慣用句で調べてもわからないことがあります。

あたら惜しい{ ? }を落とした。

何が当てはまるのでしょう?
教えてください。

A 回答 (4件)

あたら惜しい{命}を落とした、でしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/05 15:56

あたら=もったいないことに、惜しいことに(副詞)


ということなので、「あたら好機を逃した」というような使い方をします。
「落とした」につながるような言葉は、今のところ思いつきません。またあたらの後に「惜しい」と来るのは意味が2重になり、不自然だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですよね(^^;)
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/05 15:57

「あたら」自体に「惜しいことをした」という意味が込められているので、


「あたら惜しい」というのは、ちょっとおかしな気もしますが、要するに
「もったいない」という意味です。

もったいない、という感情を抱く対象で落とすものというと

  「星」

かなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/05 15:57

命!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/05 15:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慣用句の意味から調べれるサイト

こんにちは。最近自分の文書が低レベルだと思い慣用句を入れてみることにしました。

そこで、慣用句をまったく知らない自分に必要なのは、意味から引くものだと思いました。

例えば
かんしゃくを起こして怒る。と検索すると青筋を立てると出れば幸いです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔、本多勝一さんの『日本語の作文技術』を読んで、大いに感銘を受けました。本多さんによれば「慣用句を多用することは、自分で考えて文章を作ることをやめて、既成の表現に安易に依存すること」だそうです。

あれから何十年も経って、この本に接して、ほんとうに良かったと思っています。

もう少しきつい言い方をすれば「慣用句の多用は、自分で器量が悪いと思い込んで厚化粧をするようなもの」と言えます。「どのように怒ったのか」自分なりに表現を工夫するほうが、生き生きとした文章になると思いますよ。

Qタイトルも作者もわからない小説

小学校の教科書に載っていた小説のタイトルと作者、本が出ているなら出版社を知りたいのですが、どうやって調べたらいいのかわかりません。
今から15年近く前、小学校中学年だったと思います。
外国の小説の翻訳です。
「空飛ぶヨット」とかいった感じのタイトルだったと思うのですが。

内容は以下の通りです。
-----
港でいつも海を見ている老人の語りで物語が始まる。

昔、このあたりで一番の船乗りの少年がいた。
その少年がヨットで海に出て遭難して、助けられた先ではヨットで海の上を飛んでいた。
少年は「陸の上を飛んではいけない」と言われてヨットで飛ぶ方法を教えてもらい、練習して飛べるようになった。
だが、慢心して陸の上を飛んで落ちて足を怪我をしてしまい、元のようにはヨットに乗れなくなってしまう。
少年はその後何度もヨットで海の上を飛ぼうとしたが二度と飛べなかったし、ヨットで飛ぶ方法を教えてくれた人たちのところへも二度といけなかった。

話し終えた後、老人は足を引きずりながら帰っていく
-----
「陸を飛ぶ船乗りの運命はいつも同じ」というフレーズが歌として出てきたと思います。

どうしてももう一度読んでみたいのです。

小学校の教科書に載っていた小説のタイトルと作者、本が出ているなら出版社を知りたいのですが、どうやって調べたらいいのかわかりません。
今から15年近く前、小学校中学年だったと思います。
外国の小説の翻訳です。
「空飛ぶヨット」とかいった感じのタイトルだったと思うのですが。

内容は以下の通りです。
-----
港でいつも海を見ている老人の語りで物語が始まる。

昔、このあたりで一番の船乗りの少年がいた。
その少年がヨットで海に出て遭難して、助けられた先ではヨットで海の上を飛んでいた...続きを読む

Aベストアンサー

「西風号の遭難」C.V.オールズバーグ著 村上春樹 訳 \1,550で河出書房新社から出版されています。絵と物語が素晴らしい本です。絶版になってないと良いのでが、書店、出版者にお問い合わせ下さい。私は5年前に購入しました。

Q一方が良くなると他方が悪くなる意味の慣用句

一方が良くなると他方が悪くなる意味の慣用句を思い出せません.

例えば車を選ぶときに,スピード重視だと乗り心地が悪くなって,乗り心地重視だとスピードが出ない場合に,スピードと乗り心地の関係を表す言葉です.

○○関係だったと思うのですが,失念してしまい分かりません.教えて頂けないでしょうか.

Aベストアンサー

背反関係か
トレードオフともいいます。

Q慣用句など

背水の陣・天王山に類する慣用句など、正念場にふさわしい言葉を知ってたら教えてください。

Aベストアンサー

「土壇場」もいいのかな?
ご存じだとはおもいますが、これは昔、罪人などが首を切られる為の場所をこういいました。つまり、もう後がないぎりぎりの状態を意味します。
「瀬戸際」というのもありますね。これのもとの意味はちょっと知りません。ご勘弁を。
ただ、背水の陣と天王山、正念場はちょっとずつニュアンスが違うような気がするので、土壇場や瀬戸際を出しては見ましたがatom31さんの考えておられる内容にそっているか自信ありません。考えを広げてみれば「四面楚歌」も入るような?

Q重複する意味の慣用句

重複する意味の慣用句

日本で韓国料理を指す言葉で「チゲ鍋」と言うのが有りますが、韓国語で言う「チゲ」って鍋と言う意味なので、実際は同じ意味の言葉を韓国語・日本語で言っただけですよね?
また、イスラム教のシーア派も、シーア自体に「派」の意味が有ると聞いた事が有ります。

この様に外国の言葉が日本に入ってきて日本語と組み合わさって一つの言葉になったけれど、実は同じ意味の重複でしか無い言葉があったら教えて下さい。

追伸:もし「チゲ鍋」も「シーア派」も上記の意味では無い、と訂正があるのでしたら併せてお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

メキシコ料理に使われる、「サルサ・ソース」と言うのが有りますよね。サルサ・ソースのサルサはソースと言う意味で、同じ言葉の重複になりますね。

Q慣用句「いたちごっこ」のイタチ

お世話になります

慣用句「いたちごっこ」、同じことの繰り返しになり埒があかない状況を指すかと思います
ちょっと疑問に思ったのですが、なぜこのような状態をいたちごっこというのでしょうか?
イタチはいったい何をしていたのでしょうか?

Wikipediaを拝見したところ、お互いに手をつねりあうそういう遊びがあったということですが、なぜそのような遊びが生まれたのでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%94%E3%81%A3%E3%81%93

大した悩みではないのでゆるいお答えでも歓迎しております

Aベストアンサー

よほど暇だったんでしょうw

イメージですが、指でつねったままつねられないようかわしたりしたと思うんで、
とっさの対応みたいな感覚は養われたんじゃないかと・・・

もしかすると刀闘術の修行に通じていたとか・・・w

Qこの意味の、諺・きまり文句・慣用句・故事などを教えてください。

「精一杯取り組んだ先には、必ず何かを得ることができる」
「一生懸命やれば、何かを得られる(学ぶことがある)」
という意味をふくむ、何かを始める人に対して、激励となるような、
きまり文句・諺・慣用句・故事などをたくさん教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 少しずれるかも知れませんが…
《待てば海路の日和あり》
《てんてき石をもうがつ》
《精神いっとう 何事かなさざらん》
《石の上にも三年》
などで どうでしょう?ご自分でも探してみては!

Q慣用句

こんにちは!
慣用句は、ほとんど、人の体をつかっています。どうして、人の体をつかっているんですか?学校で調べ学習の宿題が出て、親とかに聞いても、分からないっていわれて、あせりました。おねがいします。

Aベストアンサー

 言葉の中で慣用句が必要とされるのはどういう場面かというと、伝わりにくい抽象的なものごとの属性を、円滑に相手に伝えるという場合だと思います。まるで~のようだ、という直喩法もそうですが、たとえるのならなるべく身近なものを対象にすると思います。

 「馬の耳に念仏」なら「馬」も「耳」も「念仏」もこの慣用句ができた当時はそれぞれ卑近なもので、誰でも知っていて説明の必要など全くなかったと思います。これらの言葉が、日常生活に密着していないものだったら、たとえに使うことはできなかったはずです。

 それにそれらの言葉を組み合わせてできる意味はどこか物語の性格を持っています。「井の中のかわず」とか「頭隠して尻隠さず」とかの慣用句には、だれでも思い浮かべるであろう特定のストーリー性があります。生まれたときから日本語になじんでいる私たちにとっては、その一つ一つがある程度、共感できる内容を持っています。ですから、未知のものごとの属性や性格を相手に伝えるときは大変便利な表現方法となります。

 慣用句には身体の一部分だけではなく、身近な動物、生活必需品、だれでも知っている歴史上の人物、卑近な習慣などが登場するわけです。

 言葉の中で慣用句が必要とされるのはどういう場面かというと、伝わりにくい抽象的なものごとの属性を、円滑に相手に伝えるという場合だと思います。まるで~のようだ、という直喩法もそうですが、たとえるのならなるべく身近なものを対象にすると思います。

 「馬の耳に念仏」なら「馬」も「耳」も「念仏」もこの慣用句ができた当時はそれぞれ卑近なもので、誰でも知っていて説明の必要など全くなかったと思います。これらの言葉が、日常生活に密着していないものだったら、たとえに使うことはできなかった...続きを読む

Q悪い意味で借金をしてまで人に貸すみたいな慣用句を教えてください。

私はとあるメーカーで営業をしていますが、今とても人気で品薄の商品があり、少ない在庫をみんなで取り合っていました。私はリーダーとしてなるべく平素から付き合いの深い得意先を優先するよう指示を出し、得意先の規模に応じて各営業マンに残っている在庫を配分したのですが、ひとりの中堅営業が初めてその商品を発注して来た普段あまり付き合いのない得意先に自分の持分の殆どを出荷してしまいました。
彼は全国でも一番の得意先も担当しており、出荷の翌日その品薄商品を発注して来ました。残念ながら最も優先すべき得意先には欠品の連絡を出しました。
私は普段から部下を叱るときに良く慣用句を使うのですが、このケースに当てはまる慣用句が思いつきません。ニュアンスが合っていれば結構ですので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

直接の慣用句ではありませんが、春秋時代の虞という国の君主が、
家臣に「輔車相依り 唇滅ぶれば歯寒し」と諫められたにもかかわらず
宝玉や良馬に目が眩んで、隣国を討とうとする他国に軍の通過を
認めてしまったために隣国は滅ぼされ、後に自国まで滅ぼされてしまった、
という故事を思い出しました。

「普段あまり付き合いのない得意先」が宝玉や良馬に見えたのかもしれませんが、
結果的には「唇歯輔車」の間柄である「最も優先すべき得意先」を
蔑ろにしてしまったということで。

Q枕詞 {敷島のxxxxxx」

最近、和歌で次のような一首を見ました。

「敷島の
 大和男子の
 xxxxx
 xxxxxxx
 xxxxxxx」

「敷島の」と言う枕詞に続く言葉は大和男子以外に
どんな言葉があるでしょうか。

初歩的な質問で恐縮ですがご存知の方、ご教示戴ければ
幸甚です。

Aベストアンサー

「しきしまの」は「やまと」にかかる枕詞です。

殆どの場合「大和」の字を用います(稀に「日本」と書いて「やまと」と読ませる場合もあります)

語源は奈良県の磯城郡(しきぐん)で、ここに奈良時代の都があったことからこうなったとの事です。

「しきしまの」を用いた歌は多くありますが、本居宣長の

しきしまの やまとごころを 人問はば 朝日に匂ふ 山桜花

は特に有名です。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.mars.sphere.ne.jp/shirotae/makura1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報