夏休みの課題で幸田露伴の「五重塔」を読んで感想文を書かなければいけないのですが、今の私たちじゃ理解できない文章なのに、なんの解説も無くて読めなくて困ってます!
私たちがわかるような最近の普通の文章で書かれた本・またはHPがありましたら教えてください!
おねがいします!

A 回答 (2件)

ご苦労お察しいたします。

数日前までGooフロントページで「読まずに書ける読書感想文」特集がありました。検索するか履歴で探すかすれば「読まずに書ける方法」が、見付かるかもしれません。

娘の幸田文「おとうと」や、その他のエッセイ。露伴の孫娘である青木玉のエッセイは、たぶんあっという間に読めます。露伴という作家の日常や弱点、人間性がよく分かり、そのへんを「作家論」として軽く書き流せば簡単で分かりやすい感想文になると思います。

とてもとてもラクチンに読め、文庫でも出ています。回答にはなっていませんが、読書の楽しみとはそういうものかと思います。

参考URL:http://www.aa.alpha-net.ne.jp/elasoni/aoki.html
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都の東寺の五重塔を浮観できる場所を教えてください。

京都の東寺の五重塔を浮観できる場所を教えてください。
以前、新幹線の中から見た五重塔が素晴らしかったのですが、当然動くので、あまり堪能できませんでした。やや見下ろすくらいの角度でじっくり見れるポイントをご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

京都駅ビル屋上と
ホテルグランヴィア京都の東寺側が見えるレストランで食事をしましたが
高い位置から見えるという感じではないです
ただ他にもレストランがありますので
直接聞いてしまった方がいいですね

この歩道橋と書かれている高さですと物足りないですよね?
http://harunakurama.blog.ocn.ne.jp/kitaooji/2007/02/post_314f.html

京都駅ビル駐車場

反対に京都タワーがいいかもしれません

Q新潮文庫版「暗黒の塔」を読まれた方

スティーブン・キングの「暗黒の塔」、角川からの出版がハードカバーも文庫も停滞しているなあと思っていたら、新潮文庫から刊行が始まってしまいました。

で、まだ、こちらを買うか踏ん切りが付かないのですが、既に読まれた方、ご意見を御願いします(特に後書き関係)。

・新潮文庫に移った経緯
・ハードカバーは出る予定があるのか
・今後の刊行スケジュール
・角川版も読まれた方は、訳の違いなどについて

まあ、結局は買うんでしょうが、魔導師の虹までは角川文庫で読んだから良いかなとも思うし、やはり並べて揃えたいし、場所はないしで悩んでいます。

Aベストアンサー

私も書店で見たときに一瞬どうしようかなと思ったのですが、今回は完結編まで刊行されること、イラスト入りの新訳でもあることから、買い揃えていく事にしました(本棚はとっくにあふれていますが……)。

今後の書名と刊行スケジュールは、奥付と腰巻によると、以下の通りです。
 <ダーク・タワー>シリーズ題名
  I「ガンスリンガー」(06/11)
  II「運命の3人」(06/12)
  III「荒地」(06/2)
  IV「魔道師と水晶球」(06/3)
  V「カーラの狼」(06/3)
  VI「スザンナの歌」(06/夏)
  VII「暗黒の塔」(06/秋)
いずれも「新潮文庫近刊」とありますが、ハードカバー版の新訳出版については触れられていません。多分出ないのではないでしょうか。

新潮文庫版の風間賢二氏の新訳ですが、角川文庫版I、IIの池央耿氏訳(III巻以降は風間氏訳)と比べて、私は読みやすくなっていると思いました。
版組の違い(角川:42字×19行/頁→新潮:39字×17行/頁)や、各巻4~6枚折込のカラーイラストも読みやすい印象を増すのに貢献していると思います。

新潮文庫に移った経緯については書かれていませんでした。素人考えですが、版権を巡るトラブルがあったのではないか?と推測しています。

ところで、既にご存じかも知れませんが、キングファンには下記サイトがとても参考になります。
「スティーブン・キング研究序説」
 http://homepage3.nifty.com/~tkr/king/kingtop.htm

参考URL:http://homepage3.nifty.com/~tkr/king/kingtop.htm

私も書店で見たときに一瞬どうしようかなと思ったのですが、今回は完結編まで刊行されること、イラスト入りの新訳でもあることから、買い揃えていく事にしました(本棚はとっくにあふれていますが……)。

今後の書名と刊行スケジュールは、奥付と腰巻によると、以下の通りです。
 <ダーク・タワー>シリーズ題名
  I「ガンスリンガー」(06/11)
  II「運命の3人」(06/12)
  III「荒地」(06/2)
  IV「魔道師と水晶球」(06/3)
  V「カーラの狼」(06/3)
  VI「スザンナの歌」(06/...続きを読む

Q五重塔を建てた目的は何か

七堂伽藍の中で五重塔以外の建物についてはその役割が分かるのですが、五重塔(三重塔、七重塔も含めて)を建てた目的はいったい何でしょうか。
仏舎利を納めるのであれば、ほんとうに納めた例があるのでしょうか。
もし仏舎利を納めていなければ、あるいは納める予定すら無ければ、
塔は、象徴的な意味しかないと思いますが、
五重塔には何か宗教的な意味があるのでしょうか。

宗教的な意味があるとすれば、禅宗寺院の七堂伽藍には五重塔がないのはなぜか、という疑問が残ります。

むしろ、仏教勢力を誇示するために、最新・最高の技術を見せ付けるために建てたとする考えはないのでしょうか。
2塔を有する寺院さえありますから。

Aベストアンサー

昔の塔であれば、いちおう、仏舎利を塔の下に収めていますよ。ただし、本物のお釈迦様の舎利ではないでしょうけれど。
今、いくつかの寺院などに仏舎利が伝わっていて、それは中国から請来されたものだと思われますが、たいていが水晶など宝石の類、もしくは玉の類だったみたいです。仏さまの本当のお骨ではありませんが、当時としては高価なもので、それを仏さまのお骨に見立てたわけです。
そういうものが実際に塔の下に収めてあるはずです。発掘調査などで出てくることもよくあります。

まあ、勢力を誇示するためといわればそれまでですが、私見では、勢力を誇示するというよりは、「ここに仏さまのお骨が収まっていますよ。ここへ来て仏さまに手を合わせましょう」というような、布教活動の一環といった方がいいように思います。それによって信者を集めてお金を集めて……などという見方もできるかもしれませんが、日本に仏教が伝わったころの寺院はそういうことよりも、とにかく仏教を広めたいという方向だったと思います。

また、「仏教に関わる知識人は、それまでの日本にない技術を持ち合わせている」=「それだけ仏教が教学的にも技術的にも文化的にも進んでいる」ということを示しているとも言えると思いますが、やはりそれも仏教を広めるためのものだったと思います。

実際に本物の仏舎利が収まっていないのだから塔には意味がない、というのではなく、「仏舎利とはきっとこういうものなんだろうなぁ」とイメージできるような代用品を収めることによって、人々に仏という存在に思いを致すように導くための重要な建物だと、私は思っています。

もう随分前の学生時代に習ったことなので記憶は薄いのですが、法隆寺など奈良仏教の寺においては、塔が一番重要な建物と位置づけられていたはずです。

昔の塔であれば、いちおう、仏舎利を塔の下に収めていますよ。ただし、本物のお釈迦様の舎利ではないでしょうけれど。
今、いくつかの寺院などに仏舎利が伝わっていて、それは中国から請来されたものだと思われますが、たいていが水晶など宝石の類、もしくは玉の類だったみたいです。仏さまの本当のお骨ではありませんが、当時としては高価なもので、それを仏さまのお骨に見立てたわけです。
そういうものが実際に塔の下に収めてあるはずです。発掘調査などで出てくることもよくあります。

まあ、勢力を誇示...続きを読む

Q課題図書

今から30年ほど前、夏休みの課題図書として2冊の本を買った記憶があります。
1冊は「熱い砂塵の町(街?)」という、第二次大戦下のアメリカでの日系人の収容所生活を描いた本です。

もう1冊は「死の川に生きる」という富山県の神通川流域に発生した慢性カドミウム中毒によって生じた「イタイイタイ病」を扱った本です。

かなり昔の本だし学校図書という特殊性からほとんど流通していないと思われますがご存知の方、あるいは売っているという情報をご存知の方おられるでしょうか?

Aベストアンサー

タイトルが下記のものではないでしょうか。
どちらも入手できそうです。少なくとも amazon には在庫がありそうです。
「死の川 ~ 」は、わたしも小学生のころ単行本で読みました。

『熱い砂じんの街』 柴田克子・作/永井吐無・絵 アリス館 ISBN 475205602X
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/475205602X/503-6603078-7622328

『死の川とたたかう―イタイイタイ病を追って』 八田清信 偕成社文庫 ISBN 4038505707
http://www.kaiseisha.co.jp/shop/index.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4038505707/503-6603078-7622328

Q五重塔に住めますか。

先日世界最古の企業「金剛組」が五重塔を建てている映像が流れました。578年(聖徳太子の時代)に出来た会社だそうです。
そこで自分の土地にこの五重塔を建てることは法的に可能でしょうか。またそれに住む事はできるのでしょうか。
お城を建てて住んでいる人がいるので、大丈夫なような気もするのですが、木造で5階建てになるんですよね。
ピラミッドを作って住むなんてことも出来ますか。
実際に作るつもりはありませんが、ちょっと疑問に感じましたので。

Aベストアンサー

現行法では難しいかもしれません。
土地にはさまざまな規制がありますので、
それをクリアすることはたいへんでしょう。
市街地ですと防火、準防火、22条地域などがほとんどですので、
広い土地がいるでしょうし。
かといって規制のない無指定の土地(山間部など)だとライフラインもありません。
軒高9m、高さ13mをこえる建築物は、防火性能を求められるため、
木造の場合は燃え代や耐火被覆が必要となります。
(今のところ、軸組や伝統工法ですと3階建てまで、それ以上は枠組工法でしか建たない)
文化財は、現行法が除外されていますから、改修もできるのですけどね。

モニュメントとしての、工作物であれば、逃げ道もありそうですが、
住む、となると…。
そんな感じです。

Qハリーポッターの4巻の感想を。

今、4巻を買おうか迷っています。読んだ方、ぜひ感想をおしえてください。ちなみに1~3巻までは、しっかりよんでそれなりに楽しめました。

Aベストアンサー

EVE615さん、こんにちわ!

4巻は私的にはかなりおもしろかったですよ!
今までのシリーズと比べると、よかったところ・いまいちなところ、そりゃありますが、全体的には満足度90%以上!ッテカンジです。
何て言っても、クディッチ好きには欠かせない試合のシーンが始めから盛りだくさんです!
途中それぞれの恋や謎解きやハリーへの試練も織り込まれつつ、最後はちょっと(?)感動です。
今までよりストーリーが重い!話も長い!って感じる人もいて、そこは人それぞれなんですが、ハリーファンなら読んで損はないし、飽きさせない内容にまたなっていましたよ!下巻なんか、半日で読んじゃいました!
今回はハリーに罠が仕掛けられたり、ヴォルデモートが・・・!?えっハリーの両親!?っていうようなシーンもあるので、かなり重要な内容でもあるみたいです。
あんまりネタバレにならない程度に説明したつもりなんですが、EVE615さん的に期待はずれになってしまったらごめんなさい!!!
1~3巻をそれなりに楽しまれたなら、きっと今回も楽しめますよ!

Q五重塔の特徴は?

奈良近辺の寺には五重塔が数多くありますが、これらの特徴を挙げるとすればどんなことが挙げられるでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

西岡先生(神様ですな)は、すでに
天に召されてらっしゃいますので

著書をお読みくださいませ
http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/icenter/i1060.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/249-0101298-3141104?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E8%A5%BF%E5%B2%A1%20%E5%B8%B8%E4%B8%80

そして各地に散らばる
神の弟子の方々
http://www.tonotv.com/members/shajiiwt/index.html

http://www.sakamura-lab.org/tachibana/hatachi/ogawa.html

特徴かぁ
基本的にヒノキ作りであること

特徴といっても
建立された時代によっても違うでしょう
宗派によっても違いますし

こんばんは

西岡先生(神様ですな)は、すでに
天に召されてらっしゃいますので

著書をお読みくださいませ
http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/icenter/i1060.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/249-0101298-3141104?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E8%A5%BF%E5%B2%A1%20%E5%B8%B8%E4%B8%80

そして各地に散らばる
神の弟子の方々
http://www.tonotv.com/members/shajiiwt/index.html

http://www.sakamura-lab.org/tachibana/hatachi/og...続きを読む

Q文章が上手になりたい

日記を書き始めたのですが、文というものを書いたことがほとんどないのでぜんぜん文章が続きません。今日~をした。ぐらいです。もっと文章を長く書きたいのですが、お勧めのマニュアル本はありますか?

Aベストアンサー

詩人の荒川洋治さんがその名もずばり『日記をつける』という本を出されています.日記をつけるコツのほか,40近い文学作品からいろいろな日記が紹介されています.面白いですよ.

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4007000166/

Q現存する五重塔の数

いくつの五重塔が現存しているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは


55基のようです

ご参考までに

Q文章の書き方について

唐突ですが、私は趣味で小説らしきものを書いています。
ちょくちょく、小説を自由に投稿したり、人が書いたものを読めるサイトで自作の小説を投稿したりしています。
ただ、一つ問題が発生しまして。
私は本格的に小説を書き始めて来年でもう早5年になるのですが、まだいろいろと書きなれないシチュエーションやキャラがいるのです。
そのうちの一つとして、今書きたいのが「主人公を恨んでいる元仲間」というものです。
元々は主人公の仲間だった人物が過去に主人公に裏切られ、以来主人公を恨むというものを書きたいのですが…
どうやら、私はそういう恨みとか、憎しみとか、そういうのを書くのが苦手なようなのです。

ここで、皆さんに質問です。
恨みや憎しみは、どうやって書けばいいのでしょうか?
また、この苦手を克服するには、どのような練習をすればいいでしょうか?

ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

想像力を高めてみてください。
現実社会で、あなたの仲間から、本当に裏切られた場面を想像する。
「役中の人物になりきる」
これがコツです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報