でキャッチするということが、身に付くと思います。
ボールに慣れてきた所で軟球に替えるといいでしょう。

またグローブについてですが、手の小さいうちから大きなグローブを使用すると
まだ握力と腕力が充分でないため、正しいキャッチングができないと思います。
手の平で捕るというより、大きなグローブにボールを入れるような
捕り方になってしまうこともあるので、
なるべく手の平にあった柔らかい小さなグローブを使用し、
素手感覚でキャッチできるような物を選ぶといいと思います。

普通にキャッチボールするだけでもいいですが、
時にはボールを少し高く投げてフライを捕らせるような練習や、ゴロを転がしてあげたり、
また、短い距離でかまわないので、お母さんが座ってキャッチャーになり、
子どもさんにピッチャーをやらせ、ストライク、ボールの判定をして
三振だ、フォアボールだ、とゲーム感覚でキャッチボールされるのもいいと思います。

バッティングについても、小学校高学年と低学年では筋力が違いますので
使うバットも無理に高学年の子と同じ物を使うのではなく、
軽くて振りやすいものを与えてあげるのがいいと思います。

とはいえ、慣れてないと細いバットにボールを当てるのも一苦労するとおもいますので、
慣れるまでは、バトミントンをやらせるのも一つの方法です。
バトミントンのラケットは軽く振りぬきやすく、またラケットの面積も大きいので
打ち返しやすく、シャトルも軽く腕にかかる負担が少ないです。

また、バトミントンの腕の振りは、キャッチボールのそれと動きが非常に似ていて、
正しいスローイングのフォーム作りにも繋がります。
まあそこまで意識する必要はありませんが、
なにより、打ち返すことの楽しさを身につけることができます。

バットを使った練習では、新聞紙をガムテープなどで丸めてボールにして
短い距離から緩いボールを投げてあげて打たせるなど、
まずは簡単に打ち返せるような練習をされるといいと思います。

新聞紙ならミートしても遠くに飛びませんし、
当たっても物が壊れることがありませんから室内でもできます。
ただ振り回すバットで物を壊したり、誤って怪我をさせてしまうことがありますから
室内で行うときはなるべく広いところでやってください。

道具については決して高価な物を買う必要はありませんが、
体に合った物を買ってあげるのが一番です。

そのうち大きくなるからといって、今の体のサイズに合わないものを買うと
それを使いこなせず、上手くならないこともありますし、
上手くならないことにより、野球が嫌いになってしまうこともあります。

長くなりましたが、まずは野球を好きになるようにすることを第一に練習してみてください。
野球が好きになれば、必然的にもっと上手くなりたいと思いますし、
そのためには何をしたらいいのか自分で考えるようになります。

その頃にはお母さんの手を離れて、チーム内の友人と競いあったり、
指導者からの指導やアドバイスにより、より良い練習方法を身につけていくことと思います。

他にも練習方法はいろいろあり、子どもの体格や技術に応じて練習方法は変わってきますが、
現時点では楽しんでできる練習を心掛けたらいいと思います。

まとまらない長文、失礼しました。
これからのお子さんの活躍が楽しみですね。
お母さんも無理なさらず、子どもと楽しんで練習をしていってくださいね。

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで...続きを読む

Q少年野球:ピッチャー冬場の走り込み 

小学生3年生の軟式野球チーム、保護者コーチ(素人)です。
息子がピッチャーをしてまして、親バカですがチームでは一番(球速、制球力)です。
体格も3年生ではずば抜けて大きいです(149cm、40kg)ので期待は大きく持ってるのですが。。。。。

しかし、先日ふとしたことから、自宅で腕立て伏せをさせたところ1回もできません。腹筋もヒーヒー言って数回がやっと。ジョギングさせても、せいぜい500mが精一杯と、基礎体力がひどい状態です。
これからの4ケ月間、下半身を中心に体力アップのトレーニングをさせたいと思っています。
”走り込み”という最も基本的なトレについて教えてください。
小学生3年生の 投手の”走り込み”って、どれくらいの内容がいいですか?
走り込みって、長距離(持久走)と短距離ダッシュ、間をとってのインターバルトレなどですよね。坂道ダッシュとかも、無理しない範囲で興味があります。
それとやる頻度は毎日?それとも週何日?とか、できればトレーニングメニュー的なアドバイスよろしくお願いします。
最も危惧してるのは、”継続”できるか?ということです。休日は私も一緒にと思ってますが、平日が息子だけで継続できますかね???
最後に春まで4ケ月間の走り込みで、球速、制球力への効果って如何ほどでしょうか?
(本人は藤川投手みたいになりたいと、すごくやる気になっています)

小学生3年生の軟式野球チーム、保護者コーチ(素人)です。
息子がピッチャーをしてまして、親バカですがチームでは一番(球速、制球力)です。
体格も3年生ではずば抜けて大きいです(149cm、40kg)ので期待は大きく持ってるのですが。。。。。

しかし、先日ふとしたことから、自宅で腕立て伏せをさせたところ1回もできません。腹筋もヒーヒー言って数回がやっと。ジョギングさせても、せいぜい500mが精一杯と、基礎体力がひどい状態です。
これからの4ケ月間、下半身を中心に体力アップの...続きを読む

Aベストアンサー

私の経験でかきます。小学生のうちは2km位のランニングでいいと思います。注意点は、いきなり2kmからではなく1km位から徐々に距離を延ばしていく事です。200mくらい1週間づつです。1ヶ月で2kmになれば上出来。あとは、腕の振りです。速く走るのではなく、しっかり腕を振る事が大事です。腕が振れればスピードもつきます。それ以上に肩のトレーニングになります。負荷がかからないので無理なく鍛えられます。これが結構効くんですよ。それから走るというのは全身運動なので腹筋・背筋・脚力すべて均等につけれます。問題は本人が走る事を楽しめるかどうかです。最初は嫌でも続けてる内に速くなった実感が持てればきっと続くと思います。それまではできるだけ一緒に走ってあげたほうがいいとおもいます。古い考えかも知れませんが”投手は走ってなんぼ”だと思います。経験上、走れる投手は怪我が少ないです。(特に肩)私も20数年投げてますが肩は一度も壊れてないです。小学生なので負荷をかけてのトレーニングはあまりお勧めできないです。ランニングはすべてのスポーツの基本だと思います。仮に別の競技をこれから先やることになってもきっと役に立つと思います。いろんな経験談を書きたいですが長くなるので・・・。 継続は力なりです。頑張れ父さん!頑張れ息子!

私の経験でかきます。小学生のうちは2km位のランニングでいいと思います。注意点は、いきなり2kmからではなく1km位から徐々に距離を延ばしていく事です。200mくらい1週間づつです。1ヶ月で2kmになれば上出来。あとは、腕の振りです。速く走るのではなく、しっかり腕を振る事が大事です。腕が振れればスピードもつきます。それ以上に肩のトレーニングになります。負荷がかからないので無理なく鍛えられます。これが結構効くんですよ。それから走るというのは全身運動なので腹筋・背筋・脚力すべて均等につけれます...続きを読む

Q少年野球の指導について (少し長いです)

少し長いですゴメンなさい。小学4年生の息子についてです。

3年生の春ごろから地元の軟式野球チームで野球をやらせています。
半年くらい前に、より良い練習環境を求め、同じ地元の別のチームに移りました。

そろそろ新チームにも慣れて来た頃なのですが、先日の練習後から肩が痛いと言いはじめて、
ここ1~2週間大事を取って練習をお休みしていました。

始めは練習のし過ぎが原因と本人も言っていたので、息子からの話も良く聞かずに、
練習を休ませて、近くの接骨院に通わせていたのですが、
痛みが中々取れないようなので心配になり、息子に肩を痛めた経緯を再度詳しく聞き直しました。

すると本人が言うには、練習中に、あるコーチの一人から「上から投げろ!」と、
送球フォームの修正・矯正を受け、息子がいつも投げているフォームと違う投げ方を強いられ、
無理して投げ続けていたら、肩が痛くなった・・・と言うのです。

肩が痛いとコーチに言うと、さらにそのコーチからテニスラケットを上から?振れば直ると言われ、
別メニューで一人テニスラケットを振らされて居たと言うのです。
さすがに息子もおかしいと思いラケットは適当に振っていたらしいのですが、
コーチの指導に納得がいかないようで、私も事の経緯を聞き驚きました。

息子は以前所属していた野球チームでも当初「上からなげろ」と言われていたのですが、
本人曰く「上から投げると肩を壊しそうだ」と言うので、肩を壊しては元も子もないので、
無理して指導どおり投げなくて良いと本人に伝えていました。

しかし新チームでも「上から投げろ」言われたので、指導どおりに投げた所、
肩を痛めてしまったのです。

ネットで色々と調べてみた所、元巨人の桑田さんが、「上から投げろ指導は正しくない」と言う、
趣旨の発言していたのを見て、やはり「上から投げろ」指導は正しくないのではないか?と言う気持ちを強くしてます。ただ自分は野球の経験がないので、コーチの指導が正しいか正しくないか?の判断はつきかねるのです、
ですが素人考えで思うには、上から投げた方がいい場合も勿論あるだろうが、
それは個人差があるので、一概には当てはまらない指導なのではないのか?
つまりケースバイケースではないか?・・・と考えています。

息子はチーム内で1に2を争うほど球が速く、体もひじょうに柔らかく、その点については所属チームのコーチや監督からも一定の評価を受けています。
親ばかだとは思うのですが、センスがそれなりにあると感じていますし、
これから将来も野球をずっとやらせて行きたいし、本人もそのつもりでいます。
まだ先は長いので、将来を考えた時に、今、肩を痛める事などがあっても良いとは、
どうしても思えないのです。

このコーチの、上から投げろやテニスラケットの指導は正しいのでしょうか?
またコーチや監督とこの事について深く話し合うべきでしょうか?

野球を知らない自分が、コーチや監督に物申す事や、
新チームに移って日が浅いので、もしチームの指導方針と合わないからといって、
ホイそれとまた別チームに移るのも考え物なので、
どうすれば良いのか?と正直迷っています・・・・。

少し長いですゴメンなさい。小学4年生の息子についてです。

3年生の春ごろから地元の軟式野球チームで野球をやらせています。
半年くらい前に、より良い練習環境を求め、同じ地元の別のチームに移りました。

そろそろ新チームにも慣れて来た頃なのですが、先日の練習後から肩が痛いと言いはじめて、
ここ1~2週間大事を取って練習をお休みしていました。

始めは練習のし過ぎが原因と本人も言っていたので、息子からの話も良く聞かずに、
練習を休ませて、近くの接骨院に通わせていたのですが、
痛みが中々取れ...続きを読む

Aベストアンサー

日にちが結構経っているのに質問者の返答がありませんが…回答を見ているのかわかりませんが…

野球肩で調べると要因がわかります。

>無理して投げ続けていたら、肩が痛くなった・・・と言うのです。

これが原因ではないでしょうか?

無理は禁物!

学童野球で4年生くらいまでなら指導はシンプルが一番だと考えています。

ラケットを使っての指導は良くありますが、肩が痛いときはやめたほうが…テニスのラケットは重いので、プラスチックやバトミントンのラケット、ほうきを使うほうが良いかと思います。

小学校4年生に『肩、肘のラインを…』と指導しても、家に帰って『何を言われたかわからなかった…』となるなら『上から投げろ!』と指導するのはOKだと思いますよ!

ただ、ボールを投げての大幅なフォーム修正はやめたほうが良いと思います。

肩の痛みが無くなってからお父さんの前で毎日シャドーをやらせましょう!

お父さんは肩の怪我が治るまでにピッチングフォームの勉強をして指導してください。

毎日シャドーや素振りをやって、プロ野球JRチームを目指してくださいね!

Q小4の息子のバット

(小2から始め)現在、小4の息子が少年軟式野球をやっておりますが、

今まで、ローリングスの軽量のカーボン(ミドルバランス)を使用していましたが、そのバットが短くな

り、このオフ、新しいバットの購入を検討しておるのですが、うち息子的には、「ルイスビルスラッガー

のカタリスト」が気になるらしく、(私、父親的には中学では使用できない「ビヨンド」よりは、いいので

すが・・)実際このバットは来期の小5から使いこなせるものでしょうか?ちなみにうちの息子は、

身長は平均ですが、体型はがっちりしており、小5以下のチームでは一応クリーンナップを勤めて

おります。

抽象的な質問ですが、アドバイスをいただければ幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。

カタリストを知る切っ掛けは分かりました。

その、元プロ野球選手の言われる通り、軟式ならビヨンド系かカーボンの方が
飛ぶ気がします。
ただ、TK0503は、ビヨンド系は中学では使えないので外されているようですので
カーボンが良いのかもしれません。(カーボンも中学で使えない事が有るようですけど)

この前の土曜,日曜に少年軟式でルイスビルスラッガーのバットを使っている子を
探しましたが、自分の知り合いではいませんでした。

次に、ネットの情報を調べると「ボールが飛ぶ」と言う意見が多く
楽天市場で調べても、売り切れのショップが多かったので、人気は有るようです。
因みに、売り切れていますが、一番安いのが15225円でした。

カタリストと同じ長さ,同じくらいの重さのバットを使えるのなら
カタリストでも問題ないと思います。
(カタリストにはトップバランスも有りますけど)

また、元プロ野球選手の方と直接話される機会が有れば、どの程度の重さが
適切か等を聞かれるのも良いと思います。

一般論としては、短いバットを長いバットに買い換えるのは良くある話で
当然、重くなります。

ただ、それで苦労する子は殆どいません。
(最初は、多少の違和感がある子はいますが、直ぐになれます)
力のあるお子さんのようですから、軽いバットより多少重みを感じる位の方が
飛ぶ可能性も有ります。

金属バットであれば、そのメーカーの中の上(低下で1万円くらい)なら
極端な差は無いと思います。
余りにも安いバットは、飛びが悪くへこむ事などが有るようですね。

No.3です。

カタリストを知る切っ掛けは分かりました。

その、元プロ野球選手の言われる通り、軟式ならビヨンド系かカーボンの方が
飛ぶ気がします。
ただ、TK0503は、ビヨンド系は中学では使えないので外されているようですので
カーボンが良いのかもしれません。(カーボンも中学で使えない事が有るようですけど)

この前の土曜,日曜に少年軟式でルイスビルスラッガーのバットを使っている子を
探しましたが、自分の知り合いではいませんでした。

次に、ネットの情報を調べると「ボールが飛ぶ」と言う意見...続きを読む

Q野球はセンスだ!

野球経験者なのですが野球はセンスだと思いますか?

自分も練習をかなりやったけどやっと人並みって感じです。

野球のうまい人ってセンスあるんだなーとか思ってしまうのですが
それって練習量の差なんでしょうか?

練習量の差をセンスの差と思ってしまっているのでしょうか?

私は練習の差が実力の差だと思いたい人間です。(センスと練習の差もあるんだろうけれども)

Aベストアンサー

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
と思います。(上位20%、の意味は選手が100人いて、守備・打撃を考慮して20人
選抜される中に入る、という程の意味です)

 しかし、「人並み」の意味が中学での話しか、高校でのことかで、全然変わってしま
います。中学で野球をやった子の内、自信のある子が高校で野球部に入るのが一般
的だからです。そもそも中学で野球部に入る子は小学生のころの草野球でそこそこで
きる子が多いです。(サッカー熱が高い地域では違うかもしれません)大学選手権で
上位を狙うような大学では、その中で補欠に入れればすごいことですね。

 ボール感、リズム感などの神経系統の能力は小学校4,5年生が一番伸びる時期だ
と言われています。上位1%になりたいならば、この時期に成長期の発達や障害を意
識した良い指導者の下で、良質(バランス、ハンドアイコディネーション:眼と手の協調
など)で適量のトレーニングをこなしたいですね。

 プロ・セミプロでなかったら、成人後でもバランスボードやハンドアイコディネー
ション等の科学的なトレーニングはすごいレベルアップになると思います。

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
...続きを読む

Q少年野球の大人に不満、どうしたら?

子供が地区の野球少年団に入団しているのですが、監督もコーチも5・6年生の親が毎年変わりながらするのが伝統になっているチームです。
(その他全てにおいて親がかかわっています)
だから、教えてくださる監督やコーチには感謝しています。
主人もコーチこそはしていないものの、仕事がない限り毎回出席してバッティングピッチャーをしたり、審判をしたり、時にはグランドの芝刈りをしたり・・・と、できる範囲内でお手伝いをしています。
 
息子は体も小さく、足も遅く、肩も弱く、反応も鈍く・・と、野球をするにはあきらかに劣っている事が多いです。
しかし、野球をやりたい!という気持ちは強いので、私も主人のなんとかしてあげたいと、自主練の手伝いをしています。
朝は学校は行く前にランニングと反復、夕方はダッシュとバッティング
(主人が早く帰ってきた時は、部屋の中でシャトル打ちをしています。)
お風呂から出てきたら、柔軟と懸垂。
時間があるときは外で壁当てしたり、シャドーをしたりします。
努力していてもなかなか上達しないのでやきもきしたりもしますが、
それでも続ける事が大事だと言い聞かせ、その言葉に答えてくれます。

先日試合の時に、たまたま場所の関係でベンチの真後ろに立って応援をしていました。
そこでの大人の言葉、態度に驚愕しました。

息子はサードをさせていただいているのですが、ファールボールが飛ぶたびに、「遅い」「格好が悪い」
確かに反応が鈍いので言われても仕方がないのかもしれません。
しかし、アウトにした時でも「(送球の)球が遅い」「投げ方が悪い」
と褒める言葉は一つもありません。
以前ダイビングキャッチしてアウトにしたときなどは、
「あんなの飛びついてとらないと取れないのか!」
「普通に取れる球をナイスプレーに見せているだけ」と、
やはり褒めるどころか、けなしていました。
一番驚いたのは、セカンドに投げてアウトにしようとした所、
セカンドの子がボールをグラブから落としてしまい、セーフになった時
その子の親がベンチ内にいたせいか、それまでいいたい放題言っていたのに急に黙って、尚且つ息子に「もっと思いっきり投げろ」と言ったのです。
送球は悪くなかったのに!です。

それ以外にも言い出したらきりがありません。
明らかに大人の集団いじめにあっているとしか思えません。
退団した1学年上のお父さんが飲み会の時に主人に、
「OO君(息子)はまじめだから、大人のねたみとかで色々言われて
かわいそうだな」と言ったそうです。
その時、親だからそう感じていたわけじゃないんだ。
周りにも同じように感じてくれる人がいるんだ。
と、すこしだけ気持ちが軽くなりました。

今まで、あえて文句も言わず色々団の為に尽くす事で息子を守ろうと
してきましたが、もう限界です。
私や主人はこれからどのように接したらよいのでしょうか?
いいアドバイスがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

子供が地区の野球少年団に入団しているのですが、監督もコーチも5・6年生の親が毎年変わりながらするのが伝統になっているチームです。
(その他全てにおいて親がかかわっています)
だから、教えてくださる監督やコーチには感謝しています。
主人もコーチこそはしていないものの、仕事がない限り毎回出席してバッティングピッチャーをしたり、審判をしたり、時にはグランドの芝刈りをしたり・・・と、できる範囲内でお手伝いをしています。
 
息子は体も小さく、足も遅く、肩も弱く、反応も鈍く・・と、...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、子どもさんが野球が好きなことが何よりです。
子どもさんと話し合ってみましょう。それから監督、コーチにはっきり言われると良いでしょう。
監督、コーチの中には子どもたちの為でなく、チームは自分のものと考える人も居ますから。
私の子どもが小学時代野球をやっていて、質問者さんとほぼ同じ経験をしました。その時監督、コーチに私の意見を話しました。
以来がらりと態度が変わりました。
良い方向に行けますように。

Q少年野球のキャッチャーミット

小学3年の子供が少年野球(軟式)で最近キャッチャーをやるようになり、キャッチャーミットを買うべきか悩んでおります。現在は、監督さんの私用のものを借りている状態で、監督さんからは好きに使っていいと言っていただいておりますが、いつまでも借りているのも気が引けております。そこで質問です。今購入した場合、小学校を卒業するまで使えるものでしょうか?当然、練習量や保管状態にもよるとは思いますが、一般的にで結構です。また、メーカーはハタケヤマのものを考えておりますが、サイズLでは小学3年では大きすぎますか?実際に手にとってみるのが一番だとは思いますが、田舎なのでハタケヤマの少年用を販売しているところがないため、そのときは通販と思っております。参考程度でも健康ですので、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

私は現在野球少年団のコーチをしている自称お兄さんですが、元高校球児&ノンプロ選手
でキャッチャーでした。結論から言わせていただきますと、
「子供さん本人が絶対キャッチャーをやりたい!」と強く決意しているのであれば、
今購入しても良いと思いますが、半信半疑であればしばらく借用品の方が良いですよ。
借用品で気が引ける気持はわかりますが、キャッチャーミットは野手用のグラブよりも
高額ですし、ミットの型を作るのも子供さんには非常に大変です。
購入当初1~2カ月位はまともに捕球出来ないと思います。
今流行の湯もみ型付けはミットにはあまり適していないと私自信は思っております。
その場にいて自分の理想を話して型付けしていただくなら良いのですが、まだミットの
型をどう作れば良いかもわからないはずですから!
仮に今ミットを購入した場合、少年野球卒団までは使用出来ると思いますが、現時点で
3年生に少年用Lサイズは大きすぎますよ。特にキャッチャーはミットが大きすぎると
網部分で捕球した場合にミットを押えきれず流れてしまう傾向がありキャッチングが
上手く出来ないものです。今購入するなら体に合うサイズの物を・・・
ハタケヤマのものを考えておりますが、は見る目が良いですね!私がノンプロ時代に
出来たメーカーですが(確か1985年)良いミットでしたよ。
ただ今は他のメーカーもがんばっているので、実際に量販店等で手にして見るのを
おすすめします。その際サイズの問題もわかると思います。
ちなみに今うちの選手が使用しているキャッチャーミットはナイキ社製の城島モデルで
昨年イオンのスポーツオーソリティーで半額以下で団で1つ購入したんですが、
レギュラー捕手が同じものをすぐ購入しました。レギュラーともなると自分のものが
欲しくなるんですね!
指導者の方とよ~く相談して、あせらずに決めましょう。
時期によっては安くて良いものが手に入りますよ。
元気良く野球がんばってくださいね。親御さんも何かと大変だと思いますが
将来野球をやらせて良かったね!って思える日が絶対に来ると思いますので
協力してあげてください。

私は現在野球少年団のコーチをしている自称お兄さんですが、元高校球児&ノンプロ選手
でキャッチャーでした。結論から言わせていただきますと、
「子供さん本人が絶対キャッチャーをやりたい!」と強く決意しているのであれば、
今購入しても良いと思いますが、半信半疑であればしばらく借用品の方が良いですよ。
借用品で気が引ける気持はわかりますが、キャッチャーミットは野手用のグラブよりも
高額ですし、ミットの型を作るのも子供さんには非常に大変です。
購入当初1~2カ月位はまともに捕球出来ないと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング