週1回いくらというのではなく、1ヶ月いくらと決まっていますが、実際どのような
ペースで通っている方が多いのでしょうか?要支援1で週1回以上通うとなると
採算が取れないような気がするのですが・・・
詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

予防通所リハビリテーションや予防通所介護については、厳密に言えば回数の制限はありません。

その方にどのようなニーズ(課題)があって、そのためにはどの程度利用することが必要なのかをケアマネを中心としてサービスに関わる者とご利用者さんで考えるのです。

しかし、実際には各サービスの報酬額を定めるにあたって厚生労働省が示したモデルケースがあり、各事業所は原則としてこれを基にサービスを提供しているのです。
このモデルによると、各通所系サービスは要支援1なら週1回程度、要支援2なら週2回程度と示されており、報酬額も1回あたりの単価に直した際にあまり定額にならないように定められています。

例えば予防通所リハビリテーションで見た場合、要支援1の月額は2,496単位です。これを月に4回利用したとして1回あたりの単価は624単位になります。要支援2の場合は月額4,880単位で月に8回利用したとすると1回あたり610単位になりますね。
要介護1の場合の1回あたりの単価は688単位ですので、極端に低い報酬額というわけではありません。しかも予防のばあいは月額の包括報酬となっていますから、極端なことを言えば1回しか利用がなくても2,496単位や4,880単位が得られるわけです。要介護であれば1回休むとその分の収入がなくなるわけですから確実に1か月分得られるだけ予定は立ちやすいですよね。

先にも述べましたように、その方にとってどの程度の頻度で利用することが必要なのかを判断することになりますが、予防の方の場合はその多くが外出機会の確保による閉じこもり防止や、入浴機会の確保といったケースが多いようですので、週に1回や2回といった頻度でもある程度は目的が達せられるのですね。

例外的に要支援1でも週2回利用させてくれる予防通所介護の事業所はありますが、予防通所リハビリテーション事業所の場合は殆どが厚労省のモデルに準じたサービス提供となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません、とても詳しい説明でよく分かりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 21:41

考え方ですよ!



最近のスポーツジムでは、月謝がこの地域の田舎では月9000円くらいでしょうかね?
そう考えれば送迎はするものの月2万5千円以上はもらえますし、回数制限なんて考えなく
どんどん来てもらって定員数を増やせばいいんですよ!!「採算が合わない?!」っていうのもどっかの馬鹿な事務長や上司が言っているんだろう!?そんなの無視してどんどん増やしなさい!!!
ニーズがあり困っている人がいればどんどん受けたほうが良いよ。必要性とかケアプランだとか言っているがそんなの無視無視、なんたって利用者第一だからね!

先々を考えなさい!
(1) まず利用者を増やすにはどうしたら良いかスタッフも必死に考え努力することになる
(2) 介護予防に対して知識が得られる
(3) 回数制限しているデイから利用者が流れる
(4) 最終的には要介護状態になる
(5) 最後には収支につながる
(6) 職員に給料が維持できる    ってな感じで前向きに考えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回数無制限のデイがあれば魅力的ですよね。もし1回しか通わなくても
定額が施設に入るということですね。お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2011/04/25 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q利用者様の言い方(文書にて)

福祉施設で利用者様とご家族様を文書で記入する場合、下記のどれが適当でしょうか。

1.利用者の方とそのご家族
2.利用者様とそのご家族様
3.ご利用者様とそのご家族様
4.ご利用者様とご家族の方

など・・・。どれが良いのか分かりません。
教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これ、悩みますよね・・・
1~4のどれを使っても「くどい」感じがして。

私は悩んだ結果「お客様」の一言で両方を表すようにしました。
特に分けて表記する必要がある場合は「ご利用者様」「ご家族様」と、どちらも含む場合は「お客様」と。

契約書なども表記に悩んだ結果、このように表現させてもらっています。

Q通所介護・予防通所介護の加算について

通所介護→個別機能訓練・予防通所介護→運動器機能向上は、どちらとも運動を行うということですよね?

Aベストアンサー

 通所介護と予防通所介護、やっている内容はあまり変わらないと思います。

 では何がどう違うかというと、対象者が違うのですよ。
 ・通所介護→要介護1~5の方
 ・予防通所介護→要支援1・2の方
 というように分かれています。

Qいい利用者、正しい利用者って

こんにちは。質問させていただきます。
アンケートカテゴリにするか迷ったのですが、このQ&Aコミュニティに的を絞った話題なのでこちらに投稿させていただきます。

このQ&Aコミュニティが好きなので、なるべくなら「いい利用者」になりたいと思っているのですが、日々いろいろな質問回答を見ていて何が正しくて、何が利用趣旨に合っているのかよくわからなくなってきました。

いろんな解釈があるだろうと思いますが、このQ&Aサイトを利用するにあたりどんな利用者が「いい利用者」「正しい利用者」であるか考えています。
「悪い利用者」というのはある程度定義ができそうですが、正しい・良い利用者というのは人によってかなり見解が違ってきそうで気になりました。
(何を基準に、というのにもよって変わってくるというのはわかってますし、そんなことを論じるのはなんだか傲慢かも知れませんが)

皆様はどんな利用者が「いい利用者」だと思いますか?

(※すべての利用者に「こうあるべき!」とか主張したいわけでは決してありません。あくまで私自身が参考にしたい目的です。)

Aベストアンサー

まったく「正しい利用者」でない代表みたいな人間だが、まだ閉じられてないから回答しとくか。

「いい利用者」と「正しい利用者」は違うよな。「良い」ことと「正しい」ことはイコールじゃないとオレは思う。

「正しい」ってのは、まぁわかりやすい。要するに、間違ってない、違法でない、きちんと決まりを守っている、そういうことだよな。ってことは、少なくとも「ここでのルールをきちんと守る」ということだろう。

それと、こいつは人によって判断がわかれるだろうが、「マナーの類いもしっかり守る」ってのも、「正しい」に含まれるのかもな(「良い」にはオレは含めない。理由は後述)。ルールとマナーは違うが、この違いは例えて言えば「警告」と「注意」の違いみたいなもんだろう。明文化された「義務」をルールとするなら、マナーは明文化されていない、いわば慣習法みたいなもんなのかも知れんな。

だから、ルールを守り、お礼をきちんとし、言葉遣いも丁寧にし、誰にでも分け隔てなく接し、どのようなときにも熱くならず冷静に対処できる、そういうのが「正しい利用者」なんだろうと思うぜ。オレには金輪際、無理だがな。

じゃあ「良い」ってのは何だろうな。こいつはオレの独断と偏見なんだが、「利用者に、心から感謝される人」じゃないだろうかね。この人がいてくれて本当に助かった、この人には本当に勉強になった、この人がいてくれてここにアクセスした甲斐があった、そう思えるような人、だ。ここがQ&Aサイトであり、利用者による「助け合い」のためのサイトであるということを考えるなら、「いかに役に立ったか」ということこそがこのサイトの本分だろうと思うんだよ。このサイトの意義というのを考えるなら、「ここを利用して、本当に助かった、役に立った」と思えるかどうか、だと思うんだよな。どんなにたくさんの質問と回答があろうが、そこに「自分にとって役立つものが皆無」だったら、このサイトに意義なんてない。

ルールを守り、マナーを大切にし、人格ともに申し分ないが、まったく誰の役にも立ってない人間というのもいるだろう。ルールも守らずマナーも無視するが多くの人に「ああ、あなたのおかげで本当に助かりました」と思われる人もいるだろう。オレにとっての「正しい」と「良い」の違いは、そういうところだな。まあ、世間一般のものさしとは少しばかり違ってるだろうが、あくまで一個人の意見ってことで考えてくれ。

だから、オレは「正しい」利用者よりも、「良い」利用者でありたいと思ってる。人間的にすばらしい役立たずより、ねじくれ曲がっているが誰かの役にしっかりとたっている人間でオレはありたい。

まったく「正しい利用者」でない代表みたいな人間だが、まだ閉じられてないから回答しとくか。

「いい利用者」と「正しい利用者」は違うよな。「良い」ことと「正しい」ことはイコールじゃないとオレは思う。

「正しい」ってのは、まぁわかりやすい。要するに、間違ってない、違法でない、きちんと決まりを守っている、そういうことだよな。ってことは、少なくとも「ここでのルールをきちんと守る」ということだろう。

それと、こいつは人によって判断がわかれるだろうが、「マナーの類いもしっかり守る...続きを読む

Q介護予防通所リハビリテーションにおける提供時間

介護予防通所リハビリテーションにおいて、要支援者の患者さまに対し何時間のサービスを提供するのがルールなのでしょうか?
通所リハビリテーションにおいては要介護度、提供時間において単価がはっきりと決まっているので簡単に分かりますが、、、介護予防通所リハが全く分かりません!
ずーーっと悩んでます。。
根拠となるものなどありましたら、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

 質問者様はケアマネさんですか?それとも、通所リハ事業所の方でしょうか?

 介護予防通所リハの単位数は、質問者様も当然ご存知だとは思いますが月額定額制です。要支援1…2,496単位、要支援2…4,880単位ですね。
 この、決められた単位数の中で、必要なサービスを提供することになるのですが、ある利用者に対し1日何時間サービスを提供するべきか、とか、週何日あるいは月何日提供すべきか、とかは、国や役所、国保連等では一切何にも規定を設けておりません。

 では誰がどうやって決めるか・・・当然、ケアマネジャーがケアプランに盛り込んで決めることになります。
 もちろん、ケアマネ一人の独断で決めて良いわけではなく、まずは利用者やご家族の要望を聞き、サービス担当者会議を経た上で決定することになります。
 ただ、いくら利用者やご家族のご要望だからといっても、そこは通所リハ事業所という「相手」のあることですから、あまり無茶な要望、例えば要支援1なのに週3回通いたいとか、1日10時間施設にいさせろとか、予防給付レベルの軽度な方に対し過剰と思えるようなサービスの導入は考え物ですが(不可能、という意味ではありません。施設側がそれでもいい、とOKを出せば問題ありません)、基本的には利用者側の立場に立ってケアプランを作成すべきです。

 時にはケアマネジャーが、利用者と事業所の板ばさみにあって苦労を背負い込む場面もあるかもしれません。が、そういう時こそケアマネの真価が問われるときです。質問者様がもしケアマネさんだったら、地域にケアマネの連絡会議とか、意見交換の場とかはないのでしょうか?もしあるなら、そういう場を最大限に活用して、他のケアマネさんがどう処理しているのか、とか、お尋ねになってみてはいかがでしょう?
 

 質問者様はケアマネさんですか?それとも、通所リハ事業所の方でしょうか?

 介護予防通所リハの単位数は、質問者様も当然ご存知だとは思いますが月額定額制です。要支援1…2,496単位、要支援2…4,880単位ですね。
 この、決められた単位数の中で、必要なサービスを提供することになるのですが、ある利用者に対し1日何時間サービスを提供するべきか、とか、週何日あるいは月何日提供すべきか、とかは、国や役所、国保連等では一切何にも規定を設けておりません。

 では誰がどうやって決めるか・・・...続きを読む

Qauの利用者登録制度について。

auの利用者登録制度について、契約者が未成年の場合でも、利用者として家族内の別の人を利用者として登録できるのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

登録は利用者本人名義になるので家族内の別の人(成人された兄弟?)なら登録名義人はその家族の別の人になるので別の人(成人)で登録は出来ますが 質問者(未成年)さんや未成年の兄弟の名義にしたいなら親の承諾書と親子である証明書が必要です。

Q予防通所介護の定員について

例えば定員20名の(予防)通所介護事業所として、午前20名、午後より20名利用した場合は定員20名の枠内として利用は可能か?また、可能として、介護利用者10名、予防利用者午前10名、午後10名は定員20名の枠内として利用可能か?ぜひ、教えて下さい。

Aベストアンサー

うちの事業所はそうやってます。ゆえに可能です。青森県国保連や県福祉課からお墨付きもらってやってます。

一応、あなたの働く事業所がある国保連と都道府県庁からお墨付きもらっておいた方がいいかと思いますよ。地域によってやり方が違う可能性もなきにしもあらずなんで。

Q利用者の記録及び情報の管理について

先月まで障害者就労移行支援事業の事業所を利用していました。
そちらとの契約書の中に「利用者の記録及び情報の管理等」という項目があります。
そちらには
(1)事業所は、法令に基づいて利用者の記録及び情報を適切に管理し、利用者の求めに応じてその内容を開示します。また、記録及び情報については契約の終了後5年間保管します。
(2)利用者の個人情報については、個人情報保護法にそった対応を行います。但し、サービス提供を行う上での他事業所及び、医療機関等との連絡調整や市長及び、関係機関に情報提供を要請された場合は利用者の同意(「個人情報使用同意書」による)に基づき情報提供を致します。
と記載があります。
この場合(1)にある「法令」とは「個人情報保護法」と捉えていいでしょうか?
又、今現在は利用者ではありませんが、「契約の終了後5年間保管します」と記載がありますが、
利用者で無くても契約の終了後5年間は利用者と同じく内容を開示することを求めることは可能と捉えていいでしょうか?
ご意見をお聞かせ下さい宜しくお願いします。

Aベストアンサー

※先方は閲覧時間は10分(それ以上は業務に支障が出るので)で、複写は出来ないとの回答でした。
ただ契約書には
「閲覧、複写ができる窓口業務時間は、8:50~16:50です。」と、質問に書いた契約の内容のすぐ下に
明記されています。
これは複写可能と捉えていいのでしょうか?閲覧だけだと開示の意味はあまり無いと思うのですが。※

とのことですが、
契約書に「複写ができる窓口業務時間は、8:50~16:50です。」と明示されているのに「複写は出来ない」との回答ですか? 
閲覧時間10分では十分な閲覧は無理でしょう。

>これは複写可能と捉えていいのでしょうか?

契約書が、複写ができる窓口業務時間をうたっているのですから、出るとこ出て主張しても写しの謄与を求めることは十分可能だと考えますよ。

>閲覧だけだと開示の意味はあまり無いと思うのですが

仰る通りです
写しの謄与を拒むようでしたら、個人情報保護法を良くお読みの上、当該施設を監督する行政省庁(都道府県の課)に相談し、そこから閲覧、謄与の指導を要請すればよいでしょう。
詳しくは個人情報保護法をお調べいただきますよう。開示のことも載っていますので。

※先方は閲覧時間は10分(それ以上は業務に支障が出るので)で、複写は出来ないとの回答でした。
ただ契約書には
「閲覧、複写ができる窓口業務時間は、8:50~16:50です。」と、質問に書いた契約の内容のすぐ下に
明記されています。
これは複写可能と捉えていいのでしょうか?閲覧だけだと開示の意味はあまり無いと思うのですが。※

とのことですが、
契約書に「複写ができる窓口業務時間は、8:50~16:50です。」と明示されているのに「複写は出来ない」との回答ですか? 
閲覧時間10分では十分な閲覧は無理で...続きを読む

Q予防通所介護の単位数は?

こんにちは。今年4月から、介護保険法が改正され、予防訪問介護やら、予防通所介護が始まりましたが、結局、利用する場合の単位数はいくらあるのでしょうか?要支援1や2は、何度でも利用できるみたいですが…。単位数の一覧が出ているサイトなどあるのでしょうか?ご存知の方、教えて下さい。よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

こちらでよろしいでしょうか?

http://www.wam.go.jp/wamappl/bb11GS20.nsf/vAdmPBigcategory10/83D97FC13CE18ACB492571020021BA72?OpenDocument

Q特定施設入居者生活介護の一般入所者と特定利用者の違い

非常に基本的なことであれば申し訳ないですが、外部サービス利用型指定特定施設入居者生活介護事業所の指定を受けた養護老人ホーム(一般入所者30名+特定利用者20名、定員50名)について質問です。
デイサービスやヘルパーなど介護サービスを利用したい場合、特定利用者の20名しか介護サービスを利用できないのでしょうか。
それとも一般入所者を含め50名全員が介護サービスを利用できるのでしょうか。
一般入所者と特定利用者が受けられるサービスの違いがよくわからないのでご回答お願いします。

Aベストアンサー

特定利用者を20名で指定を受けた場合は、外部サービス利用型特定施設の利用者は20名で、30名の一般契約者が要支援・要介護状態になったときは個別契約で在宅サービスの訪問介護や通所介護を利用します。

ただ、特定施設契約は要介護者を中心に利用する方向になるので、概ね要支援者・軽度要介護者が個別契約ですね。

少し先で特定利用者が増加すれば定員枠の拡大も検討の余地があると思います。

個別契約は時間的にゆとりを持って支援を行うことができるでしょうね
特定施設の外部事業者は15分単位で動いて頂くので、利用者にとっては必要な時間を組み入れ、出入りすることで柔軟なサービスになります。
*包括型と異なり、急な対応が出来ないので職員がその任に当たる必要があります。

外部サービス利用型は柔軟な発想のプランが必要だと思います。

Q通所リハビリと通所介護の違い

介護の勉強をしている者です。ぜひ教えて下さい。

通所リハビリと通所介護の違いは何ですか?

通所介護の中にもリハビリはありますよね?

Aベストアンサー

通所リハビリと通所介護の違い…運営規定の中で理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の設置が定められているのがリハ。そういった資格取得者を設置してないのが介護。リハは医師の指示により個別・集団の元において機能回復・維持に努めているのに対して、介護は従事している看護師の計画の下、集団のなかで社会復帰・維持に努めている。通所介護の中にリハがあるのは、『機能訓練加算』と呼ばれる収益があり、看護師が計画をし機能の維持・回復に近づけるよう規定されているため。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報