ガソリン車用、ディーゼル車用、それらの兼用と3種の種類がありますね。

ガソリン車のオイルを選んでいるのですが、ガソリン車用とディーゼル兼用とでどのような違いがあるでしょうか?
規格が違うのはわかるのですが、製品として見た場合、やはりガソリン車専用(ガソリン車であれば)の方が、余計な冗長性がなく良い、と考えて(選んで)良いのでしょうか?

それとも、専用、兼用はあまり関係なく、オイルメーカーのブレンド効率次第なのでしょうか?

BP、Gulf、Agip、Shell あたりで見ています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ガソリン車用、ディーゼル車用、それらの兼用と3種の種類がありますね。



ありますね。
EU・日本・北米オイル基準(仕様)にも、存在しています。
例えば、トヨタ純正オイル(トヨタ:キャッスル銘柄)にも10W30:SJ/CFというオイルが存在しています。
トヨタ純正オイルは、(記憶が確かなら)ESSOの製品ですから、国内外潤滑油精製メーカーでも多く製品化しているでしよう。

>ガソリン車用とディーゼル兼用とでどのような違いがあるでしょうか?

一番の違いは、自動車販売会社・車検整備工場にとって「オイル保管場所が、一箇所で済む事」です。
ディーゼル用・ガソリン用と、別々に保管する必要がありません。
業者にとっては、非常にありがたい商品です。
オイル自体で言うと・・・。
ガソリンエンジン用オイルは、「高回転に耐える(油膜を保持)」が重要。
ディーゼルエンジン用オイルは、「高温高圧に耐える+エンジン内洗浄(スス除去)機能」が重要。
つまり、基本となるオイル(ベースオイル)に各種添加剤を加えてガソリン用・ディーゼル用オイルとする訳です。
原油から精製した時点の潤滑油には、ガソリン用もディーゼル用も存在しませんからね。
結局は、ベースオイルに加えている各種添加剤の割合です。

>専用、兼用はあまり関係なく、オイルメーカーのブレンド効率次第なのでしょうか?

その通りですね。
300キロで爆走する自動車とかキャメルトロフィ参戦自動車などは、それぞれエンジンに合ったオイルを選択しないと不具合が生じます。
が、150キロ前後で走行する一般車両では問題ありませんからね。
ましてや、国内の最高速は100キロに過ぎません。
兼用オイルの誕生は、添加剤技術が進歩したのでしようね。
その代わり、ユーザーが後から自分の判断・任意でオイル添加剤を用いても効果が少なくなりましたがね。

>BP、Gulf、Agip、Shell あたりで見ています。

私が今乗っている(某ドイツ)車には、カストロールのガソリン・ディーゼル兼用油を用いています。^^;
BPオイルは、国内ではカストロールと同じ会社が精製していますから兼用オイルが存在します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく非常に参考になります。

やはり、街乗りレベルでは、専用、兼用は変わらないのですね。
(敢えて 専用品に絞って選ぶほどのメリットもない)

整備工場での在庫が1つでよい、というのは 確かに!ですね
(整備工場の購入量は、一般売りよりはるかに多いでしょうから)

貴重な情報、詳細な説明ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/09 08:01

私も疑問に感じて昔聞いた事があります。


ディーゼル車専用というのは知りませんが。
ガソリン専用というのはガソリン車用に開発されたと言うよりも、ディーゼルには使えないと言うことでした。
ディーゼル車用オイルは・・・ディーゼル車は黒煙が多くエンジン内部の黒煙を落とす作用がある物だそうです。
従ってそれをガソリン車に使っても問題は無いが、逆にその作用が無いガソリン車用のオイルをディーゼル車に使うとエンジンに悪影響を及ぼすと言うことでした。
もちろん話の内容は私が素人のためそのような話しの表現だとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/09 07:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルと茹でたお湯を乳化することに関して

ペペロンチーニをよく作るのですが、仕上げでオリーブオイルとパスタを茹でたお湯を乳化させますよね?
一般にオリーブオイルは100℃以上に温度をあげるとその風味が失われるそうですが、一定以上の温度に上げないと乳化できませんよね?

少しずつ茹でたお湯を入れてかき混ぜることで乳化しやすくなるそうですが、温度もある程度高くないとうまい具合に乳化しないと思うのですが、どうすればよいでしょうか?

後、乳化させた後、オリーブオイルを少量垂らすのは何故ですか?

Aベストアンサー

よくパスタを作ります。乳化はおいしく作るポイントではありますが、そんなに神経を使う必要はないと思います。プロでも乳化させないでパスタを混ぜる人もいるぐらいですから(料理本にも乳化に言及していないものが多々あります)。

その上で申し上げますと、温度はあまり関係ないです。うまく乳化させるコツは、適度に混ぜ(攪拌)、振る(振動)こと。乳化の目的は、茹で汁とオイルを合わせて「ソースを作る」ことですから、簡単に言えば、十分に混ざり合えばいいわけです。正確に何度とということは気にせずに、茹で汁を加えたらスプーンでよく混ぜ、パスタを加えたら中火で熱しながら、フライパンを揺する。これでうまくいくと思います。茹で汁をあまり加えすぎると、水っぽくなってとろみがでませんから気をつけてください。

オリーブオイルを垂らすのは、香りづけです。中華で言う化粧油と一緒ですね。良質なオイルほど香りがたちますので、できればエクストラバージン・オイルを使いたいところです。

Q【ディーゼル車】ディーゼル車に灯油を入れて走らせたら壊れませんか?サラダ油の廃油をバイオディーゼ

【ディーゼル車】ディーゼル車に灯油を入れて走らせたら壊れませんか?

サラダ油の廃油をバイオディーゼル油にするには廃油に何を入れたらいいんですか?

バイオディーゼル油が1番として、サラダ油の廃油と灯油ならどちらの方が車は壊れませんか?

Aベストアンサー

灯油の添加剤でオクタン価を変更できる薬剤も販売されています
http://firstadd.com/tenka/
など

ただし
一般道で走らせた場合、脱税となり、違法行為となります

また灯油にはクマリンが軽油識別剤として添加されているので
検査ですぐに判明します

クマリン除去し、添加剤を混ぜた不正軽油を製造する事件が稀に発生してます

100%バイオディーゼル油で、一切石油製品を混ぜない場合は違法行為とはなりません

混ぜた場合は都道府県知事の承認が必要です(税金の対象)

Qペペロンチーノのオイル乳化

先日、初めてペペロンチーノを作りました。
オリーブオイルにニンニクを入れ熱し、鷹の爪を入れ、オリーブオイルと同量位のパスタの茹で汁を入れました。
このやりかたで1回目、2回目はオイルがちゃんと乳化しましたが、3回目は乳化せず、4回目はオイルと茹で汁がバチバチと跳ね、フライパンにコンロの火が入る寸前でした。

作り方は全く変えていないつもりです。
何故うまく乳化しないのでしょうか?
コツがあれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

手際が良くなったんじゃないですか?

乳化させるには茹で汁を使います。
つまり、乳化には塩分の他に、パスタから溶け出たでんぷんが必要なんです。
手際が良くなると、パスタ投入からの時間が不十分になり、
するとでんぷんの濃度が薄く、単なる熱湯を使うのと大差なくなりますから、
乳化しにくかったり、必要以上にはねたりします。

それと、オイルの温度が高いかな・・・
焦げないことがわかってくると、火加減がほんのり強めになったり
加熱している時間が延びたりします。
これも慣れてくればこそ。
しかし、熱しすぎたオイルでは乳化のキメが粗くなるので
良い仕上がりではなくなります。
端的に言うと、乳化したとは言い難い状態です。

必要そうならフライパンの底を濡れ布巾でじゅっと冷まして、
それからちゃんと茹で汁になった茹で汁を使ってみてください。
きっとまたうまくいくと思いますよ。
そしてもっと慣れれば、茹で汁とオイルの見た目から
「あ、これ失敗しそう」って直感的にわかるようになります。
楽しんで続けてくださいね。

Qディーゼル車にガソリンを入れたらどうなりますか?

ディーゼル車にガソリンを入れたらどうなりますか?

Aベストアンサー

ガソリンと軽油は燃料の特性が異なります。
他の人が言及している、潤滑性。燃料ポンプや燃料弁への潤滑がガソリンの場合は粘性が低く、期待できません→故障の原因になります。

もう一点、根本的な問題があります。ガソリンエンジンはプラグのスパークという火種があって着火します。気温がマイナスの環境でもエンジンの始動ができるように燃料の引火点が-30~-40度くらいです。
ガソリンが火種がない状態で自然着火する発火点は意外にも500度の高温です。→ガソリンはプラグのないディーゼルエンジンの燃料にはなりません。
一方、軽油はガソリンと反対の特性があって、引火点は40度程度・・・という事は、ガソリン車に軽油を入れた場合は寒冷地ではもちろん、本州でも起動不能でしょう(他の回答者様が動いていたという例はガソリンと軽油が混合した状態だと思われます)
気温程度の温度の軽油にマッチの火を突っ込んでも、着火せず消えてしまうのです。(ガソリンでそんな事をすると爆発に近い燃焼となります)

回答としては、起動不能・・という事になります

参考URL:http://www.isuzu.co.jp/semi/diesel_1/merit/05.html

ガソリンと軽油は燃料の特性が異なります。
他の人が言及している、潤滑性。燃料ポンプや燃料弁への潤滑がガソリンの場合は粘性が低く、期待できません→故障の原因になります。

もう一点、根本的な問題があります。ガソリンエンジンはプラグのスパークという火種があって着火します。気温がマイナスの環境でもエンジンの始動ができるように燃料の引火点が-30~-40度くらいです。
ガソリンが火種がない状態で自然着火する発火点は意外にも500度の高温です。→ガソリンはプラグのないディーゼルエンジンの...続きを読む

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ 平成23年式 25000kmの中古に乗り始めて1年くらいです。
以前よりエンジンオイルは自分で交換しますが、この度フィラーキャップの内側に
乳化したオイルが結構付着していました。


お尋ねしたいのは「鉱物油と部分合成油などの違いで乳化しやすい、しにくいなどの違いが
あるかどうか」です。(鉱物油10W-30)を使用したいたサンバーでは同じ走行方法で
乳化したことは皆無だったので)現在は5W-30(モービルスーパー1000)

Aベストアンサー

こんにちは。
エンジンオイルの乳化は、エンジン内部(クランクケースやロッカーカバー内)の「結露」でしょうから、オイルの組成の違いには関係無いと考えます。
それも、「1年くらい」ということは、昨年(昨シーズン)は無くて、今年(今シーズン)初めてなのですよね。
同じ走行方法でも、FF車(ボンネットタイプ3気筒)とFR車(サンバーはキャブオーバーエンジンの4気筒ですよね)の違い、ギヤ比の違い(=常用エンジン回転数の違い)、今年の外気温(湿度)と昨年の外気温(湿度)の違いなどから、エンジンの温度上昇時間の差や最終のエンジン温度の差、エンジン冷却に掛かる時間の違い(キャブオーバーよりボンネット1枚のほうが冷えやすいでしょう)などが発生し乳化に至ったと考えます。
もう少し発生状況(環境)などを見極めてから、来シーズンは試しに鉱物油の5W-30を使ってみてはいかがでしょうかね。

Q軽自動車にバイク用の安オイル入れても支障ありませんか。もちろん4スト用

軽自動車にバイク用の安オイル入れても支障ありませんか。もちろん4スト用です。
ホームセンターで1Lで600円なので3Lだと1800円で自分で交換出来ます。

廃油はスタンドに持って行くと処分してもらえますか。

Aベストアンサー

1800円なら、4輪用の安いオイルがおつりが付いて買えますけど、2輪用を使おうとする理由はあるのでしょうか?
4Lで980円なども出ていますよ。

基本的に2輪用は構造的な違いから、潤滑剤の種類が違います。
4輪用を2輪は使え無いバイクが多いですが、逆はある程度使えると思います。

ただ、わざわざ高いオイルを使う理由が判りません。

ガソリンスタンドは、最近は廃油の処理もお金を払って処理している場合があります。
お金を払って処理しているのに、持込でただで処分すると言う事は出来ませんので、駄目と言われることも多いかと思います。

住んでいる自治体などで、オイル処理箱などでの処分を許可しているところであればその様な形で処分されてください。

Qスパゲティをつくるときに使うオリーブオイル

オリーブオイルについておしえてください。スパゲティをつくるのに向いているオリーブオイルってありますか?オリーブオイルならなんでも大丈夫とか、こういう種類がいいよなどあれば教えて下さい。わたしはおもに、スパゲティか、サラダに使っているのですが、詳しくないので、スーパーでみかけたものをそのまま買って使っています。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エクストラバージンオイルだったらどれでも大丈夫dすよ。もちろん味の好みはあるでしょうが。

オリーブオイルの種類は

バージンオリーブオイル(酸度によってエクストラ・バージン[酸度は1.0%以下]、バージン、オーディナリー・バージンに分かれます)

精製オリーブオイル 癖などを取り除いた物です。

オリーブオイル  バージンオイルと精製オリーブオイルをブレンドした物です。

があります。

さっぱりと作りたかったら精製オリーブオイルがいいですね。

サラダなどでオリーブの風味を感じさせるのにはエクストラバージンオイルなんかがいいです。

どちらにせよ味には好みがあるのこ雨氷な物を見つけるまでいろいろ試すしかないです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/YMTI/kindofoliveoil.htm

Qディーゼル噴射とガソリン噴射の違い

ディーゼル噴射とガソリン噴射の作動はどう違うのか教えてください。
ガソリン噴射は混合気体でディーゼル噴射は直接燃料を噴射するところに違いがあると思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

「噴射」で考えるからややこしいんです。
「燃料」または「燃焼」で考えましょう。その違いに対応するために、噴射方式が違ってくるのです。

ガソリンは引火点は低いものの着火点は比較的高い。常温でも火種があれば燃焼しますが、300~500℃までは火種が無ければ燃焼しません。
ディーゼルエンジンでよく使われる軽油は引火点は比較的高く着火点は低い。常温では火種があっても燃焼しませんが、250~350℃で火種が無くても燃焼します。

そのため、ガソリンエンジンは火種としてスパークフラグが必要となります。また一般的には空気と燃料が十分に混じった状態で点火してシリンダ全体に燃焼を行き渡らせる必要があります。そのため、シリンダの外側の吸気ポートに設けたインジェクタが、吸気工程中に吸気バルブが開いている隙間からシリンダ内に燃料を噴射し、圧縮工程中に空気と混合させます。(かつてはもっと手前で燃料と空気を混合していました)

一方、ディーゼルエンジンは高い圧縮比により吸入した空気が高温となり、そこに燃料を噴射することにより自己着火させます。
最近はコモンレール式と呼ばれる方法で、高圧に蓄圧した燃料を任意のタイミングで複数回噴射させることにより、理想的な燃焼を実現し、かつてに比べ大気汚染物質の排出量を激減させています。
ちなみにディーゼルエンジンの噴射圧力が高圧化されていくのは、
・燃料を芯まで完全に燃やすために燃料噴霧の粒径を小さくしたい。
 →粒径を小さくすると噴霧が十分遠くまで飛ばない
・完全に燃焼させるためには十分な空気が必要
 →噴霧は十分遠くまで飛ばしたい
ということで、噴霧粒径を小さくしても遠くまで飛ばすために高圧で噴射する必要があるのです。

実際には、コモンレール以前にはディーゼルエンジンでも予燃焼室式とか渦流室式といった直噴以外の方式がありました。
最近はガソリンエンジンでも直噴式のものも増えてきましたが、それにはまた別の理由があります(説明しきれない(出来ない)ので省略)

参考URL:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20070213/127677/

「噴射」で考えるからややこしいんです。
「燃料」または「燃焼」で考えましょう。その違いに対応するために、噴射方式が違ってくるのです。

ガソリンは引火点は低いものの着火点は比較的高い。常温でも火種があれば燃焼しますが、300~500℃までは火種が無ければ燃焼しません。
ディーゼルエンジンでよく使われる軽油は引火点は比較的高く着火点は低い。常温では火種があっても燃焼しませんが、250~350℃で火種が無くても燃焼します。

そのため、ガソリンエンジンは火種としてスパークフラグが必要となり...続きを読む

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ でエンジンオイルの乳化についてですが
4ヶ月4000kmで交換した際には給油キャップの裏に乳化したものが結構付着していました。
以前に乗っていたH32Vでは一度も起きたことがありませんでした。

取扱説明書には白いものが付着しますが心配ありませんと記述があります。
念のために自分でエンジンオイルを交換しましたが、3日目にまた少量付着しています。
ディーラーなどで専用のオイルを使用してのフラッシングがあるようですが、それをしないで
このまま乗り続けてもいいものでしょうか?

片道6~8kmの走行が多くて購入直後の昨年の夏前後には見られなかった症状です。
冬場に結露したものがオイルに混ざるという現象だということは分かるのですが、他の軽自動車でもよくあるものなのでしょうか?
冷却水のリザーバータンクにはオイル混入などは無く、フィラーキャップもしっかりと締まっています。(レベルゲージには付着しない)
このような状態で十分な潤滑がされるものかどうか・・・

Aベストアンサー

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが、エンジン形式が異なりますので単純には比較出来ないとは考えます。
*H32Vは4気筒のたしかキャブレター車、H42Vは3気筒のインジェクション車、新車当時の排気ガス規制基準も異なっていると思われます。

現在は、フィラーキャップ裏側だけでレベルゲージに付着したオイルには乳化が見られないのでしたら、乳化の初期段階でオイル全体は白濁した訳ではないでしょうから、オイル交換やフラッシングまでは必要ないと考えます。
また、フラッシングやオイル交換をしても、同じ条件下(外気温や湿度によりますが・・)では、また発生してしまう可能性も大でしょう。

私の車のときの乳化、息子の車の乳化も、フィラーキャップに付着した程度でしたのでオイル交換などはせず、そのかわりに一週間に一度程度は乳化が見られなくなるまで、ちょっと長めの走行(仕事帰りに回り道やちょっとしたドライブ:15~20km程度)をして完全暖機(エンジン全体の温度を十分に上げて結露で発生した水分やオイル内の水分を完全に飛ばしてしまう)をしていました。
私はこれが一番効果的ではないかと考えています。(短距離走行繰り返し時のバッテリー消耗の充電にも効果的ですよね)

そういう具合で7~8年は使っていましたが、エンジンには何ら問題はなかったですね。
今も息子には、週一はちょっと長めに走行するように勧めています。
ちなみにオイル交換は約1万キロまたは年1度程度の間隔で実施していました。

こんな具合で良いと思うのですが・・・・ご参考になれば幸いです。

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが...続きを読む

Qガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いについて簡潔に教えていただきたいです。

また、それぞれのメリット・デメリットについても教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最も大きな違いは点火方式です。ガソリンエンジンでは点火プラグによる電気火花で点火しますが、ディーゼルエンジンでは特別な点火装置はありません。ディーゼルエンジンでは、先ず空気だけを吸入してそれを圧縮します。空気は圧縮されることによって温度が上がるので、そこに霧状にした燃料を吹き込んでやると、燃料が自然着火して燃焼が始まります。もちろん、点火に十分な温度になるまで圧縮する必要があるためガソリンエンジンより高い圧縮比が必要です。また、燃料も着火点の低いものが必用ですので、重油や軽油が用いられます。

ガソリンエンジンの長所は外形寸法、重量の割りに大きな出力が得られる。動作音が比較的静かである。ディーゼルに比べ排気ガスの浄化がやりやすいことなどでしょう。欠点としては圧縮比があまり高く取れないので熱効率はディーゼルに劣る。ノッキングなど異常燃焼の発生があるためあまり大きなものは作れないなどでしょう。

ディーゼルエンジンの長所は、圧縮比が高いので熱効率が良い。機械的な強度さえ許せばターボなどによる過給による出力向上の効果をガソリンエンジンより大きく出来る。大型船舶用等の巨大なもの物が作れる。短所は同じ出力のガソリンエンジンより大きく重くなる。動作音が大きい。排気ガスの浄化が難しいところでしょう。

ガソリンエンジンでは通常(シリンダー内部に燃料を直接吹き込む形式もあるが、これも混合ガスにしてから点火することに変りは無い)燃料と空気を混合してガス状にしてから点火プラグの電気火花で点火しますが、燃焼は点火プラグの回りからシリンダー周辺に向かって広がっていきます。このように円滑に燃焼を行うには圧縮比をある程度以下に抑える必要があり、また、シリンダーの直径をあまり大きくすることが出来ないという制限を生むことになります。これを無視してむやみ圧縮比を上げたり、シリンダー直径を大きくすると、点火プラグの火花の前に勝手に着火してしまったり、着火直後にシリンダー内の圧力が上がり始めたところで、シリンダー周辺部などから無秩序に燃焼を開始してしまうという異常燃焼を起こしてしまいます。そのため、ある程度の大きさ以上のエンジンを作ることは難しいことや、ターボチャージャーなどを使って過給する際も、あらかじめエンジン自体の圧縮比を下げるなどの対策をしないと異常燃焼を招きます。しかし、あらかじめ空気と燃料が十分に混合したところに点火するので燃焼速度が速く、高速回転に向いていますので、比較的小型のエンジンでも高い出力を得ることが出来ます。また、圧縮比が比較的低いので各部の強度がディーゼルほど高い必要も無く、ピストンやコンロッドなどの往復運動する部分が軽く作れることも高速化に向いていますし、動作部分の重さが軽いのでアクセルに対する反応も速く出来ます。そして全体の重量も低く抑える事もできます。

ディーゼルエンジンはシリンダー内に吸い込むのは空気のみですから、圧縮過程で異常燃焼を起こすことはありませんし、必要な時期に燃料を霧状にして吹き込み、燃料は空気と混合すると同時に燃焼していきますので、圧縮比は機械的強度が許せばいくらでも上げられますし、ターボチャージャーなどの過給にもむいています。また、シリンダーの直径の制限もありませんので巨大なエンジンも作れます。じっさい、大型タンカーなどの船舶用のエンジンではシリンダー直径が1メートルでストロークが3メートルで出力数万馬力なんていう、化け物のようなエンジンも使われています。ただし、シリンダー内で霧状の燃料が空気と混合しながら燃焼するため燃焼速度が遅く、不完全燃焼も起こりやすいという欠点があり、また、圧縮比が高いので各部の強度を強くしなければならず、高速回転には向きませんし軽量化でもガソリンエンジンより不利になります。

それから、ガソリンエンジンの世界ではすっかり陰を潜めてしまった2ストロークエンジンですが、先ほどの話に出てきた大型エンジンなどは2ストロークのディーゼルエンジンです。2ストロークといってもバイクなどの方式とは異なり、4ストロークエンジンのような排気バルブがあるのですが、吸気バルブはありません。ユニフロースカベンジングというタイプのエンジンで、発電用や船舶用などの大型(超大型かも)エンジンでは主流です。

最も大きな違いは点火方式です。ガソリンエンジンでは点火プラグによる電気火花で点火しますが、ディーゼルエンジンでは特別な点火装置はありません。ディーゼルエンジンでは、先ず空気だけを吸入してそれを圧縮します。空気は圧縮されることによって温度が上がるので、そこに霧状にした燃料を吹き込んでやると、燃料が自然着火して燃焼が始まります。もちろん、点火に十分な温度になるまで圧縮する必要があるためガソリンエンジンより高い圧縮比が必要です。また、燃料も着火点の低いものが必用ですので、重油や...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング