こんにちわ。
私は今、能力面で企画営業職を薦められています。
広告やDMを作ったり、相手先に応じて提案する能力があるからだと
いわれました。

営業職と企画営業職の違いがいまいちはっきりしないんですが、大きな違いってなにがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>広告やDMを作ったり


ということですので、広告領域から回答しようと思います。ただし、定説はないと思いますので、ちょっと独断を交えて。

広告業界において企画営業というとき、本来は欧米の広告業界で90年代に脚光を浴びた「アカウントプランナー」という職種が日本に導入され、それが翻訳されたものだと思います。(日本の広告会社は「営業」を英語では「アカウントエクゼクティブ」と表記します。欧米から見ると間違っているのですが・・・)

本来、アカウントプランナーというのは大雑把に言うと、マーケティングとクリエイティブがバラバラにならないようにまとめる役で、どちらかというとマーケッター出身であることが多いようです。(逆を言えば、それまでマーケティングとクリエイティブが噛み合っていないキャンペーン提案が多かったということです。)(本当は日本と欧米の広告会社の違いなども関係するのですが、ここではそこまで触れません。)

ところがアカウントプランナーという職種が日本に紹介されたのがバブル崩壊直後(いわゆる接待営業が通じなくなった頃)で、時代は提案型・企画型の営業を求めていましたから、そんなニーズに沿って「アカウントプランナー」を翻訳した「企画営業」という言葉が勝手に独り歩きして広まっていったように私は思っています。

同時に「企画」という言葉に憧れる人が多くなった、ということもあったので、「企画営業」の方が何となくウケがよかっった、ということもあったと思います。

ですから(日本では)通常、「営業」というのはルーティンの顧客や業務を維持する人、ざっくばらんに言えば「御用聞き」(昔の広告代理店が言うところの「連絡職」)。「企画営業」というのはルーティンよりも自分で提案して顧客や業務を新たに開拓する役割の人、というように感じています。

広告業界に話を限らなければ、「営業」は自社の商品やサービス「そのもの」を売る職種、「企画営業」は自社の商品やサービスを活かした「企画」を売る職種だと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ようやく見つけた職種ガイドにも、ほぼ同様の事がかいてありました。
薦められたけど自分の能力でやってけるものなのか
ますます分からなくなってしまいました。
もう少し考えてみてから方向を決めたいと思います

お礼日時:2003/09/14 12:07

業務にたいしてどういうネーミングをするかは、それぞれ企業が勝手に決めることで、一般語ではないので、「正確な定義付け」は無いように思われますが、あえて私の印象で答えるとすると...


「営業」は比較的古くからある言葉であり、決まった商品を販売もしくは販売促進する社員または業務の名称
「企画営業」は未完成の商品またはソリューションなどを、顧客のニーズにあわせてアレンジし、この知的資源(付加価値)に対して課金してゆくような社員または業務の名称
ということになるんじゃないですかね。
たとえば、ジュースメーカーが新製品のジュースをそのまま販売店に売り込むのがいままでの「営業」。この新製品に景品のシールを貼ってキャンペーンを興して販売促進しながら販売店に売り込んだり、POPなど消費者への販促グッズを開発し、これをサービスとして商品に抱き合わせて小売店に売り込んだりするような仕事が「企画営業」なんじゃないかなって気がします。
でも実際のところ、両者に決定的な差があるわけでなく、経営者が社員のモチベーションを上げる目的や顧客へのイメージアップを狙って命名した「業種名」じゃないかなって気がします。従来の営業だって一生懸命に試行錯誤していたんだろうし、企画営業に特別なスキルが求められている訳でもないでしょうし。社員への「もっと頭を使って売り込め!」との激励や、なんとなく「企画」が頭についているだけで「もしかしたら、なんかおもしろい付加価値があるのかも」って思わせる、そんな効果を狙っての経営者の策だろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なんかあまり大差ないという意見が多くて戸惑っています。

自分のやりたい事をもう少し考えて、方向を見出したいと
思います。

お礼日時:2003/09/14 12:04

営業は、多分商品自体があって、


それを売り込むのが仕事なんではないでしょうか?

企画営業は、かたちのあるもの、というより、
その商材自体が、営業マンの企画であったり、案によって形成されたものであったりするのでは

すいません。
そんなに専門ではないのですが、
昔NTTのISDNの取次ぎの営業をしていたときは、
企画営業、でした。
もちろんTAやらなんやら物も付属しますが、
それ以前に、ISDNを利用する事を、提案していました。

ので、そう思ったのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました

お礼日時:2003/09/14 12:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企画営業や提案営業はどんな仕事ですか?長所、短所は?

今までルート営業の経験しかないんですが、現在求職中で企画営業や提案営業ってどんな仕事かなと思ってます。いずれか一方でもいいので経験者の方に教えていただきたいんですが、まず、
1.企画営業、または提案営業をされて、どんな仕事でしょうか?どんな業種でもいいのでこんな仕事ですよとか、教えてください。
2.この仕事をして、よかったとかやりがいとか、長所を教えて下さい。
3.この仕事をしててつらいと感じること。
実際にはどんな仕事でも、いいと思えることや、嫌なこともあると思います。
そこで経験者の声を聞かせてください。

Aベストアンサー

求人募集にある「企画営業・提案営業」は、単なる営業だと人が集まらないから書いているようなもんで、飛び込み営業、ルートセールスと変わりません。
「ウチの商品使いませんか?こんなにコストが下がります」といえば、提案営業ですよね。
金融機関などですと、顧客の資産状況などをみて、資金運用の方法から節税対策、貸付金による新規投資まで、ある意味経営全般に対して企画営業をしているようなものです。
要は、単なる物売りではなく、その使用法なども含めて顧客に提供することじゃないかなと思っています。

Q企画営業って大変な仕事ですか?

そろそろ就職活動をするので、求人を見るようになったのですが
時々、企画営業という言葉を見かけます。
つまりは企画も営業も自分で行わなくてはならないということですよね?
それってやっぱり大変な仕事なのでしょうか・・・残業も多そうなイメージがあります。
営業より、企画営業の方が大変なのでしょうか?
また、企画営業に向いていない人とは、どういう人でしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは
 広告代理店の企画、営業をしていました。
 私の仕事の場合は、週に一回の指定出版物の営業と、雑誌、TV、グルメ情報誌の企画や、取材、新店舗出展のための企画準備等でした。
 企画は自分でするものや、持ち込み企画(他社が企画したものに自分の顧客を載せる)がありましたが、慣れれば特に大変という感覚はなかったですね。
 企画営業を志すなら、
1)会社の一員ではあるが、仕事の責任は自分にある。という自覚があること。
2)トラブルはつきもの。すぐにお客様のもとに行き、頭を下げ、臨機応変にすばやく対処できること。
3)事前連絡、報告を必ず行うこと。(上司にもお客様にも。)
4)常にいろんな情報にみみを傾け、(仕事だけでなく、遊び、食べ物、雑学なんでもOK)話題にことかかないこと。
他にもいろいろありますが、上記に書いたことは当たり前だと思っていただいていいと思います。
 また、最初は顧客をつかむことがなかなかできません。この時期を越えることが第一の大きな壁です。(この壁を越えられず脱落していく人がほとんどです。)
残業、貫徹は当たり前、残業代もなしで普通です。
ただ、営業成績がよければ報酬も大きいですし、自分の企画が形になったときの喜びは最高ですね。やはり、好きでないとこの仕事は続かないと思います。
 いろんな人に接して、いろんな人に育ててもらうことが営業職だと私は思います。苦労した分、お客さんにも大変かわいがってもらいました。(仕事をもらうほうなのに、お客さんとの食事でお金を出したことがありません。^^;)
 営業も、自分の会社の商品をただ売るだけでなく、どういったニーズに合うか、こんな使い方があるか、お客様の求めている声に答える。
こういった販売活動もある意味企画営業ではないでしょうか?
 どんな仕事も最初は大変です。営業職はそのなかでも、新入社員には本当に大変な仕事です。先輩や、上司の技術を盗み、お客様と話ができるようになるまで長い道のりです。その分やりがい、報酬、喜びも、ものすごくおおきいです。
 おおきな志を持ってがんばってください。
 

 こんにちは
 広告代理店の企画、営業をしていました。
 私の仕事の場合は、週に一回の指定出版物の営業と、雑誌、TV、グルメ情報誌の企画や、取材、新店舗出展のための企画準備等でした。
 企画は自分でするものや、持ち込み企画(他社が企画したものに自分の顧客を載せる)がありましたが、慣れれば特に大変という感覚はなかったですね。
 企画営業を志すなら、
1)会社の一員ではあるが、仕事の責任は自分にある。という自覚があること。
2)トラブルはつきもの。すぐにお客様のもとに行き、頭を...続きを読む

Q印刷会社の仕事内容を教えて下さい

 ある印刷会社に就職しようと考えています。                      仕事内容が(1)営業(2)事務員(3)印刷オペレーター(4)製本とあり、(1)は経験者のみのため(2)~(4)で考えています。 しかし家族が(2)はまだしも(3)や(4)は男性がやるような肉体労働なのではないかと心配しています。私はコンピューター相手の、特に肉体的疲労が強いわけでもないような仕事を考えていたので(クライアント相手に「ここはもうちょっとこうしないと印刷できない」とか指導したり、パソコン操作するような・・・ わかりにくくてすみません)事前にどんな仕事をするのか知りたく質問しました。どんなことでもいいので教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在印刷会社勤務なのですが、仕事内容はまさに印刷オペレーターというやつです。
印刷オペレーターというのは、営業がクライアントから貰ってきたデータを加工してフィルムや印画紙に出す仕事のことでしょう。その中でも、加工の部分と出力の部分に仕事は分かれるんですが、どちらの仕事にも女性はたくさん就いてますよ。派遣社員の方も女性がほとんどですし。ただし、クライアントとの接触はほとんど無いですが。(大抵の場合は営業の人間を通してます。)
(2)の事務員というのは、営業の内勤(校正やメールの取次ぎ等)か、総務のようなものでしょうか。女性ばかりですね。(4)についても現場は女性は結構いるという印象です。(すいません。そちらはあまり知らないんです。)

という訳で、「一日中モニターの前に座っていても苦にならない。」という方であれば、印刷オペレーターもいけると思います。スキルもあとから付いてきますし。

Q社長面接での社長の呼び方

些細なことなのですが、面接時に社長の事は
なんと呼べば良いのでしょうか?

 1)「社長の話を聞き、..」
 2)「○○社長の話を聞き、..」
 3)「社長様(or社長さん)の話を聞き、..」

どれが良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社長が直に面接されている状況ですね。
そこに居るんですよね。

2)「○○社長の話を聞き・・・・」は、95点。

最低でも「○○社長の話を伺い・・・・」で98点

さらに「○○社長の話を承(うけたまわ)り・・・・」
なら100点

Q「営業推進」「業務推進」「営業企画」ってどういう仕事?

 従業員1000名程度のサービス業の会社に勤務する28歳です。以前は営業でしたが、配置換えがあり、「営業推進」部門へ異動となりました。

 この部門は本来、営業の売上を上げるための戦略を練ったり、必要なサポートを行う部署だと思うのですが、毎日の実務は総務・庶務のような雑務や、営業がお客を訪問した件数をカウントして広報するといった非生産的な業務の連続で日々疑問を感じています。(総務は別部門としてあります)

 上司に相談しても、現状の仕事に対する疑問が無いらしくなかなか理解してもらえません。
ちなみに自分が営業にいたときは、「営業推進」部門は余計な仕事を増やすだけの無駄な部門だという認識しかありませんでした。

 社会人としてあるまじきですが、そもそも自分の部署がどのような目的で存在しているのか、本当に理解に苦しんでいます。
どのように意識を改善していったらよいでしょうか。
全国の「営業推進」「業務推進」「営業企画」などの部門経験のある方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

同規模の会社(メーカー)に勤めるものです。
私の勤める会社には、営業推進なるものと営業企画なるものがあります。営業推進は社内在庫の調整・陳腐化されたもの簿価整理・スクラップの推進などを行うところのようですね。営業企画というのは新製品をお客にデモしたり、専門知識を覚えそれを基に営業のサポートを行ったり、販促物(パンフ)の発送とか撮影などを行う所のようです。私にはあまり興味がない部署ですが、ご参考までに。
それともう一つ。私自身2年に一度以上のペースで部署をたらいまわしにされていますが、どこの部署に行っても、勉強することは大切ですよ^^;。あなたにとって本当に無意味な部署だと思ったならば、馬鹿な上司につき合わされないで、とっとと帰って何か仕事に役立つことでも勉強しましょうね。

Q求人広告の営業について・・・

就職活動中の4年生女子です。
私は求人広告を中心に就職活動をしており、
今までに4社から内定をいただきました。

その中の1つのA社に決めようと思い
その旨を就職課の先生に伝えたところ、
「絶対に辞めた方がいい」と強く反対されました。
先生曰く、
A社を含め求人広告業界全体がそうらしいのですが、
とにかく激務でプレッシャーがすごいとか・・・。
「○○さん(私)に耐えられるの?」と言われ、
それ以上何も言えなくなってしまいました。

求人広告が激務だということを承知の上で活動してきましたが、
強く反対されて自信がなくなってしまいました。
実際に求人広告の営業マンとして働かれてる方、
また求人広告の業界に詳しい方いらっしゃいましたら、
業界の内情を教えていただけないでしょうか。
雰囲気、勤務時間、激務度・・・。
どんなことでも構いません。
募集要項には書いていないこと、
説明会では分からないことを実際に知りたいです。

重複トピでしたらすいません。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

求人広告の営業経験者です。
業界では最大手といっていい会社に勤めてました。

激務でプレッシャーがきついというのは本当です。
耐えれるか耐えれないかは人それぞれ基準が違うのであえて書きません。
ただ私は違う会社での勤務経験があるので、求人広告会社だけが特別とは思いませんでした。

求人広告というのはクライアントの言いなりに作るのではありません。(もちろんそういう場合もありますが)
今は若者が減ってきているので、企業側が人を採用するのに苦労する時代です。
タダ単に広告を出せば人が集まるというわけではないので、こちらから広告内容を企画・提案をします。
企画・提案する為には、その会社のこと、業界のこと、市場のことなどなどを勉強しないといけません。
実際、従業員には勉強会や研修はよく開かれています。
そういうところはものすごく勉強になりますし、やりがいもあります。
ちなみに求人サイトや求人雑誌の作りはただ単に目立つように作っているのではありません。
様々なデータを元にどのようにつくればいいか研究されています。
みなさんが思っている以上に、計算と研究からなりたっているものなのです。
あと私のいた会社は若手が中心となって、商品企画やプロジェクトに携わっていました。
そういうのもしんどかったですが、楽しかったですよ。

ただ最近いろんな求人媒体ができていて、競争がたいへんな時代になっているので、今まで以上にしんどいかもしれません。

私のいた会社では、新卒採用の基準はかなり高かったです。(ちなみに私は中途採用)
何千人の中から選考に残って入社しているので、みんな優秀でした。プレッシャーだけですぐにやめていく人は殆どいなかったと思います。
内定をもらったということは、プレッシャーに耐えられると判断したからだと思いますよ。
求人広告の会社だけに、人を採用するのにどれくらいお金がかかるか、どういうことをしたら人が続かないか熟知しています。
なので比較的入社前に美辞麗句をならべて、学生を引き止めることはあまりしません。
引き止めても入社後すぐ辞たら意味がないですから。
初めから厳選して耐えられそうな人を選びます。

確かにキツい仕事ですが、きついだけに若い時は楽しいと思いますよ。

求人広告の営業経験者です。
業界では最大手といっていい会社に勤めてました。

激務でプレッシャーがきついというのは本当です。
耐えれるか耐えれないかは人それぞれ基準が違うのであえて書きません。
ただ私は違う会社での勤務経験があるので、求人広告会社だけが特別とは思いませんでした。

求人広告というのはクライアントの言いなりに作るのではありません。(もちろんそういう場合もありますが)
今は若者が減ってきているので、企業側が人を採用するのに苦労する時代です。
タダ単に広告を出せ...続きを読む

Q広告代理店におけるプランナーとは

質問はタイトルそのままです。
最近の某求人情報で広告代理店がプランナーを募集していました。
広告代理店といえば、AEやクリエイティブなどの職種はだいたい何をやっているのか想像つくのですが、プランナーとは実際に何をやるのかよくわかりません。
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、会社によって微妙に呼び名が違うと思います。
という前提の元で、、、

>正確には「マーケティングプランナー」
ということであれば、基本的にはマーケティングセクションに属する人のことです。
ではこの人たちが実際に何をしているのかということですが、
一言で言えば
「主にコミュニケーション領域における広告主の戦略立案を行う」
ものです。広告会社なので、基本的には広告/宣伝という領域での仕事となりますが、場合によっては、
商品開発/ブランド開発、マネジメント/広報、IR/経営戦略
など、コミュニケーション領域を超えた仕事も実際はあります。
「市場等調査/分析/戦略立案」が広告主への基本アウトプットになります。

各セクションのからみかたとしては、
AE:広告主との窓口。後述スタッフ群に明確にオリエンテーションを行い、全体進捗を仕切る。扱いをGETするための代理店側の「戦術」に対して責任を持つ。
(以下スタッフ)
マーケティングプランナー:オリエンテーションを元に、現状分析及び戦略立案を行う。
クリエイティブ:戦略を生活者に伝えたいメッセージに変換し、コピーやデザイン等コンテンツに具現化する。
媒体職:伝えたいメッセージがターゲットに効果的/効率的に到達するような形で媒体の枠の仕入れを行う。

という感じでしょうか。ざっくりとした記述ですので、各職種を細かく書けばもっともっと多様な業務が入ってきますし、上記以外の職種も会社によって多数あると思います。

御質問から派生していろいろ書いてみましたが、いかがでしょうか?

まず、会社によって微妙に呼び名が違うと思います。
という前提の元で、、、

>正確には「マーケティングプランナー」
ということであれば、基本的にはマーケティングセクションに属する人のことです。
ではこの人たちが実際に何をしているのかということですが、
一言で言えば
「主にコミュニケーション領域における広告主の戦略立案を行う」
ものです。広告会社なので、基本的には広告/宣伝という領域での仕事となりますが、場合によっては、
商品開発/ブランド開発、マネジメント/広報、IR/経営...続きを読む

Q内定の返事は何日までまってもらえる?

あるところから、内定を戴きましたが、もう一つ選考中のところがあり、そこもかなり行きたいのですが、最終的な結果が六月中旬になると言われました。
それまで返事を待ってもらうよう頼むのは、やはり失礼な事でしょうか?
とりあえず「いきます」と言っておいて、後から断ればとも言われましたが、万が一断る時は、かなり迷惑をかけてしまいますよね。
正直にもう一つ迷っているところが有り、選考中なので、その結果が出るまで待ってくれるように頼んでも良いのでしょうか?
返事を保留する期間は大体どのくらいが目安なのかも知りたいです。

Aベストアンサー

ほんとのことを言わずに待ってもらうのは1週間から10日ぐらいでしょうか。
「内定をいただき、ありがたく思いますが、一生の問題でもあり、今、家族とも相談中です。申し訳ありませんが、あと○日、お時間をいただけませんでしょうか。」
などと言えばいいのでは?先方は、他の結果を待っているなと思うかもしれませんが、あなたのことをほんとにほしいと思えば待っていただけるのでは?
それ以上待ってもらうなら、ほんとのことを話すしかないのでは?
「実は、もう1社、結果を待っているところがあります。そちらの結果が出てから、はっきり決めたいと思います。」
でも、6月の中旬までは待っていただけないかもしれませんね。
過去に同じ質問ではありませんが、下記がご参考になるのでは?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=531551

Q「プロデューサー」と「ディレクター」の違いについて

 テリー伊藤氏の或る本を読んでいたら、次の一節が出てきました。
  「テレビ業界にも、ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀だという人たちが少なからずいる」
 これってどういう意味なんでしょうか?
 プロデューサーは「企画する人」、ディレクターは「指示を出す人」だというのはわかるんですが、プロデューサーは自分の頭の中に企画のイメージやアイデアがあるということで、ディレクターの代わりにディレクションをすることはないんでしょうか?
 また、「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)、その逆ってどうも今ひとつイメージできません。
 テレビ業界に限らず、映画・アニメ・音楽などの業界での話として、どなたか説明してくださる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一方、「プロデューサー」が行なう事は、制作全般の運営・管理です。
企画立案、資金調達(企画売り込み営業等)、スタッフや出演者のキャスティング、スケジュール管理、予算管理、作品のクオリティー管理などなど。
従って、プロデューサーはこれら制作管理の立場から、場合によってはディレクションに口を出すこともあり、ポジションとしては紛れも無くディレクターの上司に当たります。

即ち、ディレクターは演出力のみ発揮すれば良いですが、
プロデューサーは制作の全責任を負う職務な訳です。
従って、これまで投稿された回答がプロデューサーを軽んじてるように思えるのが少し気になるところです。
とりわけ、企画を通す、とか予算を引っ張って来る、なんて事はどんな業務より困難なのは明らかですよね。

しかしながら、以上は理想であり建前です。
現状は演出力のないディレクターや何もやらないプロデューサーを大勢見てきました。
ですから、『プロデューサーは「企画する人」』というのは、本来は間違いではありませんが、自分で企画を起さない人も多数いますから、むしろプロデューサーに絶対必要な資質というわけではないのでしょう。
現にテリー氏の会社には構成作家を何人も抱えていて、プロデューサーが企画を立てたい時は彼等を自由に使える仕組みになっています。

「営業」も然りで、テレビ局等との関係によっては勝手に仕事が舞い込む場合もあったりして、自らの営業力を発揮しないプロデューサーも少なくありません。

では、テリー氏の言う優秀なプロデューサーとは何を指すのかと言うと、
『企画を“然るべき”作家に立てさせる』
『その企画を“然るべき”スポンサーやテレビ局に通して資金を調達する』
『企画を遂行できる“然るべき”スタッフや出演者をブッキングする』といった、
当該企画に必要な“然るべき”人物達を見極められるだけの十分な【人脈】と、
それらと折衝を行ない使いこなす【コミュニケーション能力】ではないでしょうか。

私が業界に入った当初、私の師匠から「ディレクターになれなくてもプロデューサーにはなれる」と教わりました。
その意図するところは、ADや制作進行、助監督など(現場によって呼び名や職務は様々ですが)下積み業務をこなしているうちに自ずと制作管理全般の知識は身に付き、加えて、多くの人々に出会い人脈も構築できる。だから仮に演出能力がない場合に備えて人望を磨いとけ、というものでした。
ちなみに、テリー氏と私の師匠は元同僚なので同じ教育を受けて同じ考えを持っていても不思議ではありませんし。

加えて、
他の方々も指摘してらっしゃる通り、ディレクター達は往々にしてコスト意識が薄く、
それに対してプロデューサーは「金がかかり過ぎ!」などと怒ったりぼやいたりするのが常ですが、ディレクターのアイデアが実現できるように立ち回りつつも、同等の効果が得られしかも安く上がるような提案を積極的に行なうようなアグレッシブな予算管理を行なう事なども良いプロデューサーの資質だと思います。
また、それをしないと商業映画のプロデューサーなら即失格でしょう。

それから、

>ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀

ご承知かも知れませんが、
プロデューサーになるには必ずディレクターを経るというわけではなく、ディレクターを目指して業界入りしても修行半ばでプロデューサーに目標を変える人や、最初からプロデューサーを目指して業界入りする人も大勢います。
要するに、ディレクターはプロデューサーへの通過点ではなく、
プロデューサーはディレクターの成り損ないでもないという事をご理解下さい。

こんばんは。

まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一...続きを読む

Q専攻とは

よく大学での専攻は?などと言いますよね。
この専攻って何の事なのでしょうか?

学科の事ですか、ゼミの事ですか、それとも特別の研究室のような所での研究の事ですか。

もし、学科の事だとしたら、細かく学科に分かれておらず、学部だけしかない規模の小さな大学の場合はどうなるのでしょうか。

また、研究室の事だとしたら、研究室に入っていない学生は専攻なしということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、「専攻」と言ったら、卒論で自分が扱う分野、卒論がないのなら、それに代わりゼミ研究などで自分が扱っている分野のことです。

たとえば「私は文学部の日本文学科で、紫式部を専攻しています」のように使います。そこまで細かく説明することを要求されているわけではないなら、「文学部で日本文学を専攻してます」って言い方もアリです。

また大学によっては、「○○科」の変わりに「○○専攻コース」などを設けている場合もあります。この場合、○○の部分を自分の専攻であると言ってしまっても差し支えありません。

まあ、そんなに厳密な言葉でもないので、神経質になることはないですよ。自分が主に勉強している(したいと思っている)分野、という程度の意味です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報