湖水にいる多くの植物プランクトンの中から対象とする植物プランクトンだけを培養したいのですが、
その方法などが書かれた書物があれば教えてもらえませんか?

A 回答 (1件)

書籍ではありませんが、自分であればこうします。



まず、プランクトンネットで湖の水を漉くってプランクトン系を集めます。

しかし、目的の植物プランクトンのみを選別することができないと思います。

よって、下記作業をすることになります。

集めたプランクトンをある程度、湖の水で希釈して、シャーレに播きます。

顕微鏡下において、ガラスキャピラリー(直径1ミリのガラス管をアルコールランプで引いたもの)を
装着した吸引チューブで目的のプランクトンを採取、別のシャーレに移す。

培養する。

これで単離されているので、順調に増えれば、目的のプランクトンのみになると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーヒーフィルターで揚げ物の油切りをすること。

私は揚げ物をして油切りをするとき、
キッチンペーパーが無い場合、
よくコーヒーフィルターを代用します。
無漂白の天然パルプのコーヒーフィルターです。
今まであまり気にせずにいたのですが、
お湯の温度と油の温度は違うのに、
揚げたての食べ物をコーヒーフィルターの上に乗せて
油切りするのは良くないのかも?と気になり相談させて頂きました。
また、コーヒーフィルターに油を染み込ませ、
熱したフライパンに油ひきとして使用することもあります。
紙とはいえ、このような使用の仕方は体に良くなかったりするのでしょうか。
用途以外に使用していた私が悪いのですが、
もし問題無いならコーヒーフィルターの代用は便利なので、
この方法を使用できたらいいなと思っています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的なコーヒーフィルタであれば、ほぼセルロース製といっていいと思います。
http://www.ahappy01.com/pera48/

印刷・筆記用途の紙であれば、色味調整で染料・顔料が入っていたり、
表面にサイジング剤(にじみの防止)などが含まれていたり、ということはありますが、
食品関係に使用するものであれば、用途の想定が水系か油系かにかかわらず、
そういうものは含まれていないと考えます。
(セルロースの原料となる植物、或いは繊維の長短などが違うという可能性は
 ありますが)

従って、油切りにコーヒーフィルタを使ったとしても、基本的にセルロースのみなので
油に何かが溶け出してくる、といったことはないはずです。
(なお、てんぷら油を別容器に保存するために濾過する、といった場合は、目の
 細かさなどの違いによって、時間が掛かったりといったことはあり得ます)

> 熱したフライパンに油ひきとして使用することもあります。

これも、繊維あるいは表面加工(形状)の違いによって、油の塗られ具合が
変わったりする可能性はありますが、「油への成分の溶け出し」の観点からは、
上記と同様に問題ないと考えてよいと思います。

一般的なコーヒーフィルタであれば、ほぼセルロース製といっていいと思います。
http://www.ahappy01.com/pera48/

印刷・筆記用途の紙であれば、色味調整で染料・顔料が入っていたり、
表面にサイジング剤(にじみの防止)などが含まれていたり、ということはありますが、
食品関係に使用するものであれば、用途の想定が水系か油系かにかかわらず、
そういうものは含まれていないと考えます。
(セルロースの原料となる植物、或いは繊維の長短などが違うという可能性は
 ありますが)

従って、油切りにコ...続きを読む

Qミドリムシみたいに植物性プランクトンと動物性プランクトンの両方の性質を持っているプランクトンのことを

ミドリムシみたいに植物性プランクトンと動物性プランクトンの両方の性質を持っているプランクトンのことをなんていうんでしたっけ?

Aベストアンサー

真核共生・・・だったけ。
そんな表現だったような気もするけど、すでに記憶のかなた…間違っているかもしれない。

Qコーヒーフィルターの購入はどこがいい?

 現在、コーヒーフィルターをいろいろな店で販売していますが、どこで購入したらいいのか迷っています。
 コーヒー豆やコーヒー機器を販売している店では100枚入りのコーヒーフィルターを300円前後で販売していて、私が住んでいる地域にあるホームセンターでは100枚入りを150~200円、100円ショップでは50~70枚入りで105円、私がよく行く激安ショップでは80枚入りを88円で販売しています。
 入っている枚数にバラツキがありますが値段が違うので「値段によって品質が違うのか?」と考えてしまいます。
 そこで質問ですが、コーヒーフィルターは購入する店や値段によって品質が違うのでしょうか?
 値段が違うだけで品質が一緒なら一番安いところで購入しようと思っています。

Aベストアンサー

私も高いもの(?)安いものいろいろ使いましたが、ろ過性にあまり違いはないようです。
ただ、気にし過ぎかも知れませんが漂白したものよりも生成りのほうが薬品の関係で何となく安心感があります。
それでも使うときは一旦、湯通しをして(殺菌)使うようにしています。
その方がコーヒーの香りや味が良いように思います。

Q培養中の植物の定量データを取る方法

試験管内で培養している植物体やカルスの、重さや生長を定量的に測定したいのですが、どのような方法があるのでしょうか?

Aベストアンサー

先に書いたのは工学的な手法です。

製造装置を作るときなどで、パターン認識が必要になるときがあります。ヘッドの位置決めとか、ベースの傾き検出とか色々な目的で画像処理することがあります。
このとき、装置メーカではそれだけのノウハウを持っていないので画像処理専業メーカにユニットを発注します。
画像処理メーカはカメラ等のハードウエアと画像処理のためのソフトウエアユニット(輪郭強調とか、面積測定とか・・・)を組み合わせて特注品を作ってくれます。
三次元的な測定も可能です。
例:半田付けしたときの半田の量とか、表面状態を測定する。

この技術が使えるのではないかと思います。ただ、この分野には詳しくないので、どの程度(誤差)の計測が可能なのかはわかりません。メーカによって技術レベルがかなり違うようなので、その方面に詳しい人のアドバイスを求めた方が良いと思います。
>これは培養機器メーカーなどで販売しているのですか?
これもわかりませんが、大学などからの要望は大きいはずですので情報は持っていると思います。問い合わせされていないなら聞いてみるべきです。

先に書いたのは工学的な手法です。

製造装置を作るときなどで、パターン認識が必要になるときがあります。ヘッドの位置決めとか、ベースの傾き検出とか色々な目的で画像処理することがあります。
このとき、装置メーカではそれだけのノウハウを持っていないので画像処理専業メーカにユニットを発注します。
画像処理メーカはカメラ等のハードウエアと画像処理のためのソフトウエアユニット(輪郭強調とか、面積測定とか・・・)を組み合わせて特注品を作ってくれます。
三次元的な測定も可能です。
例:半...続きを読む

Q紙のコーヒーフィルターについて

紙のコーヒーフィルターには、漂白とそうでない物がありますが、
何か効用等の違いはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ペーパーフィルターについて
http://www.fukumotocoffee.com/tanpou3.html
途中の言葉を引用します。
-----------
無漂白(茶色)のフィルター でコーヒーを抽出した時には、少し出過ぎたキレの悪い味になっています。
両方をならべて比べてみると解りますが、無漂白(茶色)のフィルターの方が、お湯の落ちるスピードが遅いのです。
それで、少し過剰抽出ぎみの味になるのです。こちらでは漂白したものを進めています。
-------------

ただし、化学物質過敏症などの微量の化学物質で体調に変化が現れる人は無漂白の方が無難だという人もいます。
無漂白と酸素漂白、どちらが良い?(ペーパーフィルター)
http://www.kimameya.co.jp/mame/hyouhaku.html

珈琲の味を左右するものはあまりにも多いので漂白の有無による味の違いを感じることはかなり難しいと思います。フィルターも漂白の有無よりは紙の厚さや目の細かさの方が味に与える影響は大きいです。

味の違いは好みの問題なのでよほど粗悪なものを除けば好みの味を出せるフィルターがその人にとっての良いフィルターと言うことになりますが、手始めにどれがということならば手に入り易いものでいいと思います。

こちらにもいろいろフィルターの漂白に関するコメントがあるので参考になるかもしれません。
コーヒーフィルターの違いについて。
http://smcb.jp/ques/19196

ペーパーフィルターについて
http://www.fukumotocoffee.com/tanpou3.html
途中の言葉を引用します。
-----------
無漂白(茶色)のフィルター でコーヒーを抽出した時には、少し出過ぎたキレの悪い味になっています。
両方をならべて比べてみると解りますが、無漂白(茶色)のフィルターの方が、お湯の落ちるスピードが遅いのです。
それで、少し過剰抽出ぎみの味になるのです。こちらでは漂白したものを進めています。
-------------

ただし、化学物質過敏症などの微量の化学物質で体調に変化が現れ...続きを読む

Q鉄・植物プランクトン・キレート物質・微生物

タイトルにあるキーワードについて詳しくかつ分かりやすく書いてある本・または
サイトを教えてください。

Aベストアンサー

 なるほど,個々に考えるのではなく三題(いや,四題か)ばなしですか・・・。

 それでは,「鉄 植物プランクトン キレート物質 微生物」で検索すると次のページが見付かりました。この内容だと・・・,どんな本でしょうかね。環境化学か生態学分野のようですが。

 ご参考まで。

参考URL:http://www.nies.go.jp/seika/gaiyo/a23_98/2-6-8.html

Qコーヒーフィルターに興味を持っています。市場シェア、メーカー等何でも結

コーヒーフィルターに興味を持っています。市場シェア、メーカー等何でも結構ですので教えて下さい。

Aベストアンサー

カリタ、メリタ、ケメックス、ネルドリップ…

カリタ、メリタは、国内のメーカー。

ケメックス→「化学者シュラムボームが実験器具をヒントにリ・デザインした
コーヒーメーカーは、アメリカの有名美術館御墨付き」
http://www.dealer-ship.com/goods/chemex.htm

ネルドリップは、紙のフィルターを使わずにネル製のフィルターを使うドリップ方式。

いま、思いつくところはこんな感じですが。

Qピコプランクトンの培養方法

実験でピコプランクトン(藍藻類のシネココックスなど)を使いたいのですが、ピコプランクトンを培養する方法が載っている本などがあれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

Robert A. Andersen
Algal Culturing Techniques (2005)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4130627163/

この本に藻類の培養の基本技術が載っています。
アマゾンでは目次も確認できます。

Q麻のコーヒーフィルター

麻でできた、半永久的に使用できるコーヒーフィルターが買えるお店ってありますか?(通販ではなく)
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

麻のフィルターは手入れに若干手をとりますが、コーヒーの風味も
よくなりますし(雑味がなくなる)私も気にってます。
私の場合近所のスーパー(ジャスコ)で購入してます。
あと、下の回答にもありましたが、「ネル」でも麻と同様の効果が
期待できると思いますが、ネルの方が手入れが面倒だと思います。
因みにネルは毛羽立ったコットンでできてます。

Q植物プランクトンが使う光合成色素

今学校で植物プランクトンについて勉強してるのですが、
植物プランクトンが使う光合成色素で、藍藻以外が使っている色素の種類について説明してあるホームページを探しているのですが、見つかりません。もし見つけたら教えてください。

Aベストアンサー

光合成色素については、

藍藻の持つ光合成色素は
 クロロフィルa
 フィコビリン類
  フィコエリトリンとフィコシアニン
なので、それ以外を見れば良いのでしょうか?(汗)

ご要望の色素は、
 クロロフィルb
 クロロフィルc
 カロチノイド(カロチン,キサントフィル)
あたりでしょうか。

とりあえず、以下のページをご覧になってはいかがでしょうか?

●植物は色とりどり(色素)
http://www1.fctv.ne.jp/~tanr/study/bun0002.htm

●光合成色素について
http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/sonoike/shikiso.htm

●葉緑体:構造と色素組成の多様性
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~inouye/ino/etc/chloroplast.html

▲なぜ,もみじは秋に青色ではなく赤色になるのか
http://www.toshinao.com/vague/physics/momiji.html

▲植物の世界「紅葉と落葉」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/13/1317.htm

お役に立てば幸いです。

光合成色素については、

藍藻の持つ光合成色素は
 クロロフィルa
 フィコビリン類
  フィコエリトリンとフィコシアニン
なので、それ以外を見れば良いのでしょうか?(汗)

ご要望の色素は、
 クロロフィルb
 クロロフィルc
 カロチノイド(カロチン,キサントフィル)
あたりでしょうか。

とりあえず、以下のページをご覧になってはいかがでしょうか?

●植物は色とりどり(色素)
http://www1.fctv.ne.jp/~tanr/study/bun0002.htm

●光合成色素について
http://www.biol.s.u-tok...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報