最近人間関係に疲れてきたので、脳内で宇宙旅行をしたいと思いまして、
冷たい宇宙に浸れる小説をさがしています。(日本語です。)

好みはリドリー・スコット監督の映画「エイリアン」、ゲームでいうと「デッドスペース」等の
リアルよりのSFです。
パニックホラーでも日常描写でもどちらでもいいです。

駄目なのが「スターウォーズ」や「カウボーイビバップ」等の超未来の作品です。

ご存知でしたら紹介してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

レトロな作品の連発ですが、



宇宙船ビーグル号  ヴォクト

エイリアンがお好きなら、これは絶品です。短編集です。

ソラリス(ソラリスの陽のもとに) 
大失敗 
泰平ヨンの航宙日記 
宇宙飛行士ピルクス物語  全てレム

どれも果てし無く遠い宇宙での話ですが、ヨンは非常に洗練されたギャグSFです。
絶版で高値がついていましたが、復刊されました。

日本人なら、谷甲州の航空宇宙軍シリーズが、理系の作者の知識が生かされていて、またおもしろいのでおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
調べてみます。

お礼日時:2011/03/15 04:38

★短編集がお望みなら。


・たったひとつの冴えたやりかた
「ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア」
・墓碑銘2007年
「光瀬 龍」
・スターポート014(宇宙港物語)
「川又 千秋」
・ノウンスペースシリーズ
「ラリー・ニーヴン」
・バーサーカー 赤方偏移の仮面
「フレッド・セイバーヘーゲン」

★謎か何かを解決するようなストーリーがお望みなら。
・死者たちの星域
「ティモシイ・ザーン」
・アンタレスの夜明け
・アンタレス突破
「マイクル・マッコーラム」
・神の目の小さな塵
「ラリー・ニーヴン&ジェリー・パーネル」

★滅び行く世界が見たいなら
・銹た銀河
「光瀬 龍」

★戦争物
・終りなき戦い
「ジョー・ホールドマン」

★戦争物に近いけど。
・ダウンビロウ・ステーション
「C・J・チェリイ」
・サラマンダー殲滅
「梶尾 真治」

★探検物
・宇宙船∞(メビウス)号の冒険
「川又 千秋」
・宇宙船ビーグル号の冒険
「A・E・ヴァン・ヴォクト」
★他
・惑星売ります (入手困難かも。)
「A・E・ヴァン・ヴォクト」

あと、
冷たい方程式「トム・ゴドウィン」
は冷たい宇宙に直面できますけど、複数の作家の短編集になるので
他のがお気に召すかどうかまではわかりません。
冷たい方程式というタイトルの文庫本は、
2009年に重版されたらしいけど今、amazonでは入手できないらしいです。
(まだ、どっかの本屋に残っていると思いますけど。)

エイリアンのようなホラー系があまり思いつかないので、
お気に召すかどうかわかりませんが。

所で「篭れる」ってなんて読むんですか?
私は、あまり使ってるのを見たことないし、
たまに見ても「篭る」(こもる)かな。
というところなので、教えてもらえるとありがたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
調べてみます。

>所で「篭れる」ってなんて読むんですか?
私は、あまり使ってるのを見たことないし、
たまに見ても「篭る」(こもる)かな。
というところなので、教えてもらえるとありがたいです。

篭れる(こもれる)と書いたつもりでしたが、標準な日本語かは分かりません。

お礼日時:2011/03/15 04:42

ファンタジー色を排したリアル寄りの近未来宇宙SF、というご要望ですので、やや堅めの作風を中心に。



アーサー・C・クラーク「渇きの海」ハヤカワ文庫SF
  ・・・月面で遊覧船の遭難事故の様子を描いたもの。派手な動きはないが秀逸な心理描写によるサスペンスの傑作。映画ポセイドンアドベンチャーの宇宙版といった趣き。

アイザック・アシモフ
「鋼鉄都市」「はだかの太陽」「夜明けのロボット」 いずれもハヤカワ文庫SF
  ・・・同じ主人公の連作で、宇宙旅行は2作目以降になる。地球人のベテラン刑事と人間そっくりの高性能なアンドロイドのコンビが活躍する、SFとミステリの融合した傑作です。やや哲学的な要素あり。

高千穂遥「クラッシャージョウ」シリーズ ハヤカワ文庫JAなど
  ・・・ジュブナイル小説に分類される冒険活劇ですが、設定がしっかりしています。

新井素子「星へ行く船」シリーズ 集英社コバルト文庫
  ・・・ライトノベルの草分け的な作品。ゆるい文体でヒロインの日常的な心理描写をしています。

森岡浩之「星界の紋章」1~3&「星界の戦旗」1~4(以下続巻)ハヤカワ文庫
  ・・・地球人の末裔と遺伝子操作によって生まれた人工種アーヴの星間戦争を背景にして主人公の少年少女たちの成長を描くライトノベル。言語やテクノロジーなどの裏設定が凝っている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
調べてみますね。

お礼日時:2011/03/15 04:37

現代に近い未来で宇宙船内での生活が出てくるものだと


笹本祐一「星のパイロット2 彗星狩り」前中後篇 ソノラマ文庫
安芸一穂「サイドワインダー」全5巻 ソノラマ文庫
安芸一穂「オペレーションMM」全5巻 ソノラマ文庫 ※上の十数年後
安芸一穂「フェアリー・エクスプレス」全3巻 ソノラマ文庫 ※上の十年後
野尻抱介「クレギオン」全7巻 ハヤカワ文庫JA

アン・マキャフリー他「歌う船」全8巻 創元SF文庫
http://www.tsogen.co.jp/wadai/0302_03.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます!
アマゾン等で調べてみます。

お礼日時:2011/03/15 04:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌う描写のある小説でオススメを教えてください

趣味で書いている小説で少女が歌を歌うシーンを書きたいのですが、
いまいち納得のいく描写になりません。
そこで、出版されている小説を参考にしたいのですが、おすすめの作品はありませんか?

・できれば少女(ない場合は大人の女性でも)が歌うシーンがある。
・描写がキチンとかかれているのでしたら、ジャンルは特に限定しません。

ちなみに私のかこうとしている小説でのイメージとしては、坂本真綾さんのような透明感ある歌声を持つ少女の描写にしたいです。

分かりづらい質問ですみませんが、回答いただければ嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

アン・マキャフリー「竜の歌」「竜の歌い手」(パーンの竜騎士シリーズの竜の歌三部作の1,2)
アン・マキャフリー「歌う船シリーズ」
ひかわ玲子「パールピンクな妖精」「碧のムーンラビリンス」「薔薇月夜のプリンセス」(ラヴェンダー野のユニコーンシリーズの2,4,5)

Q性描写が多い小説の面白さ(「純情エレジー」)

こんばんは。質問させて下さい。
先日、「純情エレジー」という短編集を読みました。有名作品のようで、あまり本を読まない私でもタイトルを知っていたため、図書館で借りました。表紙の絵が10代の女子の心を掴むかわいらしさで、ワクワクしながら読んだのですが…私には面白さが理解できませんでした。

(以下少しネタバレを含みますので、ご注意下さい。)

特に一番はじめの、缶ジュース1本で売春する高校生の女の子と、クラスメイトでその女の子を軽蔑する男の子の話は理解不能でした。男の子は女の子を罵倒し、でも結局セックスします。男の子が女の子を好きになったとか、怒り心頭して犯してしまうとかならまだしも、いずれでもなさそうでした。

この小説はいわゆるエロ小説ではないので、おそらく作者が描きたいとは性描写そのものではなく、その向こうにあるものだと思うのですが、分かりません。この作品に限らず、性描写が多い作品の面白さや、意図すること、メッセージ性を教えて下さい。他の作品を例に用いる際は、必要部分のあらすじも教えて下さると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

桐野夏生女史の「グロテスク」はいかがでしょう?
単純なエロ小説ではありません。
女性にとって「性」は「生」につながって行くのかなとも感じさせる作品です。
かなりの長編ですが、主人公になる女性はあくまで語り部で自身の「性」と向き合って
いないことにも気づきます。
主人公の妹が主人公の「性」を代弁しているような気もしますし、数回読み返さないと作者の意図した「性」にはたどりつけないような気がします。
ともかく読むことであなたの「性」に対する価値観が変わるかもしれません。

Q海外の作家?の牡蠣を食べて殻を海に捨てる描写のある話

かなり昔に読んだ海外の作家と思われる方の小説です。
「牡蠣にレモンをかけて食べて殻を海に捨てる描写のある話」を読みたいと思いましたが、タイトルが思い出せません。
詳細は金持ち風の乗船客の行動を真似て、見栄を張った一幕だったと思います。
主人公はそれを下品だと思っている様子でした。
確か男性が女性の尻に敷かれているような光景もありました。
タイトルは聞けば思い出せると思います。
これはと思われた方、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギ・ド・モーパッサンの短編『ジュール叔父さん』ですね。

ちょっと古い本ですが『世界短篇文学全集第六巻 フランス文学19世紀』(集英社)に所収されています。
英訳されたものはこのサイトで読むことができます。
http://www.classicreader.com/read.php/sid.6/bookid.938/

参考URL:http://www.classicreader.com/read.php/sid.6/bookid.938/

Q宇宙の本と哲学の本(入門から、専門まで)

こんにちは。先日、妹と「どうして人間はここに存在しているのか」という壮大なテーマで話していました。その答えのヒントが、どうやら宇宙の成り立ちや仕組み、哲学や宗教に隠されているようなので初心者でも面白く宇宙や哲学について学べる本を教えてください。HPでもかまいません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

立花隆 「宇宙からの帰還」 文春文庫

ちょっと古い本ですが、大変興味深い内容の本です。
評論家立花隆氏が、アポロ・ソユーズ時代の宇宙飛行士たちにインタビューをした本です。

テーマは、神は存在するのか、人間の存在の意味は、国家とは・・・などなど。

宇宙から帰還した飛行士の多くは、なぜか宗教的になったり、以前とは全く違う職業に就く人物が多いそうです。
その理由が何となくわかる本ですね。
 名前はど忘れしてしまいましたが、日本人宇宙飛行士で、シャトルの乗組員に成った方がいましたよね。
そのかたが、帰還後、無農薬栽培の農業を始められた、と聞いたとき、その気持ちが何となくわかりました。

また、彼らの宗教観や人間存在の意義などの話は、へたな哲学書よりよほどためになります。

Q宇宙戦艦が出てくるSF小説を探しています。

初めて質問します。

アニメの宇宙戦艦ヤマト、ナデシコのような「宇宙戦艦で戦う」ことが主要テーマのSF小説を探しています。
アニメをきっかけにもっと戦艦ものに浸りたいと思ったのですが、SF小説には無知なもので、今いちどんなものを読んだらいいのかわからず、困っています。陸や海の艦隊ものはよく見ても、なかなか宇宙ものというのは見当たらず…

漫画、アニメ映画などではなくあくまで”小説”の作品が読みたいのです。
長編、短編、国内、海外(翻訳されていれば)問いません。オススメを教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

艦隊戦のシーンのある小説ということで
「銀河英雄伝説」田中芳樹(小説→漫画・アニメ)
「無責任艦長タイラー」吉岡平(小説→漫画・アニメ)
「でたまか」鷹見一幸(小説)
「スターシップ オペレーターズ」水野良(小説→アニメ)
「放課後宇宙戦争」秋津透(小説)

艦隊戦がないわけではないけどロボットや揚陸戦の方が主の作品
「宇宙海兵隊ギガース」今野敏(小説)ガンダムのオマージュ作品
「スカーレット・ウィザード」茅田砂胡(小説)艦隊戦は4巻のみ


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報