まず始めに、私は軍事に関しては全くの素人ですので、詳しい人から見ればくだらない質問に見えるかもしれません。その点、どうかご理解ください…

海軍甲事件と言えば、連合艦隊司令長官の山本五十六さんが戦死された事件でありますが、どうしても気になる事が二つあります。
(1)何故、護衛戦闘機が少数だったのか?
軍事に詳しくないので少数であるのかという正しい判断は出来ませんが、素人目線で見ると、仮にも海軍の現場の最高指揮官が移動するのですから、護衛戦闘機はもっと沢山出さなければならないのではと思ってしまいます…何故、9機だけだったのでしょうか?

(2)宇垣纏さんの救出について
宇垣さんは二番機に乗っていて、不時着したが助かったと聞きます。何故、助かる事が出来たのでしょうか?事故から生還にいたる経緯というのははっきり分からないのでしょうか?例えば、墜落する前に飛び降りたとか…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)について・・・


山本長官の指示で護衛機は6機となりました。
護衛機を出す第204航空隊では、当初は稼動全機である二十数機を長官の護衛に付けようとしました。
しかし、山本長官は「たかが、護衛のために大切な戦闘機をそんなに使う事はない。6機でよろしい」と断られたそうです。
また、第3艦隊も連合艦隊司令部に高田参謀を差し向け、長官の護衛機を何十機でも提供するという申し出を行わせています。
しかし、これについても「搭乗員達は疲れているだろうし6機で充分であるから」と断られたそうです。
各航空隊は連日の戦闘で消耗し、搭乗員も疲労し、戦力を低下させている事を山本長官は慮ったのでしょう。
例えば当時、第204飛行隊には60機の零戦がありましたが、機体の損傷、搭乗員の負傷や疲労ですぐ飛べるのはその三分の一でしかなかったそうです。

なお、山本長官の護衛に参加し任務に失敗した零戦パイロットの柳谷謙治飛行兵長は戦後に次のような事を言っています。
「通常の護衛は爆撃機1機に戦闘機は1機しかつかず、せいぜい多くても爆撃機2機に戦闘機3機というのが普通の作戦方式でした。事実それで充分なんです。それを陸攻2機に6機も護衛が付くのですから、はるかに重護衛とみていいわけです」
また、敵基地攻撃や強行偵察ではなく、通いなれたブイン街道(ラバウルとブイン間の空路)での護衛ならまず平穏な飛行になるだろうと思っていたそうです。

まあ、山本長官に油断があったという事でしょう。
アメリカ軍の飛行場はガダルカナルにあるわけですが、そこからブーゲンビル島のブインまではかなりの距離があり、途中に島々が幾つもあってニュージョージア島、レンドヴァ島、ショートランド島などには日本軍の対空監視所が設けられており、アメリカ軍の襲来を察知できる体制になっています。
暗号が解読されているとは知らず、そうした対空警戒網があり敵の襲来を察知できると思えば、護衛が少数でも大丈夫だと判断したのでしょう。
しかし、敵は暗号を解読し正確な情報を掴み、艦船用コンパスを戦闘機に積み燃料補助タンクを取り付けて、通常より航続距離を伸ばし、日本の対空監視網のある島々を大きく迂回するなどして、日本軍の裏を掻きました。これはアメリカ軍が一枚上手だった言うべきでしょう。

(2)について・・・
山本長官の乗っていた機は陸上へ墜落しましたが、宇垣参謀長の乗っていた機は敵機の銃撃により損傷を受け、陸から100メートルほどの海上へ着水するよに墜落したそうです。
宇垣参謀長は両手両足を踏ん張っていたため、海上に突入した際は無事でしたが、機体が横転したため、もんどり打って機内の通路に投げ出されたそうです。そして機内に海水が流れ込んできて、もはやこれまでと覚悟を決めたそうですが、気がついたら海面に浮かび上がっていたそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
山本長官がそこまで断っていたのは知りませんでした。また、意外と護衛は少ないものなんですね…

宇垣さんについても詳しく回答ありがとうございます。運が良かったことに尽きますね

お礼日時:2011/04/09 15:49

>(1)何故、護衛戦闘機が少数だったのか?


たかが司令長官の移動に一個中隊の戦闘機を割いているのですから少数とは言えないでしょう。
最前線基地への移動とはいえ、最前線基地とはつまり自軍の勢力圏内です。
この条件で長官機以下の陸攻機が落とされるのはどういう場面なのか、その状況まで想定するのは現実的かという話になるでしょう。
もっと沢山~~というのは襲撃を知っている後知恵目線ありきに見えて仕方ありません。

>(2)宇垣纏さんの救出について
不時着救助ですんで、飛び降りちゃいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。六機というのは充分だったのですか…まったく意外でした。結果論的になるのは多少ありましたが、私のイメージでは高官は何十機で護衛されているのかと思っていたので質問しました。

宇垣さんは海でしたか…

お礼日時:2011/04/09 15:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q既存のゲーム(えいご漬け)に似たゲームを作ると著作権違反ですか?

ほかカテでも質問しましたが再度質問させていただきます。

えいご漬けっぽいFLASHを作ると著作権侵害でしょうか?
えいご漬けの体験版をやってみて、FLASHで作れそうだなと思いました。

えいご漬け体験版
http://www.plato-web.com/software/eigo/download.html

もし同じようなものをFLASHで作って公開したら
著作権侵害になるでしょうか?

【内容】
えいご漬けのように、文章が読み上げられ、それをアルファベットで入力するゲーム。
文章はオリジナル、音声も友人のカナダ人にお願いします

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

著作権は「表現」を保護するものです。
なので、キャラクターや画像・文章・プログラムソースなどを盗用しない限りは問題ありません。
外見的にまったく同じ動作をするものを作っても、プログラムを独自に作ったのであれば著作権法には触れないのです(なので、MicrosoftはWindows95でAppleから訴えられましたが、問題ありませんでした)。
ご質問の例で言えば、「えいご漬け」の例文をそのままパクってきたり、「えいご漬け」をリバースエンジニアリングしてプログラムを作成したら著作権法に抵触しかねませんが、文章やプログラムがオリジナルなら問題ないと思われます。

一般的に、プログラムロジックそのもの・アルゴリズムそのものは著作権法によって保護 *されません* 。
しかしながら、一部のプログラムロジック・アルゴリズムや表示形態などは、特許権や商標権などの工業権により保護されている場合もありますので注意が必要です。もっとも、工業権により保護されている場合はその旨が表示されていることが多いので、表示がなければほぼ大丈夫と考えていいと思います。

Q「5・15事件」海軍はなぜ犬養毅を射殺したのか

海軍軍縮をした民政党を恨むのならわかる。
ところが民政党を倒して政権交代した
政友会の犬養毅が暗殺される理由が解せません。
「とばっちり」という回答ではなく
なぜ殺したのか、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

犬養自身は軍縮を唱えていた人間ですが、ロンドン軍縮条約では「統帥権干犯」を唱えて政府を非難し、結果的に軍部の暴走の後押しをしてしまいます。
つまり犬養は国益よりも議会における自党の主導権確保を優先させるという、政治家としては無責任のそしりを免れぬ人物でした。
結果、満州事変でも犬養は本音で国際的孤立を招く軍部の暴走を危惧していたのは間違い無いのですが、自分が火を付けた「統帥権の独立」を盾にする関東軍の行動を黙認せざるえませんでした。
この行為は当時から「党利党略で国を危うくするもの」だと強く批判され(最終的に犬養や鳩山らがたきつけてしまった「統帥権」問題は大日本帝国滅亡の遠因となります)、更に五私鉄疑獄事件、そして世界恐慌に対する無策なども加わり、急速に政党政治に対する不満が高まっている時期だったのです。
5・15事件を引き起こした将校達は、このような空気から「政党政治の長としての首相、犬養毅」の命を狙ったのでした。
結果的に犬養は自分で引き起こしてしまった政党政治への不信により墓穴を掘った

QDS版「えいご漬け」のような筆記タイプの英語学習ソフト

NitendoDSの「えいご漬け」のような筆記で英語を学習するソフトを探しています。「えいご漬け」はPC版では筆記機能はない様で、できればタブレットを用いて英語を学習するPCソフトがあれば是非教えてください。

Aベストアンサー

「タブレット 学習ソフト」でググってみましたが、ヒットするのは児童向けソフトだけですね。英語学習ソフトは見当たらないので、たぶんないのだろうと思います。タブレットはPCの標準装備品ではありませんから、その存在を前提にしたソフトは市場的に難しいのでしょう。

Q旧日本海軍の海軍工廠の職位について調べております

戦前、戦中を時代にした小説を書くために調べております。
質問(1):旧日本海軍の海軍工廠で技術士官と技師は同じでしょうか?
質問(2):技師(技術士官?)という職位は通常、高等教育を受けた人でないとなれないと思いますが、職工などからなった人はいるのでしょうか? もしいたとして具体的なお名前がわかれば幸いです。そういう方について紹介された書籍、HP(URL)をお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

私の父は 海軍工廠ではなく、海軍火薬廠に勤務しておりましたが、軍人ではなく技師でした。学歴は旧制高等工業卒です。
海軍に入った時は、恐らく雇員から始めたと思います。それから、判任官の技手(海軍ではギテと読みます)、その後、そう任官の技師になったおります。住まいは、海軍高等官官舎で一番の屋敷は、廠長官舎(少将か中将)、その次は、大佐、、、と位によって屋敷の広さが異なっていました。私の家は、同じ官舎の中で移動しております。 終戦の時は大佐級の次の階級の官舎(と思われる)に住んでいました。 父は仕事上は軍属でしたが、所謂兵隊の位に直すと少佐に相当する待遇だったようです。終戦後、米軍が接収に来たとき、父より上位の人がでてこなくなり、父が折衝の任にあったと聴いており、当時の写真を見ると、任官したのかどうかは確実でには知りませんが、海軍大尉のr肩章を付けております。(何でも東條に2等兵で引っ張られるのを避けて、任官し即時退役なんて手段もあったと聞いております。) 父の高等工業の後輩が結構少尉に任官され着任されておりましたね。 陸軍へ徴兵されるのを避けるため、軍籍をとる技師の方が多かったと聞いております。父の部下で、職工(工員)から試験をうけ少尉に任官された方がおられました。数学や物理など相当、父が面倒を見て試験を受けられたようです。

私の父は 海軍工廠ではなく、海軍火薬廠に勤務しておりましたが、軍人ではなく技師でした。学歴は旧制高等工業卒です。
海軍に入った時は、恐らく雇員から始めたと思います。それから、判任官の技手(海軍ではギテと読みます)、その後、そう任官の技師になったおります。住まいは、海軍高等官官舎で一番の屋敷は、廠長官舎(少将か中将)、その次は、大佐、、、と位によって屋敷の広さが異なっていました。私の家は、同じ官舎の中で移動しております。 終戦の時は大佐級の次の階級の官舎(と思われる)に住んで...続きを読む

Qどんなに楽しいだろうかと思う。 をえいごにしてください!

どんなに楽しいだろうかと思う。

をえいごにしてください!

Aベストアンサー

I think how fun this could be.

Q最近、日本の太平洋戦争時代の陸・海軍について疑問に思っている事が二つあ

最近、日本の太平洋戦争時代の陸・海軍について疑問に思っている事が二つありまして、

一つは、海軍の航空母艦の乗組員(戦闘機乗りの人達以外)の人達にはどんな仕事があるのでしょう?
ご飯を作ったり船の中の掃除をしたりなんでしょうか…?

二つ目は、少尉、軍曹、などの階級って何をしたら上に上がれるのでしょうか…?
なんとなく戦闘で手柄を立てたりしたら上がれるのかな、と思っていたのですが
その場合、上のご飯を作ったり掃除をしたり、他には衛生兵など、
そういう実際に闘ってない人はどうやって階級を上げるんだろうと考えるとよく分からないです。


つい最近、歴史(特に軍事関係)に興味を持ち始め色々調べ始めたので、
上の文の内容ですらもしかして合っていない部分があるかもしれませんが
お手柔らかに教えて頂くととても助かります;

では皆様の回答お待ちしております。

Aベストアンサー

 空母ならば航空機の整備点検を行う専門要員がいますね。他には、弾薬等の維持管理、機関(エンジン)の整備・点検・運転、飛行甲板における航空機の誘導、通信、電探(レーダー)、目視による洋上・航空監視、操船、運航管理、航空指揮、航行指揮、etc...
 当時の航空母艦は乗員数が1000人前後、大型艦だと2000人を超えますから、清掃要員ばっかりではないです。
 昇格は兵下士官と将校とでは若干異なりますが、いずれも役職に見合った働きをすれば、勤続年数などにより逐次昇格していきます。もちろん、それなりの手柄を立てれば昇格も早いです。ただ、戦闘や作戦指揮などに直接関わっていない兵員はなかなかそれらしい手柄を立てる機会は無かったでしょうね。

Qえいご漬けシリーズは初心者にはどれがいいですか?

・・・対話や2回戦等シリーズが結構あるえいご漬けですが
中学高校レベルの英語の読み書きができるようになるには
初心者にはどのシリーズがいいですか?

Aベストアンサー

えいご漬けと2回戦は収録されている語彙が違う程度なので、同レベルだと思います。

対話は会話に使われる言い回しとかが収録されていて、長文の例題(?)が多いので、初心者は後回しのほうがいいかもしれません。

ルールと仕組みは、以前は文法・語順となっていたので基本的な事が学べると思います。で、これをレベルアップしたのがこうぶん漬けなのかな?

発売もとのプラトでは
 ルールと仕組み・えいご漬け、えいご漬け2回戦・こうぶん漬け、対話
の順にレベルを設定しているようです。

参考URL:http://www.plato-web.com/software/eigo/level.html

Q甲標的 甲型(潜航艇)について

甲標的 甲型は回天のように潜水艦に乗せられて出撃したのでしょうか?またプラモでは(真珠湾)や(シドニー)とパッケージに記載されているものがありますが2種類の甲標的甲型があったのでしょうか?真珠湾では特攻兵器は使われていないと思うのですが。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 甲標的特殊潜航艇には「甲」「乙」「丙」の3型が存在していました。真珠湾攻撃の際には5隻の甲標的が出撃しましたが、それぞれ伊16、18、20、22、24の後甲板に一隻ずつ搭載されていました。

 そのほかにも甲標的は専用の「千歳型母艦」も建造されており、これらを利用して発進や襲撃訓練を行っています。さらに一等輸送艦による輸送も行われており、この際には艦尾より発進するように計画されていました。現在のウェルデッキを持った揚陸艦のはしりとも言えるかもしれませんね。

 真珠湾とオーストラリアのシドニーを攻撃したタイプはどちらも「甲」型ですが、シドニー湾やタイローズ湾に侵入した甲標的は、湾や港に張られた潜水艦進入防護材を乗り越えるためのソリ型のガードが艦首についているのが外見上の違いといえます。他にも操舵の油圧式への変更や水中聴音機の装備なども行われていますので、この型は甲標的「甲」型改とでも言うべきかもしれません。ただこのガードが攻撃の際に裏目に出たことは残念でしたね。

 蛇足ですが、「甲」型は約60隻、「乙」型は約4隻(いわゆる実験艦でした)、「丙」型は約75隻が建造されたといわれています。

 甲標的特殊潜航艇には「甲」「乙」「丙」の3型が存在していました。真珠湾攻撃の際には5隻の甲標的が出撃しましたが、それぞれ伊16、18、20、22、24の後甲板に一隻ずつ搭載されていました。

 そのほかにも甲標的は専用の「千歳型母艦」も建造されており、これらを利用して発進や襲撃訓練を行っています。さらに一等輸送艦による輸送も行われており、この際には艦尾より発進するように計画されていました。現在のウェルデッキを持った揚陸艦のはしりとも言えるかもしれませんね。

 真珠湾と...続きを読む

Qもう嫌になっちゃったから、話したくない 明日から声かけなくていいから とえいごでなんといいますか?

もう嫌になっちゃったから、話したくない
明日から声かけなくていいから

とえいごでなんといいますか?

Aベストアンサー

Since I became dislike you, I do not want to talk.
you need not talk to me from tomorrow.

Qもし自分が武将で敵軍は圧倒的な軍事力があり自分の軍は軍事力ではまったく

もし自分が武将で敵軍は圧倒的な軍事力があり自分の軍は軍事力ではまったく歯が立たないという状況があったと

します 兵数でも兵器の質でもかなわないしかし負ければ自国は滅びるか衰退してしまう
貴方がこの自国の滅亡を防ぐための最後の決戦の総指揮を任されたとすればどうしますか
どのような戦略 奇策 対策 をしますか
地理や将軍たちの質 年代 国などの設定はお任せします

Aベストアンサー

歴史にあまり興味がない方でしょうか?
「勝つ」必要はないんですよね。滅ばない方法としては、過去にいくつもの例が実在します。

朝鮮半島の歴史では、民衆をほったらかしにして、国土を焦土化した後、支配者層だけが島に立てこもりました。ローマでもハンニバル軍に対して同様のことをしています。
敵軍が遠征軍の場合、補給線を押さえ込めば、逃げるだけで勝つことができます。

その応用編として、項羽と劉邦の戦いがあります。劉邦は超大軍ですが協力者の寄せ集め、それに対して項羽という圧倒的な強軍でした。項羽に対して、その補給線を邪魔するゲリラ軍を組織し、劉邦自身は十分な補給線を確保しつつ大陸を逃げ回ります。

国内では、真田幸村のお父さん昌幸さんが、圧倒的な大軍を中山道に釘付けにする、という戦いをしたことがあります。
また、大坂冬の陣自体も、ご指摘の状況での戦い方のひとつですね。実際には軍事以外の理由で失敗をしてしまっていますが、大戦略での劣勢を戦術で逆転させるための理想的な戦いを展開しています。その後の夏の陣では、一発逆転を図る一種の賭けのような戦いを試みています。本陣を一気に突く作戦を多方面で実施している方法ですね。

近代戦では、大規模なレベルでは、オーバーロード作戦に対抗したドイツ軍の最後の大規模な反抗であるラインの守り計画(映画ではバルジ大作戦で有名)も、戦術レベルでの勝利で戦略レベルでの劣勢をひっくり返そうという作戦です。
ドイツ軍に関しては、第2次世界大戦初期のどの作戦も、数的に劣る軍隊が練度に劣る大軍を破っていくものです。

歴史をさかのぼると、ギリシャ諸国へのペルシア軍の侵攻を防いだ幾度もの戦いでも、その例が見られます。大軍を隘路に引き込むと、軍の数ではなく、ひとりひとりの強さがものをいうようになります。この成功例がペルシャ戦争です。で、失敗例が三国志終盤での蜀漢の滅亡。防衛線は最後まで守られ、大軍を相手に支えきりますが、予想外の経路で本拠地を突かれて滅亡します。

拠点を防御することで大軍を支えるというのでは、第2次世界大戦のソビエト戦線で別の実例があります。スターリングラード、レニングラード(戦後の名称ですが)では、家1軒1軒を取り合う局地戦にしてしまい、何年も支え、結局敵が先に別方面の敵から敗退をしてしまうという状況になりました。敵地の中で孤立した自軍の拠点が落ちないと、敵軍の侵攻作戦の選択肢が減り、防衛がしやすくなります。同様のケースは、チトー(ユーゴスラビア軍)の山岳戦でも見られます。アフガニスタンでのソ連軍の敗退、今のアメリカ軍の失敗も同様の状況になっています。

ゲリラ戦では、ベトナムでの対アメリカ戦を調べてみるといいですよ。

歴史にあまり興味がない方でしょうか?
「勝つ」必要はないんですよね。滅ばない方法としては、過去にいくつもの例が実在します。

朝鮮半島の歴史では、民衆をほったらかしにして、国土を焦土化した後、支配者層だけが島に立てこもりました。ローマでもハンニバル軍に対して同様のことをしています。
敵軍が遠征軍の場合、補給線を押さえ込めば、逃げるだけで勝つことができます。

その応用編として、項羽と劉邦の戦いがあります。劉邦は超大軍ですが協力者の寄せ集め、それに対して項羽という圧倒的な強軍でし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報