今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

証券会社を訴えたら勝てるか?

不動産投資信託(リート)をやっていました。基準価額がさがりはじめたころ、証券マン営業に今が下がりどきでしょうか?と聞いていたら、今が底かもしれません。と毎回言っていました。一年くらいの取引での付き合いだったので、信用して、買い続けたところ、結果的に111万円の損害がでました。この証券会社を相手取って、一日で終わる低額訴訟で50万円の損害賠償を請求したら、勝てるでしょうか?詳しい方、よろしく、ご教授お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

金融商品の損失は「全て」自己責任で、訴えても勝てるはずがないと誤解している人が多いようですが、勝つか負けるかは、少なくともあなたの適合性(知識・投資経験・投資目的・資産状況)及び販売の説明内容(及びそれを裏付ける証拠)を詳しく聞かないと全くわかりません。



(仕組債のような複雑な商品や、かなりの高齢者が多額の損失を被ったのであれば、十分勝算はあります。但し、逆にそういった事情がなければ勝訴は難しいでしょう。勝訴投資商品の判例が参照URLにありますので、どういった事例で勝っているかはこちらを参考にしてください)

なお、金融商品の訴訟は争点がかなり複雑になるため少額訴訟での決着はまず不可能です。
といっても通常訴訟だと損害額110万円では恐らく費用倒れになるので、弁護士はまず受けてくれないため、「証券・金融商品あっせん相談センター」(FINMAC)のあっせんに頼るしかないでしょう。
http://www.jsda.or.jp/html/kujyou/index.html
(訴訟と比べると、費用面でも手続面でも圧倒的に便利です。但し、訴訟と違って強制力がないため、相手方があっせんに応じなければ訴訟に移行するしかありません)

参考URL:http://www2.osk.3web.ne.jp/~syouken/hanrei.html
    • good
    • 0

 はっきり言いますが、こんな眠たい事を言うようでは貴方は相場をやらないほうがよろしいでしょう。

逆にお伺いしますが、それによって100万程度儲かっていたら、その証券マンに30万円でも渡しましたか?しませんよね。

 相場は勝っても負けても自己責任です。
    • good
    • 1

勝てるはずもない。



自分から相場の見解を聞いといて、その答えを言質にとっての裁判などモンスタークレーマー。
    • good
    • 1

>今が下がりどきでしょうか?と聞いていたら、今が底かもしれません。

と毎回言っていました。

と言われても買うのは質問者さんの自由であります。
相手は勧めるのが商売です。
だから投資は自己判断と言われるのでありますが・・・。

訴えても勝てません。 
相手が無理矢理に勝手に売買したというのならば問題でありますが、
証券マンは仕事をしただけなので、残念でありますが・・・。
    • good
    • 0

勝てたら、損した人みんなやるでしょが。

    • good
    • 0

投資は自己責任です。


誰がどの様な事を言ったにしても、最終的な判断の責任は投資家にあります。

勝てるはずはありません。
費用倒れも良いとこです。

第一、どう言ったとかの証拠はありますか?
あるとして、その証拠は書類になっていますか?
録音・・まあ、参考程度にはなるかも

それがなければ、所詮は水掛け論・・
証券マンがその様なへまをするとも思えない・・
何しろ、「今が底かもしれません」と言っていたのでしょう。
底ですとは断言していないのです・・・


まあ、時間とお金があって、そして裁判とはどの様なものかを経験したければ、やってみるのも良いかも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証券会社を訴えられるか

消費者センター、弁護士に相談したのですが専門の方が居なくて難しいと言われた件です。

事情があり、母名義で父が株を購入していました。
その父が亡くなると
証券会社が母に、今の株を売却して日経に連動した債権を購入する様
日に何度も電話をしたり、アポなしで夜間、押し掛けたりしたため
根負けして承諾
そのため、その株の売却損と日経下落により大赤字となった。
この証券会社は、取引規約に、アポなしの訪問はしない、お客様の意向を尊重する旨書いてますが
担当者が無視し、大事にいたりました。

そこで、規約違反による責任(正常な取引ではない)
素人としりながら損失が出る様な取引を、強要したとして
弁護士等に相談しましたが、当時(5年前)
債権の取引が終わっていないので損失が確定していないとか
相手が悪い事の証明が難しいと言われて
訴訟は断念しておりました。
問題の債権は、取引規約を守られてない、会社に責任があるから責任とれ
とごねていたので5年程、そのままでした。
ところが、先日、現担当者がお酒の席の時、電話をかけてきて
説明をするので、もうしょうがないかという気持ちになり
別の債権に変更となったのです。

質問なのですが
1.こうゆうケースは証券会社を訴えることができるか?
2.最後の変更で赤字額は確定になる?
3.私も母も素人で債権取引はしたくありません。
  考えるのも面倒ですが、市場の変動で変更するので結局満期まで
  置く債権はありません。止める場合はどうしたらよいか?
4.専門の弁護士さんはどこで探したらよいか?
5.相談機関はあるのか?
6.将来的にはその他、被害防止のため、詳細をネットに公開したいと考えているが
  法律上の注意点はあるか?

 等尚よろしくお願いします。

証券会社の問題点として
1.契約規約の違反
2.元々の取引が父であって、母に取引を言うの相手が素人であると分かってやった。
  (法律上は名義のため問題ないであろうが)
  証券会社へは父が亡くなったのは伝えてなかった。というか
  父に勝手に取引すれば怒られる等、言って断ったにも関わらず、再三押し掛けた。
3.父が生きていた時期に母に取引を言った事はない
4.数々の取引規約の違反、コンプライアンス違反にも関わらず
  損失の責任を一切もたない
5.申し入れ書を渡して説明を求めたいといっても聞く耳を持たない

消費者センター、弁護士に相談したのですが専門の方が居なくて難しいと言われた件です。

事情があり、母名義で父が株を購入していました。
その父が亡くなると
証券会社が母に、今の株を売却して日経に連動した債権を購入する様
日に何度も電話をしたり、アポなしで夜間、押し掛けたりしたため
根負けして承諾
そのため、その株の売却損と日経下落により大赤字となった。
この証券会社は、取引規約に、アポなしの訪問はしない、お客様の意向を尊重する旨書いてますが
担当者が無視し、大事にいたりました。

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

1.こうゆうケースは証券会社を訴えることができるか?

>可能ですが勝てる保証はありません。
裁判は自由に出来ます。
結構な数の裁判を見ていますが、勝率は低いです。
投資は自己責任なので、「証券会社に勧められた」としても、最後は本人が判断する(または、した)ことになっています。
証券会社の営業がそういうことでボロを出すことはまずないです。

2.最後の変更で赤字額は確定になる?

>質問だけでは確実なことは言えない。

3.私も母も素人で債権取引はしたくありません。
止める場合はどうしたらよいか?

>精算してもらえば?
損は出るかもしれないがかかわりは切れます。

4.専門の弁護士さんはどこで探したらよいか?

>専門の弁護士なんていません。
「こういう案件に強い弁護士」はいます。
弁護士会で相談を。
弁護士会の返事がつれないとしたらあなたの聞き方が悪いです。

5.相談機関はあるのか?

>○○証券被害者の会とかかな。
公的機関は投資家の損害をフォローしません。
投資の違法な勧誘等は金融庁に相談。

6.将来的にはその他、被害防止のため、詳細をネットに公開したいと考えているが、法律上の注意点はあるか?

>名誉棄損や営業妨害で訴えられる。
あなたの損害以上の損害賠償請求訴訟を起こされ、さらに余分な費用負担を強いられる。
会社相手に裁判を起こすようなまねは「ネットで相談している知識レベル」ではおすすめ出来ない。
(相手に付け込まれるだけです)
投資問題に強そうな弁護士に相談すべきですね。
「裁判やって勝てる人」や「他人や他社の問題(悪口)をネットに書き込んで大丈夫な人」は質問サイトで聞いたりしませんよ。
そういう人は充分に理論武装してから喧嘩してます。

具体的な人名や社名・団体名は本サイトでは記載出来ない(規約で禁止)ですから、
追加で質問されても教えられないです。

1.こうゆうケースは証券会社を訴えることができるか?

>可能ですが勝てる保証はありません。
裁判は自由に出来ます。
結構な数の裁判を見ていますが、勝率は低いです。
投資は自己責任なので、「証券会社に勧められた」としても、最後は本人が判断する(または、した)ことになっています。
証券会社の営業がそういうことでボロを出すことはまずないです。

2.最後の変更で赤字額は確定になる?

>質問だけでは確実なことは言えない。

3.私も母も素人で債権取引はしたくありません。
止める場合はどうし...続きを読む

Q退職済みの会社の担当顧客から訴訟を起こされそう

妻が退職した会社からの相談事です。
5ヶ月前に退職した会社より、「相談があるため直接会って話がしたい」と相談がありました。
明日話だけは聞くつもりです。

今回の相談事の概略をご説明します。
妻は6月いっぱいまで、ある会社の正社員として働いておりました。現在は無職(主婦)です。
その会社というのが、未公開株の出資者を募り上場した際の利益を分配するというものだそうです。営業手段としては主に電話営業となります。

今回の相談ことというのは、妻が担当をしていた顧客Aさんの出資会社が他社に吸収されてしまい、株の価値を相当下げたことで顧客Aさんを大損させたことに始まります。
Aさんは大損したことに気づき、はじめは会社へ「どうしてくれるんだ」というような話があったそうです。しかし商品の性質上、会社としても何ともできないような話をしていたらしいでのですが、Aさんは
とうとう訴訟を起こしたらしいのです。
未公開株への出資については、そのリスクも書面付きで説明しております。

会社には、訴訟の連絡が書面で届いており、社長、取締役等名前が書かれていました。
その中に、担当営業だった妻の名前も書かれていたのです。

ここまでで書きました状況は、会社のリスク管理担当者や同僚が妻に電話して話した内容です。

すでに退職しているため、どこまで責任を負うことになるのか心配です。
明日、会社の上層部と話し合いがあるのですが、「十分働いてくれていたから、悪いようにはしない」
と言ったことも言われております。
一営業担当者が、社内ルールに沿って販売したもの対して、どの程度責任を負うのでしょうか?
被告として必要になるのか、または証人として「口裏合わせ」をしておきたいのかなど考えております。

明日の話し合いによっては、弁護士を立てることも必要になるのでしょうか。

妻が退職した会社からの相談事です。
5ヶ月前に退職した会社より、「相談があるため直接会って話がしたい」と相談がありました。
明日話だけは聞くつもりです。

今回の相談事の概略をご説明します。
妻は6月いっぱいまで、ある会社の正社員として働いておりました。現在は無職(主婦)です。
その会社というのが、未公開株の出資者を募り上場した際の利益を分配するというものだそうです。営業手段としては主に電話営業となります。

今回の相談ことというのは、妻が担当をしていた顧客Aさんの出資会社が他社に吸...続きを読む

Aベストアンサー

裁判では、担当従業員にも損害賠償請求は認められています。
相手は、他の判決を参考にして、質問者にも請求している。

通常、判決は連帯債務です。損害額全額を請求されます。

下記の参考判例参照。

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/hanrei/data/200905_1.html


人気Q&Aランキング