位置情報で子どもの居場所をお知らせ

脳ドックの結果、非特異的白質変化が認められました。
非特異的白質変化とは何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お答えします。


画像上、脳の表面(=灰白質=大脳皮質)より少し深い部分(白質)に正常にはない変化があるが「○○病」という名前のつくような病気を考える変化ではない。ということです。

多くの場合は加齢や動脈硬化によって血液の流れが悪くなっている部分がある、ということです。

ただ、ほんとうの意味では「非特異的白質変化」というのは存在せず、その本質は上記のように動脈硬化であったり、脳萎縮の変化であったり、ということなのです。

病気としての対処は必要ではありませんが、主治医に以下の点を聞いて今後の人生に役立ててください。

「私の非特異的白質変化」とは動脈硬化の変化なのですが?
⇒そうであるなら、動脈硬化や高血圧の対策をたてます。

「私の非特異的白質変化」とは脳萎縮の兆候なのですか?
⇒そうであるなら、頭をつかってボケ防止にこころがけましょう。

「私の非特異的白質変化」はこのままほっておいてよいと保証してくれますか?
ほっておいてよくないなら、どうしたらよいですか?
⇒医者は絶対に保証しませんから、何らかの対策や注意を言うでしょう。

誤解してはならないのは「非特異的白質変化」は「正常」ではないのです。
英語では non-specific abnormality と言って「ほっておいてよい」ということとは別ものです。

よくわかっていない医者は「非特異的白質変化」=ほっておいてよい、と勘違いしますが誤りです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても解りやすいを回答ありがとうございます。

主治医への質問をメモして持って行き、しっかり聞いてきます。
「ほっておいてよい」事ではないのですね。

PCでいくら検索しても出て来なくて困っていました。

daigoinさん 本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/12 23:55

「非特異的」は特異的でない、すなわち何らかの病気を表すとは言い難いもの。


「白質」は脳の部位のひとつで、神経細胞から出る神経線維が主に集まっている部分。
で、そこに「変化」がある、おそらくはT2強調画像で高信号になっている。

端的に言ってしまえば、病的ではないがまったく正常とはいえない所見があったということですね。そしてその原因は老化です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

これからは脳にも気を使いたいと思います。

お礼日時:2010/12/13 00:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非特異的とは

 医療検査において、検査結果が「非特異的だった」というのは、どういう意味なのでしょうか?
 単に特異的の逆で、特別なにもなかったと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

いつも素晴らしい回答をしておられるblackleonさんに追加で…。

質問者の方の「非特異的」であったという検査項目がどのようなものかが、少し漠然としていたので、blackleonさんのご紹介いただいた例の他に多く検査結果で表記される場合に、血液型検査をはじめとする血清学的(免疫学的)手法を用いた場合に見られる「非特異的現象」による結果について簡単にご説明します。

血清学的検査というものは免疫反応(抗原抗体反応)を用いた検査で、代表的なものには血液型検査があり、その他にも色々なウイルスに対する抗体検査や毒素に対する抗体検査、あるいは生体試料(血清、尿、組織等)に存在する抗原を検出する検査等、その応用範囲は多岐に及びます。

一番親しみやすいABO式血液型検査について例をあげます。
A型の人の赤血球膜表面には、A型の特徴を示す抗原(この場合は糖鎖)が存在するため、この人の赤血球にA型抗原に対する抗体を作用させると、赤血球同士が手をつないだような状態になり、ぎゅっと凝集しますが、B型抗原に対する抗体を作用させてもこのような状態にはなりません。
しかし、血球を長期間放置したりしていると、試料中に細菌が繁殖し、その作用で、どんな検査をしても赤血球を凝集させてしまうよな現象が起こることがあります。そう、この状態は「非特異的反応」です。

また、逆にA型の人の血清中にはB型抗原に対する抗体が存在しますので、B型赤血球を作用させるとこの赤血球を凝集させますが、O型やA型の血球を作用させてもこのような凝集は起こりません。しかし、感染や疾患等による抗原抗体反応により「補体」というものが活性化された状態にある試料では、特に輸血前の厳密な検査をした場合に、どの型の赤血球も凝集してしまったりすることがあります。(この血液試料を赤血球と血清とを分離しないで冷蔵庫に保存した場合にも起こります)そう、これも「非特異的反応」です。

ややこしいですが、「非特異的反応」という表現は、試料や検査手技に何らかの変質や不手際により起こった可能性があるものにも用いられます。それはその患者さんの疾患や輸血事故等に関連して起こる場合もありますし、明らかに術者や機械の不具合等に起因するものもありますが、検査結果にそのように表記される場合は、ほとんどの場合前者による影響が考えられた場合であるといえます。しかし、具体的にどのような変化が起こったためにそのような結果となったのかということは、特定できていない場合が多いです。しかし、そういった曖昧な表現を残すのは、決して「白(安全)」という結果を示すとは限らないという注意を残す意味があります。

余談ですが、私が学生の頃、検査部で実習講義を受けている時に技師に「非特異反応」と言われたことを書き取る際に、「人食い反応?」とノートに書いて、友達に笑われたことがありました。でも主人は(医師ですが)研修医時代に、私に電話で「ヒトクイハンノウ」っていうデータが検査結果に書いてあるけど、これって「人を食う反応」って訳じゃないよな、と電話で聞かれて怒ったこともありました。

いつも素晴らしい回答をしておられるblackleonさんに追加で…。

質問者の方の「非特異的」であったという検査項目がどのようなものかが、少し漠然としていたので、blackleonさんのご紹介いただいた例の他に多く検査結果で表記される場合に、血液型検査をはじめとする血清学的(免疫学的)手法を用いた場合に見られる「非特異的現象」による結果について簡単にご説明します。

血清学的検査というものは免疫反応(抗原抗体反応)を用いた検査で、代表的なものには血液型検査があり、その他にも色々なウイルスに...続きを読む

Q大脳白質病変ですが、脳の血流不足なども一因らしいのですが、、、

大脳白質病変ですが、脳の血流不足なども一因らしいのですが、首の指圧やマッサージなどで、効果が有ると聞いたことが有りますが、これらの、マッサージなどで、効力を発揮して、白質病変が、消えてゆくなんてことは有るのでしょうか?
(白質病変が、めまいなどの原因の一つになっていると聞いたことがあり、質問いたします。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

予防としては高脂血症のコントロールおよび抗血小板剤の服用になると思います。(白質に対してはプレタールの方がアスピリンやチクロピジンに勝る、という意見の専門かも居ますがエビデンスとしては十分ではありません)いづれにしろ予防効果は絶対的なものでは有りません。
画像所見に見られるような白質病変は完成していますから消えることはありません。

Q慢性虚血変化

私の両親、兄が脳出血で倒れましたので、私も気になっておりました。それで、掛かりつけの開業医に紹介状を書いてもらいMRIの検査を受けました。放射線科の先生が所見を書いて掛かりつけの先生に渡してくれました。
『慢性虚血変化の疑い』と書かれてました。
掛かりつけの先生は外科医で専門外なので、心配ないと言われましたが、少し気になっています、
何か気をつけないといけないこととかあれば教えて欲しいのですが、、

Aベストアンサー

慢性虚血性変化というのは、動脈硬化などで血の流れが悪くなり
慢性的に血が流れず、脳が変化した部分があるということです。
進行すると、脳梗塞となります。
加齢や、高脂血症の状態があれば、知らない間に、脳梗塞があることはよくありますので、日常生活に支障がない、程度の脳の変化というのはよくあります。
動脈硬化を起こさないためには、コレステロールや中性脂肪などを
正常に保ち、適度な運動をし、食事に気をつけることです。
慢性=月~年単位、虚血で血液が十分にいきわたっていない状態
のことをいいます。長い間、血液の流れが悪く酸素や栄養、老廃物の除去が出来ないために、細胞が弱ったり死んでしまったりする変化のことを言います。脳のある部分に慢性虚血性変化が起これば、その部分の脳細胞が死んでしまい、脳の細胞密度が減ってしまった状態になります
梗塞とは別物です。御大事に。

Q47歳、隠れ脳梗塞・・・

先日、左の頭が痛くて脳外科に行きMIRの検査をしたところ「隠れ脳梗塞」と診断されました。その時の頭痛が隠れ脳梗塞とは関係ないようで「偏頭痛」でしょう・・・とのことでしたが、47歳にしたらちょっと多いですね!
と最後に言われました。
WEBで調べたところ隠れ脳梗塞は40代では4人に一人とか・・・
数年のうちに脳梗塞になる確率が30%。とありましたが
特に治療とかしなくてもいいのでしょうか?
どういった原因が多いのでしょうか?
診ていただいた医師は30歳くらいの若い男性なのですが
私の考えでは他の病院で再検査を受けるほうがいいかも?!と思っています。検査結果は同じでも判断は違うと聞いた事がありますので・・・
子供は大きくて孫もいますので生活に心配はないのですが、何かあって子供たちに面倒をかけたくないのが本音です。
検査後、2日で薬のせいかも知れませんが頭痛は治まりました。
が、不安でいっぱいなのです。
今まで生きて来て大きな病気はした事がないのでなおさらです。
詳しい方お知恵をお願いします。

Aベストアンサー

 CT・MRIなどで偶然発見される無症候性脳梗塞(多くは穿通枝領域のラクネ:直径1.5センチ以下の小さな脳梗塞)の頻度は、30歳代で約4.3%、40歳代で約5.0%、50歳代で約8.3%、60歳代で約18.1%、70歳代で約32.0%と報告されています。
 原因は、「高血圧」が一番多いです。

 記載されているように、無症候性脳梗塞(=隠れ脳梗塞)と診断されたが、別の病院を受診したら、「異常なし」と診断されるケースは時折あります。それは、専門的な話になりますが、非専門医ですと、拡大血管周囲腔(etat crible)を「無症候性脳梗塞」と誤診してしまうことがあるからです。
 そういった意味では、別の病院を受診して、セカンドオピニオンを受けるのは良いと思います。

 無症候性脳梗塞に対しては、「抗血小板薬」を使う場合があります。使わない医師もいます。この辺りは意見が分かれています(有効性のデータにバラツキがあるため)。
 拡大血管周囲腔に対しては、基本的には治療は不要です。 
 

参考URL:http://medical.secom.co.jp/hospi-net/information/info-qa3.html

 CT・MRIなどで偶然発見される無症候性脳梗塞(多くは穿通枝領域のラクネ:直径1.5センチ以下の小さな脳梗塞)の頻度は、30歳代で約4.3%、40歳代で約5.0%、50歳代で約8.3%、60歳代で約18.1%、70歳代で約32.0%と報告されています。
 原因は、「高血圧」が一番多いです。

 記載されているように、無症候性脳梗塞(=隠れ脳梗塞)と診断されたが、別の病院を受診したら、「異常なし」と診断されるケースは時折あります。それは、専門的な話になりますが、非専門医ですと、拡大血管周囲腔...続きを読む

Q脳の萎縮の初期症状につきて教えてください。

脳の萎縮の初期症状につきて教えてください。
2年前に、内耳性めまいを発症してから、陽射しが強く、暖かくなると眩しく、だるく、めまい感、ふらつき感、だるさ、震え感が強くなる、握力低下、字が書きにくい、ページめくりにくい、傾斜感がでる、顎の違和感、しゃべり辛い、よだれが少し唇につく、ごはんが唇につく、耳の張り、聞えの低下、肩凝り感、物に手、足がよく当たる、握力、振るえを伴う脚力低下、判断力低下、が起こる、時々てんかん的に頭が動く、縦横認識、光源変化、スローな動きに錯覚めまい起こる、右耳乱流音、耳鳴り。左耳リクルートメント現象、受話器ダメ、口にごはんが着く、箸が口に当たる。力仕事、緊張で冷や汗、震え、などがあります。当初は、めまいから始まりました。
こんな症状から、脳萎縮へ進む例はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 症状があるから「脳萎縮」になるわけではないですよ。ご安心下さい。
 脳萎縮が出てくると、症状が出てくるわけです。

 認知症の代表疾患であるアルツハイマー病では、脳萎縮が出現する以前から「症状」が徐々に出現してきます。それは萎縮が出現する以前から、脳血流などが低下してきているためです。
 ただその「症状」は、上記で記載されたような症状ではないです。「判断力低下」は該当しますが・・。

 要するに、こんな症状があるから将来、「認知症」になりはしないかと心配されて質問されたのだと思いますが、これらの症状は「判断力低下」を除けば、認知症の初期症状とは考えがたいのでご安心下さい。

P.S:
 実際に「ふらつき感、震え、握力低下、字が書きにくい」などの症状があるのであれば、認知症よりもパーキンソン病などが心配ですから一度「神経内科」を受診して下さい。
 パーキンソン病は、中高齢者の病気ですから、もしあなたが20歳代であれば心配は取り越し苦労だと思いますが・・。
 

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E7%97%85

 症状があるから「脳萎縮」になるわけではないですよ。ご安心下さい。
 脳萎縮が出てくると、症状が出てくるわけです。

 認知症の代表疾患であるアルツハイマー病では、脳萎縮が出現する以前から「症状」が徐々に出現してきます。それは萎縮が出現する以前から、脳血流などが低下してきているためです。
 ただその「症状」は、上記で記載されたような症状ではないです。「判断力低下」は該当しますが・・。

 要するに、こんな症状があるから将来、「認知症」になりはしないかと心配されて質問された...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q血圧が急上昇した時の対処法について

おつもお世話になっています。

私の母は少し血圧が高めで、たまに血圧が180/100とか160/100など、ときには最高血圧が200くらいになることがあります。

以前も仕事中に急に血圧が上がって、迎えに行くことになりました。今は、職場が変わり、ヘルパーとして夜勤のある施設に勤めています。
私も遠く離れた学校の近くで一人暮らしを始め、母が急変した時に助けてあげることができない状況となりました。

先日、母が夜勤の時にまた血圧が上昇して、頭がガンガンするといって、私に電話をかけてきました。私が看護学生なので、なにか救急の対処法が聞けると思って電話してきたらしいのですが、私には何もすることができず、その夜は心配でよく眠れませんでした。

母には早く病院に行って、高血圧の薬をもらうように言っているのですが、まだ行っていないようです。

薬を飲めば済む問題だとは思いますが、
急激な血圧の上昇時の対処法をご存知の方、アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一時的に血圧を下げる方法はあるにはあります。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/9210/tsubo6.html
http://www.tubodojo.com/tubo2/gokoku.htm
URLでは手心が高血圧のツボとありますが、経験的に合谷(ごうこく)を
マッサージするほうが血圧が下がりました。
私の母も高血圧(上が180くらい)ですが、ためしに両手を30秒ずつ自分で強めにマッサージして計ってみると、30くらい下がっていてびっくりしていました。
これなら寝たままで自分でできますが、個人差があると思いますしあくまで一時的なものですから、やはり医師の診断を仰いで投薬を受けるべきでしょう。

Q肺野結節影あり

人間ドックの結果 胸部X線の検査で肺野結節影あり 精密検査受けてください。と 言われました。これって 肺がんの疑いありってこと?土日病院やってないので3日間も不安で待てない。誰か教えてください。

Aベストアンサー

他の方もお書きになっていますが、普通ではないものが写っているときに、その形から異常影とか、結節(平たく言えば丸く見えるもの)とか表現します。単に結節といっても、皮膚に存在する出っ張ったほくろや乳首が写ることもありますし、肺の中でも、炎症性の結節や、良性腫瘍・悪性腫瘍・葉間胸水など、様々です。
そもそも胸部X線撮影は結核の予防から始まっていますが、今はもちろんがん検診の様相を呈してます。しかしながら、1もしくは2方向のみの撮影であること、胸部CTの方がはるかにきちんと細かく検索できることから、安易に異常影として引っかけてCTで決着をつける体制があるのは否めません。これは、医療側からすれば「見逃し対策」つまりは「訴訟対策」の面もありますので、こういったことで日本の医療費がかさんだりもするわけで、、、、、
いずれにしても、心配なさるお気持ちはよく分かりますが、、、
ごくごくごく簡単に言ってしまうと、大きな3cmとか、そのぐらいあるのだとやっぱり悪性を疑いますが、、、、やっぱり一概には言えません。

Qエクセルのセルにカレンダーを表示させ、日付をセルに入力させたい

エクセルについて教えて下さい。

エクセルのセルをクリックすると、
カレンダーのようなものが表示され、
マウスで選択すると、
セルに日付が入力されるようにするには
どうしたらよいですか?

すみませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#02です。foo-mさんがVBAをお使いになるなら、以下のサンプルをいじってみてください。

このサンプルはC4セルがクリックされたときにカレンダーコントロールを表示して、日付を選んだらその日付をC4に書き込み、カレンダーコントロールを閉じるマクロです。

Private Sub Calendar1_Click()
Selection.Value = Calendar1.Value
ActiveSheet.Calendar1.Visible = False
End Sub

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
If Target.Address = "$C$4" Then
ActiveSheet.Calendar1.Visible = True
End If
End Sub

マクロはシートのモジュールとしてペーストして下さいね

Q舌の動かしにくさ、ろれつが回らない感じがします

30代の主婦です。

ここ3日ほどろれつが回らず、特に午後になるとしゃべり難さを感じ、子供からも「ママ話し方がへん」と言われます。

特に舌の動かしにくさを感じ、モノを食べたり飲んだりする時、舌が邪魔だなぁという感覚になります。

他にもモノの飲み込みにくさも感じており(こちらは3年ほど前からですが)、精神的なものかとも思ったのですが数日様子を見て改善されないようなら病院を受診したいと思いますが、こういう場合何かを受診したらよいでしょうか?

手の痺れ、頭痛、吐き気なんかはありません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2,#3です。
市販の薬は病院から処方される薬に比べ、効果が低い代わりに
副作用も少ないのが一般的ですが(もとろん用量を守っていればですが)、
可能性という意味ではないわけではありません

一番簡単な診断方法は、しばらくパブロンをやめてみて
症状がよくなるかどうか見ることですが、
花粉症の季節にそれはきついでしょうか。


人気Q&Aランキング