電気の詳しい方 教えてください。 電線のサイズsqとは断面積と解釈しておりますが、現場では電線サイズを確認するには電線のサイズは直径でしか判断できません。 動力の場合(3相3線200V)で
(1)sqと直径の関係表はどこで調べられますか?
(2)sqとKW容量の許容容量の関係はどこで調べられますか?
(3)3本のうちの1本のサイズをsqで表してますね?

誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

下記サイトでは、許容電流を簡単に計算することができますね。



・住友電気工業株式会社|許容電流計算式
http://www.sei.co.jp/ewp/J/products/calc/index.h …

A 回答 (4件)

sq(スクエア,スケア)は断面積のことですが,これは撚り線の規格なので,直径dの素線を7本撚りにすれば,太いところは3d,細いところは√(3)dになります。

電線の見た目の径を3dとして,それを外径としていることがありますが,これには隙間が入っているので,これで許容電流を求めてはいけません。
(1)
円の直径dと断面積Sの関係は,S=π/4*d^2なので,d=√(4S/π)になります。これなら許容電流の計算ができるはずです。素線d=1[mm]で7本撚りは,S=5.5[mm^2]で,見た目は,直径3[mm]だが,許容電流との関係の直径は,d=2.65 [mm]ということになります。単線の規格で直径d=2.6[mm]のIV電線の低減率なしの許容電流は48[A]にたいして,5.5[mm^2]のIV電線の許容電流は49[A]です。48*2.65/2.6=49または48*(2.65/2.6)^2=50で,だいたい見合っています。しかし,60[mm^2]の直径は,8.74[mm]になりますが,この近辺の単線の規格がないので,この方法では,許容電流を求めることはできません。しかし,許容電流計算式があるので,この式で計算はできますが,
http://www.sei.co.jp/ewp/J/product/detail/pdf/8_ …
r :電線のT1 ℃における導体実効抵抗(Ω/cm)
R :電線の全熱抵抗(℃cm/W)
T1 :電線の最高許容温度(℃)
T :周囲温度(℃)
η0 :多条布設の場合の許容電流低減率
などが必要で,専門家でないとちょっと難しいでしょう。
だから,換算表がなくても,sqからdは求められますので,換算表はありません。あまり役に立たないし。規格外の電線を使うのでなければ,sq別の許容電流値が一覧になっているのでそれで十分なのです。
(2)
sqとKW容量の許容容量の関係を調べる所はありません。自分で計算してください。電線には,許容電流がありますので,許容電流以下で使うことになります。KW容量というのは負荷の容量ののことですね。不平衡とか細かいことは別にして,三相交流の電力は,P=√(3)VIcosθで表されるので,I=P/(√(3)Vcosθ)で計算される電流が許容電流以下になればいいでしょう。
P:電力[W],I:線電流[A],V:線間電圧[V],cosθ:力率
です。
(3)
すみません。ちょっと何のことかわかりません。芯数が3本で,それぞれ同じsqのものが3本あるということで,3本の断面積合計ではありません。ということかな。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

大変細かく 教えて頂いてありがとうございました。
理解が深まりました。

お礼日時:2010/09/23 11:57

(1)sqとは単純に断面積です。

直径から計算できますよね。関係表は簡単に自分で作れると思いますが、調べるものではないと思います。
(2)sqとkWの関係は、単純にはできません、条件として周囲温度、平行電線電流、平行電線離隔、日射量、電線材質、継続時間、敷設方法(管路・ダクト・ラック)等で変わります。
一般的に自分で使うものを計算するしかありません。
(3)CV〇〇sq-3C、CVT〇〇sq等と書いてありませんか?書いてある通りです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

電気って 奥が深い。

お忙しい中 ご回答 ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/23 11:57

 電線便覧を取り寄せるのが良いと思います。

各電線メーカーで
出していると思います。
    • good
    • 4

こちらは参考になるでしょうか?



http://www.sanshu-ew.com/sq.htm

sq換算を簡単に計算できるサイトです。

http://www.momozonoden.com/gijyutsu/kyoyou_denry …

許容電流値が記載されているサイトです。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三相交流電源に使用するキャプタイヤー電線の許容電力(W/H)はどのように計算するのでしょうか。

電線の許容電流と許容電圧(耐電圧?)についてはインターネットにも良く説明されていますが、許容電力(W/H)については見かけません。家庭の延長コード等には許容アンペアや合計使用電力KW/H等が表示されています。キャプタイヤー電線(100㎟)等は許容電流406A許容電圧3000V等が記載されています。三相交流電源に使用する場合の許容電力(W/H)はどのように計算するのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

許容電流は、線の抵抗による発熱量(電力W)になります。電線管収容などでは熱がこもります。その時の発熱による電線温度から決められているのでしょう。
なお、単相は2本線ですが、三相では3本線になります。
なので、同一電線で同一電流であれば、単位長さあたりの発熱量は2:3で三相のほうが大きく、その分線の熱さもそうなります。
線材を使用する電気回路は電圧がいろいろあるため、負荷電力規定は無いはずです。
負荷電力規定は、コンセントやテーブルタップ等で、使用電圧が決っているものでは無いでしょうか。

許容電圧は被覆材料とか構造、線(導体)間距離、等と思います。

ご参考;
機器内配線設計では、電流と線の抵抗からその損失電力をメートルあたりで計算します。電圧降下も重要です。
何本も線をまとめるとかなりの損失電力で、線の上昇温度が計算できます。

Q電気を送る電線があれば、戻る電線もありますか?

中学生に電気回路を教えている際に、回路になっていないと電気が流れないことを強調するために、電線の事例を用いようと思いました。発電所付近では単純に言うと+から電気を送る電線とマイナスへ戻る電線、という風に大きな回路になっているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人ですが、いちおう下のように理解しています。3相交流の理論は一般的に三角関数を用いて説明されますのでややこしいので省いています。見た目電線が3本必要と思ってください。

①乾電池で実験するときは、直流なので電気は+から-に流れるように繋がなければならないという説明は良いとおもいます。

②送電というのは、電気を使えるように長い距離を配線したもので、電気は交流でしかも線が3本で構成されています。それをトランスにより、電圧を下げたり単相2線で一部を取り出しながら家庭まで引き込んでいます。

発電所----高圧線---変電所-----電柱(トランスで変圧)-----家庭
発電所・変電所・電柱 にはトランスがありこれはコイルの巻き数で電圧を下げる装置です。

ここで、トランスの一次側と2次側は直接繋がってはいません。
ここでは、”誘導電流”により電気を伝えます。
つまり、電流としては、ここでループするわけです。

電気が戻るという意味ではこのトランス間です。
電流はトランス間で+-を切り替えながら回ります。

③家庭内では、100Vのコンセントに繋がる機器を通じて流れることになります。
トランス + -------------------------------
          機器  機器
トランス ー -------------------------------
電気は、家電用品を伝わって流れています。これは、乾電池の場合と同じですが交流です。

電気を、電圧と電流に区別し抵抗を負荷として理解する必要もあります。
負荷に必要な電流を流せる定電圧の電源を供給することが必要です。

<以下 ご参考>
トランスの例
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9&safe=off&hl=ja&rlz=1T4GGHP_ja___JP470&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=2FE8VZ-tOqHWmgXRqoDgBQ&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=960&bih=1234

トランスの理論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E5%9C%A7%E5%99%A8

素人ですが、いちおう下のように理解しています。3相交流の理論は一般的に三角関数を用いて説明されますのでややこしいので省いています。見た目電線が3本必要と思ってください。

①乾電池で実験するときは、直流なので電気は+から-に流れるように繋がなければならないという説明は良いとおもいます。

②送電というのは、電気を使えるように長い距離を配線したもので、電気は交流でしかも線が3本で構成されています。それをトランスにより、電圧を下げたり単相2線で一部を取り出しながら家庭まで引き込ん...続きを読む

Q3相3線の取り方について(アース込)

3相3線で電源を複数取るとき、まずR相とT相に挟み込み、残りをアースに入れます。そうするとRT間は200VでRE間、TE間も200Vになります。
R相とS相で取るときはRS間は200V、REは200Vですが、SEは0Vになります。
こうして取っていくと、0Vに当たらないRTで電源は取らない方がいいのですか?それともアースについているのですべてが200Vでも大丈夫なのですか?

Aベストアンサー

たぶん、3相3線式の電源で、B種の中性点接地工事が取れず、S相を接地した場合のケースだと思います。
結論を言うと、RーT間で電源を取っても、何の不都合もありません。
高圧用変圧器の低圧側は、Y結線の場合は中性点で接地し、Δ結線の場合は3相の内の1相、たとえばお尋ねのS相を接地しています。
これは、ごく一般的な接地方法で、それによる負荷の接続方法には何の心配もありません。
機器がアースされていれば、漏電遮断器も確実に動作します。

Q単相3線式の電流方向について

赤白黒の単相3線について100V機器をつないだ場合、中性線に流れる電流は、赤側から流れ込む電流の向きと黒側から流れ込む電流の向きは逆方向で、打ち消しあってるという認識で間違いないでしょうか?
また、そこにさらに200V機器をつないだ場合、赤側も黒側も電流の向きは変わらず電流値だけ大きくなり、白の電流値は変化無しで宜しいのでしょうか?
お詳しい方恐れ入りますが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>赤側から流れ込む電流の向きと黒側から流れ込む電流の向きは逆方向で…

赤→白を流れ込むと表現するなら、黒側は白→黒と流込むのです。
結果として、白には互いに逆向きの電流が流れ込むということになります。

>200V機器をつないだ場合、赤側も黒側も電流の向きは変わらず…

白の接続点は通過して、赤→黒と流れますので、白点は不要となります。

Q単相3線式受電における可能電力使用量

単相3線式200V受電のワットアワーメーターの銘板に100V、120A と 記しています。その直下のブレーカーは3極150Aです。L1,L2をバランスよく使えば、100Vで150A ×2 すなわち30,000W(力率は無視して) まで使用可能であると思います。この場合、ワットアワーメーター(契約)との関係はどうなるのでしょうか。
なお、このような状態になるのは、提灯、夜店で大量の電気の使用を使う夏祭りの1日だけのことです。

Aベストアンサー

30000wまで使いうることになります。ただしブレーカーは多くのものが連続して使ってよいのは80%までですので長時間使うと、ブレーカーが傷みます。メータは120Aまで使えます。ただ契約が21kVAなので常時それをこえると違反です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報