グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

英語で弁護士のことをLawyerと言う時と、attorneyの言う場合がありますが、
どのように違うのでしょうか?
こういうケースはこっちの単語の方を使うなどの
使い分けがあるのでしょうか?

分かる方ご回答の程よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

DUO 3.0で勉強していて、私も気になって調べたことがあります。


こういう時はやはり、英英辞典。
http://www.ldoceonline.com/dictionary/attorney

lawyer:法律の専門家に対する一般的な呼称。法的専門訓練を受けた人。

attorney:米語でlawyerの代わりに多用される。法廷代理人。

solicitor:英語で法的助言や条文検討を行う人。

barrister:英語で法廷代理人

counsel:英米語の両方で、法廷弁護士または、法廷弁護団

私の拙い訳ですみません。私自身が勉強になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
全然訳、拙くないですよ!
簡潔で分かりやすいです。
英英辞典で調べることは大事ですね。
次回からは自分でも一度調べるようにしてみます!

お礼日時:2010/12/23 19:50

 ロングマンで lawyer を引くと、下記のような使い分けが出ます。


 WORD CHOICE:

lawyer, attorney, solicitor, barrister, counsel Lawyer is a general word for someone who has professional training in legal work or who is an expert in the law. In American English, the word attorney is often used instead, especially in legal or official language and especially to refer to a lawyer who represents people in court. In British English, there is a difference between a solicitor , who gives legal advice and prepares legal documents, and a barrister , who represents people in court. In both American and British English, someone's counsel is the lawyer or group of lawyers who represent them in court.

 一口に言えば、lawyer は古くからある一般的な単語(イギリスでもアメリカでも使う)で、法律のプロとして教育を受け法律に詳しい人、 attorney はアメリカ英語では、同じ意味に使われるが、法廷で自分を代表してくれる者をさす時に使う、ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ロングマンの内容も載せていただき、大変参考になりました。
Attorneyは、法廷代理人という意味合いが強いということですね。
為になりました。

お礼日時:2010/12/23 19:58

【類義語】



lawyer 弁護士に対する一般的な名称であるが, 普通は attorney (《英》 solicitor) をいう.

counselor (《英》 barrister) 法廷で弁護する法廷弁護士. 英国では普通 solicitor を通して依頼を受ける.

attorney (《英》 solicitor) 遺言状を作成したり, 不動産の処理契約の締結などを扱ったり, また法廷弁護士と訴訟依頼人を仲介する下級裁判所中心の事務弁護士.

ただし米国では lawyer, counselor, attorney を区別しないことが多い.

http://www.kenkyusha.co.jp/modules/08_luminous/i …

WEB辞書のルミナスには上記のように解説されています。URLでルミナスを出した後は lawyer で検索してください。

次のURLにもかなり詳しく出ています。ページを開いて最後まで読んだ後、類語をクリック、さらに(もっと詳しく見る)をクリックしてください。

http://ejje.weblio.jp/content/lawyer
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考のURLまでつけていただき、大変助かりました。
アメリカではあまり区別しないことが多いんですね。
今、アメリカの法廷ドラマを見ていたので、確かにそんな気が
しました。為になりました。

お礼日時:2010/12/23 19:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士の名前にアメリカでつけるべきprefix 

弁護士の名前にアメリカでつけるべきprefix(Mr. Dr. など)がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

米国の弁護士との通信や交渉を何度かやってきているものです(米国での裁判・仲裁経験もあります)。

No.2のかたのいわれるように Esq. (Esquire)ですね(used as an honorific usually in its abbreviated form, especially after the name of a lawyer)。Paul Churchill, Esq. という書き方で(スペルアウトしたものは見たことありませんが)、例えば文書のcc先や手紙の宛名のときに書かれたりします。もちろん、Mr. も多いですが。もちろん、話すときに、Paul Churchill, Esq. という表現は聞いたことがありません(あくまでも文書での「弁護士であることを示唆するための言葉担っている感じです)。「彼は弁護士です」は He is a lawyer. He is an attorney(at law までは聞いたことなし). He is a counsel (to ABC company) で、He is an esquire.は聞いたことも読んだこともありません(この表現だと「英国貴族」のように取られるのでは?よって、そういわないと思います)。弁護士への呼びかけは、最初紹介されたら、後はfirst nameが普通です。

ついでに、米国の弁護士の名刺はLawyerでなく Attorney at Lawがほとんどです(弁護士とは5名くらい知り合いがいて、知り合った人は10名くらいになりりますが、Lawyerと書いてある人は皆無です)。日本では「先生、先生」といってますが、あくまでも法律アドバイスを行うビジネスプライヤーの一人、といった感じですね。でも、弁護士はそれなりの社会的位置づけですね、米国でも。

米国の弁護士との通信や交渉を何度かやってきているものです(米国での裁判・仲裁経験もあります)。

No.2のかたのいわれるように Esq. (Esquire)ですね(used as an honorific usually in its abbreviated form, especially after the name of a lawyer)。Paul Churchill, Esq. という書き方で(スペルアウトしたものは見たことありませんが)、例えば文書のcc先や手紙の宛名のときに書かれたりします。もちろん、Mr. も多いですが。もちろん、話すときに、Paul Churchill, Esq. という表現は聞いたこと...続きを読む

Q海外の弁護士に手紙を出すとき

海外の弁護士の方に手紙を出すとき封筒の宛名はどうしたら良いのでしょうか?Mr.では失礼でしょうか?例えばLawyer Mike Smithといった感じなのでしょうか?どなたか至急教えてください!

Aベストアンサー

弁護士にもタイトルがあります。
事務所によって違いがありますが、大体
Partner
Attorny of Law
Associate
などがあります。

Mr. Mike Smith
Partner
事務所名
住所

になります。
どこの弁護士事務所のサイトにも大体弁護士紹介があると思いますので、それを見てタイトルをチェックしましょう。

Qアメリカではlawyerとattorneyどちらが一般的?

いつもお世話になっております。
lawyerとattorneyどちらも弁護士ですが日常的にどちらが使われるのでしょうか?
使い分けはありますか?ご教授ください

Aベストアンサー

"lawyer"には裁判官や検事、弁護士も含まれます。アメリカの弁護士の多くは"attorney at law"という肩書きを用いています。"attorney at law"は名刺や看板に書く言葉で、一般的に「弁護士頼んだ?」と云うような場合は"lawyer"と云うことが多いようです。

法廷弁護士全般を"counselor"あるいは単に"attorney"と呼びます。"defense attorney"(被告側弁護士:被告側につく弁護士の総称)、"criminal defense attorney"(刑事弁護士:刑事を専門にする弁護士の総称)などがあります。検事は一般的には"public prosecutor"と呼ばれますが、一定区域の犯罪の捜査・公訴に当たる者は"district attorney"(地方検事)です【映画で調査したり裁判に出て来る検事はこれです】。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q’Pte'とは何の省略形ですか?

シンガポールや周辺国で会社形態の表記に’Pte. Ltd'という省略形を見かけますがこれは何の略でしょうか? 以前から気になっているのですが辞書を引いてもなかなか解りません。

Aベストアンサー

まず、「Pte」ですが、これは「Private」の略称ですね。
そして、「Ltd」ですが、これは「Limited」の略称です。
会社形態の場合に於いては、「Private」は「民間の」、「Limited」は「有限会社」となります。
通常は「Limited Company」ですが、社名の後に「Ltd」と付け加えることで「有限会社」の意味になります。
ですから、「民間の有限会社」と捉えるのが妥当かと思われます。

Q知っていてほしい、というのを丁寧に言いたいとき

かなり格式ばったビジネスレターで、「詳細は決まってないが、とりあえず、こういうことがあるということを知っていて欲しい」ということを書きたいときに、「知っていてください」という部分を適切な言葉にできず悩んでいます。
「お見知り置きください」より、もっと丁寧で、適切
な言葉があったような気がするのですが、思い出せません。

カテゴリー違いかもしれませんが、何か心当たりのある方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
承知という言葉は、自分が主体でないときは使いません。(わたしの場合)

あらかじめ未定ながらも知っておいて欲しいことを相手伝えるときは、
「なお、未定ですが ~ の(となる)可能性もありますので、あらかじめご留意ください。」
というような書き方をします。

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング