これからの季節に親子でハイキング! >>

「あみだくじ」は英語でなんと言いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

あみだくじをやる


draw lots to decide who will pay how much
あみだくじを引く
draw lots to determine one's contribution to a pool

と載っていました。
しかしdraw lotsで英和を引くと「くじをする」と書かれていますが
これだと箱の中から当たりくじを引く、と云う抽選の様なイメージだと思います。
具体的に「あみだ」の説明をする単語はないので文章で説明を加えて理解してもらうしかないのではないでしょうか。

This is called "AMIDA-KUJI" in Japan.
Here,you draw some vertical lines.
Next you add some cross parts like this.(と言いながらやってみせる)
Finally you choose where is the prize ticket at the bottom of these lines.
And you put this part out of sight,and make everyone choose his point at the top of these lines.
The point is fixed,you follow the line downword like going down the stairs.

この様な説明で理解が得られるのかいささか不安ですが。
    • good
    • 3

アメリカに35年ちょっと住んでいる者です。



lotteryと言うと、やはり、数字を選ぶと言う感じになりますので、もう一つのくじという単語のdrawingを使う事でこれを少しでも理解させる事ができるのではないかと思います. Amida drawingとでも言うしかないと思います.

I looks like ladders laid down side by side.と言うような言い方ができると思います.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 1

あみだくじは欧米にありませんので説明は困難です。


「Amida lottery」という日本独特のくじだと現物を示して説明するしかありません。

私は海外で現地従業員に、このくじで数の足りないギフト(異なる数個の商品)を抽選した事があります。現地人には不評でした。インチキではないかという人もいて、翌年からはガラガラ抽選に変えざるをえませんでした。

阿弥陀くじは数学的に解析されていますが、英語で説明する難しさだけでなく、相手の理解度という難しさがあります(ほとんどの人は理解できない)簡単に言えば三本の縦線を使って6種類のパターンが出来るので、必要な人数分縦線を増やしているだけです。左折、右折、左折して右折、右折して左折という限られた動きしかないので、いくら作っても原理どおりに働きます。横棒をたくさん引くのは遠回りさせるだけで動きは四つしかなく確率を変えるものではありません。(経験談)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日本でいちばん庶民になじんでいる「あたり・はずれ」を決める方法といえば「ジャンケン」ですよね。でも、別の国では、コインの裏表であたり・はずれを決めたりするのをよく目にします。僕は、コイン投げの抽選ではずれても、負けた気がしないです。でも、ジャンケンで負けたら「負けた!」というあきらめの気持ちになります。そのような、文化的な背景が「抽選」の方法にも影響を及ぼし、あみだくじが「インチキ」なんて感じる人もいるのでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/21 03:43

#3ですm(__)m


2つ目がちゃんと出てなかったので^^;

http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese_engl …

この回答への補足

これは、国語辞典に出ている「あみだくじ」の訳ですね。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%A2 …

縦線の間に横線が入れられている、あの「あみだくじ」のイメージが伝わるような言い回しって無いんですかねえ。

ありがとうございました。

補足日時:2003/11/05 05:32
    • good
    • 0

↓こんなん出ましたけど・・・? (・_・)



参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%A2 …
    • good
    • 0

アメリカでパーティーを開催したときにあみだくじをやりましたが、誰も知らず、説明するのが大変でした。

したがって、英語で言えば、"AMIDA-LOTTO"とでも言うのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

"LOTTO"と聞くと、「数字当て」というイメージがありますよね。「あみだくじ」は紙に書いて、線を引いて、あたりとはずれも事前に決まっていて、等々一般的な「LOTTO」とは違う部分が沢山あります。これがうまく伝わる訳があるといいんですが。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/05 06:11

旦那(カナダ人)に絵を書いて聞いたところ


『何それ?初めて見た。』っと言ってましたよ。
他の外国人友達に聞いても『!?』でした。

・・・回答になってませんか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kenken_mummyさん、回答ありがとうございます。つまり「あみだくじ」って、ある地域・国には無いっていうことなんですかね。日本独特のものと言えるのかどうか知りませんが。

それにしても、すごい名前ですね。これって、kenken_mommyをもじったんですよね。「ミイラのケンケン」て、まるでハロウィーンの時期にぴったりの名前です。両腕を前に伸ばして「ウーー」とか言いながら歩いている「ケンケン・マミー」さんの姿が浮かびます。

お礼日時:2003/11/05 06:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qこれは英語でどういいますか?

先方に出すメールです。

「交渉が予定より長引き、結果がまだ出ておりません。もう少しお待ちください。」の「もう少しお待ちください」の部分はどのように言ったらいいでしょう?「Please wait for a whie」では、ちょっと違うような感じがするのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります.

相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね.

ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible.とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest.と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます.

これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と...続きを読む

Q英語で「当たり」と「はずれ」

くじ引きやルーレット、ダーツ、ガラガラ(色玉をだす抽選)での景品の抽選での「当たり」「はずれ」は英語でなんと言うのが適当でしょうか?
辞書を引くと、当たりくじは「prize」もしくは「winninng ticket」、はずれくじは「blank」となっていますが、なんとなく日本語の当たり、はずれとはニュアンスが違う気がしています。
ご存知のかた、教えてください。

Aベストアンサー

ダーツでは当たりは hit the bull's‐eyeです、くじ引きとはニュアンスが違うかもしれませんが、くじの当たり外れでは当たりがwinning ticket、ハズレがlosing ticketと言っていたので「当たり」と「はずれ」は「win」と「lose」でしょうか。

Qtake care of とlook after ?

 NHKラジオ英会話講座より
いつもお世話になります。「take care of」 と「look after」 はどちらも「~の世話をする」と辞書にはあります。
(質問)全く同じように使ってかまいませんか?
She takes care of her kids./She looks after her kids.
(彼女は子供の世話をする)
Take care of yourself./Look after yourself.
(お体をお大事に)
 「言葉が違えば意味も違う」と言います。使い分け、使い方の違い、フィーリングの違い、があれば教えて下さい。 以上

Aベストアンサー

なかなか難問ですね。
(1) 親身に家族や病人の面倒を見る時は look after を使います。
(2) take care of はビジネスライクに(客観的に距離をおいた感じで)課題や仕事を処理するときに使います。あるいは犬の世話、自分自身の世話など。敢えて言えば「処理する」という感じに近いでしょうか。(この意味に look after も使えますが)

病気になった老人の面倒を見ると言う時に(差を強調して言えば)
I'll look after her. = 私が病人のめんどうをみますよ。
I'll take care of her. = どこか彼女を入れる施設を探してあげるよ。
といったほどの違いがあります。

最近殺人事件のニュースが多いですね。「この死体をどうしよう」と言われて I'll take care of it. と言ったら、死体遺棄を請け負うことになります。

Q何時間 何分 何秒を記号で表すには?

゜’”であらわすのが正解?かと思うのですが。
いちいち分や秒を漢字で書くのが大変なので記号で書くことにしようと思うのですがこれで正しいですか
何時間=「゜」
何分 =「’」
何秒 =「”」です。

Aベストアンサー

「’」、「”」は、時間の単位で使う記号と似ているけれど、違う記号です。

放送局や映像の編集をするポストプロダクション等では、次の記号を使っています。
角度の単位も分・秒を使うので同じ記号です。
時=「°」
分=「′」
秒=「″」

例えば、22°04′00″のように書きます。
:(コロン)で区切って22:04:00とすることも多いです。

映像機器の時刻表示(タイムコード)はコロンで区切るのが一般的になっています。
22:04:00:29
最後の2桁はフレームです。フレームは映画等におけるコマ数に相当する言葉です。
日本の一般テレビ放送は1秒間に30フレーム(0~29)の映像で成り立っています。

英語(Hour,Minute,Second,Flame)の頭文字で表す場合もあります。
22h04m00s29f

Q「たまに」「ときどき」「たいてい」

頻度を表す英語表現を整理したいと思います。

ざっと考えてみると
He rarely eats salad.
He often eats salad.
He sometimes eats salad.
He every time eats salad.

oftenとsometimesはどちらが頻度が高い、などあるのでしょうか?

上記の間を補完するものがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。


%って、
100をalways 0をnever
とした感覚での表現ですが、
私の感覚なのでご参考程度までに ^^;



だいたいこんな感覚でいます

never 0
rarely, hardly 0-5%
once in a while / from time to time 0-15%前後
occasionally 0-20%
sometimes 20%-50%
often, frequently 50-70%
usually 80-99%
almost always 90%前後
always 100%


この中でよく使うのは、sometimes, often, usually, always, neverかなと思います


怒った時などは、気持ちの部分が入っちゃって、客観的な頻度は別として
強調的にneverやalwaysを使っちゃうことは、日本語でも同じだと思います。

「あなたはちっとも○○してくれない」とか
「いつも○○じゃない」とか

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。
...続きを読む


人気Q&Aランキング