中古タクシーの購入について
友人が今まで乗っていた車(平成15年式クラウンセダン)が事故で廃車になってしまい、次期愛車を検討中です。

その友人というのが法人タクシーなどで使われている低グレードの車に興味があるらしく、自分はその友人から、「法人タクシー払い下げの中古車はどうなの?」と聞かれたのですが、正直タクシー関連の知識にはまったく詳しくありません。

その為、自分の勝手な印象で「タクシー払い下げはすぐ壊れるから維持費がかかって仕方ない」などとは言えません。

実際のところ、法人タクシー払い下げの中古車(走行距離30万~40万km)は購入後すぐ壊れたり、走行中に突然動かなくなったりするのでしょうか?

※友人は日産のセドリック営業車という車種が第一希望らしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

それはそれは、大昔になりますが、オートメカニックという雑誌で中古タクシーを素材にしてメンテナンスなどの記事が一時期連載されていました。


一説によると、LPG車だとエンジンの摩耗などはガソリン車よりも少ないということです。
法人であると、それなりに(たとえば毎月点検して3ヶ月で整備とか)メンテナンスしているでしょうから、一概に「スグ壊れる」とは言えないでしょう。(大きいタクシー会社には車庫に整備工場も併設しているので)

ただ、この不景気な状況ではタクシー会社もそうそう車両の入れ替え等はできないでしょう。
ですので、放出する車両の程度はかなり「良くはない」のではないかと思います。使えるのであれば、徹底的に使うでしょ?これ以上はメンテナンスにカネがかかるから、放出しよう!…じゃないかと。

注意して乗っていれば、突然に動かなくなることはないとは思います。が、それなりに毎日の運行前点検は念入りの方が良いかもしれないですね…。
維持費も、普通の車と変わらないと思います。

まさか、エンジンを開けて確認するわけにもいかないでしょうけれど、普通に中古車を買うとき以上に注意して車両を選べば、よろしいかと。

ただ、「格安で良い買い物」が出来るのかどうかは不明です。
格安だけであれば、普通の中古車の出物をさがすほうが手間も確率も良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
自分も、LPG車はエンジンの摩耗がガソリン車よりも少ないと聞いたことがあります。

法人の車両はある程度のメンテナンスをしていることは知っていましたが、まさか毎月点検で3ヶ月で整備をしている事は知りませんでした。
しかし、そのような車両でも程度は「良くはない」ものが多いので、日頃の整備や運行前の点検などが必要なんですね。

さっそく、友人に伝えておきます

お礼日時:2010/07/14 20:13

知り合いにタク上がりのLPG仕様のクラウンコンフォート、50万キロオーバーに乗っている人がいますが、いたって快調とのこと。

さすがに耐久性は高いようですね。
もちろんいろんな所がへたっていたり、内装が傷んでいたり、距離年式なりの消耗品交換など必要でしょうけど。


タク上がりだろうが一般の中古車だろうが、もうそこまでの距離だと少々は博打の要素は入ってくるでしょう。
数万キロの中古車だってダメなものはだめですし、前述の知り合いのように快調に走っている車もありますし。そんな車に一般中古車のような保障など求められませんし、すぐ壊れるのを気にする人が乗るような車でもないです。

まあ探せばセドリック営業車の中古はゴロゴロありますし、不調なものも快調なものも存在するでしょう。中古部品なども豊富でしょうから、ある意味不具合があっても修理しやすいですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
御知り合いの方にタクシー上がりの車を所有していらっしゃる方がいるのですか。
やはり、タクシー仕様の車だけあって乱暴な扱い方をしない限り、耐久性は高いんですね。

この質問をした後に友人に聞いたところ「すぐ壊れても、補修部品さえ出てくれればそれで良い」だそうです。

確かにタクシーなどで今も使われている車ですから、中古部品も豊富で不具合があっても修理しやすい車ですよね。

お礼日時:2010/07/14 20:25

払い下げの頃には50万キロは走るでしょう。

普通は廃車になるか東南アジアなどに輸出されるようですが、中古車として市場にはでないと思います。法人車なので簿価で6年たてばタダですから、譲ってもらえればいいのでしょうが。エンジンはいつも動かしていると壊れにくいですが、サスはまず10万キロもたないので、エンジン以外の場所が問題でしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
自分も友人と一緒に中古タクシーを探しているのですが、確かにどれも30万km後半~40万km後半まで走っている車がほとんどです。

友人の方も、走行距離から考えた内装の程度や足回りについては納得しています。
友人曰く「エンジンと骨格さえ生きていれば良い。内装や足回りは交換してリフレッシュさせる」らしいです。

お礼日時:2010/07/14 20:21

以前タクシー会社に事務職で勤めていました。



結論から言うと、結構イケますよ。逆に、一般車よりきっちりと整備をしていますし、扱いも短時間で長距離をこなして機関も動かしっぱなし、と機械的には良い部分のほうが多いような気がします。ただ、LPGを使用しているのでそのタンクの検査が有ったり、長距離を走る場合は給油場所を前もって調べておかないとガス欠になった時に大変、などという欠点もあります。燃費の悪いのは安い燃料代でトントンというところですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
確かにタクシーは一日中機関を動かしっぱなしで機械的には良い部分の方が多いかもしれませんね。

タンクの検査は近場にある整備工場で、旅行時などの給油場所は「全国LPGスタンド名鑑」というのを持っているらしく、よほどの事がない限り大丈夫だそうです。

お礼日時:2010/07/14 20:16

むしろ、壊れるところ自体がないですよ(笑)


そういう車って。

とにかく、安く使い倒せることが最優先の車ですから、
普通の乗用車みたいな厄介な機構をほとんど使っとらんワケです。
(エアバッグとかの安全装備すら未だに無い事例が多い)

まあ、メンテナンスには使い古されたなりの手間はかかりますが。

ただ、あのテの車はミキサー式LPG車が大半を占め、
このテのエンジンの車は機構的に言えば、昔ながらのキャブレターほぼそのものであったり、
あとはLPGタンクの検査という独特の保守項目があったりもしますので、
そのテの車の整備を理解している工場を確保する必要はあると思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
確かにタクシーなどで使われている営業車は安く使い倒せないとコストが掛ってしまいますね。

また、LPG車などを専門的に扱っている整備工場は近場にあるらしく、車検や修理などはそこで行ってくれるらしいです。

お礼日時:2010/07/14 20:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタクシーは何故LPガスで走るのか?

タクシーはLPガスを燃料として走っていますが、どうしてガソリンではなく、LPガスなのですか?

Aベストアンサー

LPガスの方が燃料費が安く済むので売り上げに対する必要経費の割合が下がります。
ちなみに田舎にはガソリン車のタクシーもあります。

QなぜタクシーだけがLPガスを使うのですか?

タクシーがLPガスを使うのは燃費が良いからだと思いますが、

なぜ一般の自動車はLPガスを使わないのでしょうか?

不思議でなんですが、教えてください。

Aベストアンサー

個人でもLPガス車に乗ってる方もいらっしゃいますよ。

不便なところはガススタンドがアチコチにないところだそうで、遠乗りする時はガススタンドが何処にあるのか調べて行くそうです。
また、緊急時にはタクシーにガススタンドの場所を聞くそうです。

他の方も書かれていますが、ガスボンベの定期的な検査が必要なのが面倒。
車種などが限定される、改造費がかかる、etc
ある程度距離を毎日のように走る方にはガソリン車より安いらしいですが・・・。

QタクシーのLPガス

LPガス車について何点か質問があります。

1 タクシーがLPガスを使うのは経費削減ですか、ガソリンより安いのですか?
 
2 バスには使わないのは非力だからでしょうか?
(一部使っているバスもあるみたいですが)

3 タクシーは、ほとんどがLPガス車ですが、なぜ一般の乗用車には普及しないのでしょうか?
 
4 乗用車の燃費がリッター10キロとすると約140円で10キロ走ることになりますが、タクシーは10キロ走るのにいくらのガス代がかかるのでしょうか?

分かるやつのみでも結構なので回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タクシー車両は、一般乗用よりも経済性や耐久性が求められます。

一般乗用でもLPG改造は可能ですが、巨大なガスボンベを積載するためにトランクスペースが犠牲になります。
LPG充填所は全国の限られた場所にしかないため、遠出のドライブなどで出かけた際は地元のタクシーに訊くなりして、営業時間のうちに満タンにしておかなければなりません。
ガス欠させれば文字通り、その場で立ち往生するハメになります。ガスライターの充填のように、専用バルブを接続しなければ燃料補給ができないため、レッカーをチャーターして最寄の充填所まで運んでもらわなくてはならなくなります。

LPGはレギュラーガソリンよりも大幅に安い反面、エンジン出力も半分程度しか出ませんから、走行中は常にフルスロットル気味にしなければ、クルマの流れに乗れません。なにせ車重1.5トン以上に80馬力以下です。燃費はリッター5キロ程度と決して良くはありません。
出力が低いということは、それだけエンジン本体や駆動系にかかる負荷が少ないということですから、耐久性は抜群です。新車のタクシーを除いて平均走行距離が50万~100万キロという、一般乗用車では考えられないような使い方をしてもエンジンだけは壊れません。

タクシー車両は、一般乗用よりも経済性や耐久性が求められます。

一般乗用でもLPG改造は可能ですが、巨大なガスボンベを積載するためにトランクスペースが犠牲になります。
LPG充填所は全国の限られた場所にしかないため、遠出のドライブなどで出かけた際は地元のタクシーに訊くなりして、営業時間のうちに満タンにしておかなければなりません。
ガス欠させれば文字通り、その場で立ち往生するハメになります。ガスライターの充填のように、専用バルブを接続しなければ燃料補給ができないため、レッカーをチ...続きを読む

Qタクシー用のLPガスについて。

私は、移動販売を生業にするものです。まだ開業して2ヶ月少しなのですが、

LPガス代に頭を痛めています。移動販売の場合法律で8kgボンベ2本まで

の使用が認められているのですが、現在8kgボンベ1本を充填するのに

3600円掛かっています。開業当初は、意外と高いものだな と思ってた

だけでした。知り合いの同業者数人に聞いてみると、相場じゃないか、まだ

良心的な方だとか言われ、そんなものかと思い2ヶ月が過ぎましたが、最近

別の同業者から聞いた話では、遥かに安い価格で調達してる人もいるようです。

私の近所にガソリンとタクシーのLPガス充填を併設したところがあるのですが、

そこの社員に聞いたところ、移動販売の焼き鳥屋や焼きそば屋など数軒が

タクシー用のLPガスを充填しに来て、通常のガス屋で充填するよりも遥かに

安いと大喜びしてるとの事。通常のLPガスよりもブタンガスと言うものの混合率

が高く、そこではブタンガスの混合率が70%だと聞きました。ネットで色々

調べてみると、ブタンガスは沸点が低く寒冷地では、火が付きにくい事が

解りました。ただ、その点はこれから夏に近づいて行くので問題はないのか

とも思います。又、スタンド側も冬季、夏季では混合率を変えてると思います。

相手がガスと言う事で、私の様なガス知識の無い者にとっては、やはり怖い

部分もあります。こう言った事に精通されてる方のご助言を戴けたら誠に

幸いなのですが。どうか宜しくお願い致します。

私は、移動販売を生業にするものです。まだ開業して2ヶ月少しなのですが、

LPガス代に頭を痛めています。移動販売の場合法律で8kgボンベ2本まで

の使用が認められているのですが、現在8kgボンベ1本を充填するのに

3600円掛かっています。開業当初は、意外と高いものだな と思ってた

だけでした。知り合いの同業者数人に聞いてみると、相場じゃないか、まだ

良心的な方だとか言われ、そんなものかと思い2ヶ月が過ぎましたが、最近

別の同業者から聞いた話では、遥かに安い価格で調達してる人...続きを読む

Aベストアンサー

ボンベは自前ですか?
5年毎の容器検査はどうするんですか?

商社などでやってるLPGボンベへのガス充填所があります。
事前の契約が必要になる場合が多いですが、価格は安価です。
各種LPGボンベリース会社ばかりかアスファルト工事業者なども当然補充にやってきます。
私の会社で業務上扱う5Kgボンベは¥1500程度で充填してます。

Q家庭で使うLPガスとタクシーなどの自動車で使うLPガスは成分が違うのですか?

家庭で使うボンベに入ってるLPガスと自動車に使うLPガスは成分が違うのですか?

Aベストアンサー

LPGについて
 液化(Liquefied)石油(Petroleum)ガス(Gas)の頭文字を
 とったものです。
 主成分は、プロパンとブタンです。
 業務用と家庭用の成分は同一です。

 ご参考に
  http://www.chopro.co.jp/kiso/index_4.html#Anchor-35326


人気Q&Aランキング

おすすめ情報