ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

原付のマフラーがよく錆びているのを見かけますよね。
あれの錆を落として黒く塗りたいのですが普通のラッカーで大丈夫でしょうか?
やはり高温になる部品なので溶けてきたりしますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

数10年前まではオキツモしかなかったので


刷毛塗りなり、スプレーを使っていました。
http://www.okitsumo.co.jp/01_products/08one.php

最近では各大手ペンキメーカーが安価なスプレーを出しています。
最近は近所のホームセンターが扱ってるこればっかりです。
http://www.kanpe.co.jp/products/050/index.html
1缶で塗れますので、あらかじめ、しっかり錆びはおとしましょう。
どうせ、ボルト4本を外すわけですから、

2サイクルの場合カーボンが蓄積してますので、
一度しっかり落ち葉でたき火などで焼き芋などする機会に、
マフラーごと投入してからにすると、マフラーの中も
気持ちよくなり、エンジンの調子も気持ちよくなります。
錆びもしっかり落とせます。
(前回塗装部はさび以外の部分は残ります)

1万kmぐらいでやると、何十年と持ちますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ちょっと初耳だったのですが、一度マフラーを落ち葉やたき火の中につっこんで焼きを入れるとマフラーの中のカーボンが落ちる効果があるのですか?少しでも効果があるなら是非やってみたいです。カンペの600°安いしいいですね。ご回答有難うございました!

お礼日時:2010/11/28 11:37

過去の回答ですが、


こんなんでよければ。
うちのジョグの丸焼きシーンです。
耐熱塗料はしっかりもちます。
(メーカ塗装部も、自家塗装部も。オイルだけ焼けます。)

ちょうどシーズンですね。
いもも落ち葉もあるけど、今年はしません。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5047717.html

火事には気をつけてください。
欧米では、たいていのうちの庭には
バーベキューができるようなところが用意されているんですが、
日本は難しいですね。
でも、今頃キャンプ場もあいているでしょから、かまどをお借りして、
紅葉でも観賞しながら、じっくりと
ビールでものみながら、マフラーを焼くのもおつなものです。
(2時間ぐらいかけて、じっくり焼き上げますから)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たしかに場所はないです。。しかも不用意に空き地や公園、河川敷でも焚き火をしていると捕まるようですw
でもなんとか目ぼしはあるので今度ゆっくりやってみたいと思います。ご回答有難うございました!

お礼日時:2010/11/28 15:19

SOFT99 99工房 耐熱ペイント(600℃耐熱)ブラック


ホームセンターで1300円くらいだったと思います。

私はこれをチャンバーに使いました。

サンドペーパーで表面を軽く落として、パーツクリーナーで脱脂してから吹きました。
時間をあけて2~3回に分けて吹いたかと思います。

新品同様の輝きになります。
2年たちますが塗装の剥がれはありませんよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

SOFT99いいですね。有難うございます!

お礼日時:2010/11/28 11:28

マフラーは、かなり高温になるので普通のラッカー塗料では焦げてしまいます。


http://bike-paint.ocnk.net/page/9
↑こちらでバイク用の耐熱塗料の特徴を調べてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

耐熱塗料について少しわかりました。誠にありがとうございます!

お礼日時:2010/11/28 11:28

耐熱塗料でないと1週間もしないうちに焼け焦げて更に無残なことになります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2010/11/28 11:27

高温になりますから、耐熱塗料を使用しましょう。


ラッカー塗料だと高温になる所は焼けてなくなり、ムラになるかと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

焼けてしまうんですね。参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2010/11/28 11:29

耐熱塗料じゃないとだめぽ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

耐熱塗料ですね。ありがとうございました!

お礼日時:2010/11/28 11:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマフラーのつまりの原因と発生可能性

よく、安物のオイルを使ったらマフラーが詰まると言われます。
また、あまりゆっくり走りすぎてばかりいるとマフラーが詰まるとも言われます。

上記の信憑性はどうなのでしょうか?
また、本当だと仮定して、どのくらいで詰まるものなのでしょう?
(例えば1万キロとか)

Aベストアンサー

去年は公園で落ち葉を集めてきて、
芋の葉なんかも適度に乾かせておいて
土の上に木の切れ端なんかで井桁にくみ
新聞紙を丸めて、芋をアルミホイルに包み
落ち葉を乗っけてマフラーを乗っけて火をつけます。
マフラーはプラスチックのガードは当然はずしておきます。
写真ではわかりにくいですが、エキパイから炎が噴き出してるのが
見えると思います。
焼き芋がくしでさしてやわらかく感じるか、
白い煙が出なくなったときがころ合いです。
取り出しておいしくいただきます。
忘れていたマフラーは耐熱塗料を塗って出来上がり。

Qマフラーの耐熱塗料

こんにちは
マフラーを塗装(黒)しようとおもっているんですが、

1)耐熱ではない塗装をすると、どうなるんでしょうか?

2)耐熱塗料でスプレー式でないものはないでしょうか?
飛散して近所の車にかかったりするとヤバイので…

3)飛散しないスプレーの方法があればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)さほど高温にならない部分なら、焼き付くといった感じで、さび止めの役目は果たします。スプレーのラッカー塗料は無意味なほど、焼けてなくなりますが、サイレンサー部分で高温にならないところならさびているよりは塗ったほうがましでしょう。屋外系のビニル塗料は見てくれは悪くなりますが、さびさびよりはましです。
焼けてなくなるところと残るところが、すこしみっともないかも・
2)塗料屋さんには間違いなくハケ塗りの缶はおいてあります。一回塗るとタッチアップで相当いけますし。何やかやいっても、マフラー全部はずすと結構な時間がかかるので、スプレーをフタにカケテ刷毛で塗っています。
(結局はずしたほうが早かったかと、いつもおもいます。)
3)飛散しない方法はひたすら新聞紙です。
  ほこりとなって室内に長期間浮遊して、同居人のヒンシュクをかうぐらいなら、雨でない日に河原でもいって数時間かければ、事足ります。やったことがないようなので念のためいっておきますが、この塗装は半乾きで、くみ上げてエンジンかけて、焼き付け乾燥を同時に行えるので、塗ってから一時間も待つことはありません。手につかなくなったら組んだらいいのです。ワッシャもしっかり裏側の塗装ができてしまします。

1)さほど高温にならない部分なら、焼き付くといった感じで、さび止めの役目は果たします。スプレーのラッカー塗料は無意味なほど、焼けてなくなりますが、サイレンサー部分で高温にならないところならさびているよりは塗ったほうがましでしょう。屋外系のビニル塗料は見てくれは悪くなりますが、さびさびよりはましです。
焼けてなくなるところと残るところが、すこしみっともないかも・
2)塗料屋さんには間違いなくハケ塗りの缶はおいてあります。一回塗るとタッチアップで相当いけますし。何やかやいって...続きを読む

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Qマフラーの温度(エキパイ)について。

近々、自分のバイクのマフラーを耐熱塗料で再塗装しようかと考えております。
そこで質問なのですが、市販で売られている耐熱スプレーは600度までの物が多いのですが、バイクのマフラー塗装には、そのような物で大丈夫なのでしょうか?
排気量やエキパイの材質にもよって変わってくるかと思いますが、エキパイの温度が、どのくらいまで上昇するのかご存知の方いらっしゃいましたら、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

排気温度は1000度くらいまで上がる可能性があるみたいです。
外面は、多少は低いでしょうが600度ではやはりきついと思います。

目立たない所に塗って試してみるのも手ですが
マフラー部分はともかく
エキパイ部分は耐えられないと思います。

"耐熱 実験 エキパイ"でWeb検索してみると
塗ったって人は見つかりますね。
ただ、後日談は見ていないので、大丈夫なのかは…?
(ブログって後日談探しが面倒くさいのよね)

#実験したら、ぜひ結果もネットに :-)

Qブレーキエアー抜き方法

ブレーキが固着ぎみだったので、サービスマニュアルを見ながらブレーキキャリパーのOHをしました。

キャリパーのOHが終わったので、ブレーキフルードを入れたいのですが、バイク整備は初めてでよく解りません。

現在、OHをしたのでフルードはホース内、マスターシリンダー内、もちろん空になっている状態です。
そのような状態でも初心者でも比較的わかりやすい確実なフルードの入れ方、エアー抜き方法を教えていただけませんか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初心者なら時間がかかることは覚悟してください、後述する「コツ」がわからないと思いますので、最初がかなり手間取ります。

まずは下準備として、キャリパピストンを全部引っ込めてください、その状態で固定できるようにパッドはもちろんディスクの代わりに板切れでもいいので、とにかく最大限引っ込んだ状態をキープできる工夫をしてください。
これでキャリパ裏側にエアが入る余地が一番少なくなってます、このセオリーを知らずに注射器だなんだとギミックに頼っても、時間と金がかかるばかりでうまくいきません、これをすることで私はシングル片押しなら5分かからず手ごたえが出ます。
次は、マスタ&タンクでフルードが吸い込まれる穴がブレーキライン内で一番上に来るように、固定の向きやハンドルの切り方を工夫します、最初はキャリパは触らないので、レバー握りながらキャリパに届かない、ということは気にしなくていいです。

次にエア抜きです、タンクにフルードを満たします、まずは蓋はなし。
レバーをゆっくりストロークすると、タンク側にエアがドンドン上がってきます、握りっぱなしでなくゆっくり握り離しを繰り返してください。だんだんエアが細かくなってきて量も少なくなってきます、ラインの中でフルードとエアがシェイクされた状態です。このままでは上に向かいにくいので泡をまとめてやりたいので、レバーを小刻みに細かく動かして、抜くことよりもまとめるような気持ちで。時々大きくゆっくり動かして上に抜く、と言うのを混ぜてください。このあたりの動かし方が経験が要る「コツ」の部分です。
これを慣れてくると5分くらいで手ごたえが出ますし、エアもほとんど終わります。

後はそこから下抜き、タンクを満たしてふたを閉めて、細かい泡粒をまとめる動きを混ぜながら、ブリードボルトから抜きます、手ごたえが出てるので手順を間違えない限り後は10分もかからずに終わります。

まずはやってみてください。

初心者なら時間がかかることは覚悟してください、後述する「コツ」がわからないと思いますので、最初がかなり手間取ります。

まずは下準備として、キャリパピストンを全部引っ込めてください、その状態で固定できるようにパッドはもちろんディスクの代わりに板切れでもいいので、とにかく最大限引っ込んだ状態をキープできる工夫をしてください。
これでキャリパ裏側にエアが入る余地が一番少なくなってます、このセオリーを知らずに注射器だなんだとギミックに頼っても、時間と金がかかるばかりでうまくいきませ...続きを読む

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Qウレタン塗装とラッカ-塗装の違い

ウレタン塗装とラッカ-塗装の違いってなんなのでしょう。もちろん一液性二液性の違いはわかるんですが、どういうところで使い分けるのでしょうか。また塗膜の強度はどっちがすぐれているのでしょうか。耐光性とかもあるんですかねえ。大きめの作品なんかだとウレタン塗装で仕上げてあるのをよく目にしますので何か理由があるのだろうと思います。どなたか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

NO-3です。
最終仕上げとしての、艶、耐抗性を 求めるなら、ウレタンです。でも、紫外線による、退色の効果はありません。これは、その下のカラー塗料の問題です。
カラー塗料としても、退色は ラッカーより優れています。
注意事項として、
塗料メーカーは、下と上の塗料が 異なった時、一切責任を持ちません(ラッカーの上にウレタンなど、と、いう場合、それ以外、同じ名称(ラッカーにラッカー)でもメーカーが異なってもです)

さて、カラーをラッカー、最終仕上げ、ウレタンの時の最大の注意点ですが、ウレタンは、一気に全面を仕上げる必要が有ります(厚塗りの為(垂れを防ぐ為の10-5分の休憩は除く)。
1日おいて、2度ぶきなどは、原則出来ないと考えてください。1回目の塗装が、うまくいって、すべてにクリヤーが乗ったときは別ですが、このときは、2回目を吹く理由はないでしょう。
問題は、拭き残しがあったときです。化け学的な正確な理由ではありませんが、一番考えやすい理由付けですが。

2回目のウレタンで、1回目のウレタンの隙間から(拭きのこしがある)シンナーがラッカーに到達。ラッカーがシンナーを吸って、膨張、でも、上のウレタンは、もう、シンナーで反応しませんから、伸びない。上下で、膨張に斑が起きて、塗装面がちじれる、しわがよる。が、発生します。(綺麗にウレタンでカバーされていれば、別)
同じことが、修理の時に 起きます。上のクリヤーウレタン、一部剥ぎ取る。色ラッカーで、修理。すると、禿げていない、ウレタンの下、ウレタンの際に ちじみがでます。

これが、仕上げのみ、ウレタンを使う時の最大の問題点です。

カラーからウレタンの時はまったく問題はありません。
ウレタンの難点は、乾燥が遅い。これだけです。
埃のつかない、乾かす場所があるなら、すべて、ウレタンをお勧めします。
下地は、ウレタンのプライマーがいいでしょう(FRPですから)

NO-3です。
最終仕上げとしての、艶、耐抗性を 求めるなら、ウレタンです。でも、紫外線による、退色の効果はありません。これは、その下のカラー塗料の問題です。
カラー塗料としても、退色は ラッカーより優れています。
注意事項として、
塗料メーカーは、下と上の塗料が 異なった時、一切責任を持ちません(ラッカーの上にウレタンなど、と、いう場合、それ以外、同じ名称(ラッカーにラッカー)でもメーカーが異なってもです)

さて、カラーをラッカー、最終仕上げ、ウレタンの時の最大の注意点で...続きを読む

Q原付2stマフラーの詰まりはマフラーを外せばすぐに分かるか?

原付の2stマフラーは、詰まりやすいといいますが、
そこで質問です。
(1)マフラーを外せばすぐに確認でけるものなのですか?
(2)外さないでの確認方法とかありますか?
(3)詰まったときの症状は?
(4)マフラーの内部が詰まると言うことですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

つい先日、ヤマハの80ccメイトのマフラーを掃除しました。

車種により、方法はさまざまです。これから購入でしょうか?一般的な事を書きますね。

(1):サイレンサーが詰まっていればサイレンサーを外せば高回転まで回るからわかります。
マフラーって、エキパイも含めて?シリンダーだけにすると、詰まりに関係なく大爆音賀します。NGですよ。
(2):高回転まで回らなくなるし、その前に排気ガスの煙が多くなります。
(3):(2)と質問の意味が同じような気がします。
(4):そうです。排気ガスにはOILの燃え残りがあります。それはチューインガムとかタールのような物なので、マフラーのどこかに残り、穴が小さくなるんです。

掃除方法は・・・
まず、出口が詰まっているんだから、広げます。
車種により、サイレンサーに付いている蓋(?)を外したり、出口のパイプ(グラスウールの部分)を外すタイプもあります。車種によって色々ですが、出口を大きくします。
詰まっているから排気音は大きくないので、そのまま1時間くらい走行します。(なるべく高回転で)
そうすると、マフラー全体が焼けて、OILも焼けてなくなります。
それでもだめなら、焚き火の中に入れて1時間くらい焼きます。サイレンサーのグラスウールが痛むので、事前に外しておきます。ガス溶接用のバーナーがあれば、炎を長めにしてエキパイの中から焼くことが出来ます。

つい先日、ヤマハの80ccメイトのマフラーを掃除しました。

車種により、方法はさまざまです。これから購入でしょうか?一般的な事を書きますね。

(1):サイレンサーが詰まっていればサイレンサーを外せば高回転まで回るからわかります。
マフラーって、エキパイも含めて?シリンダーだけにすると、詰まりに関係なく大爆音賀します。NGですよ。
(2):高回転まで回らなくなるし、その前に排気ガスの煙が多くなります。
(3):(2)と質問の意味が同じような気がします。
(4):そうです...続きを読む

Q車のマフラーを耐熱塗料で塗る

普通車(セダン)ですが、10年乗っています。
下回りをチェックした際、マフラーに茶色くサビが発生していました。
(薄く茶色で、部分的です)

駐車場はコンクリです。

マフラーを耐熱塗料で塗る(もちろんサビを落として)のは良くないのでしょうか?
塗っているマフラーをチョット見たことないのですが、、、。
放熱の問題で塗らないのでしょうか? 

ただ、バイクは塗っていますね(熱いのでヤケドするから?)
特にスクータ2台ありますが2台とも塗ってあります。

塗ると言っても、付けた状態で、サビが出ていたところを中心に、と考えていますが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

マフラーの素材に因ります。

スチールなら、塗った方が良いでしょうね。

ステンレススチールの場合、塗料などを塗るとかえって錆びやすくなります。
錆や油汚れを磨いて落としてください。自然と被膜が形成されて、錆にくくなります。

ただ、マフラーは消耗部品ですよ。
穴が空けば、検査には通らないので、修理か交換が必要です。

黒く塗った場合は、穴あき場所の特定が難しくなります。
シルバーで塗ると、排気漏れ箇所が煤で黒くなるので特定しやすくなります。

Qスクーターのプラスチックのボディーを綺麗にしたい

スクーターのボディー(塗装してない黒)の色が白っぽくなっています。
シリコンスプレーをすると黒くなるのですが、ツルツルするし
雨に濡れたりすると、シリコンが流れ落ち長持ちしません。
黒いプラスチックを復元する専用の商品があるようですが、
かなり値段も高いようなので、何かもっと安価な方法や
身近なものでプラスッチクを復元する方法教えて下さい。

Aベストアンサー

PP(ポリプロピレン)製のインナーカウル部分のことですよね?

車用のワックス塗って、トーチ(バーナー)で炙ってみたりもしましたかが、一時的な復活はするものの、やはり新品みたいにとはいきませんね。

今私が行っているのは、アーマーオール(又はクレポリメイト)を吹き付けて、100均で買った激落ちくん(メラミンフォームスポンジ)でごしごし擦っています。
結構綺麗になりますから試してみてください。
http://www.kenko.com/product/item/itm_7741901072.html
3ヶ月か半年に1回くらい毎に行えば、十分に黒い状態を維持できると思います。

最近は、シリコンスプレーも安くなったので、上記のような処理をしたあとは、ワックス代わりに車体全体(3~4週間に1回)にも使っています。
http://www.kohnan-eshop.com/pro/chirashi/products/499577004780402

なお、靴が乗るところは滑って危険ですから、水と激落ちくんだけ(シリコンスプレーも無し)なので、あまり長持ちしないですね。

PP(ポリプロピレン)製のインナーカウル部分のことですよね?

車用のワックス塗って、トーチ(バーナー)で炙ってみたりもしましたかが、一時的な復活はするものの、やはり新品みたいにとはいきませんね。

今私が行っているのは、アーマーオール(又はクレポリメイト)を吹き付けて、100均で買った激落ちくん(メラミンフォームスポンジ)でごしごし擦っています。
結構綺麗になりますから試してみてください。
http://www.kenko.com/product/item/itm_7741901072.html
3ヶ月か半年に1回くらい毎に行えば、十分...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング