AMDとIntelの違いって?(CPUについてです)

父曰く、「AMDにはIntelとはまた違う癖がある」といいます。
僕自身は、AMDのCPUを使ったことがありません。現在自作PCですが。初めてということでとりあえず一番有名なIntelにしました。
ですが、AMDは安いのに6コアなどを出していてとても気になります。
もしかすると、次の自作はAMDにするかもしれません。

AMDの癖ってなんなんでしょう?父も、なんだかわからないけど好きになれないと言っていました。
コア6つで3.0GHz以上のCPUでIntelよりも安い!なのにAMDがあまり表に出てこない理由はなんですか?
AMDユーザの方、AMDの利点と使ってみての感想・使い始めた時の違和感(Intelから乗り換えてみてわかった双方に癖など)がありましたらお聞かせください。

またIntelユーザの方、AMDを選ばない理由・AMDのここがイヤッ!・なぜ、コストの高いIntelを選ぶかなど、理由がありましたらお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんばんは。



私は元々マックユーザーでしたが、Win3.1の頃初めてDOS/Vに触れ、初自作はインテルのi486CPUとEdoRamメモリーでした。はっきりとは覚えていませんが、1900年か1901年だったと思います。

その後Pentium 90Mhzか何かでもう一台作りましたが、それ以降の自作はずっとAMDでした。AMDの初自作はSocket7のK5 133Mhzだったか266Mhzだったと思います。

嘗てのAMDのK5、K6(K6-II・III)は、インテルの同時期のCPUと比べ、浮動小数演算が非常に弱く(逆にインテルは整数演算が弱い面がありました)、この時期のAMDを使った人は今でもAMDの浮動小数演算は遅かったなぁ~っと懐古します。

AMDもインテルのSIMD拡張命令MMXに対抗する為、3DNow!と称した浮動小数演算の高速化を図った拡張命令セットを与えましたが、この頃だいぶ盛り返しました。(汗)

多分お父様の年齢やパソコン歴は知るよしもありませんが、お父様が仰るAMDの癖と言うのは、この時代のこの特性を仰っているのではないでしょうか。浮動小数演算が弱いと言うのを一言で言えば、マルチメディア系のタスクに弱いと言い換えられると思います。

浮動小数演算に弱いAMDの定評がありましたが、その後はインテルのライバルCPUとも比肩しうるようになりました。ただ、今でも良くベンチマークでCPUの性能比較に使われるSuperPiのおいては大きな開きがあります。

現在も2社のフラッグシップCPU同士を比べても、SuperPiの結果に関しては大きな差がありますが、かと言って浮動少数演算が弱いとかそう言う事では無く、他のマルチメデイア系のタスクではかなり近い所まで迫っています。

現在は、自分専用にAMDとIntelの両CPUのWin7 64機を使っていますが、両CPU、対応チップセットの違いから生ずる違和感は全く無く、シームレスに使い分けしています。

他に家族用のパソコンは、メーカー製インテルCPUのパソコンが2台(VistaとWin7 64bit) と自作AMDパソコンが1台(WinXP)です。もう一台MacG5がありますが、こちらは仕事専用パソコンになっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

MS-DOSを使っていたのはスゴイですね!
あの頃はまだインターネットなんて知られ始めたぐらいの頃ですよね?

僕は高校生で、初めて触れたパソコンのCPUはPentium3のデスクトップてXPでした。
そのパソコンは今、友達の家で今も現役です。

それから6年、今は自分でパソコンを作るまでになりました。avast!の警告音にビビりながらネットをしていたあの頃が懐かしいです。
癖がなくなりつつあるのなら、つぎはAMDで組んでみるのもいいかもしれませんね!

お礼日時:2010/09/27 19:31

詳しい説明は他の方に譲るとして、ざっくり言って



Intel=高性能・高価格
AMD =そこそこの性能・低価格

という認識をしています。

クセうんぬんという話は、それこそスーパーハカー(笑)かなんかの世界であり、個人的には「アンタ何者?最先端のプログラムテクかなんか駆使しながらコーディングでもするわけ?」と思います。
現在のAMDの主力製品であるPhenomIIの前にリリースした無印Phenomとかでも選ばない限り、AMDはコストパフォーマンス的に優れた、よいチョイスだと思います。
ちなみに当方、AMDのバリューCPUであるAthlonIIx2ユーザーです。


>個人的な認識では、
>Phenom=Pentium
>Athron=Celeron
>的なポジション関係であると考えているのですが、正しいでしょうか?

PhenomII=i7とかi5
Athlon =i3、もしくはPentium
の方が近いと思います。
実際にはAthlonII x2ではi3には勝てませんけども。


AMDが表に出てこない理由はズバリ、資本力の違いでしょう。(=宣伝力)
コカコーラと同じくらいうまいのに値段が半額以下のRCコーラが全然表に出てこないのと同じ理由で、決定的に知名度が足りないからだと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ポジションに関しては、なんとなくPhenom=PentiumがPで始まりMで終わるからっていう理由でそう判断したんですよね。(笑)

Athron=Celeronもなんとなくイントネーションが似てましたし…
アス"ロン"とセレ"ロン"

AMDって元々Intelから分かれた人たちが創り上げた会社だというのを聞いたことがあります。本とかどうかは調べてないのでわかりませんが…
資本的には、親分にはかないませんよね。後発の会社ですから当然といえば当然ですね。
ただ、最近電気店でノートを見ていると結構Athlon搭載のものが増えてきてますよね。
ジャパネットのパソコンもAthlonとか多いですし…
AMDも徐々に普及してきているのは確かのようですね。

お礼日時:2010/09/29 14:00

コストパフォーマンスを考えるなら AMD。


安定性・信頼性を考えるなら Intel。


参考になる記事を下記に紹介しておきます。

DOS/V Report 「注目モデル総ざらい イマ買いのCPU!」
http://www.dosv.jp/feature/1009/

Intel&AMDのCPUを一斉比較
http://www.dosv.jp/feature/1009/05.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

AMDってほんとに安いですよね。
儲かってんの?って言うくらい破格の値段でCPUを提供してくれていますね。
6コアで3万円切ってますしね。

はたや、Intelは高いですけどなんといっても安全性ですよね。一般的にはCPUといえば?というとIntelとパッと頭に浮かぶくらいですからね。

お礼日時:2010/09/29 13:52

>ポジション関係


まあ上下関係としてはそれで合っています。AMDの中の人は
Phenom II<>Core i5/7
Athlon II<>Core i3/Pentium,Celeron
といったあたりで見て欲しいと考えていそうですけど。

コア数がわかりやすい(ノート向けとかのごく一部を除いてXなにがしと書いてある)のはAMDのメリット…かな?

型番末尾にeが付いてたら省電力版です。Intelのs(同じく省電力版)と違って、数字部分が通常電力版と同じなら性能はまったく同じです。(Athlon IIにしかありませんが、240と240eとか)
#Intelのは同一数字型番でも通常時の動作クロックが低く、Turbo Boostの上限クロックだけ同じという詐欺的な命名ルール。一頃はショップの店頭POPにも誤った表記がされていて、それを指摘すると「そんなはずありませんよー」と返されたこともあるほどわかりにくい仕様です。
#そのTurbo Boostも「TDPの枠内で」動作クロックを上げる技術とされている以上、TDP値の低い省電力版プロセッサでは効きが悪くなる可能性もあると見ていますが…その辺はどうなのやら?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

省電力版と通常版の性能が全く同じというのは素晴らしいですね。
地球環境も考えながら、ユーザの性能への要望にも答えてしまうとは…
AMDは実はIntelより優れているのかもしれませんね。
極最近まで、安かろう悪かろうのAMDと考えていたのになんかもう虜になってしまいそう…

お礼日時:2010/09/29 13:50

>AMDの癖ってなんなんでしょう?


現在のAMDの癖?を表すなら
”ただしIntel製CPU以外動作の保障はありません!!”
結構周辺機の説明書に書いてありますよ・・・そうゆう事です

世間ではインテルがスタンダードなんですよ、今はAMD使っても問題ないはずなんですけどね
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

Intel以外保証なし!っことですか。
過去のIntelの根回しの名残ですかね。

AMDでも問題がないなら次はAMDですね!
やっぱりPhenom2ですかね!

個人的な認識では、
Phenom=Pentium
Athron=Celeron
的なポジション関係であると考えているのですが、正しいでしょうか?

お礼日時:2010/09/27 20:57

Intelの商売手口(No.1さんもちらっと書いてますが、「おたくでAMD使うのは勝手だけど、使うんだったらうちのCPUの値段は倍ね」(倍というのは一例です)はないだろう…)が嫌いでAMD党をやって…何年になるんだっけ。

PC-98のCPU載せ替えた頃から数えたらえらいことに。

CPUメーカーとしてのAMDの一番の売りはやはり「価格性能比の良さ」になりますね。基本的に、同一価格のCPUなら得意不得意はあれIntelの同等CPUに対して互角以上の性能が出ます。
(世間一般のベンチマークテストだと、Intelが開発費に補助を出してたりそもそも「Intelの方がシェアが高いから」とIntel向けのチューニングが入っていたりでIntel有利な結果に出るものが多いですが。
これが商用ベースのあまり絡まないLinux OSなどの世界だとAMDの方が圧倒的に性能が上な分野もあります。というかIntelはそんなマイナー分野に開発援助を出さない(笑))

欠点は…やっぱ、上記の「チューニング」分野での負けがたたって世間受けするアプリケーションの性能に見栄えがしない辺りでしょうか。見栄えがしないからシェアが取れない→シェアが低いからチューニングに力が入らない→チューニングがされてなくて性能に見栄えが…というスパイラルを打破できる製品に欠けるのが何とも。
#昔、Athlon 64、Athlon 64 X2というCPUを売り出した頃はその「打破できる製品」になり得た(チューニング不足であっても当時の対抗馬Pentium 4/Pentium Dを性能面で粉砕した)んですが、当時のAMDにはそれを潤沢に供給できるCPU製造能力がなかった(涙
#供給遅れでもたついてる間にいつもの「おたくがAMD使うんならうちのCPUの価格は…」攻撃にあってあまり大きな成功は収められなかったという歴史が。

あと、これはAMDの欠点と言うより単にIntelが化け物なだけですが、CPUの素材である半導体の製造技術で1世代~半世代の周回遅れがあるので同時期のCPUを比較すると消費電力面でいささか不利ですね。そこから派生して発熱も多めです。自作で使われるなら冷却系には一定の配慮を。
#半導体製造部門がAMDから分社化して設立された、半導体製造請負企業グローバルファウンダリーズ社は世界最大手の一角です。それでもIntelの製造技術には追いつけていない。
#まあ、CPU向けの最先端技術なんて開発からしばらくはCPU向けにしか使いようがないので、製造請負側としてもなかなか思い切った投資はしにくいんでしょうけども。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

AMDへのIntelのいじわるは兼ねてより噂を耳にしています。
AMDは費用対効果が素晴らしい様ですね。
昔と今は違うのなら父もそれを知らないのかもしれませんね。
Intelはソフト会社にも根回しをして、Windows上でAMDが全力を出せない様にしたという噂も聞いた事がありますが真相はどうなのでしょうね。
皆様の体験談を聞き、ぼくのこころはAMDに向きつつあります。

お礼日時:2010/09/27 19:22

自作歴8年です。

俺はどちらも使います。

CPUの特徴ですが、Intelは高い周波数を頼みに性能を上げる傾向が強かったです。
AMDは、周波数ではなく、CPUとメモリやマザー間のバスを整備する事で高性能化を図る
傾向がありました。また、Intelの場合、次世代CPUとの互換性を度外視しますが、
AMD系マザーは、ある程度の互換性を残します。

しかし、IntelのCore-iシリーズは、AMDの丸パクリです。Intelのシェアが大きいのは、
独禁法を顧みず、様々な手法を用いてきた事にあります。例えば、メーカー製PCでは、
IntelCPU使用率の高いメーカーに、大きなマージンを与えるというモノです。ここ
数年の東芝はIntelの庇護もあり、国内メーカーNo.1の地位につきました。

まあ、話を戻して、Intel、AMDというメーカーによる判断ではなく、同時期に
どちらが優れたCPUを作ったかという事が重要です。Intelがシェアを独占していても
PentiumDという失敗例がありました。酷いCPUでしたよ。

おそらく、来年になると両社とも、新規CPUを出すでしょう。それが楽しみです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

自作歴8年ですか!ご立派です。

僕の使ってるのはそのパクリシリーズです…
なんか申し訳ないですね。
AMDの考え+Intelの考えでCPUを作ったらスゴそうですね。

Intelのイジワル話は結構耳にしますね。なんども両者は法廷で争っているらしいですし…
僕の前のPCもまさにそのPentiumDだったんですよね。恥ずかしい!

確かに来年が楽しみです!そういえば、Core-i9シリーズの存在があった気がしますがどうなったんでしょうね?それも含めて来年は何かが起こりそう…

お礼日時:2010/09/27 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCeleron、Coreの違いは?

こんにちは。
PCのCeleron、Coreの違いを教えてください。
CPUの動作周波数GHzなども関わってくると思いますが、
呼び名が違うCeleron、Coreの内容が知りたいです。
Celeron、Coreの何千Mは数字が多い方が性能が良いようで。
また、CeleronよりCoreの方が良いのかと。
Coreでも i3 より i5 の方が動作向上になると思いますが。

詳しく分かる方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

CPUの比較は、世代をまたぐと、非常に複雑になるので
基本的な概念だけを、まず理解しましょう。

原則として、CPUはブランディングされているものです。
ですから、CoreiはCore2やCoreよりも新しい新世代のものとして
より高性能のCPUブランドとなっています。

実際に、技術的に高速化が進んでおり、同じ動作周波数でも
コアあたりの性能が向上しています。


それに対して、Celeronは低価格CPUのブランドですから
「とにかくCeleronは嫌だ」という人もいますし…
あまり性能を求めない層にとっては
Celeronは手軽でお買い得なブランドとして受け止められたりもします。

現在のCeleronは、2,3世代のCeleronに比べれば
デュアルコア化していますし、2,3世代前のCore2Duoより高性能の場合もあります。

Pentiumは、Coreシリーズが出てくる前は、パーソナルのハイエンドがPentiumでしたから
「とにかくPentiumを買っておけばいい」という層がいるので
あえて、CeleronとCoreiの間に、Pentiumというブランドを復帰させています。
Celeronでも充分だけど、Pentiumブランドを支持する人にとって、これは良い選択肢です。


ともかく、CeleronやPentiumは、名称の歴史は10年以上ですから
単に、Celeronと言っても、その性能を推し量ることはまったくできないのです。


そういったブランディングがあるので、基本的には
上級ブランドのものは、同じクロックでは性能が上となります。

これはCPUアーキテクチャーの差や、CPUキャッシュの量の差
メモリーとのインターフェイスの速度の差などから生じます。


ただ、コア数が多いからこそ、上級ブランドであり高速という場合もあります。
(たとえば典型的にCore2QuadとCore2Duoがそういう関係でした)

しかし、実際にはソフトウェアの処理内容によっては
デュアルコアの効果が期待できず、上級ブランドでありながら
処理性能が同等になることもありえます。

CPUキャッシュが多くても、処理内容によっては
速度差は小さくなります。

ですから、細かいところを気にして比較しても
気に病むだけ無駄という場合もあります。

私は、メインのパソコンは動かしっぱなしで
エンコードや動画再生などを行いながら、さらに負荷の高い処理をしたりもするので
Core2Duoから買い換えるなら、4コアは欲しいなぁ…と考え
実際、パーツ販売店に行ったら、4コアでお買い得そうなものがCorei5 2405Sだったので
それとM/Bとメモリーを揃えて、購入しました。

ほかのCPUとの比較なんか、あんまり難しく考える必要は無いと思っています。
それは、市場原理が、お買い得なものを自然に作り出していくからです。

まぁ、完成品PCで考える場合は、考える要素がGPUやメモリーなど
より複雑な要素が必要になるので、CPUの差は、あまり難しく考えないほうが楽ですよ。
多少の性能差は、スペック厨とかベンチマーク厨だけが気にしてればいいんです。


より正確にCPUを選ぶためには

自分が、どういったソフトをどう使うのか?
そこに、マルチコアやHTによる多スレッド環境がどのくらい有効なのか?
速度低下の原因となるものが、どこにあるのか?

いろんな要素を、充分に把握する必要があります。

あるいはCPUのランクを落としてでも
メモリーをより多くしたほうがいい場合もありますし
CPUもメモリーもそこそこのまま、SSD+HDDにするほうが良い場合もあります。


ノートPC特有の問題としては、CPUもGPUも換装できないという基本則があります。
(例外はありますけどね)

ですから、Celeronなどを選ぶ場合は、ちょっと踏み込んで
CPU内蔵GPUが何か?そこも確認しておきましょう。

似たような性能の二つのCeleronやPentiumなどの間で
実際には、GPU性能に格差があるような場合もあるのです。

CPUの比較は、世代をまたぐと、非常に複雑になるので
基本的な概念だけを、まず理解しましょう。

原則として、CPUはブランディングされているものです。
ですから、CoreiはCore2やCoreよりも新しい新世代のものとして
より高性能のCPUブランドとなっています。

実際に、技術的に高速化が進んでおり、同じ動作周波数でも
コアあたりの性能が向上しています。


それに対して、Celeronは低価格CPUのブランドですから
「とにかくCeleronは嫌だ」という人もいますし…
あまり性能を求めない層にとっては
Celeronは手...続きを読む

QAMDとIntelのノート用CPUの性能比較。

AMD社のAPUは同価格帯のIntelCPUに比べてCPU性能が若干低いがGPU性能が高く、
3Dゲーム等に有利らしいのは判るのですが、CPU性能等が現状で業界標準?のIntelのどのCPUに相当するのかはっきり判りません。
知人が、比較的安価な価格帯で息抜きにゲームもできるノートPCということでAMDを検討しているのですが、本来の使途目的であるCPU性能が低すぎるものを買ってしまっては本末転倒ですので…。
解かりやすい表やグラフが載っているサイト等ありましたらお願いします。

若しくは、下記のAPUに直近性能のIntelCPUと大まかな性能差(±%みたいな感じで)等や、
特にこの能力が弱い、苦手、不向き等、注意点を教えてください。
A4-3300M
A6-3400M
A8-3500M
よろしくお願いいたします。
AMDの時点でダメ、恥ずかしい、変り者、
シールがダサい、恥ずかしい、亜流、社会的に通用しない、
社会的信用を失墜する、等は無しでお願いします。

Aベストアンサー

 PassMark - CPU Markで判ります。
A4-3300M
http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+A4-3300M+APU&id=14
A6-3400M
http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+A6-3400M+APU&id=20
A8-3500M
http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+A8-3500M+APU&id=31

ご参考 High End CPUs - Updated 19th of December 2012
http://www.cpubenchmark.net/high_end_cpus.html

Qメモリは4GBで充分ですか? PC初心者

こんにちは。
タブレットPCまたはノートパソコン(Win8 64bit)の購入を考えている者です。
メモリについて質問があります。

使用目的としてはゲーム(将棋などのボードゲーム) をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。
私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。
色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。

家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
ニコニコ動画30分の動画1つ+いつもしているゲームを起動→2.1GB~2.2GB
ニコニコ動画30分の動画×5つのウィンドウで同時再生+いつもしているゲームを起動→2.8GB~3.0GB

これを見てみると4GBで足りているようです。
しかし、PCは数年たつとメモリ不足になり動作が重くなるとよく聞きます。
あとあと増設できない分、「その時のために初めから8GBを積んでおいた方が良いのか」とかなり悩んでいます。

皆さんはどれくらいのメモリを積んでいますか?
また、そのメモリが必要となるような作業とはどのようなものなのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

こんにちは。
タブレットPCまたはノートパソコン(Win8 64bit)の購入を考えている者です。
メモリについて質問があります。

使用目的としてはゲーム(将棋などのボードゲーム) をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。
私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。
色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。

家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
ニコニ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい判断ですね。
通常は4Gで足りると思います。
ただし、これは将来に重くなったときに、入らない常駐ソフトをはずせる
知識がある場合です。
それがなければすなおに8Gにするか、少々遅くなってもがまんするかです。
4Gあれば使えなくなると言うことはないでしょう。


>家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
>ニコニコ動画30分の動画1つ+いつもしているゲームを起動→2.1GB~2.2GB
>ニコニコ動画30分の動画×5つのウィンドウで同時再生+いつもしているゲームを起動→2.8GB~3.0GB

上記はあくまで目安程度の数字にすぎません。
年収400万円の人と年収800万円の人がハワイ旅行にいったとき、食事やオプションツアーなどが
異なるので、費用総額がかなり変わるはずです。
同様に、Windowsは現有メモリーにオ.維持手メモリーを使います。
ですから、他のマシンでのメモリー占有率はあくまでも目安程度のものです。

Q壊れやすいノートPC(メーカー)は?

ノートパソコンの購入を検討していますが壊れやすいメーカー、評判悪いメーカーはありますか?また購入した場合は保証(3年とか)必須でしょうか?壊れやすいヶ所についても教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

会社でPC保守の仕事をしています。これまでに1000台以上管理してきました。パナからNEC、SONYなど。法人用途なので一般よりハードに使います(日常的に持ち出しまくる)がその感想を。

全体的にみると結局は利用者の取り扱い次第ですね。印象としては次の順番に壊れにくいという印象です。法人なので購入よりレンタルの方が多いです。

・国産:NEC・東芝・日立>パナ・富士通>SONY

 パナは容積に対する重量比が軽い(見た目でかいけど中が空間なので軽く感じる)事やバッテリの持ちが良いので利用者には人気でした。SONYはデザインが良いのも多いのでこれも人気でしたが、パナは無線など通信系基板が弱く、SONYは高密度にまとめているからか突然死が多かったです。SONYはOSが変わったときの対応が悪く、大体OSが変わったら買い換え(ドライバ対応に半年とかかかったり、対応しない場合もあったので)でした。

 ほかの国産メーカーというか家電系とPC系メーカーでは、PC系メーカーの方が耐久性はありますね。富士通は1ランク安いですが耐久性もそれなりです。

 全体的に言えば、値段=壊れにくさではないと理解した方が良いです。高くても超薄とかなら耐久性が高いとは言いませんし、安くて変に厚みがあっても、中に振動吸収のための空間がとってあったりで振動に強かったりしますので。

・海外:HP>Lenovo≧acer≧DELL

 海外品はHP以外は似たり寄ったりでした。DELLは部品ごとに外せるからか壊れやすい印象がありますが、故障時に部品単位で交換できるので故障対応費用は比較的低めです。HPでも国産ほどは耐久性は高くありません。サポートは(金を出せば)手厚いですが。

ノートPCは20年近く前からの導入ですが、国産PCメーカーで古くから作っているメーカーがやはり強いですね。オールオリジナルで作る必要があるのでメーカーごとのノウハウがいまだモノを言います。壊れやすいかどうかはそのメーカーの弱点(家電系は基盤耐久度が弱い、海外は価格が安いが寿命が短い等)を知っていればそれほど問題にはなりません。

どのノートPCもマニュアルに取り扱い方法が載ってますがその注意事項をきちんと守れば後は当たり外れの世界です。長く使うなら保証(特に、液晶破損。利用者の責任による液晶破損は通常保障範囲内でも無償交換できない場合は多いです。また、5万円以上と高価です)には入っておきましょう。あとはノートPCは持ち歩き専用のPCではなく、持ち歩き「できるようにした(持ち歩きに特化しているわけではなく、できないものをどうにかしているだけ」デスクトップPCである事を気にしておくことですかね。

SONYに限らず、下手にデザインや軽さに傾倒したモデルは避けた方が良いですね。薄くて軽いという事は、それだけ衝撃吸収機構が減っているので基本、壊れやすいです。また、他のPCには無いデバイスも要注意。OSが変わったとき(WindowsOSは基本3年ごとに新しいのが出ます)に対応がやたら遅れたり、対応しない場合がありますから。

参考になれば。

会社でPC保守の仕事をしています。これまでに1000台以上管理してきました。パナからNEC、SONYなど。法人用途なので一般よりハードに使います(日常的に持ち出しまくる)がその感想を。

全体的にみると結局は利用者の取り扱い次第ですね。印象としては次の順番に壊れにくいという印象です。法人なので購入よりレンタルの方が多いです。

・国産:NEC・東芝・日立>パナ・富士通>SONY

 パナは容積に対する重量比が軽い(見た目でかいけど中が空間なので軽く感じる)事やバッテリの持ちが良いので利用者には人気...続きを読む

QAMDとインテルの互換性についてお伺いします。

AMDとインテルの互換性についてお伺いします。

AMDのチップセットを積んだマザーにIntelのCPUは使えますか?逆もありですか?
またAMDのCPU,AMDのチップセットのマザーにNVIDIAのグラボは使えますか?

Aベストアンサー

Q/AMDのチップセットを積んだマザーにIntelのCPUは使えますか?

A/使えませんね。その昔1997年(P55C/MMX Pentium)までは使えましたけどね。その当時は、AMDのチップセットはなかったと記憶しています。

最初のPC向けチップセットは、ソケットA(確かその前にSuper 7向けに1つでていたような)を採用したK7でAMD7x0型番であったと記憶しています。PC向け以外であれば、確かに組み込み向けのElanがあったと記憶していますが、AMDのチップセットで、完全にインテルに対応した製品はこれまでにはないはずです。

即ち過去にも未来にもAMDのチップセットブランドでは存在しないはずです。ただし、AMDが買収したATIブランドは除きます。その逆に関しては、Intelのプラットフォームでは、元々AMDはインテル社の下請け(セカンドソース)ベンダーとして成長した企業ですから、元々はインテル社のCPUを製造していたファウダリ(半導体製造会社)でした。
そんのため、昔のP5(Pentium/1994年頃出荷)以前の製品ならAMDが製造した製品も含まれているでしょう。

ただ、K7シリーズ以降は電気的な互換性とソケット互換のないEV6バスへと移行していますから、現在の製品では同じx86プラットフォームではありますが、ソケット互換はありません。


Q/またAMDのCPU,AMDのチップセットのマザーにNVIDIAのグラボは使えますか?

A/グラフィックスボード(アクセラレータ、ビデオボード)に関しては、3GIOに準拠したPCI Expressが採用されています。これは、AT及びMacにおける汎用スロットの世界標準規格となっており、PC/ワークステーション系のプラットフォームであれば利用が可能です。

基本的には、x86ベースのAMDとインテルプラットフォームでは、Windowsで利用する限りは、まず確実に動作可能です。その他のOS環境の場合は、対応したドライバが提供されている限り利用可能です。

Q/AMDのチップセットを積んだマザーにIntelのCPUは使えますか?

A/使えませんね。その昔1997年(P55C/MMX Pentium)までは使えましたけどね。その当時は、AMDのチップセットはなかったと記憶しています。

最初のPC向けチップセットは、ソケットA(確かその前にSuper 7向けに1つでていたような)を採用したK7でAMD7x0型番であったと記憶しています。PC向け以外であれば、確かに組み込み向けのElanがあったと記憶していますが、AMDのチップセットで、完全にインテルに対応した製品はこれまでにはないはず...続きを読む

QPCに繋ぐ端子はHDMIとDVIのどちらがベスト?

HDMIとDVI端子を備えているマザーボードとモニターがあるの
ですが、通常どちらでつなぐものなのでしょうか。

私は今HDMIで繋いでいるのですが、HDMIではなくDVIで
繋ぐメリットがあれば教えていただきたいです。

液晶モニタ:EW2430V
マザーボード:H67DE3

今までずっとD-Subだったので、モニター単体で電源を切って
入れ直した時にウィンドウのサイズ等がおかしくなる現象には
まだ慣れていないところですが、こちらに関しても何か工夫が
あれば教えてくださいませ。

すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

HDMI接続は、基本的にAV機器に適した物で、PCとモニターの場合でもケーブル1本で映像と音声も接続出来るというメリットは有ります。

他にもAVアンプ経由として、5.1chや7.1chの環境も行えますね。

パソコンの場合も、オーディオとビジュアルが有るので,AV機器としての活用も可能ですが、テレビとは違ってパソコンの場合は日本では存在しないテレビ放送規格の表示も行える為、本来はAV規格とは違う接続の方が従来からのPC環境を継承していると言えます。

まぁ、通常の利用では、おおむねどちらでも大丈夫のはずです。

なお、モニターの電源と画面サイズの関係は、おそらくモニターが電源投入時に一旦表示させるサイズ設定等が今までと違うだけでしょうから、そう言う物だと思った方が良いでしょう。

最近は、電源オフではなくて、バックライト消灯や表示駆動回路の停止などでエコモードとか省電力モードなどで機能設定を保持する機器も多く成っていますね。

Q4PINファンと3PINファンについて

こんにちは。
待ちに待ったPCパーツが全て揃ったので自作で組みたいと思うのですが、一つわからない事があります。

僕が今回使うPCケースはZ11Plusなのですが、付属のファンは3PINでした。
ですが、マザボ側は4PINです。
4PINソケット?に3PINのファンが接続出来るとは聞いたのですが、どう接続すればいいのかわかりません。

マザボ側が4PINでファン側が3PINなのですが、接続すると1ピン余ると思います。
その際どちら側(一番右のピンを余らすのか一番左のピンを余らすのか)のピンを余らせて接続すればいいのかがわかりません。

深く考えずに接続しても構わないのでしょうか?
発火したりの心配はないでしょうか?

説明が下手で申し訳ございません。

1、マザボ側4PIN ファン側3PINの場合1つピンが余ると思うのですが、右のピンを余らすのでしょうか?それとも左のピンを余らすのでしょうか?
2、深く考えずに接続しても構わないんでしょうか?
3、発火の危険性等はないでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

intelのwebにそのものずばり!の回答が記載されています。下記webをご参照ください。
http://support.intel.co.jp/jp/support/motherboards/desktop/sb/CS-012074.htm
これはintelの基板の例ですが、コネクタのピン配置自体は規格で決まっています。なので、ご質問者様がインテル以外のマザーボードをお使いの場合でも上記記載内容はそのまま適用できます。

1.のご質問について
前述のとおり、ファンコネクタは規格でピン配置が決まっていますから、マザーボード側のコネクタストッパー(端子とは別に出ているプラスチックのガイド部品)を上にした状態で、左側のピンを余らせます。

2.のご質問について
上記の接続ルールを守れば問題ありません。

3.のご質問について
4番目の端子はPWM端子(パルスでファンの回転数を動的に制御する端子)ですから、余らせて問題ありません。
また、ここを余らせたからといって発火の原因にはなりません。

以上、ご参考まで。

QCPU、マザーボードが故障していないか検査する方法

PCが壊れたので修理に出しました。
事前に自分なりに色々原因を探してみたのですが結局はっきりと分からず、
「マザーボードかCPUの故障だろう」と考えました。
いずれにしろ自分の手に負えないと思い修理に出しました。
不具合の原因が昨日判明しましたが、どちらかでなく両方壊れていたそうです。

ところで件名の通り、CPU、マザーボードが故障していないか調べる手段はありませんか?
詳しい内容までは理解していませんが、HDDではSMART情報を見れば、
メモリーではmemtestを使えばある程度状態は分かります。
同じようにフリーのソフトでハードウェア(特にCPU、M/B)を検査する物はありますか?

Aベストアンサー

CPU、マザーボード、電源の障害は見極めが難しく、正常品のストックを抱えているショップならともかく、個人ではパーツをとっかえひっかえなど出来ませんから、特定が困難なケースが大多数であるというのが正直なところです。PC-DOCTORみたいな総合検査ツールもありますが、上記パーツの障害には無力なケースが多いです。
自力で何とかしてしまうような人は、寝かせてあるパーツをいくつも持っているようなマニアか、その道のプロです。
自力解決を目指すなら、ケースバイケースの対応で経験を積んでいくしかないのではないでしょうか。

QAMDのCPUが好きです。理由を教えて下さい。

自分でもよく分かりませんが、PCのスペック表など見るとintelよかAMD搭載とか
書かれている方がそちらの方が欲しくなります。
動作が安定している気がします。
でも本当でしょうか?
intel搭載機のマシンとAMD搭載のマシンを持っているのですが、
やはり動作が安定している気がするのです。

いや、実際の所はどうだかわかりませんが、
AMDの好きな理由が自分でもよくわかりません。
AMDの良い所ってなんですかね?

Aベストアンサー

AMDは大昔(PC98のアクセラレータとかの時代)から好きな人は意味も無く好きだと言ってましたね、Intelは当時から圧倒的なシェアでしたから同じものを使いたくない!と言う人はAMDを好んでましたね。20年来の友人もAMDオンリーです。

私は古い自作ユーザーなので、安定=Intel、安く機能をまとめるけど熱い=AMDという印象ですね。昔のAMDはそりゃもう大変だったので。今は全然問題ないですね。ウチも1台はAMDです(5台はIntelですが)。

私にとってのAMDというと、次のような長所が。
・マルチスレッドとかごまかさないマルチコアCPU(仮想環境とかで威力を発揮)。
・IntelよりマルチCPUの処理効率が高い(今はIntelもかなり良くはなってますが)。
・Intelより演算時精度が高い(一般的な話ではないですが)。
短所は性能に対する電力消費が大きい事でしょうか。

サーバ管理の仕事なんでサーバ系の長所ばかりですが、AMDはシングルコア時代からマルチCPU接続がクロスバースイッチ使ってたりとUNIX系CPU(サンとかSGI)と同じCPU接続方式をとっていたのでマザボの設計などIntelよりずっと柔軟性がありました。同じ時代で比べると、4CPUマザボがIntel系だと100万円とかした時代にAMDだと40万円とか。Intelはキャッシュ共有とかシングルCPUで使う分にはいいんですがマルチCPUに最適化しにくい構造で、Core2系Xeonになってからやっと最適化した感じですね。

あと演算精度(性能ではない)に関しては、CPUの世代・種類にもよるんで絶対とまでは言えないんですが、Intel系よりもAMD系の方が演算時の四捨五入の桁数が下の方にあるので、演算結果がAMDの方が精度の高い結果が出るそうです。業務系解析ソフトでAMD指定ってのがいくつもあります。もちろんこれはソフトがXeon最適化とかしてればいいんでしょうけど、ウチの研究者はそういう理由でItaniumよりもAMD系の方を好んでましたねー。高速演算目的のサーバとかだとAMD指定で探してくれとか依頼が来ますよ。

AMDは大昔(PC98のアクセラレータとかの時代)から好きな人は意味も無く好きだと言ってましたね、Intelは当時から圧倒的なシェアでしたから同じものを使いたくない!と言う人はAMDを好んでましたね。20年来の友人もAMDオンリーです。

私は古い自作ユーザーなので、安定=Intel、安く機能をまとめるけど熱い=AMDという印象ですね。昔のAMDはそりゃもう大変だったので。今は全然問題ないですね。ウチも1台はAMDです(5台はIntelですが)。

私にとってのAMDというと、次のような長所が。
・マルチスレッドとかごま...続きを読む

QDDR3 SDRAM と DDR4 SDRAM の処理速度の差は体感できますか?

DDR3 SDRAM と DDR4 SDRAM 、ともに種類は多いですが、概ね、処理速度の差は体感できるものでしょうか?
体感できるぐらいのスピードでしたら、処理速度にこだわる自作PCユーザーに対して、「処理速度にこだわるなら、DDR4 SDRAM は必須である」と断言できるぐらいの速度でしょうか?

Aベストアンサー

現状ではDDR4の使用可能なプラットフォームはLGA2011v3しかないので、メモリの規格自体の差よりもプラットフォーム毎の特性の方が大きく表れているような気がします。
・「CPUのクロック周波数は高いが、コア数が少なくPCIExpressのレーン数も少ないLGA1150」
・「CPUのクロック周波数は低いが、コア数が多くPCIExpressのレーン数も多いLGA2011v3」
物理6コア以上が活きるようなマルチスレッド性能が必要となるシチュエーションや、3waySLIのようなPCIExpressの帯域が必要なシチュエーションでないとLGA2011v3の真価はなかなか発揮できないわけで。
純粋にメモリの規格自体で有意な差が現れるかは、Skylake世代にならないと何とも言えないのでは。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報