石油1トンから使用できる電力のエネルギー量ってどれくらいでしょうか?

できれば実生活になじみのある回答お願いします。
(1日は過ごすことができるとか・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

石油の発熱量はだいたい40MJ/kg程度なので、1トンで40000MJ。


石油火力発電の効率を40%くらいとすると、16000MJ
kWhに直すと、4400kWhになります。
一般家庭の年間電力消費量が5600kWhだそうですので、10か月分くらいでしょうか。
我が家では多い月で400kWhなので、1年分くらいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1年間もつのはすごいですよね。

お礼日時:2011/04/13 12:54

石油というのは灯油の事ですかね?


一概に石油と言っても炭素と水素の量が違えば発熱量が異なるので何とも言えません。
また発電設備も大型のものほど効率を稼ぎやすくなるので、大型火力発電所の効率から計算するのと小型発電機のそれで計算するのとでは異なります。

例えば市販のディーゼル発電機の場合、おおざっぱに言うと500cc/KVA程度の燃料消費量です。
500ccは灯油約400gに相当します。

1tだと1,250リットル、これでの発電量は2,500KVAですね。
あなたがどれだけの電力で一日を過ごしているのか知りませんが、平均1KVAhだとすると100日分の電気を作る事が出来る計算です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
石油1tはばかにならないエネルギーだとわかりました。

お礼日時:2011/04/13 11:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油の単位

石油は歴史的理由から、リットルではなくバーレル(バレル)という単位で計量されていると聞きました。
その、歴史的理由を知りたいのですが・・・。

すべては長くなると思うので、簡単(簡潔)でいいので教えてください。

Aベストアンサー

下の方々がご回答のように「樽」という意味です。
蛇足ですが、1バーレル=42ガロンなのですが、50ガロンの石油を運んでいたら樽から漏れて到着したときに結局42ガロンしかなかったため、1バーレルが42ガロンになった、なんて話を聞いたことがあります。

Q石油化学プラントでの石油保存量・消費量について

石油化学プラントでの石油保存量・消費量について

石油化学プラントでは運ばれてきた原油をシーバースと呼ばれる輸出入口から一時的に保存タンクに保存し、保存タンクからプラントに供給されると聞きました。

石油化学プラントにもよると思うのですが一日大体どのくらいの石油が運ばれてきてどのくらいの量が保存され、どのくらいの量がプラントに供給されるのでしょうか?

Aベストアンサー

原油を処理しているプラントは正確には石油化学プラントではなく、石油精製プラントまたは製油所といいます。

一日大体どのくらいの石油が運ばれてきているのか?

日本が昨年度に輸入した原油の量は2億1000万キロリットルで、製油所の数は28か所ありますから、平均すると750万キロリットルとなります。これを1日に直すと約2万キロリットル(12万9000バレル)の原油がひとつの製油所に運び込まれていることになります。

どのくらいの量がプラントに供給されるのか?

プラントに供給される量は原油が運び込まれている量と同じ、つまり1日あたり約2万キロリットルとなります。そうでなければおかしいですよね。

どのくらいの量が保存されているのか

これはそれぞれの製油所によって違い、一概にはいえません。原油船が入ってきたときは貯蔵量が増えるでしょうし、原油船がしばらく入ってこなければ貯蔵量は減ることになります。
例えば10万キロリットルの原油タンクを10基持っている製油所があったとすれば、貯蔵能力は100万キロリットルで、その半分に原油が入っているとすれば50万キロリットルが貯蔵量ということになります。製油所の原油の貯蔵量は大ざっぱに言えば、大体このくらいです。

原油を処理しているプラントは正確には石油化学プラントではなく、石油精製プラントまたは製油所といいます。

一日大体どのくらいの石油が運ばれてきているのか?

日本が昨年度に輸入した原油の量は2億1000万キロリットルで、製油所の数は28か所ありますから、平均すると750万キロリットルとなります。これを1日に直すと約2万キロリットル(12万9000バレル)の原油がひとつの製油所に運び込まれていることになります。

どのくらいの量がプラントに供給されるのか?

プラントに供給される量は原油が運び込まれ...続きを読む

Q単位について。

石油可採埋蔵量:2兆720億bbl
ってグラフがありました。
これはどんな単位なんでしょうか?

Aベストアンサー

bblは石油の計量単位でバレルと読みます。
1bbl=0.135t=0.159Klです。
詳しいことは下記HPを参照してください。

参考URL:http://www.anamizu-kw.co.jp/t5.htm

Q【電力会社の火力発電の電力使用量が100%を超えても国民に電気を供給出来た本当の理由とは】 電力会社

【電力会社の火力発電の電力使用量が100%を超えても国民に電気を供給出来た本当の理由とは】

電力会社が原子力発電を全て停止して火力発電で全て賄えたのは火力発電のピーク時に火力発電の排熱を利用して動作する予備発電機としてガスタービン発電機の設備があったから使用電力量が100%になっても実は排熱を利用したサブ発電設備が裏で稼働していたのでインターネット上から国民が見れた電力使用量標準サイトのパーセンテージは100%を超えても供給量は実際には100%以上の発電量能力があったというオチだった。


で実際のところ、サブシステムのガスタービン発電の稼働率はどれくらいだったのでしょうか?

全国の原子力発電が全て停止されていたときのサブシステムのガスタービン発電稼働率を教えてください。

Aベストアンサー

・・・って言うか、サブシステムに限らず、そもそも定検中とか休眠中の発電装置まで含めたら、大手電力会社だけの生産能力(原発含む)でも、ピーク需要に対し200%くらいはあるんですよ。

原発抜きにしても、150~160%くらいかと。
その内、50~60%くらいが、定検などで止まっている結果、100%となるワケですが。
現在は売電事業者なども増加してるから、もうちょっと余裕があるでしょう。

ただ・・90%台とか100%前後の操業状態ってのは、いつ停電が発生してもおかしくない状態です。
たとえば定格10アンペアの電気器具でも、始動時はその数倍~十倍以上の電流(突入電流)が流れるので、数百アンペアも使用する大きな装置が一斉に始動したりすれば、高確率で停電します。

一方、我が国の電力供給は世界でも屈指に安定してて、産業界も民間も、ほとんど突発停電は想定していません。
すなわち、突然、大規模停電などが発生したら、どの様な事態が生じるか、想像できないのです。
大規模な突発停電により、死人が出ても、全く不思議ではありませんが、我が国はそれだけ電力に依存していると言うことです。

従い、電力会社が公表している100%とは、まず停電が起らない安定供給能力であって、「100%以上、供給できたじゃないか!」なんて言うのは、ちょっとお門違いではあります。

ある大手売電事業者の方から話を伺う機会がありましたが、「原発停止の直後、電力会社からの要請で、夏場に最大供給を行った際、90%台後半の発電を行ったが、薄氷を踏む様な思いだった」とのことでしたし。
電力会社も、定期点検の時期を遅らせるなどして、供給に必死だったことなども報道されていますが、定期点検を遅らせるのも、出力(発電量)が落ちる原因にもなるし・・。
安定供給量の100%を超えると言う事態は、かなりリスクがあります。

・・・って言うか、サブシステムに限らず、そもそも定検中とか休眠中の発電装置まで含めたら、大手電力会社だけの生産能力(原発含む)でも、ピーク需要に対し200%くらいはあるんですよ。

原発抜きにしても、150~160%くらいかと。
その内、50~60%くらいが、定検などで止まっている結果、100%となるワケですが。
現在は売電事業者なども増加してるから、もうちょっと余裕があるでしょう。

ただ・・90%台とか100%前後の操業状態ってのは、いつ停電が発生してもおかしくない状態です...続きを読む

Q天然ガスのCO2排出量はなぜ石油より少ない?

石油よりクリーンなエネルギーとして天然ガスが紹介され、CO2排出量が少ないと書いてあるHPがたくさんありますが、どういう意味なんでしょうか?燃えれば含有炭素がCO2になるわけだから、単位量(体積?重量?得られるエネルギー)あたりの炭素量が、天然ガス<石油なんでしょうか?

Aベストアンサー

天然ガスをメタン(CH4)、石油をヘプタン(C7H16)で考えます。

天然ガス: CH4 + 2O2 → CO2 + 2 H20 + 890 kJ
石油 : C7H16 + 11O2 → 7 CO2 + 8 H2O + 4800 kJ

単位CO2 あたり石油は 4800/7 で 686 kJ で天然ガスの方が効率がいい。
実際はともにいろいろな混合物ですがこの傾向は同じです。

Q九州電力支払い方法について。 先日九州電力より使用量のお知らせがきました。 銀行から引き落としにす

九州電力支払い方法について。

先日九州電力より使用量のお知らせがきました。
銀行から引き落としにするための用紙はまだ出してないので、コンビニ支払いになるのねすが、この支払い用紙はいつ届くのでしょうか?

Aベストアンサー

> 先日九州電力より使用量のお知らせがきました。
[お知らせ]の最後の方に、問い合わせの電話番号が書いてあると
思います。
この電話番号に電話して、相談・問い合わせすると良いでしょう。

Q石油化学製品ビジネス

中国の知人からガソリン、灯油などの燃料以外の石油の残りを日本に輸出するビジネスをしたいと打診がありました。日本でこの関連の会社を立ち上げる場合、どのような問題と手順または登録義務がありますでしょうか。また、個人事業主単位で立ち上げることは可能なのでしょうか。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

石油製品は、軍事物資ということもあり、複雑な規制が色々あるので、No.1の方のように個人ではとても無理でしょう。

ただ、海外の知人から仕入のルートがあるのならば、
石化会社へ直接売り込むのは無理にしても、
石油関連のディーラーや商社へ話をもっていき、
仲介料をもらうというビジネスは考えられますね。

しかし石油製品は薄利多売で、値段の変動も大きく、ハイリスクローリターンのビジネスなので十分気をつけてください。

発泡スチロールや衣料用(多分化学繊維のことでしょう)の原料は2.のナフサ留分です。

Q石油は無限ですか?ある大学で水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功しておりますが、石油がなくな

石油は無限ですか?

ある大学で水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功しておりますが、石油がなくなったらどのようになりますか?
バイオエタノールですか?
電気ですか?
プラスな回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

石油資源は地球が有限であるので有限な資源であることは確かです。
昔はあと20年でなくなると言われたりしましたが、今でも掘削をしているので、これからどの程度の掘削ができるのか判りませんね。

>水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功
これは何かの間違いです。石油は炭素と水素が主な元素ですので、酸素が幾らあっても石油はできません。

バイオメタノールでエタノールではありませんね。
これは問題が有って穀物を食糧資源にするかエネルギー資源にするかで人の食べるものに影響します。

石油もバイオメタノールも化石燃料にはかわりはないので、地球温暖化対策とは相反するものであることは確かです。
現実的に考えると原子力が補完していくないように思いますね。

Q為替や石油の株価指数への影響

デイトレやスイングなどして株を勉強中のものです。質問失礼します。

為替や石油、10年国債などを見て、株価への影響を見ているのですが、いまいちピンと来ません。

円安なら、輸出系に好材料とか、国債が買われば、株が売られるなど、関係は頭では理解できるのですが、その日、その日の株価へのインパクトが、いまいち感じ取ることができません。

短期トレーダーのみなさんはどのように為替や石油、10年国債などの動きを自分の相場観に反映させているのでしょうか?

地合いにもよると思いますが、円安が進むと、外国人の換金売りが出て、日本市場の株価は軟調になりやすいとか、聞くのですが、株価指数への影響は、1日単位で結構あるのでしょうか?

機関投資家の人たちは、どのようにこういった、石油や10年国債、為替などの株価への影響をみているのでしょうか?
一日単位ではインパクトとして、現れにくく、長いスパンでトレンドを見て、テーマ的に、みているのかとか、どのように、見ていけばいいのか、参考になるサイトや考え方などが、あれば教えて欲しいです。

Aベストアンサー

2006/5月は円高です。
ここで海外投資家が割高になり、買い控えたのが原因で下落に転じたようです。
http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=&k=c3&t=1y&s=usdjpy%3Dx&l=on&a=&p=&z=m&q=l&x=on
半年チャートです。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=USDJPY=X&d=c&k=c3&a=v&p=m65,m130,s&t=1y&l=off&z=m&q=l&h=on
2006/5月に購入した海外投資家は、1$に付き10円の損害がある訳です。
現在は買いのポジション、ドル高なので買い徳なのです。

しかし、海外投資家が多く参入中に、円安にステップした場合、
見れば分りますが、
4円までは我慢できる。
5円になると危険を感じる。
6~7円になると緊急退避。

これは分ると思います。

つまり、
日本株(円)を保有中に円安になられると困るのです。
早急に退去です。
大きく円高になったら売り抜けです。

円安ならば、今は買い時なのです。
円高ならば割り高なんです。

つまり、購入ポジションで出方が違います。

石油の場合、価格が大きく上昇すれば株価は下落傾向に向かうと思います。

あえて6ヶ月チャート、比較図を使ったのは、大きく左右される時があるからです。

2006/5月は円高です。
ここで海外投資家が割高になり、買い控えたのが原因で下落に転じたようです。
http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=&k=c3&t=1y&s=usdjpy%3Dx&l=on&a=&p=&z=m&q=l&x=on
半年チャートです。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=USDJPY=X&d=c&k=c3&a=v&p=m65,m130,s&t=1y&l=off&z=m&q=l&h=on
2006/5月に購入した海外投資家は、1$に付き10円の損害がある訳です。
現在は買いのポジション、ドル高なので買い徳なのです。

しかし、海外投資家が多く参入中に、円安にステップした場...続きを読む

Q地球が1分間に太陽から受けるエネルギーは全世界の発電所の年間発電量に匹敵する。

質問にある文は とある古い外国語の辞書の例文の訳から拾いました。この辞書が刊行されたのは40年近くも前になります。
でも、現代では 年間発電量も40年前に比べると大幅に増加していると思います。

そこで質問ですが、現在では 全世界の発電所の年間発電量は 地球が太陽から何分 受けるエネルギーに相当しますか?

Aベストアンサー

太陽から地球に入射するエネルギーのうち30%程度は雲などで反射され、地表や大気が吸収するエネルギーは1年間でざっと4×10^24J程度になります。これを電力で使われるkWhに換算すると1.1×10^18kWhになります。
1年間は8760時間、つまり525600分なので、1分当たりでは2.1×10^12kWh程度ということになります。
少し古いデータですが、2008年の全世界の総発電量は 20,260,838 GWh、つまり2.026×10^13kWhなので、計算すると10分弱といったところでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報