カテコールのpKaを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

deg」に関するQ&A: 極座標表示のdeg

A 回答 (2件)

pKa1 9.12, pKa2 12.08(30℃、H2O),



出典 Chapman and Holl
;Dictionary of Organic Compounds 5Edition
B-00180
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「Data From SRC PhysProp Database」
============================
pKa Dissociation Constant: Value : 9.45 Temp : 25 deg C Type : EXP Ref : SERJEANT,EP & DEMPSEY,B (1979)
===========================
ご参考まで。

参考URL:http://esc.syrres.com/interkow/webprop.exe?CAS=1 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水溶液中のpKaがわかっている物質の有機溶媒中でのpKa

例えば水溶液中でpKaが3の酸があったとします。
その酸のpKaを水と有機溶媒(例えばメタノール)が混じった溶液中で測ったらどうなりますか?個人的にはイオンになりにくくなるということでpKaが大きくなるなると思うのですがあっていますか?

Aベストアンサー

物質の構造と有機溶媒の相互作用によって溶媒和の状態がかなり変わるため、はっきり言うことができないようです。(例えば水中でのpKaが物質A、B、Cの順に小さくなるからといって、他の有機溶媒中でのpKaもA、B、Cの順に小さくなるということはない。)
以下のサイトのpKa表を利用してみてはいかがでしょうか。
http://tera.chem.ut.ee/~ivo/HA.html
http://www.chem.wisc.edu/areas/reich/pkatable/index.htm

QビスフェノールAのpKaを教えてください。

ビスフェノールAのpKaを教えてください。できたら、BPAのOH基のpKaのを教えてていただきたいです。

Aベストアンサー

> ビスフェノールAのpKaを教えてください。

 「Google」(↓)で検索すると見付かったのですが,直接御覧頂いた方が良いと思います。

 検索窓に「"bisphenol A" pKa review」と入れて検索して下さい。一番上にある『A REVIEW OF THE ENVIRONMENTAL FATE, EFFECTS, AND EXPOSURES OF ...』(PDF ファイルです)の中に文献とともに出ています。


> できたら、BPAのOH基のpKaのを教えてていただきたいです。

 BPA とはビスフェノールAの事でしょうか?

 ビスフェノールAの酸性の基は OH 基だけですので,上記のファイルを御覧下さい。

参考URL:http://www.google.co.jp/

QpKa のリストを探してます

有機化合物・無機化合物のpKa (pKb) 値の充実したリストを探しています。できれば Web で手に入ればよいのですが・・・ よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLにあります。
ただし、はじめに表示されるのはDMSO中でのものであり、通常の水中のものとは少し違っています。水溶液中のものを見たい場合には、左のフレームの「water」をクリックして下さい。

参考URL:http://www.chem.wisc.edu/areas/reich/pkatable/

QpKa=12.35近傍のリン酸緩衝液を作りたいのですが、作り方が分かりません。

pKa=12.35近傍のリン酸緩衝液を作りたいのですが、どうすれば作れるでしょうか?
リン酸緩衝液はpKa=7.21近傍で調整されることが多く、pH=10以上の緩衝液が必要なら炭酸緩衝液などを使うことは理解しているのですが、実験都合上、pKa=12.35近傍のリン酸緩衝液が入用になりました。
どなたか、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

リン酸3ナトリウム水溶液にリン酸を滴下して目的 pH にする.塩化物イオンや硫酸イオンの存在が問題にならないなら,塩酸や硫酸を使ってもかまわない.
濃度を規定する必要があるときは,目的濃度のリン酸3ナトリウムとリン酸水素2ナトリウム水溶液を用意し,目的 pH になるように混合する.

QpKaとは

pKaの値が小さいほど酸性度が大きくなるというところまでは分かるのですが、辞書やインターネットで調べても難しく、pKaとは何なのかということが具体的に理解できません。
なるべく噛み砕いて教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

pKaは水素イオンを放出する能力で、
pHは放出された水素イオンの量 というとイメージがつかめるでしょうか。

pHは濃度の影響を受けますがpKaは濃度の影響をあまり考えませんし、水溶液でなくても比較できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報