統計の本に出てくるt分布とかχ2分布とかF分布って、何が何だかさっぱり
分かりません。どういう場合にどの分布を適用すればいいのですか?
因みに当方 ~研究とか~学とかそういうこととは縁がなく、統計学は全くの
初心者です。統計学の本ってどれも難しくって、「マンガ統計物語」みたいな
本はないかなあ?とよく本屋で探しているくらいのレベルです。
どなたか易しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

F分布は、分散の検定に使います。



とりあえず、統計検定を極めるのではなく *利用するだけ* であれば、
「なんとかの検定をするには、これこれの数字が □□ 分布に従う」
ってことだけが分かっていれば良いと思います。

> 統計学の本ってどれも難しくって、「マンガ統計物語」みたいな

漫画は知らないのですが、読み物として読み易かったのは

・推計学のすすめ … 佐藤 信、講談社 ブルーバックス
・統計のはなし … 大村 平、日科技連

ってとこでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。分散の検定ですか。てことは、二つの集合があって、どちらのばらつきが大きいかとか、ばらつきが変化したけどそれは偶然の範囲内かどうか、みたいなときに使うんですね。なるほど。
ご紹介頂いた二つの本は早速購入して読んでみたいと思います。

お礼日時:2001/04/10 12:48

どういう場合にどの分布を適用するかではなく, この場合はこの分布で良く説明できそうだ, とそういう風に使うんだと思うのですが。


で, t分布とかχ2分布とかF分布って何に使うのかというと, 統計の中の"検定"というものに使います。
t分布は標本が少ないとき, 標本の平均についての検定に使います。
Fも似た様な使い方をします。χ2分布は与えられたデータがどの分布に従っているのか客観的に判別するために使います(適合度検定)。
私の先輩はχ2分布をコンピュータで作った乱数が本当の乱数と区別できるか否かにχ2分布を用いた検定を行ってました。
あまり回答になっていないかもしれませんが, こんな言葉が私の手元の資料から出てきたので, ここに回答してみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても分かりやすいご説明で感謝いたします。χ2分布については、私の持っている本に「電話帳から電話番号の末尾の数字を拾って列挙し、その出現確率が偶然の範囲内(1から0まで、期待値がそれぞれ0.1)かそうでないかを検定するときに使う」みたいなことが書いていました。乱数も同じですね。tは標本の少ない2つの集合の平均値に差があるかどうかを検定するのに使う、ということが私の本にも書いてました(今見ました)。ではFはどういう場合なのでしょうか?

お礼日時:2001/04/10 08:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q√1+√2+√3+…+√nの漸近展開

http://en.wikipedia.org/wiki/Euler-Mascheroni_constant
によると
1+1/2+1/3+…+1/n
=γ+log(n)+(1/2n)-Σ[k=2,∞](k-1)!C(k)/n(n+1)…(n+k-1)
という漸近展開があるそうです。漸近展開とは、簡単に言うと、nが十分に大きい場合の近似式です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Stirling%27s_approximation
によると
n!
=√(2πn)*(n/e)^n*e^λ(n)
という漸近展開があるそうです。

ところで、
√1+√2+√3+…+√n
などの漸近展開をご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

y=√xのグラフとy=√(x+1)のグラフではさまれた面積と考えることで、
√1+√2+√3+…+√n
=(2/3)n√n+…
となることはわかるのですが、
√1+√2+√3+…+√n
=(2/3)n√n+α√n+…
とさらに精密にしたいとき、αがどういった定数になるのかわかりません。

http://en.wikipedia.org/wiki/Euler-Mascheroni_constant
によると
1+1/2+1/3+…+1/n
=γ+log(n)+(1/2n)-Σ[k=2,∞](k-1)!C(k)/n(n+1)…(n+k-1)
という漸近展開があるそうです。漸近展開とは、簡単に言うと、nが十分に大きい場合の近似式です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Stirling%27s_approximation
によると
n!
=√(2πn)*(n/e)^n*e^λ(n)
という漸近展開があるそうです。

ところで、
√1+√2+√3+…+√n
などの漸近展開をご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

y=√xのグラフとy=√(x+1)のグラ...続きを読む

Aベストアンサー

ちなみに今の場合は定積分からも「α=1/2」が想像できます.
まず
∫[0→1] √x dx = 2/3
の左辺を矩形公式で和に変換すると
(1/n)Σ(k=1→n) √(k/n) = 2/3
となり, 両辺に n^(3/2) を掛けると
√1+√2+√3+…+√n = (2/3)n^(3/2)
になります. ただし矩形公式では区間の幅に比例する誤差があるので, 実際には
(1/n)Σ(k=1→n) √(k/n) = 2/3 + O(1/n)
です (O(1/n) は「1/n に比例する項」というくらいの意味).
ここで, 左辺の積分を今度は台形公式で和に変換すると精度が上がって
(1/n)Σ(k=1→n) (1/2)(√[(k-1)/n]+√(k/n)) = (2/3) + O(1/n^2)
になります. ここで同じように両辺に n^(3/2) を掛けて左辺を整理すると
√1 + √2 + … + √(n-1) + (1/2)√n = (2/3)n^(3/2) + O(n^(-1/2))
となり, 両辺に (1/2)√n を加えることで
√1+√2+√3+…+√n = (2/3)n^(3/2) + (1/2)n^(1/2)
まで持っていけます.
ああ, たぶん a が正なら自然数かどうかに関係なく
Σk^a = [1/(a+1)]n^(a+1) + (1/2)n^a + …
となると思いますよ.

ちなみに今の場合は定積分からも「α=1/2」が想像できます.
まず
∫[0→1] √x dx = 2/3
の左辺を矩形公式で和に変換すると
(1/n)Σ(k=1→n) √(k/n) = 2/3
となり, 両辺に n^(3/2) を掛けると
√1+√2+√3+…+√n = (2/3)n^(3/2)
になります. ただし矩形公式では区間の幅に比例する誤差があるので, 実際には
(1/n)Σ(k=1→n) √(k/n) = 2/3 + O(1/n)
です (O(1/n) は「1/n に比例する項」というくらいの意味).
ここで, 左辺の積分を今度は台形公式で和に変換すると精度が上がって
(1/n)Σ(k=1→n) (1/2)(√[(k-1)/n]+√(k...続きを読む

Q統計学・確立分布の問題

統計学のレポート作成でつまずいています。
知恵をかしていただけると幸いです。

ただレポート作成は極力自力で取り組みたいと思っているので、
問題文に少し手を加えて質問させていただきます。


階級値をX、割合をFx(X)とする確立分布が与えられている。
階級値Xと割合Fx(X)については生のデータが与えられている。

そして、別の確立分布をFy(Y)とする。
先の確立分布との関係は一次関数 Y= b + aXで示される。


私は率直に階級値の関数だと思い、生のデータを代入してFy(Y)の階級値を得ました。
しかし割合はどうするのか?というのが私の疑問です。
Yの割合は与えられておらず、かつXとYの確立分布は全く別物です。
初め問題文に「割合Fy(Y)」と記載されていないことから、Xの割合を適用するものと思いました。
 例)階級値(b + aX1)の割合はFx(X1)
レポートもこれで書き上げました。

が、割合も関数に代入するべきなのか。
(代入すると割合の和が1を超えるため1になるよう調整する必要性も)
市販の問題集もいくつかあたってみたのですが、似たような問題がピンポイントで見つからなかったため質問させていただきました。

統計学のレポート作成でつまずいています。
知恵をかしていただけると幸いです。

ただレポート作成は極力自力で取り組みたいと思っているので、
問題文に少し手を加えて質問させていただきます。


階級値をX、割合をFx(X)とする確立分布が与えられている。
階級値Xと割合Fx(X)については生のデータが与えられている。

そして、別の確立分布をFy(Y)とする。
先の確立分布との関係は一次関数 Y= b + aXで示される。


私は率直に階級値の関数だと思い、生のデータを代入してFy(Y)の階級値を得ました。
しかし割...続きを読む

Aベストアンサー

> 例)階級値(b + aX1)の割合はFx(X1)
> レポートもこれで書き上げました。

これで良いですよ。
a≠0なら、確率変数Yがb + aX1という値をとるのは確率変数XがX1となるときだけなので、Y = b + aX1となる割合はFx(X1)です。

Q漸近展開とテイラー展開

漸近展開とテイラー展開の違いを教えてください。

Aベストアンサー

直感的でよければ、参考URLのグラフを見るとわかります。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/gfk/Zenkin_Tenkai.htm

Qエクセルの統計でχ二乗検定の結果の5.19415E-10のEとは?

統計の初心者です。
タイトルにあるとおり、エクセルでχ二乗検定をしているのですが、
CHITESTの結果にEという文字が出てきます。
このEとは、何を意味するのでしょうか。
また、5.19415E-10は有意差を示しているのでしょうか。

変な質問で申し訳ないのですが、大変困っておりますので、どなたかお答え頂ければ本当に助かります。
お忙しいと存じますが、どうぞご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

χ2検定では「男女の喫煙率に差がない」と【仮定したとき】,すなわち「期待値」が本来の姿であると仮定したときに,実際の測定値のような男女に喫煙率の差があるようなデータになることが,どの程度ありえるか……

その確率が有意確率として算出されているわけですね.
今回,非常に小さな確率で,つまり

> 男女の喫煙率に差がないことは、めったに起こらない

と判断できるので,最初の「男女の喫煙率に差がない」の仮説が間違っていたと判断することになります.こうして

> 男女の喫煙率には差がある

と解釈できます.

なお,レポートなどでは,その仮説を棄却する確率,つまりどの程度の珍しさは許容範囲であるかの確率を示す必要があるわけですが

1) p<.05 (p<「設定した有意確率」)
2) p=?? (直接p値を書きます)

のいずれかの書き方になります.伝統的には(1)の書き方がされます.

> (P<5.19415E-10)と示し方はおかしいでしょうか。

おかしいです.
この書き方では,判断基準が「p<0.000000000519415(=5.19415E-10)」つまり,
「0.000000000519415」以下よりも更に珍しい・更に有意確率が小さいときに,「偶然ではない」と判断して最初の仮説の棄却を行うことになります.
普通は0.05や0.01であり,5%や1%よりも小さい確率の時は,それは非常に珍しい,偶然ではおきえないとします.

χ2検定では「男女の喫煙率に差がない」と【仮定したとき】,すなわち「期待値」が本来の姿であると仮定したときに,実際の測定値のような男女に喫煙率の差があるようなデータになることが,どの程度ありえるか……

その確率が有意確率として算出されているわけですね.
今回,非常に小さな確率で,つまり

> 男女の喫煙率に差がないことは、めったに起こらない

と判断できるので,最初の「男女の喫煙率に差がない」の仮説が間違っていたと判断することになります.こうして

> 男女の喫煙率には差が...続きを読む

Qe^(1/z)の漸近展開の求め方

独学中のものです。
f(z)~(a_0)+(a_1)/z+(a_2)/z^2+…+(a_n)/z^n …(1)
関数f(z)の漸近展開が(1)のとき、係数(a_0),(a_1),(a_2),…は次のようにして求められる。
『lim[|z|→∞]f(z)=a_0
lim[|z|→∞]z{f(z)-a_0}=a_1
lim[|z|→∞]z^2{f(z)-(a_0)-(a_1)/z}=a_2
 ………………………………………………
          (ただし z∈D )    』…(2)
このようにf(z)が漸近展開を持てば、それは一意的に定められるが、逆は成り立たない。すなわち相異なる二つの関数が同一の漸近展開を持つことがある。
たとえば|argz|<Π/2ならばRe(z)>0であって、そこでlim[|z|→∞]e^z=∞ である。これに注意して(2)を用いると、|z|>0, |argz|<Π/2 において、
e^(1/z)~1+1/(z・1!)+1/(z^2・2!)+…  …(3)
e^(1/z)+e^(-z)~1+1/(z・1!)+1/(z^2・2!)+… …(4)
すなわち、この二つの関数は同一の漸近展開を持っている。以上は教科書からの抜粋です。

(3)式の右辺第二項の係数(1/1!)や第三項の係数(1/2!)が(2)式の第2、第3式からどのような過程で求められるのか、わかりやすく教えて下さい。
分かり辛い書き方ですみませんが、宜しくお願いします。

独学中のものです。
f(z)~(a_0)+(a_1)/z+(a_2)/z^2+…+(a_n)/z^n …(1)
関数f(z)の漸近展開が(1)のとき、係数(a_0),(a_1),(a_2),…は次のようにして求められる。
『lim[|z|→∞]f(z)=a_0
lim[|z|→∞]z{f(z)-a_0}=a_1
lim[|z|→∞]z^2{f(z)-(a_0)-(a_1)/z}=a_2
 ………………………………………………
          (ただし z∈D )    』…(2)
このようにf(z)が漸近展開を持てば、それは一意的に定められるが、逆は成り立たない。すなわち相異なる二つの関数が同一の漸近展開を持つことがある。
たとえば|argz|...続きを読む

Aベストアンサー

|z| → ∞ ってことは, x = 1/z とおくと x → 0 ですね. そこから, 「e^x は何回微分しても e^x である」とか「L'Hospital の定理」とかを使えば
lim z [e^(1/z) - 1] = lim (e^x-1)/x = e^0 = 1 とか
lim z^2 [e^(1/z) - (1 + 1/z)] = lim (e^x - (1 + x))/x^2 = lim (e^x - 1) / (2x) = 1/2 とか
計算できます (z に対する lim は → ∞, x に対する lim は → 0 で).
もっとがんばれば Laurent 展開までいっちゃいますけど....

Q文学・栄養学・住居学・歴史学・環境学を学ばれている方、お願いします。

現在高校生なのですが、大学に進学をするのかまだ決めかねています。自分なりに調べて興味を感じる分野は、文学(小説を読むことが好きなので)、栄養学(料理をするにあたって栄養学には前々から興味があったので)、住居学(建築学ではなく、女性視点の住居の見方というのに興味を感じたので)、歴史学(昔から歴史が好きなので)、環境学(環境問題に関心があるので)があります。
もしも、大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。在学中に何か他のものが見つかるということもあるかと思いますが、入学時に明確な目標をもっていたいんです。なんとなく・・・という気持ちであれば進学しようとは思っていません。
今のところ、上で挙げた分野に「これが一番・・・」という順位はありません。私はまだ受験生ではないので決断までに時間はあるのですが、時間いっぱい悩んで決めたいです。
上で挙げた学問を実際に学ばれている方に、質問したいのです。その分野に興味をもったきっかけ、実際に大学で学んでみて想像と違ったこと、卒業後どうしようと考えているか、等なんでも良いので可能な範囲で聞かせて下さい。ぜひ、参考にさせて頂きたいと思います。

現在高校生なのですが、大学に進学をするのかまだ決めかねています。自分なりに調べて興味を感じる分野は、文学(小説を読むことが好きなので)、栄養学(料理をするにあたって栄養学には前々から興味があったので)、住居学(建築学ではなく、女性視点の住居の見方というのに興味を感じたので)、歴史学(昔から歴史が好きなので)、環境学(環境問題に関心があるので)があります。
もしも、大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。在学中に何か他のものが見つかるという...続きを読む

Aベストアンサー

文学を専攻していました。現在も研究中です。
高校三年まではまったく勉強せず、大学もお金の無駄だと思って行くつもりがなかったのですが、行きたい大学があり受験を決めました。ただしその際に親から私立ならここらへん、あと国公立も必ず受けるように、と指示されしぶしぶ従い、予備校に1年通ったもののまともな勉強は2ヶ月程度しかせず最悪なことに志望校以外も全部受かってしまい、親から「頼むから、●●大に行ってくれ」と言われ、がーん…と思いつつも学費を出すのは親なので…泣く泣く第一志望をあきらめ文学部に進学しました。本当は密教学科に行きたかった…。

そんな感じで進学しました。なので興味もへったくれもありません。ただ、はいるからには勉強に心身捧げるつもりでした。それは今も変わっていません。
今は文学をやっていますが、大学に入って一番驚いたのは、(どの学部も同じだと思いますが)最先端の研究に触れられます。特に文学は、今まで国語として習ってきたものが如何に古くさい知識だったかを痛感します。歴史もそうですよ。全然やることが違うんです。そして、その道の専門の先生が(私の大学は、教員に関しては文句の付け所のそれほどない学校でした)、教えてくれる最先端の研究はどれもあまりに真新しく、斬新で、一年生の時は毎日が驚きと感動であふれていたように思います。
これは決して高校時代には味わえない経験です。ただ、それなりの教授がいなければならないですが…。

卒業後は修士に進学しました。私は家も裕福で、親も就職して欲しいとは思っていないので、お言葉に甘えて博士まで進学するつもりです。

ですが、「大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。」ということならば、文学・歴史はおすすめしません。就活に何ら有利になる学部ではないからです。
でも、好きなことをするには、これ以上の学部はないと私は思っています。
あなたが知らなかったことがどんどんどんどん判りますよ。その興奮は、筆舌に尽くしがたいものがあります!

文学を専攻していました。現在も研究中です。
高校三年まではまったく勉強せず、大学もお金の無駄だと思って行くつもりがなかったのですが、行きたい大学があり受験を決めました。ただしその際に親から私立ならここらへん、あと国公立も必ず受けるように、と指示されしぶしぶ従い、予備校に1年通ったもののまともな勉強は2ヶ月程度しかせず最悪なことに志望校以外も全部受かってしまい、親から「頼むから、●●大に行ってくれ」と言われ、がーん…と思いつつも学費を出すのは親なので…泣く泣く第一志望をあきらめ...続きを読む

Q漸近展開について

漸近展開をo(x^3)を用いて書き表せ.

(1+x^2)cosx

という問題なのですが,

cosxのx^3の項までの漸近展開を求め, 用いることで

(1 + x^2) cos(x)
= (1 + x^2) (1 - 1/2 x^2 + o(x^3)) --- (1)

となったのですが, この段階で止まっています...

[答え]としては, ここから更に

= 1 - 1/2 x^2 + o(x^3) + x^2 - 1/2 x^4 + o(x^5) となり,
= 1 + 1/2 x^2 + o(x^3) となっています

どのようにすれば (1) から[答え]の形になるのでしょうか.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

o(xのn乗) というのは、
f(x)/(xのn乗)→0 (質問の場合、x→0 のとき)
となる f(x) の総称です。
ですから、1・o(xの3乗) も o(xの3乗) になるし、
(xの2乗)・o(xの3乗) は o(xの5乗) になります。
f(x)/(xの3乗)→0 なら、
(xの2乗)f(x)/(xの5乗)→0 ですからね。
o(xの3乗)+o(xの5乗) が o(xの3乗) になることも
同様に示せるでしょう。

Q中二の息子が全く勉強しませんが何かいい方法ありませんか? 因みに2年間不登校で、やっと今年の6月に学

中二の息子が全く勉強しませんが何かいい方法ありませんか?
因みに2年間不登校で、やっと今年の6月に学校へ行くようになりました。
なので勉強が追いついていってません。

Aベストアンサー

ゅゅゅゅゆーみんさん こんにちは。

まぁ 子供ですから勉強嫌いな子は多いですよね。ゅゅゅゅゆーみんさんは中二の頃勉強好きでしていましたか?

子供に「勉強しなさい。!」って言って 例え無理やり勉強させたとしてそれって身になるのでしょうかね。

ってか本気で 自分の子供に勉強してもらいたいと思うのであれば ゅゅゅゅゆーみんさん自身が 中二の問題を率先して解いていく(勉強する、)事が大事じゃないでしょうか。

そもそも 子供は親の背中を見て育つわけですし、

お子さんに将来 幸せになってもらいたいのであれば 今の自分が幸せで居ないと。その姿を見せてあげなきゃ 幸せなんて子供に伝わらないですよね。

お子さんに将来 一生懸命 働いて 私(ゅゅゅゅゆーみんさん)を養ってもらいたいのであれば ゅゅゅゅゆーみんさん自身が一生懸命働いて ご自身のお母さんを養ってあげなきゃ 子供には伝わらないですよね。


ただ 【私の言うこと聞いて欲しい。】 それだけなら  不安を煽って勉強させたらいいと思います。 「勉強しないといい大学に入れなくて敷いては 良い就職先にもつけない。 そして幸せにもなれない。」 って 恐怖心を植え付けて 何かさせればいいだけです。

 まあ それを洗脳とか言ったりするんですよね。

 子育てが 上手くいったかどうかわかるのは その子が大人になった時30歳40歳になった時ですよね。

ゅゅゅゅゆーみんさん こんにちは。

まぁ 子供ですから勉強嫌いな子は多いですよね。ゅゅゅゅゆーみんさんは中二の頃勉強好きでしていましたか?

子供に「勉強しなさい。!」って言って 例え無理やり勉強させたとしてそれって身になるのでしょうかね。

ってか本気で 自分の子供に勉強してもらいたいと思うのであれば ゅゅゅゅゆーみんさん自身が 中二の問題を率先して解いていく(勉強する、)事が大事じゃないでしょうか。

そもそも 子供は親の背中を見て育つわけですし、

お子さんに将来 幸せにな...続きを読む

Q分布ってどう使い分ければ??

特定の時間内に駅の券売機に訪れる人数の確率分布として正しいのは
一様分布 正規分布 ポアソン分布 カイ2乗分布 t分布 標準正規分布
一様分布なわけがないことはわかりますが、ほかはまったくわかりません
何を基準に選んだらよいのでしょうか?
そもそも正規分布と標準正規分布は何が違うのでしょう?

Aベストアンサー

ポアソン分布がそれっぽいですね。
Wikipediaの「ポアソン分布」の説明で例として
「1時間に特定の交差点を通過する車両の台数」
が挙げられていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%A2%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%88%86%E5%B8%83

ただ、#1様の回答にもあるように、理屈通りに行かないことがあるのが統計学ですから、目的によって(分布形を想定して何らかの検定を行うとか)によっては近似的に他の分布に従うと考えた方が良い場合もあるかと思います。

Q文化人類学を自分で学ぶ場合に参考になる本

現在、大学で文化人類学を専攻しています。 ですが、文化人類学が専門の教授が少ないこともあり、開設科目が少なく、現段階では社会学専攻の人と一緒にゼミもやっています。  
 もちろん近接する学問で、手法など共通する部分が多いことも分かっていますが、文化人類学を専攻できるコースがあると聞いて今の大学に入ったこともあり、不満があります。
 
そのため自分で勉強しようと考え、『文化人類学20の理論』 綾部恒雄 、『よくわかる文化人類学』 ミネルヴァ書房、『文化人類学を学ぶ人のために』 米山俊直 など入門書の範疇に含まれるであろう本はある程度読み、学説史的な流れ、各理論の特徴はあくまで大雑把で初心者レベルですが、なんとなくは理解した気になっています。 そのため、そろそろ『西太平洋の遠洋航海者』や『ヌアー族』、『悲しき熱帯』、『野生の思考』を読んでみようか? と思っているところです。

以上のような現状ですが、文化人類学を学ぶにあたってこれを読むといいというおすすめの本または勉強法などありましたら教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 ジェームズ・フレイザーの『金枝篇』、クロード・レヴィ=ストロースの『親族の基本構造』『悲しき熱帯』『構造人類学』は古典的な著作ですので 、一番最初に読むべき書物であって是非一読をお勧めします。
 そして文化人類学と一口にいっても間口はいささか広く、古くは柳田国男と折口信夫の成果(それぞれに著作集がある)もあれば宮田登や山口昌男の仕事もあります(山口には著作集があります)。
 柳田・折口・宮田の仕事はそれぞれ民俗学的な視点からの考察が中心ですが、それでも他の領域からの評価にも高いモノがあります。他にもマードックの家族論やらヴェーバーの『経済と社会』大塚久雄の『共同体の基礎理論』『有賀喜左衛門著作集』などは基本文献ともいえます。
 また近年では歴史学の世界でも社会学や文化人類学との接点を求めての行き来も盛んで、網野善彦氏と赤坂憲雄そしてアラン・コルバンの三者の仕事に基づいた『民俗学と歴史学 網野善彦、アラン・コルバンとの対話』もあります。他には中沢新一氏などの多領域との接点を積極的に求める研究者もいます
 「文化人類学」と一つの世界に限定して考えるのではなく、それが「どの様な領域と接しているのか」などを視野に入れませんと、単なるオタクや頑固な年寄りになってしまうかの危惧もあります(丸山眞男が表現するタコツボ型文化)。
 文化人類学や民俗学は戦後歴史学にも多大な影響を及ぼし、従来では宗教史の一部で扱われていた「アジールとしての閉鎖空間の意味」などを日本の中世社会が持つ史的特性の分析視角にまで止揚させているとの経緯もあります。
 民俗学系の学問領域を仕事とお考えであるならば、学問としてノ成立が他の領域に比べてまだ年浅いこともあり理論よりもむしろフィールドワークがしめるウェイトの方が大きいでしょう。でしたら東京近郊なら佐倉にある歴博と大阪にある民博をはじめ全国各地にある博物館や資料館を訪ね歩くことも必要です。その場合には先に示した方々とアポイントメントをお取りになってから出掛けた方が収穫も大きいでしょうね。

 ジェームズ・フレイザーの『金枝篇』、クロード・レヴィ=ストロースの『親族の基本構造』『悲しき熱帯』『構造人類学』は古典的な著作ですので 、一番最初に読むべき書物であって是非一読をお勧めします。
 そして文化人類学と一口にいっても間口はいささか広く、古くは柳田国男と折口信夫の成果(それぞれに著作集がある)もあれば宮田登や山口昌男の仕事もあります(山口には著作集があります)。
 柳田・折口・宮田の仕事はそれぞれ民俗学的な視点からの考察が中心ですが、それでも他の領域からの評価にも高い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報