利用規約の変更について

フッ酸の希釈

フッ酸を水:フッ酸=100:1 1%に希釈するには
水500mL フッ酸5mLをプラスチックの容器等に
入れればよいのでしょうか?

その際入れる順序等あるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

希釈」に関するQ&A: 強酸の希釈について

A 回答 (1件)

>1%に希釈する


元々が何パーセントか分からないのに1%に希釈するというのは表現がおかしいと思います。
「1/100の濃度に希釈する」
なら分かりますが、希釈法が変です。
濃度の体積依存性がないと考えた場合、水99に対しフッ化水素酸1になると思います。
本来は濃度の体積依存があるので、こうはなりません。
また「フッ酸」は慣用語ですがフッ化水素酸のことで良いのですか?

この回答への補足

ありがとうございます。1/100の濃度にするという意味でした。フッ化水素酸の事です。という事は実際は体積依存を考えて希釈するという事でしょうか?

補足日時:2010/10/19 08:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

希釈」に関するQ&A: 希釈倍率の計算の仕方

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフッ酸の希釈について

フッ化水素酸の希釈にについて教えて下さい。
55%のフッ酸液を使用して30リットルの純水に対して7.5%のフッ酸溶液を作りたいのですが、この場合何リットルのフッ酸を入れればよいのでしょうか?単純な%計算ではなく、質量とか何か特殊な計算をしなければいけないのでしょうか?又、この程度の濃度で硬質硝子の表面はエッチングされるでしょうか。素人的な質問で恐縮です。教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

%を重量パーセント濃度と解釈します。

55 [wt%] フッ酸液を x [g]とり、30 [L]の純水を用いて、7.5[wt%] のフッ酸水溶液を調整する。

加える55[wt%]フッ酸の液量 :x [g]
純フッ酸の量        :x × 0.55 [g]
調整後の液全体量      : x + 30 ×1000 [g](30×1000は純水量を[g]に換算したもの。水の比重は1.00として計算)

したがって、
x × 0.55 / ( x + 30 × 1000) = 0.075
の方程式を解けばよい。

ただし、上の方程式で求められる フッ酸の液量xは単位がグラムです。
これを体積に換算するには55[wt%]のフッ酸液の密度が必要ですが、残念ながら手元にデータがないので求められません。
密度(比重)は、当該試薬のMSDSなどを見れば大抵書かれているので、そちらをあたってください。

>>この程度の濃度で硬質硝子の表面はエッチングされるでしょうか。
されるようです。
以下に参考URLを記載します。対象の資料を参照してください。
(参考URLは石英ガラスが相手の話ですが、通常のガラスならば似たような性質を示すでしょう。)
参考→http://www.sqp.co.jp/seihin/catalog/pdf/g1.pdf


なお、フッ化水素酸は、極めて危険な試薬です。
取扱いにはくれぐれもご注意を。(下手すると死にます。冗談じゃなく。)

以上、参考まで。

%を重量パーセント濃度と解釈します。

55 [wt%] フッ酸液を x [g]とり、30 [L]の純水を用いて、7.5[wt%] のフッ酸水溶液を調整する。

加える55[wt%]フッ酸の液量 :x [g]
純フッ酸の量        :x × 0.55 [g]
調整後の液全体量      : x + 30 ×1000 [g](30×1000は純水量を[g]に換算したもの。水の比重は1.00として計算)

したがって、
x × 0.55 / ( x + 30 × 1000) = 0.075
の方程式を解けばよい。

ただし、上の方程式で求められる フッ酸の液量xは単位がグラムです。
これを...続きを読む

Qフッ酸の危険性

実験中にフッ酸を使うことになってしまいました。
一応、先輩や先生に取り扱い方法や危険性を教えてもらったのですが・・・
いまいちどのくらいの危険度を持っている薬品なのか良くわかりません。
そこで、フッ酸を扱ううえで起きた事故を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 事故例もさることながら、対処法を知っていた方がよいかと思います。
 薬品メーカ「和光純薬」のサイトから行ける、“MSDS”というページで、検索→「ふっ化水素酸」と入力してみてください。取り扱う上でどういう危険があるか書かれたデータシートを入手できます。
 研究室にもあるんじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.wako-chem.co.jp/siyaku/msds.htm

Qフッ酸除去について

フッ酸の処理について調べています。
カルシウムによりフッ化カルシウムする方法や,
イオン交換樹脂を使う方法などあると思いますが,
その他何か変わったというか画期的な方法ってないでしょうか??それっぽいのでもいいので,どなたかご存知な方は教えてください。

Aベストアンサー

 以前フッ酸について答えた回答は参考になりますでしょうか。
 MSDSによると消石灰で中和せよとなっているようですが。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=473377

参考URL:http://www.wako-chem.co.jp/siyaku/msds.htm

Qフッ化水素酸の濃度はwt%?vol%?

実験でフッ化水素酸を使うのですが
容器に書かれている純度(私が使うものは46%)は体積パーセントでしょうか?
それとも質量パーセントでしょうか?

エタノール等の純度は体積パーセントで表すようですが、フッ化水素酸の場合はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

フッ化水素酸や塩酸など気体を溶解させたものはwt/vol%です。
46%ということは、100mLに46gのフッ化水素が溶けている
ことになります。

ちなみに、フッ化水素の分子量は20.01ですから、46%の試薬は
(46/20.01)*(1000/100)=23(mol/L)
となります。

なお、フッ化水素は毒性が高く、皮膚についた場合は容易に
浸透しますので、防護メガネや手袋などをつけて、安全に
十分に注意して取り扱ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報