文書の標題について、たとえば
 「○○に関する件ほか5件について」
のようなことを書きたい場合に、この”ほか”の部分を漢字で表すとすると、
 「○○に関する件外5件について、」と
 「○○に関する件他5件について、」
のうちの、どちらが本来の形なんでしょうか?

それと、こんな風に書いた場合に、全体の件数としては、
 「○○に関する件」とそのほかに5件で、全体では6件、
のように取ったり、
 「○○に関する件」を含めて全体で5件、
のように取ったりで、あいまいな感じもあるのかと思いますが、
その辺はどのように考えておけばいいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

みなさんも同じような疑問をもたれているのですね。



不動産の物件表示の際、慣例的に
「○○市××町△△100番外5筆」と表記しています。(合計6筆)

どちらが正しいというより、ケースバイケースで使い分けすべきだと思います。
総数で曖昧と思われる場合は、付け加えて言えば良いと思います。
    • good
    • 0

No.3で添えた参考URLが長すぎて削除されてしまったようなので,改めて示しておきます。

「他」と「外」のほか,いろいろと表記の問題が扱われています。


http://www.pref.hokkaido.jp/soumu/sm-bnsho/words …
    • good
    • 0

私はうかつにも30年位前に、不動産関係に関する弁護士の書いた書類で「外」を「ホカ」と読むことを初めて知り驚いたことがあります。



例えば「渋谷区渋谷二丁目304番地1、外三筆。」というように記述してあるわけで、読み方も「ソト」なのか「ガイ」なのかも知らず

聞いたところ「ホカ」だというので、すっかり非常識ぶりがばれてしまったのです。

「ソノタ」「ソノホカ」と言うのは、私の頭の中では「その他」であり、IME2000でも「ソノタ」と打ち込めば「その他」「其の他」が出てきます。

「ソノホカ」では「その外」「その他」が両方ともすぐ変換しますが、普段使うときは「その他」を使い、「その外」は殆んど使いません。

また「そのた」「そのほか」という平仮名を比べてみると、漢字を多用してきた世代としては、「そのほか」は受け入れやすいのですが、

「そのた」は、意味が通じるのかどうか不安を感じ、不親切に思えて漢字を使い「その他」と書くようになります。

戦中派より少し若い世代の私流の考えでした。
    • good
    • 0

「他」を「ほか」と読むのは常用漢字外の読み方だったのではないでしょうか。

「外」は常用漢字で「ほか」という読みが与えられているはずです。もちろん常用漢字に強制力はありませんが,いちおう「公的」には「外」のほうが適切ということになろうかと思います。ただし,私は個人的には「他」または「ほか」と書きます。「他」は「た」と読まれても意味は変わりませんが,「外」を「そと」と読んでしまうと意味が通じなくなるからです。

「○○に関する件ほか5件について」はおっしゃるとおり曖昧な気がします。「○○に関する件<の>ほか5件」なら計6件,「○○に関する件ほか<の>5件」なら計5件になると思いますが(後者はまだ曖昧か?)。
    • good
    • 0

広辞苑では他と外を認めていますが、一般には他が多いような気がします。

なお他という場合、主題の件とは別にという意味になるので、件数は○○の件と他の5件で合計6件となります。「出席者は加藤さん他二人」は当然3人と受け取るでしょう?
    • good
    • 0

私は、原則としてひらがなで「ほか」と書きますが、どうしても漢字で書かなければいけない場合には「他」を使います。


ひらがなを使うのは、そのほうが文章が読みやすいからです。(司馬遼太郎さんの影響を受けました。司馬遼太郎さんは、名詞は極力漢字で、名詞以外はひらがなで書くようにしていたそうです。)
全体の件数は、「そのほかに」の方だと思います。私の会社では他の人もみなそう言う使い方をしています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「○○になった」「○○になっていた」「○○になってきた」等のニュアンスの差

問題が山積みで頭が  痛かった。
                痛くなった。
                痛くなっていた。
                痛くなってきた。
                痛くなってきていた。

5つの表現のニュアンスの違いを知りたいのですが。

Aベストアンサー

痛かった。 (過去に、そうなった)
痛くなった。 (結果として、そうなった。)
痛くなっていた。 (知らないうちに、そういう状況になっていた。)
痛くなってきた。 (次第にそうなった。)
痛くなってきていた。 (過去に、次第にそうなった。)

このようなニュアンスと受け止めました。
あくまでも、私の見解です。
ご参考程度に。

Q追悼文の標題について

ある同人誌に、先輩の追悼文を寄稿するように依頼されました。
そこで、その標題について、ご教示お願いしたいと思いますので
よろしくお願いします。

1、○○○先輩の死を悼む
2、○○○先輩を悼む
3、○○○先輩を偲ぶ

以上、三つのうちでどれが一番適切でしょうか。

Aベストアンサー

1.は死の前後について知っている場合。
2.ごく普通。
3.かなり時間が経ってから。

Q「○○を迎えられた。」は○○になった?なる?

先日職場でモメたのですが、
「誕生日を迎えられた方。」「出産を迎えられた方。」は
誕生日になった・出産した。
なのか??
誕生日が来る・出産する。
なのか??

7:3くらいで「なった(過去):なる(未来)」と意見が分かれました。正しい日本語の意味としてはどちらが正しいのでしょうか?
ちなみに私は「なった」過去派です。

Aベストアンサー

 はっきり言って、「誕生日を迎えられた方。」「出産を迎えられた方。」だけでは過去か未来かの判断はつきません。前後の文脈から判断するしかないと思います。
ポイントになるのは「~た」という部分で、この「~た」はご指摘のように助動詞です。意味は普通、学校文法で、

  (1)確認    これはきみのだったね。
  (2)過去    昨日は暑かった。
  (3)完了    やっと今完成した。
  (4)存続    親に似た子。

と、分類しています(もちろん他にも説がありますが)。

 さて、質問文の「誕生日を迎えられた方」「出産を迎えられた方」の「た」を上の(2)過去 の意味に解釈すると、「誕生日はすでに過ぎている」「出産はすでに済ませている」ということになり、皆さんのご意見の通りになります。
 次に(3)完了 の「た」と解釈すると、「誕生日を迎えるという行為を完了した」「出産という行為を完了した」ということになり、(2)過去 との区別は曖昧です。
 しかし、(4)存続 の意味に解釈すると、「誕生日を迎える状態に今ある」「出産を迎える状態に今ある」という意味に取ることになります。つまり現在の状態は、「誕生日がもうすぐくる」「近いうちに出産する」ということになり、“過去”とはいえなくなります。

 例えば、下のような文が成立するのは「~を迎えられた方」の「た」を(4)存続と解釈するからで、当然まだ出産はしていないということになります。

 この病院には、来週に出産を迎えられた方もたくさんいらっしゃる。

因みに、存続の「~た」は連体形でしか使われません。

(独断の荒っぽい説明なので、自信なしです。)

 
 

 はっきり言って、「誕生日を迎えられた方。」「出産を迎えられた方。」だけでは過去か未来かの判断はつきません。前後の文脈から判断するしかないと思います。
ポイントになるのは「~た」という部分で、この「~た」はご指摘のように助動詞です。意味は普通、学校文法で、

  (1)確認    これはきみのだったね。
  (2)過去    昨日は暑かった。
  (3)完了    やっと今完成した。
  (4)存続    親に似た子。

と、分類しています(もちろん他にも説がありますが)。

 さて、...続きを読む

Q満○○年、満○○才って端数の月数はきりあがる?

大人の中でも意見が分かれてるので質問します。
例えば5年3ヶ月、5歳3ヶ月って満5年、満5歳なのか満6年、満6才なのかどちらでしょうか。

Aベストアンサー

満は誕生日で1歳増えます。ので次の誕生日までは同じ年です。
5歳三ヶ月は満5歳。

Q赤で囲んでいる「5」はどこからきたのですか? それと、全体的に理解ができないので解説お願いします。

赤で囲んでいる「5」はどこからきたのですか?
それと、全体的に理解ができないので解説お願いします。

Aベストアンサー

1=9-4・2
=9-(22-9・2)・2
=9-(22・2-9・2・2) ← ここからですね 9×2×2を最初の9にまとめています。
=9+9・2・2+22・(-2)
=9・(1+4)+22・(-2)
=9・5+22・(-2)
=(31-22・1)・5+22・(-2)
=31・5+22・(-7)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報