人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

蛍光物質のAMC (7-amino-4-methylcoumarin)の溶解性について教えて下さい。

最終濃度1mMで使う予定なのですが、DMSOにどの程度溶けるのかご存じでしたら教えて下さい。

CALBIOCHEMのホームページでデータシートを見ると

Solubility: Acetone (10 mg/ml), DMF, and DMSO

となっていますができればStock solutionは 1M くらいの濃いDMSO溶液に

したいので経験のある方は調製方法を教えて下さい。

A 回答 (2件)

補足の回答です。

蛍光試薬は「濃すぎる」と一般にダイマーなどを形成して,希薄溶液時と異なるスペクトルを示したり,蛍光強度-濃度の直線性が失われます。希釈効率を蛍光強度の比から見積もるわけですから,直線性が確保されているほうがよいでしょう。1 mM出発濃度ということですが,論文等で「大丈夫」ということなら,大丈夫でしょう。ただし,使用する蛍光光度計が高感度タイプのものならば出発濃度を落としても大丈夫かも。
 もう一度最初の問題に戻りますが,蛍光試薬が溶けるならば1M stock solutionでもよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。結局1mM AMCを1uL分注し、100倍に希釈して終濃度10uMで測定したところ直線性も見られてうまくいきました。蛍光のカウント的には確かに出発濃度を落としても十分問題なさそうでした。stockは「「濃すぎる」と一般にダイマーなどを形成」しやすい、ということを考慮して10mMとしました。大変参考になりました。他の蛍光試薬で細胞を染色することもあるのですが、確かにそういったときは終濃度数uMで使用していたことを思い出しました。

お礼日時:2002/09/04 23:24

貴化合物の使用経験があるわけではないのですが,一言。

アセトンでの溶解度が書いてありますが多分DMFやDMSOでも同じ程度でしょう。1Mは無理ですね。目的が分かりませんが,一般に蛍光試薬はあまり濃くしない方がよいと思います。ストック時も実施時も。蛍光分析において最終濃度が1mMというのは大きすぎませんか?

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。実は目的がやや特殊で、機械の分注精度を調べるために、1マイクロリットルのAMCを分注して希釈後、蛍光強度を測定する、という実験を行おうと考えております。実施時の濃度は先例がありましてその情報をもとに設定しました。500mgの試薬なので1mMでストックすると2.8Lにもなってしまうのでできるだけ濃く溶かしたい、と思った次第です。蛍光試薬は濃くすると何か良くないのでしょうか?

補足日時:2002/08/30 20:04
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酵素活性とDTT

こんにちは。お世話になります。

ある酵素の活性を評価しているのですが、プロトコールにはDTTを入れることになっています。

1.酵素活性におけるDTTの役割は何なのでしょうか?

2.DTT入りのbufferを2週間ほど冷蔵保存して使用したところ思うような酵素活性が得られませんでした。DTTは一般に用時調製するものなのでしょうか?

3.仮に用時調製するにしても毎回微量を秤量するのは効率的ではありません。DTTの濃いstock溶液をつくり一定期間使用することは可能でしょうか?その場合、溶媒、保存方法はどうすればよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.酸化防止です。基本的なことですからタンパク精製の本にあると思います。ベータメルカプトエタノールも同様な働きです。

2.用事添加が基本です。察するに酸化に弱い酵素なのでしょうね。

3.1Mのストックで私は使用してます。比較的に安定です。ファイナルで1mMほどで使うことが多いので千分の一加えることになります。この場合は水で溶かせば問題ないです。別にバッファーでも問題はないと思いますけど。
使用期間ですが、実験の精度や酵素の性質によるので何ともいえません。10mlも作って分注して試されたらよろしいかと思います。


人気Q&Aランキング