痔になりやすい生活習慣とは?

SEVの効果…!?

SEVって効果あるんですか?
http://www.sev.info/automobile/index.html

他にもこんな感じに付けるだけで簡単に性能が上がると言う製品には、
どんなのがあるんでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

SEVに関する面白い記述を見つけましたよ。



http://www.sev.co.jp/cgi-bin/sev3HP/sitemaker.cg …

ページ中ほどにある「※金属棒を使用した実験」が秀逸すぐるw
「金属棒にSEVを装着して振ると、SEVなしの場合と比べて、ブレが少なくなります。」だってさ!?
普通に考えれば「当たり前」なんですが、普通に考えられない人にとっては「SEV凄い!」なんでしょうか!?世界は不思議に満ちていますね(笑)これはMMRに調べてもらわないと(爆)

さて、今頃「ヤッベ、地雷踏んじまったorz」と思われているであろう質問者様は上記実験をどのように思われますでしょうか?SEVの電子的な作用による効果だと信じられるなら迷わず購入しませう。普通に純物理的な現象と考えられるだけの脳ミソがあるなら自作パーツでSEVと同等の物理効果を得ることが出来るでしょう。

しかしながら「既知の科学では完全な解明の出来ていない技術」がSEVのウリですので、もしかしたらなにかしらの超自然的な作用、あるいは宇宙エネルギーを効率良く取り入れて使用者の精神状態にまで作用する驚愕の未来科学が詰まった製品である可能性も決して否定出来ません。サーキット走行でも効果がある「人がいる」のは事実のようですしね。
…もっとも、ここに記述された文字情報が全て真実であるという証拠などどこにも存在しないのですが。無論、私をはじめSEV否定側の意見にしたって確実な証拠はございません。何しろ「未知の技術」が使われた凄い製品ですから、現代科学のモノサシではその効果を検証することは難しいでしょうw

つまるところが
「何だか良く分からない代物に数万円という代価を支払って試してみる気持ちがあるか」
ってだけの問題かと。興味があるなら試せばいいじゃん?人の意見より自分を信じようぜボーイ?その結果サイフが軽くなってもそれが青春ってモンじゃねぇかw

まぁ、まっとうな金の使い道としてはその分の金額をガソリン代にまわして「スムーズなシフト操作の練習」をした方が万倍確実に自分の為になるとは思うけどな。地道な努力に勝るものなどないぞ?お手軽に性能アップとか夢見てていいのは子供のうちだけだ(笑)
    • good
    • 11

>他にもこんな感じに付けるだけで簡単に性能が上がると言う製品には、


>どんなのがあるんでしょうか??

もしもご自宅にあれば、梅干の入っていたような壷はどうでしょうか?
マフラーにかぶせるだけで音質、出力の特性、振動が驚くほど変わります。
これは効果があります。
怪しい宗教団体から壷を買うよりもずっと安くておススメですよ。
ただし車のパーツとして設計されていませんから走行中に脱落しないように確実に装着して下さい。

あれ?オカルトグッズの話ですよね?
    • good
    • 6

そんなに効果があるのに、なぜメーカーに売らないのですか?


トヨタの生産台数は約900万台、その半分の450万台に採用されたとして、1個当たり100円の純利益があったとした場合、純利益は4.5億円になります。
それなのに、なぜ個人に売るのでしょうか?
効果が無いか、効果があっても耐久性がなく、交換間隔を考えると却って費用がかかるなどで、メーカーのテストを満足出来ないのではないかと考えます。
個人に売るのではあれば、個人で確認出来る範囲は知れていますので、「あちらでは効果がありました。」と言う事も出来ます。
    • good
    • 6

少なくとも今の人類の既知の化学の範囲ではどうやっても


「効果が有る」と結論を出す事が不可能な製品です。
なのに商売として金になるのは、この手の詐欺グッズを除いては宗教くらいしか無いと思われます。

それでも付ける事で精神的に救われる方が居るとの事なので、叩くつもりはありませんが、
この手の物に陶酔している人は個人的には身近に居て欲しく無いですね。(次はどんな効力のある壷を薦められる事やら...)


余談ですが、
「効果が有るのか?」->「オレが有る気がするったらする」
「使ってみたいが、どんな理屈でどのような効果があるのか?」->「使ってないヤツには解らない!」

「騙され易く、周りに流され易い人」しか実際に購入する事はありませんし、
多くの論理的思考力を持つ一般的な成人は買おうとも関わり合いになろうとも思いません。
ですのでそのユーザーで有る事を誇らしくアピールする人が、どのようなタイプの人間か。
見分ける一つの目印として役立てる事が出来ます。
販売店でしたら「詐欺商品でも利益の為に平気で売る」極悪人か、至極真っ当な商人と言う事になりますね。


その種の製品、またそのユーザーとは、関わり合いにならない事を強くオススメします。
カルト宗教と同じで、肯定すれば更なるお布施を求めてつきまとわれる、
否定すれば、執拗な水掛け論に引きずり込まれるの何れも不毛な結果しか期待出来ません。
    • good
    • 6

私は、マフラーとインテークに付けています。



近所のオードバックスに勤めている人に、自分の車に装着して体験出来る!!てイベントがあるので、やってみないか!?と言われたので、車好きなので騙された!!と思って行ったのですが、物凄い効果があってビックリ(^ ^;)しました!!

で、そのまま外さないで購入しましたよ!!

車は、SF-5Cフォレスターs/tb MT車

私は、この様な怪しいげな商品を多数使ってみましたが、レースで使っている物は効果・体験出来ます。

タイムを競うレースに、効きもしない物は態々装着しません。

使ってもいない人が、効果が無い!!なんて良く言えると思います。
    • good
    • 12

数パーセントの燃費向上に数百億円をかけて努力している自動車メーカーが採用していない事を考えれば、効果は無いと考えるのが自然です。

    • good
    • 16

実際にバラした人の話だと(結構な人数の方がこれは実施、検証しているみたいですね)


例えばどう考えてもイオンの発生などしない物質構造の物(例えば地球上の物質で言う銅とか)
にしか見えないとかって結果があるみたいですね。
しかも一人では無く、同じような数人の方から(笑)

後、忘れてしまいましたが、謳い文句の一つである放射能云々を計った内容も読んだ記憶があります。
地球上での一般的な放射線量より、下手すれば下回る測定データが出てきたとか(笑
誤差範囲と考えても放射物質を放出するような物でも無く、万が一放出していれば
人体への悪影響を考えると・・なんて話があったような?(笑)

あ、後ですね・・・単なるクズ鉄をちょいと加工して、素人にSEVって製品で以下略な
製品で試しに付けて見て!とテストさせてみたら燃費が上がっただの、加速感が良くなっただの・・って
検証データがあったような内容も読んだ気がします(笑
クズ鉄で性能が上がるなら安い物ですね(爆笑

ただ、実際に人体に装着する製品の方でのSEVシリーズは解明出来ないしにくい何か?が
あるとかって話も読んだ記憶があります。
何が正解か不明になりそうですが・・・

でも、●●感とかって最もアテにならないデータですからねぇ・・・

自分が良いと思えばそれでOKだと思えますよね・・・(笑

自分が知っている限りでは、唯一国が認めた(公的機関で認証をされた製品)製品が一つあり、
零1000って所の磁石を使った製品だけですね。
実際にテストを実施して(公的機関にて)唯一認められた製品として今でも唯一、
パッケージに燃費向上などの謳い文句を飾る事が許された製品です。

それ以外は存在しないハズですが・・・(笑
    • good
    • 8

SEVじゃなくてもいいと思うんだ。


要は「比重の大きな物質」を振動・摺動する部材に密着一体化させることで当該部材の固有振動数が変化すれば何かしらの体感効果が得られる訳で。(SEVの装着位置調節によるチューニング効果の違いもこれで納得出来るでしょ?)
SEVの原理を説明してるサイトには「イオンがどうこう」「電位がうんたら」とか尤もらしくも何らの科学的裏づけの無い無責任な説明が記載されており、自分の脳ミソで論理的に物事を考える習慣の無い愚民をケムに巻こうとしているのがミエミエですw
まぁSEVに全く効果が無い訳では無いと思いますが、一般論的に言うところの「性能」が単純に上がるかと言われればNoですね。もし本当に明確な効果があるのだったらコンマ以下のラップタイムを競う競技の世界で真っ先に使われるのが道理で、わざわざ胡散臭い売り文句と共に一般人相手に商売する必要なんて無いでしょう?
[胡散臭い売り文句]よりも[公的に信用性のあるテストデータ]を示せば誰も「オカルトチューン乙w」なんて言わないのに何故それをしないのか?を考えれば答えは明白。

…とは言え、未だに宗教や占い等が商売として成立している現状を鑑みれば「フラシーボ効果」も「性能」の一部と認めても良いと私は思ってます。
その意味においてはSEVが無駄に高価であるのも「フラシーボ効果」をより高める為の必然的仕様であると言えましょう。安物だったら「本当にこんなんで効果あるの?」って疑問を抱いちゃうでしょ?ある程度以上の価格であればこそ「これだけ高価なのだから絶対に効果がある筈だ!」と思い込める訳で。
そう考えて改めてSEVのお値段やパッケージの仕様を見れば実に絶妙な価格設定と見栄え(笑)であることが理解できる筈です。安物では無く、かといって庶民の手が出ない程高価でもなく、パパのお小遣い程度で手が届く価格帯になってるでしょ?(「パパのお小遣い」は個人差がありますが広い意味で捉えて下さいね☆)
最初にこういう商品を考えた人は頭が良いなぁと思いますねー(笑)
でもヤフオク等で販売されている類似品の商品説明文はとても頭が悪いですw 是非一度参照してみることをお勧めしますよ(笑)読めば読むほど胡散臭いw アレで騙される人はある意味幸せ者です。

「裸の王様」って童話をご存知ですか?「バカには見えない衣」を売りつけられる王様のハナシです。現代における各種オカルトグッズも大概似たようなものですよ。
曰く「ヘタクソには効果が感じられないパーツです」ってねw そう言われたら「なるほど確かに効果がある。」って答えないとまるで自分がヘタクソだというコトになってしまいますからねw
しかも「効果」はともかく「変化」があるのは事実だったりするのでタチが悪い(笑)

そう言えばアムウェイの会員募集の際の脅し文句も似たようなノリでした。
「絶対に損する筈の無いシステムなんだから今加入しないなんてバカのすることだ!」って小学生時代の元友人が言ってましたよw 昔はいいヤツだったんですけど、暫く振りに会ったらすっかり洗脳されてましたw なんかこう「新規会員勧誘マニュアル」に則った会話の流れなのがミエミエで悲しくなりました…wwwwww
    • good
    • 7

過去のオートメカニック誌(10年程昔)によると、「ターボエンジンでは効果がある」と言うデーターがありました。

(吸、排気系のみ)

他の部分での効果はわかりません。
    • good
    • 1

NO.2です、効果が無いと言っている訳ではありませんが、同じような商品が安価で販売されています。


SEVはあまりにも高価です。
ヘッドバランサー・吸気・排気と一式そろえると、かなりの額になります。
その値段でも納得されるのであれば、導入されればいいと思います。
ECO&POWERなら、安価で同じ額をだせば一式そろえて、まだ余裕があるでしょう。
まぁ、最終的には好みの問題ではないですか。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSEVの効果効能について教えてください。

みなさんいつもお世話になっております。
車のボディー四隅やスタビライザーに「SEV」を取り付けると、動きが良く(硬く?)なるというHPを見ましたが、本当に効果があるのでしょうか?
これ、流行っているんですか?

以前、自動車業界の中枢で働いていましたが、何年か業界を離れているうちに常識は変化したのでしょうか・・・わたし最近知りました。
広告の通りなら材料業界、自動車業界において革命的な商品だとおもうのですが・・・
今のところ全く信じていません。というか信じるに足りる根拠がありません。ですが、興味あります。 腰痛に貼るシップ程度の効果でしょうか・・・?
経験者の方、ぜひ教えてください。
申し訳ありませんが、SEVのメーカーや販売関係の方の意見は宣伝と同じなので遠慮ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

SEVは、その値段的障害があって、気楽に試せない商品なのですが。
ヘットバランサー(H1)とSEVリンクを使用していました。
結論を先に言えば、ケチらず大量に貼り付け、シャシダイで測定すれば数値的変化が見られるのかも知れませんが、私には体感的にも聴覚的にも 何の変化も感じられませんでした。
貼る位置や貼り方を工夫すればいいのかな?

ただ、過去にもっと安価なジェムと言う商品があって、これはトルマリン系のだったんですが、売れ残りの在庫処分品を定価よりかなり安く買えたので、一時期サスペンションに貼って使っていました。
路面からの突き上げ感は、確かに和らぎ乗り心地は良くなりましたが、峠などでコーナリング中にダンパーが思った以上に沈み、車の挙動変化が大きく危険を感じて使用を辞めた経緯があります。
今にして思えば、貼り付ける位置を変えれば、効き方も違ったのかも知れません。
残りのジェムを切り刻んで、そこいら中に貼り付けて試してみた結果、数値的に変化が見られたのはヘットライト。
視覚的変化はありませんが、測定すると20カンデラ上昇(微妙~)しました。
ブレーキキャリパーに貼り付けた時は、微妙ですが確かにリニアに効き味が良くなります。

SEVではありませんが、ラジウム(らしい)を使ったモノ(特許の関係で非売品)でなら、インテークに巻き付けて効果を体感済みです。
効果・効能は^^; まさにSEVの謳い文句そのものでした。
(作った人曰く、理論上 効果はSEVの8倍だそうです)

効果があるのか、無いのか?と聞かれれば効果がある と私は答えます。
ただし、その効果が意図した方向か否か・良い方向か悪い方向かは、使い方(貼る位置)次第だと思いますし、添加剤は壊れた部分の修復が出来ないように、SEVも不具合を改善するモノではないと思います。
(良い状態をより良くする方向性と言う意味で)

SEVは、その値段的障害があって、気楽に試せない商品なのですが。
ヘットバランサー(H1)とSEVリンクを使用していました。
結論を先に言えば、ケチらず大量に貼り付け、シャシダイで測定すれば数値的変化が見られるのかも知れませんが、私には体感的にも聴覚的にも 何の変化も感じられませんでした。
貼る位置や貼り方を工夫すればいいのかな?

ただ、過去にもっと安価なジェムと言う商品があって、これはトルマリン系のだったんですが、売れ残りの在庫処分品を定価よりかなり安く買えたので、一...続きを読む

QSEVって効果あるのでしょうか。

車のグッズで SEV(セブ)ってのがあるようです。
http://www.sev.info/auto/
http://www.sev.info/auto/products/center-on/

値段は 36,750円!

以前から知ってはいたのですが、そんなもん気持ち程度の
ものだろう かなり怪しい商品w と信じて疑いませんでした。

でも最近知り合いになったスーパーカー持ちの人、信頼している
税理士もこれの愛用者である事が分かりました。低速のトルクが
太くなったり装着前とはかなり変わるとの事。

これって本当でしょうか。装着している人がいれば感想を
教えて頂きたいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この手はプラセボを持って効果としても嘘とは言えないらしい…
科学的に効果を求めるにしてもこのプラセボ効果を完全に排除するのは難しいようです。
なぜなら効果は数値で表せる物で無いから。
これが燃費向上だとか馬力アップだとか具体的に数値で評価できる物であれば比較的科学的に効果を証明するのは簡単なのですが…「フィーリング」だとか「レスポンス」なんて言われれば証明が難しい…これは感覚ですから。
「良くなったように感じた」これを効果だと言われるとそういうことらしいです。

ある意味でオーディオのオカルト系グッズに近い。
個人の感覚である「音質」の向上を証明するのは難しいという事だと思います。

Qマグチューンの効き目は?

燃費を10%以上改善できる、マグチューン(送り側の燃料ホースに強力な磁石のバンドを巻くだけ)があるようですが、本当に効果があるのか疑問に思うのですが。
実際使用されている方の実感はいかがでしょうか?
わたしは、現在エステイマTに乗っていますがRV車でも効果はあるでしょうか?
また、具体的(車種別など)にデータとして調査されたホームページをご存知でしたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

Q:マグチューンやSEVって、燃費が良くなった分、元を取れるんでしょうか?
A:自信をもってお答えします。「元は取れません」では何故みんながつけるか?
1.給油の時はマグチューンやSEVに払ったお金のことを忘れていて、少しでも燃費がよくなればやっぱり付けた甲斐があったと自己満足?
2.POWERが無い車なので少しでもあがればと興味半分なので投資金額は関係ない。
3.ディーゼルで環境に気を使う人は少しでも黒鉛を減らそうと投資する。(でもこれは奥さんへの言い訳の場合が多い)
4.チューニングをやりつくし最後に残ったのがマグチューンやSEVであった。(SEVはRE雨宮も使っているらしい)
5.マグチューンやSEVは半永久ということなので今後乗る車に使い続ければ元は取れるかもしれない。
6.オイルの添加剤と一緒で少しでも車によければいいので金額は関係ない。
7.色々試して今度こそはと次から次へとこの手のもを買いいつの間にかコレクションにしている。(自称研究家である)
とほかにも有ると思いますがこんなところがみんな付けている理由ではないでしょうか?

Q:マグチューンやSEVって、燃費が良くなった分、元を取れるんでしょうか?
A:自信をもってお答えします。「元は取れません」では何故みんながつけるか?
1.給油の時はマグチューンやSEVに払ったお金のことを忘れていて、少しでも燃費がよくなればやっぱり付けた甲斐があったと自己満足?
2.POWERが無い車なので少しでもあがればと興味半分なので投資金額は関係ない。
3.ディーゼルで環境に気を使う人は少しでも黒鉛を減らそうと投資する。(でもこれは奥さんへの言い訳の場合が多い)
...続きを読む

Qマフラーアースは効果的か?

カー用品店で見かけるマフラーアースってありますよね?
装着するとトルク・燃費アップと宣伝していますが、実際のところつけて体感するほど効果あるのでしょうか?
実際装着した方、効果ある・なしと、愛車の車種やスペック・チューン内容なんかも教えていただけると助かります。

ちなみに私の愛車は
カローラレビンGT-APEX(AE101・H4年式)
ライトチューン向けのマフラーとエアクリを装着しています。

Aベストアンサー

お早うございます

Q:装着するとトルク・燃費アップと宣伝していますが、実際のところつけて体感するほど効果あるのでしょうか?
A:効果は有ります但し全ての車種では有りません。効果の大きな車種は特にTURBO車です。これは他の回答にも在るように静電気の影響があるからですアース線を繋ぐことによりマフラー内部で発生した静電気を逃がし排気抵抗が減り、径の大きなマフラーを付けた時と同じ効果があるのです。

 静電気が発生するとどうなるのか?これは下敷きを頭で擦り持ち上げると髪の毛が引っ張られるのはご存知だと思いますがこれと同じことがマフラー内部で発生すると流れようとしている排気ガスをその場に停滞させる様な事になるのです。するとパイプの壁面に近い所は排気の流れが悪くなるので実際のマフラーの太さより細いマフラーを付けている状態になるのです。

 アースをすると太いマフラーを付けたのと同じ効果が得られるので効果が大きいのはTURBO車に多いのです。NAの車に付けた場合は低回転域でのトルク低下が発生する場合があります。但し高回転域は良くなります。

 マフラーはエンジンに繋がっていますがパイプとパイプの間には導電性の悪いガスケットがある為、静電気は逃げないのです。マフラーの先端部分も金属のステーなどで固定されていないので静電気は逃げないのです。

 私は過去に十数台の車をアーシングしてきましたが我が家のアトレーツーリングTURBOはエンジン近辺のアースでは効果が有りませんでしたが、マフラーへのアースを施行したところ次のような体感できる効果が有りました。
(1)エンジンの振動が減った。(アイドリング時は殆ど振動を感じない)
(2)TURBOの効きが早くなった。(TURBOラグが減った)
(3)燃費が1km/Lよくなった。(これは走り方によっては悪化します)

 アーシングは電気を効果的に流す目的も有りますが静電気の除去にも大きな効果を発揮します。だからディーゼルのエンジンでも効果があるのです。

 過去の質問にもアーシングに関するものが多々ありますので参照してみてください。

以上robocutでした。
自作アーシングをしたい
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=558266。
アーシングについて
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=510456
アースイングをやるとどのような効果があるのでしょう?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=255236
アーシングの弊害
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=288460

お早うございます

Q:装着するとトルク・燃費アップと宣伝していますが、実際のところつけて体感するほど効果あるのでしょうか?
A:効果は有ります但し全ての車種では有りません。効果の大きな車種は特にTURBO車です。これは他の回答にも在るように静電気の影響があるからですアース線を繋ぐことによりマフラー内部で発生した静電気を逃がし排気抵抗が減り、径の大きなマフラーを付けた時と同じ効果があるのです。

 静電気が発生するとどうなるのか?これは下敷きを頭で擦り持ち上げると髪の毛が...続きを読む

Q純正より乗り心地の良いサスペンション

現在、日産のセレナに乗っています。

ミニバンなので仕方がないのですが、走行時に強風を受けると、タイヤが歪む感じがします。
そこで、ホイールを替えて、16インチにしようと思います。
(195/65/15 → 195/60/16 or 205/55/16
 215/45/17も考えましたが、幅が広すぎてパワーがついてこないと思います)
扁平率が下がれば、若干はタイヤのよれは抑えられますから。

さて、扁平率を下げるとロードノイズを拾いやすくなり、
乗り心地が悪くなります。
そこで、サスペンションを替えて、乗り心地を良くしたいのですが、
どこのサスペンションが良いでしょうか。

東京発条のスポーツマッチは、純正より乗り心地が良いと聞いたことがありますが。
乗り心地の良いサスペンションをご存じの方、お願い致します。

※異常に車高が落ちるサスペンションは止めて下さい。

Aベストアンサー

ダンパー設計者です。

乗り心地については、
・タイヤ
・バネ
・ダンパー
・車体剛性
が大きな要因になると思います。

(1)タイヤ
低扁平タイヤはシャープなハンドリングが得られる代償は、乗り心地の悪化,タイヤ代の上昇,パンクの危険性など。
一般ユーザーにおける限界は50~55かと思います。
(2)バネ
「バネレートを上げると乗り心地が悪くなる」と一般的に言われますが、私は一概にそうとは考えません。
“大きな段差を越えた際に車体がガクンと大きく揺さぶられる”
これはバネレートを上げたことにり、伸び・縮みのストローク量が足りなくなったのが原因だと思います。
(3)ダンパー
路面の小さな段差(コツコツと跳ね上げるような衝撃)を拾うのはダンパーに要因があると思います。
原因としては、フリクション(抵抗)と減衰力。
ピストンロッドとシール類の抵抗が大きいために、ダンパーの初動作にひっかかりができ、それを感じていることも多いです。
減衰力もむやみに上げれば良いということも無く、バネとのバランスが大事になります。
(4)剛性
サスペンションでいくら衝撃を消そうとしても、ボディが柔らかいと衝撃の入力が直接ボディをねじってしまいます。
さらに、力がボディに逃げてしまうために、サスペンションで緩衝することもできません。
とはいえ、ここでボディ剛性について議論しても・・・、ですよね。


surfuctantさんの受け答えを見る限り、多くの知識と経験をお持ちのようなので上記の現象を考えて頂ければ自分の目指す「乗り心地」へのアプローチが見えてくるのでは?と思います。

最後に一点
コーナリングでのハンドリングを考えるのであれば、スタビライザーはどうでしょうか?
ハンドリングはクイックになりますし、ロールも抑えられる。
直進走行時の乗り心地にはほとんど影響しないのではないでしょうか?
社外品は高価で選択肢も少ないですが、純正品に加工して少々の強化品には出来ると思います。
ま、それはあくまで自己責任という前提ですけどね。

ダンパー設計者です。

乗り心地については、
・タイヤ
・バネ
・ダンパー
・車体剛性
が大きな要因になると思います。

(1)タイヤ
低扁平タイヤはシャープなハンドリングが得られる代償は、乗り心地の悪化,タイヤ代の上昇,パンクの危険性など。
一般ユーザーにおける限界は50~55かと思います。
(2)バネ
「バネレートを上げると乗り心地が悪くなる」と一般的に言われますが、私は一概にそうとは考えません。
“大きな段差を越えた際に車体がガクンと大きく揺さぶられる”
これはバネレートを上げ...続きを読む

Q軽ターボ車のオイル交換のサイクルは?

軽ターボ車に乗っています。新車で購入して丸年、3万3千km乗りました。
説明書には「5000kmでオイル交換を」と書いてありますが、
カーショップに行くと「3,000kmで」と言われるし、
車に詳しい友人からは「5,000kmで十分」と言われるし、
中には「10,000kmでも大丈夫」という声もあるし・・・
ただ、新車時はカス(?)が出るからマメに、とのことだったので
今まではきっちり3,000km毎に交換していたんです。
エレメントも一回おきに交換しています。

私の愛車、本当は、どのくらいのサイクルで交換すべきなのでしょうか?
ちなみに、毎日90km位走り、しかも15分間は高速を走っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。
 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなどは売り上げを上げたいがために短い目の交換を勧める。(3000キロ以下が多い)
2.ターボをガンガン効かせて峠を攻めるなんて走り方をする人たちは早く交換する。(1回で交換なんてのもあるみたい)
3.取り説ではふつう5000キロないし6ヶ月となっている。
4.とにかくオイルがきれいでないと気が済まないからメチャメチャ短いサイクルで交換し、それが良いと思っている人がいる。

等々が、使用条件などを抜きにしてごちゃ混ぜに語られるからでしょう。
 またオイルオタクっていう人種(あまり人のことは言えないです)もいて、それぞれに独自の交換サイクルを持っており、それを自信をもって語るっていうのもあったりしますからね。

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。
 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなど...続きを読む

Qインテークパイプとエアクリの性能について詳しい方教えてください。

ロードスターに乗っています。
質問(1) インテークパイプについて、純正は樹脂性のものが採用されていますが、これをアルミ性のものに変えるとドレスアップ以外に効果はあるのでしょうか?多少パイプ系は太くなるものが多いようですが。逆に熱伝導率が上がって吸入空気の温度が上がりマイナスになる心配はありますか?
質問(2) また、キノコ型のエアクリに交換の場合、吸入効率(表面積)は格段に上がりますが、レイアウト上、エキマニ付近に剥き出しとなり、これも吸入温度が上がってしまいます。吸入空気の増加と温度の上昇はどちらが性能に影響するのでしょうか。詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ロードスターはNAなので、インテークは純正で充分です。
ターボの改造車では過度のブーストによりインテークパイプ内の負圧でパイプが潰れることがありますが、アルミ製にすれば潰れません。
ですから、インテークを金属性にするのは「潰れないようにするため」がメインと思われます。

私もライトウェイトNAの改造車で競技走行していましたが、NAはパワーアップ系のチューニングはきっぱり諦めて、足回りや駆動系を煮詰めた方が全然速くなって面白いです。

格上のスポーツカーをコーナーで煽りまくってださい。
2000ccターボ、2500ccターボ車がハザードを出してレコードラインを譲ってくれますよ。
「上級者はお先にどうぞ」って感じです。

Qブッシュ交換について

以前、車の雑誌で「ブッシュを交換すると走りが改善される」とあり、費用も小額だったと
記憶しているので交換しようと思うのですが、具体的にはブッシュとはどの部分の部品なのでしょうか?
某車用品店の店員さんのお話では、「バネとアッパーマウントの間のゴム」との事だったのですが
ほかにもありますでしょうか?
費用にもよりますが、できることならまとめて交換したいので。

Aベストアンサー

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こりませんが(^^; )、そこそこ走れてしまい、正直、一般のドライバーであればあまり気にならないことが多いです。
ですが、それ故、それらを交換すると、ゴム本来の弾力が戻り、しっかりさや、しなやかさの改善を実感できることが多いといわれます。
スポーツタイプの車種では特に顕著にそれが感じられ、足回りのチューニングでは、サスペンション調整とほぼ同時位にやるべき重要メニューとされているのが一般的です。

種類としては、メーカー純正品、強化タイプ、ウレタン、そして、ゴムではなくなって、金属ジョイントのピロボールとよばれるものがあります。
純正品以外は、使用目的やドライバーの腕に依存することが多く、逆に振動が大きくなったり、動きがピーキーなったり、寿命が短かったりすることがあり、基本的に一般ドライバーは純正品の新品で十分でしょう。

また、交換の費用内訳ですが、上記種類により、一応価格差は存在するものの、ブッシュそれ自体はそれほどでもありません。それよりも、labrakunさんがどの程度を高額と考えられているかはわかりませんが、このチューンは一般的に工賃が高い(もしくは、高いと感じられてしまう)ので有名ですw

油圧式の機材などを使用して、固いブッシュを、ひとつひとつアームより、抜いては入れ、抜いては入れを繰り返す為、どうしてもそうなってしまうようです。
車種や、交換箇所数、ショップにもよりますが、いわゆるブッシュ全交換メニューは、工賃のみで、安くても3万はまず下らないことが多いと思います。
また、これも車種で異なる可能性がありますが、一部のアームはブッシュを抜く際、アーム自体が痛んでしまうために、再利用できないものもあります。

そう言ったわけで、これらの費用を入れての総額は、結構な値になってしまう割に、なにかパーツをつけたぞ、というような目に見える分かりやすい変化がないため、ショップの方も、なかなかお客さんに勧めにくいそうです(^^;)

とはいえ、効果ははっきりいってお墨付きですし、スポーツ走行を前提としている方は、まず殆ど行っている、いわば、本質を考えた玄人的なチューンメニューです。
予算の都合がつきそうでしたら、ぜひ試してみてください。足回りのシャキッと感は結構嬉しいものですよ。(*^-^)

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こり...続きを読む

QNA車のトルク、パワーアップは?

 NA車での、パワーアップの手っ取り早い方法は何なのでしょうか?
 そんなに 大きなアップでは無く、しかも あまり費用をかけずに
 そんな方法はありますでしょうか。
 (多少 燃費が悪くなるのは別として)
 宜しく御願いします。

Aベストアンサー

一番簡単なのは軽量化でしょう。
1.軽量化
軽くなれば、トルク/重量比が改善され、燃費も良くなります。
ただし、強度に関わるようなパーツを抜くと、車の走行性能が落ちる上に寿命が短くなります。

2.燃調の変更
通常の車は燃費重視か安全性重視で燃調が設定されています。ECUを書き換えることが出来れば、それをパワー重視に振ることで性能向上が図れます。
http://cars.blog.eonet.jp/com/2009/10/ecu-c5b3.html
ただし、燃費が悪くなったり、エンジンの寿命を縮めることになります。

3.低フリクションロスオイル
粘度の高い高フリクションロスオイルを使うと、極わずかでしょうけどパワーは上がります。

お金をあまりかけないとなるとこのぐらいでしょうか。

手っ取り早いという意味ではボルトオンのスーパーチャージャーやターボが付けられれば話は早いと思いますし、確実にパワーアップできます。
ECUの書き換えと同じくエンジンに負担をかけるのは変わりませんが。

Q前後のトレッド幅について。

普通、車のトレッド幅は前輪が後輪に比べて広くなっていますよねぇ。
それで前項輪とも面位置にしたくて同じ幅のスペーサーを使うとどうしても後輪が内に入り気味で格好悪いのですが、前項輪のトレッド幅を同じにすると何か影響はありますか?
特に4駆は前後トレッド幅に差がありますが、いったいトレッド幅とは何に影響するのでしょう。結構攻めた走りもするので、走りについての影響がどんなものか気になります。

Aベストアンサー

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なくなり、空気入りタイヤの特性上、左右輪の摩擦力の総和が大きくなります。
 これがナニを意味するか、と申しますと、カンタンに解釈するとトレッドを広げた方がカーブを曲がる時の遠心力に耐えるチカラの大きさが大きくなるという事です。
 特にフロントサスをワイド化した場合、車両の動きがよりクイックになる、直進安定性が悪くなる、などの変化が起こります。勿論、トレッドを狭めるとこの逆、よりダルになる、直進安定性が向上する、などです。
 ちなみに、フロントトレッドをホイールオフセットだけで変えると必ずハンドル手応え感が変わりますが、ノーマルの値からトレッドを広くしても狭くしてもだいたい悪化するので注意が必要です。

 で、リヤのトレッドがナゼ狭いか?の点ですが、通常の市販車では、例え静的に50:50の重量配分でも、旋回時の荷重移動量は、操舵による走行抵抗の増加やフロントまわりとリヤまわりのロールの硬さ(ロール剛性と言います)の違いなどにより、フロントの方が大きくなりがちです。これでは勿論アンダ・ステア(US)が強くなってしまいますが、そこで、このUSを弱める為に、リヤサスの限界を少し落としてやる必要があるワケです。

 よって、リヤトレッドだけを広げる行為は、力学的にはUSを強める方向となりますが(一方直進性は向上しますが)、但し、これが全て悪いかとゆぅとそぅでもありません。
 御質問の方はそれなりにハードに走られる方の様ですので、運転しやすいかどぅかは置いといて、とりあえず速いか遅いかで判断しますと、USが強い事が必ずしも遅いとは限りません。多くの方が思い違いをされていますが、クルマが速い/遅いは旋回しやすさだけでは決まらず、速く走る為にはまず1mでも前に出る性能が必要になります。実際、流体力学的に幼稚でタイヤもプアな'75~'76年頃までのF1では、コーナからの脱出加速でタイムを縮めなければならない為、リヤトレッドが極端に広く異常にテールヘビーな強USレイアウトとなっています(タミヤのプラモで観察出来ます。リヤウイングステイにオイルタンクとオイルクーラーを内臓したロータス72や、リヤトレッドに対して極端にフロントトレッドが狭いブラバムBT44Bなど、今日のF1ではまず考えられません)。
 この点、旋回しやすくチューニングされたマシンでは、前に出る性能(トラクション)が犠牲になっている場合が見受けられます。すばらしく曲がりやすいが、踏んでも踏んでも加速せずにイライラしているハチロクオーナーの方は、結構多いのでは無いでしょうか?

 御質問の様子では、恐らくリヤトレッドを拡大する、と言ってもせいぜい10~20mm程度ではないでしょうか?これがどの程度ハンドリングに影響するかは、駆動方式にもよりますし、実際にやってみなければ判りません(フロントに比べ、リヤトレッドの拡大は判りにくい、と言う事もあります)。自分の経験ではさすがに15mmも拡大すると差が判りますが、これはテストドライバレベルの話ですし(上級のテストドライバでは10mm以下の差でも感知します)、ご本人が気になさるかどぅか?も重要な要素です。
 尚、サスペンションは、実はエンジンのチューニングよりずっと危険な状態になりやすい要素を内包しており、運動力学的な検討を加えずにヤミクモにイジるのはお勧め出来ません(この点、ホイールベースとの兼ね合いやLSDへの負担等、トータルバランスを訴えられている他の方の御回答は、さすがgoo回答者となるほどの方、と申せましょう)が、この程度のトレッド拡大なら、クルマの限界特性をある程度以上把握されている方であればそれほど危険な事にはならないでしょう。

 長くなりましたが、左右荷重移動量の話が出たところでついでに。
 左右荷重移動量を増やすと旋回の限界が下がる事はご説明いたしましたが、シャシばねを固めてロール剛性を上げると、過渡的には左右荷重移動量が増加し、見かけ上、旋回限界が下がります。これは多くの方が思い違いをされており、意外な話かもしれませんが、物理的な法則ですのでサスのチューニングやタイヤの選択では越えられません。レーシングカーのばねがヤミクモに硬いのは空力的付加物(ウイングなど)によるダウンフォースが大きいからで、ダウンフォースがほとんど期待出来ないロードカーには当てはまりません。
 日本車では考えられない様な超高速を日常的に出さなければならない欧州車(ドイツ車に限らず、欧州車は旅行等でアウトバーンを走る可能性を考慮しなければなりません)のサスは、VWやオペルなどは勿論ポルシェやロータスでさえ意外なほどタップリとロールしますが、このシャシばねのヤワさはこんな事情からも来ています。

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なく...続きを読む


人気Q&Aランキング