AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

PCに繋いでいる2.1chのスピーカーから、たまに人の話し声のような怪音がします。
PCの電源を切った状態でも、スピーカーの電源を入れておくとこの現象が起きるのでPCは関係ないようです。
最初は驚いて霊の類を疑ったのですが、会話の内容からして(雑音が多くてほとんど聞こえませんが)警察かトラックの運転手がトランシーバーで話している会話を受信してしまっている気がします。
繋いでいるのはPCなのに、なぜこのような現象が起きるのか不思議です。
もちろん使用しているスピーカーは普通の有線で繋ぐスピーカーで、無線でどうこうする機能はありません。

この現象について詳しく教えてください。

この場で回答してくださっても結構ですし、参考サイトや検索キーワードを教えていただけくだけでも結構です。

A 回答 (2件)

電波に関してプロではないが興味があったので書かせていただきます。


(ちゃんとした答えになっていないので申し訳ない。間違ったこともあるかもしれませんのでそのつもりで流してください。)

無線交信でもラジオでも送信するときは音声などを電波に乗せます。
これを変調といいます。
受信する側ではそれを復調(検波)という操作をすることで送信された音声が復元されるのです。
受信機では飛んでる電波をアンテナが受けて、それを検波(復調)して増幅・再生することで受信できるのです。(同調もしないといけないな)
そのように作ってあるのです。
ただし、そのように作ってなくても、たまたま条件がそろってしまうと上記のような検波・増幅・再生がされてしまうことがあるらしいのです。
PC用のアンプ内蔵スピーカはこのうちの増幅と再生をする能力が最初から備わっています。
あとは検波ができれば音声が乗った電波を受信して再生してしまうのです。
検波できなくて単純に電波を受けただけならただのノイズになります。

AMラジオのような振幅変調で飛んでいる電波は簡単な回路で検波できます。
ゲルマニウムラジオや鉱石ラジオといったものです。
私は子供の頃ゲルマニウムダイオードとコイルとクリスタルイヤホンをつないだだけの回路でラジオを聞いたことがあります。
同調回路も電源も何も無しです。
送信所が見えるところに行くと簡単に聞こえました。
そのような単純な回路で検波できてしまうので、PCからスピーカまでのどこかの回路がその検波回路の代わりをしてしまうことは十分に考えられます。

ご質問のPC用スピーカは最初から音声を再生する回路があるのですが、世の中にはおもしろいことがあるようで、ガードレールから声が聞こえるだとか、フライパンや窓サッシからも聞こえるとかなんとか。
電子回路でないものも電波を受信し、再生することがあるそうです。
(本当かどうかはわかりませんが)
「ガードレール 検波」「サッシ 検波」などのキーワードで検索してみてください。
おもしろい情報があるかもしれません。
その他上記文中のキーワードもなにか役に立つかもしれません。

無責任モードな回答で失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、わからん。

嘘です、大体分かりました。
このスピーカーが中古で買ったものだったこともあり、かなり心配していましたが、
とりあえず幽霊じゃないことが分かって安心です。

ご丁寧な説明ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/05 00:00

別に珍しい現象ではありません。


スピーカケーブルの長さや引き回しなどの環境要因で
スピーカケーブル自体がアンテナの役割をしてラジオ等
たまたまその環境に適合してしまった電波を拾う場合が
あるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クールですね。
もう少し血沸き肉踊るような回答が欲しk…
いやなんでもないです。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/04 22:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング