現在電波法により、無線局を開設しようとすると郵政大臣(現在は省庁再編で
変わってますが)の許認可が必要ですが、例外として26.9MHz~27.2MHzまでの
周波数で、かつ、空中線電力が0.5W以下であれば、免許は必要ないという
ことになっているようです。また、受信のみを目的にするなら「無線局」には
含まれないということらしいのですが、ということは、例えば受信のみを
目的とするならばラジオの受信装置を作成し、その機材に対して使用許可が
降りれば、以降はそれをどこかにお金を払うことなく、何個作っても良いと
いう風に解釈しても良いのでしょうか?
同様に27MHz帯の周波数電波を使用するならば、送受信機に対して許可が下りれば、
その電波にどのような情報を乗せて発信しても、電波法には抵触しないので
しょうか?

A 回答 (1件)

電波法第四条で「無線局の開設には免許が必要」と謳われていますが、いくつか例外規定があります。

ご指摘の27MHz帯はその一つです。ただし「郵政省令で定めるものであって技術適合基準を受けたもの」という制限がありますからご注意ください。(機器を勝手に改造すると技術適合基準から外れます)

受信のみを目的とする場合はこれもおっしゃる通り電波法上の「無線局」には該当しません。このため(電波法上は)受信装置をいくら作っても自由ですし、もとより受信装置に許可を受ける必要もありません。ただし受信のみが目的でも電波法第五十九条(秘密の保護)の規定には縛られますからご注意ください。

「どのような情報を乗せてもよいか」ですが、これは制限があります。虚偽の通信(第106条)や日本国政府を暴力で破壊することを主張する通信(第107条)、わいせつな通信(第108条)などを行なうと罰せられます。
第四条ではその種のものは「無線局でない」と言っているのでなく、「免許のいらない無線局」と言っていることにご注意ください。

参考URLは電波法条文です。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S25/131.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変わかりやすい説明で参考になりました。
URLも参考になりました。

お礼日時:2001/04/18 19:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活保護の審査基準について

申請に対する処分には審査基準があると思うのですが、生活保護申請の審査基準とは何を指すのでしょうか?
また、都道府県などによって基準が異なるとのことですが、この審査基準はどの機関が定めているのでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

生活保護の審査基準は、生活保護法及び実施要領にようて多義に広く全国同一基準で保護の可否の判断をします。
 生活扶助・住宅扶助・教育扶助・医療扶助・介護扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助等に困窮し最低限度の生活が営むことができない不足分を保護して自立助長を目的としている。
1)申請者の級地、世帯員数、年齢、資力(資産、不動産、動産、宝石類)、貯蓄、収入、扶養義務者、等
2)申請世帯の最低限度の生活費のうち、貯蓄金、現金等を合わせて最低限度の50%以下であるか。
3)申請日以降に収入があるかなど
4)仕事しているか、無職か、病気をしているかなど
こと詳細に聴き取り、申請に偽り不正行為がないか等を総合的判断することになります。が、保護の可否決定権は、各OW(福
祉事務所)の専攻事項で、ある程度は各(福祉事務所)に依っては温度差はあります。

 生活保護法の原理(法律の目的・無差別平等・最低生活・保護の補足性)原則(申請保護の原則・基準及び程度の原則・必要即応の原則・世帯単位の原則)
保護の種類上記の扶助に国が定めた最低限度の生活が基準以下で困窮していることから始まり、次の段階に移っていき審査基準を消化して判定を14日以内または、30日以内に可否判定を申請者に通知します。

 審査基準は、あくまでも生活保護法が基です。実施要領に保護の可否判定の詳細が記述されています。

 法的根拠を知りたければ、厚生労働省のホームページで閲覧できます。

生活保護の審査基準は、生活保護法及び実施要領にようて多義に広く全国同一基準で保護の可否の判断をします。
 生活扶助・住宅扶助・教育扶助・医療扶助・介護扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助等に困窮し最低限度の生活が営むことができない不足分を保護して自立助長を目的としている。
1)申請者の級地、世帯員数、年齢、資力(資産、不動産、動産、宝石類)、貯蓄、収入、扶養義務者、等
2)申請世帯の最低限度の生活費のうち、貯蓄金、現金等を合わせて最低限度の50%以下であるか。
3)申請日以降に...続きを読む

Q古物商許可について 許可必要? 許可不要?

以下の3点の行為は古物商許可は必要でしょうか?

1点目
海外から新品のものを輸入して、Amazonでコンディションを中古として販売する。
(輸入時の傷、汚れがあるため、コンディションを中古として販売)

2点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載無し)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?

3点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載有り)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?


ご存知の方、3点のご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。【令】第1条、 第2条2 この法律において「古物営業」とは、次に掲げる営業をいう。

1.古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの

2.古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。以下同じ。)を経営する営業

3.古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業(前号に掲げるものを除く。以下「古物競りあつせん業」という。)【令】第3条
《改正》平14法1153 この法律において「古物商」とは、次条第1項の規定による許可を受けて前項第1号に掲げる営業を営む者をいう。

4 この法律において「古物市場主」とは、次条第2項の規定による許可を受けて第2項第2号に掲げる営業を営む者をいう。

5 この法律において「古物競りあつせん業者」とは、古物競りあつせん業を営む者をいう。

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものを...続きを読む

Q違憲審査基準

こんにちは。
私は大学2年で司法試験を目指しているものです。
ですので、全くの初学者と言うわけではないんですが、いま違憲審査基準で頭がこんがらがってしまっている次第です。自分で整理できていないため文章が非常に理解しづらいものになっていると思いますが、もしご教授いただけたら幸いです。

違憲審査基準は基本的には、厳しい順に「厳格な審査基準」、「厳格な合理性の基準」、「合理性の基準」ってありますよね。
そして、精神的自由に対する合憲性判断は「厳格な審査基準」。経済的自由に対する合憲性判断は「合理性の基準」となり、二分論から積極目的の場合は「明白性の原則」、消極目的の場合は「厳格な合理性の基準」となりますよね。
ここでわからないのが、「明白かつ現在の危険の基準」と「LRAの基準」の位置づけなんです。
「明白かつ~」の方は、最も厳格な審査基準だと教わったのですが、「厳格な審査基準」の一種と考えてよいのでしょうか?ということは「明白かつ~」は経済的自由に対する合憲性判断の場合には用いられないということでしょうか?
「LRAの基準」は、薬事法違憲判決に用いられてることから「厳格な合理性の基準」の一種かなと思ったんですが、イトマコのテキストでLRAの項目が表現の自由の中に入っており、テキスト内の図でも{厳格な審査基準(LRAの基準など)}と書いてあることからよく分からなくなってしまいました。これは一体どういうことなのでしょうか?「LRAの基準」は両方になじむということなのでしょうか?

長文乱文失礼いたしました。

こんにちは。
私は大学2年で司法試験を目指しているものです。
ですので、全くの初学者と言うわけではないんですが、いま違憲審査基準で頭がこんがらがってしまっている次第です。自分で整理できていないため文章が非常に理解しづらいものになっていると思いますが、もしご教授いただけたら幸いです。

違憲審査基準は基本的には、厳しい順に「厳格な審査基準」、「厳格な合理性の基準」、「合理性の基準」ってありますよね。
そして、精神的自由に対する合憲性判断は「厳格な審査基準」。経済的自由に対す...続きを読む

Aベストアンサー

まず、違憲審査には目的審査と手段審査がありますね。
そして、厳密な使い分けがされていない場合も多く誤解されている方が多いようなのですが、「明白かつ~」の方は目的審査の基準で「LRA」は手段審査の基準です。
つまり、ある表現行為を制限する場合に、なんらかの重要な利益(たとえば他人の生命)に「明白かつ現在の危険」がある場合には、規制が許される、すなわち目的は正当。その場合でも、「他の選びうるより制限的でない手段(LRA)」がないことが要求され、これを充たせば手段も正当。という風に両者を組み合わせて用いることも可能です。

ちなみにどの権利についてどの基準を用いるかは一つの価値判断であり、理論的にはいかなる組み合わせも可能です。別に経済的自由の積極目的規制について「明白かつ~」や「LRA」を用いたからといってそれ自体誤りというものではなく、ただ現在はそれを説得的に論証すること・人を納得させることが困難であるというにすぎません。
たとえば所有権が絶対視されるような世の中であれば「経済的自由については厳格に判断すべきだ」ということにもなるでしょう。

まず、違憲審査には目的審査と手段審査がありますね。
そして、厳密な使い分けがされていない場合も多く誤解されている方が多いようなのですが、「明白かつ~」の方は目的審査の基準で「LRA」は手段審査の基準です。
つまり、ある表現行為を制限する場合に、なんらかの重要な利益(たとえば他人の生命)に「明白かつ現在の危険」がある場合には、規制が許される、すなわち目的は正当。その場合でも、「他の選びうるより制限的でない手段(LRA)」がないことが要求され、これを充たせば手段も正当。という...続きを読む

Q電波新聞の転載に許可は必要でしょうか?

中小メーカーのホームページを見ていると、
新製品の記事が電波新聞に掲載されました!といった
お知らせが載っていることがよくあります。

「電波新聞社様の許諾を得て転載しています」と書いてある企業もあれば、
新聞記事を丸々スキャンしてアップロードして、転載に関して一言も書いて
いない企業もあります。

普通の新聞であれば無断転載は禁止だと思うのですが、電波新聞は
自社に関する記事なら転載OKというルールでもあるのでしょうか?
許諾云々書いていない企業が多すぎて、そんな気がしてきました。

どなたかご存じでしたら教えてください

Aベストアンサー

電波新聞がどういう状況なのかはわかりませんが、おそらく「無断転載」だと思います。

>新聞記事を丸々スキャンしてアップロードして、転載に関して一言も書いていない企業もあります。

媒体側の許可を得ている場合とそうでない場合があるわけですが、
大半のケースは「許可を得ていない」と考えていいですよ。
企業の規模が大きくなればなるほど、その手のルール違反は減っていきます。
逆に言えば、中小規模の会社だと「著作権云々」を理解していないケースもよくあります。

QARIB STD-T66 と TELEC、そして電波法の関係

注:当方、言葉の定義や、関係など、ほとんどわかっていないので、以下の質問でおかしな表現等あるかと思いますが、ご了承ください。

日本の電波法で、WLANに関する部分はARIB STD-T66で定められています。が、電波法の認証としてTELECというのもあります。無線LAN機器として、製品として売り出すにはTELECの認証を取らなければいけませんよね。ではARIB STD-T66はどうなのでしょうか?
つまり、ARIB STD-T66とTELECの関係はどうなっているのでしょう。

また、電波法も電波法としてあるわけで、こちらの立場はどうなのでしょうか?

以下予想です。
まず、日本には電波法というものがある。これに従うのが大原則であるが、漠然と電波法があるだけではある種の無線機器として何をどう守ったらいいのか判断が難しい。そこで、ARIB という団体が、その無線機器用に(ここでは無線LAN)電波法に適合するようにまとめなおしたのがARIB STD-T66である。メーカーは特に電波法という法律に定められている事項を気にすることなく(ちょっと誤解のでる表現だが)、わかりやすくまとめられたARIB STD-T66を満たすように機器を設計すれば、自然と電波法を守れるようになっている。
というシナリオを考えてみました。
でも、そこにTELECがどう関係してくるのかよくわかりません。

以上、よろしくお願いいたします。

注:当方、言葉の定義や、関係など、ほとんどわかっていないので、以下の質問でおかしな表現等あるかと思いますが、ご了承ください。

日本の電波法で、WLANに関する部分はARIB STD-T66で定められています。が、電波法の認証としてTELECというのもあります。無線LAN機器として、製品として売り出すにはTELECの認証を取らなければいけませんよね。ではARIB STD-T66はどうなのでしょうか?
つまり、ARIB STD-T66とTELECの関係はどうなっているのでしょう。

また、電波法も電波法としてあるわけで、こちらの立...続きを読む

Aベストアンサー

いろんなことを省略して説明すると
各役所間の利害関係と、天下り団体としての存在意義しかないです
ARIBが総務省管轄でTELECが郵政省管轄

統一規格を作るのは大切だけど、それにより技術発展が妨げられたり無駄な資金が必要になるのはどうなんだろう

で、省略しないで説明すると、
ARIBは電波の使い方について管理する機関で
TELECはその規格に準拠しているのか確認する機関です
電波法の立場は、決まった電波を不正利用されないために管理する決まり事っていうのがしっくり来るのかな?

Q授業中の先生の話の一部を許可無く営利目的(小説など)で引用した場合、著作権やその他の法律の侵害になるのでしょうか?

授業中の先生の話の一部を許可無く営利目的(小説など)で引用した場合、著作権やその他の法律の侵害になるのでしょうか?

例えば、先生が授業中に授業に沿ったいい話やおもしろい話をしたとして、その話を少し小説に盛り込んだら著作権の侵害等に当たるのでしょうか?

また、小説の中でも、授業中である設定でその話を使うと場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

声だけのものに対しては、例えばコントには著作権がありますが、授業については微妙です。

大学の講義などだと自らの著作、研究成果、論文、特許まで取れたものから講師が話したりすることがあり、その場合は大元があきらかになりますので、著作権を侵犯する可能性が高いと思います。

小・中・高の授業だとそういうケースはないと思われますが、先生がそもそも何かの引用で話をしていた場合、知らずに小説で使用すると、先生を飛び越えた大元に対しての著作権の侵犯が起こる可能性があります。
いくつかの小説で「中学時代に先生に言われたことだが」、というようなエピソードは実際に存在しますし(すぐに思い出せる話だと、長谷川史さんの『ガトリング・メロディ』あとがき)、そのほとんどが著作権や他の法を犯していると訴えられたとは聞きません。

先生の話に限らずポイントは大元をあきらかにすること、必要があれば相手の了承を得ること、特定の個人であることがあまりにもわかりすぎたりはしないかというプライバシーへの配慮などではないでしょうか。

法に抵触した有名なところでは、柳美里さんの『石に泳ぐ魚』事件が挙げられます。これは第三者の「話」ではなく生い立ちから国籍などに至るまでを設定として使い、そのことでモデルになった女性から訴えられ、著者が敗訴、発売禁止となったというエピソードがあります。

先生の話について考えると少々心配性すぎる意見を書いたかもしれませんが、「せんせその話小説でつかっていい?」とかさらっとお墨付きをもらうといいかもしれませんね 笑

声だけのものに対しては、例えばコントには著作権がありますが、授業については微妙です。

大学の講義などだと自らの著作、研究成果、論文、特許まで取れたものから講師が話したりすることがあり、その場合は大元があきらかになりますので、著作権を侵犯する可能性が高いと思います。

小・中・高の授業だとそういうケースはないと思われますが、先生がそもそも何かの引用で話をしていた場合、知らずに小説で使用すると、先生を飛び越えた大元に対しての著作権の侵犯が起こる可能性があります。
いくつかの...続きを読む

Q輸入ルーターの無線LANと電波法

輸入ルーターの無線LANと電波法
外国製の無線LAN内蔵のパソコンやルーターを国内に持ち込んで無線LANを使用した場合は電波法違反となると思います。
例えば、それらの輸入した製品の無線LANを使用しないで有線LANだけで使用する時、それでも電波法違反となるのでしょうか?
もちろん電波は受けてもいないし出してもいません。

Aベストアンサー

所持しているだけで電波法違反となるとホビーとしての外国製トランシーバーが売られている事がおかしくなりますので違反という解釈はおかしいですね。(小生一技所持していますが自信はありません)

実際問題として業務用の要免許機でも(ユーザーが修理部品取り用に所持している)台数削減の際に免許切れでいつでも送信できる状態ですが予備機として持っておられます。総合通信局からお叱りがあった話しは聞きません。(免許切れの機器を確信犯で使用するのはしょっちゅうですか・・)

所持されているPC内蔵LANが10mW以下なら申請して使用することも可能です。
ただ外国製は大体送信出力がかなり大きいのが多いので許可されない場合もあります。(不要電波の問題などで)
伝聞ですがパソコンの電源入れただけで「送信」は勝手にする機種もあるので確認は必要でしょう。
電波が出ているか否か、パソコンを使うのに法的にご心配でしたらお近くの総合通信局で確認されることをお勧めします。

参考URL:http://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/material/commtab1/index.htm

所持しているだけで電波法違反となるとホビーとしての外国製トランシーバーが売られている事がおかしくなりますので違反という解釈はおかしいですね。(小生一技所持していますが自信はありません)

実際問題として業務用の要免許機でも(ユーザーが修理部品取り用に所持している)台数削減の際に免許切れでいつでも送信できる状態ですが予備機として持っておられます。総合通信局からお叱りがあった話しは聞きません。(免許切れの機器を確信犯で使用するのはしょっちゅうですか・・)

所持されているPC内蔵...続きを読む

Q販売目的の作品に写ってる駅や電車は許可が必要?

ポストカードの販売を考えています。
内容は、
1)言葉やポエムを載せる(100文字程度)
2)背景に画像を使う
というものです。
画像は全て自分で撮影しています。
ただ、背景画像には駅や電車が写ってるものもあります。
駅も電車も大きく写ってるのでJRの許可が要るのかな?と思ってるんですが、実際のところはどうでしょうか?

Aベストアンサー

私も以前に同じような質問をしました。
ごく普通に誰の目にでも触れるものですから、特に問題視されるようなことはないようです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1787267

Q電波法違反の基準値をお教えください。

電波法違反の基準値をお教えください。

総務省の近畿総合通信局のHP
http://www.ktab.go.jp/kankyou/kanshi/bougo.html

表2 電波の強さ(平均時間6分間)の基準値

がそれにあたり、その値を超えた場合に
電波法違反に当たると思うのですが
合っているでしょうか?。

最近では、電波の強さを表すのにSARなどという
単位も使われており、どのような値、どのような数値が
電波法の違反の基準値なのかよく分からないのです。

室内に侵入してくる電波が電波法違反に値しないか
調べたいので、是非、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

電波防護は、無線局の発射する電波の、人体に対する安全値を示しているものです。
これは、無線局を設置する側(免許人)が、人が通常出入り(立ち入り)する範囲において、この基準を超えないような条件で無線局を設置しなさいよ、という決まりです。
この決まりに当てはまるのは、
送信電力(空中線電力)が20mW(ミリワット)を超える無線局で、
移動しない局で、かつ、非常時などで臨時に開設されないものです。

室内に侵入してくる電波がどれだけか、は、測定器で実測すればわかりますが、無線機の種別ごとに、どれくらいの距離であるか、の資料はこちらにあります。
http://www.hokkaido-bt.go.jp/E/Ama/bougo.htm
また、測定方法はこちらに載っています。(電磁界プローブなど)
http://www.tele.soumu.go.jp/j/material/dwn/guidance.pdf

また、室内への電力束密度[mW/平方cm]の値は、送信電力[W]やアンテナ利得[倍]、アンテナからの距離[m]がわかれば、
S=PGK/(40π×Rの2乗)で計算できます。(大地反射考慮の場合はK=2.56とすればよいでしょう)
しかし、実際の値は、給電線のロスや、アンテナの指向性の落ち込み量などを加味した値となります。

実際のところ、相当強い電波でなければ、この電波防護値にはひっかかりません。

また、SARですが、こちらは比吸収率という値で、携帯電話のように、人体の直近で使用する機器の場合。こちらも、基準値が定められています。
http://ktai-denjiha.boo.jp/sar/index.html
端末ごとのSARが載っているページもありますので、そちらもご欄になるとよいと思います。

電波防護は、無線局の発射する電波の、人体に対する安全値を示しているものです。
これは、無線局を設置する側(免許人)が、人が通常出入り(立ち入り)する範囲において、この基準を超えないような条件で無線局を設置しなさいよ、という決まりです。
この決まりに当てはまるのは、
送信電力(空中線電力)が20mW(ミリワット)を超える無線局で、
移動しない局で、かつ、非常時などで臨時に開設されないものです。

室内に侵入してくる電波がどれだけか、は、測定器で実測すればわかりますが、無線機...続きを読む

Q動物園の動物を参考にして描いた商用目的のイラストは、動物園に許可が必要

動物園の動物を参考にして描いた商用目的のイラストは、動物園に許可が必要ですか?

例えば、挿絵の仕事で「トラ」を描く事になった時、
記憶や想像だけでは描けないですし
やはり見本を見て描かないといけないと思います。

その見本となるものをwebや図鑑から模写するといけないと思うので
動物園に行き自分で動物の写真を取り、それを模写、写真トレースする事は
いいでしょうか?

しかもそれが商用目的(挿絵などに使われる)のイラストの場合、
動物園が管理、所有している動物なので
動物園の許可が必要でしょうか?
(著作権、肖像権、パブリシティ権…などに抵触しますか?)

動物園で撮影した写真を販売する事はいけない、というのは理解しているのですが
それと同じ事でしょうか?

リアルな動物のイラストなどを見ると、あまりに上手いイラストは
トレースしているのでは?と思ってしまいます。

個人(イラストレーター)のマナーの問題で、やはり一言、動物園にことわるべきでしょうか?

動物園に直接聞けばいい事なんですが…。詳しい方おられましたら
教えていただきたく、質問させていただきました。
よろしくお願い致します。

動物園の動物を参考にして描いた商用目的のイラストは、動物園に許可が必要ですか?

例えば、挿絵の仕事で「トラ」を描く事になった時、
記憶や想像だけでは描けないですし
やはり見本を見て描かないといけないと思います。

その見本となるものをwebや図鑑から模写するといけないと思うので
動物園に行き自分で動物の写真を取り、それを模写、写真トレースする事は
いいでしょうか?

しかもそれが商用目的(挿絵などに使われる)のイラストの場合、
動物園が管理、所有している動物なので
動物園の許可が必要で...続きを読む

Aベストアンサー

動物には著作権は存在しませんし、また、肖像権やパブリシティ権もありません。

ただ、動物園で写真を撮影することが禁止されていればその指示に従わなければなりません。動物園には「施設管理権」があり、動物園内での行動に一定の制限をかけることも可能だからです。商用目的での撮影は禁じる、という場所もあるかもしれませんし、その場合は撮影は避けるべきでしょう。その点についてはやはり最終的には動物園に確認しなければなりません。

ただ、「「動物を様々な手法で見せる」という行為が上演権に該当する」ことはないです。どういう順番でどんな動物が出て何をするかが決まっている、動物を使った劇のような場合は著作物に該当する可能性もあるでしょうが、動物園である限り動物の動きやお客さんの見方をコントロールできない(していない)ので、著作物ではありません。また、どんなにがんばっても、その一つの要素である自然の動物に著作権は発生しません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報