はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

築32年一戸建て(軽量鉄骨)の家について
築32年の軽量鉄骨の一戸建ての家を購入しようと思っています。
リフォームもわが家一新や新築そっくりさんなどの丸ごとリフォームをしようと思います。
今心配なのは耐震強度です。(将来巨大地震の起こる確率が高い地方なので)
わが家一新や新築そっくりさんでは耐震補強が標準で付いているそうなのですが、
本当に大丈夫なのか心配です。
皆さんにご意見を聞きたく投稿いたしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私は軽量鉄骨住宅の内装大工です


今年3月から5月いっぱい内装リフォームをしてきました
今までの新築住宅と 今回のリフォーム工事をしての現場の声と思ってください
基本的に軽量鉄骨住宅は駆体工事に関わっているブレス トラス 耐力壁 独立柱 外壁パネルなどで建物の強度を支えています
そのため各部屋の間仕切り壁は壁下地を支える物で建物の強度には何ら支障をしている物ではありません
耐震強度を上げたいのなら外周面室内側壁を壊したときに追加ブレスを入れる方法 独立柱間にブレスを入れる方法 など既存の駆体に手を加える必要があると思います
私が行った工事は築後25年の大手HM軽量鉄骨2階建て2世帯住宅の一階40坪ほどの全面改装です
旧間取りはDK×2 L×2 玄関×2 和室×2 トイレ×2 洗面所 UB(1.5×1.8)
新間取りはLDK 玄関 寝室 食品庫 トイレ 洗面所 UB(2.0×2.0)オール電化 サンデッキなど
建具 衛生設備 空調床暖房設備 照明設備など 内装すべ他の工事でした (外装は5年ほど前に改装済み)
何ら問題なく工事完了しました
木造と違い出来うる限り外周面 基礎 布基礎などで強度を持っていますので予算にも寄りますが問題なくリフォームできると思います。
これはあくまでも私の関わっている住宅メーカーに限ってお話ししましたが参考になれば幸いです
    • good
    • 11

築32年一戸建てということは現在の構造計算には適合していないと思います。


したがって現行基準の構造計算をして地震に耐えられるようにする必要があると思います。
軽量鉄骨建物のだと現在鉄骨柱□100*100程度の部材になっていると思います。水平力(地震・風)
に対する補強がたぶん必要になるのでは、と思います。
ブレ-スと呼ばれる斜材が現在はいっていると思いますが、これらの増設が必要になるのでは
と思います。その辺のところを施工する工務店さんに確認なさったらいかがでしょうか。
その場合新設ブレ-スをいれると上に引っ張る力が働きます。
基礎のアンカ-ボルト等はだいじょうか確認し納得されてから工事を依頼してみたらいかがでしょうか?
    • good
    • 3

軽量鉄骨造で耐震補強ですか…、コストかかるでしょうね。


軽量鉄骨造とは、壁・床が構造体です。簡単に言えば箱みたいなモノです。
だから、構造体の壁や床をぶち抜くことはできません。
補強もその家を建てた施工業者じゃなければ、壁・床全体を覆うように補強しなければ本当の補強はできていません。
柱などを建てても飾りです。補強ではありません。(一から構造計算すればでるかもしれませんが…)
柱・梁の在来工法の家と違い、スケルトンにして間取りを変えることはできません。
せいぜい今ある間取りのままで、クロス・床の張り替え、キッチン・トイレ・フロの入れ替えぐらいです。

基礎は他の回答者が答えているようにコンクリートの破壊試験・土壌試験・鉄筋の有無・太さ・ピッチなどにより簡単にわかり、補強工法は多数存在します。

32年前の軽量鉄骨造で現基準法にあった家にリフォームすることは、新築建て替えた方が安いのではないですか。

軽量鉄骨造は新築するなら、職人の腕の差関係なく均一な建物が出来、耐震強度強いのでいいが
軽量鉄骨造は大規模リフォームは他社では、大変難しいです。

参考URL:http://ameblo.jp/iekau/entry-10004709980.html
    • good
    • 9

軽量鉄骨については、よく分かりません。



我が家の木造住宅の場合です。
築25年目から少しずつリフォームをし、1500万かかりました。
リフォーム会社ではなく、地元の工務店に依頼をし、
水回り、外装、屋根の葺き替えなどを行いました。
外見的には、なかなか立派に仕上がりました。

にもかかわらず、立て付けの狂いが著しくて、
耐震工事をしないと不安を感じる日々になりました。

結局、35年目に解体して、建て替えをしました。
解体したときに見たところ、不同沈下しており、
基礎や根太が肉眼で分かるほど歪んできておりました。
建て替えてよかったなと思う状況でした。

昭和50年代に大きく耐震基準が変わり、
現在築35年の家は、一番甘い基準で建てられているそうです。
建て替えた家の地盤改良と基礎工事を見ると、
いかにも丈夫そうで驚きました。

話が長くなりましたが、地盤や基礎がきちんとしていないと、
いくらリフォームしても安全ではありません。
私の経験から、古い家はリフォームより建て替えの方がベストです。
慎重にご判断ください。
    • good
    • 8

私は、耐震診断の講習を平成9年に受講して、現在までに900~1000棟の診断と補強を行って来ました。


リフォーム会社でも、色々です、水周りや外壁など見える部分を重要視する業者は、倦厭すべきでしょう?
大切なのは、骨組みとコンクリート基礎です。
私も去年、鉄骨作りのALC壁の3階建てのマンションを一棟買いました、築28年です。
買う前に、売主様に、足元を一時撤去して、骨組み(鉄骨や基礎)の確認をさせて下さい、と頼みました、(購入しなかった場合には、元に戻す条件で)了解をとり、一階部分の壁(一階の土台の部分)を解体して、サビ、腐食、キレツ、などを確認しました。
基礎の鉄筋も確認しました。
問題が有りませんでしたので、購入しました。
リフォームの場合には、スケルトンにして、足元を丈夫にする事から始めるのが大切です。
因みに、基礎に鉄筋が入っていない場合は、炭素繊維などで補強すれば、問題ありません。
いずれにしろ、しっかりした耐震診断をする事が大切です。
    • good
    • 6

耐震強度が必要でしたら、無理と思います。


基礎の強度は今の建物とまるで違います。コンクリートも劣化してきてる建物もあります。

軽量鉄骨のお家は壁をめくると構造材が腐食してひどい物もあります。
大工仕事はその時代の物は手抜きされている物が多いです。(大工さんがとても忙しい)

屋根、壁、サッシ、基礎、良く確認してください、建て替えた方がよい物件もあります。

新築そっくりさんなどは、物を取り替えないで古いところを隠す事できれいに見せてます。
寿命がきているところも取り替えないでそのまま隠します。
値段も他の人が指摘されているように、とても高いと思います。

32年経過した建物を買って、新築そっくりさんなどの増改築、最悪の組み合わせです。
自分の持ち家で、それを増改築してきれいにするのは良いのですが。
もしくは買われて少しだけの改造で住むのでしたらいいのですが。
    • good
    • 6

・工事費=坪×単価 は金額的には解り易いですが


 素人受けには良いが 返って不必要な分も算入される
・耐震補強の結果は大侵害起らないと立証できない処
 残念ながら不適当な工事が散見されます
・大手HMは経費40%と利益率が高い
 何故なら営業会社で下請けに実務させるシステム
・建物は個別状況(特に中古は)による評価が大切
 新築工事や維持管理状況により品質劣化度合いに大差がある
・現基準から元々70%の強度の建物が経年変化で低下している
 其れを付け足しでプラスする方は疑わしい
 技術的に出来ない事ではないが満足させるには多大な工事費要
 良い加減な処で施工し(不適当工事だと思うが証明困難)ている
・確かな専門家(経験豊富かつ善良な設計者・施工者)に
 調査判定して貰ってから改修仕様作られるが良いと思います
・因みに昨年も 大手HMと地元工務店と見積もり合わせさせました
 結果は地元工務店に施工させました(説明は略しますが)
    • good
    • 2

こんにちは



そのころの建物は耐震基準が今より甘くて、いくら上を強くしても、土台がもたない可能性もあり、結局、すべてやり直しということになりかねません。

どんな土台になっているか、外観でわかればいいのですが・・・・

買う前に、その家を建てた会社か信頼できる建築屋さんに、よーーくみてもらうといいと思います。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Q軽量鉄骨造一戸建ての寿命

積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。
空家だったので中も外もじっくり見てみましたが
素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。
地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと
いうことでとてもしっかりしているように思いました。

ただ不動産屋の営業マンが
「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」
とあまりにも連呼するので
逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。

一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの)
をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。

あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて
補修すれば長持ちする、というようなことでも
いいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょっとずつこぼれた水で湿っていたの(だろう)という事と
元々土地が田んぼを埋めたてたところだったので、湿気が多かったセイだと思います。

戸の建てつけも蝶番部分が錆びてきて膨れたり、引き戸の下についている
車輪が磨耗していびつになっていることからのようでした。
(その部分だけ直せば住めたのにと思いましたが、私が戸主ではないので(^^;)

そのお家は手入れは必要かもしれませんが、まだ住めると思いますよ。
補修が必要だろうと思う部分は上に書きました、床(耐久性)と内壁(美観)
戸の建てつけですかね。
ワックスかけたり、油さしたりで耐久性はぐんと上がると思いますよ。

あ、屋根はトタンですか?うちは錆びて穴が開いて押入れに雨漏りしましたよ。
(数年に一回ペンキを塗ってたら、防げたようですが)
屋根がトタンだったら、雨がふったらバラバラと音がします。
慣れれば風情として楽しめる程度ですが(^^)
私は雨の音が好きだったので、今の家は殆どしないので残念です。

あと、これは建て替えないと判らなかった点なのですが
今の家は前の家に比べて気密性が高いので、冬温かく夏涼しいです。
冬の事ですが、暖房を切って寝て、次の日の朝起きたら温かく感じます。
(昔の家に比べて)あれ?今年は温かいねって言ってたら、外は雪。
それで中が温かいんだと気付きました。この点は大きい利点でしたね。
前の家では、1度暖房を付けに起きて、また暖まるまで布団に戻る感じでしたから。

他の点での不満は得に有りませんでしたから、前の家に手を加えてまだまだ
住めば良かったのにと思っています。
でも、親もどんどん年をとることだし、冬温かい家はやっぱりよかったのかも?
(断熱工事ができるんならそれの方がいいかもしれませんが)

どちらの地方かわかりませんが、断熱という面でも覚悟が必要かもしれません??

あまり役に立たない話でしたね(^^;(思い出話みたいになっちゃった)
他の方の回答も待ってみてください。

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょ...続きを読む

Q軽量鉄骨住宅の耐震補強

現在築35年の軽量鉄骨造2階建ての我が家の内装リフォームを検討して業者と打ち合わせしているのですが、最近話題の耐震問題がすごく気になります、リフォーム内容ですがリビングの間仕切りを一部取り外し、リビングダイニングとしたいのですが(壁を取るところは2階部ベランダで、通し柱はなく、間柱だけとのこと)内壁が少なくなると強度は下がりますよね。(業者は耐力壁でないと言っている)詳しいことは解らないのですが、軽量鉄骨住宅での有効は耐震補強について教えてもらえませんか?
業者さんは構造的な補強より、むしろ外壁(モルタル壁)の補修を進めるのですが?ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

No.2さんとほぼ同じ内容になりますが、

鉄骨造は一般的にラーメン構造という柱と梁で持たせる構造になっていることが多く、壁は耐力壁として設計されていないことが多いので、壁をなくすことにより構造的にはあまり変わらないと思いますが(あくまで一般論で、図面を見てみないと正しい回答はできませんので、注意してください)、元の設計自体の耐震性能が不足している可能性があります。

というのは、築35年ですと、1971年頃のものですね。
1981年に耐震基準が変更になり、それ以前のものの中には耐震基準を満足しないものもあります。
これは、全ての建物が基準を満たしていないというわけではないですが、公共建築物を調査した結果、現行の0.3程度の耐震性しか持たないものも多くあることが報告されています(補強で対応できないので取り壊しが決定されたものもありました)。

これら改正前の耐震基準で設計された建物について、耐震性を評価する方法があります(耐震診断)。
できれば、これを受けることが望ましいです。
自治体などでは改正前の耐震基準で設計された建物の診断や補強について、補助などを行うところもありますので、役所に相談してみてはいかがでしょうか?

なお、一般的な補強方法としては、ブレースを入れる、鋼板壁を入れるなどが考えられます。特殊な方法としては、鉄骨の場合、振動の減衰が木造やRC雑煮比べて極めて小さく振動が大きくなりがちですので、ブレースや耐震壁の代わりに制振ダンパーを入れて、地震時の振動を小さくするという方法もあります。

No.2さんとほぼ同じ内容になりますが、

鉄骨造は一般的にラーメン構造という柱と梁で持たせる構造になっていることが多く、壁は耐力壁として設計されていないことが多いので、壁をなくすことにより構造的にはあまり変わらないと思いますが(あくまで一般論で、図面を見てみないと正しい回答はできませんので、注意してください)、元の設計自体の耐震性能が不足している可能性があります。

というのは、築35年ですと、1971年頃のものですね。
1981年に耐震基準が変更になり、それ以前のものの中...続きを読む

Q軽量鉄骨 築30年の中古住宅

軽量鉄骨 築30年の中古住宅は買うべきではないですよね。
建て替えも木造より大変だとも聞いています。
ちなみに積水ハウスです。

Aベストアンサー

#2さんに同じ考えです。
私は、築35年超の中古家を購入して住んでます(鉄筋コンクリート一部木造)。土地代程度の価格でした。但し、リフォームをしっかり行いました。床、壁、ドア、サッシなどを剥がし、殆どのものを入替え直し、好みの形にしました。結果として、新築の1/2程度の費用でリフォームできました。
超中古住宅を求めるときは、大掛かりなリフォーム費用を覚悟して判断したほうがよいですよ。
又、価格は売手と買手の事情に左右されますが、公示地価は国交省のホームページで確認できます。

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。

Q築34年の鉄骨造はもう寿命でしょうか?

御意見お聞かせ下さい。

都内に建つ築34年の鉄骨物件を不動産屋さんからすすめられています。

駅から10分以内のところに建つその物件は、風呂は昔ながらのバランス釜、外装も内装も
それなりの経年でくたびれており、6戸中3戸しか入っておりません。
今風のモノに変えるには、各室ともかなりのリフォームが必要に見て取れました。

物件価格はほぼ土地値に近く、リフォーム費用をかけてもこれくらいで回せるかな?と、皮算
用をしておったのですが、昨日、知合いの不動産屋さん(損益関係を抜きの間柄です)から
「築34年は業界ではカスで誰も手を出さないよ。これからいろいろ修繕にお金もかかるし、いく
ら今風に変えても築年数が古い物件には人は来ないよ」 と言われました。

確かにプロの仰る事ももっともだと思い、購入へと高まっていた意思が今はニュートラルに戻っ
ております。

皆様、築34年をどう思いますか?

Aベストアンサー

手入れされている建物は、古くても入る可能性はあるでしょうが、くたびれているしリフォームが必要なら土地を買うきで買わないとダメでしょう。
元のオーナーは15~20年でローンが終わり、10年ほどほぼ丸儲けして、これ以上何かしても立ち退き料がかさむばかりとここが引き際とばかりに手放されるのではないかと思います。
地震は古くて大丈夫ですかねえ。と聞かれれば「それなりですね」と答えるしかなく(新耐震基準前ですからがっくり弱いです)入居も見込は薄いのでしょう。リニューアルの分損失となり儲けがでません。

手を入れないと・・・とビジネスを考えずにお金をかけると大変なことになるかもしれません。
防水工事だって2回やったかどうか・・・雨漏りしたら修繕は不可避です。
3戸分の立ち退き料と土地代、解体費用、新築費用をかけて儲かるのかと考えた事業の方が良いでしょう。ちなみに共同住宅鉄骨は耐用年数47年ですから安いといってもおそらく建物価値がまだ価格に含まれているかもしれません。すると土地に有効に活用できないマイナスポイントがあるかもしれません。しっかり計算して損をしないように。

手入れされている建物は、古くても入る可能性はあるでしょうが、くたびれているしリフォームが必要なら土地を買うきで買わないとダメでしょう。
元のオーナーは15~20年でローンが終わり、10年ほどほぼ丸儲けして、これ以上何かしても立ち退き料がかさむばかりとここが引き際とばかりに手放されるのではないかと思います。
地震は古くて大丈夫ですかねえ。と聞かれれば「それなりですね」と答えるしかなく(新耐震基準前ですからがっくり弱いです)入居も見込は薄いのでしょう。リニューアルの分損失となり儲...続きを読む

Q軽量鉄骨の間取り変更(大変こまってます。)

築45年軽量鉄骨2階建て住宅(軸組み工法だそうです。)に住んでいます。
リフォームを考えているのですが、以前増築してもらった
工務店さんが言うには、軽量鉄骨住宅は増改築に不向きだそのことで、既設勝手口からの取り合いで増築をしました。
今回リフォームするにあたり間取り変更を考えています(西面、和室・リビング・洋間の3間(約20畳)が可能でしょうか?ちなみに我が家の筋交い?ぶれす?は外周にしか入っておらず、今話を聞いている工務店さんは通柱を残せば(露出)、可能とのことでした。
しかし、気になってネットで調べてみると、軽量鉄骨は
間取り変更しやすいとかかれていたり、変更に向かないというのもあり、かなり半信半疑です。
筋交い・ブレスのない内部壁というのは構造上の強度に含まれないのでしょうか?
また柱(木)とC構との間に体力壁をつけるけんとうもしています。(露出させた柱ろ壁財)構造上のヒントいただけますようによろしお願いいたします。

Aベストアンサー

築45年
プレハブなのか、近くの工務店等が建てたのかは不明ですが、
お金をかけてリフォームし、後何年使えるのでしょうか。
それは置いておくとして。

工務店が建てたのなら
補強は比較的簡単でしょうが、軽量鉄骨は厚さ3~4ミリ程度です、錆などの構造劣化が心配です。

プレハブなら
新築時点でも20畳の部屋は無理だったと思います。

柱を抜くためにはその柱が負担してた荷重をどう処理するか問題が発生します。

当時と今では構造基準が大幅に違います。
安全に住まうには、かなりの構造補強を覚悟してください、

構造に詳しい設計士さんに相談することを提案します。

Q積水ハウス築26年とローコスト住宅

住宅購入で迷っております。

中古の積水ハウス(築26年・軽量鉄骨)とローコスト住宅(新築・秀光ビルド)で迷っております。

有名メーカーの方が安心なのですが、築26年というのが気になります。
またローコスト住宅について調べておりますが、手抜き工事(特に基礎部分)が心配です。

積水ハウスだと中古であっても、引き続きアフターメンテナンスをしてくださると聞き安心しております。

☆中古戸建
メーカー:積水ハウス
築26年
軽量鉄骨
55坪
1900万円(土地1300万+建物600万)
※建物600万円なので、多少失敗してもあきらめがつくような気もします。
※あと30年は住みたいです。欲を言えば、40年ですが、築66年になってしまいます。軽量鉄骨なら長い年数もつと聞きますが、どうでしょうか?メンテナンス次第ですよね?メンテナンスするぐらいなら、30年後(築56年)に新築で建て替えた方が良ろしいでしょうか?築56年まで軽量鉄骨なら、もつのでしょうか?まったくの素人の為、お恥ずかしい質問で申し訳ございません。


☆新築
メーカー:秀光ビルド
あ木造
40坪
2000万
※建築基準法に適応しているので、耐震は問題ないと聞きます。その一方、手抜き工事が心配です。10年後にメンテナンス必要になって、多額おお金が必要になるかもと聞き心配です。

お詳しい方、アドバイス宜しくお願い致します。

住宅購入で迷っております。

中古の積水ハウス(築26年・軽量鉄骨)とローコスト住宅(新築・秀光ビルド)で迷っております。

有名メーカーの方が安心なのですが、築26年というのが気になります。
またローコスト住宅について調べておりますが、手抜き工事(特に基礎部分)が心配です。

積水ハウスだと中古であっても、引き続きアフターメンテナンスをしてくださると聞き安心しております。

☆中古戸建
メーカー:積水ハウス
築26年
軽量鉄骨
55坪
1900万円(土地1300万+建物600万)
※建物...続きを読む

Aベストアンサー

まずは「築26年」の積水ハウスですが、
この様な団体に依頼すれば、今の家の状態を
調べてくれます(所有者が同意すればの話ですが)
http://www.jshi.org/

秀光ビルドが「手抜きしないのか?」についてですが、
多分、工事自体は「下請け」が行いますから

いくら「住宅性能表示制度」を利用しても、
完成してしまえば、見えない部分の工事内容は

確かめ様がありませんから、信頼が出来るのかどうか?
ご自身で調査をするしかありません。

新築後の10年目では、それほどお金は掛かりませんが、
築年数が26年は入居する前にも「そこそこのお金」を掛けて
改修工事をしないと快適には暮らせませんし、

その後の10年目には、かなりのメンテナンス費用が
掛かるので「覚悟」をしてください。
中古の場合はどうしても「維持」にお金が掛かりますので。

Q1000万で家を建てた方。快適さはどうですか?

いつか家を建てたいので今勉強中です。
ですがこの先何があるか分からないのであまり無謀なローンは組みたくので1000万くらいの家を建てようと思ってます。
家は安いのは安かろう悪かろうと良く聞きますがすべてがそうとは限らないと思うのですがどうなんでしょうか?
大手のハウスメーカーではなく地元の工務店にお願いしてみようと考えています。
家の外観や設備にはあまりこだわりはありませんが自然素材で作りたいです。
あまり便利な機能はつけるつもりはありません。ごくシンプルな家を目指しており足りない部分はDIYなどに挑戦してみたいです(大変だと思いますが)
子供が2人います。最初は1部屋で大きくなったら2人部屋に分けるような作りにします。
土地の広さや建てる場所はまだ決まってないので何とも言えないのですが1000万から1500万くらいで建てられた方住み心地はどうでしょうか?
工夫されたことを教えて頂きたいです。
建てる場所の候補は静岡、神奈川あたりに考えています。
良かったこと、後悔したことどんなことでも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のような仕事スペースを作りました。いまそこでこれを書き込んでいます。
 
 脱衣所も普通の広さ、お風呂は広いくらい。
 二階にもトイレがあるし、廊下も広い。
 二階でこだわったのは将来大きい部屋として使えるようにと、壁ではなく開けられるような間仕切りにしたこと。
 和室の収納を確保するために畳下を収納スペースにしたこと。これも別料金でしたが、小上がり風になり四畳半のスペースがそのまま収納になります。二畳は板間、床の間というか仏壇スペースと一間の押入れがあります。

 住み心地はいいですよ。特に遜色なく住んでいます。
 キッチンもそれなりに広いし、
 玄関アプローチもしっかりしているし。

 細かいところでは、各部屋のドアがストッパーがあり、トレイにはペーパーホルダーが二個用のもので上に物が置けるような板があるところもいいかんじ。洗面所の床下収納は便利です。台所にもあります。普通のシステムキッチンですが別に困ることはありません。

 実は警戒区域からの避難民なので、これで家は三軒目です。
 よって、どこにお金がかかってどこを削れるのかが分かるからかもしれませんが、満足ですよ。

 書いていいのかな…・・建設会社の名前は・・・・一文字です。〇建設。
 一度は手抜き工事で告発された経緯があるので、今はしっかりしていますよ。

 定期点検もしてもらえるし、無料だからこれもOK

 フラット35を使ったのでエアコンや照明分は手出しになったことがネックかな。でもまあ自己資金があるならこれもOK。


 土地はそれなりに500万位のところです。
 電車の駅から徒歩四分。
 少し歩くと河川敷。増水の心配はなし。あっても対岸なので・・・これもOK.

 新興住宅地なので近辺に10件建っています。他は古い住宅。でも少し行くとまた新しい家が沢山ならんでいるような地区です。学校までも遠くない距離。

 壁紙もそれなり。

 最初は張り切るでしょうけれど、住んでいるうちに何とかなるし、リフォームも必要になる時期が絶対に来るから、あまりにもこだわりすぎたりしないで、お仕着せでも十分だと思いまして・・・・・。

 1200万の家。いいですよ~。

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のよ...続きを読む

Qフルリフォームの相場って・・?

ここ最近、家を買おうかと考え始め いろいろ勉強?し始めた者です。

新築が買えればそれに越した事はないのですが 予算上ムリそうなので中古戸建てを買ってフルリフォーム(耐震補強や設備一新、間取り変更等込み)しようかと考えているのですが こういった物の相場がイマイチわからないので どなたか詳しい方にアドバイスいただければと思いまして・・・。

今 検討している会社はリノベーション費用が定額制で、確か1平米あたり10万5000円位でこの料金の中には耐震補強・設備一式・間取り変更などのプラン全てが組み込まれているそうです。
例えば80平米位の家をフルで直すと800万前後でほぼ新築同様になるという事です。 この値段は相場からして見るといかがなものなんでしょうか? 
また 少し主旨が変わってしまいますが、新築戸建てを1000万前後で建てるというのはムリなのでしょうか? リフォームでその程度出すなら・・とも考えてしまったりするので。。 あと、そのようなローコストの新築の代金は キッチンなどの設備一式も全て含まれての金額になるのでしょうか?
くだらない質問で申し訳ありませんが どなたかお知恵をお貸し下さい。 よろしくお願いします。

ここ最近、家を買おうかと考え始め いろいろ勉強?し始めた者です。

新築が買えればそれに越した事はないのですが 予算上ムリそうなので中古戸建てを買ってフルリフォーム(耐震補強や設備一新、間取り変更等込み)しようかと考えているのですが こういった物の相場がイマイチわからないので どなたか詳しい方にアドバイスいただければと思いまして・・・。

今 検討している会社はリノベーション費用が定額制で、確か1平米あたり10万5000円位でこの料金の中には耐震補強・設備一式・間取り変更な...続きを読む

Aベストアンサー

以前リフォームと建て替えを検討しました。
リフォームは意外と総額が高く付きます。
何より土台にシロアリが住んでいると、びっくりするほど高額になります。

新築なら建坪30坪程度ならローコストで1000万前後で作る業者は結構いますよ。
こういった業者は、特に酷い設備というわけではありません。
極々一般的な設備が標準でついてきます。

こういったHMのメリット
 安く建てられる
 標準で基本設備、照明付きですぐに住める(場合が多い)
 画一化されているので、以前建てた家をひとつ見れば大体のものが判る
 モデルハウスを持っていない場合があるので、営業と相談して、建築後数ヶ月のモデルハウス化を買ってでると、値引きが期待できる

デメリット
 水周りなどが別料金の場合が多い(結局+100万ほど増えてしまう)
 決まった数パターンの中から選ぶ必要がある
 仕様変更するとビックリするほど高額になる(コンセント増設など)
 モデルハウスがない場合が多いので、タイミングによっては現物を見れない
 内装が意外とチープで、アパートの一室のように感じてします。(私見)

などありますが、特に間取りその他に希望がなければ、リーズナブルに建てられます。

以前リフォームと建て替えを検討しました。
リフォームは意外と総額が高く付きます。
何より土台にシロアリが住んでいると、びっくりするほど高額になります。

新築なら建坪30坪程度ならローコストで1000万前後で作る業者は結構いますよ。
こういった業者は、特に酷い設備というわけではありません。
極々一般的な設備が標準でついてきます。

こういったHMのメリット
 安く建てられる
 標準で基本設備、照明付きですぐに住める(場合が多い)
 画一化されているので、以前建てた家をひと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング