マンガでよめる痔のこと・薬のこと

 よく文章のあたまに使用する
真に・・・(例 申し訳ございません)などですが、真に と 誠にと2つ漢字があたることがあります。

以前何かで、真に が正しい漢字で 誠に は意味としていいので間違って使用されると読んだことがあるのですが本当かどうか教えてください。

できれば、その根拠になるURLも教えていただけれると嬉しいです。
また、仮に両方ただしいとしたら使い分けも教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

はじめまして。



1.「真に」と「誠に」の違い:

(1)真に:
「嘘・偽りのないこと」「本当に」という意味があり、事実の通りであることを示唆します。「真に」とは=「真事に」という意味でもあります。

例:真に、素晴らしいお嬢様です。
*ここでは、話し手の主観は、「お嬢様は素晴らしい」のは真実だと思っているところにあるので、「真に」が正しい使い方になります。

(2)誠に:
「偽り、飾らない情」「まごころ、誠意をこめて」という意味があり、誠意を示す際につかわれます。「誠に」とは=「誠意をこめて」という意味になります。

例:誠に、お世話になっております。
*ここでは、話し手の主観は、「お世話になっていること」に対して誠意を込めたいところにあるので、「誠に」が正しい使い方になります。

(3)実に(まことに):
ちなみに、この実には「(実体験に基づいて実感する意味で)本当に」という意味があり、実体験の通りであることを示唆します。「実に」とは=「実際に」という意味になります。

例:実に、その映画は感動的だった。
*ここでは、話し手の主観は、「映画は感動的だったこと」に対して実感を込めて、伝えているところにあるので、「実に」が正しい使い方になります。


2.まことに申訳ありませんが:

ご質問文にあるこの例文は、「申し訳ないこと」に対して誠意を込めて、予め謝罪・了承を請うているので、「真に」ではなく「誠に」を使うのが正しい使い方となります。


3.両方の用法は、同じ場面で使えないか:

次のような場面では、両方の「まことに」の使用が可能です。

例:真に/誠に、あなたのお陰で助かりました。
*ここでは、話し手の主観が、「あなたのお陰で助かった」ことを、真実と捕らえているし、また同時に誠意を込めて感謝の気持ちを表しています。このような場面では、「真に」「誠に」どちらを用いても、間違いにはなりません。

以上ご参考までに。
    • good
    • 24
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ございません。
詳しい解説でよくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/17 17:24

その2つは意味がちがいます。


どちらかにとられたくない場合は、ひらがなで。
「まことに申し訳ございません」と。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ございません。
たしかにひらがなが誤解を招かなくてよいですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/17 17:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「誠」と「真」

「誠にありがとうございます」「真にありがとうございます」。「誠」と「真」は辞書では同意ですが、お礼に使う場合はどちらがよいでしょうか?

Aベストアンサー

2次熟語にすると良くわかります。
誠実:心が正しく、嘘をつかない。
真実:本当のことで、偽りでない。

心のこもったお礼なので、
「誠にありがとうございます」が正しいです。

Q「大変」と「誠」の違い

「大変申し訳ございません」と「誠に申し訳ございません」は
どちらの言い方が正しいのでしょうか?
(申し訳ございませんの言い方には突っ込まないでください・・)
色々調べてみましたがわかりませんでした。
それぞれの意味は、大変=たいそう、誠に=本当に だと思うのですが、実際は使い分けできていないような気もします。
ほかにも「~感謝して」「~ご迷惑を」などがあると思いますが、
どのように使い分るのが正しいのでしょうか?
ご教示ください。

Aベストアンサー

「大変申し訳ございません」
の大変は「申し訳ない」程度を表わしている。

これに対して、
「誠に申し訳ございません」
「申し訳ない」程度ではなくて、「心底から」という
悔いている心理状態を表わしている。

このように大変と誠にはそれぞれが独立しているので
同時に使うこともできる。
・誠に大変申し訳ございません。
・大変、誠に申し訳ございません。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qまことに申し訳ありません。こっちが真の疑問。^^;;

ジョーカーを除いた一組52枚のトランプがある。

無作為に5枚のカードを取り出したとき、同じ数字または絵が4枚揃う確率

ごめんなさい。こっちがどうしても悩んでいる方なのです。  (さっきのも自信が持てなかったので、こっちは全く......(@@) )
どうしても、5回引けるというところに引っかかっています。
 何回目で関係ないのを引く・・・ってやっていって、最後に全ての論理和を求めれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

◆Naka◆
再登場です。
まず先にお詫びを申し上げます。
先ほどの#1の回答に不備がありました。
「お礼」をいただき、考えて直していたときに間違いに気付きました。
それは「同じ種類」のところだったのですが、それについては後述します。

じゃあ、「同じ数字」を考えてみましょう。
最後の5枚目に「違う数字」が入る確率は…
(52/52)×(3/51)×(2/50)×(1/49)×(48/48)=1/20825
になりますよね??
じゃあ、その「違う数字」が3枚目に来たとすると、どうなるか考えてみましょう。
(52/52)×(3/51)×(48/50)×(2/49)×(1/49)=1/20825
となって、分母・分子が同じですから、結局同じですよね?
「違う数字」は5ヶ所に入り得ますから…
(1/20825)×5=1/4165
となって、先ほどの答えと同じになります。

次は「同じ種類」ですが、ここで先ほどはミスりました。
これは「5枚とも同じ種類」と「5枚中4枚が同じ種類」に分けて計算し、あとで加えなければいけませんでした。
まず「5枚とも同じ種類」ですが…
(52/52)×(12/51)×(11/50)×(10/49)×(9/49)=33/16660
になりますね。
次いで、「5枚中4枚が同じ種類」ですが…
(52/52)×(12/51)×(11/50)×(10/49)×(39/48)×5=143/3332
となります。
これを加えて、
33/16660+143/3332=187/4165

そして、さらにこれに「同じ数字」の「1/20825」を加えて…
187/4165+1/4165=188/4165
ということになります。

どうも失礼しました。訂正できてよかったです。 m(_ _)m

◆Naka◆
再登場です。
まず先にお詫びを申し上げます。
先ほどの#1の回答に不備がありました。
「お礼」をいただき、考えて直していたときに間違いに気付きました。
それは「同じ種類」のところだったのですが、それについては後述します。

じゃあ、「同じ数字」を考えてみましょう。
最後の5枚目に「違う数字」が入る確率は…
(52/52)×(3/51)×(2/50)×(1/49)×(48/48)=1/20825
になりますよね??
じゃあ、その「違う数字」が3枚目に来たとすると、どうなるか考えてみましょう。
(52/52)×(3/51)×(48...続きを読む

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「取組」と「取り組み」の違い

文章の校正をしているのですが、「取組」と「取り組み」と「取組み」の使い分けがわかりません。名詞と動詞で区別するというようなことを聞いたこともあるのですが、名詞と思しき箇所にも「取り組み」とあり、迷ってしまいます。
どなたか、違いのわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。
そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。

【通則 6】
本則は「取り組み」
複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。

許容は「取組み」
読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる

【通則 7】
「取組」
複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。
(1)特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。

詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
「参考資料」→「国語表記の基準」→「送りがなの付け方」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q間隔は「開く」?「空く」?

今日の新聞の夕刊に「間隔は開かない方がいい」という文章がありました。
この場合、「開かない」は「ひらかない」であって「あかない」ではないですよね?

間隔を「あける」時は「空ける」で、間隔を「ひらく」時は「開く」という漢字の使い分けでいいのでしょうか。
また、そもそも「間隔を開く(ひらく)」という表現はありますか?
間隔が主語ならいいのかな……

考えれば考えるほど混乱してきました……普段使っているような使っていないような……

Aベストアンサー

「開かない」の読み方ですね。

「あく」に使う漢字は、
空(あ)く=からになる。席が空く。間が空く。手が空く。
開(あ)く=ひらく。穴が開く。戸が開く。幕が開く。店が開く。
明(あ)く=ひらいて見える。目が明く。埒(らち)が明かない。

よって、意味から考えると「空(あ)く」を使うべきでしたよね。

開(ひら)くと使う場合は、扉(を)開く。大会(を)開く。本(を)開く。店(を)開く。
となります。反対語が「閉じる」である事から、
閉じないものをひらく様な使い方には使わないと思います。
「間隔」は、詰める事はあっても閉じるとは言わないので、
「あかない」と読む事例ではないですね。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


人気Q&Aランキング