ガソリン車用、ディーゼル車用、それらの兼用と3種の種類がありますね。

ガソリン車のオイルを選んでいるのですが、ガソリン車用とディーゼル兼用とでどのような違いがあるでしょうか?
規格が違うのはわかるのですが、製品として見た場合、やはりガソリン車専用(ガソリン車であれば)の方が、余計な冗長性がなく良い、と考えて(選んで)良いのでしょうか?

それとも、専用、兼用はあまり関係なく、オイルメーカーのブレンド効率次第なのでしょうか?

BP、Gulf、Agip、Shell あたりで見ています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ガソリン車用、ディーゼル車用、それらの兼用と3種の種類がありますね。



ありますね。
EU・日本・北米オイル基準(仕様)にも、存在しています。
例えば、トヨタ純正オイル(トヨタ:キャッスル銘柄)にも10W30:SJ/CFというオイルが存在しています。
トヨタ純正オイルは、(記憶が確かなら)ESSOの製品ですから、国内外潤滑油精製メーカーでも多く製品化しているでしよう。

>ガソリン車用とディーゼル兼用とでどのような違いがあるでしょうか?

一番の違いは、自動車販売会社・車検整備工場にとって「オイル保管場所が、一箇所で済む事」です。
ディーゼル用・ガソリン用と、別々に保管する必要がありません。
業者にとっては、非常にありがたい商品です。
オイル自体で言うと・・・。
ガソリンエンジン用オイルは、「高回転に耐える(油膜を保持)」が重要。
ディーゼルエンジン用オイルは、「高温高圧に耐える+エンジン内洗浄(スス除去)機能」が重要。
つまり、基本となるオイル(ベースオイル)に各種添加剤を加えてガソリン用・ディーゼル用オイルとする訳です。
原油から精製した時点の潤滑油には、ガソリン用もディーゼル用も存在しませんからね。
結局は、ベースオイルに加えている各種添加剤の割合です。

>専用、兼用はあまり関係なく、オイルメーカーのブレンド効率次第なのでしょうか?

その通りですね。
300キロで爆走する自動車とかキャメルトロフィ参戦自動車などは、それぞれエンジンに合ったオイルを選択しないと不具合が生じます。
が、150キロ前後で走行する一般車両では問題ありませんからね。
ましてや、国内の最高速は100キロに過ぎません。
兼用オイルの誕生は、添加剤技術が進歩したのでしようね。
その代わり、ユーザーが後から自分の判断・任意でオイル添加剤を用いても効果が少なくなりましたがね。

>BP、Gulf、Agip、Shell あたりで見ています。

私が今乗っている(某ドイツ)車には、カストロールのガソリン・ディーゼル兼用油を用いています。^^;
BPオイルは、国内ではカストロールと同じ会社が精製していますから兼用オイルが存在します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく非常に参考になります。

やはり、街乗りレベルでは、専用、兼用は変わらないのですね。
(敢えて 専用品に絞って選ぶほどのメリットもない)

整備工場での在庫が1つでよい、というのは 確かに!ですね
(整備工場の購入量は、一般売りよりはるかに多いでしょうから)

貴重な情報、詳細な説明ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/09 08:01

私も疑問に感じて昔聞いた事があります。


ディーゼル車専用というのは知りませんが。
ガソリン専用というのはガソリン車用に開発されたと言うよりも、ディーゼルには使えないと言うことでした。
ディーゼル車用オイルは・・・ディーゼル車は黒煙が多くエンジン内部の黒煙を落とす作用がある物だそうです。
従ってそれをガソリン車に使っても問題は無いが、逆にその作用が無いガソリン車用のオイルをディーゼル車に使うとエンジンに悪影響を及ぼすと言うことでした。
もちろん話の内容は私が素人のためそのような話しの表現だとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/09 07:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガソリン車にディーゼルエンジンオイルはやばい?

ガソリンエンジンにディーゼルエンジンオイルを入れて走行するとどの様な事が起きますか?

またディーゼル車にガソリン車用のエンジンオイルを入れて走行するとどの様な事がおきますか?

専門知識をお持ちの方お知らせ下さい

Aベストアンサー

ガソリン車にディーゼルオイル。

何か引っかけ問題みたいですが、
ディーゼル専用のおいると兼用のオイルがありますので
問題が少ない場合が多いですし、
ガソリンエンジンのフラッシング用には
よく洗浄拡散能力の高いディーゼルオイルを使ってから
抜いて、目的のオイルを入れたりもします。

何も起きません。
きれいになっていいでしょう。
高回転ではちょっと負荷が多くなりますので
低回転せんようですわ。

ディーゼル車にガソリン専用オイル

なかなか無いですが(たいていCFも着いているので)
専用であれば
確実に劣るのが先の洗浄拡散能力です。

これはエンジン内部が真っ黒けになります。
乗用ディーゼルのオイルは3000~5000kmでの交換が必要ですし、
其処まで持たずに、内部にスラッジをなすりつけるようなことになり
長期的にはエンジン内部に取れないスラッジを蓄積することになります。

それは、隙間の小さい潤滑部
=バルブガイド・ピストンリングなどに蓄積することになり
燃焼・高温によりカーボン化。
噛み混みカジリによりフェースの腐食
密閉効率低下、出力ダウン耐久性ダウンとなります。

ガソリン車にディーゼルオイル。

何か引っかけ問題みたいですが、
ディーゼル専用のおいると兼用のオイルがありますので
問題が少ない場合が多いですし、
ガソリンエンジンのフラッシング用には
よく洗浄拡散能力の高いディーゼルオイルを使ってから
抜いて、目的のオイルを入れたりもします。

何も起きません。
きれいになっていいでしょう。
高回転ではちょっと負荷が多くなりますので
低回転せんようですわ。

ディーゼル車にガソリン専用オイル

なかなか無いですが(たいていCFも着いているので)
専用であ...続きを読む

Qディーゼル用のエンジンオイルをガソリン車に使えるか

以前ディーゼル車に乗っていて、余ったディーゼル用のエンジンオイルを持っているのですが、もったいないのでガソリンエンジンにも使えるものなのか教えてください。もし使った場合、何か支障があるのでしょうか。

Aベストアンサー

整備士資格を持つ自動車開発を行っているものです。
今回、ディーゼル用のオイルをガソリン車に使う
との事ですが、この場合であれば利用可能です。
ディーゼル車は、燃料と空気を圧縮して自然発火を
させていますので、ガソリン車に比べエンジンは高精密で
出来(ガソリンエンジンに比べ数十万高くなってます)、
スラッジを除去し燃焼させガソリン車に比べ高温で
使用されます。
その為、オイルについてもより高温での使用に耐えれる
物になっており、基本的には問題無いと思いますが、
下記の問題が発生します。
ガソリンエンジンでは、排気ガスの浄化として一度燃焼させた
ガスをスロットルチャンバー付近に戻し、再度燃焼をさせています。
このガスには、ガム質(粘着性の高い部質)が含まれています
ディーゼル用のオイルを使った場合、オイルの燃焼成分によりこの
ガム質が増え、スロットルチャンバーに付着し冷気時等の
エンジン始動時にバルブがくっつき、アクセルペダルを踏んでも
引っかかりが起き、うまくエンジン回転数が上がらない
現象が発生する可能性が高くなります。
このガム質を取る為には、キャブレタークリーナーを使えば
落ちますが、日産車やスバル車では、アイドリング時の制御性
向上の為、スロットルチャンバーにボールベアリングを使っている為
作動不良が発生する原因となります。トヨタ車では
メタルベアリングを使っている為、アイドリング制御がラフで
問題無いです。

整備士資格を持つ自動車開発を行っているものです。
今回、ディーゼル用のオイルをガソリン車に使う
との事ですが、この場合であれば利用可能です。
ディーゼル車は、燃料と空気を圧縮して自然発火を
させていますので、ガソリン車に比べエンジンは高精密で
出来(ガソリンエンジンに比べ数十万高くなってます)、
スラッジを除去し燃焼させガソリン車に比べ高温で
使用されます。
その為、オイルについてもより高温での使用に耐えれる
物になっており、基本的には問題無いと思いますが、
下記の問題が...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Qエンジンオイル交換はどこがお得?

そろそろエンジンオイルが汚れてきたので、オイル交換をしようと思っているのですが、
どこでするのが料金的にもお得なのか迷っています。

近所のディーラーで聞いてみると、オイルのボトルキープが出来て、
10リットルで6300円。有効期間は1年間だそうです。工賃込み。
ちなみにオイルは一回で4リットルほど使うとのこと。
オイルは「最高級エンジンオイル」とのことです。
ですが、エンジンオイルにはグレードがありますよね?
たしかAPI規格とかいうものだったと思うのですが…。(SG、SH等)
どのグレードかはちょっとわかりません。
ディーラーではすごくお得ですよと薦められましたが、
オートバックスにもオイル会員っていうものがあることを知り、
どっちが安いんだろうと悩んでます。
店頭では980円とか言う特価品(確かSG)もありましたが、
それってどうなんでしょうか?
オートバックスだと工賃は確か500円ぐらいだったと思います。
オイル会員は年会費1000円が必要で1年ごとに継続料500円がいるとのこと。

これらのことを含めどちらがお得なのでしょうか!?

そろそろエンジンオイルが汚れてきたので、オイル交換をしようと思っているのですが、
どこでするのが料金的にもお得なのか迷っています。

近所のディーラーで聞いてみると、オイルのボトルキープが出来て、
10リットルで6300円。有効期間は1年間だそうです。工賃込み。
ちなみにオイルは一回で4リットルほど使うとのこと。
オイルは「最高級エンジンオイル」とのことです。
ですが、エンジンオイルにはグレードがありますよね?
たしかAPI規格とかいうものだったと思うのですが…。(SG、SH等)
どのグ...続きを読む

Aベストアンサー

1Lあたり630円なら安いと思います。ディーラーなら純正オイルと思われますのでメーカー推奨はクリアーしているはずです。

オイルは距離に関係なく最低半年に1回は交換が必要です。ですので最低の期間で交換しても2L余りますがそれでも安いと思います。

ちなみにオイルが安いのは、ディーラーは小分けのカンで仕入れているのでは無く200Lとかで仕入れているので安くなるのです。

Qディーゼル車にガソリンエンジン用オイルを誤って入れてしまいました。

ディーゼルエンジンのオイル交換をしたのですが、誤ってガソリン車用エンジンオイル(SM級)を入れてしまいました。かなり高価なオイルなので5000km位は使用したいと思うのですが大丈夫でしょうか?私の考えではこのオイルはカーボンなどの洗浄効果がないと思われるのです。ちなみに使用したのは日産サファリ平成元年式のADバンです。家の自動車は全部ディーゼル車で残りが12ℓ程あり、できればこれも使い切りたいのです。回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

軽油には硫黄が含まれていることもあり燃焼による酸化物質の生成がガソリンより多くなります。
硫黄から酸化硫黄、そして硫酸へとの変化です。
その為ディーゼル用のオイルには中和剤が多く含まれています。
ガソリン用には中和剤がそんなに多く含まれていないので寿命が極端に短くなると考えれば間違いは無いと思います。
逆にディーゼル用はガソリンエンジンとの併用がしやすいいんですね。

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Qエンジンオイルって、入れ過ぎると、どうなる?

主に、エンジンオイルの交換時、規定量以上のオイルを入れてしまい、そのまま
運転した場合、どうなるのでしょうか?

エンジンに、何か不具合が生じるのか、それとも、規定量を超えたオイルが、どこ
からか漏れるのか、どうなるのでしょうか?

私の場合は、エンジンオイルの交換時、次いでに、市販のエンジンオイル添加剤
を入れているのですが、その添加剤の説明書きにて、「油量が規定量内であること
を確認して下さい」との趣旨の注意書きを、よく目にします。
実際、そこで、オイルゲージを使って、規定量内かどうかを量ることはしないのです
が、超えていたとしたら、どうなるのか疑問に思い、質問をさせて頂きます。
今まで、それで何か不具合が出たことはないので、特に問題はないような気はしま
すが、教えて下さい。

Aベストアンサー

二輪と違ってだいたいの自動車のエンジンはドライサンプではないですよ。フェラーリとかポルシェは別ですけど。
オイル交換の時、エンジン底部にあるドレンボルトのみを抜いていますよね(ゲージ穴からも吸えますが)。オイル量を量るオイルゲージをエンジンに差し込んでいますよね。
けっこうな容量のオイルタンクがエンジンとは別に装備されていませんよね?
http://www2.yamaha-motor.jp/bike-word/word.asp?id=40
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%B5%A5%F3%A5%D7

ですのでオイルを入れ過ぎると動いてる部分(クランクシャフト)がオイルを叩くような事になって大きくパワーロスをします。
http://www.gulf-japan.com/faq09.htm#qa48
でもだいたいの自動車は相当悠長な作りになっていますから少し超えたぐらいでは何ともないはずです。50CCとかでは油断できませんよね。
多すぎるよりは少なめのほうがマシというのが今日の基本です。


ウェットサンプと言っても、デフのようにオイル溜めの中に潤滑部分が漬かっているような原始的な物ではなくてちゃんとポンプで汲み上げて各部に送るような仕組みになっていますので安心してください。

二輪と違ってだいたいの自動車のエンジンはドライサンプではないですよ。フェラーリとかポルシェは別ですけど。
オイル交換の時、エンジン底部にあるドレンボルトのみを抜いていますよね(ゲージ穴からも吸えますが)。オイル量を量るオイルゲージをエンジンに差し込んでいますよね。
けっこうな容量のオイルタンクがエンジンとは別に装備されていませんよね?
http://www2.yamaha-motor.jp/bike-word/word.asp?id=40
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%B5%A5%F3%A5%D7

ですのでオイルを入れ...続きを読む

QAPI規格 CFとCF-4の違い

ディーゼル用のエンジンオイルでAPI規格CFとCF-4の違いは乗用車用と農機・トラックようの違いという認識だったんですが、間違っていますか?

Aベストアンサー

ディーゼルエンジンオイル の規格
CF-4:
1991年の排ガス規制に対応し、軽油を使用するオンハイウェイ大型トラック等最も苛酷な条件で運転されるディーゼルエンジン用で、CEに比べ特にデポジット性能、スラッジ分散性能の向上を図るとともに、熱安定性およびオイル消費防止性を向上したもの。

CF:
建設用機械および農業用機械などいわゆるオフハイウェイディーゼルエンジン用に開発された油で、CDに代わるものとして、性能を向上したもの。

CI-4:
2002年排気規制に適合する高速4サイクルディーゼルエンジン用
・省燃費性の向上(ガソリンオイル規格の SL と同じ)
・Nox 低減の基準値向上
・スス(硫黄)の低減と排煤レベルを最高8-10%にする
・EGR システムを装着したエンジンに対応

参考URL:http://www.elf-lub.jp/tech/oil_k.html#api

Qターボ車のエンジンオイルは普通の物で良いですか?

軽自動車のターボ車の購入を検討しています。ターボ車はオイルの管理に気を遣うそうですが、入れるオイルは普通の物で良いんですか?
現在レガシー・カリーナの2台所有しておりトヨタディーラーでボトルキープの普通の安いエンジンオイルを入れてます。このオイルでもかまわないのであればオイル管理も少しは楽なんですが・・・

Aベストアンサー

最近の車種であれば、グレードにはそれほど気を使わなくても良いです。
ただ、ターボ車は、NA車よりオイルが高温になりやすいので、劣化が多少早い
傾向にありますので、オイル交換のスパンの方に気を配った方が良いかと思います。
あと、オイルはガソリンエンジン用の場合は10W-40とか5W-40といったような表記で
特性が表されます。後半の2桁数値が高温側の耐性を表しますので、高回転で
エンジンを回す乗り方を多用する場合は、この値の大きい物をチョイスした方が
良いかもしれません。
前半の数値は、車両の取扱説明書に記載されている数値より小さいものは
避けるべきです。同じか、大きい物を選んで下さい。この値が小さい方が
粘土が低く燃費が良くなりますが、指定値より小さいと油膜が切れたりして
エンジンに悪影響が出る可能性があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報